ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

中村天風

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

頭の中の宇宙人に逆らう

「分かっちゃいるけど やめられねぇ」というフレーズをどこかで聴いた覚えがあって検索してみたら、植木等さんが歌った昭和の大ヒット曲『スーダラ節』だった。
この、「分かっちゃいるけど やめられねぇ」に、人間の秘密を解き、幸福になる鍵があることに気付き、本当にはっとした。
この詩を書いたのは誰かと思ったら、俳優としても有名な作家、作詞家で、なんと、元東京都知事の(都知事としての評判は良くなかったらしいが)青島幸男さんだった。

この『スーダラ節』の中で、こんな話がある。
競馬に夢中になったサラリーマンが、負けても負けても馬券を買い、ついに、ボーナス全部を失ってしまう。
彼は思う。馬で金儲けしたやつなんかいないと分かっているけど、やめられない。
こんな馬鹿げた歌を作詞し、それが、80万枚の大ヒットになったのである。

分かっているけど、やめられない。
それが人間の仕組み・・・システムなのだ。

反対側から見てみよう。
「分かっているけど、やめられない」は、正確に書くと、「やってはいけないと分かっているけど、やめられない」である。
そして、次のことも真実だ。
「やらないといけないと、分かっているけどやれない」
英語の読み書きが出来るようになりたいなら、毎日1時間でも勉強をすれば、1年もやれば、かなり出来るようになる。
今は、パソコンやスマートフォンで英会話の練習が出来、少しやれば、十分にマスター出来る。
それは分かっているのに、なぜか出来ない。
学校の夏休みの宿題だって、毎日、ちょっとずつやれば、夏休みの最後に大慌てしなくて良いことは分かっている。
しかし、なぜか、それが出来ない。
そして、なぜ出来ないのか、真面目に考えたことがある者は、滅多にいないのだ。

答はこうだ。
人間には、自由意志はないのである。
いきなり恐ろしいことを言うが(笑)、保証する。
例えば、「右か左か、好きな方を選びなさい」と言われた人が、「よし、左だ」と言う。
その人は、自分で左を選んだのだと思っている。
しかし、そうではなく、左を選ばされたのである。
このことは、科学的実験でも確認されていることは、よく知られている。
とはいえ、何によって意思をコントロールされているのかは分からない。
頭の中に、ナノサイズの装置があり、そこから脳神経に、コントロール信号が出されているのかもしれない。そして、そのナノサイズの装置は、外部から通信コントロールされているのかもしれない。
あるいは、ナノサイズの宇宙人が頭の中に居るのかもしれない。
または、昔から言われるように、霊に支配されるのかもしれず、その支配する霊は、我々をたまに支配するのではなく、ずっと支配しているか、沢山の霊が、交代で我々を支配するのかもしれない。
どう考えれば、多くの人間の行動を最も的確に説明出来るかだ。

優柔不断な人間っているだろう?
つまり、決断に時間がかかる人間だ。
食事に行って、注文をなかなか決められない者を見ると、私は非常にイライラする。
しかし、そんな優柔不断な者は、案外に、頭の中の宇宙人に逆らおうとしているのではないだろうか?
宇宙人は「ラーメン」と信号を送っているのに、その者は、「ラーメンにするか・・・いや待て、本当にそれで良いのか?」と反発しているのである。
ベートーヴェンは、楽譜を書き終わった後、それでよしとせず、何度も書き直し、結局、最初の楽譜の通りにすることがよくあったと言う。
ある時は、1つの音を、何十回と変え、やはり、最後は、初めに書いた通りの音にするのである。
彼もまた、意思の支配者に挑戦しようとしたのだ。
ピカソもそうだった。
ピカソは晩年、修正が可能な画法である版画にはまり、驚くほど何度も修正したが、修正するほど・・・悪くなった。
彼には、優れた画家の霊がついていたので、それに従っていれば良かったのに、彼は自由を求めて逆らったのだ。

逆に、あなたの頭の中の宇宙人が、あなたを画家にしたくないなら、絵を描いても、なぜか不本意な線を引き、なぜか、つまらない色を塗ってしまうのだ。

宇宙人か幽霊かは知らないが、その支配から免れると何が起こるのか?
それはすごいことが起こる。
明らかにそれに気付いていたのは、中村天風やアーサー.C.クラークだった。
おそらく、アーサー.C.クラークは失敗し、一時的には支配を逃れたが、すぐに再び支配され、おかげで、彼を長い間知る者には、彼は矛盾だらけの人間と思われている。
中村天風だって完全ではなく、だから、弟子の藤平光一に馬鹿にされたのである。

とりあえず、我々を支配しているのは宇宙人としよう。
では、宇宙人の支配を逃れる方法は?
簡単と言えば簡単だ。
宇宙人は、様々な信号を送ってくるので、自分で1つの信号を作り出して対抗すれば良いのだ。
中村天風の場合は、それが、「肛門を引き締める」ことだった。片時も途絶えることなく、それが出来れば、宇宙人の信号はずっと打ち消せる。
岡田虎二郎の場合は「腹に力を入れる」だし、法然の場合は「念仏を唱える」だった。
黒住宗忠は、「ありがたい」と唱えよと教えたこともあった。
マントラを唱える、神の名を唱える、「神様の奇跡が起こる」と唱える・・・どれでも、得意なものをやれば良い。
ただし、言っておくが、大抵、うまくいかない。
それならそれで、次の手もあるが、とりあえず、試してみてはどうだろう。








超一流魔導師に挑む気持ちで

国定忠治(くにさだちゅうじ 1810~1851)という、実在した侠客(きょうかく。一般的にはヤクザか)がいたことをご存じの方は多いと思う。
滅法、喧嘩が強く、剣の腕前にも相当な自信があったようだ。
それで、国定忠治は、なんと、当時、日本一の剣の達人、北辰一刀流(ほくしんいっとうりゅう)当主の千葉周作に真剣勝負を挑んだ。
それでどうなったかは諸説あるが、最も知られているものでは、千葉周作は、国定忠治の腕では自分の相手にはならないと見抜き、立ち会うことはしなかったことになっている。
(立ち会ったが、千葉周作はまともには相手にならず、決着がつかなかったという話もよく知られている)

あくまで創作であるが、笹沢佐保氏の時代劇小説『木枯らし紋次郎』で、主人公の渡世人(博打打ちのヤクザ)である紋次郎(もんじろう)もまた、ヤクザとしては相当に腕が立つ。
その紋次郎が、武士の剣の達人と、何度か果たし合う巡り合わせになったことがある。
本物の達人が相手では、紋次郎と言えども、全く太刀打ち出来ない。
だが、「かなり」程度の腕の武士や浪人であれば、まともに戦っても紋次郎は勝てた。
達人クラスが相手の場合は、正面から戦っては勝てるはずがないが、紋次郎は、奇策を使って・・・卑怯と言うよりは知恵で勝ったこともあった。
確かに、紋次郎の剣は、誰かに習ったのではなく、経験と度胸が頼りの喧嘩剣法ではあるが、命を賭けた実戦で磨き抜いたものだった。しかし、それだけでは、いかに奇策を使って万に一つのチャンスに賭けても、達人相手に通用することはないだろうし、また、かなりの腕の武士に正面対決で勝てるはずがない。
何か秘密があるはずだが、あった。
紋次郎は、若い頃、木こりをやっていて、木を切り倒してそれを運ぶ中で、足腰を鍛え、そして、何と言っても、毎日、斧で、とんでもない数の薪割りをしたことが、剣を振る力の元になった。
紋次郎が38歳になって、かなり衰えが見えた時、なりゆきで、しばらくの間、毎日、薪割りをすることになったが、それでも、驚くべき腕前の薪割りであった。
毎日、長時間行うことが、名人、達人を作るのだということが、創作の時代劇とはいえ、人間を良く知っている名作家、笹沢佐保氏の筆から、はっきり読み取れるのである。

さて、このブログでは、魔法の素人の我々が、現実創造の魔法を使う方法を述べているのであるが、プロの魔法使いというものもいて、それはもう、恐ろしい力を持っている。
あの中村天風も、実は、海外で、そんな連中に接触したことがあったらしく、あまり語ることはなかったが、魔法の上位者の想像を絶した凄さはよく知っていたのだと思う。
おそらく、中村天風が超人的な大聖者と呼んだカリアッパ師をはるかに超えるような魔導師すら、実際にはいた(いる)のだと思う。
それがどんな連中かと言うと、『ヒマラヤ聖者の生活探求』で、太師と呼ばれる者達について読めば、いくらか想像が出来るかもしれない。
ただし、そんな太師達は、決して、自分達が特別だとは言っておらず、彼らは、人間は本来は誰もが太師なのだと言う。
そして、太師達すら崇拝するイエス・キリストが『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻』で明かした、自分のようになれる方法が「神」という言葉をなるべく多く使うことだった。
こう簡単に言うと、ピンと来ないと思うが、イエスは丁寧に、ある程度の理論と共に述べているのである。
ただ、簡単に言えば、それはやはり、「神」という言葉を、心の中や言葉で、何度も言うことである。おそらく、「神」という言葉を含む聖句や、それに準じる句、アファーメーションなどが有効なのだと思う。
その中でも、『ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻』に書かれた、F.L.ローソンが言った「神の他には何もない、ただ神だけがある」は、最上の言葉の1つと思う。
聖書には、
「心を鎮め、自分が神であると知れ」
「もし神が味方であるなら、誰が我々に敵し得ようか」
「もし出来ればと言うのか?神に出来ないことはない」
など、多くの「神」を含む句があり、世界的に有名で高価な自己開発教材でも採用されているのを見たことがある。
若き日の紋次郎が、毎日、薪割りに励んだように、我々もイエスの方法に励めば、超人魔導師に及ぶかどうかは分からないが、かなりの魔法の力を得られるだろう。








ただ真言、後はいらない

ほとんどの人が、真言さえ唱えれば、一切の問題が解決し、救われることを知らない。
真言より他の方法もなくはないが、それは難しい。
これは、あくまで、中村天風の高弟だった藤平光一氏の著書にあったことだが、中村天風は死に際に、「俺が教えたことは全部忘れろ」と言ったらしい。
もしそれが本当なら、中村天風の心身統一法などの教えは、やはり、少なくとも普通の人には無理なのではないだろうか?
中村天風は、「今後は藤平光一のところへ行け」と言い残したらしい。
だが、藤平氏の本は良いことが書かれていて、私も愛読しているが、やはり、難しいと思う。
藤平光一氏と同じく、中村天風と植芝盛平の両方の高弟であった佐々木の将人(まさんど)氏は、いろいろな話を本に書いているが、『数霊のメッセージ』を読むと、
「アーと言うと、悩みは解消する」
「アーと一言言うと、事態は必ず好転する」
「アーオーウーエーイーと言うと、四隅の悪霊が全部祓える」
「アジマリカンと言うと、悪霊はたちまち退散する」
と書かれている。
ここだけ憶えておけば良い。
岡田虎二郎は、岡田式静坐法で一世を風靡したが、死ぬ直前、書いたものを全部燃やした。そして、49歳の若さで亡くなった(もっとも、当時の平均寿命は40歳くらいだったが)。
その岡田虎二郎が、「念仏さえ唱えれば、一切の問題が解決し、救われる」と言ったのである。
念仏もまた、真言である。
佐々木の将人氏が言った「アー」や「アーオーウーエーイー」や「アジマリカン」の言霊、あるいは、呪文も真言である。

真言を、1日1万回唱えよとか、1日1時間唱えよと言う指導者がいるし、それを実践している人もいる。
そんなことを教えたり、自分でやっている人の多くは、真言を口に出して唱えている。
だが、そんなやり方では、普通の人は決して続かない。
それで、親鸞が、実に凄い、そして、有り難いことを言ったのを思い出すべきである。
「念仏を唱えなくてもいい。唱えようと思いさえすれば良い」
この教えは、師の法然の怒りを買ったらしい。
しかし、凡民を救ったのは親鸞であり、江戸末期から昭和の初期にかけ、親鸞の教えにより、妙好人と呼ばれる、念仏により仙人のような存在になった者が多数現れた。
念仏でも、その他の真言でも、自分が好きなものを、声に出そうが、心の中で唱えようが構わないから、1日中、常に唱えようとするのである。
ほとんどの場合、心で唱えることになると思うし、実際は、それが圧倒的に正しい。
「今日も常に真言を唱えるぞ」と思い、それを思い出す度に唱えるのである。
それで、結婚したければ結婚出来るし、お金が欲しければお金が入るし、恋人が欲しければ恋人が出来るし、仕事が欲しければ仕事に恵まれるし、健康になりたければ健康になれる。
願いが叶うまで唱えるのである。
しかし、そんな願いは、取るに足りない。
人間には、もっと大事なことがある。
人間の一番の望みは何だろう?
それは、ぐっすり眠ることである。
世界のお金持ちと言えば、ビル・ゲイツ、ジェフ・ベゾス、イーロン・マスクらがいるが、もし、彼らが、夜、ぐっすり眠れないようであれば、ぐっすり眠れる貧乏人に劣るのである。
なるほど、確かに、あなたをぐっすり眠れない成功者にしないための摂理が働き、なかなか願いが叶わないかもしれない。
イーロン・マスクらは、精神が強いので、眠れなくてもしばらくは耐えられる。
しかし、普通の人は、なかなかそうはいかない。
だから、本当の幸せはぐっすり眠ることであることが真に理解出来れば、驚くほど容易く願いは叶うようになるだろう。








迫りくる闇に打ち勝つ

インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジに、ある西洋人が「我々が、オームのような真言を唱えて効果があるのでしょうか?」と尋ねた。
すると、マハラジは「驚くべき効果があるだろう」と答えた。
マハラジが言ったからといって正しいかどうかは分からないが、あれほどの聖者の言うことだから軽視も出来ない。

ただ、1回や2回「オーム」と唱えただけで効果が出るのではない。
また、特別な時刻に特別な場所で唱えることは悪くはないが、真言とは日常的に唱えるものである。
岡田虎二郎は、岡田式静坐法を教えたが、彼が背広で静坐をしたことに深い意味があった。
彼にとって、背広は平服であるから、「普段の格好で」、つまり、「平常に」静坐をしていたことを示しているからだ。
尚、岡田式静坐法とは、つまるところ、姿勢を正し、ゆったりと呼吸をしながら腹に力を入れることで、いつでもどこでも出来ることであり、岡田も彼の弟子達も、そうしていたのだと思う。

法然の念仏がそうであったが、真言も、静坐も、あるいは、中村天風が言う「常に肛門を締める」も、彼らが言うように、本当に起きている間中ずっと出来れば良いのかもしれないが、現実的に、それは不可能である。
そこで、「いつでもやる」を心がければ良いのである。
思い出したら、すぐに心の中で真言を唱えるのである。
これは決して「たまに唱えれば良い」とか「思い出した時に唱えれば良い」と言うのではない。
「1日中、常に唱える」心構えは必要なのだ。
ある気功家は、「1日にトータルで1時間、肛門を引き締めろ」とうまい案を出したが、これは、「常に肛門を締める」心構えがあって初めて達成出来ることだ。

真言さえ唱えていれば、一切の問題が解決し救われる。
それなら、1日中、真言を唱える心構えを持つことは良いことと思われる。

今、世界に、あるいは、我々に闇が襲い掛かっている。
それは、おそらくは誰もが、大なり小なり感じていると思う。
全く感じていないのは、あまりに洗脳されて鈍くなってしまった者達だ。
一方、「闇が迫っている」と人々が感じていることを利用して、人々を騙して利益を得ようとしている者達もいる。それも含めて闇なのである。
これは、まさに、新約聖書・福音書の、特に「ヨハネ黙示録」に書かれ、イエスも常々言っていたことだ。
ついに、その時が来たのかもしれない。
だが、我々は、宗教団体に入る必要もなければ、特定の誰かを崇める必要もない。
ただ、真言を唱えれば良いのである。
ところが、これについても、「私が勧めるこの真言だけを唱えよ」と言う偽物が出てくるので、耳を貸してはならない。
真言に上下優劣はない。
ただ、真言は「古い言葉」であることだけは望ましいのだ。
なぜなら、長い間、多くの人が唱えてきて、今に残る言葉であり、それは、人類共通の超意識に息づき、また、現代人には直接には意味がないことによって、思考が反応しないからだ。
「南無阿弥陀仏」だって、直接には意味を感じないから良いのである。
ひょっとしたら、「南無阿弥陀仏」は「阿弥陀如来に帰依します」という意味だと知っているかもしれないが、これを唱えている時に、そんな意味を考えているわけではない。
私の場合は、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン(「テイセイ」は「テイゼイ」でも良い)」を唱えているが、観世音菩薩真言「オン、アロリキャ、ソワカ」や「南無観世音菩薩」でも同じだし、大日如来真言「オン、アビラウンケン」でも良い。
もし、大日如来真言は「オン、バザラダト、バン」だと思うなら、そう唱えれば良い。
実を言うと、私は「オン、アビラウンケン」も「オン、バザラダド、バン(「バザラダド」でも「バザラダト」でも良い)」両方唱える。
また、1つの真言だけを唱えても良いし、いろいろな真言を唱えても構わない。
だが、主に唱える真言は1つに決めておくと良いと思う。

闇が既に襲い掛かってきているかもしれず、危険であることも確かだが、真言があなたを護り、安楽を与えてくれるだろう。
逆に言えば、真言以外で防ぎ、打ち勝つのは難しい。
無論、岡田式静坐法や、中村天風の心身統一法でも、あるいは、他の何でも良い。
しかし、念仏を含む真言が、最も簡単なのであり、私の見解では、普通の人が唯一やれるものだ。無論、特に優れた人には、いろいろなやり方があろうが、私には無理と思われる。








与えれば与えられる

最近、合氣道家の藤平光一氏の古い著書『氣の威力』のことを思い出すが、私が読んだのは、かなり昔に一度だけである。
書かれている事例も、王貞治氏がプロ野球の現役時代の話だったりと非常に古いが、内容自体は、現代でも全く古くない。むしろ、現代の方が人々の心が後退している面もあり、非常に役に立つだろう。
そして、この本の中で、私がよく憶えていることは、藤平氏が頭で考えて書いたことではなく、藤平氏の心に直観的な浮かんだようなシンプルなことだけで、それが真理に近いことなのだと思う。
藤平氏は、一貫して「氣を出す」と言い方をされておられたが、ここは重要な点だ。
氣は、他の精神指導者などは、宇宙エネルギーとか、宇宙の活力、自然の潜在力、プラーナ、マナ、あるいは、中村天風はブリルなどと呼んでいたが、それらは同じもので、ただ、言い方が違うだけである。
そして、多くのスピリチュアルな指導者達は、宇宙エネルギーや気を、自分の中に取り込むことを教えるが、藤平氏は、「出せば入って来る」と述べており、これが正しいやり方であると思う。
通俗的に言えば、「愛されたいと思えば愛されない」「愛すれば愛される」であるが、「いや、愛しているが愛されない」と言う者もいる。しかし、それは、本当には愛していないのだ。そもそも、「愛されたいから愛する」という、見返り目的、下心、スケベ心で愛されるはずがない。
これ(愛すれば愛される)の見事な例が、算数が嫌いな男子小学生の話だった。
藤平氏は、算数が大嫌いで、当然、算数が全く出来ない男子小学生に、「勉強しなくていいから、1日1度、算数の教科書を開いて、算数が好きだと言え」と指示し、その男の子も、そのくらいなら出来るので、それを行った。すると、しばらくすると、その男の子は算数が一番出来る子になった。
この男の子は、何の見返りも求めていなかったはずだ。
そして、言葉で「好き」と言うだけで十分な愛になるのであり、愛すれば氣も出る。つまり、愛(氣)を出しさえすれば、愛(氣)が入って来るのである。
同じ原理で言えば、「お金が好きだ」と言えば、お金が入ってきそうなものだし、実際、「お金が好きだ」と言えと勧める本は沢山ある。しかし、それでお金が入ったなんてことは滅多にない。
それは、「お金が好きだと言えば、お金が入って来る」という見返り目的、下心があるからだ。
だから、多くの優れた指導者は、お金を気前よく使うことを勧めている。使えば入って来るが、ため込むと入って来ないところは、まさに、氣と同じだ。
実際、お金も氣もエネルギーなのである。
寄付でも良く、本来の一割献金も、そのような意味があった。
しかし、あくまで気前良く、喜んで出してこそだ。けれども、普通の人は、お金を出すのを嫌がるのだ。
これが、多くの人が、あまり豊かになれない理由である。
いくら、アファーメーションで「私はお金を気前よく送り出す。すると、何倍にもなって戻ってくる」と言っても、実際に出す時には「もったいない」と思うものだ。
だから、いったん、お金のことは諦めて、とにかく、愛なり、氣なりを出すようにすれば良い。
で、どうやれば愛や氣が出るかというと、「出ていると思えば」良い。
ただ、「愛が出ている」と言えば、やはり、既成概念が邪魔をして、複雑な気分になるので、「氣が出ている」と思えば良いが、じゃあ、氣って何だということになる。
それは、藤平氏の本を読んで納得すれば良いが、例えば、「神秘な宇宙エネルギー」とでも思えば良いのではないかと思う。
単に「光」でも良い。とにかく、良いものが出ていると思うのである。
これも、頭の固い人には難しいかもしれず、そんな意味では、神秘的なことが好きな者は得だ。
しかし、どんな言い方をしたところで、見返り目的が強いと、本当に「出ていくだけ」で、氣や宇宙エネルギーが枯渇しかねない。
そこで、藤平氏は、「重みは下にある」といった、当たり前の真理を口に出すことを教えている。
真理を肯定、断言すると、氣、愛、宇宙エネルギーは出るのである。
では、最高の真理は何だろう?
それは「私は存在する」である。
「私は存在する」、あるいは、「私は在る」と、心の中で、静かに、丁寧に、ゆっくり唱えると、たちまち、宇宙エネルギーが出る。
そして、言葉にせず、ただ、「私は在る」と感じれば、宇宙全体の宇宙エネルギーと一体になる。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード