ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ロス・ペロー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人間は見かけが全て

人間は見た目が全てである。
いや、これは私の信念と言うのではなく、何となく、そう感じていたのだが、改めて自問するなら、おそらく正しいと思ったことだ。
「全て」では言い過ぎとすれば、99.9999%と言って良いかもしれない(笑)。
人は見かけが全て・・・否定する人も多いだろうが、否定する人ほど、内心では肯定しているものだと思う。

「私は、あなたにオーナーになって欲しい」
「嫌よ。私にオーナーになって欲しければ、可愛くなって出直しなさい」
これは、アニメの『BEATLESS』で、アンドロイドのサトゥルヌスと、17歳の富豪エリカ・バロウズの会話であるが、エリカを非難する気にはなれないのである。
小説の方では、確か、エリカもサトゥルヌスを「磨けば少しはマシに」と思ったのだったような気がする。
そもそも、アラトがレイシアのオーナーになったのだって、レイシアがきれいだったからだし、アラトがレイシアを信じたのも、可愛い女の子を疑うのは格好悪いと思ったからだと、小説の方にはちゃんと書いてある。

人は見かけは全てということに対する反論は、主に、美醜のほとんどは生まれつきのものであるという事実に基くのだろう。
また、不幸にして、事故や病気で美しさを失う人もいる。
そして、自分が醜いと認めつつ大成功した、テキサスの大富豪ロス・ペローのような人もいる。
いや、ペローは十分美しい。主に、服とか、家とか、所有する自動車とか、それと特に家具が(笑)。
いや、彼は、若い時より、歳を取ってから、偏差値的に随分良くなったと思う。
だが、彼は全力を尽くしながらも大統領になれなかった。
そのあたりは、トランプのようでなければ駄目だったのだ。
ヒラリーの敗因は、単純に美しくなかったからだ。元は美人だったかもしれないが、年齢と心の醜さが勝ってしまった。
そもそも、あまりに心が美しいと大統領・・・と言うか、高位の政治家にはなれないが、少しはマシでなければならないのだ。

聞くところによると、北島三郎さんは若い時、実力はあるのに顔が悪いから、なかなか歌手になれなかったという話があるが、実際、あれ以上悪かったら、本当に歌手になれなかった。
そして、彼だって、歌を磨くと共に、容姿も磨いたはずなのだ。

自分が死んだ後、どんな人だったと言われたいか?
本音で言えば、「きれいな人だった」だろう。

今は、若くない女性でも、容姿を磨いている人が多い。
主に、経済的に余裕のある人だろうがね。
でも、後ろから見れば、若い女性のようだが、前に回るとゲンメツしてしまうことが多い。
運動してないので、顔が引き締まっていないのだし、歳を取れば、心が顔に現れてしまうものだ。
そして、特に男に多く、また特に、中年過ぎの人に多いが、生まれつきも大したことはないにしても、怠惰のせいで、あまりに醜い人が少なくない。
そんな者は、世界を悪いものにしているのである。
人間、少々歳を取っても、毎日鍛えていれば、それなりに美しくいられる。
加えて、心を磨けば、本当に美しくなる。
『レ・ミゼラブル』に登場する、敬愛すべきミリエル司教の10歳下の妹、バティスティーヌ嬢は若い時ですら美しくなかったが、歳を取ると不思議な美しさをまとったのは心が高貴になったからである。

本宮ひろ志さんの『俺の空』という漫画で、主人公の安田一平が、女子少年院で、収監されている女子学生達に、「心の美しい女になれ」みたいなことを言った時、野蛮な番長格の、実に醜い女に、
「生まれつき醜い者はどうするんだ?お前はアタシと結婚出来るか?お前が結婚してくれるなら、アタシだって心の綺麗な女になってやる」
と言われ、敗北を認めてうな垂れるといった場面があった。
しかし、あの女番長だって、トレーニングし、心を磨けば、見違えるほど美しくなれる。怠惰と欲望のため、それをしなかったのが悪かっただけだ。
そりゃ、彼女も、子供の時、可愛い子と比べられて屈辱と悲しみを味わったに違いないが、人間の意志や努力の力を舐めてはいけないのである。

そんな訳で、建前は捨て、美しくなるために、身体を鍛え、心を磨くことを始めよう。
そうすれば、個々の人生も、そして、世界も良いものになる。
昔、ブリジストンのCMでショーン・コネリーが言っていたものだ。
「美しいか、美しくないか、それが行動の基準だ」
行動じゃない。見かけだ。彼だって、禿げてからも美しかったし、禿げてから一層良くなったという声も少なくない。
だが、美しい行動は心と身体を磨き、見かけを美しくするのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

選挙は顔で決めて良い

来月(2016年11月)8日は、アメリカ大統領選挙の投票日らしいが、私は、トランプ氏とクリントン氏なら、一貫してトランプ氏支持だった。
8年前の、オバマ氏とクリントン氏では、オバマ氏支持だった・・・というより、オバマ氏が躍進してくる前から、クリントン氏を大統領にしてはいけないと思っていた。
早い話が、私はクリントン氏否定派で、クリントン氏でなければ、一応、誰でも良い。
では、クリントン氏の何が悪いのかというと、顔が悪い。
もちろん、美醜の話ではない。
あれは邪悪な顔だ。

人間、顔で全て分かるのである。
経営者らの顔写真を集め、これらの経営者らを知らない人達に、その顔写真だけで、儲かっている経営者か、そうでないかを推測させたら、大抵当るものらしい。
また、学生が会話している無音のビデオを1分見たら、その学生の、IQや人間性が、誰でもほとんど正確に分かってしまうという。
これらは、アメリカでは、かなり実験されているようだ。
実験するまでもなく、その通りだと思う。

トランプ氏の顔は「ごんたくれ」の顔だし、以前、ロス・ペロー氏が言っていたように、目立ちたがり屋(自己顕示欲が強い)で、支配欲も強いのだろうが、そうでないと、資本主義社会の中で経営で成功しない。
だが、私は、トランプ氏は好きでないまでも、嫌悪感をあまり感じないが、クリントン氏は一目見たら、胸が悪くなる。
一応は個人的感覚だが、クリントン氏の顔は、やはり邪悪である。

邪悪は英語でevilだが、面白いことに、ひっくり返すと、live(生きる)になる。
生演奏のことをライブ(live)と言うが、それはまさに、生の、つまり、生きた演奏だ。
また、音の響きが良いことをライブと言い、その反対に響きの悪い場所をデッド(dead=死んだ)と言う。
トランプ氏は70歳だが、本当に、殺しても死なない生命力を感じる。
一方、クリントン氏は生命を止める者の雰囲気がある。私はそう感じる。
だから、私はクリントン氏が嫌いなのだ。
笑った顔、正義を主張する時の顔が、クリントン氏ほど不自然な人は、そうはいないと思うのだが。
クリントン氏の顔は、著書の顔写真1つ見ても、いつもゾっとする。

初音ミクさんのライブは、本当に生命力を感じる。
生きていないはずのミクさんなのに、どう見ても生きている。
先月の「マジカルミライ2016」で、私は、「ヒビカセ」という歌にハマってしまった。
ヒビカセ・・・響き・・・これこそが、ライブ(生命)なのである。

私は、クリントン氏が嫌いという視点でなく、「駄目だ」と思ったことがある。
それは、トランプ氏が「アメリカを再び偉大な国にする」と言ったことを受け、クリントン氏が「アメリカは今も偉大なのです」と言ったことだ。
クリントン氏がそう言った時の、極端に不自然な、わざとらしい芝居がかった顔はゾっとしたが、そもそも、本当にそう思っているとしたら、クリントン氏はIQが低い。
今のアメリカも日本も、前の世代の勤勉さの残りカスで持っているのである。
このままでいくと、やがて中国に抜かれるのが当然と見なされている今のアメリカが偉大だと思っているなら、やっぱりクリントン氏は馬鹿なのである。
あの発言で、クリントン氏は、自ら、「私は馬鹿」と言ったようなものだ。
まあ、トランプ氏の方法論には問題もあるだろうが、少なくとも、トランプ氏は「現状認識が出来るだけのIQ」は持っているのである。

もう1つ、私がトランプ氏に見所があると思う理由がある。
それは、やはり大統領選に出馬したことがあるテキサスの富豪ロス・ペロー氏が、スティーブ・ジョブズ氏は好きで支援したが、トランプ氏が大嫌いだったことである。
ロス・ペロー氏もまた、生命力を感じさせず、温和ではあるが、どこか邪悪である。
そのペロー氏に、好かれるよりは嫌われる方がマシである。
ジョブズ氏が陰を引きずって生きていたことは否定出来ない。ペロー氏は、その陰に惹かれていたのではあるまいかと思う(その点では、私も同じなのだが)。

ちなみに、日本にとっては、一時的には、クリントン氏の方が都合が良いような気がする。
しかし、日本も世界の一部であり、世界が平和でない限り、日本も平和ではない。そんな時代である。
そして、選挙は顔で決めて良い。
ちなみに、私の顔も邪悪である。
サイコパスなのだから仕方ないが、トランプ氏もクリントン氏も見るからにサイコパスだし、まあ、みんなどこかサイコパスなのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ