ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

佐川幸義

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

自分が偉い人に劣ると思わない

もし、私が悟りを開いたら、初音ミクファンじゃなくなるだろうし、腕振り運動も四股もやらなくなると思う。
まあ、悟りを開く可能性は、当面はごく低いだろうが(笑)。

何度か書いているが、私は、腕振り運動(スワイショウ)や、佐川流四股の正しいやり方を、何年も求めてきた。
それで、いろいろな文献を漁り、動画を見、Webサイトを調べながら、自分で実践してみた。
だが、それらに関する、達人や、それなりの立場にある人の間でも、言うことが全然違うことも珍しくない。
気功の権威ある専門家と思われる人達でも、腕振り運動のやり方は、それぞれ、かなり異なる。
佐川幸義(大東流合気柔術の師範で佐川流四股を開発したと言われる)の直弟子や、それに準ずる人達でも、佐川流四股のやり方が異なる。
それで気付いたのだ。
腕振り運動も、佐川流四股も、正しいやり方などというものはないのだと。
そもそも、佐川幸義が四股を踏むのを見た者は誰もいないらしい。

腕振り運動や四股だけではない。
おそらく、武道や武術の達人・名人と言われる人達というのは、彼らを達人・名人と思う人にとって、達人・名人であるに過ぎない。
彼らを嘘つきと思っている人から見れば、やはり嘘つきなのだ。

だから、腕振り運動や四股や、その他の評判の高い鍛錬方法にしたって、やりたければやれば良いが、それらでなくても、別に何でも良いのである。
例えば、私は、マジカルミライのコンサートに行った後は、身体の調子が非常に良くなるが、それは気分的な問題だけではなく、コンサート中の身体の動きが良いのである。
ペンライトを振る動き、膝や腰のリズミカルな動きなどだ。
それで得られるものは、腕振り運動や四股と比べ、優りも劣りもしない。

実際、世の中には、腕振り運動や四股ではない別のこと・・・例えば、木刀の素振りや、バットの素振りで、高い身体能力や精神の力を引き出している人が沢山いる。
他にも、無限の種類があるだろう。
そして、鍛錬方法は、研究を続ければ、自分に合ったものを自分で作れるのである。
そう言えば、当然であるが、佐川流四股だって、佐川幸義が自分で開発したものだ。
彼に出来て、我々に出来ないと考えるのは正しいことだろうか?
もちろん、既に存在する、いろいろな鍛錬法を研究するのは良いことだし、必要とも言える。しかし、研究し過ぎても弊害があるはずだ。
そして、誰にも教わらず、自分に合った優れた鍛錬法を考案し、それで優れた成果を得た者は、沢山いるはずで、むしろ、それが望ましいものなのである。

と言っても、別に、腕振り運動や佐川流四股を軽んじるつもりはないし、これらのやり方のうち、気に入ったものは、今後も実践するつもりだ。
しかし、自分に合った、もっと良いものも、やはり思いつくべきだし、実際に思いついたのである。
そして、心身の鍛錬だけでなく、高度な精神や霊性の開発、あるいは、科学技術に関しても同じことが言えるのである。
もちろん、デタラメや過ぎた我流が良くないことも確かだろう。また、良いか悪いか、自分で判断出来ない場合もあるだろう。
だが、特に学識のない者が、テクノロジーの分野で優れた発明をするという話は珍しくもない。
我々は、もっと、思い込み、偏見、固定観念、権威を壊し、捨てても良いのである。








腕振り運動、四股で失敗しないために

私は、腕振り運動(甩手(せいしゅ)。スワイソウ)は10年以上、四股は2年ほど探求し、だいたい間違いのないやり方が分かったと思えるようになったのは最近だ。
そして、少なくとも、日本人全員がこれらを行えば、日本人の健康は(実際は知性や霊性も)極めて向上し、私の予想では、少なくとも医療の半分は不要になると思う(実際は9割不要と思っている)。

腕振り運動に関しては、別に難しいものではなく、最上のやり方でなくても効果はある。
しかし、ほとんどの人は、腕振り運動をやる時、力が入り過ぎていると思う。
また、YouTubeで腕振り運動の動画を見ても、ほとんどが、あまりに力が入り過ぎだと感じる。
まさに、私がそうだったが、力が入り過ぎてしまっては、効果が少ないばかりか、身体を痛める危険がある。
100回とか200回で疲れてしまうなら、力が入り過ぎであると思う。
ちゃんと力が抜けていれば、筋肉の疲労に関してだけなら、1000回や2000回でも、それほど疲れることはなく、むしろ、気持ちが良いと思う。
逆に言えば、力さえ抜けていれば、やり方にそれほどこだわらなくて良いと思うし、十分なやり方を書いた本が出ている。

問題は四股で、私が言う四股は、今の相撲の四股ではなく、大東流合気柔術という武術の訓練で行われている四股だ。
尚、私はよく、この四股を「大東流合気柔術式四股」と呼んでいるが、この四股を作ったのは、大東流合気柔術2代目の当主である佐川幸義氏のようだ。
だから、正しくは「佐川流四股」と言うべきかもしれない。
佐川氏も、最初は相撲の四股を踏んでいたが、期待した効果が得られず、改良していき、そして、完成させた。
ただし、佐川氏は、この四股のやり方をテキストにしたりはしていないと思う。
それどころか、ほとんど誰にも、やり方を1から教えたことはないのではと思う。
驚いたことに、佐川氏の有名な直弟子で、数学者である木村達雄氏は、入門して道場に15回も通ったのに、四股のことは全く言われず、たまたま、木村氏が、「ヨーロッパに行くことになり、当分、道場に来れないから、鍛え方を教えて下さい」と佐川氏に言った時に、佐川氏が「四股を毎日千回やりなさい」と言ったのだそうだ。
しかもしかも(笑)、佐川氏は、やり方は一切教えず、木村氏は、おそらく、相撲式の四股をやったのだと思われ、「千回なんてとても無理」と苦労したようだ。
佐川式の四股なら、いきなり千回やっても、それほど大変ではないと思う。
『月刊秘伝2022年3月号』でも、17歳で佐川道場に入門した大森悟氏は、入門から半年経って、佐川氏に「四股を踏みなさい」と言われたが、やはり、やり方は教えてもらえず、相撲の四股をやったそうだ。
ただ、大森氏の場合、佐川氏の前で四股をやらされ、そこで「そんなに身体を傾けない」「腰をそんなに降ろさない」「足はそっと降ろす」と矯正されたので、分かり易かったかもしれない。
佐川氏のやり方は不親切と思うが、自分でやり方を見つけることが大切だということかもしれない。

今は、大東流合気柔術の達人が、YouTubeで四股のやり方を教えてくれているものもあるが、それが必ずしも良いとは限らない。むしろ、私の場合は、混乱させられたほどだ。
一応、『四股鍛錬で作る達人』(BABジャパン)の、「第3章 実践!四股鍛錬」の「II 合気の達人の四股(佐川流四股)」を丹念に読めば、やり方が分かるように書かれている。
まあ、これでも多少の誤解をしてしまう人もいるかもしれないが、それでも十分効果があるし、後は自分で工夫すれば良いと思う。
私の場合、ここに書かれたやり方も行っているが、他の大東流合気柔術の達人のやり方を参考に、かなり異なるやり方でやっており、私としては、それがベストと思っている。
尚、参考にはしたが、その達人の説明には、かなり混乱させられ、閉口している。
いろいろ書いたが、上に挙げた本を参考にやれば、そう間違うことはないと思う。

力が抜けた自然なやり方であれば、腕振り運動も四股も、長時間、楽に行え、どんどん身体の調子が良くなり、身体が美しくなり、特に四股では足腰が強くなる。
こんな良いものをやらないのはもったいないと思う。

●腕振り運動について書かれた書籍







●四股について書かれた書籍




足踏みと四股の違い

大東流合気柔術式四股は、相撲の四股とはかなり異なり、足踏みと同じとか、ペッタンペッタン四股と(別に悪い意味でなく)言う人もいる。
『月刊秘伝2022年3月号』で、総帥であった佐川幸義氏の直弟子だった大森悟氏も、「四股」より「足踏み」の表現が相応しいと書かれている。
ただ、大東流合気柔術式四股には、固定したやり方はないのではと私は思う。
なぜなら、佐川氏の直弟子、あるいは、大東流合気柔術の高段者でも、この四股のやり方についてかなり異なることを言うからだ。

大東流合気柔術式四股は、ただの運動とか筋トレではなく、熱心に取り組めば想像を超える恐るべき成果が期待出来る秘法であると思う。その点、似てはいても、足踏みとは全く異なるだろう。
だが、足踏みだって立派な運動で、毎日やれば十分な効果がある。
ただ、足踏みが普通の歩行に比べて劣るのは、後ろにキックする力の大きさだろう。
普通、若者が歩く姿と老人が歩く姿はかなり異なるが、それは、地面を後ろにキックする力の違いから来る。老人の場合は、それが弱いので、快活に見えないのである。
地面を後ろにキックする力は、言い換えれば、体重を移動させる力だ。
足踏みの場合、体重移動がないので、この体重を移動させるキックの力がつかない。
大東流合気柔術式四股は、やりようによっては、体重移動の力も得られるが、それが主目的ではないと思う。

上でも述べたが、大東流合気柔術式四股とは、正確には、どのようなものか分からない・・・というよりは、固定したやり方はないと思われることもあり、以下、特に、この四股について述べるわけではないので、以下では、単に「四股」と書くが、この四股は、やはり、相撲の四股ではなく、大東流合気柔術式四股に基く四股である。

四股と足踏みの違いは、まず、脚の構えである。
足踏みでは、両足をほとんど揃えるのに対し、四股では、両足を横に開く。
どのくらい開くかは、人それぞれである。
(両踵の間隔が)肩幅の距離に開く人もいれば、もっと大きく開く人もいる。
また、両足を平行にする人もいれば、やや、あるいは、かなり外股(いわゆるガニ股)に開く人もいる。内股は珍しいとは思うが。
これは、野球のバッティングホームと同じで、足の間隔が広い人、狭い人がいるし、王貞治さんやイチローのように、足が平行、あるいは、内股気味の人もいれば、かなりのガニ股の人もいる。そして、どのフォームが正解というわけでもない。
そして、実際に四股を開始すると、片足ずつ上げるのだが、ここで両足の間隔に関係なく大事なことは、身体を傾けないことである。
すると、いくらかでも両足が開いているわけだから、上体の移動、つまり、体重移動が生じる。すなわち、残った足の方に、上体が鉛直に立ったまま動くのである。
当然、両足の間隔が広いほど、上体の移動、つまり、体重移動が大きくなる。
やってみれば分かるが、両足の間隔が広いと、物凄く脚(主にふくらはぎ)が疲れる。その分、脚が鍛えられるのだが、それが主目的というわけではないと思う。
とはいえ、ランニングやウォーキングではほとんど鍛えられない、武術で必要な横方向の体重移動の力が鍛えられることには注目して良い。
ただ、佐川幸義氏は、高速で四股を踏んだというので、おそらく両足幅はあまり大きくはなく、体重移動での筋肉の鍛錬よりは、バランスを取るための仙骨の微妙な感覚を鍛えたのだと思う。
また、四股でもう1つ、守るべき大切なことは、上げた足を下ろす時、つま先からそっと降ろすことだ。
それから考えても、やはり、四股は微細な感覚を重視するものだと思う。
四股で足腰も鍛えられるが、それ以上に、やはり、感覚や神経を鍛えるためのものだろう。
だから、四股を長く続けると、単なる筋力によるものではなく、不可思議と思える力で不動になり、いかなる技に対してもビクともしなくなるということが起こるのだと思う。

私は、腕振り運動と共に、四股を毎日、出来るだけ行うことにしている。








万人向けの超人四股のやり方

私は、大東流合気柔術(だいとうりゅうあいきじゅうじゅつ)式の四股に基いた四股踏み運動のやり方を、もう3年ほど模索している。
この四股踏みをやれば、誰もが、足踏み程度の軽い運動で、一生、若々しく強い足腰を持てるようになれると思う。
だが、とにかく、大東流合気柔術をしっかりやった人や、この武術の伝説の達人である佐川幸義氏から直接、この四股を教わった人でも、お互いに言うことがかなり違うので戸惑う。

今のところ、私は、次の2つをうまく組み合わせて、普通の人が普通の家でやるのに良い形にして、毎日1時間以上行いながら検討を重ねている。
(1)【合気】四股鍛錬と合気之錬体:吉丸慶雪派大東流合気柔術 ~YouTube~
(2)『月刊秘伝3月号』第1章「佐川幸義伝『骨と柔』の四股鍛錬」(大森悟氏による)

(1)の喜多原歓喜地 (きたはらかんきち)氏の動画は、ざっくりとは分かり易いが、彼は気功(さらにいろんな武術)と組み合わせてしまい、肝心な点が曖昧で分かり難くなってしまっているように感じる。
ところが、その肝心な点が、『月刊秘伝』の大森悟氏の記事で、うまく補完されていると思う。
両者は、立ち方がかなり違う。
喜多原氏は、足を平行にし、足を肩幅に開く(両足の外側の距離が肩幅という意味と思う)が、大森氏は、それよりかなり広く開き、足先や膝は大きく外を向く、つまり、逆ハの字の形の外股だ。
私は、これに関しては、喜多原氏の形・・・足を平行にして少し開いた形を採用した。この立ち方が自然だし、女性でも抵抗ないだろう。

次に腰の構え(腰の落とし方)であるが、喜多原氏は「站椿功(たんとんこう。立禅)の姿勢」を強調するが、一般には、これでもう分からない(笑)。
一方、大森氏は「あまり腰を落とさず」と曖昧だ。つまり、少し落とすということだが、写真でみれば、「そこそこ」落としている。
これも、喜多原氏の立ち方(立禅)から考えれば、一般的な表現では、「膝を少し緩める」で良いと思う。つまり、膝をぴんと伸ばさず、膝を少し前に出すようにして、数センチ腰を沈める。ただ、腰は真っすぐに。
※立禅(站椿功)では、膝を前に出さずに腰を落とすが、難しく安定しない。
そして、喜多原氏は一度も言わないが、大森氏が強調しているのが、上体を鉛直・・・つまり、上体を傾けず、真っすぐに立てたままで行うことだ。
ただ、言わないだけで喜多原氏もちゃんと出来ている。左右には少し動くが、決して上体を傾けない。

次は、踏み方である。
喜多原氏は、片足ずつ足を上げて下ろすという動作をリズミカルに繰り返す。
さっきも述べたが、胴体は左右に少し動く(移動する)が、決して傾けない。おそらく、ここが一番難しい。
足を少しでも開いた上体で、片足ずつ上げ下げをするのだから、どうしても上体が傾く。
だが、さすが喜多原氏は、説明はしないながら、上体を鉛直に保っている。
しかし、喜多原氏は肝心なことを言っていないし、やっていないようにも見える。
それは、足はつま先からそっと降ろすことだ。
実は、そっと降ろすことについては、大森氏も書いていない。しかし、佐川氏が述べているのを別の本で見たし、それが正しいと思う。
ところが、喜多原氏の動画では、下手したら、どすんと強く床を踏むのだと勘違いしてしまうような気もする。
そこで、大森氏独自の踏み方が良いのではと思う。
それは、つま先を床につけたまま、かかとのみ上下させるのだ。
これだと、上体を鉛直に保ち易いというメリットもある。
大森氏の、この踏み方は、彼が家で踏む時に、階下の人に迷惑をかけないよう静かにやるための苦肉の策だったが、大森氏は、結局のところ、こちらの方が良いと思うと書かれており、しかも、推測であるが、佐川幸義氏も、このようにやっていたのではないかと述べられている。
私も、このやり方でやってみたが、安定するし、そして、さっきも書いたが、上体を鉛直に保ち易い。
尚、下腹に意識を置くと安定して行えると思う。

このように、喜多原氏と大森氏のやり方を組み合わせ、いいとこ取りをすることで、かなり完成に近づいたと思う。

四股は筋トレではなく、ある意味、楽である。
しかし、佐川道場で証されるように、長時間やれば、恐ろしく強力な足腰を作ることが出来る。
この四股が足腰を強くする原理は、一般のトレーニング理論やスポーツ科学では分からないと思う。
しかし、効果は事実が示している。
こういったところは、腕振り運動も似ている。
腕振り運動は非常に楽な運動であるが、数多く反復すれば、驚くほど健康になり、難病が治ってしまった例も多い。
ただ、腕振り運動に関しては、肩甲骨をほぐし血流を良くするなどで、ある程度、一般的な説明も出来る。とはいえ、やはり不思議な部分も多いと思う。
四股に関し、佐川幸義氏は、必要なら寝ないでやると言うし、大森氏の後輩は、寝食を忘れてやり、ついには、佐川氏以外には誰も倒せなくなったという。
スクワットなら、そんなにやれば身体が壊れてしまうが、四股はそれが出来、しかも、スクワットでは得られない効果がある。その効果が何かは、今の科学では分からないかもしれない。
それは、腕振り運動も同様と思う。

さらに私が分からないことを言うなら(笑)、腕振り運動と四股踏みをやっていれば、後は何もしなくても良い。別に、どちらか1つでも良い。
それだけで存在給が上がり、勝手にうまくいくだろう。








腕振り運動と四股踏みの無限の効果

腕振り運動や(大東流合気柔術式の)四股は、スポーツのトレーニングではなく(その効果も大いにあるのだが)、霊も含めた修行だということを忘れ勝ちになっていたなあと思う。
昨日、ゴールデンウィークの来客があって、私はかなり多量の飲食をした。
それで、食べた分のエネルギーを消費しようと、いろいろな運動をしていたが、やがて、腕振り運動と四股を交互に繰り返していた。
この2つの運動は、意外に消費カロリーが大きく、午後10時前には、スマートウォッチの計測で、その日のカロリー消費が2000kcalを超えていた。
普通の成人男子で、1日の基礎代謝量が1600kcalほどで、1日の食事で2000kcalを摂取するらしいので、400kcalを運動で消費すれば太らずに済むことになる。
昨日の私の場合は、約4000kcalを食事で摂取したとしたら、基礎代謝量1600kcal超と運動量2188kcalで3900kcal超消費したので、トントンといったところである(笑)。
だが、腕振り運動と四股を延々繰り返すうちに、これは単なる身体の運動ではなく、魂を磨くための霊的な行であることを再認識した。

とはいえ、やはり、腕振り運動と四股は、身体的強化においても、極めて優れたものであると思う。
腕振り運動においては、これを毎朝2000回行っていた関英男博士は、90歳を超えても世界を飛び回って研究を続けていたし、関博士のレポートでは、沢山の難病患者が、腕振り運動を根気強く行うことで奇跡のように治しているが、そのような情報を持っている気功家や中国医師などは多いと思う。
また、大東流合気柔術式四股については、武道・武術の秘伝探求雑誌『月刊秘伝3月号』に素晴らしいことが書かれている。
17歳で佐川幸義氏主宰の大東流合気柔術・佐川道場に入門した大森悟氏は、足腰が弱かった(佐川幸義氏の基準ではだが)ので、佐川氏に、しっかり四股を踏むよう指示された。
しかし、なかなか成果が出なかったようだが、その時に佐川氏が言ったとされることが、とても良いと思った。
引用する。
「大森君は、毎日四股を踏んでいるのか?私だったら寝ないで踏み続け2週間で結果を出す」
寝ないでやるほどやるのが修行なのだということを、私はこれで思い出した。
腕振り運動は1日1万回やれば凄いとか、毎日2千回四股を踏んでいる某氏は偉いとか、そういう次元の問題ではないのである。
念仏や真言行も同じで、生活しながら修行するのではなく、修行しながら生活するのが貴いのである・・・ああ、これは岡田虎二郎の受け売りだが(笑)、それが貴いことは分かるのである。

大森氏の話に戻すが、大森氏の後輩が、寝食を忘れて四股に打ち込んだら、数年後、誰の技も通用しなくなり、佐川氏以外には誰も倒せなくなったという。
これは、四股の威力を証したお話であると思う。
私も本日から、寝食を忘れて・・・とまでいくかどうかは分からないが、腕振り運動と四股をしながら生活しようと思う。

ちなみに、それだけが目的というのも何だとは思うが、腕振り運動も四股も、ダイエット効果も抜群と思う。
また、あまりそういう下心を持ってはいけないかもしれないが、腕振り運動と四股は、精神の使い方も向上するので、結果として引き寄せもうまくなるだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード