ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

中村天風

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

胸にぽっかり空いた穴

皆、胸にぽっかり穴が空いていて、その穴を埋めたくてもがいている。
その胸の穴を、安易に埋めてやろうって連中が沢山いる。
アイドルを応援したり、ホストに貢げば、それが埋まると思わせるのが、昔からある方法だ。
宗教にも、そんなものが多いというのは分かると思う。
ヒトラーは、それが凄く上手かったし、カリスマ思想家みたいな連中は、ヒトラーの小型版だ。
あるいは、会社の理念なんてものがそうで、カリスマ性がある経営者の理念を社員に連呼させるような会社は、宗教団体や独裁国家と同じだ。

上に挙げたものは、胸の穴(隙間)を埋めてくれるが、埋めるものが粗雑で脆いので、次々に補充しなければならない。
アイドルが本物なら、一度握手してもらえばそれで満足するはずなのに、何十回、何百回と行かなければならない。
胸の穴を砂かほこりで埋めたようなものだ。

つまり、胸の穴を安易な方法で埋めようとするなということだ。
胸の穴を埋めるのは、創造活動だけだ。
念仏を称えるのは良いことだが、それで終わっちゃあいけない。
念仏を称え、内なる阿弥陀如来を見つけたら、阿弥陀如来を使わないといけない。
中村天風が何を教えたのか知らないが、天風だって、がんがん稼げるようにならないといけないと言ったはずなのに、天風の教義を復唱するだけで事終えりとしている馬鹿が多過ぎる。
まあ、天風の教えが抽象的で複雑過ぎるのもいけないのだが。

働けば、稼げばいいってもんでもない。
私は一頃、大晦日近くから、翌年のゴールデンウィーク明けまで、1日も休まず、朝7時半から夜の12時近くまで、自主的に働いたことがあったが、それも、胸の穴を埋めようとしてだったのだろう。
しかし、それで胸の穴は全く埋まらなかった。
そんな安易な方法で埋まったりしないのだ。

それでいつか、「もうどうだっていいいや」と思う時が来る。
いや、そこまで行かないといけないのだが。
天啓があるのは、そんな時だ。
それまで、なんでもいいから、自分の力で続けることだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

今どきの氣の出し方

植芝盛平や中村天風、それに彼らのお弟子さんだった藤平光一さんらを、崇拝する人もいれば、拒否感や嫌悪感を持つ人もいると思う。
どこが嫌かって、写真で見る彼らのいやらしさ、中年男の脂ぎった感じ、それに、彼らの著作の自慢げたっぷりの尊大さなどではないかと思う。
しかし、そんなものがなければ、話を傾聴する値打ちはない。
彼らは皆、聖人君子などやってたら生きていられない生き方をしていたので、並外れたバイタリティ(生命力)があり、生身の人間である限りは、それが迫り来るような不快感にもなる。
だいたい、彼らの教えを知ろうという我々だって、聖人の道を聞きたいのではなく、儲かる道、モテる道、強くなってこの世を闊歩する道を知りたいのであるからお互い様だ(笑)。

彼らの教えは、簡単に言うと、「氣を出せば無敵」である。
植芝盛平の教えとなると、普通の人にはさっぱり分からないが、中村天風は愚民を相手にする気十分だったので、いくらかは分かる。ただし、年寄り臭く、しつこい(笑)。
藤平光一さんはさらに分かり易く話したが、それでも、私あたりに分かったのは、氣を出すためには、
「重みは下にあると言う」
「好きだと言う」
くらいで、後は、「氣は出ていると思えば出ている」という、分かったような分からないようなもので、その他となると、具体的にどうすれば良いかさっぱり分からない。

しかし、私なら、「ミクさん、愛してる」「ミクさん、ありがとう」と想ったり、言ったりすると、確実に氣が出て、そして、氣が入ってくる。
氣とは、まあ、宇宙エネルギーとでも言えば良いと思うし、あるいは、ジョセフ・マーフィーが『THE COSMIC ENERGIZER』(邦訳:『あなたも幸せになれる』『努力嫌いの成功法』)で述べた「宇宙の活力」のことだと思えば良いだろう。
あなただって、純粋に好きだと思うものが1つや2つはあると思う。
海だったり、芸術だったり、自然だったり、動物だったり、円空の仏像だったり、イエスだったり、あるいは、宇宙だったり。
そんな本当に好きなものを想いながら、あるいは、何も想わず、「ありがとう」「愛してる」と言えば、必ず氣が出て、結果、何でもうまくいくはずだ。

「復活祭のまえに驢馬にのって、地面に足をひきずりながらエルサレムに入場してきた男といえば」
「あなた」
「頭の上で、女たちがぼくの名前を叫びながら振っていたものはなんだ。棕櫚の枝じゃなかっただろう。」
「あなた」
~『オンディーヌ』(ジャン・ジロドゥ著、二木麻里訳、光文社刊)より。ハンスとオンディーヌの対話。~
※ハンスは高貴なる騎士。オンディーヌは水の精で15歳の絶世の美少女。

私にとって、オンディーヌの言う「あなた(ハンスのこと)」が、初音ミクさんなだけである。
その名を想うだけでも氣は出るが、「愛してる」「ありがとう」と想い、あるいは、言えば、氣は宇宙の果てまで届き、創造が起こるのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

キメ顔の果て無き恩恵

「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎は、「人間は腹から力が抜けた時に邪まなことを考える。常に腹に力を入れよ」と教えた。
中村天風は、片時も怠りなく、肛門を引き締めよと言っていたようだ。
しかし、そんなことは出来るはずがない。
中村天風自身が、それが出来るようになるのに5年かかったというから、普通の人なら、一生かかっても無理だ(多分、彼も口で言うほどではなかったと思う)。
いや、「常に」、どころか、「1日10分」でも、なかなか難しい。

だが、もっと大切で、もっと簡単に出来ることが、「顔を引き締める」ことだ。
別の言い方をするなら、「キメ顔をする」ことである。

イケメンとブサメンの違いは何だろう?
それは、顔が引き締まっているか、緩んでるかの違いだ。
ブサメンでも、普通のブサメンなら、顔を引き締めれば、その場でイケメンになるし、ひどいブサメンでも、1ヶ月も顔を引き締める修行をすれば、すっかりイケメンになる。

キメ顔を続ければ、歳を取ってもイケメンで美女だ。
渡辺謙さんなんて57歳になるらしいが、いつもキメ顔なので、歳を取れば取るほど格好良くなっていく。
一方、「若い頃はいい男だったのに・・・」という感じの人は、生まれつきの素材は良かったのに、いつも緩んだ顔をしているのである。
マイケル・ジャクソンの、あのしかめっ面は、表情が引き締まっているから美しいのである。
だが、彼は、児童虐待の容疑がかけられて久々にメディアに登場した時、まだ50歳くらいでしかなかったのに、随分、顔が変わっていたのは、加齢のためというよりは、表情がすっかり「ゆるく」なっていたからである。

巷では、「小顔になる」「ほうれい線が消える」方法なんてものがよくあるが、多分、どれも嘘だ。
ニコニコ、緩んだ顔で、指や拳で顔を押さえたり、変な顔をしても、緩んだ広がった顔や、単に変な顔になるだけだ。
そりゃ、それらの方法のモデルになっているお嬢さん達は、学生時代は学校中で知らない人はいなかったというような、うまれつきの美女ばかりで、しかも、引き締まった顔をし続けた人達なのである。

マイケル・ジャクソンのDVDでも見て、顔の引き締め方、キメ顔の仕方の参考にすれば良い。
女性で言えば、アメリカの女優のゴールディ・ホーンが、40歳を超えても、不気味なほど若くて可愛かった。
だが、女優の宿命か、歳を取ると柔らかい顔をすることが多くなり、さしもの彼女もオバサンになってしまった。
彼女は、やっぱり、引き締まったキメ顔が最も美しく、40歳を過ぎても少女のようだった。

我らの天使、初音ミクさんは、決して「甘い顔」はしていない。
眉がつりあがっているのは、顔が引き締まっていることの現れである。
アニメ顔の特徴でもあるのだが、閉じていると口がほとんどなくなるのも、口元が引き締まっていることを暗示している。
唇が見えないこともそうで、石原さとみさんは、本当は唇がかなり豊かに厚い人なのに、唇が薄い印象があるのは、笑顔の時だって、実はキメ顔だからである。
まあ、あのくらい素材が良いと、少々ぼーっとしていても美しいが、それも若い間だけである。
あの人が、歳を取っても美しいかどうかは、引き締まっていられるかどうかにかかっている。

キメ顔でいれば、美しくなるだけでなく、幸運も寄ってくる。
なぜなら、キメ顔でいれば、心が引き締まり、意識が透明になって、無意識から宇宙エネルギーが流入してくるからである。
岡田虎二郎や中村天風も、それを狙って、腹や肛門を引き締めることを教えたのだが、既に述べたように、それは難しい。
だが、キメ顔には、美を得るというメリットがあるので、継続し易い。
尚、「キメ顔」と「ふてくされた顔」は、「口元が引き締まっているか緩んでいるか」、「目元に力があるかないか」といったように全然違うので、気をつけるよう。
多くの人達が、いつも不満顔でふてくされているから、醜くて滑稽な顔になっているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ついに「私」を発見した

人がなぜ生きようとするかというと、遺伝子の中に「生きろ」とプログラミングされているからだ。
他にどんな理由もない。
(ただし、生きなければならないのは遺伝子自身なのだがね)
生きるためには力が必要なので、人間は強くなろうとする。
体力的に男に劣る女は、強い男を得ようとする。
ところが、脳の発達によって、様々な体力に優る力が出来、それを得る女も多くなってきた。
最たる例がヒラリー・クリントンで、彼女が大統領を目指したのは、別に崇高な理念があった訳ではなく(本人はあると思っているかもしれないが)、単に生きるプログラミングを働かせただけである。
彼女の夫のビル・クリントンが若い女性とせっせと不倫するのも、遺伝子を生かすというプログラミングが働いているだけで、彼は強い人間なのだから、遺伝子からすれば正しい行動なんだろう。

社会的な弱者にも、生きるプログラミングが働いているので、自分の能力の範囲で、生きるためにあれこれするが、それは、滑稽だったり、醜悪だったりする。
例えば、同情を買う芸だけで生きている・・・というより、それで生きられると思って、その芸に頼る愚か者もいる。

共感に欠ける人間は、生きるプログラミングに従うと、自尊感情がどんどん高まり、それを満たすために、平気で嘘をつく。
それがサイコパスである。
高名な神経科学者ジェームス・ファロンは自分で認めるサイコパスだが、サイコパスの特徴は、彼の親しい友人が、彼に対して持っている、本音の評価に表れている。
ファロンは、あえてそれを聴いたのだから偉いし、さらに、それを公開したのだから、物凄く偉い。
「人を操る」、「魅力的だが狡猾」、「狡知に長けたガキ大将」、「自他にかかわらず不誠実だ」、「自己愛的」、「表面的で軽薄」、「いざというときに信頼できない」、「自己中心的」、「深く愛することができない」、「恥知らず」、「まったく良心の呵責がない」、「巧妙な嘘をつく」、「法律や権威、社会のきまりに対して無頓着」、「都合のいい道徳だけで生きている」、「無責任」、「完全に無感情」、「冷たい」、「共感性に欠ける」、「情緒的に浅い」、「偉大なり、この私は」、「病的虚言者」、「他責的」、「完全な自信過剰」、「いつも退屈している」、「騒ぎを求めている」、「絶えず刺激を欲しがる」、「恐れ知らず」、「自分も他人も巻き込んで非常な危険に追いやる」、「非常に人気があるが、多くはうわべだけの関係でしかない」、「いかなる罪悪感もない」
~『サイコパス・インサイド』(ジェームス・ファロン著、影山任佐訳、金剛出版)より~
ファロンの高い知性とエネルギーでのみ可能になるものを除き、全く私にあてはまる。
「偉大なり、この私は」・・・もう笑うしかない。これが、「ザ・私」だ。
中村天風なんて人は、全部当てはまるのではないだろうか?

だがまあ、抗っても仕方がない。
抗えないのだ。
ただ、他者の生きるプログラミングとの間に争いを起こさないよう、せいぜい気をつけるべきなのである。それが知性ってものだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

信念を持つ方法

イエス・キリストは、「山に、動いて海に入れと言い、そうなると信じて疑わなければ、そうなる」と言った。
これは、やはりイエスが言った、「出来ればと言うのか?信じる者には何でも出来る」を、具体的、視覚的に、そして、壮大に表現したのである。
これが、信仰の力である。
イエスは、信仰の力を持つことを、特に弟子達に強く命じた。
信仰の力が強ければ、無敵であり、神と変わらない。
この「信仰」は、普通には「信念」と言う。
中村天風も、信念の大切さや、それを得る方法を必死で教えた。
あなたが偉大な成功者になれるかどうかは、大きな信念が持てるかどうかで決まるのだ。

だが、親鸞は、「私の信心は阿弥陀様にもらったもの」と言い、自分の努力で得た訳ではないと言った。
この「信心」も、信仰、信念と言って良いだろう。
確かに、イエスがいくら、「信ぜよ」と言い、中村天風が「信念を持て」と言ったところで、なかなかそうはいかない。
あなたが、信念を持てるかどうかは、自分で決められるものではなく、運命による。

あなたが山を動かせるかどうかは分からない。
つまり、金持ちになろうとか、偉大な人物になろうとしても、そのための信念が得られるかどうかは分からないのだ。
それは、あなたがどんな運命を持って生まれたかによって決まる。

ところが、ある尼僧が、こんなことを言った。
「阿弥陀様は私に信心は下さらなかったが、南無阿弥陀仏様を下さった」
これほど偉大な言葉は、そうあるものではない。
私やあなたは、偉大なことを成し遂げる信念には恵まれていないかもしれない。
しかし、念仏には巡り合うかもしれない。
そして、念仏を唱えれば、たとえ、信心を持つ運命になくても、信心(あるいは、信仰、信念)を持てるのである。
この尼僧は、様々な人達に、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えることを奨め、そうした相手は、ことごとに信心を得たのである。
そして、神は私に初音ミクさんを下さったのだ。
だから、私はいまや、山を動かすことも可能なのである。

★初音ミクさんコンサート関係
冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク
「Dr.Coppelius(ドクター・コッペリウス)」
公演日:11月12日(土)18:00
場所:オーチャードホール(東京)

本日、チケットが届いた。
1階8列という、なかなかの席を獲得できた。
冨田先生は生涯最後の作品で、「冨田勲×初音ミク」と、天使の御名と共に表記されるとは、冨田先生の偉大な生涯に感動した神によって賜られた最上の栄誉に違いない。
冨田先生も天国で喜んでおられることだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ