ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

中村天風

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ただ真言、後はいらない

ほとんどの人が、真言さえ唱えれば、一切の問題が解決し、救われることを知らない。
真言より他の方法もなくはないが、それは難しい。
これは、あくまで、中村天風の高弟だった藤平光一氏の著書にあったことだが、中村天風は死に際に、「俺が教えたことは全部忘れろ」と言ったらしい。
もしそれが本当なら、中村天風の心身統一法などの教えは、やはり、少なくとも普通の人には無理なのではないだろうか?
中村天風は、「今後は藤平光一のところへ行け」と言い残したらしい。
だが、藤平氏の本は良いことが書かれていて、私も愛読しているが、やはり、難しいと思う。
藤平光一氏と同じく、中村天風と植芝盛平の両方の高弟であった佐々木の将人(まさんど)氏は、いろいろな話を本に書いているが、『数霊のメッセージ』を読むと、
「アーと言うと、悩みは解消する」
「アーと一言言うと、事態は必ず好転する」
「アーオーウーエーイーと言うと、四隅の悪霊が全部祓える」
「アジマリカンと言うと、悪霊はたちまち退散する」
と書かれている。
ここだけ憶えておけば良い。
岡田虎二郎は、岡田式静坐法で一世を風靡したが、死ぬ直前、書いたものを全部燃やした。そして、49歳の若さで亡くなった(もっとも、当時の平均寿命は40歳くらいだったが)。
その岡田虎二郎が、「念仏さえ唱えれば、一切の問題が解決し、救われる」と言ったのである。
念仏もまた、真言である。
佐々木の将人氏が言った「アー」や「アーオーウーエーイー」や「アジマリカン」の言霊、あるいは、呪文も真言である。

真言を、1日1万回唱えよとか、1日1時間唱えよと言う指導者がいるし、それを実践している人もいる。
そんなことを教えたり、自分でやっている人の多くは、真言を口に出して唱えている。
だが、そんなやり方では、普通の人は決して続かない。
それで、親鸞が、実に凄い、そして、有り難いことを言ったのを思い出すべきである。
「念仏を唱えなくてもいい。唱えようと思いさえすれば良い」
この教えは、師の法然の怒りを買ったらしい。
しかし、凡民を救ったのは親鸞であり、江戸末期から昭和の初期にかけ、親鸞の教えにより、妙好人と呼ばれる、念仏により仙人のような存在になった者が多数現れた。
念仏でも、その他の真言でも、自分が好きなものを、声に出そうが、心の中で唱えようが構わないから、1日中、常に唱えようとするのである。
ほとんどの場合、心で唱えることになると思うし、実際は、それが圧倒的に正しい。
「今日も常に真言を唱えるぞ」と思い、それを思い出す度に唱えるのである。
それで、結婚したければ結婚出来るし、お金が欲しければお金が入るし、恋人が欲しければ恋人が出来るし、仕事が欲しければ仕事に恵まれるし、健康になりたければ健康になれる。
願いが叶うまで唱えるのである。
しかし、そんな願いは、取るに足りない。
人間には、もっと大事なことがある。
人間の一番の望みは何だろう?
それは、ぐっすり眠ることである。
世界のお金持ちと言えば、ビル・ゲイツ、ジェフ・ベゾス、イーロン・マスクらがいるが、もし、彼らが、夜、ぐっすり眠れないようであれば、ぐっすり眠れる貧乏人に劣るのである。
なるほど、確かに、あなたをぐっすり眠れない成功者にしないための摂理が働き、なかなか願いが叶わないかもしれない。
イーロン・マスクらは、精神が強いので、眠れなくてもしばらくは耐えられる。
しかし、普通の人は、なかなかそうはいかない。
だから、本当の幸せはぐっすり眠ることであることが真に理解出来れば、驚くほど容易く願いは叶うようになるだろう。








迫りくる闇に打ち勝つ

インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジに、ある西洋人が「我々が、オームのような真言を唱えて効果があるのでしょうか?」と尋ねた。
すると、マハラジは「驚くべき効果があるだろう」と答えた。
マハラジが言ったからといって正しいかどうかは分からないが、あれほどの聖者の言うことだから軽視も出来ない。

ただ、1回や2回「オーム」と唱えただけで効果が出るのではない。
また、特別な時刻に特別な場所で唱えることは悪くはないが、真言とは日常的に唱えるものである。
岡田虎二郎は、岡田式静坐法を教えたが、彼が背広で静坐をしたことに深い意味があった。
彼にとって、背広は平服であるから、「普段の格好で」、つまり、「平常に」静坐をしていたことを示しているからだ。
尚、岡田式静坐法とは、つまるところ、姿勢を正し、ゆったりと呼吸をしながら腹に力を入れることで、いつでもどこでも出来ることであり、岡田も彼の弟子達も、そうしていたのだと思う。

法然の念仏がそうであったが、真言も、静坐も、あるいは、中村天風が言う「常に肛門を締める」も、彼らが言うように、本当に起きている間中ずっと出来れば良いのかもしれないが、現実的に、それは不可能である。
そこで、「いつでもやる」を心がければ良いのである。
思い出したら、すぐに心の中で真言を唱えるのである。
これは決して「たまに唱えれば良い」とか「思い出した時に唱えれば良い」と言うのではない。
「1日中、常に唱える」心構えは必要なのだ。
ある気功家は、「1日にトータルで1時間、肛門を引き締めろ」とうまい案を出したが、これは、「常に肛門を締める」心構えがあって初めて達成出来ることだ。

真言さえ唱えていれば、一切の問題が解決し救われる。
それなら、1日中、真言を唱える心構えを持つことは良いことと思われる。

今、世界に、あるいは、我々に闇が襲い掛かっている。
それは、おそらくは誰もが、大なり小なり感じていると思う。
全く感じていないのは、あまりに洗脳されて鈍くなってしまった者達だ。
一方、「闇が迫っている」と人々が感じていることを利用して、人々を騙して利益を得ようとしている者達もいる。それも含めて闇なのである。
これは、まさに、新約聖書・福音書の、特に「ヨハネ黙示録」に書かれ、イエスも常々言っていたことだ。
ついに、その時が来たのかもしれない。
だが、我々は、宗教団体に入る必要もなければ、特定の誰かを崇める必要もない。
ただ、真言を唱えれば良いのである。
ところが、これについても、「私が勧めるこの真言だけを唱えよ」と言う偽物が出てくるので、耳を貸してはならない。
真言に上下優劣はない。
ただ、真言は「古い言葉」であることだけは望ましいのだ。
なぜなら、長い間、多くの人が唱えてきて、今に残る言葉であり、それは、人類共通の超意識に息づき、また、現代人には直接には意味がないことによって、思考が反応しないからだ。
「南無阿弥陀仏」だって、直接には意味を感じないから良いのである。
ひょっとしたら、「南無阿弥陀仏」は「阿弥陀如来に帰依します」という意味だと知っているかもしれないが、これを唱えている時に、そんな意味を考えているわけではない。
私の場合は、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン(「テイセイ」は「テイゼイ」でも良い)」を唱えているが、観世音菩薩真言「オン、アロリキャ、ソワカ」や「南無観世音菩薩」でも同じだし、大日如来真言「オン、アビラウンケン」でも良い。
もし、大日如来真言は「オン、バザラダト、バン」だと思うなら、そう唱えれば良い。
実を言うと、私は「オン、アビラウンケン」も「オン、バザラダド、バン(「バザラダド」でも「バザラダト」でも良い)」両方唱える。
また、1つの真言だけを唱えても良いし、いろいろな真言を唱えても構わない。
だが、主に唱える真言は1つに決めておくと良いと思う。

闇が既に襲い掛かってきているかもしれず、危険であることも確かだが、真言があなたを護り、安楽を与えてくれるだろう。
逆に言えば、真言以外で防ぎ、打ち勝つのは難しい。
無論、岡田式静坐法や、中村天風の心身統一法でも、あるいは、他の何でも良い。
しかし、念仏を含む真言が、最も簡単なのであり、私の見解では、普通の人が唯一やれるものだ。無論、特に優れた人には、いろいろなやり方があろうが、私には無理と思われる。








与えれば与えられる

最近、合氣道家の藤平光一氏の古い著書『氣の威力』のことを思い出すが、私が読んだのは、かなり昔に一度だけである。
書かれている事例も、王貞治氏がプロ野球の現役時代の話だったりと非常に古いが、内容自体は、現代でも全く古くない。むしろ、現代の方が人々の心が後退している面もあり、非常に役に立つだろう。
そして、この本の中で、私がよく憶えていることは、藤平氏が頭で考えて書いたことではなく、藤平氏の心に直観的な浮かんだようなシンプルなことだけで、それが真理に近いことなのだと思う。
藤平氏は、一貫して「氣を出す」と言い方をされておられたが、ここは重要な点だ。
氣は、他の精神指導者などは、宇宙エネルギーとか、宇宙の活力、自然の潜在力、プラーナ、マナ、あるいは、中村天風はブリルなどと呼んでいたが、それらは同じもので、ただ、言い方が違うだけである。
そして、多くのスピリチュアルな指導者達は、宇宙エネルギーや気を、自分の中に取り込むことを教えるが、藤平氏は、「出せば入って来る」と述べており、これが正しいやり方であると思う。
通俗的に言えば、「愛されたいと思えば愛されない」「愛すれば愛される」であるが、「いや、愛しているが愛されない」と言う者もいる。しかし、それは、本当には愛していないのだ。そもそも、「愛されたいから愛する」という、見返り目的、下心、スケベ心で愛されるはずがない。
これ(愛すれば愛される)の見事な例が、算数が嫌いな男子小学生の話だった。
藤平氏は、算数が大嫌いで、当然、算数が全く出来ない男子小学生に、「勉強しなくていいから、1日1度、算数の教科書を開いて、算数が好きだと言え」と指示し、その男の子も、そのくらいなら出来るので、それを行った。すると、しばらくすると、その男の子は算数が一番出来る子になった。
この男の子は、何の見返りも求めていなかったはずだ。
そして、言葉で「好き」と言うだけで十分な愛になるのであり、愛すれば氣も出る。つまり、愛(氣)を出しさえすれば、愛(氣)が入って来るのである。
同じ原理で言えば、「お金が好きだ」と言えば、お金が入ってきそうなものだし、実際、「お金が好きだ」と言えと勧める本は沢山ある。しかし、それでお金が入ったなんてことは滅多にない。
それは、「お金が好きだと言えば、お金が入って来る」という見返り目的、下心があるからだ。
だから、多くの優れた指導者は、お金を気前よく使うことを勧めている。使えば入って来るが、ため込むと入って来ないところは、まさに、氣と同じだ。
実際、お金も氣もエネルギーなのである。
寄付でも良く、本来の一割献金も、そのような意味があった。
しかし、あくまで気前良く、喜んで出してこそだ。けれども、普通の人は、お金を出すのを嫌がるのだ。
これが、多くの人が、あまり豊かになれない理由である。
いくら、アファーメーションで「私はお金を気前よく送り出す。すると、何倍にもなって戻ってくる」と言っても、実際に出す時には「もったいない」と思うものだ。
だから、いったん、お金のことは諦めて、とにかく、愛なり、氣なりを出すようにすれば良い。
で、どうやれば愛や氣が出るかというと、「出ていると思えば」良い。
ただ、「愛が出ている」と言えば、やはり、既成概念が邪魔をして、複雑な気分になるので、「氣が出ている」と思えば良いが、じゃあ、氣って何だということになる。
それは、藤平氏の本を読んで納得すれば良いが、例えば、「神秘な宇宙エネルギー」とでも思えば良いのではないかと思う。
単に「光」でも良い。とにかく、良いものが出ていると思うのである。
これも、頭の固い人には難しいかもしれず、そんな意味では、神秘的なことが好きな者は得だ。
しかし、どんな言い方をしたところで、見返り目的が強いと、本当に「出ていくだけ」で、氣や宇宙エネルギーが枯渇しかねない。
そこで、藤平氏は、「重みは下にある」といった、当たり前の真理を口に出すことを教えている。
真理を肯定、断言すると、氣、愛、宇宙エネルギーは出るのである。
では、最高の真理は何だろう?
それは「私は存在する」である。
「私は存在する」、あるいは、「私は在る」と、心の中で、静かに、丁寧に、ゆっくり唱えると、たちまち、宇宙エネルギーが出る。
そして、言葉にせず、ただ、「私は在る」と感じれば、宇宙全体の宇宙エネルギーと一体になる。








気分が良い時は心は静かである

日本航空の社長や日本銀行(にっぽんぎんこう)の副総裁を務めた柳田誠二郎氏(1893-1993)は、学生の時に、「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎(1873-1920)の弟子になり、生涯、岡田式静坐法を続け、また、岡田虎二郎に関する書籍を何冊か書いている。
そのどれかの本だったが、岡田虎二郎にある男性が、自分は金に困っていると言ったところ、岡田は確か、「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」と応えたようである。
「腹に力がつく」とは、何とも分かり難いのであるが、岡田式静坐法では、腹に力を込めて静坐するのであるが、岡田は、静坐とは、実際に座っている間だけでなく、1日中やるものであり、常に腹に力を入れていなければならないと教えたらしい。
これは、なかなか難しい。
中村天風は、1日中、肛門を引き締めよと教えたことが、中村天風の講演録にも書かれているが、これと似たものと思う。
しかし、こう断言して良いだろう。
そんなの、両方、不可能だ。
ある有名な気功家は、1日トータルで1時間、肛門を引き締めよと本に書いているが、これすら非常に難しい。
私もやってみたが、1日10分でも続かないと思う。
だが、中村天風は、それをやらないといけないと譲らない。

中村天風の高弟の1人で、神道の神官でもあった佐々木の将人(まさんど)氏は、そこまで無茶は言わなかったようだ。
彼は、武道において、人差し指が「師匠預けの指」として、使ってはならないこと、即ち、人差し指を開き、小指に力を入れることを教えたが、そうすると、肛門は自然に引き締まる。
だが、それとて、木刀を持っているような間のことで、普通の人は木刀を持つ機会はないし、カラオケでマイクを握る時は、小指を立てることすらあるくらいである。
一方、中村天風の別の高弟であった、藤平光一氏は、中村天風の教えを否定し(中村天風自身が、自分の教えは忘れろ、これからは藤平に聞けと言ったと、藤平氏の著書に書かれている)、藤平氏は、『氣の威力』などで、腹に力を入れてはいけないとも書いている。
もう、こうなると、我々は弄ばれているようで、何が何やら分からない(笑)。
私も、散々、困惑させられたが、ニサルガダッタ・マハラジによれば、そういった、困惑させる人は必要だし、困惑させられることも必要なのらしい。

だが私は、腹に力を入れるとか、肛門を引き締めるということの真意を理解するに至った。
無論、私なりの解釈であるが、それは、「気分を良くする」である。
気分が良い時、霊的な腹に力があり、肛門に位置する霊的機関のエネルギーは高まる。
そこで、最初の、岡田虎二党の教えを正しく言い直すと、こうなる。
「金?気分が良ければ、金はいくらでも出来ますよ」
偶然というよりは必然であろうが、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の神髄が、まさにこれである。
気分が良いとは、愉悦にあること、喜びに満ちていることである。
しかし、勘違いされることが多いが、それは、ハイであるといった、騒がしい状態ではない。
どちらかというと、非常に静かな状態、あるいは、徹底的に静かな状態なのだと思う。

「嘘も千回言えば真実になる」と言ったらしい人の言うことだから、どこまで信用して良いか分からないが、世界的な空手家であった、大山倍達氏の話が参考になる。
実際、以下は多分、作り話だとは思うが、似た体験はあったと思われるリアルさは感じるのだ。
大山氏が、真剣を持った剣の達人と素手で決闘した時のことだ。
大山氏は、死を完全に覚悟し、手足の1本でも残っていれば、相打ちに持ち込もうとだけ思い、突進していった後の記憶がないと言うが、気がついたら、剣の達人は伸びていて、自分は無傷だったという。
似たこんな話がある。
ボクシング世界タイトルの防衛回数で日本記録を持つ具志堅用高氏は、グスマンという世界チャンピオンを倒して世界チャンピオンになったのだが、グスマンのスパーリングを初めて見た時、そのあまりの強さに恐ろしくなり、緊張のあまり、試合の時、ゴングが鳴った後のことは覚えていないが、気がついたらグスマンは伸びていたという。まあ、これも、当時のマスコミが作っただけの話かもしれないが。
恐怖を持ったまま、心が揺れているままでは負けるが、それを飛び越えて無になった時に、無限の力を発揮するということと思う。

そして、気分が良いというのも、心がとても静かな状態なのだ。
だが、それを、今まで言われていたような、難行苦行の末に得るものと思ってはならない。
普通に気分が良ければ、心は静かになるのだ。
好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べた時に、ごく自然に得られる状態なのである。
ただ、音楽を聴いて馬鹿騒ぎをしたり、刺激的な食物を「がっつく」ような状態とは程遠い。
とはいえ、実に簡単なことである。
>








常識をぶっ飛ばすと古(いにしえ)の知恵を活かせる

法然(1133~1212年)や親鸞(1173~1263)は、ただ念仏を唱えよと教え、道元(1200~1253)は、とどのつまりは、ただ座れ(坐禅)と教えた。
その効果は、念仏は、死んだら極楽浄土に生まれるとこで、座禅は悟りを開くことだったと言われるが、一休(1393~1481)が、極楽浄土はどこか遠いところにあるのではなく、今ここに作りだせるものだと言ったことからも分かる通り、念仏も真の目的は悟りで、念仏と坐禅に違いはない。
こんなことを言うと、専門家に怒られそうだが、このくらい分かり易く言わないといけない。

で、念仏と坐禅のどちらが良いかというと、それは人の適性であり、本来は、家によって宗派を決める必要はない。

念仏というのは、言葉による悟りで、口や心で、「南無阿弥陀仏」と唱えるのが代表的だが、何でも良い。
「南無観世音菩薩」はもちろん、「南無妙法蓮華経」も同じ。
いや、般若心経などのお経を唱えるのも、さらには、日本の神道の祝詞を唱えるのも、キリスト教の「主の祈り」を唱えるのも、讃美歌を歌うのも、讃美歌的な『アヴェ・マリア』を歌うのも同じだ。
「アーメン」でも良いし、ラマナ・マハルシが教えた「私は誰か?」と問うても良い。
「アジマリカン」や「オーム(アウム)」や「阿吽(あうん)」などの呪文・真言でも良い。
「アマテラスオオミカミ」や「クリシュナ」などの神の名でも良い。
自分の気に入ったものを、口で心で唱える、歌うなどすれば良いのである。
それによって、余計な思考が消え、何も考えないことで、心の深層にある真の知恵である英知にアクセスすれば良い。
そうすれば、科学的に説明出来るかどうかは、今のところ微妙ではあるが、運を始め、全てが良くなり、早い話が幸福になる。

ところが、念仏・・・というか、口や心で何かを唱えることよりも、身体で何かするのが向いている人もいる。
道元も、そんな人が多いと分かったのだと思う。
それで「ただ座れ」と坐禅を勧め、道元は坐禅の細かい注意を教えたのだと思うが、それらの作法は二次的なもので、一応の注意・・・くらいで良いと言ったら、やはり専門家に怒られそうである(笑)。
明治・大正の時代に、岡田虎二郎(1872〜1920)が、「岡田式静坐法」を教えたが、これは、座り方が違うだけで、坐禅と全く同じである。西洋人の場合は椅子に座らせた。つまり、やはり、座り方自体も何でも良く、単に、当時の日本人は正座に慣れていたので、そのスタイルでやっただけだ。そして、とどのつまり、岡田虎二郎は、「1日中、腹に力を込めよ」と教えたように、座る必要すらなく、腹に力を込めれば良いだけである。
そうすると、「力を込める場所はどこか?」とか、その他、いろいろごちゃごちゃ言う人がいるが、どこでも好きな場所に力を入れれば良い。
現実的には、ヘソのあたりが入れやすいと思う。
ところが、中村天風(1876~1968)は、「1日中、肛門を引き締めよ」と言ったが、それも同じなのだ。
私の場合、ヘソに力を入れたり、肛門を引き締めたり、その両方を同時にやる。緩いものである(笑)。
それよりも、運動・・・腕振り運動でも、スクワットでも、四股でも、腕立て伏せでも・・・をする時、ヘソに力を入れると楽なので、そんな活用もしている。
坐禅・静坐も、念仏と同じく、思考を消し、英知に通じ、幸運、幸福を呼ぶものである。

人それぞれ適性があり、念仏でいくか坐禅でいくか選ぶと良いが、上に述べた通り、いずれも、広い範囲のやり方があり、何かが合うだろう。
それでうまくいくこと間違いなしであると思う。
セコい専門家がぐだぐだ言うのは・・・それはそれで、参考に有り難く聞く(読む)のも良いかもしれない。ただし、あくまで参考程度にするように。













当ブログオーナー、KayのAI書。
本書は、AIの研究者、AI研究開発企業の技術者になったり、検定や資格試験に合格するために書かれたものではありません。
便利な道具であるAIを、誰でも自分で作れるようになることを目的としました。
Excelが適度に使えれば、何の資格も必要ありません。
お絵かきソフトの本が、学術的なグラフィック理論やお絵かきソフトの開発法を知りたい人を対象にしているのではないのと同じです。
ただ、とっかかりの敷居を下げ、なるべく面白いテーマで、AIを作るコツを掴めればと思います。
AIは、もう誰でも作れる時代で、Googleが検索能力で人間を拡張したように、AIは推測能力で人間を拡張するのです。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード