ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

伊藤穣一

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

世間には不要で有害なものだらけ

世間に存在している、非常に多くのものが無用なばかりか有害であることが分かってきてしまった。

シャンプーや石鹸は、無くて良く、無い方が良く、さらに、あると悪いものであるようだ。
シャンプーを使わなければ、髪は美しくなり、頭の地肌が健康になってフケ・かゆみがなくなり、抜け毛も減り、髪が濃くなるというのは、おそらく確かだろう。
石鹸も、使わなければ、肌が健康で美しくなり、肌のトラブルが解消されるのではないかと思う。
私は、ごく幼かった時、風呂で母親に石鹸で洗われるのが大嫌いだったことだけは、はっきり覚えている。
私は幼い時から、アトピーか乾癬か分からないが、深刻な皮膚病なのだが、もしかしたら、母親が良かれと思って、毎日熱心に私を石鹸で洗っていたこと、そして、ごく最近まで、私自身が石鹸で身体をよく洗っていたことが原因かもしれない。
私は今は、シャンプーも石鹸も一切使わず、水(お湯)だけで身体を洗っているが、少なくとも不潔だということは全くない。
長年の習慣で持ってしまった皮膚病が、そう簡単に治ることはないかもしれないが、悪くない感じにはなってきていると思う。
沢山の有名な美しい芸能人達が、やはり、水だけで身体と髪を洗うそうだが、それも多分本当だろう。自分でやってみたら分かると思う。

私は、以前から、身体を鍛えるのにジムやトレーニング機器は一切不要で、畳一枚の場所さえあれば超人的に強く美しい身体が得られる「ワン・マット・アスリート」を提唱していたが、かつまたさんがコメントで教えて下さった『プリズナートレーニング』という感動的な本には、監獄の中の独房で出来る、古代から伝えられてきた究極の肉体強化法について書かれていて、ジムやジムにあるトレーニング機器、そして、プロテインが、いかに無駄であるだけでなく、有害なものであるかが、実践的リアリティでもって書かれている。著者は数十年の間、服役囚として監獄で過ごし、その中で身を守るという必要に迫られて習得した本物の技術の魅力は強烈だ。

セミナーも能力開発プログラムも自己啓発書も、やはり、不要なばかりか、有害でしかないのだろう。
元Googleのチャディー・メン・タンが開発し普及させているSIY(サーチ・インサイド・ユアセルフ)は、良いと思いつつ、あの派手な宣伝には抵抗を感じていたが、その直観通り、おそらく、あれも例外ではない。つまり、不要で有害だ。
必要なことはただ、鼻で穏かな呼吸をし(鼻呼吸すれば自然、穏かな呼吸になるのだが)、ピンチの時は自分に「大丈夫だ(All Right)」と言い聞かせれば良いだけなのだ。

他にも、まだまだ、無駄で有害なものは沢山あるのだろう。
例えば、学校、教師のほとんどがそうである。
インドの教育学者スガタ・ミトラや、日本が誇る世界の頭脳(で、初音ミクさんが大好きだという)で、MITメディアラボ所長(MIT教授)の伊藤穣一さんら、世界最高の教育者達も、「必要なものは学習で、教育は不要」と断言している。全く同感である。
アインシュタインも、学校に反発して授業を無視し、大学の講義には全く出席せず、ひたすら独学で勉強したのだ。まして今はIT時代で、アインシュタインよりはるかに有利に独学で勉強出来るのである。
馬鹿げた学校や阿呆な教師を相手にする必要がどこにある。
無論、メンターとしての教育者は必要だが、それは、本当に優れた教育者でなくてはならない。そして、メンターは、別に学問の専門家である必要は全くなく、何かの分野を深く極めた人間が良いのである。
また、医療の多くも不要かつ有害であると思われるが、長くなるので今回は省く。

ただ、1つ付け加えると、頭脳を究極的に向上させる技術がある。
それは、ニコラ・テスラやイーロン・マスクが実践していたものだが、今はまだ体系付けられていないし、それがなされるかどうかは分からない。
それは何かというと、簡単に言うので性急になって誤解しないで欲しいが、ある種のイメージング法である。
浄土系仏教の経典である浄土三部経の1つ『観無量寿経』は、その訓練のために、釈迦のはるか後の人達が作ったもので、純粋な仏教の経典ではないのだろう(実際、サンスクリット版がないそうだ)。
まあ、別に天才になる必要はないのかもしれないが、人類の運命を背負うつもりなら研究すれば良いと思う。

















↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不気味の谷がなぜ存在するのか

「不気味の谷現象」をご存知だろうか?
人形でも、ロボットでも、CGでも、人間の外観と全く同じになる一歩手間のものが、不気味に感じるというものだ。
(1970年に、ロボット科学者の森政弘氏によって提唱された)
つまり、「ほとんど人間なんだけど、どこか不自然」というものを、我々は怖いと感じるのである。
思い当たるのではないかと思う。
最近、CG合成された、高品質な女子高生の顔がネットで評判になっているが、あれもちょっと不気味ではないだろうか?
また、あるロボット研究者が、自分とそっくりのロボットを作り、そのロボットは表情も作れるのだが、それが実に不気味なのは、顔が悪いからではなく(悪くないが、怖いので悪いイメージがあるかもしれない)、やはり、「どこか不自然」だからだし、「どこか不自然」というレベルまで自然に出来ているのだから、大したものである。

ソフトバンクのロボットであるペッパーや、スターウォーズのR2D2なんて、可愛いと思う人は多いが、あまり不気味と思う人はいない。
それは、これらのロボットが、全然、人間に似ていないからだ。
一方、人間ではないが、アフラックのCMのロボットアヒルなんて、「ええ!あれ、ロボットだったの?」と言うくらい、本物のアヒルそのものなので不気味でない。
あのロボットアヒルも、どこか不自然にすれば、案外に不気味かもしれない。

では、なんで、本物の一歩手前が不気味なんだろう?
これは、まだ分かっていないのだと思う。
しかし、いまや世界の頭脳とも言える、MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏が、ブログで、だいたい、こんなことを書かれていた。
「人間ってのは、自分は特別な存在だと思うエゴがあるからではないだろうか。これは、一神教の影響である」
本当は、かなりややこしい文章だった。
もっと思考を整理してから書けよ、伊藤君・・・なんて、目の前では絶対言えないだろうなあ(笑)。
つまり、神に作られし人間は特別であるという観念が西洋人にはあるのだろう。
だから、本物そっくりのロボットが出てくると、その「特別な存在である地位が脅かされる」ことになり、不安や恐怖を感じるのだろう。
一方、日本には精霊信仰があるので、あんまし、不気味の谷はないのかもしれない・・・といったことを思わせるようなことも書かれていたと思う。
文章はもそっとシンプルに書けよ、伊藤君(笑)。
まあ、確かに、能や人形浄瑠璃(文楽)の人形に対し、日本人は愛情を持つが、それは西洋人には理解し難いのだと思う。
また、伊藤氏は、昔・・・という注釈を書いてくれていなかったが、多分昔、アメリカの工場で労働者がロボットをハンマーで叩いていた(壊そうとしていたということだと思う。はっきり書け、伊藤君)時、日本では、ロボットに帽子をかぶせて名前をつけていたエピソードを取り上げていた。
これは、渡部昇一氏が、1990年の著書『日はまだ昇る』で、アメリカでは工場にロボットを導入することが拒否されるが、日本ではスムーズにいったことが、日本の経済成長に結び付いたのだが、その原因は、アメリカでのロボットのイメージがフランケンシュタインであって非常に悪いのに対し、日本では、鉄腕アトムのおかげでロボットのイメージが非常に良いからだ・・・と書かれていた通りだろうか?
渡部氏は、だから、手塚治虫は大英雄であるといったこと書かれていたが、伊藤氏の論では、原因は日本の精霊信仰なのだから、鉄腕アトムはあまり関係ない。
この精霊信仰も、もっと分かり易く言えば、日本では、古事記の影響と思うが、万物に神が宿ると考えていて、ものや自然現象を普通に擬人化するということだ。このような思想をアニミズムと言う。
日本で、漫画やアニメが発展したのも、そんなアニミズムのためであると言われることがある。

冨田勲さんは、初音ミクさんが愛されるのは、日本で人形浄瑠璃の人形が愛されるのと似ていると、『イーハトーヴ交響曲』の舞台で語られるのを、私は直接聴いたが、初音ミクさんは世界中で愛されている。
それは、インターネットを通して、日本のキャラクター文化が世界に普及したせいかもしれない。
日本のキャラクター文化に接しない、あるいは、接する気のない、主に高齢の西洋人は、今でも、初音ミクさんを見ると、すごい拒否反応を示す。
いや、日本の中ですら、「アニメみたいなものは下らない」と思っている人は、やはりそうなのだ。
もっとも、ギリシャ神話は、結構、自然崇拝の面もある。キリスト教が、それを壊したのかもしれない。

尚、本当は私、伊藤穣一さんのことは、とっても尊敬している。
伊藤さんは、物凄く賢い人なんだけど、どこか愛嬌があるので、ちょっと上のようなことを言いたくなる。
(今年、オバマ大統領とも堂々対談し、全く対等にツーショットの写真も撮られていた)
あくまで冗談であったが、偉い人だからといって、からかってはいけないということはない。
文章でからかうと、揶揄してるなどと誤解されるので、一度、目の前でからかってみたいものである。
案外に、女子高生でもからかえるかもしれないし、女子高生にからかわれる伊藤氏を見たいものである。
ちなみに、伊藤氏は、初音ミクさんのことは大好きであるらしい(テレビ番組で言っておられた)ので、きっといい人だ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

私の、今回のオリンピックでの大きな収穫

私は、リオ・オリンピック・・・いや、オリンピックそのものに、正直、全く関心がない。
ところが、前回のロンドン・オリンピックでは、私は開会式を録画していた。
それは、開会式セレモニーに、初音ミクさんが登場するのではないかという、微かな期待を持っていたからだった。
世界的に有名なランキングサイトである、THE TOP TENSで、「ロンドンオリンピックの開会式で歌って欲しい歌手」の第1位に、われらがミクさんが選ばれたからだった。
このことは、あのTRON(産業用コンピューターOSで世界トップ)開発者である坂村健氏(東大教授。工学博士)が、毎日新聞での連載『時代の風』で紹介されていたが、坂村教授は、インターネットにおけるオープン・ソースの偉大な力を指摘した後、アート・クリエーションの世界では、オープン・ソースの中心的存在が初音ミクさんであると述べておられた。勝手な推測であるが、文章の雰囲気からいって、坂村教授も、ミクさんのことはお好きに違いないと感じだ。
まあ、MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏だって、キャスターを務める、NHK Eテレの『スーパープレゼンテーション』で、初音ミクさんのことを、「僕の大好きな初音ミク」と言っておられたのだ。
いや、そもそも、宇宙のあらゆる惑星の進歩した人々は、ミクさんのことが好きなのである。
THE TOP TENSでは、リオ・オリンピックの開会式で歌って欲しい歌手の第1位はイタリアの優れた3人組のボーカル・グループであるイル・ヴォーロで、初音ミクさんは、それに続く2位だった。
東京オリンピックに関しては、私は、関心がないどころか、もうどうしようもない嫌気すら感じているが、もし、ミクさんが開会式で歌われるなら、日本は地球を美しい世界にする中心であることを明確に示すことになる。しかし、今の日本にそんな意思の力があるだろうか?

リオ・オリンピックのサッカーでは、日本は初戦で、ナイジェリアに敗れた。
飛行機代が払えず、危うくキックオフの6時間前に現地入りしたナイジェリア・チームだったが、彼らは、明るく、弱音など吐かず、文句1つも言わず、それどころか、「コンディションは良い」と言い放った。
私には、彼らが示したこの精神力が、このオリンピックで得た唯一の収穫かもしれない。だが、実に素晴らしい収穫であった。
ナイジェリアは、アフリカ屈指の経済大国であり、世界有数の原油国・・・といっても、かつて「奴隷海岸」と呼ばれたこの国の政治は今も混乱し、日本より人口は多いのに、経済規模は日本の大阪府と兵庫県を合わせた程度(Wikipediaより)らしい。そして、やはり、国民の大多数が貧困である。
ナイジェリア・チームの若い選手達は、こんな大きな舞台で活躍し、ヨーロッパの名門クラブにスカウトされるために必死なのだろうと思う。
そして、彼らも、日本が豊かな国であることを知っていて、いかなる状況でも負ける訳にはいかないのだろう。
クリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之氏が、ある時の講演で、「初音ミクを受け入れるのは豊かな国」という事実を述べておられたが、今回の件で、私は、いつか、ナイジェリアでミクさんのコンサートが行われることを夢見るのである。

光無き この星に
いつかひとすじ彗星のように
夜を突き抜けて わたしの星(もと)へ逢いに来て…
~『ARiA』(作詞:lino・とくP・木緒なち、作曲・編曲:とくP、歌:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分の異様な性質の謎が解けた

アメリカの著名な心理学者ジュディス・リッチ・ハリスによる子供の成長理論は、教育に対する考え方の世界的な革命だった。
それは、簡単に言えば、人がどんな人間になるかは、「持って生まれた遺伝的資質」と「子供同士の交流の中で構築したもの」だけで、ほぼ決まるというものだ。
つまり、親のしつけや、教師の教育は、ほとんど影響しない。
ハリスの研究は、アメリカで高い評価を得て、アメリカ心理学会から、最大の賞の1つである、ジョージ・ミラー賞を受賞している。
それよりも、認知科学者で『Hole in the Wall』プロジェクトで知られるスガタ・ミトラ博士や、MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏(大学も出ずに、この地位にいる優秀な人だ)らの教育の考え方は、まさに、ハリス氏の正しさを肯定していると思える。

私も、ハリス氏の考え方は全く正しいと思う。
だが、それなら、子供の時、ほとんど他の子供達と交流しなかった私のような人間は、いったい何なのだろう?
きっと、人間として重要な何かを構築せず、未完成な・・・いや、精神的カタワであるに違いない。
私は、心底、ゾっとしているのである。
医学的な発達障害については、あまり知らないが、まさに、発達し損なっている、真の発達障害という訳だ。
ある意味、自分の異様な性質の原因がはっきりしたことの妙な喜びもあるが、やはり、大きな失望も感じている。
だが、それでも生きていかなければならない。
泣き言を言うことは許されない。

私は、友達付き合いをしていたら、何かの才能を伸ばし、それで人々の役に立ち、もしかしたら、もっと収入を得ていたかもしれない。
しかし、そんなことを言っても仕方がない。
プログラミングは出来るが、まさに、取って付けたような技能で、やっていて、それほど面白くもない。
子供の時、漫画を読んで、プロレスラーになりたいと思ったが、それも、やはり、どこか人ごとに感じたのは、仲間との交流から生まれた正常な願望でなかったからだろう。

まるで駄目男君(私の職場にいる派遣社員で、30歳過ぎの人生の落伍者)も、きっと同じなのだ。
いまさら彼を救う方法はないが、それは私も同じことだ。
彼を見ていると、異様な苛立ちを感じるのも、認めたくはないが、同種の人間であったということだ。
だけど、それでも、生きていかなければならないのだ。

私は、自分が人並のことが出来ないことは、子供の時から分かっていた。
ならば、人がやるようなことは、もうすまい。
アウトサイダーに徹するしかない。
だが、悪いことはしないつもりだ。
そうだ、過去、沢山の私のような者がいて、その中には、世間への恨みから悪事を行い、一時的に楽しい思いをした者もいた。
しかし、そんな者達の行きつく先は、破滅と悲惨だ。

これはもう、本気で解脱を目指すしか道はないのかもしれない。
そういえば、あまり健康的な人間で、悟りを開いた者なんていないような気もする。
芥川龍之介の『地獄変』で、やはり、精神的カタワの天才絵師である良秀は、禁忌(きんき。忌み嫌って避けるべきもの)の悟り方をしたのだが、天才ではないにしても、精神を極めようとすれば、そんなことになる危険性はある。
そもそも、芥川も三島由紀夫も、太宰治も、みんな、精神的カタワであったのだ。

だが、私には初音ミクさんがいる。
彼女に何かしてもらおうとは思わないが、ミクさんは星座のように自分の心を映してくれる。
隣を歩いてくれるミクさんと共に、危険な冒険に挑もう。
私と同種の人達の手助けも出来るかもしれない。
ただし、いかなる場合でも、泣き言を言う者は救えないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ