ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

七田眞

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

1億円を2度当てた原理を解く

日本プロ野球史上、ただ1人、三冠王を3度達成した落合博満さんが、テレビで、「全打席ホームランを狙ってた」と言っていたところを見たことがある。
つまり、彼にとって、ホームランは幸運でも奇跡でもない。

そこで面白いことに気付く。
「幸運=奇跡」だということだ。
つまり、
「幸運だが奇跡ではなかった」
「奇跡だが幸運ではなかった」
などということはない。
そう言うと、
「いや、二択問題で、当てずっぽうで当たったのは、幸運ではあったが、奇跡というほどでもない」
と言う人がいるかもしれない。
だが、それもやっぱり奇跡なのだ。
例えば、動作中の時限爆弾があり、赤と青の電線のいずれかを切れば止まるが、そうでない方を切れば即座に爆発する・・・なんて映画や小説がよくあるような気がする。
その時限爆弾が爆発寸前で、正義の探偵やスパイが、それなりの予測が立ったか、あるいは、全くの当てずっぽうかの別はあるのだが、とにかく、運を天にまかせて片方を切ると爆発しなかった。
これも二択だが、奇跡と言うしかない。

小説・アニメの『灼眼のシャナ』で、超人的戦士になったシャナが最初に戦ったのが、とんでもない強敵である天目一個(てんもくいっこ)だった。
天目一個のあまりの強さに、実力差を思い知るシャナは、度を越した大胆な戦法に出て、天目一個に打ち勝つ。
シャナのペンダントに封じられた魔神アラストールが言う。
「無茶をするやつだ。得たばかりのフレイヘイズ(シャナのような戦士のこと)を失ったと思ったぞ」
すると、シャナが静かに返す。
「勝ったのはたまたまだって解っている。でも、そうするよりなかった」
これも、幸運であり、奇跡である。

幸運、あるいは、奇跡は、狙って起こせるものではない。
言い換えれば、幸運、奇跡は、「予測出来ないもの」なのである。
例えば、大儲けを狙って馬券を買って当たったとしても、それは本来、幸運でも奇跡でもない。
そして、狙って買った馬券は当たらない。
狙った場合は、確率の支配下に置かれるからだ。
だが、当てるつもりなど全くなく、気紛れで買った馬券は、不思議なことに確率の法則に縛られず、当たってしまうことがよくある。
あるいは、拾った馬券が大当たりすることもある。

ここでよく取り上げる、「神様の奇跡が起こる」と唱え続けて、1億円を2度当てたホームレスは、完全に確率の法則から外れている。
ある日、たまたま頭に数字が浮かんだ時に、歩いていたら、たまたまロト6の売り場が目に入ったので、たまたま買っただけだ。
彼は、「神様の奇跡が起こる」と唱えたことで、「狙う」という意識が消えたのだ。
それで奇跡、つまり、幸運、つまり、自分の意志でなく、神の意思が実現したのだ。
イエスも言ったのである。
「私の想いではなく、あなた(神)の想いが実現しますように」

あなたの輝かしい勝利は、幸運であり奇跡である。
たまたま・・・と言っても良い。
だが、それは、勝利を狙わないから起こるのだ。
有名な『柔』という歌で、
「勝つと思うな 思えば負けよ」
という歌詞があるが、作詞した関沢新一氏は、実際、凄い人物であった。
彼は、この詩で、宇宙の法則、人生の真理を完璧に語ったのである。

幸運を狙わず、さりとて、投げやりにならず、自分に出来ることをする。
これが勝利の秘訣というか原理であり、世界的教育者、七田眞氏の本に書かれている、七田氏が絶対に事実と言う、上に挙げた1億円を2度当てたホームレスは正しいことをしたのである。







マスコミの洗脳を受けるな

テレビの新型コロナウイルスを扱う番組は、「暗い」「悲惨」「後ろ向き」なものがやたら多い。そんなものが視聴率が取れるからだ。
平成不況(1991-2002)、リーマン・ショック(2008)の時も同じだったと思う。

現在、経済活動が停滞する中で、今日、明日にでも、政府が援助をしてくれないと破綻しかねない人にばかりスポットが当てられる。
確かに、そんな人達もいて、迅速な救済策は絶対に必要である。
だが、同時に、それが決して多数派ではなく、本当は、コロナウイルスとは関係なく、是正しなければならない別の問題があるのだ。
実際、大部分の日本人は、かなり豊かなのである。
日本は、食料の半分以上が廃棄されている、途方もなく豊かな国なのだ。

アメリカやイギリスでは、日本政府が検討している額よりかなり多い給付金を国民に給付しようとしているが、そうしないと、餓死者が出るとかでなく、殺してでも金や食料を奪おうとする者達がいくらでもいるからだ。

既に、ヨーロッパやアメリカの多くの国や州では、食料品を買うのも大変で、長時間並んでも、品物がない場合もよくある。
しかし、日本では、コンビニやスーパーでは商品が溢れ帰り、お客さんは好きな時に車でのんびりやって来て、店員さんと「最近冷えるわねえ」とかお喋りしながら、カゴにいっぱいの商品を詰め込んで買っていく。
欧米では、レストランも閉鎖される中、日本では美味しいハンバーグ料理のお店で人々が長蛇の列を作っている。

悪い部分や不幸な人達がいることは確かに認めた上で、マスコミのマイナス情報に洗脳されないよう注意しないといけない。
潜在意識の法則によれば、マイナス思考を植え付けられて貧困なマインドを持ってしまうと、次は、自分が悲惨な状況になってしまうのである。
下層にいる人達の多くが、何らかの理由でマイナス思考を持ってしまった結果、そのような状況になったのだと私は思っている。

世界は心が作り出した幻想のようなものであり、潜在意識に繰り返し刻み込まれた思考パターンが、各自の世界を作っていると考えて良いと思う。
だから、あなたに暗いイメージを植え付けて洗脳してしまうようなテレビはすぐに消して、明るく肯定的な考え方をしなければならない。
と言って、無理に心を明るく積極的にすることは出来ない。
だが、人間は、心はコントロール出来なくても、言葉は自由自在にコントロール出来る。
そして、言葉が心を変えるのである。
だから、言葉を前向きで肯定的なものにしなければならない。
一昨日の記事「儲かってしゃーない商売人の口癖」で書いた、お金持ちの社長さんのように、「儲かってしゃーない」「金があるからな」と言えば、その通りになる。
そんな言葉を言ったり、思ったりする際には、ヘソのあたりに力を入れると、否定的な感情が起こり難い。
とにかく、暗いテレビ番組を見て、「日本はもう駄目だなあ」だの「私も明日は食べ物が買えなくなるかもしれない」とか思ったりしてはならない。

こんな時こそ、世界的な教育者、七田眞氏の本にあった、七田氏が事実であると保証するお話が参考になる。
あるホームレスが、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱え、宝くじで1億円を、それも、2回も当てた話である。

恐れずに求めれば それは未来を変えるRevolution
こころKnock Knock Knock
不思議Trick Trick Trick
奇跡は起きる(Wow Wow)
Freely Tomorrow
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M。唄:初音ミク)より~
【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』【公式PV】- YouTube -








立ってつぶやくことで人生が変わる

このブログの16日の記事「軽く長くの訓練が人を超人に育てる」で、解剖学者の養老孟司さんが、「昔の日本人は、長時間正座をすることで身体が鍛えられていた」と述べていた話を書いたが、元M役員さんのコメントで、これに似た面白いことを知ることが出来た。
南カリフォルニア大学の研究である。
長時間、椅子に座ることは身体に有害な影響を与えているが、タンザニアの狩猟民族は、長時間座っていながら、身体を調べても、座ることで受ける悪影響が見られない。
その原因が、この民族は、座る時は、椅子に座るのではなく、しゃがんだり、膝を付いているからだと研究者は言う。
しゃがんだり、ひざまずくことには弱い筋肉活動があり、エネルギーを消費して代謝を高めているのだと思う。もちろん、日本の正座のように、腹筋や背筋を鍛える効果もあるだろう。
狩猟民族だから、若い世代の男は狩猟で身体が鍛えられるであろうが、そうでない、子供、女性、老人は、やはり、お尻をつけて座らず、しゃがんだり、膝をつく姿勢で座ることで身体が鍛えられ、おそらく、引き締まった良い身体をしているのだろう。

特定の時間だけ熱心に運動しても、普段、長時間椅子に座れば、身体を損なう危険がある。まして、だらしない姿勢で座れば、長い間には、かなり身体を悪くするのだと思う。
電車の中での、特に若い男のだらしない座り方は目に余るし、オフィスでは、やはり主に男は姿勢が悪い座り方をする者が多く、彼らは深刻な身体的欠陥(腰痛、内蔵疾患)を持っている場合が多いと思われる。

サバイバル技術のスペシャリストであるクリス・マクナブ(ウェールズ大学博士)は、『徒手格闘術ハンドブック』のトレーニング編の中で、「座らず立つよう心がける」ことを薦めているが、特に家の中では、ソファでだらしない姿勢で座ることが多いなら、なるべく立つようにすれば、身体に雲泥の差と言えるほど効果があるはずである。
「何か運動をしていますか?」と問われたら、「なるべく立っています」と言うのは、実は立派な回答なのだと思う。その上に、腕振り運動をやれば、実はかなりの良質な運動をしていることになる。
毎朝、腕振り運動を2千回やっていた関英男博士(電波工学の世界的権威)は、90歳を超えても世界中を飛び回って研究をしていたし、腕振り運動で医療に頼ることなく胃癌を治したという。また、自分だけでなく、沢山の難病患者が腕振り運動で治った事例を『宇宙学序章グラヴィトニクス』で紹介している(残念ながら、この本は絶版で古書も高価な場合が多い)。

ところで、長時間の弱い負荷が鍛えるのは身体だけでなく、脳、あるいは、精神も同じである。
頭の中で、高速に(ただし正確に)数を数えることで、驚くほど頭の回転が速くなるという報告もある。これも、1回や2回では効果はなく、長期間に渡って続けなければならないのだろう。そして、脳というのは、放置して好きなようにさせると、案外にロクなことをしない。頭の中では、1分に300から1000のつぶやきが発せられているらしいが、普通の人では、圧倒的にマイナスのつぶやきが多く、そのために、年齢が進むほど、頭が悪くなり、精神もひなびてくる。
だから、意識的にプラスの言葉、例えば、「大丈夫」「絶好調」などをつぶやくと良いと考えられ、実際、困難な状況に打ち勝てる人間を研究したら、頭の中でプラスの言葉をつぶやいていることが分かっているらしい。
ジョセフ・マーフィーの潜在意識による成功法では、聖書の中のよりすぐりの言葉を、暗誦したりカードに書いて、なるべく長時間唱えたり、読んだりする手法があるが、これもまた、日常の中で精神を望ましい状態に導く方法である。
また、既に何度もご紹介したが、ジョセフ・マーフィーの『あなたも金持ちになれる』に書かれているが、ある売れない女優が、毎日長時間「歓喜、成功、富」という言葉を繰り返すことで、成功した女優になれたという話があるし、国際的に著名な教育学者の七田眞さんの著書には、七田さんが事実であると保証する話なのであるが、あるホームレスの男性が、1日中「神様の奇跡が起こる」と唱えていたら、宝くじで1億円を当て、さらに続ければ、また1億円を当てたという凄い話もある。
脳や心の場合は、繰り返しが潜在意識に達し、脳や精神を強化するだけではなく、世界を創造する普遍的知性(神と呼ばれることが多い)と通じて、そういった不思議としか思えないことも起こるのだと思う。

トレーニングの時間や祈祷の時間だけ鬼のように頑張るのではなく、日常にちょっとした心がけをするだけで、人生は大きく変わるに違いない。











日本人のための奇跡を起こす言葉

奇跡の意味は、辞書によれば、

1.常識で考えては起こりえない、不思議な出来事・現象。
2.キリスト教など、宗教で、神の超自然的な働きによって起こる不思議な現象。

だそうだが、本当は奇跡とは単に、「極めて珍しい現象」なのだ。

例えば、幼い時に生き別れ、お互いのことを知らない双子姉妹が、全く偶然に、同じ名の男性と結婚し、同じ年に生まれた息子に同じ名前をつけていたという話がある。
これは奇跡と言って良いと思うが、やはり、極めて珍しいというだけの、ただの偶然の一致でしかない。
そのような、極めて稀な偶然の一致の話は沢山ある。
私個人にしたって、結構、凄いものが数多くあるのだ。
そこに、何か超常的な力が働いているのかもしれないが、それも含めて、これらは、「極めて珍しい現象」である。

そして、最近ここでよく引用する、ホームレスが「神様の奇跡が起こる」と唱え続けて、宝くじで1憶円を2回当てた話であるが、教育学者の七田眞氏が、正真正銘の事実と言うのであるから、この現象を探求し、我々全てが、その恩恵にあずかれるようにしたいと思う。
このホームレスの話も、本当に「神様の奇跡」かもしれないが、やはり、「極めて珍しい現象」であり、確率は非常に低いながらも、絶対にないことではない。
だが、1度、1憶円を当てるなら、ただの偶然でしかないが、2度となると、何か原理めいたものはあるのだろう。
その原理によってこの出来事を起こしたのが、「神様の奇跡が起こる」という口癖(あるいは呪文と言っても良い)の力である。
十分な数、繰り返された言葉は、潜在意識を通して、宇宙の意識とでもいうものに送られると、それが現象になって現れるとしか言えないが、それならば、普遍意識(宇宙の意識)に確実に到達する言葉が良い。
あのホームレスの場合は「神様の奇跡が起こる」だったが、元々、彼は信心深いキリスト教徒だったそうだ。
ただ、もしそうでなくても、神という言葉に良いイメージがある限り、多少の時間はかかっても、1憶円かどうかはともかく、何かは起こるはずだ。
けれども、もし、神という言葉に違和感があれば、「奇跡が起こる」「奇跡は起きる」でも良いと思う。
私の場合、シンプルな単語のみが好きなので「奇跡」とのみ唱えるのもありと思う。
ところで、もっと日本人に適した言葉があるだろうか?
ある。

それは「ありがたい」だ。
「ありがたい」は、「有り難い」で、「有ることが難しい」ということだ。
つまり、まさに、「極めて珍しい現象」を指すのであり、実に、「奇跡」と同じ意味であったのだ。
江戸末期の神道家、黒住宗忠が、ハンセン氏病(らい病)に罹った武士に、「ありがたい」と1日1万回唱えさせると、1週間で完治したという。
あのホームレスの場合と、全く同じではないか?
あのホームレスも、暇で、1日中唱えていたというから、1日1万回くらいは唱えたはずだ。
「神様の奇跡が起こる」
「奇跡が起こる」
「奇跡は起きる」(「奇跡が起きる」でも良い)
「奇跡」
「ありがたい」
「ありがとう」
の中の好きな言葉を、ずっと繰り返せば、きっと奇跡は起こるだろう。

「奇跡」という言葉が印象的な動画を2点ご紹介するので、よろしければ(いずれも公式)。
1つ目はIAさんが歌う『luminous -Innocence Alive- 』。※歌詞「奇跡 “愛”は続くよずっと」
2つ目は初音ミクさんが歌う『FREELY TOMORROW』。※歌詞「奇跡は起きる Freely Tomorrow」
【IA】 luminous -Innocence Alive- 【オリジナル】*ニコニコ動画*
【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』【公式PV】*YouTube*











奇跡は「起こる」のか「起きる」のか

何度かご紹介した、教育学者の七田眞さんの著書に書かれていた奇跡の口癖(これをずっと唱えていたホームレスが宝くじで1憶円を2回当てた)「神様の奇跡が起こる」は、人によっては馬鹿げていると思うかもしれないが、私は理に適っていると思う。
エミール・クーエの有名な自己暗示「毎日、あらゆる面で私はますます向上していく」と似た面もあるが、むしろ、「神様の奇跡」の方が少なくとも日本人には合っていると思う。

ところで、この「神様の奇跡が起こる」で、ちょっと気になることを思い出す。
Mitchie Mさんによる初音ミクさんの歌『FREELY TOMORROW』の中で、「奇跡は起きる」と歌われていることである。
これは、考えてみると、意外と面白いし重要だ。

1億円の口癖「神様の奇跡が起こる」
 FREELY TOMORROW「奇跡は起きる」

まず、最初に言っておくと、日本語的にはどちらも正しい。
NHK放送文化研究所の「最近気になる放送用語」の「起きる?起こる?」によれば、元々は、

人・動物が主語の場合「起きる」(例:早く起きる子供)
出来事が主語の場合「起こる」(例:偏食が原因で起こる病気)

であったようだ。
ただ、「早く起こる子供」は駄目だが、「偏食が原因で起きる病気」は問題ない。
「早く起きる子供」で、どうしても「起こる」を使いたければ、「子供の早起き」を主語にし、「子供の早起きが起こった」とでも言うしかない。

そもそも、「起きる」とは、横になった状態から縦になる(上半身を起こしたり、立ち上がったりする)ことで、病気、地震、台風の「起きる」は「発生する」という意味である。
「起きる」は、本来は、「起き上がる」専用。
「起こる」は、「発生する」「生じる」「芽生える」「産まれ出でる」等の言葉を代用する。

「奇跡が起きる」には、少し、人為的な雰囲気があると思う。
一方、「奇跡が起こる」には、非常に珍しいことが偶然起こった、あるいは、神様が起こしたという印象があるのではないかと思う。
例えば、正義のヒーローが、絶対勝てないと思える強い悪に立ち向かい、奇跡の勝利を得た場合、「奇跡が起こった」では、全くの偶然の勝利のように感じ、頑張った正義のヒーローに対し、失礼かもしれない。
だが、「奇跡が起きた」なら、正義のヒーローの頑張りがあってこそという意味合いが感じられるような気がする。
まあ、これも微妙なのだが。

まとめると、私見かもしれないが、
「奇跡が起きる」=「人と神の共同作業」
「奇跡が起こる」=「神の業」
と思えるのである。

1億円を当てたホームレスは、自分は何もせず、ただ「神様の奇跡が起こる」と唱えていたので、仏教でいう「絶対他力」であり、まさに、「神様の奇跡が起こる」が合う。
一方、『FREELY TOMORROW』の「奇跡は起きる」は、特にミクさんのような溌溂とした少女が歌っていると、人間も頑張っているのだと感じるし、歌全体を聴いてもそう感じるように思う。
口癖にする場合、完全に神にまかせるなら「神様の奇跡が起こる」「神様の奇跡」、神と自分とのパートナーシップを想う場合は「神様の奇跡が起きる」「奇跡は起きる」で良いかもしれない。

そういったこと(自分と神の協力関係)を感じる話がある。
ザ・ケルン・コンサートだ。
1975年にドイツのケルンで行われた、ジャズピアニスト、キース・ジャレットのピアノソロ演奏会である。
この時、ジャレットはスイスのチューリッヒから563キロを5時間かけて運転してきたばかりで、しかも、数日間の不眠もあって、体調は最悪だった。
さらに、演奏用に用意されていた、会場の広いオペラハウスに合わない小さなピアノは壊れていて、高音部と黒盤とペダルは使えなかった(手違いで正式のピアノが届かず、そこにあったこのピアノしかなかった)。
ジャレットはそのピアノを見て、いったんは演奏を断ったが、主催した少女の立場を思いやって気力を奮い起こした。
ジャレットは、この小さなピアノで大きな音を出すために、中腰で力強く鍵盤を叩かなければならなかった。
だが、演奏が始まると、すぐに、奇跡が起きていることが分かった。
この演奏の録音こそが、400万枚を売り上げた、最も成功したジャズのソロアルバムである。
偶然に奇跡が起こったのではないし、ジャレットが奇跡を起こした訳でもない。
ジャレットに神が味方して起こった奇跡・・・奇跡が起きたのである。
初音ミクさんが歌う『FREELY TOMORROW』にも、私はそんなことを感じる。
2011年8月20日、『FREELY TOMORROW』は、初音ミクさんのよく知られた静止画1枚だけの動画としてニコニコ動画に登場し、わずか20日と6時間ほどで100万回再生したのは、2017年7月にハチさん(米津玄師さん)の、「マジカルミライ2017」のテーマ曲として大いに宣伝されたアニメーション付の『砂の惑星』が記録更新するまでの約6年の間、最速記録だった。

『FREELY TOMORROW』はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスにより、著作権者により利用を許可されている。
FREELY TOMORROW (楽曲ファイルの無料入手もこちらから)

以下に、 Mitchie Mさんの最新アルバム『バーチャル・ポップスター』と、初音ミクさんがライブで『FREELY TOMORROW』を歌う『マジカルミライ2014』をご紹介しておく。











プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード