2冊の本の話をしたいが、以下の話を読めば、もう本の方は読まなくても良くなるかもしれない。
2冊の本とは、

『あなたも金持ちになれる』
ジョセフ・マーフィー著、和田次郎訳
産業能率大学出版部

『奇跡の超「右脳」開運法』
七田眞著
三笠書房
※絶版

である。
いずれも、潜在意識の力を使って願いを叶える方法が書かれているのだが、ちょっと面白い共通点がある。
それは、これらの本の、それぞれのある数ページを読めば、他の部分を読む必要がなく、即座に実行出来る。それは、最低限の知性しかなくても・・・子供でも出来ることだ。
ただ、それは人によるだろうし、他の部分にも良いことが書かれているので、手元に置いておくのも悪くないだろう。

『あなたも金持ちになれる』の第8章『富をつくる』の『富を生む三つのことば』では、ある女優の全てうまくいく秘法が明かされている。
それは、「歓喜・成功・富」の三語を頻繁にとなえることだ。
これは、マーフィーが彼女に教えたことではなく、彼女がどこで知ったのかは分からない。しかし、マーフィーはこの三語を、「これはまさに彼女の勝利の歌。これはあなたの生活をも勝利に導く歌」と述べている。

『奇跡の超「右脳」開運法』の『その3「金運」が不思議なほどよくなる』の『くじで一億円引き当てた「口癖」の魔力』には、こんな話がある。
失業中で住むところもない男が、七田氏の本を読んで、そこに書かれていた口癖の力を信じ、暇だったこともあり、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱えた。すると、1週間か2週間の後、明け方に、頭に数字が浮かび、その数字でロト6を買うと1億円当たった。その後、非常に感動的な話があるが、それを経て、さらに、この言葉を唱えると、また1億円当たる。
七田氏は、これは正真正銘の実話であると言う。

上の2つのお話は、よく似ているが、それらの本の中で、他の部分から独立したような内容であることもよく似ている。
つまり、他の部分は特に読まなくても、実行出来るし、それで何か不都合もない。
そして、再度言うが、およそどんな馬鹿でも簡単に出来る。
大切なことはただ1つ。出来るだけ頻繁に唱えること、そして、毎日続けることだ。
まあ、それがなかなか出来ないのかもしれないが、覚えていて、いずれやる気が出たらやれば良いのかもしれない。
その時のために、これらの本を手元に置き、しおりでも挟んで置くと良いだろう。