ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

レンズマン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

世界を動かす者の日常

1994年の人気テレビドラマ『この世の果て』(主題歌は尾崎豊『OH MY LITTLE GIRL』)を、私はたまに見ていたのだと思うが、最終回のある場面をよく覚えている。
天才ピアニストだったが、ピアノを弾けなくなった高村士郎は、ロクな就職も出来ない駄目男になった。営業マン、警備員、何をやっても務まらず、すぐに辞めざるを得なくなる。
その士郎が、ある画廊に、就職の面接に行く。
画廊の女主人は、絵のことを何も知らない士郎が、ここで働くには全く不適格だと言いつつ、就職希望者全員に行うテストはしてあげようと言う。
女主人は士郎に、2枚の絵を見せ、問う。
「どちらが優れた絵ですか?」
士郎は無言で、即座に、一方の絵の方向を指差す。
女主人は笑う。そして、士郎が選んだのと反対の絵を示し、
「これは有名な画伯が描いた、数千万円の価値のあるもの」
と言い、士郎が選んだ絵は、
「一介の画学生が描いたに過ぎない」
と言う。
だが、士郎は静かに微笑み、そして、そこで働くことになる。
士郎が選んだ絵は、女主人が若い時、交通事故で死んだ恋人が描いたものだった。
その絵は、女主人にとって、値のつけられない大切な絵だったのだ。
士郎が、何かを感じて、その絵を選んだのか、あるいは、全く分からず、どうでも良いという気持ちで選んだのかは分からない。
私は、今思うと、どちらかとうと、後者であると思う。
士郎には、何の意図もなかったと思うのだ。
つまり、無であった。
初音ミクさんのようなものだ。それを選ばずにいられるだろうか?

1937年から始まる、E.E.スミスのSF小説『レンズマン』シリーズで、地球で最も優れた男キニスンは、宇宙で最も精神を進化させたアリシア人の訓練を受けた時、アリシア人と対抗することは、「ハエが宇宙船を止めようとするようなもの」(実際は違う表現だったが、私はこう覚えてしまった)と思う。
だが、無になれば、宇宙船でも流星でも止められる。
そして、『まちカドまぞく』で、走っているダンプを片手で止める魔法少女の桃が、お腹が空いている優子に自分の菓子パンをあげたように、流星を止める者は、ゴミ出しの日に、出して良いゴミをちゃんとした袋に入れて出すのだ。
ほんの少しの思考力を使えば出来る、当たり前のことをし、後は何も考えない者が世界を動かすようだ。











宇宙最強の生物の教え

気が出れば、流れに乗って泳ぐごとく、何事もうまくいくし、運にも恵まれる。
では、気とは何で、それをどうやって出すかとなると、個人的な閃きに頼ることになる。
そのために、本を読んだり、いろんなことをやってみて、知識や経験ではなく、閃きを求めるのである。

E.E.スミスの有名なSF小説『レンズマン』シリーズで、最強の宇宙生命体アリシア星人が、こんなことを言う。
「石ころ1つにでも、何万年も集中すれば神のようになる」
根本的な原理はこれしかあるまい。
つまり、長期間に渡る集中であるが、その集中は自然に起こらねばならず、そのためには、長期間に渡って、同じことを真面目に繰り返すしかない。
だから、世間レベルで言うなら、どんなことでも、10年、真面目に取り組めば、気が出て必ず成功するのである。

それを私が確信したのは、AI研究者として名高いピーター・ノーヴィグが、「プログラミングをマスターするには10年かかる」と言ったことからだ。
Teach Yourself Programming in Ten Years
私も同感だ。
もちろん、下手でもそこそこ役に立つプログラムなら3年程度で書けるようになる。
会社でちょっと良い給料を得るためなら、早い人で3ヶ月で何とかなるかもしれない。
しかし、本当にちゃんと出来るようになるには、やはり10年かかる。
ピーター・ノーヴィクのように、極端に頭が良い人でもそうだし、IQが極めて高いビル・ゲイツも、やはりそのくらいかかったはずなのだ。
そして、それは、どんなことでも同じと思う。

とはいえ、気を出すだけなら、何かに集中する訓練をすれば、1ヶ月もあれば、力と安定性には欠けるが、なんとか気を出せ、ちょっとしたことで役にも立つ。
例えば、念仏を毎日1時間唱えることを1ヶ月休みなく続ければ、その者を気が包んでいるのを、誰でも何となく感じる。
腕振り運動を毎日千回やるのも良い方法と思う。
そして、その程度のことでも、ささやかなことなら、不思議とうまくいってしまう。
だが、そんなことで満足せず、恒久的で安定した力を得るには、長期に渡って継続することが必要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

金持ちになる呪文とそれを唱える意外な秘訣

『ヒマラヤ聖者の生活探求』という本の中に、ある古い廟(びょう。寺院のこと)のお話がある。
建てられてから数千年も経っているのに、建てられたばかりのようであるという。
どこかが壊れてしまっても、勝手に元通りになってしまうのだそうだ。
この廟の中では、「生命、愛、調和」という言葉しか使われない。
「生命」には「愛」と「調和」も含むので、本来は、1つでも良いのではと思うが、いろんな意味で・・・例えば、人間には、それぞれ性向があるので、同じでありながら、ちょっと表現が違う言葉を用意した方が良い・・・とかいうこともあるだろう。

イエスも言ったように、肉体は神の住む神殿(神殿も廟と言う)である。
生命とか、愛という言葉を、頭の中で常につぶやけば、肉体に関しても、無限の平癒の力が働く。
また、常日頃、「不死身」という言葉を頭の中でつぶやき続け、何度も至近距離から発砲されたにも関わらず怪我1つしなかった刑事もいたらしい。
「永遠」「無限」も、「不死身」を意味するので、好みによれば、こちらを用いれば良い。
そして、最大の効果をもたらすポイントは、やはり、「1つの言葉を」「感情を込めず淡々と」繰り返すことである。

政木和三さんと一緒に食事をしていた時、政木さんは、「私はお金なんてちっとも欲しくないのですが」と前置きした後、「入ってくるものは仕方がないです」と言われた。
当時、政木さんは1年に1億円ほど納税していたらしい。
「入ってくるものは仕方がない」
これは、感情を込めずに淡々とつぶやくことが出来るうまい言い方である。
そして、近くにいる奥さんにはばかりながら、「私は女なんてどうでも良いのですが」と断りつつ、「来るものは仕方ないですね」と、珍しく笑いながら言われた(滅多に笑わない人だった)。
なるほど、モテたければ、「好かれるものは仕方がない」とでもつぶやけば良いのだろう。
普段は、「大丈夫」「絶好調」といった言葉を常に心でつぶやきながら、パートタイムで「好かれるものは仕方がない」とつぶやくのはありで、そんな臨時の言葉が即効を持つかどうかは、やはり、普段、「たった1つの言葉」をきちんと唱えているかどうかにかかっている。
たとえば、格好良くなりたければ、1日3回「なんて格好いいんだ」とつぶやければ良い。
この言葉は、E.E.スミスの、1937年から始まったSFであるレンズマン・シリーズの2作目、1939年の『グレー・レンズマン』で、グレー・レンズマンに昇格したキニスンが、鏡に映った、初めてグレー・レンズマンの制服を着た自分を見た時に、思わず言った言葉だ。
優れた小説は、アファーメーションの宝庫である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最も進化した宇宙人の言葉

E.E.スミスの世界的なSF小説である『レンズマン』シリーズで、宇宙で最も精神的に進化したアリシア人が、正確には覚えていないが、「石ころ1つにでも、何千年も意識を集中すれば至高の領域に達する」と述べていたのが印象的だ。
実際には、このような言葉でなかっただろうが、私の直観は、この通りだと感じているのである。
ただし、だからといって、本当に石ころに、毎日集中する修行をしなければならない訳ではない。
アリシア人が本当に存在しても、きっとそんなことはしなかっただろうし、釈迦もイエスもやっていない。

我々の無意識は何千年も前から存在し、何千年も後にも存在する。
正確には、無限の過去や無限の未来に存在する。
しかし、本当のことを言えば、無意識には時間がないのだ。
無意識に対し、意識とは時空の囲いみたいなもので、今、ここにあることしか分からない。
インターネットの向うにあることだって、今、ここにある映像として認識するだけなのだ。
その意識をどんどん希薄にしていくと、時空の囲いが壊れていき、意識は、無意識の中にどんどん広がっていく。
そうすれば、時間や空間の制約も少なくなっていく。

そこらにある石ころだって、何百年、何千年と、だいたい同じような形だったのだし、これから何百年、何千年と、同じような状態であり続ける。
何千万年、何億年も昔や未来では、かなり様態が違うとしても、やはり、何らかの物質として存在したし、また、存在し続ける。
意識が希薄になれば、石ころを見ると、そんなことが感じられるのである。
目の前の石ころが、目に見えている石ころでなくなれば、我々はもう、これまで普通に考えていた意味での人間ではないのだ。

呼吸をひたすら微かにしていけば、意識は無意識の中にどこまでも広がっていき、3次元世界は消えてしまうが、それが本当の世界なのである。
世界が何で織り成されているかが分かるし、世界の根本原因も分かる。
古代の聖者もそんなことを言ったかもしれないが、彼らは、別にそれを、もったいぶった言葉で、重々しく言ったのではなく、気楽に、当たり前のこととして言ったのだ。
ただ、それを聞いた者が、ひどく感激してしまって、言葉を飾り、その後の人達が、さらに難しい言葉で権威を持たせ、実質は完全に失われてしまったのだ。
それで、誰にも理解し難いことになってしまった。
しかし、実際は、呼吸を微かにしていけば、誰にでも分かることだ。

呼吸を微かにし、時空を超えた精神になってしまえば、色々面白いことがあるだろう。
最初のうちは、意識が戻った時に何も覚えていないが、夢を見ていたような印象は残る。
しかし、たゆまず呼吸を微かにすれば、やがて覚えていられるようになる。
時空と、その中の物質の支配の方法も分かるようになるだろう。
アリシア人が言ったのは、そんな簡単なことであると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分を格好良いと思えなくて元気が出るはずがない

格好良いということを馬鹿にしてはいけないし、軽んじてもならない。
自分が格好良いと思えなくて、元気が出るだろうか?
人間は格好良くなくてはならない。
ただし、世間の格好良さの基準などはどうでも良いのだ。
格好良さにも色々ある。
姿の格好良さ。
能力の格好良さ。
言葉の格好良さ。
生き方の格好良さ。

E.E.スミスのSF小説『レンズマン』シリーズのヒーローであるキニスンは、大冒険の後、人類的なヒーローであるグレーレンズマンに昇格し、グレーレンズマンのみが着用を許されるグレーの制服を着た自分の姿を鏡に映した時に思った。
「なんて格好いいんだ!」
あなたもこうでなければならない。
心配しなくても、あなたにも同様な格好良さがある。
世間や他人ではなく、自分が心から格好良いと思うものになれば良い。
以前も書いたが、そのためには、一時期は孤独である必要がある。
格好良さを磨くのは孤独だからだ。
格好良さは、思い込み、自己満足だ。
それで良いのである。
だが、本気で思い込み、自己満足すれば、その人は気を発し、誰が見ても、どう見ても格好良い。
孤独の中で、強烈な思い込みを創り上げて欲しい。
新しい格好良さの定義を、これまで自分が、そして、世間が持っていた、つまらない格好良いの基準と取り替えてしまうのだ。
世間の格好良さのルールなど、その気になれば、あなたが書き換えられるのである。
自分を「何て格好良いんだ」と思うことが、勇気、元気の源であり、そこから無尽蔵のエネルギーを引き出せるであろう。
まずは、理想的な人間として振舞うことから始めても良い。
以下にご紹介する本が、格好良さのヒントを与えてくれると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
IT学習










  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
QRコード
QRコード