ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

中山正和

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

聖者と凡人

自我が消えるほど、引き寄せが自在になり、魔法使いも同然だ。
そして、誰だって、自我や、それと同じである「我(が)」というものが、どういうものか、だいたい分かっている。
「我(が)が強い」「我(が)がない」という意味も分かると思う。
つまり、「我が強い」のが未熟な人間で、「我がない」ことが円熟した優れた人間であると分かるだろう。
だが、一方で、自我は大切なものであり、幼い時に、必要な経験が出来ずに「自我の発達が遅れた者」「自我が確立出来なかった者」は、生きていく上で不都合がある。

普通の人が「我をなくすことが大切だ」と思って、それをしようとすると、愛想笑いばかりするようになり、なにごとも「なあなあ」で済ませてしまい、長い物に巻かれたがり、もめ事を嫌う・・・つまり、毎日をただ平穏に過ごす老人の真似をするようになる。
それで、「俺は人格者だ」とでも言いたい者というのは、単に年寄り臭いだけだったりするのだ。

このように、考えてみれば、自我の問題は難しい。
釈迦の弟子にも、自我の問題に気付いた人がいて、釈迦に、こう質問したのだそうだ。
「先生。聖者にも我(自我)はあるのでしょうか?」
すると、釈迦は答えた。
「ある。だから、聖者も出来事に対する反応は凡人と変わらない。だが、凡人は、その反応を維持・拡大しようとするが、聖者はそれをしない」
簡単に言えば、聖者は、いつまでもクヨクヨしたり、恨んだりしないのである。
ある名高い聖者の弟子が、師であるその聖者について、「先生はよく怒る。その様は聖者には見えない。だが、怒った次の瞬間、先生は機嫌が良い」と語っていた。
俗に言う、「気分の切り替えが早い」のである。
一方、「気分の切り替えが下手で、いつまでも引きずる」のが、力のない凡人だ。

天才発明家で能力開発指導者として名高かった中山正和は、般若心経のことを「クヨクヨしない練習」だと述べていた。
つまり、嫌な気分になった時、般若心経の最後の呪文「ぎゃていぎゃてい・・・」を唱え、気分を紛らわしてしまえば良いのである。
あるいは、好きな言葉を唱えても良いと思う。
「大丈夫」「絶好調」「神様の奇跡が起こる」その他、自分の好きな言葉を、繰り返し唱えれば良い。
そして、なるべく速やかに自我を消し、超人になれる方法が、最近、よくご紹介している呼吸法、
(1)呼気と共に「私はこれではない」
(2)吸気と共に「私は誰か?」
(3)呼吸を留め「私は神である」
を行うことだ。言葉は心で唱え、呼吸は静かに行う。
この呼吸を行うほど、自我は消え、神に近付く。あまり多くやると人間でなくなってしまうが、本当にそうしたくば、そうすれば良いだろう。








自分の価値を作る

少し前から、やたらと、「人間は平等ではない」という話をする者が増えた。
可愛い子は得だ、イケメンは得だ、金持ちは得だということを、なぜか強調したがる変な人達。
まあ、そんな連中の意図は分かっているが、構う必要はない。放っておこう。

昔は、本当に立派な人が、「自分の得意なことで勝負すればいい」と言ったものだった。
しかし、今は言われない。
なぜかというと、今の世の中では、美人とかイケメンとか金持ちとか学歴とかスポーツで優勝するといった、分かり易い価値しか認められないからだ。
このようなものばかりが、なぜ価値ありと認められるのかというと、1つには、これだと商売になるからだ。
つまり、(美人になれるわけでもないが)美容業界が儲かり、プロスポーツ業界が儲かり、教育・受験産業が儲かる。
もう1つの理由は、そのような程度のものにしか価値を置けない愚民は、支配者にとって都合が良いからだ。
言い換えれば、本当に重要なものの価値を理解する国民なんて、支配者にとっては邪魔でしかない。

そのような分かり易いことで、よほど恵まれていなければ・・・つまり、家が金持ちであるとか、飛び切り可愛いとか、イケメンでなければ、強い不満を抱えた人が多いだろう。つまり、自分はひどく恵まれていないと思っている人が多い。
だが、自分が恵まれていないと思っている人間は、今後もずっと、そう思い続けるし、実際に恵まれないだろう。
かといって、スピリチュアルな有名人が言うように、「幸せだなあ」「ツイてるなあ」「ありがたいなあ」と一生懸命唱えても、何も良いことがないまま、飽きてしまって唱えなくなるのではと思う。

そこで、是が非でも、自分の価値を作らなければならない。
自分で作らないといけないのだ。
「あなたはそのままでいい」というのは素晴らしい言葉だとは思うが、それで納得出来る人はいない。
とはいえ、ぱっと自分の価値が出来るような魔法の呪文があるわけではない。
ただ、こんな話がある。
中山正和さんという、極めて優れた発明家、能力開発指導者がいた。
その中山さんが、旧制中学(今の中1~高2)卒業の時、漢文の先生に、『正法眼蔵』の『現成公案』だけ一生読めと言われたらしい。
その先生は、中山さんは見所があると思ったので、それを薦めたのだと思うが、中山さんは優秀過ぎて、ある日、不意に『正法眼蔵』全部が分かってしまったという。
良い先生、良い学校があった時代だった。
それで、私も、『現成公案』を読んでみた。
すると、易しい翻訳を読んでも、意味はさっぱり分からないのだが、とにかく、恐ろしく美しいと感じた。
しかし、私は、阿呆なので、「こんな美しいものを読んでしまうのはもったいない」と思って、あまり読まなかった。これは失敗だった。
ただ、価値あるものは美しいということだけは分かった。
おかげで、どれほど飾り立ててあっても、価値がないなら価値がないと見抜くことが出来るようになった。
これだけでも、かなりの魔力というか、引き寄せの力が発動される。おかげで私は、いつも良い思いばかりしている。
そんなわけで、大した量ではないし、言葉自体は難しくないと思うので、『正法眼蔵』の『現成公案』を読まれることをお勧めする。
出来れば、暗記すると良い。








皆、間違いなく頭は良い

生まれつき、特別に頭が良いという人もいるのかもしれないが、人間は、磨きさえすれば、十分に頭は良くなると思う。
なぜなら、誰もが、恐るべき性能を持った脳を持っているのだからだ。
脳について少し調べれば、脳がいかに凄いものであるか、十分に分かると思う。
とにかく、我々全員が持っている脳が、とんでもなく高性能なものであることだけは間違いのないことだ。
頭が良いとか天才とか言ったところで、それは単に、正しく方向付けされているだけのことだ。

南部陽一郎という物理学者が、あまり名を知られていないのは、天才過ぎたからかもしれない。
南部博士は、2008年にノーベル物理学賞を受賞した他、多くの権威ある賞を得ているが、それでも、彼が本当に評価されるのは未来だと思われる(南部博士は2015年に94歳で死去)。
その南部博士も、高校時代は物理学が苦手で単位を落としているし、東大時代に、湯川秀樹と朝永振一郎に素粒子を勉強したいと言ったら、「天才でないと無理」と言われたらしい。
誰もが南部博士になれるわけではないが、普通に言う頭の良い人という程度なら、脳をほんのわずか磨けば誰でもなれる。
だが、多くの人は、親や学校の教師に、頭を使えなくなるようにしつけられてしまったのだと思う。

そして、世の中には、次のような人間が多くいる。
ちゃんと頭は付いているし、十分に善良なのだが、考え方がおかしくて、さっぱりうだつが上がらないという人間である。
ひょっとしたら、ほとんどの人がそうなのかもしれない。つまり、私やあなたもそうなのではないかと思う。
自分のことはよく分らないものだが、他人を見ていると、本当につくづくそう思う。
なぜ、肝心なところで、そんな変な判断をするのか、馬鹿な方向に行ってしまうのかと思う人が、やたら多い(ほぼ全員かもしれない)のである。
彼らは、時に優れたこともするのに、怠惰になってしまうことが多く、長い時間、つまらないことばかりやっている。
そして、ロクでもない目標を持ってしまい、エネルギーを無駄遣いするし、望ましい鍛えられ方をしない。
そんな人間だらけだし、私も、他人から見ればそうなのだろう。
なぜ、そうなってしまったのかというと、直接的には、やはり、家庭や学校の教育や、そして、テレビの影響が大きい。
だが、その裏側で、そうなるよう意図的に画策した者達がいるのかもしれない。これは陰謀論のような説ではなく、そう考える方が納得し易いからであるが、まあ、それはどうでも良い。そんなものに構っても仕方がなく、何より、自分の脳や考え方を、少しはマシに導かないといけない。

そして、人々や、何より、自分を良い方向に導いてくれそうに思えるスターやインフルエンサーなどが、今やYouTubeに沢山いるが、彼らのほとんどは偽物であり、言っていることも嘘である。
もし、本物がいるとしたら、おかしくなってしまった我々から見れば、決して、コカ・コーラのような爽やかさを感じないはずだ。
逆に言えば、「これは本物だ!」と心が(コカ・コーラのような)爽快感を感じるような人物は、まず偽物なのだ。
つまり、人に頼っちゃいけないということだ。
カリスマの言うことを聞いていれば幸せになれるなんて妄想を持ってはいけない・・・と、つくづく思う(笑)。

1つには、中山正和を読むと良いと思う。
また、彼は、『正法眼蔵』で賢くなり、『法華経』で磨いたということも参考にすれば良いだろう。












腕振り運動を行うと起こる大変なこと

腕振り運動は、健康法や肉体トレーニングとしても非常に効果的であるが、霊的な行(修行)と考えた方が良い。
このようなものとして、大正時代に2万人もの正式会員がいたという、岡田虎二郎の岡田式静坐法があった。
だが、岡田式静坐法は、ほとんどの人に、健康法と認識され、実際に健康向上に著しい効果があったのでブームにもなったのだが、岡田虎二郎が49歳の若さで急死すると、大方の人達は離れていった。
だが、岡田式静坐法の本質を理解している者は、これを熱心に続け、現在でも行っている者もいる。

では、腕振り運動や岡田式静坐法、その他の、霊的な行を実践し続けると、どうなるのだろう。
これに関しては、天才的な発明家で世界的な能力開発指導者であった中山正和(1913~2002)が、著書の中で書かれているが、概ねで古い本では、脳科学や量子力学を使った、やや難解な解説をしており、後の本では、人間の脳を簡易化したモデルであるHBC(ヒューマン・ブレイン・コンピューター)モデルを考え、かなり分かり易く説明するようになったと思う。

それで、ごく簡単に言えば、正しい行を行うと、脳のイメージ配列がきれいになり、真理が見えるようになる。
逆に言えば、普通の人間は、脳のイメージ配列が乱れているので、真理が見えず、間違ったことばかりをする。
脳のイメージ配列がきれいになり、真理が見える状態を「観自在」と言い、それを最高に実現した人が観自在菩薩(観世音菩薩)である。

では、どうすれば、脳のイメージ配列をきれいにして観自在になれるのかというと、頭の中に、間違ったデータを入れず、正しいデータだけ入れれば良い。
しかし、知らず知らず、嘘のデータも入って来るので、行により、嘘のデータを祓い、脳のイメージ配列を整えるのだが、中山正和は、そんな行として、坐禅や般若心経の読経なども効果的であると述べていた。
しかし、坐禅や、般若心経を唱えることは、なかなか長続きせず、ごく普通の人がこれで成果を上げることは、ほとんど期待出来ないと私は思う。
だが、腕振り運動であれば、適度に身体を動かすことや、立ってやるので眠くならず、血行も悪くならず(むしろ非常に良くなる)、坐禅や静坐、あるいは、般若心経の読経や真言を唱えることなどと比べ、非常に継続し易い。

そして、中山正和は、脳のイメージ配列が自在になれば、直観が冴え、未来予知も可能になると言う。これには、生命の高度な働きに関する仮定を立てる必要があるが、あくまで論理的に説明する中山らしく、それなりに納得出来るものであったと思う。
また、直観が冴え、予知能力が発揮されるようになると、自ずと運が良くなる。

どんな行を行っても良いが、最も楽に継続し易い腕振り運動をお勧めする。
そして、今の世界を顧みると、行をして、脳のイメージ配列を整え、観自在菩薩に近付かないと、非常に危ないことになると思うのである。








宇宙との通路を開く

発明家で能力開発の大家であった中山正和氏は、能力を上げ、超能力を得るには、つまるところ、「嘘の情報を記憶するな」と言ったのだと思う。
なぜ嘘を覚えてはならないのかというと、嘘は複雑だからだ。
例えば、オバケは本当にいるのかもしれないが、世の中には嘘のオバケの情報があり、嘘であるから、いろんなオバケの情報が無限にある。
もし、本当のオバケがいて、オバケの実態が分かっているなら、もっと「オバケとはどんなものか」といった情報に共通性があり、すっきりしているはずだ。
このように、嘘の情報は複雑怪奇で、真実の情報はシンプルだ。
「人間とは複雑だ」「愛は複雑だ」と思うかもしれないが、それは、人間に関する嘘の情報、愛に関する嘘の情報が出回っていて、人間や愛を複雑に感じさせてしまっているからである。
ただし、「人間とは、食って、寝て、垂れるだけだ」というのは嘘の単純さで、ここからも複雑な嘘が生まれる。

嘘の情報が記憶から無くなれば、透明になった心の奥は、意識と宇宙の良好な通路になる。
そうなれば、宇宙の英知を読み取ることは簡単で、正しいことが瞬時に分かる・・・つまり、直観が冴えるし、また、宇宙へのお願い事も、すんなり届くようになる。
だから、嘘の情報を記憶に入れてはならない。
だが、残念なことに、我々は、常に嘘の情報にさらされている。
ただ、正確に言えば、嘘の情報が記憶にあっても、その嘘の情報に「嘘」とラベルが貼ってあれば良い・・・つまり、嘘とはっきり認識していればいい・・・もっと別の言い方をすれば、信じなければ良い。
結果、デカルトは、全ての情報に嘘のラベルを貼ることになったが、嘘のラベルを貼る自分がいることだけは正しいとして、「われ思う、ゆえにわれあり」と言ったのである。
クリシュナムルティに至っては、「私は何も信じない」と言っている。

結局、この世の全ては嘘である。
その中で、最高に真理に近いものは、「私は在る」だ。
そして、「私は在る」と考え続けると、全ての嘘は溶解し、心の奥が透明になり、宇宙との通路が開く。
そうすれば、何でも分かるし、願い事を宇宙に簡単に投げることが出来る。
映画『ザ・シークレット: デア・トゥー・ドリーム』で、台風の夜、ミランダの子供達が、自分の食べたいピザについて話していると、その通りのピザが配達された。
これは、心の法則をマスターしていたブレイという男の影響を受けた男の子が、無意識のうちに、心の奥を透明にして、宇宙にリクエストを送ったのだが、あなたも同じことが出来る。
それには、「私は在る」と心で唱えることによって、心を透明にすれば良い。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは、「私は在る」が最高のマントラ(真言)であると言ったのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード