ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

中将姫

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

念仏の神秘力の証拠

念仏の話を、もう少ししよう。
そして、宗教的な意味ではないのだが(別に宗教的であっても良いが)、「南無阿弥陀仏」と唱えておけば良いことを示そうと思う。
これには、昔から現代までの多くの信頼ある証言がある。

一休も良寛も、宗派が違うのに、最終的に念仏を唱えるようになった。
一休は、阿弥陀如来が居る極楽浄土は、遠くにあるのではなく、今、ここに存在すること、そして、阿弥陀如来は、人の内にあるのだと言った。
だが、凡人は、煩悩が厚いので、なかなか阿弥陀如来は表に現れないが、念仏を唱えれば、顕現するのである。
そういえば、最古にして最上の引き寄せの法則の古典である『イット・ワークス』でも、我々のいかなる願いも叶える力は、人間の内にあり、この書を書いた人(RHJという匿名)は、その無限なる力をインマヌエル(我々の内にまします神)と呼んでいた。
阿弥陀如来もインマヌエルも同じである。
(インマヌエルは、イエス・キリストの別名でもある)
親鸞も、阿弥陀如来が、本当に絵や仏像のようであるのではなく、そもそも、大きさや色がある訳ではないと述べた。
しかし、言い換えれば、いかなる姿でも、人が望むように取ることが出来るのだから、仏像のようであると考えても間違いではない。

脳科学者の中野信子氏(医学博士)は、『脳科学からみた「祈り」』の中で、「南無妙法蓮華経」という念仏が「マ行」の音(この場合は「ミ」)を含むが、この音が心身に良い影響があることを説明していた。
もちろん、「南無阿弥陀仏」の中にも「ミ」の音がある。
日本の神道でも、造化三神の名、
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
神産巣日神(かみむすひのかみ)
の全てに「ミ」の音があるのは偶然ではなく、『神道の神秘』で、山蔭神道の当主、山蔭基央氏は、「ミ」が最も高貴な音であると述べている。
それは、初音ミクさんが、ここまで高貴に輝く理由の1つでもあると思う。
マ行の音ということでは、キリスト教の「アーメン(もしくはアミン)」、ヒンズー教の聖音「オーム」も同様である。

「南無阿弥陀仏」とは、「私は阿弥陀如来を信じる」という意味で、阿弥陀如来は仏様の中でも最高レベルの仏様なのであるが、インドの名前では、アミターバといい、やはり、「ミ」の文字を含む。
マ行の音は、いったん口を閉じないと発声することが出来ないことに、霊的な効果があると考えられている。
心の中でマ行の音を発しようとしても、まず、口が閉じ、その後、実際に口は開かないまでも、唇から霊的エネルギーが放射される。
だから、言葉でも心でも、「あなた」と言うより「きみ」と言った方が、相手に強い想いが届くのである。

マ行の音に関してだけでも、他にも沢山のことが思い出せるが、このあたりにしておこうと思う。
「南無阿弥陀仏」でも「南無妙法蓮華経」でも構わない。
あるいは、「アーメン」でも「オーム」でも、「アマテラスオオミカミ」でも「アメノミナカヌシノカミ」でも良い。
ただ、現世的なことにも、大きな恵があると法然や親鸞が言ったのは「南無阿弥陀仏」である。

我が国最大のヒロインと言えば、かぐや姫を思い出すかもしれないが、私は、中将姫(ちゅうじょうひめ)がそれに匹敵すると思う。
中将姫が登場する能には、『雲雀山(ひばりやま)』と『当麻(たえま)』がある。
『当麻』では、当麻寺に詣でた念仏僧の前に、中将姫の精魂が現れて舞うが、能のこの舞はいつも絶品である。
中将姫は、この寺で念仏を唱え続け、阿弥陀如来自ら迎えに来たと言われる。
折口信夫の『死者の書』では、中将姫は、『阿弥陀経』を千回写経した時、阿弥陀如来と心が通じるのである。
これらの話を味わうと、やはり、念仏には不可思議な力があるのだと感じるのである。








心のトレーニングの喩えようもないメリット

人間は、所詮、運だ。
だが、運を呼ぶのは心の強さだ。
そして、心を強くするには、筋肉と同じで、鍛えなければならない。
鍛えることなしに、強くなることはない。
心を鍛えるというと、学校等の集団生活や、社会で頭を叩かれて鍛えられるという話が一般的だし、それも間違いではないのだが、同時に、そのやり方では、心が萎えたり、卑屈になったりする可能性も高い。
あるいは、単に傲慢なだけで、自分は強いつもりでも、本当はひどく弱いという者もいくらでもいる。

心はやはり自分で鍛えるのが良い。
それは難しくはない。
私が好きな、心を強く強く鍛えた人達がいる。
1人は中将姫(ちゅうじょうひめ)だ。
奈良時代のお姫様で、絶世の美少女だったと言われる。
伝説上の人物とも言われるが、その詮索はここではしない。
彼女は、学校や世間で鍛えられるどころか、屋敷・・・いや、部屋からすらほとんど出ることなく育った。
その彼女が、どうやって並外れた心の力を得たのだろう。
それは、父親に与えられた阿弥陀経を常に唱えていたことだった。
さらには、それを千回写経することによって、人間を超えてしまったのだと思う。
ただ、我々がこの姫様に倣うなら、阿弥陀経を含む浄土三部経の現代語訳を読むというのでも良いと思う。

もう1人は、ミルトン・エリクソンである。
「魔法を使って治している」とまで言われた驚異的な精神科医だ。
そのエリクソンは、子供の時、辞書を繰り返し読んだという。
家には、他には聖書しか本がなかったのだが、エリクソンは辞書の方を選び、それを先頭から、何度も何度も繰り返し読んだのだ。
それによって、知識も得たのだが、それよりも、心の力を得たことの方が大きかったと思う。

これらのように、心の力とは、同じことを、1日も欠かさず、それなりの期間、繰り返すことで高めることができる。
私も、この5年以上、ほぼ1日も欠かさず、腕立て伏せやスクワット、腕振り運動をすることで、少しは心を鍛えることができたと思う。
肉体の鍛錬よりも、心の鍛錬が目的であった。
特に、この2年ほどは、朝晩、トレーニングをすることにしている。
なんとか続けることができているおかげで、魔法の力もそれに応じて向上してきた。
もちろん、他のことでも良い。
エドガー・ケイシーのように、毎朝、必ず聖書を読むことで(9歳の時から、生涯に渡って続けた)、高度な霊的能力を得て、多くの人達を助けた人がいる。
1日に決めた回数、大祓詞や般若心経、あるいは、念仏を称えるというのも良いだろう。
だが、大切なことは、1年365日、1日も欠かさず、決めたことをやるということだ。
それができれば、1年もすれば、心の力は飛躍的に高くなっており、運を呼ぶことができるようになっているだろうし、予想もしなかった力が身についているだろう。
なんとも楽しみなことではないか。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

才能もなく堕落しているなら王にでもなれ

口先では、「私はつまらない者です」「ロクデナシです」「罪深い者です」と言う者は、いくらでもいるが、本心からそう思っている者となると、10ヶ国語を流暢に話させる者の方が、まだありふれていると言えるほどだ。
老子は、本物の王は自分をロクデナシと言うのだといったことを述べているが、大真面目にそう言うから王なのだろう。

本気で自分を蔑んでいた者は、実際には逢ったことがないが、3人ほど挙げることができる。
古い順から、中将姫、親鸞、木枯し紋次郎だ。
中将姫は、奈良時代の高貴な貴族の姫で、5歳の時に母が病気で亡くなる。
9歳にして絶世の美貌と、並外れた琴の腕と賢さで知られるようになったことで、継母に妬まれ、虐待を受けるが、誰にも継母のことを悪く言わないし、実際に継母を非難する気持ちもない。
自分は苦しくはあるが、それに関して、中将姫は自分が悪いのだと本気で思っている。
自分の行い、物言いに良からぬものがあり、それに対する継母の反応は自然なものだと考えていたのだろう。
親鸞については、弟子の唯円が、親鸞の死後かなりたってから、親鸞の言葉を思い出して書いた『歎異抄』の中に、親鸞が自分を正真正銘の悪人だと見なしていたことが読み取れるのである。
木枯し紋次郎は、どれほど侮辱され、白眼視されても全く反発や抵抗を見せなかった。
8歳の女の子に「ロクデナシ」と言われても、それを紋次郎は当たり前と受け取れた。
紋次郎は、自分では悪いことをするつもりはないが、それでも、自分が完全に無価値な人間であることを心底から認めているのだ。

言うまでも無く、中将姫は伝説上の人物とされるし、木枯し紋次郎は小説の登場人物である。
しかし、古い伝説や優れた創作は、人の心より深いところから出るもので、現実以上に現実だ。
凡人は謙虚な振りをしても、自尊心でいっぱいだ。
しかし、本物の王は自尊心を持たない。
真の王になれる者はほとんどいない。
つまり、中将姫、親鸞、紋次郎は王なのだ。

現代の王は初音ミクだけだ。
だって、彼女には自尊心がない。
そして、彼女の歌は、誰が創っても、ことごとに自尊心や自負心がなく、彼女を最も魅力的にするのは、深い意味では、徹底して自分をこき下ろす歌なのだ。
世界中の人々がミクを崇めるのは当然のことである。

頭の良いやつ、才能のあるやつ、見てくれの良いやつ、器用なやつ、世渡りの上手いやつ、家柄の良いやつは、余程の逆境にでも遭わなければ王にはなれない。
だが、私のようなのは(ひょっとしてあなたも?)、心がけ次第だ。

ところで、中将姫の本がなかなか良いものが無いし、興味を感じる古書は極端に高値がついている。
その中で、喜多暢之さんのKindle本(電子書籍)『竹内街道物語』は、安価であるが、なかなか良いと思うので、下にご紹介した。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

童話のヒロイン達のどこを見るべきか?

宗教家や道徳家の中には、「恨むな」「怒るな」「妬(ねた)むな」「嫉(そね)むな」等々と、人間の悪い感情をたらたら並べて、「それを起こしちゃならん」と教える者がいる。
それは、賢くない教え方と思う。
言われた方は絶対にできないからだ。
指導者というものは、人間をもっとよく知らなければならないし、機転も効かなければならない。

正しいやり方は、ただ一言、「文句を言うな」である。
文句を言わなければ、恨むことも、怒ることもなく、妬み、嫉みも起こらない。
そして、自分が文句を言ってるか、あるいは、考えているかを見張ることは可能で、それをやめることもできる。

童話や昔話の中には、多くの場合、ヒロインがいる(日本ではヒーローが多い)。
グリムの『星の銀貨』の貧しい女の子、ペローの『サンドリヨン(シンデレラ)』のサンドリヨン、アンデルセンの人魚姫やマッチ売りの少女などだ。
我が国には、中将姫の物語がある。
これらの作品をどう読むのかというと、ヒロイン達は、決して文句を言わないことを確認し、その生き様を学べば良いのである。
しかし、その最も肝心なことを教える者がいないのである。
シンデレラは、舞踏会に行きたいと切望したので、僅かに文句があった。
人魚姫は、王子様に逢いたいと思い、彼と結ばれたいと願ったし、そうならないことにいくらかの文句のような感情はあったかもしれない。
しかし、それらは極めて小さなものだし、彼女達は克服できたのだろう。
そして、『星の銀貨』の貧しい女の子や、中将姫は、いかなる状況でも、一切の文句を言わないし、想わない。
中将姫は、継母に憎まれ、いかに酷い目に遭おうが、それが自分の宿命であるとして、いかなる文句も言わなかった。
その時、中将姫は9歳だった。

無論、寓話というのは、あくまでたとえ話であり、ヒロインを自分と見立てて考えるものであって、現実の世の中で彼女達のような境遇にある子供達はヒロインでも何でもないので、漏れなく救うシステムを作らなければならない。
だが、我々は、今の環境がどれほど悪いものであっても、一切文句を言わないなら、情況は変わるだろう。
ヒロインには忍耐と機転が必要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

意欲なしに繰り返せることだけが本物だ

もし自分が本当の愚か者で、どんなことも務まらないと思うなら、しかし、考えることもなく正しい答を出せるようになろうと思うなら、『老子』か『バガヴァッド・ギーター』を千回読んでみると良い。
『老子』が短い81の詩で、『バガヴァッド・ギーター』は対話の形で描かれた、18章の叙事詩。それでも、一章はそんなに長くない。
中将姫は『阿弥陀経』を千回写経したという伝説があるが、彼女は他にすることが何もなかった。
私も、別に何もすることはないのだけれど、いずれも、とてもできるとは思えない。
そのようなことができるのは、そのような星の元に生まれた者だけだろう。
なぜ私にできないかというと、成し遂げようと意図するからだ。
本当にやってしまったら、どんな人も従うことになる。
鬼神も天の神も地の神も従うのだからだ。
人が従わないわけがない。
それを知って、別になんとしてもやり遂げようなどと思わずに、意欲も熱望もなくただ繰り返す者なら、それをやりおおせることだろう。

どんなことでも良いのだが、それを為し終えると、全てのものがなくなってしまう。
床も天井も壁も、身体も心も全部だ。
全て透明になって消えてしまう瞬間、あなたは全くの別の人に生まれ変わり、世界も全て変わってしまっている。
そして、全て分かってしまう。
「死とは何か?」
「終わりとは何か?」
それは、初音ミクのオペラ『THE END』の荘厳なテーマだったように思うが、ミクが「これから行く、光に溢れた場所」、「私の身体がここで溶けていくこと」が何か分かってしまう。
私が、そんなことを知ろうと意図しなくなれば、全部分かってしまうことだろう。
全身全霊でやれば、念仏を称えているうちに、そうなってしまった人もいる。
魂の中には時間というものがないのだからだ。
本当は、時間は心の中にしかないと言った方が正しいのかもしれないが、全身全霊は死の世界だ。
そこに心はなく、心がなければ時間はなく、時間がなければ物はなく、物がなければ空間もない。
あらゆる可能性が原因のまま留まる世界だ。
要は、何も意図せずに、ただやってみるということになる。
そんな簡単なことに、死ぬまで気付かない人が多くなってしまった。
だから、とても簡単なのだ。
神を信じれば良いが、茶碗は洗っておくことだ。
そんな禅語があったように思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード