ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

伊藤博之

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人生は先払い

あらゆるものごとの成就は、「支払って受け取る」というだけのことである。
ただ、「どんな受け取り方になるか」、時によっては、「何を受け取るか」が分からないこともある。

ドワンゴの川上量生会長はブログで、ひきこもりに対し、「身体を動かしておけ」、早い話が、「身体を鍛えておけ」と述べていたと思う。
チャンスが来た時に、身体が満足に動かないと、あるいは、体力がないと、何も出来ないからだ。
川上会長は書いておられなかったが、チャンスは来るのである。それに備えなければならない。
どんなチャンスかは分からないが、必ず来る(信じるしかない)。
スティーブ・ジョブズは、「今やっていることが、将来につながる。どうつながるかは分からない。だけど、信じるしかないんだ」と、あの有名な、スタンフォード大学での卒業講演で言っていた。

『僕は友達が少ない』という小説で、「性格以外はパーフェクト」というヒロインの一人(どんだけ性格が悪いのか…)、柏崎星奈は、長谷川小鷹に水泳を教わる動機を、「夏美が現れた時、泳げないと困る」と言ったが、夏美とは、ゲームキャラクターで、星奈のお気に入りのバーチャル少女である。
お馬鹿な話ではあるが、それが星奈の「チャンスに備えること」であり、夏美には会えなかったが(当たり前だが)、結局、それは星奈が友達を作るのに役立った。
まさにジョブスが言った、「それがどうつながるのかは分からない」であり、つながると信じるしかないが、必ずつながるのである。

敬愛すべき、初音ミクさんのお父さんであるクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が講演会で言われていた、「好きなことを続けていればセレンディピティ(偶然の幸運)が起こる」は、さらに積極的な考え方だ。この場合は、その「好きで続けていること」が、将来、どう役に立つのか分からないし、役に立たせようという気もないかもしれない。しかし、そんな場合の方が純粋で、より大きな力になるのかもしれない。何といっても、伊藤社長はそれで、この世で最も尊い存在である初音ミクさんを生むことになったのだから!
スティーブ・ジョブズは、大学を中退した後も大学に留まり、厳密に言えば(普通に言っても)違法だが、大学のカリグラフィーの講義が楽しくて熱心に受講していたが、そのカリグラフィーの知識が、後にマッキントッシュを作る時に役に立ったのである。

私は、朝晩、トレーニングをして身体を鍛え、いつミクさんと会っても大丈夫なように備えている。
そのうち、ミクさんと銀河旅行をしているだろう。

この秘訣は、1日何度使っても構わない。
何が起こるか分からないが、「予想もしない良いことが起こる」と期待すれば良い。
私も、自分の力ではどうすることも出来ない問題を抱えていたが、「予期しないことが起こる」と心で唱えていた。
すると昨日、とんでもないことが起こり、まさに、道が開いた。
そのために、普段から、ちょっと支払っていれば・・・まあ、積み立て預金みたいに何かを続けていれば良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

好きなことを続ける

成功した人は、自分が好きなことを熱心に続けた人であることは間違いないが、元々は、それで儲けようとか、お金持ちになろう、有名になろう、偉くなろう・・・等と思っていた訳ではなかったのだと思う。
ビル・ゲイツは、発売されたばかりのMITS社のマイクロコンピューターであるアルテアでBASIC言語が使えるようにすれば、売れるかもしれないとは思ったかもしれないが、その実現に打ち込んだ動機は、「面白いから」とか「楽しいから」ではなかったのかと思うのだ。
ゲイツは、高校生の時からプログラマーとして稼いでいたが、そんなゲイツでも、彼に大成功をもたらしたアルテア8080BASICの開発は、半分・・・いや、ほとんど趣味だったのだと思う。
敬愛すべき、初音ミクさんのお父さんである、クリプトン・フューチャーメディアの伊藤博之社長も、高校を出て、北海道大学の職員として働きながら、夜間大学にも通う中で、とんでもないローンを組んで電子音楽の機材やMACのコンピューターを買い込んだのも、単にDTM(デスクトップミュージック)が好きだったからなのだと思う。それが長い時を経てミクさんの誕生につながる訳である。
伊藤博之さんは講演会で、「好きなことを続けなさい。そうすれば、セレンディピティ(偶然に幸運を掴むこと)が起こる」と言われていたが、それが自分の実感なのだろうと思う。
アメリカの石油王で大富豪だったアーマンド・ハマーは、90歳を過ぎて書いた自伝で、自分の行動の動機は生涯、7歳の時に「立派な人達の役に立つこと」と願ったことがいつも根底にあると述べていて、ビジネスで自分が利益を得ようとはあまり思っていなかったらしい。彼が最初にやったことは、医者になる勉強をしながらビジネスで財を成し、おそらく無償で旧ソビエトで医療活動をしようとしたのだが、ソ連で最高実力者のフルシチョフ書記長に会い、ソ連と世界を結ぶビジネスをやってくれと頼まれたことが発端となって世界的ビジネスマンになったのだった。

私も、プログラミングの勉強を熱心にやったのは、プログラミングが出来たら格好ええだろうなあという妙な動機だったように思うが、純粋なロマンみたいなものも確かに感じていたと思う。
別にそれで成功した訳ではないが、普通の人としては、それで楽々世の中を渡っていけるようになれば十分である。
一方、私は、お金のためと思って始めたことで、良い思いをしたものは全くない。
サラリーマンの多くが、人生が楽しくないというのも、給料のために会社に入ったからではあるまいか?
だから、熱心に就活する理由が、より良い給料のためであるなら、それはかなり悲惨なことではないかと思う。
せめて、お金じゃなく、あくまで、自分がやりたいことで仕事や会社を選んだ方が良いだろう。

だが、今の世の中、自分達が金儲けをするために、単に面白いとか快楽であるものを提供する者があまりに多い。
それは、グルメであったり、ゲームであったり、性的なものであったり、スポーツやコンサートを見て楽しむだけのことであったりする。
確かにそれらに打ち込んでモノになった者がいたりするのでややこしいのだが、要は、人に与えられた、楽なこと、お金さえ出せば楽しめることに「うつつを抜かす」ことをしてはならないのだと思う。
自分が本当の意味で楽しめ、それをやるためなら、どんな苦労も厭わないというものを選ばなければならない。
私は、プログラミングの他にも、楽しいことをいろいろやっているが、それらがどう発展していくかは全く分からない。
だが、面白いと感じるなら、人様に迷惑をかけない限り続けるべきなのだろうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

デモシカ仏陀

成功したかったら、結局のところ、好きなことを思い存分やる以外にない。
まあ、そう言ったら、今の時代、「じゃあ、ゲームをとことんやります」と言われても、「まあ、お好きなように」と言ってやるしかないが、ゲームで成功した者も確かにいるし、色事にかまけて芸術みたいなもので成功した者もいる。
ただ、初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之さんが講演で言われていたが、好きなことが出来るシステム・・・まあ、場所や設備や時間、それに、経済的なことも含めた環境全般なのだろうが、それは自分で作らないといけない。
通算出塁率のメジャー記録を持ち、イチローも成し得なかった打率4割を達成した、現在、最期の4割打者であるテッド・ウィリアムズは、子供の時からバッティングが大好きで、起きている時間の全てをバッティングに注ぎ込もうとしていた。
それほどまでにバッティングが好きで野球選手になれないことがあるのかどうかは私には分からないが、いずれにしろ、それほど好きなものがあることは幸せなことだろう。多分・・・

誰かが、「成功したかったら、自分の好きなことは何か、じっくり心ゆくまで考えろ」と言ったが、いろんな意味で、それは難しいと思う。
また、ミクパパの伊藤博之さんは、確かに音楽が好きだが、ミュージシャンになろうとはせず、電子音楽に徹底的にのめり込んだのは、運が良かっただけかもしれない。
彼は、北海道に生まれ、会社も北海道で作り、ずっと北海道で事業をしているが、ミュージシャンになるために東京に行って、失敗して帰って来た人達を見ていたらしいが、それも良かったのだろう。
ビル・ゲイツだって、高校生の時にプログラミングにのめり込んだが、一(いち)プログラマーにこだわっていたら、果たして成功出来たかどうかは分からない。
彼の、プログラマーとしての業績は、本人も言う通り、8080CPU用のBASIC言語しかないが、それも、大半はポール・アレン(友人でマイクロソフト共同創業者)が作ったという話もある。
ゲイツが天才プログラマーだというのは、いまひとつ信憑性はないが、それでも彼は、人類の中で、ほとんど誰よりも成功したのだ。

宮沢賢治なんて、運の悪い例かもしれない。
彼は多分、文章を書くことが好きだったのだろうが、教師をやったり、音楽をやったり、サラリーマンもやったし、農業指導者もやった。
そして、文学で稼いだ金は生涯で5円(今の10万円くらいか)だけだ。
彼の場合、案外に、家が大金持ちだったことが、災いしたのかもしれないが、それは何とも言えない。
ゴッホも、家が金持ちだったわけではないが、弟のテオが経済面の一切の面倒を見てくれたことが、果たして良かったのか悪かったのかは分からない。

いずれにしろ、自分が本当に好きなことを見つけ、それに邁進出来た者は、そうでない者より幸せだし、特に今の時代なら、ほぼ確実に成功出来ると思う。
だが、自分でそれを見つけることが出来る者は、きっと少ないのだ。
あなたもその1人と思う。
だから、「自分探し」なんてものが流行るのだが、それで首尾よく見つけることが出来る者も、やはり、滅多にいないのだ。
では、片っ端から試していけば・・・いや、やっぱり、見つからないまま人生を終えてしまう。
世界ってのは、それほど多くの偉人を求めてはいないのかもしれない。
だったら、悟りを開くとか、仙人やマスター(大師)を目指すよりないかもしれない。
「ブッダにでもなるか」「キリストにしかなれない」
案外に、釈迦やイエスはデモシカだったのかもしれない。
不遜かもしれないが、私は少し、そう思っている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

芸術は狂いだ、超オタクだ、○○廃だ

室町時代の小歌の歌謡集である『閑吟集(かんぎんしゅう)』の中に、

何しようぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂え

という歌がある。
意味は、「どうせ人生は夢だ。真面目くさってないで、狂え狂え」くらいのものだろう。
なぜ狂わないといけないのかというと、狂わないと人生は面白くないからだ。
そして、狂わないと、人間、大したことは出来ない。

斎藤一人さんって健康食品を扱う大金持ちの事業家が、自己啓発書を際限なく出し、よく売れているのだと思うが、おそらく、あんなもの読んでも成功しないだろう。
斎藤さんは、ただ、スピリチュアル(精神世界、オカルト等のこと)狂いで、それは、船井幸雄さんなんかもそうだったのだと思う。
単なる、スピリチュアルマニアやスピリチュアルオタクだったのではなく、スピリチュアルキチガイなのだ。
「キチガイ」は差別用語として、放送禁止、出版禁止みたいな扱いなのだと思うが、「気狂い」「狂気」「マッド」「ルナティック」などより日本語に合う・・・つまり、「音楽キチガイ」といったように使い易い。
まあ、今は、「ネット廃」「ゲーム廃」「ミク廃」といった、「廃」がキチガイの代用として、いい感じなので、「廃」がつくほど狂わないといけない。

初音ミクさんのお父様、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は若い頃、6畳半の部屋に沢山のパソコンとシンセサイザーを置き、その上に板を敷いてご飯を食べなければならないほどだったというが、それを、音楽キチガイ、音楽廃と言うのだろう。
ミクさんは、そんなマッドなお父さんから生まれたのである。
以下に、ダイヤモンドオンラインの貴重な対談へのリンクを貼っておく。
【伊藤博之氏×武田隆氏対談】(前編)~【伊藤博之氏×武田隆氏対談】(前編) ~初音ミクの父、藍綬褒章受章! 彼女のルーツは札幌の六畳半!?~

今をときめく、チームラボの猪子寿之社長は、テレビやネット、あるいは、書籍(自ら執筆はせず、対談やインタビュー)で、いろんなことを教えているが、いいこと言ってるようでも、あの人は天才なので、話は矛盾だらけで時に支離滅裂。
重要なことはただ、彼がミクさんの熱烈なファンであることと、オタクを超えた超オタク=マッドであるってことだけだ。
チームラボでは以前、社員募集要項の第一が「オタクであること」となっていたが、あくまで「超オタク」を求めているのであり、これは、「狂っていること」であるはずなのだ。

狂ってこその人生だ。
真面目くさって何になる・・・だ。
まあ、「狂え」って言ったら、発想の貧困な人達が、人様に迷惑をかける単に利己的な人間を、ここで言う狂い、即ち、超オタクと混同するからややこしいのだが。
また、ネット廃、ゲーム廃と言っても、ただのネットオタク、ゲームオタクでは、本人も鬱々として楽しくないはずだ。
そうではなく、岡本太郎のように、爆発しなければならない。
太郎は、「芸術は爆発だ」と言ったらしいが、これも、爆発なんて意味が分からないことを言わず、「芸術は狂いだ」「芸術は超オタクだ」と言えば良いのである。
太郎は、爆発とは、「宇宙に向かって命がぱーっと広がること」だなどと、また訳の分からない、抽象的で曖昧なことを言ったが、要は、「命をかける」ってことなのだ。

自分は、何に狂っているか、何の超オタクなのか、何廃なのか?
それが言えないやつは生きていないのである。
狂ったやつが正常なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

今、世界で最も重要な2人

もう、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズの時代ではない。
では誰かいうと、Facebookのマーク・ザッカーバーグやAmazonのジェフ・ベゾス、Googleのラリー・ペイジでもない。
イーロン・マスクだ。
これほどイカれたやつはいない。
本人も、自分が狂っていることは、薄々感付いているようだ。

私の愛読書『神様のメモ帳』(杉井光著)で、主人公の藤島鳴海(ふじしまなるみ。高1)が、初めて、アリス(年齢不詳。見かけは11歳か12歳)に会った時、アリスは、世界中に起こっている、戦争や貧困、膨大な子供達の餓死等の悲惨を語り、それらは全て自分の責任だと言う。
自分に力がないから、こんな不幸があるのだと言う。
鳴海は、どうやってここから引き上げようかと考える。
大変な美少女だが、まだガキだし、完全に頭がイカレれているようだし・・・

杉井さんは、イーロン・マスクのことは知らずに、この作品を書いたのだろうが、イーロン・マスクは、アリスと全く同じ少年だった。
世界の責任は自分が背負っていると確信していた。
それで、安価に海外送金が出来るペイパルを作り、それはあっさり手放したら、電気自動車と宇宙船の開発を始めた。
電気自動車はテスラという会社で、宇宙船はスペースX社だ。
テスラという名は、天才技術者のニコラ・テスラからのものだろう。
そうだ、マスクはテスラのような少年でもあった。現実と空想の区別がつかなかった。きっと、今でもついていない。ただ、普通の人と違って、彼の空想はピュアで濃く、生きている。
テスラの車は、買ったら、メンテ費用も燃料代(電気代)もいらないようになる。自然エネルギーから作った電気を無料で提供する専用ステーションを世界中に設置するつもりなのだ。
宇宙船の会社は、今は何もしていないって思ってないかい?
とんでもない、広大な工場はフル稼働でロケットを作っている。
マスクが成功したら、全ての宇宙産業や自動車産業が潰れる。ロシア、中国は国家的な大打撃を被る。
本人も、いつ暗殺されてもおかしくないと思っているらしい。

マスクに敵う人間はいない。
ただ1人いるとすれば、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長だ。
言うまでもなく、初音ミクさんのお父さんだ、
事業規模なんて関係ない。
世界を救うのはマスクと伊藤パパだ。
人類を前に・・・宇宙の友達の方向に進めるのは、この2人だ。

さて、我々も、世界に対して責任を負おう。
無論、自分の力というものを自覚する・・・身の程を知ることは必要だ。
アリスのようにね。
そうすれば、世界は変えられなくても、何かは変えられる。
そして、何かを変えれば、世界はあっさり変わる。
そのためにやるべきことは、微かな呼吸をすることだけだ。
後は自動的に起こるだろう。
だが、我々は変幻自在でなければならない。
いかにうまく、なりゆきに乗るかだ。
まあ、呼吸を(ほとんど)止めてしまえば良いのだがね。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ