ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

保江邦夫

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

美と健康の秘訣は「踏みしめる」こと

『ザ・シークレット』の著者、ロンダ・バーンが、65kgあった体重を53kgにしようとした時、体重計に、「117」(117ポンドは約53kg)と書いた紙を貼ったらしい。
すると、速やかに53kgになったそうだ。
私は、65kgほどあった時、「私は59kgですらりとしている」と楽しく思ったら、少し後の健康診断で59kgとなっていた。
この「楽しく思う」というのが効果的と思う。
なぜなら、気分が良くなるからだ。

そのように、肉体のことも精神だけでどうにでもなるのかもしれないが、楽に強健になるには、大東流合気柔術式の四股が良い。
これは、楽で、とても気持ちが良い。
やり方はこうだ。
相撲の四股では、ファンを楽しませるパフォーマンスということも必要なため、土俵で四股を踏む時は、足を高々と上げる力士もよくいる。
だが、「そういったパフォーマンスは他のもんに任せる」と言わんばかりに、控えめにちょっと上げるだけの力士もいる。
その、控えめな上げ方をすれば良い。
そして、上げた足をゆっくり柔らかく床に下ろす。床を踏み鳴らすような乱暴な下ろし方では駄目だ。
足を床に下ろす時、特に、腰を落とす必要はないが、しっかり床を踏みしめることを意識する。
この「踏みしめる」ということが重要である。
また、せかせかやらず、1回1回じっくりやることが大切だ。

私は、子供の時、家にあった、かなり立派な本に、精力を増し、健康になる方法として、こんなことが書かれていたのを印象深く覚えている。
通勤の時など、歩く時に、早足でせかせか歩くより、一歩一歩、大地を踏みしめるように歩くことで精力が増強される・・・と。
理屈は完全には分からないが、今考えても正しいと思う。
上の大東流合気柔術式の四股は、これを狭い床の上で、しかも、もっと合理的にやる方法なのだ。
その歩き方を覚えていたので、こんなものに注意を引き付けられた。
プロレスで、名レスラーと呼ばれ、数年の間、世界最高峰の世界ヘビー級チャンピオンだったパット・オコーナーという選手が、日本人レスラー達を指導している風景の中だった。
オコーナーは、リングのマットの上をぐるぐる歩き回り、日本人レスラー達数名を後ろについてこさせていたが、その歩き方がまさに、一歩一歩、マットを踏みしめる歩き方だった。
ジョギングや、坂道ウォーキングなどより、こちらの方がずっと効果があるのだ。しかも、ずっと楽なのである。
ちなみに、プロレスの試合は決して真剣勝負ではないかもしれないが、異種格闘技戦などを見ても、プロレスラーが実際に強いことは昔から分かっているし、練習時のスパーリングはごく真剣で、そのスパーリングでの強さが、レスラー間の序列を決めているとも言われている(超美男子などで余程の人気レスラーである場合は別らしいが)。

尚、大東流合気柔術式の四股は、『佐川幸義 神業の合気』に写真入りで説明されている。
私は、腕振り運動とセットで行うが、腕振り運動100回と、四股100~200回を組み合わせている。
それとイメージの力を組み合わせれば、いかような身体にでもなれるのではないかと思う。
私としては、すらりとして、完全に健康で、身軽に動ける身体であれば良いと思っている。
以前、スクワットや腕立て伏せに熱中していた時は、肩や腰が痛かったり、腕が痺れたりすることが多かったがで、腕振り運動と四股では、そんなことは全くない。
また、腕振り運動と四股は、肉体だけでなく、精神も磨くので、引き寄せも上手くなると思う。
ちなみに、腕振り運動も、足の親指で床を押すように、しっかり踏みしめて行うと効果が高い。
物理学者で、大東流合気柔術の達人である保江邦夫氏は、この四股で頭も鍛えられると著書に書いておられた(どの本かは忘れた)。
経験的私見であるが、身体のあらゆる形態・・・例えば、ウエストサイズや脚の長さですら変化させることが出来ると思う。








最強の力「愛」を持つ方法

いかなることも、究極的には、愛が大きい者が勝つのだろう。
あくまで主観的にだが、とっても怪しい物理学者、保江邦夫氏が、そこのところを、うまく本に書いてくれていると思う。
※「主観的」というのは、保江氏が「怪しい」こと。あくまで主観だ(笑)。
余談だが、保江氏はとっても怪しいと思うが、彼が紹介する人達の怪しさは度が過ぎていて、それらの方々との集合写真は、(あくまで主観的に)まさにサバト(悪魔崇拝の集会)の雰囲気だ。怪しいもの好きな方は、是非お薦めする(笑)。
いや、それでも、良い部分は認めるべきと思う。
保江氏は合気道家でもあるが、愛すれば、敵は抵抗出来ないらしい。
ある時、極真空手の猛者と戦うことになり、そんなごっつい男はなかなか愛し難いのだが、愛さないとボコボコにされてしまうので(力では敵うはずがないから)、なよっとして「うふん」て感じで行くのだそうだ。
すると、やはり、相手は何も出来ない(気持ち悪いからじゃないの・・・笑)。

また、保江氏は、『神様につながった電話』で、愛とは、頭の中で、聖歌、祝詞、お経といったものが鳴り響いている状態だと述べられ、手術前や、手術の間でも、祝詞やお経や『アヴェ・マリア』を唱えたり歌ったり、頭の中で響かせている医者は、奇跡の手術を行うと言う。
ここらは、私も本当だと思う。

で、そんな偉い(怪しいけど)人に対抗するのではないが、私が思う愛は「丁寧」だ。
何でも丁寧にやれば、神の力が加わる。
イチロー氏や松井秀喜氏が、メジャーリーグ時代、道具を大切に扱うことが評判になったことがあるが、それが1つの野球愛であると思う。
また、ピアノやヴァイオリンといった楽器を大切にする人が、演奏の腕前も上がるはずだと思う。楽器を大切にすることは音楽愛なのだからだ。

ダイエットでも、スクワットで痩せる人もいれば、さっぱりの人もいるが、駄目な人は、とにかくスクワットもガサツなのだ。
対して、美しいボディになれる人というのは、スクワット1回1回が実に丁寧である。
スクワットの効果は、回数や負荷の大きさで決まるのではない。丁寧さが重要だ。
ある、オリンピックチャンピオンの柔道選手がランニングをしているのを、スポーツ雑誌の記者が、「ゆっくりだが丁寧に走る」と書いていたが、これが、愛のあるランニングであり、それで身体が強くなるのだ。

猫や犬や鳩や亀に愛される人は、丁寧に撫で、丁寧にエサをやり、丁寧に運ぶ。
なぜなら、それが、動物を愛することだからだ。動物は、愛には愛で応えてくれる。
同じことだが、私は、大学生の時、沢山の女子小学生が遊びに来て、家の門の前に鈴なりになって困ったことがあるが、これも、小学生の女の子はフニフニな感じで恐いので、ぶつからないよう、私が滅茶苦茶丁寧に扱ったからだと思う。
面白かったのは、女の子の中に、非常にガサツで乱暴な子がいたが、丁寧に接するうち、彼女がどんどん女らしくなったことだった。
一方、ロリコンは女の子を丁寧に扱わないので、まず、モテることはない。
ゲーテも「女性を丁寧に扱えば必ずモテることを保証する」と述べている。実際、ゲーテは、70を超えても、十代の美少女にモテモテだった。

呪文、マントラ、念仏を唱えて、神仏の厚い加護を受ける人もいれば、いまひとつの人もいる。
これも同じで、丁寧に唱える者は、回数は少なくても、恵みを得られ、幸運になる場合が多いのだと思う。

瞑想のやり方を、テクニカルに説く人もいるが、私は、最も大切なことは、丁寧に座り、丁寧に呼吸することと思う。
これこそが、数千年の秘法に優る、愛の瞑想・・・いや、愛そのものである。













当ブログオーナー、KayのAI書。
紙の本は5月30日発売。KIndle版(一部カラー)は発売中です。
AIは、数学やプログラミングに強い一部の人だけの道具ではありません。誰でも使える「推測するマシン」です。
電気が、物理学や機械工学に強い人にしか使えないのではなく、誰でも使え、また、使うべきなのと同じです。
この本は、易しくて面白いテーマを採用することで、Excelが使えるスキルがあるなら、AIを自分で作れるようになることを目的としています。

愛は時を超える

由紀さおりさんは、70歳を超えても高い実力を保つ歌手で、彼女の1969年の楽曲『夜明けのスキャット』が、2010年頃、世界中で大ヒットとなった。
これは、由紀さんの歌の実力と曲の素晴らしさは当然ながら、日本語の歌詞が良いのであると思う。
「愛し合う その時に この世は とまるの」
というのは、情緒的に美しいが、それだけではない。
世界的な数学者だった岡潔は、 小林秀雄との対談書で、「時間は情緒」とほぼ断言している。
アインシュタインが、相対性理論の一般向けの説明として「美女と一緒の1時間は短いが、熱いストーブに座る10分は長い」と言ったのも、時間が情緒であると言っているのだと思う。
YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の楽曲『LOTUS LOVE』でも、「Baby!ときをとびこえておいで」と歌うが、天才芸術家(作詞・作曲者の細野晴臣さん)の直観は科学と変わらないと思う。
インドの詩聖と言われたタゴールは、アインシュタインに「人間が見ている時だけ月は存在する」と量子論の真理を指摘したが、アインシュタインは理解出来なかったという話がある。
「人間が見ている時だけ月は存在する」は、量子論の比喩的表現で、人間の意識が作用するのは、あくまで極微の世界の量子に対してと考えるのが普通であるが、タゴールはそんなことは考えていなかっただろうし、湯川秀樹の師でもあった数学者、岸根卓郎さんは、「物質世界も量子で成り立つのだから、意識は物質世界に影響する」といった意味のことを著書に書かれていた。
月が存在する、しないも、意識と時間との関係があるのだと思う。

「愛は時をこえる」「愛は時を止める(消す)」というのであれば、時を消すことが愛なのかもしれない。
湯川秀樹の弟子であった物理学者の保江邦夫さんが著書の中で、ざっくりの引用だが、愛とは、頭の中で祝詞やお経や聖歌、あるいは、教会の鐘の音や『アヴェ・マリア』といった聖なるイメージのある音が鳴り響くことであると書かれていたが、聖なるイメージは、やはり、時を消すのである。
André Rieuの公式チャンネルのYouTube動画で、多少の演出もあったかもしれないが、ソプラノ歌手のMirusiaが、シューベルトの『アヴェ・マリア』を歌うと、いかにも堅苦しい顔をした一般観客達が自然に涙を流す。
◆Ave Maria - André Rieu & Mirusia - YouTube -
そこは、やはり、時が止まった世界になる。
ここはやはり、何でもいいから、保江さんの言われる通り、頭の中で聖なる音を響かせておくと良いと思う。
保江さんの著書によれば、そのようにして手術をする医者は、人間を超えた能力を発揮し、奇跡の手術を行うようだ。













当ブログオーナー、KayのAI書。
Kindle版販売中。紙の本は5月30日発売。
数学やプログラミングが出来なくても、Excelが使えるなら、恐れずAIに挑み、自分でAIを作る体験をしていただきたく思います。
来るべき世界では、AIは人間とは別のものではなく、AIは人間を拡張する道具・・・長谷敏司氏のSF『BEATLESS』風に言うなら、人間とAIは1つのユニットになります。
AIも電子レンジのような道具で、マイクロ波の理論を知らなくても電子レンジを使えるように、数学やプログラミング、AI理論を知らなくてもAIは作れます。そして、早くやった者勝ちという面もあるのだと思います。

奇跡の祝詞「いろは歌」

「いろは歌」というものがある。
47文字のかなを重複なしに使って作った七五調の歌だ。
子供の時、唱えたことがある人が多いと思う。

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

「わかよたれそ」のところだけ6文字である。
これを漢字で、次のように書くようだ。

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰(たれ)ぞ 常ならむ
有為(うい)の奥山 今日(きょう)越えて
浅き夢見じ 酔(え)ひもせず

仏教の深遠な思想が感じられる。
ところで、これを唱えると、神の加護を得られるという話がある。
保江邦夫氏の著書『神様につながった電話』で、合気道家で書家である山本光輝氏の、こんな話が紹介されていた。
仙台で山本氏が書家として講演会をしていたら、リンゴ農家の人が、山本氏に、収穫期に台風が来て困っているので、なんとかならないかと相談して来たという。
書家で合気道家の山本氏に対し、場違いな相談であったが、山本氏は「いろは歌」を紙に書き、「これを朝夕、畑で読んだらリンゴは絶対落ちない」と断言した。
正直、山本氏の口から出まかせであった。
すると、その秋、大台風が青森を直撃し、山本氏は真っ青になった。
しかも、あのリンゴ農家の人から電話があり、「すぐ来い」と言う。
山本氏は訴訟覚悟で行ったが、全てのリンゴ畑が壊滅状態の中で、その農家のリンゴ畑だけは、1個のリンゴも落ちていなかった。

「いろは歌」は、「いろは祝詞」という祝詞とも考えられている。
ところで、私は、「いろは歌」を「歌える」。
1996年に、政木和三氏が自身で作曲し、自身でピアノ演奏をした『日月光』というCDを出しているが、そのカップリング曲で、政木氏が作詞した『輪廻』という曲の最後のところが「いろは歌」なのだ。
歌っているのは、なんと、中国の天才音楽家、ウー・ルーチン氏だ。
ウー・ルーチン氏が歌うことになった経緯は、私は、政木氏から直接聞いたので、その通りに書く。
ウー・ルーチン氏の方から、自分に歌わせてくれるよう要請があったそうだ。
すると、政木氏は、ウー・ルーチン氏に、歌手の菅原洋一氏から日本語の歌を学ぶよう言い、ウー・ルーチン氏はそれに従ったという。
だから、私は、ウー・ルーチン氏が歌う通りに覚えている。
だが、このCDは絶版だし、Amazonでも扱っていない。
当然ながら著作権有効期間なので、コピーも配布出来ず、残念に思う。
だが、「いろは歌」を唱えるだけで良いであろう。

尚、政木和三氏が発明した記憶力増強装置「パラメモリ」と同じ効果があるスマホアプリ「GeniLax (Genius and Relax、「ジニラックス」)」が、株式会社ジェイデータから無償提供されている。Android、iOS用それぞれがあり、「GeniLax」で検索すると見つかる(iOS11には未対応)。













当ブログオーナー、KayのAI書。来る5月30日発売。
AIで自分の世界を拡張する・・・そんな時代になると思います。
それが、権力者やエリートだけの特権になっては、人類の格差はさらに大きくなり、ディストピアになってしまうかもしれません。
また、政府がAIに弱い日本が、AIを自在に使うアメリカ、中国、ロシアに蹂躙される予感もあります。
この本は、Excelが使える程度のスキルがあれば、誰でも自分でAIを作れるようになることを意図し、AIにおいて、数学やプログラミングよりも重要な、問題を推測問題に捉え直す力を得られることを目指しました。

鐘の音で超人領域に入る

童謡『夕焼け小焼け』は、日本人ならほとんどが知っているのではないかと思う。
この歌の中で、日が暮れて夕焼けになる時、山のお寺の鐘が鳴る。
中村雨紅(なかむら うこう)が『夕焼小焼』を作詞したのは1919年(大正8年)といわれる(草川信が曲をつけたのは1923年)。
セイコー(精工舎)が1913年には日本国内で腕時計を作り始めていたので、『夕焼小焼』の頃には、山のお寺にだって、置き時計の1つはあって、決まった時刻に、お坊様が鐘を鳴らしていたのではないかと想像する。
マザー・テレサは生涯、鐘の音に従って生活していたが、彼女の頭の中ではずっと、あらゆる聖歌と共に、鐘の音が鳴っていたという話がある。

鐘の音は神秘であると思う。
笹沢佐保の時代劇小説『木枯し紋次郎』の中で、寺からなる鐘の音を「余韻嫋々(よいんじょうじょう)」という言葉で表現していたが、まさに、鐘の音のことを表現するのに適した言葉と思う。
とくPさんによる初音ミクさんの曲『SPiCa』では、切ないピアノの音を「余韻嫋々」と歌っているが、音楽を超えた心の音をこのように言うのだと思う。
中村雨紅が子供の時に聴いたであろう、山の寺の鐘の音は、やはり「余韻嫋々」であったのだろう。
マザー・テレサが聴いた鐘の音は、鐘楼(しょうろう、しゅろう)という建物(鐘つき堂)のものと思われるが、聖堂と言われる建物の上階には、そんなものがあるというおぼろなイメージがある。やはり聖堂に、余韻嫋々たる鐘の音は欠かせない。

ところで、マザー・テレサと言えば、愛と信仰の人という観念が強いし、全くその通りかもしれないが、恐るべきビジネス手腕を発揮して巨大な救済組織、教会、病院を設立・運営した。そうでなければ、彼女の名がここまで知られることはなかったし、ノーベル平和賞を受賞することもなかったはずだ。また、彼女はインドの複雑多様な多くの言語を見事に話せたという。
また、小柄でか細い外見から想像出来ないが、行き倒れの男2人を担いで連れ帰る体力もあった。
つまり、驚くべき能力を持っていたのだ。

超人的能力については、物理学者の保江邦夫氏の著書『神様につながった電話』で、奇跡的な手術をする医者が、手術中に頭の中で祝詞や讃美歌を唱えたり鳴っているという話があるが、上に挙げた、マザー・テレサの頭の中で、聖歌や鐘の音が鳴ってたという話も、この本に載っていた。
保江氏は、それが、無になり、神の力が出る原理のようなものであり、そのためには、般若心経でも、他のお経でも、何でも良いのだと述べている。

それで、私は、鐘の音について、よくよく考えたのである。
鐘の音を聴いたことがない人はいないだろう。
その音を、余韻嫋々、頭の中で響かせていれば、心は無に導かれるだろう。
心が無になった人間に不可能はない。
もちろん、保江氏の言うように、聖歌、お経、祝詞、お気に入りのもの何でも良い。
『アヴェ・マリア』でも良いというから、私にはお気に入りの『アヴェ・マリア』合掌が2つあるので、鐘の音と共に、それも頭の中で響かせておこうと思う。

世界的音楽家だった冨田勲氏の晩年の作品『イーハトーヴ交響曲』の第五楽章『銀河鉄道の夜』は、コンサート・ベルというのだろうか鐘の音の楽器で始まり、直後、初音ミクさんが歌い始める歌の中で、「ケンタウロスよ露降らせ、シャラシャラシャラ」の後、「キンコンカン」「カランコロンカランコロン」と鐘の音を涼やかな可愛い声で歌う。
宮沢賢治の小説『銀河鉄道の夜』の中で、何度か、「ケンタウロスよ露降らせ」という言葉は出てくるが、鐘の音とはつながりがなかった。
しかし、この2つをつなげたところにも、やはり冨田氏は天才だったのだなあと感じるのである。













当ブログオーナー、KayのAI書。まもなく(5月30日)発売。
学校や野外で、楽しい実験・実習をして、何かを感覚を通して覚えるように、楽しく、最新の機械学習・ディープラーニング型AIが実践的に身に付くことを目指して書きました。
まず、拍子抜けするほど簡単な問題を、推測問題に捉え直してAIに解かせ、同じ方法で、「モンティ・ホール問題」などの、面白いが奇怪な(?)難問に挑みます。
イラストに登場する小学生、高校生(中学生?)、大学生ら(皆、可愛い女性ですが)と共に、ステップアップしていって下さい。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード