ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

七田眞

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

奴隷の目標を持つという喜劇

明確な目標をお持ちだろうか?
ほとんどの人は持っていない。
しかし、変な目標を持っている人は意外に多い。
歌手や女優になるとか、プロゴルファーになるとか(笑)。
なぜそうなるのかというと、そうなるようにさせられているからだ。
つまり、
「奴隷には明確な目標を持たせない」
「奴隷には妄想の目標を持たせる」
というのが、闇の支配者の奴隷管理マニュアルに書かれているからだ。

そんな訳で、闇の支配者の裏をかくというか、期待を裏切るためには、明確な目標を持てば良い。
ところが、これが凄く難しい。

ここでいつもご紹介する最高のアファーメーション「神様の奇跡が起こる」を教えてくれた、教育学博士の七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』の、その「神様の奇跡が起こる」のことを書いている直前に、「目標を紙に書く」ことについて書かれている。
成功者は「目標は紙に書けば叶う」ことを知っている。
私が知る範囲でも、トーマス・エジソン、ブルース・リー、マイケル・ジャクソンらは、はっきり目標を紙に書いていた。
七田氏の本によれば、「目標を持っている人は8パーセント」で、「目標を紙に書いている人は1パーセント」だ。
かつて、アメリカで、老人の調査をしたら、
・経済的に独立している=目標を持っていた=10パーセント
・経済的に余裕がある=目標を紙に書いていた=2パーセント
だったそうだ。

だから、目標は紙に書けば良いが、紙に書く目標がないというのが実際だ。
私は、こんな人だから(笑)、秘密の目標を打ち明けられることが多いが、例えば、25歳のそこそこ格好良い男性は目標は「芸能界デビュー」というが、現実的可能性がどうこうという前に、ただの妄想っぽい。
ところが、芸能人みたいなものになりたいという人は、40歳とか50歳を過ぎた人にも結構いる。
つまり、子供の時から精神年齢が発達していない。
今流行りの発達障害というよりは、闇の支配者の奴隷管理計画の中に、確かに、「一般庶民の精神を12歳までの状態に留める」というものがある。

一方で、「まともな奴隷の目標」を持った人は、これはもう本当に多い。
何の役にも立たない、そして、全く実力の証明にもならない何かの資格を取るとか。
自分が何をやりたいかは分からないのに、いい学校に入りたいとか、いい会社に就職したいとか(異常だ)。
ひどいのになると、どんなビジネスをやりたいのか具体的に分からないのに、自分の事務所を持つとか(阿呆だ)。
何をやりたいのか分からないのに、年収5千万円欲しいとか。
こういうのを、人間としてはまともではないが、奴隷としてはまともと言うのである。
つまり、大半の人は、「まともな奴隷」なのである。

私は昔、50万円以上する自己開発教材を買ったことがあるが、その内容の全てが、「目標を決める」方法だった。
そして、結局、私はそれを使っても目標が決まらなかった。
よほどしっかり奴隷根性が確立していたのだろう。
良い目標獲得技術を知りたい場合、スマホをお持ちなら、Amazonで『イット・ワークス』という180円の電子書籍を買えば良い。

ところで、目標を紙に書いて叶える実感を得たい場合、「VBAをマスターする」とか書いてはどうだろう?
よく、「いつまでに」の期限を書くことが大切だと書かれた本もあるが(実は、『イット・ワークス』でもだ)、マイケル・ジャクソンらは、そんなこと書いてなかったと思う。
期限を書くのは精神に負担があるので、目標自体を書かなくなる恐れがあるから、書きたくなければ書かなくていい。
また、書いた目標は毎日見ろと言う人もいれば、書いたら隠してしまえという人もいる。
しかし、これは、普通は頻繁に見た方が良い。
だが、とにかく肝心なことは、「明確な目標を持つ」ことである。
これを持っている者のことを「自由な人間」、持っていない者のこことを「奴隷」と言うのである。
くれぐれも、「奴隷の目標」を持たないように。
尚、アファーメーションを唱えていれば、目標が浮かぶか、導かれると思う。
「神様の奇跡が起こる」で、1憶円を2回当てた男も、目標に導かれた。
やはり、アファメーションは大事である。








私の唯一の仕事

フランスのエミール・クーエ(1857~1926)の自己暗示法は、現在にいたるまで、多くの著名な自己啓発の指導者達に活用されている。
クーエ自身は、正式に心理学や医学を修めた訳ではないらしいが、彼の診療所では、数多くの難病を奇跡のように、そして、多くは短時間で治した。
例えば、脚の障害で、自分で歩くことが出来ずに担ぎ込まれた者が、十分後には元気に走り回っていたという。
治療法は暗示だけである。
ところが、不思議なことに、言葉が分からない赤ん坊であっても、赤ん坊を抱く人が自己暗示を行うことで癒すことが出来たという。

クーエの自己暗示の言葉は、クーエ自身が作ったフランス語のものと、クーエが監修した英語のものがある。
日本語の訳としては、

毎日、あらゆる面で、私はますますよくなってゆく。
『自己暗示』(G.H.ブルックス/E.クーエ著、河野徹訳。法政大学出版局)

私は毎日あらゆる面でますますよくなってゆく。
『暗示で心と体を癒しなさい!』(エミール・クーエ著、林陽訳。かんき出版)

である。
ところで、上記のように「あらゆる」ことを対象にする自己暗示を、「一般暗示」と言う。
一方、脚が痛い時に、「脚の痛みが消える」とか、ダイエットしたい時に、「私は痩せる」といったように、個々のことを対象にする自己暗示を「特殊暗示」と言う。
特殊暗示は、一般暗示の中に含まれ、また、効果としても、一般暗示の方が高いことが確認されているようだ。
だから、実際のところ、特殊暗示は必要ではなく、一般暗示のみで良い。
また、自己暗示に対し、催眠術師によって暗示をかけてもらうような「他者暗示」もあるが、他者暗示といったところで、それを自己暗示として受け入れた時のみ有効なのであり、つまるところ、必要なのは、一般暗示である自己暗示である。

ところで、自分の必要なものは自分が一番知っているように思っているが、実は、そうではない場合が多い。
つまり、自分が本当は何を望んでいるのかが分からないのだ。
だが、全意識の5パーセントに過ぎないと言われる顕在意識には分からなくても、はるかに広大な潜在意識には分かっている。
一般暗示で「あらゆる面」と言った時、自分では気付かない必要や願いも、ちゃんと対象になるのである。
イエスが「神はあなたの必要なものをよく知っている」と言ったようなものである。

クーエは、自己暗示の言葉はリズムが大事だと考え、苦労して作ったようだ。
しかし、上記の日本語訳はどうかというと、あくまで主観だが、あまりリズムがあるとは思えない。
また、これもあくまで私にとってはだが、まず、これらの言葉は長過ぎると思う。
そこで私としては、いつもご紹介する、「神様の奇跡が起こる」と唱える方を選ぶのである。
(「神様の奇跡が起こる」は、教育学者、七田眞氏の『奇跡の超「右脳」開運法』にある、ホームレスの男が奇跡を起こした言葉)
これも偉大な一般暗示であると思う。
それでも長いと思う時は、ジョセフ・マーフィーの「単語法」と呼ばれる、「成功」とか「勝利」という言葉を唱えるだけでも良い。
こちらの方が好みに合い、楽しくやれる人も多いだろう。
また、これは一見、特殊暗示に属すると思われるが、「富」という言葉は、実際のところ、経済面だけでなく、健康、友愛などの面での豊かさを示唆するのではないかと思う。
それに、お金が全てではないが、多くの人間の第一の悩みはお金であると思う。
だから、「富」という言葉の単語法を好ましく思う人も多いと思われ、そんな人は「富」と唱えれば良い。
効果は、ジョセフ・マーフィーも保証している。

幸福になる方法が分からないなら、クーエの自己暗示を行うか、「神様の奇跡が起こる」、あるいは、「成功」「勝利」「富」などの言葉を唱えることをすぐに始めるのが良いと思う。
クーエは、夜、床についてからと、朝、目覚めた時に、20回ほど唱えることを薦めている。
ジョセフ・マーフィーは、単語法を、やはり、眠りながら唱えることも薦めているが、日中も定期的に、あるいは、いつでも唱えることも薦めている。
「神様の奇跡が起こる」で奇跡を起こしたホームレスは、1日中、1週間か2週間唱えることで奇跡が起こった。
私は、法然が念仏を、「常に」唱えるよう教えたように、常に唱えるのが良いと思う。
なぜなら、我々は、幼い頃から、マイナスの暗示を叩きこまれ、さらに、テレビ、新聞などのメディアからもマイナスの暗示になる言葉を、長年、浴びせられ続けている。
そして、頭の良い権力者達によって、我々に奴隷精神を叩き込むために、意図的に我々に聞かせたり見させたりするマイナスの言葉も多いに違いないのだ。
それに打ち勝ち、自分が本来持っている驚異の力を解放するためには、法然の念仏のように、「生活しながら唱える」のではなく「唱えながら生活する」ほどでなくてはならないと思う。
私に関して言えば、自己暗示やアファーメーションだけが仕事なのであり、それ以外は自動的に行われることであると見なしている。








どんな世の中になっても安心な武器

世界は、心が作り出したホログラム(三次元映像)のようなものであることは確かだろう。
それならば、心のパターンを変えれば世界は変わるのであり、それを意図的に起こす方法が、「引き寄せ」と呼ばれているものである。
引き寄せの手法は世の中に沢山あり、世界的に有名なものだけでも十種類以上ある。
それらは、書籍の形で伝えられているが、古いものでは「引き寄せ」という呼称を用いず、「潜在意識による成功法則」とか、単純に、「成功法」「願望達成術」「成功哲学」「幸せになる方法」などと言っている。
だが、いずれにしろ、普通の人が使えるのは、ごく単純なアファーメーション(肯定的断言)か、「単語法」と呼ばれる、肯定的な単語を繰り返し唱えることだけである。
単純なアファーメーションとは、例えば、「私は健康だ」「私は豊かだ」「私は人気作家だ」などで、肯定的な言葉では、例えば、「成功」「富」「勝利」その他が用いられる。
なぜ、この2つの方法でしかうまくいかないのかというと、心のパターンを変えるには、非常に多くの数が必要だからだ。
つまり、継続が必要であるが、普通の人は、簡単なことでないと続けられない。
特別な方法で、短い時間で心のパターンを変える方法もあるとは思うが、失敗する場合が圧倒的に多いし、心に歪みも起こす危険がある。
また、短いアファーメーションではなく、優れた文章を繰り返し聞き、心のパターンを変える方法もある(高価な成功プログラムに多い)が、それは不自然な洗脳であり、必ず問題を起こすと私は思う。

元々が、私が念頭に置いている人というのが、例えば引きこもり等の社会不適合者かそれに近い人達であるが、特に、そんな人達は、単純なアファーメーションか単語法以外はうまくいかないと私は考える。
ところで、これらの方法を使っても、うまくいかない問題はある。
3歳までの幼い時に、繰り返し送り込まれた言葉によるものだ。
例えば、幼い時に、「お前は腕力がない」と何度も言われたら、いくら鍛えても、なぜか腕力が強くならないといったものである。
遺伝的病気も、治すことは不可能ではないかもしれないが、難しいことがある(遺伝子情報の変化も確認されているが、時間がかかる)。
だが、これらに関しても、単純なアファーメーションや単語法が効いた事例は少なくない。
そして、改善が難しい部分はあっても、その他を変えれば大きな報いがあるはずである。

単純なアファーメーションは、「口癖」「つぶやき」「呪文」「自己暗示」などと呼ばれる場合が多い。
効果が高い言葉には、「大丈夫」「絶好調」「うまくいく」「なんとかなる」「良くなる」などがある。
「心配するな」「問題ない」など、否定語を含むものは駄目だと言う説もあるが、さあ、どうだろう。
それなら、「安心」「解決した」などと言っても良いだろう。

アメリカ合衆国の公式標語は「In God We Trust(我々は神を信じる)」で、州議会の入り口など、公的な場所のドアの上などに、金色の大きな文字で書かれているのを見たこともあると思う。
アメリカの昔の賢い人が作った最高のアファーメーションで、これがあったから、アメリカは世界最強の国家になったが、今のアメリカ人は忘れている人が多く、アメリカもすっかりおかしな国になったように思える。
私が思い出す有名なアファーメーションには、合氣道家の藤平光一氏の「私は信念が強くなる」というものがある。
私が一番好きなアファーメーションはやはり、「神様の奇跡が起こる」で、教育学者の七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』には、この言葉を1日中唱え、宝くじで1憶円を2回当てたホームレスの話があり、著名な著者は、それを「まぎれもない事実」と保証している。
単語法(これも一種のアファーメーションであるが)では、潜在意識の法則の世界的指導者ジョセフ・マーフィー博士の本では、「成功」「富」「富、成功」「歓喜、成功、富」という言葉がよく紹介されている。

生活しながらアファーメーションをするのではなく、アファーメーションをしながら生活するほどでなくてはうまくいかないかもしれない。
実際は、なかなかそうはいかないが、そんな心構えが必要だと思う。
だが、この武器を持ち、使うなら、世の中がどう変わろうが、安心である。








いかなるピンチでも安心になる3つの話

精神科学の研究によれば、いかなる危機も乗り越える人間は、「大丈夫」などの肯定的な言葉を頭の中でつぶやく習性があるらしい。
では、自分もずっと、頭の中で「大丈夫」とつぶやけば良いかというと、そうであえるとも言えるが、それがなかなか続かないのも確かだ。
しかし、どんな時でも大丈夫だと思える根拠を持っておくと良い。
そうすれば、いかなるピンチでも「大丈夫」と思え、実際に大丈夫になる。
実は、私は、3つ、そんな根拠を持っている。
それらを紹介しよう。

1つは、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠のエピソードだ。
黒住宗忠は、イエス・キリストと同等とも思える力を持っていた。
その宗忠は、ハンセン氏病(らい病)という恐ろしい感染症に罹った武士に、1日1万回、「ありがたい」と唱えるよう指示し、武士がそれを忠実に実行したところ、7日目に熱が出て嘔吐して倒れ、そのまま眠り込んだが、目が覚めたら治っていた。
※『いのちの教え』(山田敏雄著。テーミス)148ページ

次は、武道家、林悦道氏が、以前の仕事(土木工事)の親方から聞いた話である。
親方は、第二次世界大戦後期、海軍に入隊し、船に乗っていたが、5回、船を米軍に撃沈させられた。
まず、米軍戦闘機の銃撃や米軍艦の魚雷の爆発で、船員のかなりが死んでしまう。
船が沈みかけると、材木のロープを切って、漂流する時に掴まるための材木を海に投げ込む。
そして海に飛び込み、泳いで早く船から離れないと、沈む船の渦巻きに巻き込まれる。
無事、船から離れたら、材木に掴まるが、敵の戦闘機は容赦なく襲ってきて、ほとんどが撃ち殺される。
なんとか、材木の下に隠れてやり過ごしても、そこから、厳しい漂流が始まる。
死んだ船員の血の匂いで鮫が集まってくるので、鮫が近付いてきたら、材木の上に手足を引っ込めて食いつかれないようにしなければならない。
そして、一夜明けると、親方以外は皆、死んでいた。
精神的に耐えられなくなるのだ。
だが、親方は違ったし、しかも、救助されて生き延びた。
それも、5回も。
その秘訣は、親方が、ただ1つのことを考えたからだ。
酒が大好きな親方は、早く岡に上がって酒を飲むことだけを考えたのである。
喉の渇きが酷くなると、妄想が起こり、酒をあおる様子が現実のように見えることもあったそうだ。
そんな親方に、もうダメだという考えは全く浮かばなかった。
ピンチの時は、好きなことを考えるに限るということだろう。
※『誰でも勝てる!完全「ケンカ」マニュアル』(林悦道著。東邦出版)152ページ

最後は、よく取り上げる、ホームレスの男性の話だ。
そのホームレスの男は、朝から晩まで、「神様の奇跡が起こる」と唱えていた。
すると、1週間か2週間たつと、頭に数字が浮かんだので、それでロト6を買うと、1憶円が当たった。
それからも、「神様の奇跡が起こる」と唱えることを続けていたら、また1憶円が当たった。
世界的な教育学者(教育学博士)であある七田眞氏が「正真正銘の実話」という話である。
※『奇跡の超「右脳」開運術』(七田眞著。三笠書房)99ページ

この3つの話の1つでも知っていれば、何があっても大丈夫であることが分かると思う。






バカが勝つ

政治家でも、スポーツ選手でも、プログラマーでも、セールスマンでも、ミュージシャンでも、どんな職業でも、抜きん出た人がいる。
そんな抜きん出た人というのは、特別な才能があるとか、環境に恵まれていたとか、あるいは、運が良かったとか、いろいろ考えられると思う。
しかし、抜きん出た一番の要因は、時間をかけたことだ。
政治家であれば、趣味や、家族との対話や、レジャーや、グルメ等に使う時間を少なくし、より多くの時間を政治活動に注ぎ込んだのだ。
だが、もう一段、高い観点で言えば、仕事について、長い時間、考え続けたのだ。
この、「考え続けた」は、理屈や言葉で考えることも、もちろん含まれるが、とにかく、意識を向け続けたのだ。
いつでも、そのことが「心にあった」「頭から離れなかった」「心の目で見つめ続けた」ということだと思う。
「方時も忘れなかった」という言い方がぴったりするかもしれない。

なぜこんなに、心や思考や意識についてしつこく述べるかというと、やはり、心(あるいは精神)には力があるからだ。
いや、心や精神以外に力はないと言えるかもしれない。
つまり、世界そのものが、心・精神が作り出したものなのである。
だから、考え続けた者が勝つのは当たり前なのだ。

具体的な日常レベルの話になると、抜きん出る人は、雑談をしない。
雑談は時間がかかるので、雑談好きな人は、大切なことを考える時間が少なくなってしまうのだ。
私は、本で読んだ、こんな話をよく憶えている。
有名なプロレスラーだったジャイアント馬場さんが、アメリカにいた若い時のことだ。
プロレスラー達は、大勢で一緒に電車等で移動することが多かった。
電車の中で、多くのレスラー達は、雑談したり、ゲームをしたりする。
ところで、馬場さんには、バディ・ロジャースという憧れのレスラーがいて、一緒に移動する時は、ロジャースをじっと見ていたそうだ。
ロジャースは、トップレスラーで、人気は一番、世界チャンピオンでもあったが、何よりも、客を呼べるレスラーで、特に、女性客の集客力が凄かったらしい。
ロジャースが出れば客が入るとなれば、プロモーターからは大事にされ、当然、ギャラも物凄く高かった。
そして、プロなんだから、仲間のレスラーからも敬われていたし、実際、素晴らしいレスラーなので、馬場さんのように、憧れる者も多い。
そのロジャースは、雑談もゲームもしなかった。
馬場さんには、ロジャースが1人で、ずっと考えているように見えた。
試合やコスチュームのこと、どんな登場の仕方をすれば受けるか等、いろいろ考えていたのだろうが、とにかく、心を向け続けたのだ。
そこが、他のレスラーとの違いだ。
ある意味、プロレスしか分からない「プロレスバカ」だったのだろう。

それで言えば、やはり、抜きん出る人は皆、「〇〇バカ」なのだ。
イチローは間違いなく野球バカだったはずだし、エジソンは電気機器バカだった。
勝手なことを言えば、私は、浅田真央さんより、キム・ヨナさんの方がフィギュアスケートバカだったから、金メダルが取れたのだと思う。
そして、練習や実験の時間が長いというのは結果で、根本的には、心を向ける時間の差だと思える。
私も、セールスコンテストで優勝したとか、周囲のプログラマーやシステムエンジニアよりマシだった時には、セールスしてたとか、プログラミングしてたというよりは、セールスのことやプログラミングのことを思い続けていた時間が長かったのだ。
極端に言えば、実際に何をするかはどうでも良いのかもしれない。
あくまで、心が世界を作るのであるからだ。
実際、達人になると、何もしなくなるらしい。
『名人伝』においては、天下一の弓の名人は、名人になる過程で弓を射ず、名人になってからは弓を取らず、遂には、弓を見て「これは何だ?」と言う。
名人は、弓よりも上位のことに精神を向け続けていたのだろう。

で、何度も取り上げるが、教育学者の七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』の中で、ホームレスの男性が、1日中「神様の奇跡が起こる」と唱えて、宝くじで1憶円を2回当てたのも、この男が、ずっと神様の奇跡に意識を向け続けた結果であると思う。
彼には、他にやることも、雑談する仲間もいなかったので、本当に1日中、唱え続けた。
ある意味、バカであるが、奇跡を起こせるのはバカだけなのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード