ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

中山正和

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

自分がどの神仏が好きか見極める方法

世界的画家の横尾忠則さんが著書の中で、十代の時に好きだったことを大切にしろとよく書かれている。
横尾さん自身が、自分の芸術のルーツは、子供の時に好きだった、アメリカのTVドラマ『ターザン』や、南洋一郎の冒険小説だったと言う。
ところが、発明家で世界的な能力開発のスペシャリストだった中山正和さんが著書に何度も書かれていたが、十代に限らず、生涯に渡って好きなものが決まるのは、3歳までである。
だから、自分が本当は何が好きかを知ろうとしたら、可能な限り、3歳までの家庭環境を調査・確認しておくことが役に立つと思う。
これは、親に聞くか、あるいは、親の普段の言動や性格を考えれば、自分がどんなふうに育ったか分かる可能性が高い。
幸か不幸か、人生の大部分は、親で決まってしまうかもしれない。
とはいえ、自分の好き嫌いを、どう生かすかは自分である。
ただ、幼い時に作られた好き嫌いを無視してはいけないというのも確かだ。
けれども、具体的な好き嫌いの形は、幼児期や子供時代を通しての環境や経験で決まる部分が大きいので、やはり、十代をしっかり思い出すのが良いと思う。
横尾忠則さんも、十代の時、ターザンや南洋一郎の冒険小説を好きになる基本的な土台そのものは3歳までに出来ていたが、具体的に、ターザンや南洋一郎の冒険小説が好きになったのは、環境や偶然の影響が大きいのである。

私で言えば、母親が、良い言い方をすれば信仰があったが、悪い言い方をすれば迷信深い。
そして、私が年少組で通った幼稚園がカトリック系であったので(単に家に近かったからかもしれない)、キリスト教に対し、良いイメージを持つか、逆に、悪いイメージを持つかだが、ある程度、良いイメージを持ったらしく、イエス・キリストは好きで、憧れの気持ちもあると思う。何より、「マリア様」という、普通の日本人なら言わない言葉を普通に言っていたことには注目すべきだろう。実際、聖母マリアへの畏敬はかなり強い。
私の父親はほぼ無宗教だったと思われるが、両親の郷里の状況からすると、仏教より神道の影響が大きかったと思え、私も、神道の方が親しみがあり、仏教の勉強をする割には、仏教には抵抗がある。
それで言えば、サイババの講演録である『ナーマスマラナ』によれば、「イエス」も、ナーマスマラナ(神の名を心で唱える行。念仏もその1つ)になるのであるから、「イエス」にしておいた方が効果があったかなと思う。そんな訳で、「イエス」も唱え始めた(転身速い!笑)。
実際、「イエス」と唱える時の安らぎは半端ない。
思い返せば、16歳の時、長く飼っていたインコが死んだ時、真っ先に『新約聖書』を買ったことを考えれば、キリスト教と言うより、「マリアーイエス」が好きなことに気付くべきだったかもしれない。
そんなわけで、あなたは失敗しないようにと願う。

ナーマスマラナこそ、誰にでも出来、しかも、高次の力に保護され、全てうまくいく究極の手段であるのだから、あなたも、自分が唱える神仏の名を決める際、自分の幼い時のことを考えると良いと思う。
後天的な好きより、本質的な好きに従う方が良いのだ。
後天的な好きに従っても、あるいは、特に好きというわけではない神仏の名ですら、大きな効果はある。
しかし、ナーマスマラナ自体が続くとか、熱心に行えるかということを考えると、自分が本当に好きな神仏の名を唱えるのが一番である。

日本人というのは、無宗教のように見えても、新年には基本的に神社に(お寺の場合もあるらしいが)初詣に行く人が多く、七五三のお祭りをするなど、神道が空気のように存在する。
(まあ、今流行りの「同調圧力」のためもあるかもしれないが)
しかし、仏教と神道が融合しているので、仏教の方にも自然、親しみがある場合が多いのである。
だから、神道の神様や仏教の仏様・菩薩様、いずれにも、良いイメージがある場合が多いだろうが、より好きな方があるかもしれない。
また、『古事記』を読むと、自分の中にある神道の因子に目覚める可能性はある。そうすれば、天照大神をナーマスマラナで唱えれば、霊験あらたかであるかもしれない。
家の宗派が、例えば、真言宗や曹洞宗というふうになっていたら、その方面を調べれば、自分の思想のルーツとか、少なくとも、それに影響を与えたものが分かるかもしれず、また、好きな仏や菩薩が分かるかもしれない。
ただ、日本人の場合、皆が大好きで、大抵の宗派で重んじられるのは観世音菩薩であり、実際に、観世音菩薩による救いが多いのも、そのためであるかもしれない。
従って、迷ったら、「観世音菩薩」あるいは「南無観世音菩薩」あるいは「観音様」あるいは「観音さん」あるいは「観音」と唱えると良いのではないかと思う。








直観力を得る

DS(闇の支配者)は、学校とテレビを活用して、庶民が能力を持たないようにしている。
つまり、DSにとって、庶民が能力を持つことは都合が悪いのだ。
DSは、庶民に、学校の成績が良い者を優秀と思わせているが、成績の良い者の9割までは能力薄弱者だ。つまり、塾やAI教材とやらで、試験の成績の良い子を作ろうとするのは、全くDSの思うツボなのである。
反対に、庶民が高い能力を持つことが、DSへの最高の嫌がらせだし、能力が高い庶民の数が増えれば、DSにも脅威だ。
そして、何より、高い能力こそが自分を守るのである。
では、高い能力とは何だろう?
人間が本来、持っていて当たり前の、天から授かった素晴らしい能力。
それは、直観力だ。
直観力とは、考えずに、瞬間で正解を得る能力だ。
こんな能力を持つ者は、DSにとっても強敵なのだ。

では、どうすれば直観力を得られるのだろう。
それに関して、発明家で、能力開発の世界的スペシャリスト、中山正和さんが沢山の本に、分かり易く書いている。
一言で言えば、観自在菩薩になることだ(え?w)。
いや、別に難しい話ではない。
中山さんは、観世音菩薩より、観自在菩薩という、般若心経で使われている名前を好んだ。
観自在菩薩とは、「自在に観ることが出来る菩薩」という意味なのである。
観自在・・・つまり、自在に観ることが出来れば、直観が冴えるのだ。
自在に観るとは、脳のイメージ配列が整っているということだ。
簡単に言えば、頭の中がゴチャゴチャしておらず、整然としていることだ。
面白いことに、カルト宗教と言われることも多いサイエントロジーの根本教義である「ダイアネティックス」が、まさに、観自在を得る方法だったが、現在のサイエントロジーがそれを継承出来ているかどうかは私は知らない。いずれにしても、「ダイアネティックス」は複雑過ぎる。だが、『ダイアネティックス』の書籍自体は参考になると思った。まあ、難しいので、別に読まなくて良いが(笑)。

中山さんは、禅の公案も、脳のイメージ配列を整え、直観力を高めると言われていたが、禅の公案の解説書は、あまり読まない方が良いと思う。かえって、脳のイメージ配列を乱すような歪んだ解説が多いから(笑)。
中山さん自身が『瞑想と潜在能力』という本で、いくつかの禅の公案の解説をしていて、良い解説が多いが、「?」と思えるものも少しはある。悪くはないのだが、無理矢理、科学に当てはめようとするあまり、ちょっと不自然な解説になったように思う。まあ、納得出来なければ、そこは読み流すと良い。

だが、最も直観力を高める方法は、中山さんも勧めていたが、真言である。
特に、中山さんは、般若心経の呪文、
「ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウギャテイ、ボウジ、ソワカ」
を勧めておられた。
これは、中国語に音写されたもので、元のサンスクリット語では、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
である。
仏・菩薩の真言や、「南無阿弥陀仏」の念仏、「南無妙法蓮華経」の題目も当然良い。
心の中で、丁寧に、数多く唱えると効果がある。

ところで、中山さんは、自分が中学生の時、中学校の1人の先生に教わったある方法が、非常に役に立ったと著書に書かれていた。
それは、道元の『正法眼蔵』の『現成公案』だけを、ひたすら読むことである。これで中山さんは天才になったのだと思う。
中山さんは、良い先生に出会い、大ラッキーだった。
こんな先生が今も、日本に1人でもいることを願う。
尚、ナーマスマラナ(神仏の名を心で唱えること)については、ずっと書いているので、今回はお休みするが、ナーマスマラナは万能であり、当然、直観力を高める。これ一本と決めている方は、迷わずやれば良い。












般若心経の呪文でプログラミングをマスターする

プログラミングをプロレベルでマスターしたいという人も多いと思う。
資格なんか持ってるより就職し易いし、今の日本のIT業界はまだ職場環境が良いとは言えないが、社内SEになれば、いい想いが出来るし、営業しなくていいし(笑)。
私は、プログラミングをマスターしてから、いい想いばかりしている。
では、どうやってプログラミングをマスターしたのかというと、そりゃ、一所懸命に勉強したのだが(笑)、考えれば、楽しいことだった。
だが、不遇な状況にいる人に、プログラミングの習得を勧めたことはあるが、ほとんどの人が、渋々勉強した挙句、挫折したように思う。
では、私と彼らとの違いは何かというと、私の頭が良い・・・わけではない(笑)。その明確な証拠がある。
私より明らかに頭が良いのにプログラミングが出来るようにならなかった人がいた半面、言っては悪いが、私より頭が悪いのにプログラミングは上手い人もいるからだ。
そりゃ、高度な分野のプログラミングであれば、絶対的な頭の良さが要求されることもあるが、社内SEレベル、あるいは、小規模な業務システムレベルであれば、小学生に算数が教えられる程度の頭があれば良いと思う。
では、なぜ、私が何の苦労もなくプログラミングをマスター出来たかというと、もちろん、真言を唱えていたからだ。
唱えていた真言は何かというと、はっきり言える。
般若心経の呪文(真言と言って良いと思う)である。
中国語版、
「ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウギャテイ、ボウジ、ソワカ」
と、サンスクリット語版、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
を両方唱えたが、サンスクリット語版の方が気に入ったので、そちらを主に唱えた。だが、別にどちらでも同じである。

経緯はこうである。
私は、初めてまともなサラリーマンになった時の仕事は事務員だった(総務とか言っていたが)。
だが、オフィスでの近くの席だった技術課長が、私にプログラミングの勉強を勧めてくれた。
今では、その技術課長に大変に感謝している(ただ、この技術課長は非常に頭が良いのにプログラミングをマスター出来なかった)。
ところが、その時は、無視するわけではないが、聞き流した。
その頃、仏教学者の紀野一義氏の『「般若心経」を読む』を読み、般若心経の呪文には力があると感じた。
そして、決定的だったのが、天才発明家で能力開発のスペシャリストとして知られていた中山正和氏が、著書の中で、般若心経は能力開発の秘法であり、特に、その呪文が良いと書いていたことだった。
中山氏は、この呪文を唱えれば、運が良くなるだけでなく、頭も良くなると、科学的に説明してくれている。
そこで、私は、少なくとも、通勤中は、心の中で「ガテー、ガテー、・・・」となるべくずっと唱えていた。
夜、ベッドに入ってからも唱えていた。
すると、知らないうちに、プログラミングのテキストを次々購入し、自然に、ページを開くようになった。
テキストを読んで、何となく分かるような気がしたら、後は、自宅のパソコンで、テキストの通りにプログラムを打ち込んで動作を試すことを繰り返したが、これをIT業界では「写経」と言い、知っている人は、これこそが最短の学習法と分かっている。

以上、参考になればと思う。








危ない覚醒スイッチ

成功法則のマスター達は皆、
「貧しい時でも、自分は豊かだと言いなさい、自分は豊かだと思いなさい、豊かな人間の態度をしなさい。それで豊かになる」
と言う。
しかし、それは、強い心の持ち主のみが出来ることだ。
心が弱い人は、少しの間は、「私は豊かだ」と言ったり、自分は豊かだと思おうとするが、それは長く続かない。
そして、「豊かな人間らしく、高い買い物をしろ」と言われても、絶対無理なのだ。

そこで、自己暗示によって、心がぼーっとした状態の時に、「私は豊かである」と自己暗示を行う人もいるが、これでうまくいった人はいない。
それなら、催眠術のプロに頼もうということになり、プロの催眠術師に、催眠状態にしてもらって、良い暗示を与えてもらおうとする。
つまり、10分間、催眠術師の前に座れば人生が変わるという都合の良いことを期待するのだ。
しかし、それでうまくいくなら、催眠術師は大人気で、世の中に駄目人間はいなくなるが、実際は、それでうまくいったという話は1つも聞いたことがない。

所詮、心を強くしたり、信念の力を得るには、世の中で何十年も、頭を叩かれて鍛えなければならない。
まあ、それが原則であることは、多くの人が知っている。

ところが、人間の脳内には、奇妙なスイッチがある。
それを押してしまえば、何でも信じることが出来る。
発明家で能力開発の高度な専門家であった中山正和氏は、昔の本で、そのスイッチのことを「不思議なものだ」といった程度に書いていたが、探求心の強い彼は、そのスイッチが引き起こす仕組みを解明しようとした。
だが、その結果、中山氏は、ひどく難しいことばかり言い、普通の人にはさっぱり分からないし、具体的にどうすれば、そのスイッチを押せるのか、誰にも分からない。
また、著名な心理学者の河合隼雄氏は、そんな安直なスイッチを求める安易さを戒めていた。
けれども、中山氏は本当に見つけていたのである。
一方、河合氏は難しい解決法しか示さなかったと思う。

その覚醒スイッチを押してしまった人の話があるが、言い難い(笑)。
それが誰かと言うと、イギリスの世界的作家、コリン・ウィルソンだ。
どうやったかというと、青酸カリ(猛毒の薬品)のビンの蓋を開け、まさに口に含もうとしたのだ。
その瞬間、スイッチが入った。
中山氏も、実は、「命をピンチに追い込んだらスイッチが入る」と言っていたのである。
しかし、まさか、ウィルソンのようなやり方は出来ない。
青酸カリを飲む真似ではなく、本当に飲む気でいなければならないのだから。
でないと、命をピンチに追い込めない。
しかも、成功するかどうかは分からない。
ウィルソンは、たまたまうまくいっただけで、失敗する方が多い。
私も、決して勧めないことをはっきり言っておく。
だが、ウィルソンも、直観的に、青酸カリ効果のことは理解していて、ロシアンルーレットでうまくいった人の話を好んで引用した。
しかし、そんなこと出来るかである(笑)。

もっと穏やかな方法があるが、これでさえ、うかつに言えない。
それは、20日ほど断食することだ。
それで命をピンチに追い込めるからだ。
しかし、これも、私はお勧めしない。
そういえば、中山氏は、給料袋(昔は給料を現金で払うのが普通だった)ごと、誰かにやることを勧めていた。
これもまた、命をピンチに追い込む良い方法であるが、これも私はお勧めしない。中山氏は勧めていたが、昔と違い、今は責任を人になすり付ける時代だから、下手なことは言えない。

以上で、もう、やり方は分かっただろうし、同時に、やる気にならないことも分かったと思う。
女優になるとか、ミュージシャンになるとか言って、上京する人はそれなりにいるが、うまくいく人はほとんどいない。
その理由は、才能とか努力もあるが、何より、命を賭けなかったからだ。
そして、それが(命を賭けられないのが)当たり前なのだ。
だから、自分が、命を賭けることが出来るような人間でないと認識し、最初から、そんな馬鹿な真似はしないことだ。

ある大空手家が言っていたらしい。
「喧嘩必勝の秘訣?先に命を捨てた方が必ず勝ちます」
この空手家、命を賭けた喧嘩の実戦経験は物凄く豊富で、さすがに分かっている。
一言で言えば、「必死必殺」である。
必ず死ぬと決意すれば、必ず殺せる。

で、覚醒のスイッチの押し方は、こうである。
神に命を預けることだ。
つまり、一切を神にまかせ、結果どうなろうと文句を言わないと誓うことだ。
なあに、人生丸々損したって大したことはない・・・という覚悟をすることである。
まあ、聖者賢者達は、皆、こう言ったのだからいまさらであるが、受け入れる人はほとんどいない。








心安らかな超能力者であるために

そういえば、私は、トランプ大統領の怒った顔なんてものを思い出すことは出来ない。
そもそも、私は、トランプ大統領が怒った顔を見たことがないと思う。
トランプ大統領が、心を込めて言う、強く言う、激しく言う・・・などということはあっても、彼は、人前で怒ることはないのではと思う。
ヒラリー・クリントン氏やジョー・バイデン氏とテレビ討論会でディベートした時だって、口調が激しくなることはあっても、怒っていたことはなかったのだと思う。
彼が、カメラの前で誰かを強く非難することは当然よくあるが、それでも、怒っている・・・というふうではない。
これは新発見だ。
人間というのは、怒った時の顔というのは、みっともないし醜悪なものである。
特に、俗に言う「キレる」、つまり、逆上した時ほど、惨めな雰囲気を醸し出すことはない。
だが、トランプ大統領がみっともない顔になったことはないと思う。
言葉が激しくても、彼は常に冷静なのだと思う。

『エリート』という、1965年の漫画ながら、紙の本が2005年まで出ていて、2017年8月にKindle化され、Wikipediaにも載っている漫画がある。
人間というものは、持っている能力のほんの一部しか使っておらず、全ての潜在力を引き出すと、誰もが超人になるという、当時としては画期的で、今でも、よく分かっていない人が多い事実にスポットライトを当てるところから始める壮大な傑作漫画だ。
原作は『幻魔大戦』などで知られるSF作家の平井和正氏で、漫画は昨年(2020年)亡くなられた桑田次郎氏(ある時期から桑田二郎に改名)だ。
竜太郎という中学3年生の少年は、地球征服をもくろむ巨悪エルケーニッヒ・ダンガーと人類の運命をかけて戦っていて、ジョンという、幼い子供だが、大人より頭が良い上に超能力者である者が味方であった。
読者はずっと、竜太郎とジョンは共に戦うと思っていたはずだが、なぜか、ジョンは、だんだん竜太郎を相手にしなくなる。
そして、なんと、それは最後まで続き・・・というか、ジョンは舞台から姿を消す。
ジョンは、竜太郎を見捨てたのだ。
その理由は、正義感が強く、主人公に相応しい心優しい少年ながら、すぐにかっとなる人格の低い竜太郎を軽蔑したのだと思う。
ジョンは、竜太郎を、野蛮な猿のように見えておかしいとすら言った。
だが、読者は、「あれ、ジョンが出て来なくなったな」くらいには思っても、ジョンが竜太郎を見捨てたことは、あまり気にしないと思う。
しかし、改めて考えると、原作者で、思想家とすら言えるに違いない平井和正氏は、何かを意図していたのだろうと思う。
結局、平井氏すら、竜太郎を見捨てたのかもしれない。
最後、ダンガーとの戦いに勝った竜太郎は孤独だった。
なぜ、竜太郎は見捨てられたのか?
すぐに怒る、キレる、ちっぽけな心を持った低い人格ゆえにだ。
竜太郎は、中学3年生とはいえ、宇宙人アルゴールにより、全潜在力を引き出された超人だ。
それにも関わらず、心が狭いゆえに怒りに心を奪われ、衝動的だ。
そんな人間は、英雄でも何でもない、ちょっと利口で身軽な猿のようなものでしかない。
もし、人間が万物の霊長であるなら、それは、暴力で他の生物を支配出来る力のためではなく、万物を慈しむ人格ゆえだ。

ハンガリー出身のユダヤ人で、天才的な思想家であるアーサー・ケストラーは、『ホロン革命』の中で、人間の脳は出来損ないで、理性が本能をコントロール出来ない・・・つまり、怒りなどの原始的な衝動を理性で抑えることが出来ないと断言し、いわば、絶望しているように思えた。
だが、全くそうではない。
釈迦は、なるほど人間は、たとえ聖人でも、怒り、悲しみ、欲望などの感情が起きると言い、その感情を「第一の矢」と呼んだ。
しかし、凡人が、自分で自分に「第二の矢」を放つ・・・つまり、感情を自分でさらに掻き立てることを聖人はしないと言った。
そして、自分で「第二の矢」を自分に放たなければ、感情は収まる。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは、弟子のラメッシ・バルセカールによれば怒りっぽかったらしいが、怒った次の瞬間には上機嫌になっていたのだと言う。
そして、そのような人間になることは高い目標でも何でもなく、誰でも出来ることだ。
むしろ、いつまでも嫌な気分を引きずる愚か者は、優れた人間に見捨てられ排除されるかもしれない。
ジョンが竜太郎を見捨てたように。

発明家で能力開発指導者であった中山正和氏は、般若心経の呪文は、乱れた心を紛らわすのに使えば良いと著書で述べていたことがあった。
呪文や真言、念仏などに霊験があるのかどうかは分からないが、そのような使い方をすれば、それが霊験に優るものである。
我々は、もはや、愚かな猿であってはならない。
他人の迷惑だし、自分も苦しいのである。
ネットなどでも、ちっぽけなプライドが傷付けられたといったような理由だけで暴言を吐く者の愚かさを見ても、そんなことが解るだろう。
私は、ツイッターがトランプ大統領のアカウントを削除したのは間違いであるとは思うが、発言に何らかの規制を持ち込みたがっているのは、今のところ、あまりうまく機能していない面もあるとしても、善意からであるのだと信じたい。
トランプ大統領だって、ホワイトハウスに残したジョー・バイデンへの手紙は、バイデンの幸運と成功を祈ったものであり、一部で言われているようなバイデンを脅迫するようなものでは決してなかった。
やはりトランプ大統領は人格者なのである。
悪意は悪意を、怒りは怒りしか呼ばない。
たとえずぐに心を支配出来ないとしても、このことだけは知っておくべきと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード