ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

レイ・カーツワイル

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

人間であることを忘れると神になる

無神論にも、いろんな考え方があるが、私は、無神論者と言えば、物理学者のスティーヴン・ホーキングと、発明家のレイ・カーツワイルを思い浮かべる。
ただ、彼らに共通するのは、「人間がいつか神になる」だと思う。
ホーキングは、今はまだ科学が未熟で、人間に分からないことが沢山あるが、いずれ、全てが分かるようになると言う。その時に、人間は神になったと言える。
カーツワイルは、はっきりと「神はいないが、いずれ誕生する」と言い、やがて誕生する神は人間とテクノロジーの融合体だ。つまり、今はテクノロジーが未熟で、出来ないことが沢山あるが、いずれ、発達したテクノロジーは全てを可能にする。人類は、銀河を越え宇宙を征服する。そんな人類が神なのである・・・というわけだ。

だが、人間に、それほどの可能性があるなら、人間の中には神がいると考えた方が良い。
テクノロジーの未来を、驚くほど正確に予言してきたカーツワイルは、2045年頃にAI(人工知能)の知的能力は人間を超えると言うが、人間の脳が今の形になったのは20万年前だ。
その、未来の超科学がようやく到達する人間の脳は、どうやって出来たのだろう。
カーツワイルの言い分では、偶然に出来たことになってしまう。
それを可能にしたのは、生物の遺伝子情報システムであるが、人間にとっては神秘としか言えないほど高度な遺伝子情報システムも偶然に出来たことになってしまう。

アナログ式腕時計を完全に分解して、全ての部品をプールの中にばら撒き、プールに水流を起こすと、偶然に時計が元通りに組み上げられることも、確率は極めて低いながらゼロではないと言う。
かといって、そんなことが実際に起こったりはしない。
あるいは、猿が紙に無造作にインクを付けていたら、大文学や百科事典が偶然に出来上がる可能性もゼロではないかもしれないが、実際には、そんなことは起こらない。
脳や遺伝子情報システムが偶然に出来たというのも、それらと同じことである。

それなら、宇宙誕生以前から神が存在していたと考える方が自然である。
(まあ、その神が偶然に出来たとまで言うなら、もう何も言うことはないが)
けれども、カーツワイルの「人間がいずれ神になる」という考察は的外れではない。
だが、実際は、人間は既に神であるが、神でないように考えたり、振る舞ったりしているだけだ。
なぜ、そんなこと(神でないように振舞う)をするのかというと、それには諸説あるが、そこは今は考えないことにする。
とにかく、人間は元から神なのである。
そして、おかしなこと・・・と言って良いのかは分からないが、「自分が人間であることを忘れた時に、神の能力の一端を見せる」のである。
例えば、我を忘れた時に、物理的に発揮出来るはずがない力を発揮したり、祈りに集中し切って忘我の状態になった時(法悦の状態と言う)に奇跡を起こすことがある。
これらは、やはり、自分が人間であることを忘れた時に、内にいる神の力がわずかかもしれないが発現したのである。

そういうわけで、人間を超えた、神の領域の力を発揮するには、人間であることを忘れないといけない(変な言い方だが)。
そして、それは難しいこととは思えない。
例えば、自分が病気だとして、自分が病人であることを忘れるにはどうすれば良いだろう?
それは、何かに意識を集中しさえすれば良い。
そして、ずっと何かに集中し、病気であるという意識を持つ暇を無くすと、実際に、病気が治ってしまうことがある。
おそらく、本当に、意識を病気とは別のものに完全に持っていくことが出来れば、病気は治ってしまうのだと思う。
そして、病気を作ったのも、内なる神なのである。
さらに言えば、全ては内なる神が作っているし、起こしている。
説明を抜きに言えば、自分が人間であることを忘れる(これを解脱ということがある)には、「私は在る」と心で唱えるだけで良い。
なぜそうなるのかは、本1冊でも、とてもではないが語れないが、やれば分かることである。
「私」とか「神」と唱えても、同じく「私」は消え去る。「私」が消え去ることを仏教では「自己を忘れる」と言うらしいが、言い方はどうでも良い。
仏教では、自己を忘れるために、坐禅を組んだり、念仏を唱えたりするが、坐禅を組んでいる自分や、念仏を上げている自分に集中してしまって、かえって自意識を強くしてしまう・・・つまり、自己を忘れることから、より遠のいてしまう。
だから、「私は在る」と、心の中で、ゆっくり、丁寧に唱えるのが良いのである。








宇宙は誰のものか

昔、ある漫画で、こんな場面があったことを、妙に印象深く憶えている。
主人公の格好いい男が、とびきり可愛い女の子を3人か4人連れていた。
それを見て、沢山のモテなさそうな若者達がやっかみ(ねたみ)ながら、主人公の男に言う。
「お前のような軟派な野郎がいるから、こっちまで女が回ってこねーんだ!」

なぜこんなつまらないものを憶えていたのかと考えると、このモテない若者の主張は正しいように思えるが、そうではないのではないかという疑問を感じたからではないかと思う。
そもそも、このモテない男の論理「ものすごくモテる男がいるから、女の子が足りなくなってしまって、自分には彼女がいない」は正しいのだろうか?
おそらく、普通の人は、「その通り」か「不明」と思っており、「この論は間違い」とは思わないだろう。
しかし、事実は完全に間違いである。
彼氏のいない可愛い女の子なんていくらでもいる。
また、あまり良い話ではないかもしれないが、彼氏がいたところで、自然に別れることもあれば、「俺の方がいい」と思わせることだって出来る。
つまり、女の子は全然不足していないのである。

これは富についても言える。
こんな話を聞いたことがあるかもしれない。
「世界の富の90パーセントは2パーセントの人間が握っている」
成功法則の本なんかに、よく、そう書かれていて、調べもしないのに鵜呑みにした人も多いと思う。
まあ、上位2パーセントの金持ちの資産はだいたい分かるかもしれず、それを合計すれば、世界中にあると思われる富の90パーセントを超えるのかもしれないとは思えるかもしれないが、実際のところ、そんな計算は不可能であるし、事実としてもあり得ない話だ。

レイ・カーツワイルは、「いずれ地球人類の資産は銀河を越えて宇宙全体に広がる」と言ったが、それが、彼が言う「シンギュラリティ」の結果である。
昔の人は、鉄の塊が、沢山の人を乗せて空を飛ぶことなど想像出来なかったように、カーツワイルの主張も全く馬鹿げて聞こえる。
しかし、カーツワイルは、実績を見る限り、大抵の人間より優れた者で、その意見は傾聴に値するかもしれない。
「だが、光の速度を超えて移動出来ないことは科学的に分かっているのに、どうやって、銀河の外や、さらに遠くまで行けるのか?」
というのはもっともだが、未来では「昔の人は、こんなこと想像もしなかっただろうなあ」という方法が現れるかもしれない。
カーツワイルはそうだと確信しているのだろう。
『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズの『涼宮ハルヒの退屈』内の「笹の葉ラプソディー」(多分だが…)で、ハルヒ(高1女子)が、七夕の願いを叶えてくれる彦星であるアルタイルまで16光年なので、今、願いを短冊に書いても、叶うのは16年後だと言うと、キョン(高1男子)が、「行きで16年なら往復で32年だろ?」と突っ込む。
しかし、ハルヒはまるでひるまず、「そこは神様なんだから何とかしてくれるわよ。半額大サービスよ」とトンデモないことを言い、キョンは黙る。
神様は万能で、聖書に書かれている通り「出来ないことはない」。
なら、光の速さを超える何らかの方法も教えてくれるだろう。

まあ、光速の話はともかく、富や女の子(あるいは男の子)については、こう考えた方が良い。
いくらでもある(いる)のだ。
空気と同じくらい。
宇宙は無限だし、世界だって、普通の人が想像するよりずっと広い。いや、日本ですらそうなのだ。
いくら沢山空気を吸ったところで、足りなくなるなんてことはあり得ない。世界中の人に有り余るほどある。
水不足、食料不足と言ったところで、誰のものでもないものがいくらでも余っている。単に、輸送出来ないだけで、輸送手段を考えれば、誰も不足しない。
富も同じで、誰のものでもない富が、まだまだ、誰にも分からないほど沢山隠れている。
富や彼氏彼女が不足していると思う者には、そんな結果になるのがこの世だ。
だから、それらは無限にあると考えなければならない。
ウォレス・ワトルズやジョセフ・マーフィー、あるいは、その他の精神法則の指導者達も、そう教えている。

冨田勲さんが作曲した『青い地球は誰のもの』という歌があり、『イーハトーヴ交響曲』の公演でアンコール曲にもなっていた。
この歌は、ただ、「青い地球は誰のもの」という歌詞が繰り返される。
これを聴いて、「地球の資源は限られているので、皆で分け合おう」という意味だと思う人が多いと思う。
だが、とてもそうは思えない、豊かさを感じさせる曲である。
「青い地球は誰のもの?」これに対する各自の答が、各自の世界を作るのである。
巨大なチーズの山を前にして、ネズミはどう思うだろう?
我々は、愚かなネズミのようではありたくないものである。








人類は生き延びられるか?

1950年刊行の、アイザック・アシモフの有名な古典SF『われはロボット(アイ・ロボット)』の第1話『ロビィ』で、ロビィという名の家庭用ロボットは、グローリアという名の女の子を赤ん坊の時から育てていたが、グローリアがあまりにロビィを慕うことに危惧を感じたグローリアの母親が、ロビィを捨ててしまう。
だが、感動的な結末となり、アメリカ人はロビィを愛するようになり、以降、SF映画に登場する人間を補助するロボットの名前が全部ロビィになってしまう。
だが、『ロビィ』の結末は、画策されたものであり、論理的に説明出来るとも考えられる記述になっているところが、さすが、科学者(生科学者。博士。大学教授)であるアシモフである。

ところで、1963年の日本のSFアニメ『エイトマン』は、少し前はAmazonプライムビデオで見れたのだが、何か、契約問題とかで今は見れなくなっているが、その内容にちょっと驚かされた。
エイトマンは人間の千倍の速さで動けるスーパーロボットだが、その秘密について、エイトマンを開発した谷博士は、
「人間の神経は秒速30mで伝わるが、ロボットの電子回路は光速で情報が伝わる」
ことを挙げていたが、これは、数年前のTED(選ばれた者だけが発表出来る世界的講演会)で、オックスフォード大学の、あらゆる学問に通じている天才哲学者ニック・ボストロムが、AIが人間より優れている根拠の1つとして述べていたことと同じだ(ボストロムは、神経の情報伝達速度は秒速10mと言ったが)。
また、同じことを、「シンギュラリティ」の概念を提唱したことで知られる天才発明家でAIの権威レイ・カーツワイルが『シンギュラリティは近い』でも述べている。
さらに、『エイトマン』では、エイトマンというロボットの人格は、今日、話題になっている精神転送・・・つまり、コンピューターの中に人間の頭脳(の情報)を転送することで実現している。これは、さっきの『シンギュラリティは近い』では、「頭脳の(脳からコンピューターへの)アップロード」と言われ、カーツワイルは、その理屈を簡単に述べ、「やがて出来るようになる」と予想している。
さらには、『エイトマン』では、ある小国で、大統領が政治をAIにまかせてしまったので、AIは、別に悪意はないのだが、人間を非人道的に管理するようになってしまったという。まさに、今日話題の問題を取り上げている。
原作者、平井和正さんというのは天才と思う。
1938年生まれ(2015年没)の平井さんが中学生の時は戦争中で、クラスの1人の女の子が学校に来なくなったが、ある日、彼女が、毒々しい化粧をして米兵の腕にぶら下がっていたという話を何かの小説のあとがきに書かれてたが、そんな時代に育った人なのだ。

ちなみに、AIが人間を支配するということは、現在のAIにおいてはあり得ず、本当に怖いのは、支配者がAIを悪用することであることを、知っておいて欲しいと思う。

『エイトマン』の最終話『超人類ミュータント』は、平井和正さん自ら脚本を書いている。
人類の中に突然生まれた新しい優れた「超人類」である3人の超天才児達が、世界を支配してしまうような活動を始め、エイトマンがそれを阻止しようとする。
エイトマンを作った天才科学者である谷博士と、谷博士と同等の天才だが悪の科学者で、エイトマンの敵であったデーモン博士もエイトマンの味方につくが、超人類の科学力や頭の良さに苦戦の連続となる。
エイトマンは、ようやく超人類を追い詰めるが、超人類は、空間を折り曲げて移動する次元移動でいったん去る。
だが、超人類は、別に世界を支配したい訳ではなく、ただ、地球を壊されたくなかっただけだった。
そして、人類がまた愚かな戦争を始め、核兵器でも使われそうになったら、再び戻って来て、今度は人類を滅ぼすと警告する。
『地球が静止する日』の映画と似たような話だ。
そして最後、谷博士の口を借り、平井和正さんは「人を思いやる温かい心だけが人類が生き延びる唯一の道であると私は信じる」と述べて終わる。
さて、現在の我々に、他人や、あらゆるものを思いやる温かい心があるだろか?
私には甚だ疑問で、新型コロナウイルスは、超人類からの人類への警告として送り込まれたものだと思ったりする。
ちなみに、平井和正さんは、健康やあらゆる病気に対するビタミンCの威力を訴え続けていた。













当ブログオーナー、KayのAI書。
この本は学術書や概念だけの通俗書ではありません。
誰でも自分でAIを作れるようになるための実践書です。ただし、数学もプログラミングも必要ありません。ただ、Excelが少し使える程度は要求されます。
また、この本により、AIが人類を支配する可能性のあるようなものでないことが分かると思います。そうではなく、一部の権力者だけがAIを使い、AIを悪用することが恐いのであることも分かるかもしれません。その点は最後のコラム5でも述べました。初音ミクという言葉が15回ほど出てきますが、そこは気にしないで下さい(笑)。

人類はVTuber化するのか

小中学生のなりたい職業ランキングの上位にYouTuberが入ってきたことは知られているが、そろそろそれも古くなるかもしれない。
今はまだ、1万人規模と言われるが、次はVTuberで、現在は、VTuberが「バーチャルYouTuber」を指すという認識があるが、もう、VTuberの活躍場所はYouTubeに限定されないばかりか、もっと適したプラットホームが沢山出てきた。
それで、「VTuber」がYouTubeとは何の関係もない言葉になり、「バーチャルライバー」という呼び名が格好良いので、こちらが使われるようになればと思う。
YouTubeがなくなることはまだないかもしれないが、曲がり角が来ているのは確かだ。
何事も、参加者が多く、お金になるとなると、いろんな問題が起こるし、それで消滅する時はあっとう間だ。今後は、YouTubeも改変や拡張が進み、他の仮想空間サービスと競っていく必要が出てくるし、すでに、そうなっている。

とりあえず、VTuberと呼ぶが、それは今後、増えてくるのだと思うが、これは20~30年前のBBS(電子掲示板)時代を彷彿させるものがある。
今のSNSは、ホスト(主催者)とゲスト(参加者)の区別が強いが、昔のBBSは、それが弱い場合が多かった(参加者全てが対等な立場にあった)。今の5ちゃんねる(2ちゃんねる)と同じで、5ちゃんねるは昔のBBS文化を継承してくれた。
SNSでは、ホストの役割が明確なので、Facebookのように実名でやらないまでも、実体とあまりにかけ離れた存在として振る舞うことは少ない。
しかし、BBSでは、おじさん、おばさんが若い女の子のなりすましたりは普通で、あまりに若い女の子役が上手くて、中身はおじさん、おばさんなのに、恋愛感情を持たれたりしてしまうこともあった。
VTuberでも、そのようなことは起こり得るかもしれないが、しかし、VTuberには個性というか感性が強く現れるので、そこで、若い女の子に見えるなら、リアル世界がどうであれ、ある意味、本物の若い女の子である。
『ソードアート・オンライン』の最初の話で、プレイヤー達は、仮想ゲーム空間の中ではアバターなのだが、ゲーム主催者は、プレイヤー達を実際の姿にしてしまう。
すると、あちこちで「お前、オッサンだったのか」などという声が上がる。
しかし、主人公のキリトも、後に彼の恋人になるアスナも、アバターとあまり変わらない。

「シンギュラリティ」の概念で知られるAI研究者で天才発明家のレイ・カーツワイルは、その有名な著書『シンギュラリティは近い』(2005)で、自分がバーチャル空間で若い女性になりきった体験を述べている(当時、カーツワイルは50代後半)。
カーツワイルは、現実の姿が実際に意味を持たなくなる可能性を指摘していたが、実際にその通りになりつつある。
また、現実においてすら、テクノロジーの進歩で、肉体や頭脳の拡張が進み、誰もが天才になり、永遠に若く、性別すら自由に選べるようになる。
カーツワイルは、未来学者の呼び名も定着しており、未来を正確に予測し続けたことでも知られている。
だが、いよいよ、魂の神秘に近付くにつれ、いかに天才のカーツワイルの予測も通用しなくなるのではないかと私は思う。
いつの時代も、老人はメンターとしては重要だが、第一線のプレイヤーとしては引退するものなのだ。

渋谷109の中のWEGO(ウィゴー。ファッションブランド)の店で、バーチャル店員が登場したが、これも、バーチャルプラットホームを運営するベンチャーHIKKY(ヒッキー)という、いかにもそれらしい名の企業が手がけたものだ。
これにより、ど田舎にいる人がWEGOの店で働いたり、入院したWEGOのお店の店員が症状によっては、継続して勤務出来る。
とはいえ、ファッション店では、リアルに身を包むための服を、やはり、リアルな人間が買いに来る。
もちろん、バーチャルな空間の服や、姿そのものを、バーチャルな空間で買うこともある。
だが、リアルはやはりなくならない。
私のように、毎日身体を鍛えてビルドアップする者も時代遅れでは無い。とはいえ、それも価値観の1つであり、押し付ける訳にはいかない。
それこそ、身体全体、機械化する未来が来るかもしれない。
しかし、テクノロジーがいかに進んでも、細胞1つ、電子1つにだって高度な知性があり、実際は、完全な機械化は不可能で、ある臨界点を超えると、人類は滅亡しかねない。
古く聞こえるかもしれないが、一番大切なものはあくまで真の心、あるいは、魂なのである。







超人類(新しい人類)の能力を使う

1963年のアニメ『エイトマン』は、第二次世界大戦直後、アメリカの軍事研究所で、谷博士という日本人科学者が開発したスーパーロボットであるエイトマンが活躍するお話である。
「シンギュラリティ(技術的特異点)」という言葉を世界に広めた、天才発明家でAI研究家のレイ・カーツワイルは、歴史的著書『シンギュラリティは近い』で、脳をコンピューターにアップロードすることに触れ、その可能性を示唆したが、エイトマンはまさに、人間の脳が電子頭脳にアップロードされていた・・・つまり、死んだ東八郎という人間の脳の記憶の一切を電気信号に変えて、エイトマンの電子頭脳に写してあったのだった。
そんなことを、1960年代前半に考えた『エイトマン』の原作者、平井和正氏は大したもので、いまだ、平井氏の熱狂的ファンも多い。

ところで、その『エイトマン』は、今でもDVDやAmazonプライムビデオで見ることが出来るが、エイトマンの最後の戦いは、超人類との戦いだった。
現在の人類は旧人類として終り、新しい人類の時代が来るが、この世に初めて登場した新人類・・・これを超人類と呼んでいるのだが、まだ子供ながら、これまでの人類とは比較にならない優れた人類である3人の超人類を相手に、エイトマンと、彼を作った谷博士、そして、エイトマン達の宿敵であるが天才であるデーモン博士もエイトマンや谷博士と連合して立ち向かうが、超人類達の、あまりの能力の高さに苦戦を強いられる。
超人類から見れば、大天才の谷博士やデーモン博士も「利口なサル」に過ぎない。
ところで、超人類達の優れた武器の1つにバリアーがあった。このエネルギーの防御幕の前には、いかなる攻撃も跳ね返された。
これに対し、エイトマンは光線銃レーザーを装備する。
そこで谷博士が言った言葉が印象的だった。
「バリアーがあらゆる攻撃を跳ね返す盾なら、レーザーはどんな盾をも貫く槍だ」
超人類達も、自分達のバリアーがレーザーを防げないことを知っていた。
だが、それ以前に、エイトマンがレーザーを使うことも予測していた。

2105年に、ようやくエイトマン並の能力を備えたアンドロイドが登場することになる『BEATLESS』というSF、およびそのアニメ作品で、戦闘能力は高くないながら、レイシアが恐ろしく強いのは、予測能力のためなのだと思う。
『エイトマン』の超人類達が、私に最大の強さを感じさせたのも、その予測力である。
そして、現代のAIについて、今はまだ虚実入り混じったことが言われるのだが、AIの本質的な能力は予測なのである。推測と言っても良い。
つまり、AIは高度な推測マシンなのである。
私も、実際にAIを使う中で、それは強く実感するのである。
現代の、ニューラルネットワークの機械学習で作るAIは、「恐ろしい推測能力を持つ凄いやつ」である。
だが、まだ、ほとんどの人が、それを知らない。

いまや、AIを使うのに、線形代数がどうの、活性化関数や損失関数とはなんぞやとか、AIにはPythonが良いなどと言っていたら間に合わない。
筒井康隆さんの『幻想の未来』(エイトマン並に古い)で、「1日中テレビを見ているのにテレビの構造を知らない」者を揶揄する部分があったと思うが、そんなの知る必要はない。
自動車を走らせるのに、自動車の構造を知る必要はないし、ガソリン車と電気自動車の技術的な違いを知らなければ電気自動車に乗れない訳ではない。
同じく、AIを使うのに、数学もプログラミングも不要だ。
当たり前じゃないか?
そして、やがてそれが、誰にとっても当たり前になるだろう。
今のところ、数学もプログラミングもなしに、まともにAIを使えるのは、ソニーのNNC(Neural Network Console)だけと思う。
Neural Network Console
Web版は遅くて使えない(と私は思う)ので、私はWindowsアプリ版を使っている(両方使ったが、Web版はしばしば通信が切れる)。
早くこれを使った者の勝ちである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード