ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

井本邦昭

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

腕振りと四股で万全

腕振り運動にも、いろいろなやり方がある。
書籍で見たものの中には、どうも怪しいと思うものもあったが、よく知られているものでは、どれでも効果があるので心配はいらない。
電話で、「腕を伸ばして後ろに振れ」とだけ言ったり、腕振り運動をしている人の見様見真似でやっても効果がある。
私が一番最初に憶えたやり方は、導引術の先生の早島正雄氏の『洗心術入門 悩み、苦しみが消える中国の秘法』に書かれていたもので、早島氏は、他の著書でも、同じやり方を紹介されている。
その後、電波工学の世界的権威で、サイ科学の研究者であった関英男博士が台湾の先生から教わった、達磨易筋経の中にあるやり方で、著名な経営コンサルタントである船井幸雄氏らが世間に出したものを行ったが、私が一番長くやったのはこれになる。
さらに、中国人気功家、 盛鶴延氏の著書『気功革命』に「甩手(せいしゅ)」として紹介されている2つのやり方のうち、「甩手1」とされていた、腕を前に振る方法が気に入って採用した。
そして、最近、社会福祉士で国際中医師の北濱みどり氏の「腕振り体操」として紹介されているものが、後ろに振る腕振り運動の中ではベストと思い、これをやるようになった。
やり方は、グリーン健康会のホームページ内の、
【外部リンク】バランス健康法|グリーン健康会
にある上側の動画だ。
ただ、この動画では、「楕円を描くように振る」をやや極端にやっているように感じるので、ここまで派手に腕を広げる必要もないのではと思う。

北濱氏の「腕振り体操」のエビデンス(根拠)は、中国に2000年伝わっている中医学の研究と経験で、腕振り体操を行うことで、肩甲骨の筋肉がほぐれ、肩甲骨にある膏肓(こうこう)という重要なツボが刺激されて、全身の血流が良くなるというものだ。
健康法の中で、私が唯一、圧倒的な即効性に驚いた、井本邦昭氏(井本整体主宰。医学博士)の蒸しタオルによる熱刺激でも、肩甲骨の間に蒸しタオルを当てることを特に推奨し、ここが重要な場所であるとしているところが共通している。
どの腕振り運動でも、肩甲骨をほぐすが、特に北濱氏の、楕円を描く振り方は効果があると思う。

さて、人体にはもう1つ、健康に特に重要な場所があり、それは骨盤で、仙骨や股関節も含む。
骨盤の緩み、股関節のずれ、仙骨の変形で健康を害している人が多い。
これも、特に、北濱氏の「腕振り体操」のやり方である、膝と足を拳1つ分だけ開き、足を平行にして行うようにすれば、骨盤が締まり、仙骨や股関節も調整されるように思う。
また、やはり、井本邦昭氏の蒸しタオルによる熱刺激でも、肩甲骨の間と共に、仙骨に蒸しタオルを当てることを勧めている。仙骨周辺の血流を良くすることに効果があるからと思う。
なお、井本邦昭氏は、他には、後頭部を熱刺激することを勧めている。

骨盤に関しては、私は、毎日四股を踏んでいる。
四股と言っても、相撲の四股とはかなり違い、大東流合気柔術式の四股を参考にしているが、YouTubeで大東流合気柔術式の四股のやり方とされているものを見ても、さっぱり分からなかった。
しかし、私は自分のやり方で十分満足している。
足のかかとを、肩幅程度に開き、つま先をやや外側に向ける。
一般の四股のように、大きく足を開いたり、ガニ股にならない。足を開く確度は40~50度といったところだ。
脚を上げる時、極端に横に上げず、右脚であれば、やや右側に上げる程度だ。別に、ほとんど真ん前でも構わないと思う。
脚を上げる時、膝は全く伸ばさず、高さも好きなだけよく、ほんの少し上げるだけでも良い。
そして、脚を降ろす時、どすんと落としたりせず、全く音がしないくらい、ゆっくり、そっと降ろす。
脚を降ろしたそのままの流れで、腰を沈める。
沈める深さも、好きなだけで良く、ほんの少しでも良い。
ただ、深く腰を沈めると、骨盤や股関節を刺激して効果的だ。とはいえ、無理に深く沈めてもいけないと思う。
イチローが、外野のポジションについている時でも、四股のような姿勢で腰を深く降ろしていたが、やはり、身体に良いのだと思う。彼の股関節は非常に柔らかいようだった。
股関節は、四股を続けていると、柔らかくなる。
また、四股は足腰も鍛えるし、スクワットと違って身体を痛め難い。
私は、毎日、数百回は行っている。
腕振り運動と四股で、身体は万全であると思う。








私はなぜ急に長時間腕振り運動を始めたのか

私は先月(2022年1月)26日から、不意に1日トータルで数千回、この数日は5千回以上の腕振り運動を行っている。
それまでも、1500回くらいはやっていたし、腕振り運動自体は、十年以上、欠かしたことはない。
なぜ、急に毎日数千回もやるようになったのかというと・・・よく分からない(笑)。

1つは、昨年(2021年)10月の初めに全身アレルギー、その2か月後の12月5日に、7年振りくらいに、皮膚病の乾癬が激しくぶり返し、冗談ではなく、「もう終わりかな」と思ったりもした。
高僧が、観音様でも宿命は断ち切れないと本に書かれていたことを思い出したが、確かに、何かの因果はありそうである。
とはいえ、宿命は耐えることで乗り越えられるものである。
そして、先月30日、井本整体を主宰する井本邦昭氏(医学博士)の『すごい熱刺激』を読み、この本に書かれている、蒸しタオルによる熱刺激療法を試したところ、驚くべきことに2日で乾癬が劇的に改善した。
あれから1か月以上、毎日、熱刺激療法を続けているが、確かに、普通の日常生活が可能なレベルにまではなったが、あるレベルから変化がない状況だ。
とはいえ、アトピー患者の中には、この熱刺激療法で完治するのに3年以上かかったというから、私の場合、まだ1か月と少しである。

それで、乾癬がもっと良くならないかと思って、腕振り運動に頼る気も、きっかけとしてはあったかもしれない。
しかし、それより、「腕振り運動でもやっていないと危ない」という、予知とか直観みたいなものがあるのだと思う。
適切な喩えが見つからないので、少々突飛なことを言うが、こんなことである。
映画『マトリックス』では、頭部に外科手術をして、コンピューターと脳を接続するのだと思うが、今は、イーロン・マスクのニューラリンク社が、脳にチップを埋め込むことで、脳とコンピューターを接続しようとしている(動物実験では成果を出しているが、人間で実験する許可が下りていないと思う。しかし、独裁国家ならすぐに人体実験が出来る可能性がある)。
ところが、小説・アニメの『ソードアート・オンライン』では、頭部にゴーグル状のデバイスを被るだけで、脳とデバイスが接続されるが、これは、装置と脳の量子的接続であるのだと思う。しかし、これは実現が難しい。ただ、難しいが、不可能ではないかもしれない。
外部からの電磁波だけで、あそこまで見事に装置と脳がシンクロ(同調)しなくても、何らかの影響を脳に与えることは出来るかもしれない。
もし、そうであれば、人工衛星から特殊な電磁波を地上に送信すれば、送信した先の人間を支配するとまではいかなくても、怒らせたり、怠惰にしたり、イライラさせたりは出来る可能性がある。
いや、支配するより恐ろしいことだって出来るかもしれない。
そして、陰謀論かもしれないが、既に可能であり、実施すらされているという話もある。
それで、特に影響を受け易い人が凶悪事件を起こしているのであるし、先進国の人々の精神性の低下を見てもうなづけるところがある。

そこで私は、数か月前、不意に、電磁波防御グッズで、世界中のセレブ達が愛用しているというQ-Linkペンダントを使ってみたが、効果がないというか、個人的にだが、むしろ、メンタルが低下するような気がする(ただし、それほど熱心に使わなかった)。
それで、脳の特性を利用し、リズミカルに長く反復することで脳を調整しないと、悪い影響が出ると感じるのである。
それは別に腕振り運動ではなく、真言でも念仏でも祝詞でも、何かの呪文でも何でも良いが、何かのリズムと脳を同調させる必要がある。
私の場合、腕振り運動が最も向いていただけだ。
また、関英男博士が勧めた腕振り運動の方法では、仙道の気やヨガのプラーナと同じ、GTP(重力波粒子。素粒子と波動の複合体)が体内に蓄積され生命力が強化される。
実際のやり方は、下記サイトをご覧いただければ分かる。
【リンク】万病を治す腕振り運動 名古屋身体均整院様サイト

まあ、これが妄想としても、腕振り運動は、誰でも出来る優れた身体強化法である。
特に重要な仙骨の調整が出来るし、長時間やれば、立っているだけでも、足腰に良いといったように、メリットは沢山あるが、デメリットは何もない。
淡々とやれば、無心になり、時間がかかることにデメリットがあるどころか、最上のメリットが得られるだろう。

私は、昨日は、腕振り運動を7400回行った。








なぜ私には熱刺激療法が効果的だったか

医療ではない療法で、私が直接に、はっきりと威力を認識させられたのは、政木和三さんが発明した神経波磁力線発生器だけだった。
医者が「絶対治らない」と断言した家族の症状を短期間で完璧に治し、また、親しい知人の家族や親族の末期的な癌を治したという報告も直接聞いた。
また、学生時代のスポーツの影響で、腕が肩から上に上がらなかった中年の男性が、15分の使用で、楽々上がるようになるのを直接見た。
この装置に関する詳しい話は、当ブログの2022年1月9日の記事、
【当ブログ内リンク】偉大なる代替医療
をご参照願いたい。

だが、今のところ私個人だけの成果であるが、井本整体を主宰する井本邦昭氏(医学博士)の著書『すごい熱刺激』で知った、蒸しタオルによる熱刺激療法が驚異的な効果があった。
私の重度の乾癬(かんせん。皮膚病)を驚くべきほど改善させたのである。
乾癬はアトピー性皮膚炎と似ており、区別が付かないことがあるが、乾癬は、炎症を起こした肌が角質化し(銀色に見えることが多い)、掻くと粉状に落ちるところがアトピーと違う(アトピーは皮膚と分かる形で剥がれる)。
いずれも、非常に痒い場合が多く、その痒さを「気が狂うほど」と形容する患者もおり、その辛さに自殺した乾癬患者もいたというが、それが本当でも私は驚かない。気持ちは分かるのである。
アトピーも乾癬も、医療では治せない。治す方法が分からないのである。
また、いずれも、医者によって言うことがまるで違うところが、私を含め、患者を困惑させる。
私は、アトピーは、物心ついた時から十年ほど前まで病んでおり、それが、乾癬に変わり、この7年ほどはマシになったと思っていた。しかし、もう自覚がなかったが、ステロイド入りの軟膏を手放したことはなく、首にも症状があるので、冬にマフラーを巻くのが辛かった。
そして、50日ほど前である先月5日くらいから、この乾癬が猛烈にぶり返した。
そして、先月30日に、上記の『すごい熱治療』を、正直、数ページだけみて早速実施したら、数日で明確な効果が出た。
部分的にだが、爬虫類の肌のようにザラザラだった肌が、スベスベ、ツルツルになり、お尻などは、まさに、赤ん坊のお尻の手触りだ(笑)。
そして、本格的に「楽になった」と思ったのは、今月18日。治療を始めて20日目だった。
その後も、良くなり続けている。
とにかく、乾癬が治るなら、驚くべきことと思う。
しかも、費用は、ほぼゼロだ。
治療の原理から考えると、また、井本氏の実績から考えても、ほとんどの病気に効果があると思う。

さて、熱刺激療法でなく、私が普段お勧めしている腕振り運動やヒーリングコード、それに、エネルギー療法では駄目かというと、分からないが駄目ではないと思う。
腕振り運動に関しては、私は、運動としての効果が素晴らしいので、治療法として重視しなかった点はある。
腕振り運動が難病を治した事例も多いらしいが、注意すべきは、それなりの回数が必要なことだ。
自身も胃癌を腕振り運動で治したという関英男博士(工学博士。電波工学の権威)は『宇宙学序章 グラビトニックス』で、2000回で明白な効果が出てくると書かれており、根気も必要であると注意されている。
私は、10年ほど前、メニエール氏病になった時、数日、腕振り運動を千回やったが、根気がなく続かなかった。まあ、実際は、メニエール氏病で、立ってるのが辛かったというのもあったが。
アトピーや乾癬も、腕振り運動をもっと根気強くやっていたら、もう治っていたかもしれない。
そして、熱刺激療法も、私は、毎日2時間くらい行っているが、こちらも面倒とは思うが、気持ち良いという面がある。
もちろん、恐ろしく辛い症状を改善したかったし、治さないと何も出来ないという切羽詰まった状況だったからやれているのだが、やはり、この「気持ち良い」と、効果が目に見えるところが、続いている理由であると思う。
腕振り運動を、1日2回、2000回ずつ(合計4000回)やっていたらどうだったかも興味がある。
アレクサンダー・ロイド博士のヒーリングコードやエネルギー療法も効果があったと思うが、精神面で、私には、やや合わない点もあるかもしれない(まだ分からないが)。
自分に向いたものをやれば良いと思うが、とにかく、熱刺激療法の効果には驚いたし、お勧めしたいと思う。








蒸しタオル熱刺激療法、本格的に効果が出る

何度も話題にしているが、私は、昨年(2021年)12月30日から始めた、井本整体主宰の井本邦昭氏(医学博士)の「蒸しタオル熱刺激療法」を、昨日まで18日間実施した。
目的は、重度の乾癬(かんせん。皮膚病)の治療である。
乾癬で自殺した人がいることを少しも不思議とは思わないほど、私も厳しかったが、本格的に楽になったのは昨日(1月18日)だ。
首を触って、肌がスベスベであることに深い感慨を覚える。
実は、首の肌がスベスベであったという記憶がないのだ。
少し前に、隣の家の88歳のおばあさんに、「首、どうしたの?」と言われたほどの状態だった。
とにかく、これでマフラーが巻ける(笑)。

私は以前から、あらゆる病気は、血流を正常にすれば治ると思っていて、概ねでは、その通りと思う。
血流を良くするためには、血液をサラサラにすれば良く、そのためには、十分な水分を摂り、適切な食事を適切な量摂り、適度に運動することが大切であることは常識と思う。
しかし、健康的な生活を送っているつもりでも、何らかの理由で、身体の一部の血流が悪くなることがあり、そうなると、その周辺がだんだんと悪くなり、ある時期から急激に悪くなることがある。
血流を悪くする原因には、怪我や、身体の一部の圧迫、身体の動かし方の癖や、職業による特定の姿勢を長く取る・・・等々が考えられ、それらによる血流の悪化が、初めのうちは、肩こりや頭痛、腰痛などとして現れる。そして、それを放置すると病気になる。
血流を良くしたいなら、風呂に入ったり、適度にアルコールを飲むなども効果はあるが、症状が進んでいる場合には、効果が少ない。
そこで、蒸しタオルによる、熱刺激療法を行えば、見事に血流が回復し、健康になることが多いと思う。

どこを温めれば良いかだが、基本的には、痛い部分や、私の場合は、肌の状態が悪い部分だが、実は、蒸しタオルを当てて気持ちが良いと感じる部分が良いと思う。
これに関して、こんな思い出がある。
私は昔、やたらと風邪をひき、良いことではないが、風邪薬を月に2瓶ほど飲んでいたことがある(笑)。良くないことは分かっていたが、仕事のために風邪を抑える必要があり、やむを得なかった。
そんな時、誰かが、私の肩に、蒸しタオルを置いたのだが、その気持ちの良さに驚いた。
その人が私に、「それは風邪じゃなく、肩凝りだよ」と言ったが、納得した。
肩凝りと言うより、首の凝りかもしれなかった。
1日10時間、パソコンのディスプレイを見ていたのだから、凝りもする。全くの職業病である。

一般的には、首の後ろや前、後頭部、額、胸、腰等に蒸しタオルを当てると気持ち良いだろうし、血流が悪くなっている人の場合は、私のように、あまりの気持ち良さにびっくりするかもしれない。

私は、皮膚病や肩凝りなどを除けば、普通の人よりはるかに健康なので、ついつい、悪い症状を放置するようである。
それで、今回のような酷い状況になってしまうのだろう。
だが、私にはもう1つ、昔から悪いところがある。
ごく若い時から、胸に圧迫を感じることがあり、1~2か月に一度くらいは、それがかなり強くきて苦しんでいた。
そして、ある時、安倍元総理も真っ青の激務(半年間休暇なく、朝7時半から夜0時前まで働いた)をした際、胸に激痛を覚えて倒れた。狭心症というやつかもしれない。
その症状は今も少しあるのだが、蒸しタオルを胸に当てると、やはり、恐ろしく気持ち良い。
おそらく、肺か心臓の血管に血流の悪い部分があり、ひょっとしたら、このままでは突然死をしていたかもしれないが、助かったわけである。
井本邦昭氏、および、蒸しタオル療法を教えてくれたプリンアラモードさんにはいくら感謝してもし足りない。
私の父は脳梗塞を原因として、大した歳でもないのに亡くなっているが、それまでに、肩凝りや腰痛を訴えていた。蒸しタオル熱刺激療法を知っていたら、死なずに済んだと思う。

何でもかでも蒸しタオル熱刺激療法という考え方も良くないが、とにかく、ほとんどお金もかからず、タオルと電子レンジがあれば、すぐに出来る。
騙されたと思って試す価値は非常に大きいと思う。
私の個人的な推測では、蒸しタオル熱刺激療法が普及すれば、医療の7割と医薬品の9割は不要になると思う。
後は、当たり前に健康的な生活をし、ストレス対策をやれば良いのだと思う。

尚、私は、毎日、腕振り運動2千回と四股(柔術式)千回をやるようになった。
これらは、あまりシンドイ運動ではなく、私はまだヒーロー志望なので(笑)ここまでやっているが、腕振り運動千回と四股40回くらいを毎日やれば、かなり鍛えられると思う。
柔術式の四股は、足の裏はあくまで地面を向いたまま・・・つまり、膝を曲げたままで、あまり高く上げず、降ろす時は、つま先から静かに降ろす。腰は、なるべく深く沈めるのが良いが、ほとんど沈めないやり方もある。
手で膝や腿を押さえて補助するようにすれば、スクワットのように膝を痛める恐れもない。
腕立て伏せやスクワットも少しはやるが、腕振り運動と四股を中心にやるようになった。
これも、熱刺激療法で、身体の仕組みを実感出来たことで、こうするのが正しいと思うようになったためである。

私も、まだ完治とは言えず、霊的な部分の癒しも必要かもしれないが、とにかく良い経験であると思う。








スベスベなお尻になれば願いは叶う

イエス・キリストは庶民に「お祈りの仕方を教えて下さい」と請われると、「主の祈り」を教えた。
「主の祈り」は、「天にまします我らの父よ」から始まる有名なものだが、なぜ、イエスは、こんなお祈りをするように言ったのだろう?
キリスト教の信仰者にとっては浅はかに思えるかもしれないが、こんな考えもありではないかと思う。
それは、「主の祈りを唱えながら悪いことは考えない」ということである。
少々、心の歪んだ人間、道徳的に問題がある人間でも、「主の祈り」を唱えながら、「あの野郎を殴ってやる」とか「あの家のものを盗んでやろう」とか「あの美人の奥さんを何とか出来ないものか」といったことを考えたりはしないものである。
ひょっとしたら、そうではない極悪な人間もいるのかもしれないが、ほとんどの人間はそうではない。
ならば、「主の祈り」を唱えている間だけでも、少しでも善い心を持てるのなら、そうでないのと比べ、時が経てば大変な違いになる。
それなら、祈る回数は、多ければ多いほど良い。
ただし、無理矢理祈らされて、嫌々祈るのではなく、自主的に祈るのでないと、善い心を起こし、悪い心を抑える効果は少ない。
だから、自主的に祈る限り、理屈で考えても、「主の祈り」は、自分にも社会にも良い影響を与えることは間違いないと思う。
また、「主の祈り」を見れば、心にも潜在意識にも良い影響を与える・・・つまり、浄化する働きのある内容であることは、割と明白と思う。
そして、おそらくは、心だけでなく、霊も浄化する目的で作られたのであろうと思う。

念仏も同じと思う。
「南無阿弥陀仏」と唱えながら悪いことを考えることは出来ないか、少なくとも、邪悪さは軽減されると考えて間違いないだろう。
ただ、ほとんどの人は、念仏とか他のお題目や、それに類したことを唱えないから、悪いこと、邪なこと、自己中心的なことを考えまくるのである。
だから、少しでも、自分が敬虔な気分になるもの・・・念仏、真言、お経、祓詞、祝詞を唱えると、潜在意識が深い部分から浄化され、人生は良いことだらけになっていくと思うのである。

ところで、こんなことも言える。
人間は、本当に「気持ちが良い」と感じた時には、決して悪いことを考えない。
ただ、美味しいものを食べたり、酒を飲んだり、性的な快楽を得たり、麻薬でハイになるといった、欲望と共にある気持ち良さは苦痛でもある。
そのようなものではなく、自然の美しい風景を見たり、爽やかな風が頬を撫でたり・・・などといったものである。
私は、昨年(2021年)12月30日から今日まで20日弱、毎日、井本邦昭氏(井本整体主宰。医学博士)の本に習い、蒸しタオルによる熱刺激療法を行っているが、適度な温度の蒸しタオルを、例えば、首の後ろに当てた時の気持ち良さは素晴らしく、こんなに気持ちが良い時は、人間は悪いことは考えないものだと思った。
だから、蒸しタオルによる熱刺激療法は、肉体だけでなく、潜在意識も癒すし、霊的にも良い影響があるのだと思う。
私の幼い時からの皮膚病が、先月5日くらいから猛威を振るっていたが、驚くべき治癒を見せている。
昨日、気が付いたが、自分のお尻を触ってみると(笑)、これがもう、赤ん坊のお尻のようにスベスベなのである。
人間は、足の裏に続き、お尻の肌の角質化が進み易く、いくら若い女の子でも、ある程度の歳になれば、ケアしないと、お尻にザラザラな部分が多くなる。
私も別に、蒸しタオルをお尻に当てたわけではないが(笑)、気持ちが良いと思う部分に当てれば、私のようにスベスベお尻になれるのである(笑)。
逆に言えば、お尻がスベスベになれば、潜在意識、そして、もしかしたら霊的にも癒されているのであり、それなら、幸運にも恵まれるのだと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード