ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

丹波哲郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

暇を作ることに努力せよ

アインシュタインのような才能の持ち主は、案外、沢山いるが、そんな本当は優れた者達のほとんどが、ありふれた仕事に就き、ありふれた人生を送る場合が多いのだと思う。
では、なぜ、アインシュタインが才能を発揮出来たのかというと、子供の時に、たまたま科学の本を与えられ、それに興味を持ったということもあるが、何より、時間があったからだ。
早い話が暇だった。
アインシュラインは劣等性で、学校の勉強に時間をつぎ込むことはなく、習っていたヴァイオリンは、先生が嫌いだから止めてしまったし、友達と元気に遊び回る腕白坊主でもなかった。
自分が働かないとやっていけない家庭状況でもなく、今日のようなスマホやテレビゲームがある訳でもない。
実際、時間が有り余っていて、ぼーっと空想していることが多かったという。
大学受験には失敗しているが、元々、大して受験勉強はしていなかったと思うし、指定予備校に1年通えば無試験で大学に入れる制度があったので、大学に入るまでの1年も暇だった。
大学に入ってからも、講義には全く出ず、それでも卒業出来る制度だったのが良かったのだろう。
唯一、大学を卒業するのに必要な試験に合格するために詰め込み勉強をしなければならず、これについてアインシュタインは散々文句を言っているが、ぞれ以外は自由時間だったのである。
大学の成績も良くなく、大学や企業に就職出来なくて、なんとか特許局の事務員になったが、そこでも、仕事中に読書したり、論文を書いているが、それは、仕事が大して忙しくなかったからだ。
こんなふうに、彼は時間に恵まれていたから成功したのである。

童話作家のアンデルセンもそうだった。
幼い時、家にたった1冊しかなかった童話の本を、お母さんが繰り返し読んでくれたことが、アンデルセンの想像力を育てたのは、水木しげるさんのお婆さんが、水木さんが幼い時に、毎夜、枕元で妖怪話を聞かせてくれたのと似ている。
そして、やはり、アンデルセンも暇だった。
女の子のような性格で、他の男の子達と遊ぶことはなく、学校も不登校なことが多かった。
そして、彼のような庶民の家の子は、皆、10歳くらいになったら工場などに働きに行くのが当たり前だったが、アンデルセンには務まらずに彼は家に居た。
だから、アンデルセンには時間がたっぷりあり、一人遊びをしたり、ぼーっとして、想像力をさらに伸ばしたのだ。

あくまで小説だが、日本では人気がある『フランダースの犬』の主人公の少年、ネロにしたって、貧しいはずが、生活面は高齢のおじいさんにまかせ、自分は、炭しか画材はなかったとはいえ、絵を描いていられた。
それで思い出すのは、かのゴッホが、生活の一切、さらには、画材の購入や調達も、弟のテオが全部面倒を見ていて、ゴッホは働く必要もなく、時間がたっぷりあったので、絵画の制作に時間を注ぎ込み、沢山の作品を残したのである。

それに比べ、現代人は、子供の時から、習い事だ、塾だ、宿題だ、予習だ復習だと忙しく、勉強嫌いなら、スマホやゲームに時間を食い尽くされてしまう。
中学からは部活・・・そうでないなら、やっぱりスマホにゲームに動画視聴(昔はテレビだった)。
本当に好きなことをやる時間が全然ない。
正直、全然知らないのだが、米津玄師さんなんて、子供の時から暇な時間がたっぷり持てる環境にあったのだと思う。
彼が、お稽古事や塾や部活に忙殺されていたら、こんなふうにはなっていなかったはずだ。

サラリーマンなんて、朝から晩まで会社に勤め、スマホやゲームを含め、他にも下らない娯楽が溢れているので、そんなもので時間を潰したら、もう何も出来ない。
休日も、エネルギーが残っていないこともあるだろうが、受け身でやれる娯楽ばかりやるようになり、何か1つくらいはあるはずの才能を伸ばす余裕はない。
職人やお店をやっている人や、その他の大半の自営業者も、身を粉にして働いても収入が低い仕組みに世の中がなってしまっていて、サラリーマンよりも厳しい状況だろう。

とにかく、何かやりたい、才能を伸ばしたい、楽しい人生にしたいなら、必要なのは時間・・・というか暇である。
小泉元総理は、サラリーマン時代、会社で仕事をしなくても給料を貰えたことについて追及されると、「人生いろいろ、会社もいろいろだ」と言ったが、結局、彼はツイてたのである。
古い話だが、大俳優だった丹波哲郎さんも、最初はサラリーマンだったが、いったん会社に出勤したら、すぐに遊びに行ってしまって会社には居らず、たっぷりある時間を使って大いに創造性を磨いたのではないかと思うが、そもそも、彼は、子供時代から好きなことをやる時間が有り余っていたのである。

学校や会社や、あるいは、家庭で、優等生になってしまっては、家畜の牛や豚、あるいは、奴隷と変わらない人生しか得られない。
偉人たちから学ぶべきことは、勉強だの修練もだが、それよりも、彼らがいかにして暇を作ったかである。
家がお金持ちであったり、ゴッホのように献身的な兄思いの弟がいたなど、恵まれていた場合もあったが、そうでない偉人もいたはずである。
だが、特に子供向けの伝記では、一番肝心な「怠け方」「押しつけの義務からの逃亡法」といった部分が省かれてしまっており、作り物の真面目人間の姿に描かれていることが多い。
とはいえ、偉人は自由を得るために戦った部分もあるのだ。アインシュタインもそうだった。
とにかく、優等生の称号など、決して決して決して求めてはならない。
学校の教師や、毎日テレビを見ているような親には怒られるようでないといけない。
また、テレビは見てはいけないし、スマホもなるべく使ってはならない。
下らない付き合いはやめ、会社では、定時になったら、他の者が忙しそうにしていても気にしながらでも帰る。
そういったことを「努力」と言うのである。








楽な仕事

子供に、「将来、どんな職業につきたいか?」と尋ねたら、プロスポーツ選手、YouTuber、歌手、保母さん、ケーキ屋さん、お医者さん、先生・・・などは、YouTuberのように、昔はなかったものを除けば、数十年、それほど変わらない。
要するに、実生活か漫画・アニメ、せいぜいが、ドラマや映画で目にする職業だ。
そして、いかに身近に感じる職業(例えば教師)に関してすら、その仕事の実際のことは、ほとんど解っていない。
しかし、考えてみれば、そういったことは、大人も子供も、大して違わないのだと思う。
大きな違いと言えば、子供の方が可能性が大きいので、まだ、選択肢が広いということだ。例えば、大人がプロスポーツ選手を目指しても、最初から無理と思うが、子供の場合は、実際には無理な可能性が高いとしても、そうは思わない、つまり、自分は出来ると思うことが多い。

では、子供は、なぜ、その職業を選ぶかというと、少年時代のイーロン・マスク(テスラやスペースXのCEOで世界一の富豪)のように、人類の救済という場合は滅多になく(笑)、「チヤホヤされる」「偉いというイメ―ジがあって気分が良い」といったところだと思う。
これまた、実際のところは、大人も変わらない。
だが、とどのつまり、その職業につきたい理由を、ごく単純に言えば、楽しいか楽かだ。
ところで、面白いことに、「楽しい」と「楽」は同じ字を使う。
英語では、ハッピー(楽しい。プレザントとも言う)と、イージー(楽)と分かれるが、日本語の方が正しいと思う。
つまり、楽しいことって、楽なイメージがある。
確かに、難しいことを楽しいと言う人はいるが、それは、ちょっと話がややこしいが、難しいまま楽しいのではなく、それが本当は楽だと知っているからだ。あるいは、難しいことも楽なことの組み合わせに過ぎないと分かっているのだ。
だから、本当に難しいことを楽しんでいる人に、「よくそんな難しいこと出来ますね?」と聞いたら、真顔で「いや、簡単だよ」と言うのである。

大俳優の丹波哲郎さんは、元々サラリーマンをしていたが、全く仕事をせず、出社と同時に遊びに行っていたのだから楽だったはずだが、会社をクビになった時、友人に、
「何か楽な仕事ってないか?」
と尋ねたらしい。サラリーマンでも散々、楽をしていたのに、厚かましいやつである(笑)。
すると、友人が、
「そりゃ、俳優にでもなるしかないよ」
と、答えたらしい。それは、冗談か、何も考えていない気楽な答であったはずだ。
ところが、丹波さんは、
「そうか!じゃあ、俳優だ」
ということで、俳優になったらしいが、丹波さん本人も、友人の答に同意、つまり、俳優は気楽な稼業と思ったのだろう。
そして、丹波さんは、俳優の会社に入った後も、ずっと楽なことをしていたが、あっという間に大俳優になってしまった。

実を言うと、私も、なぜプログラマーになったかというと、楽そうだったからだ。
いや、プログラマーが重労働だということを聞かない訳ではなかったが、なぜか、私には楽なイメージしかなかった。
そして、実際、楽だった。まあ、あまり仕事しないが(笑)。

プログラマーが楽だと思えばそうなるということもあるが、人間は、観念を変えるのは難しい。
つまり、難しいと思っていることを楽だと思うようには、なかなかなれないのだ。
むしろ、私には、プログラマーが厳しい仕事だというのは(厳しい部分もあることは分かっているが)、あまりピンとこない。

人間は、明確な目標がなければ、引き寄せ(願望の実現)を行うことが出来ない。
そして、明確な目標の多くは、自分がどんな職業につきたいか、あるいは、自分が何をしたいかである。
目標が一億円というのも勿論良いが、せめて、だいたいどんな分野でというのが分からないと、落ち着かないだろう。
そこで、自分が何になりたいかを決めるのだが、その際、楽だと思うものを選ぶことは、意外に重要だ。
ただ、子供と馬鹿な大人の「楽」のイメージは、ゴロゴロしていることであるから、特に、子供相手には良いアドバイスとは言えないかもしれない。
だけどねえ、この国にも必ずいる闇の支配者というのは、庶民に対し、しんどい奴隷の仕事に良いイメージを植え付けるので、根本的には、楽なことを選ぶのは正しいことだ。
そもそもが、闇の支配者達は楽ばっかりして大儲けしているのだからね(笑)。
それに、向いていることは、やっぱり楽だと思えるのだ。
(※ただし、「楽」と「冒険しない」だけは別。楽しい冒険はやっぱり楽と思える)

そこで、例えば、作家が楽だと思えるなら、「私は一流の作家だ」というアファーメーションをガンガンやると良い。出来れば1日1万回。
感情は込めなくて良いから、丁寧にやること。
すると、世界が動き出し、「楽が出来る楽しいこと」になるだろう。








楽で良い想いをしながら働ける2モデル

私は、社会人を始めてから、2年3ヶ月は、とてもシンドくて辛い仕事をしていたが、その後、楽をしようとまでは思わなかったが、苦しいこと、やりたくないことは止めることを決意した。
その際、採用したモデルが2つで、1つは、丹波哲郎モデル、もう1つは、竹村健一モデルだ。
そのおかげで、その後、その後、一貫して、概ね楽をし、良い想いが出来た。

日本の偉大な俳優、丹波哲郎も、若い頃、3年ほど、サラリーマンをやっていたことがある。
丹波さんは、まさに、「やりたくないことはやらない」を貫いた。
とはいえ、丹波さんは仕事自体をやりたくないのだから、仕事一切をやらなかった(笑)。
出社と同時に遊びに行き、帰って来なかった。
上司は「雑誌を読んでてもいいから、席には居てくれ」と頼んだらしいが、丹波さんには、そうする理由は1つもなかったので、従わなかった。
入社の時にもらった鉛筆1ダースは、3年後に辞めるまで、削られもしなかった。

男は、ここまで徹底して自分の信念を貫かねばならない(笑)。まあ、女も同じであるはずだ。
ただ、丹波さんは、仕事は嫌いでも、宴会の幹事みたいなことは好きで、一手に引き受け、楽しみながらやったようだ。
ここで学ぶべきことは、別に仕事でなくていいから、自分にだけ出来ることを磨いておくことだ。

ところで、丹波さんは、第二次世界大戦では、二等兵(一番下級の兵隊)として従軍しているが、仕事嫌いの丹波さんは何もせず、他の若い兵隊達は皆、上官のために洗濯をして機嫌を取っていたが、丹波さんは、そんなことはまっぴらで、それでも、上官のものの洗濯用の石鹸は貰ったので、石鹸が余った。
それを、駐屯地の近くの村で女の子達にあげてモテまくり、また、石鹸が不足してきた上官に「分けてくれたら楽なところに送ってやる」と言われて、実際、のどかな場所で、終戦まで安楽に過ごしたらしい。
次は、竹村健一モデルだが、それは、早い話が、「窓際族になれ」だ。
竹村さんは、窓際族を非常に肯定的に考え、「仕事をせずに給料がもらえ、暇もあるので勉強が出来る」と、前向きに考えるべきと強調した。
昔の話だろうが、海外では、そのような身分になれるのは、よほど会社に貢献した人だけとも言う。
また、昔から、「指示待ち族」という蔑称がある。
仕事は自分で考えて作り出すべしという理屈だろう。
だが、未熟な新米社員が自分で考えて何かすると、会社や部署に迷惑や損害をかけるだけだ。
だから、正しく指示待ち族に徹するが、なるべく指示も出されないようにしなければならない。
さっきの丹波さんの場合、外務省でアルバイトをしていた大学生の時は、ずっとトイレに隠れていたらしい(英語通訳として採用されたが、本当は英語はロクに出来なかったため)。
まあ、そこまでやらなくても、愛想を悪くしていれば、仕事を言いつけられることもなくなる。
私も、そうして、総務課の社員だったが、暇になり、その間にプログラミングの勉強をして、業務を少し効率化し、海外のテクノロジー企業の科学技術者が来た時には、英語も出来ないのに、頼られて交渉に当たったので、若くして丁重に扱われた(後で考えたら、別に私がいる具体的な必要はなかった)。
フランスの若い男性技術者に「ニッポンのヤングなガールをイントロデュースするぜ」と言ったら、言葉の端々は理解出来たと見えて、大喜びでサービスしてくれ(実際には紹介しなかったが)、いっそう私の立場は良くなった。
毛色の違う相手とこそ仲良くなれというのも竹村氏の教えで、別に本当に女の子を紹介しなくても、そんなことを言って親しめば良いのである。

要は、何ごとも、楽しく、堂々とやれば、自然に流れはよくなるのである。
例えば、ExcelでVBAプログラミングが出来るようになったら、「たかがVBA」なんて思わず、「これこそオフィス革命を起こす武器」と思えばよく、「ちょっと出来る」ではなく、「ちょっとは出来る」と思って、堂々とやることだ。

ああ、それと、丹波さんが、運を良くするために薦めていたのは、朝起きたら「守護霊様、おはようございます」、寝る時には、「守護霊様、今日もありがとうございました」と挨拶することだ。
そして、竹村さんだって、自分が活躍出来るのは神様のおかげと感謝していたそうである。
神様か守護霊か、あるいは、何かは分からないが、自分より上位の存在に頼ることは良いことであり、どうせなら、全面的に頼れば良い。まあ、やってもクタクタになる訳でもない最小限のことはやってね。
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」(スーフィーの格言)「我々は神を信じる」(アメリカ合衆国の公式モットー)












当ブログオーナー、KayのAI書。まもなく(5月30日)発売。
昔、コンピューターや音楽は、特別な人や恵まれた人だけがやれました。
しかし、パソコンやオープンソースプログラム、シンセサイザー、ボーカロイドの登場で、これらは、誰でも出来、トッププロになる人もいます。
AIも、今は誰でも出来る時代です。Windowsパソコン、Excel等のデータ処理ソフト、そして、無料ながら超高機能なソニーのAIアプリ、NNCによって。
そのやり方を、本書で、易しく、楽しく身につけて下さい。

努力不要を本気で語る

それほど一般的な言葉ではないかもしれないが、人間より高位の力の助けを借りて願いを実現することを「引き寄せ」と言うことがある。
これは、世間常識から言えば、意図的に起こすことは出来ず、偶然でしかない。
だが、太古の昔から、人間は、祈りによって、本来は偶然でしか起こらない、好ましいことが起こることを期待してきた。
「引き寄せ」は意図的に起こせることを、科学(主に量子力学と深層心理学)で説明しようとする者もいるが、今のところ、一般的に認められるには至っていない。
一方、宗教的には、高度な引き寄せは「奇跡」として、少なくとも、それほどおかしなこととは思われていない。だが、それは、宗教の外では、タブー(禁忌;きんき)とされる傾向がある。
ただ、確率的に起こりえない偶然を数多く体験している人にとっては、引き寄せも当たり前である(私もそうである)。
とりあえず、引き寄せは存在することとする。

望ましい状況を現実世界の中に作り上げる・・・簡単に言えば、「願いを叶える」方法には、引き寄せを使うか使わないかに関わらず、2通りがある。
1つは、努力と行動を必要とするもの。
もう1つは、努力も行動も必要としないもの。
努力と行動による成功の典型的な例はエジソンで、解釈はいろいろあるにせよ、努力を要しないものは1%の霊感(ひらめき)だけで、99%の努力・行動を必要とする。
社会的偉人には、圧倒的に、こちらが多いが、これは、国というものが、偉人を、国民の労働を促すための宣伝に利用するからである。
つまり、その偉大な努力は、本当かどうか疑わしい。
努力しない典型は、老子、荘子で、「作為を捨てる」「無為自然」「無能に徹する」が基本である。
それに対し、二宮尊徳(にのみやたかのり)は、「作為しなければ田畑は荒れ、家はあばら家になる」と、それが間違いであることを、ごく当たり前に指摘した。
一方、岡田虎二郎は「努力、忍耐、克己の必要を感じない」と言ったが、はた目には、虎二郎は努力と行動の人のようにも思える。
むしろ、我が国における、努力不要の典型は、『歎異抄』に見る親鸞の教えである。
念仏以外に善いことをする必要はない・・・どころか、善いことをしてはならないというものである。

だが、結局、全てを止揚する考え方がある。
ちなみに、止揚(しよう)とは「矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通じて発展的に統一すること」という哲学の難しい概念で、今回のテーマに関して言えば、
「努力が必要か不要かを発展的に統一」
させれば良い。
すると、「努力は不要だが、怠慢はいけない」ということになる。
これは、経験とも一致する。
しかし、普通、「怠慢でない」は「努力している状態」と受け取られかねない。
だが、「怠慢でない」とは「努力する」ことではなく、本来は、「心がしゃんとしている」程度の意味なのだ。
けれども、普通の人は・・・と言うよりは、伝統的観念で言えば、人間は、努力しないと、心がしゃんとしないのだ。
とはいえ、それは、あくまで「伝統的観念」に過ぎない。
スーフィー(イスラム教神秘主義)では、苦難の歴史があったからか、もっと合理的な基準を持っていて、それを言葉で表したものが、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
だ。
ラクダを集めておくことまで神にやらせるのは怠慢である。
しかし、お前がやるのは、その程度のことで良いし、その程度しか出来ない。
では、サラリーマンなら、どこまでが「ラクダをつないでおく」ことに該当するだろうか?
俳優の丹波哲郎さんは、サラリーマン時代、出勤したら、すぐに遊びに行ったらしい。
仕事がさっぱり出来ず、オフィスに居ても仕方がないからだ。上司は、「雑誌を読んでてもいいから、席には居てくれ」と言ったらしいが、丹波さんは言うことを聞かなかった。
とはいえ、出勤だけはしていたのだと思う。
丹波さんにとっては、出勤することが「ラクダをつないでおく」ことに該当した。
また、丹波さんは、宴会の幹事は喜んでやったらしい。
まあ、オフィスにちゃんといるあなたは宴会の幹事はしなくていいから、何か1つ、特別に出来ることがあれば、後は神にまかせれば良いのではないだろうか?













当ブログオーナー、KayのAI書。近日(5月30日)発売。
これ以上易しく、機械学習・ディープラーニング型AIを自分で作れる本は、私の知る範囲ではないと思います。
とりわけ、最初のところは拍子抜けするほど簡単かもしれませんが、「モンティ・ホール問題」などの難問も、基本的には同じやり方でAIに推測させます。
数学、プログラミング、難しいAI理論は取り上げません(コラム的に補足はしてあります)。
本の中のほとんどの実習をするためのデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無償ダウンロード出来ます。

自分は頭が悪いことに気付けばブレイクスルーする

以前も書いたが、軍隊では、人間は次の4タイプ順の順列になる。
最高:頭が良い怠け者
優良:頭が良い働き者
普通:頭が悪い怠け者
不要:頭が悪い働き者

ところで、働き蜂や働き蟻の2割は働かないという話を見たり聞いたりしたことがあると思う。
この働かない2割を取り去ると、これまで働いていた8割の中の2割が働かなくなると言われる。

また、著名な経営者の本で見ると共に、大企業ではないが、立派な会社を長年経営しておられる社長さんに、こんな話を聞いた。
「2割くらいは駄目な社員がいるが、私はクビにせず雇い続ける。クビにすると、残り8割の中の2割が駄目なレベルに落ちてくる。だが、駄目な社員に仕事はさせない。遊んでいてくれたら、一人(年間)一千万円で済むが、仕事をさせたら一億かかる危険がある」

「頭が悪い働き者」も、働かないよう押さえつけていられれば、雇っても良いのかもしれないが、勤勉を奨励する日本では難しい。
頭が悪い働き者は、軍隊では、味方に鉄砲を撃ち、会社では、他の社員の足を引っ張り、蜂や蟻の社会でも、仲間の邪魔をする。

ところで、UFO研究家の矢追純一さんは、雑誌のインタビューで「若い時に、僕は頭が悪いから、考えることを諦めた」と言われてたと思うが、「自分は頭が悪いから考えることを諦める」なんて判断が出来るのは、最高に頭が良い証拠である。
何と言っても、世の中の人間の大半は、「俺は頭が良いから、俺が考える」なのであるから。これはもう、東大を出ていようが、小学校も出ていなかろうが同じである。
矢追さんは、若い頃は、頭の良い働き者だったが、ある時期から、頭の良い怠け者に「昇格」したのではないかと思う。

一方、大俳優だった丹波哲郎さんは、典型的な「頭の良い怠け者」だったと思う。
彼もまた、自分は頭が悪いと自覚していた。
そして、怠け者振りは、まじぱなかった(マジで半端でなかった)。
第二次世界大戦中の軍隊では、新米兵は上官の衣服の洗濯をしたりして機嫌を取るが、丹波さんは、そんなことは一切せず、それでも洗濯石鹸はもらうので、大量にたまった洗濯石鹸を売って儲けたり、あまりに怠け者なので見捨てられたおかげで、終戦まで安全な場所でのうのうと過ごした(石鹸売った金もあったし)。
サラリーマン時代は、もらった鉛筆を入社から3年削りもせず、やがて出社と同時に遊びに行くようになるほど、怠け者振りに磨きをかけた。
俳優時代も、基本、セリフは覚えて来なかったという。
そのおかげで、風格ある大俳優になり、80歳過ぎても良い役が回ってきたのだろう。少々の大俳優でも、人気がなくなって主役を張れなくなると、若いイケメンが主役の映画の脇役になって、その若いイケメン俳優を持ち上げたりするが、丹波さんは、そんなことは一切しなかったし、そんなことするような働き者でもなかった。

かく言う私は、頭が悪い働き者で、本来は、悲惨な運命だったが、良い社長に出会った。
「お前は、俺が目を離すとロクなことをしない」
「いい身分だと思ってノンビリしてればいいんだ」
まさに、頭が悪い働き者への配慮であった(笑)。
おかげで、頭が悪い怠け者に昇進し、安楽に過ごした。
怠け癖はついたので、後は、頭が悪いという自覚が出来るごとに、上昇していけるだろう。
人間、いつ、「自分は頭が悪い」ということに気付くかどうかが勝負であると思う。
アインシュタインなんて、子供の時に気付いたのだと思う。ただ、彼の場合、有名になってからは、持ち上げられるので、自分は頭が良いと思うようになってしまった。だから、ある時期(40歳くらい)から後の彼は愚かであった。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード