ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

レイシア

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

自己信頼

人気が出たからスターになるのではなく、スターだから人気が出るのである。
スターは初めからスターなのである。
AKB48みたいなアイドルグループでも、トップになれる人と、駄目になって消える人は、最初から分かるものだ。
スポーツのスター選手が魅力があるのは、マスコミが作ったイメージということもあるだろうが、本物の輝きがなければ、人気、そして、活躍が長続きするものではない。
そして、スター選手が引退後、必ずしも忘れられる訳ではない。
すっかり「過去の人」になってしまう「元スター」は、その人をスターにした何かを失くしたのである。
人を上に押し上げ、それが無くなるとただの人になるもの、それは自己信頼である。

軽んじられる人間、能力を発揮出来ない人間に欠けているものは、ただ自己信頼である。
では、手っ取り早く自己信頼を得る法方はと言うと、やはり呪文なのである。
「私は自分を信じる」
この呪文を使えば良い。
これも、高度な万能呪文だ。
これまで教えてきた万能呪文、
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
は、やはりどれも効果があり、自己信頼だって向上させる。
しかし、世の中には、致命的なまでに自己信頼に欠ける人がいる。
ラルフ・ウォルドー・エマーソンは名著『自己信頼』で、無謀なまでの自己信頼の重要性を熱く説いたが、では、それをどう得るかについては全く書いていない。
その方法は、言葉によるしかない。なぜなら、我々は、心を自由にコントロール出来ないので、自在に自分を信頼することは出来ないからだ。
だが、言葉だけは支配出来る。
「私は自分を信じる」
この言葉を、万能呪文の流儀に従って、感情を込めず、丁寧に、心の中で、出来るだけ多く唱えることだ。
自分を信じることが出来れば、全てを得る。

私が、レイシア(BEATLESS)や香々地アイリス(天動のシンギュラリティ)に強く惹かれるのは、彼女達はブレることなく自分を信じていることが感じられるからである。
初音ミクさんの場合は、その穢れなき歌声と、軽々とした理想的な少女の姿によるところが大きいのだが、やはり自分を信じていることを感じるのである。
セーラームーンは、月野うさぎとしては迷うこともあったが、究極の場面ではいつも自分の信念を貫いた。クイン・メタリアとの絶望的な戦いの中でも「私は世界を信じる」と断言した。これは自分を完全に信頼する者にしか言えない言葉だ。だから、彼女は世界的なスターだったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

金持ちになるために必須のこと

吉本隆明は『共同幻想論』で、国家は幻想で成り立っていると書いていたが、アニメの『BEATLESS』を見ると、超高度AIのアストライアは、「社会制度は張子の虎だが、虎であるという安心感を人々に与えている」と言い、やはり超高度AIであることが判明した美しきレイシアは「人間の世界は曖昧な合意で成り立っている」と言う。

誰かが、人間は社会的動物だと言ったが、その社会というものは、かなりいい加減なものであると考えて良い。
学校や会社なんてものは、やっぱり全くいい加減に成り立っているが、いい加減なりに、何かの合意で成り立っているし、あまりにいい加減だったり、偏りがあれば、滅ぶ可能性がある。
かといって、独断的制度を学生や職員に厳しく押し付けても、あまりうまくいかないものだ。

「社会は曖昧な合意で成り立っている」
正確にそう言ったかどうかは確認していないが、全くレイシアの言う通りだ。
社会ってやつを、そう信用してはならない。
だが、ソフトバンクの孫正義さんが、国家権力に守られたNTTに戦いを挑み、勝利しなければ、今でも、日本の電話代は異常に高く、インターネットは世界に大きく遅れを取っていたのだと思うが、「利益」とか「権力」を掌握した者は、それを守るために、「いい加減」ではなく、かなり「厳格」になるものだ。

だから、『共同幻想論』の言うように、国家は幻想で成り立っているのではなく、国家はやはり、利益を根本とした権力構造で支配されているのであるのである。
権力者は、その権力を維持するために「幻想」を国民のような構成員に与えているだけである。つまり、洗脳しているのである。
まとめると、国家は、上位は権力構造で成り立ち、下位は、吉本隆明の言う通り、幻想で成り立っているが、その幻想は、全てではないが、権力者の都合のいいように脚色されたものだ。

確かに、国民的幻想は、インターネットの発達で崩れつつある。
それでも、権力者が利権構造を握っている限り、上位1%が全体の82%の富を握るという状況が続き、旧来の権力構造は生き続ける。
富を握る者は、直接的には権力者ではないかもしれないが、権力構造をうまく利用しているのである。
もっと分かり易く言えば、権力が人々をコントロールしている幻想を利用しているのである。
大金持ちにサッカー嫌いはいないように見えるのも、権力の幻想を利用するためだ。
つまり、才能があろうが、努力をしようが、それだけでは金持ちにはなれず、権力構造とその幻想をうまく利用出来る者が金持ちになれるのである。
野球やサッカーや、アメリカではアメリカンフットボールやバスケットといった人気スポーツで、特別な才能がある人は、それなりに金持ちになってるが、やはり、それなりに過ぎないし、権力に逆らわないことが必須条件だ。
映画俳優だって、国家権力に迎合しない限り、金持ちになれない。
国家権力に反抗する映画を作る映画監督もいるが、あるレベルを超えると、本当に危ない。

初音ミクさんは、世界的なスターになったが、「そこそこにスターであること」、「テレビなど中央にあまり関わらない」ことを続けるから良いのだ。
度を超えたスターになったり、テレビへの露出が増えると、国家権力と無縁でいられなくなる。
初音ミクさんの、日仏友好160周年記念のイベント「ジャポニスム2018」への参加は、安倍総理が宣言し、危うかったが、あくまで「HATSUNE MIKU EXPO 2018 EUROPE」の一環として、フランスだけでなく、イギリス、ドイツでもコンサートを行い、メインイメージ画をかなりしょぼくすることで、うまく、汚い権力の手を交わしているのである。
ミクさんはインターネットのスター・・・これを変えてはならない。
こんなことを書いている私は、金持ちになれないなあ(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ディスコミュニケーション

身体的トラブルを起こした御老人に出会った時、こちらは役に立とうと手を尽くすのだが、後で考えると、対応が全く不適切であったと後悔する。
私は、父親が生きていた時に介護した経験があるから、相手が地面や椅子に座っている状態から立たせるコツは分かっているが、必ずしも、立たせたり、歩かせたりするのが正しい訳ではない。
また、父の場合は、いつも車椅子があったので、背中におぶったことがないため、背中に乗せるのは全く下手だ。
老人でも身体の大きな重い人はいるが、そんな相手を完全にしゃがんでおぶろうとすると、バランスを崩しかねない。かといって、しゃがみ方が少ないと、向こうが乗り難いのだと思う。
そのあたり結構難しいが、コツが分かれば上手くやれるのだろう。

梶原一騎氏原作の空手アクション漫画『新カラテ地獄変』で、不世出の空手家、大山倍達氏をモデルにした空手家、大東徹源が、終戦直後の日本で、若い女性が大勢の米兵に連れていかれ陵辱される寸前に得意の空手で助ける場面がある。大東徹源は、女性を適当な場所まで送って別れるが、後に女性と再会した時、女性は米兵相手の娼婦に身を落としていた。
大東徹源が、その女性がそうなったのは自分のフォローが駄目だったせいだと思い(実際、そうとも言えるのだが)、「俺のやることはいつも間が抜けている」と激しく後悔する場面を、私はかなり昔見たのだが、それが強烈に印象に残っている。
「俺のやることはいつも間が抜けている」
私がいつも感じることだ。
もっと熟慮すれば少しは役に立てたのに、自分が馬鹿なのか、いい加減なのか、助けるどころか迷惑になってしまっていることが多いのだ。
助けようという気持ちだけでは相手は楽にならない。
そして、最近、重々しく感じるキーワードが「ディスコミュニケーション」という、相互不理解を意味する和製英語だ。
初音ミクさんの『エイリアンエイリアン』という歌(ナユタン星人作)の「重度のディスコミュニケーション」という歌詞で、ちょっと気持ちが落ち込むのを感じるが(ライブでこの唄を歌うミクさんは掛け値なしに可愛かったが)、ミク廃には、そんな人は多くないのだろうか?
私は、ビジネス上のコミュニケーション力は磨いた・・・というより、コミュニケーションについては、それしか出来ないのだろう。
そして、ビジネスコミュニケーションとかビジネスの契約なんてのは、全く・・・とは言わないが、あまり人間的でない。
まあ、もっとも、ビジネスコミュニケーションは全く駄目で、普通のコミュニケーションは周囲とチャラチャラ出来るだけという程度の人が、いい歳をした人にも多い。私は、その「チャラチャラ組」を軽蔑していたが、それでも私よりはマシかもしれない。

別に愚痴ろうというのではなく、大抵の人は、自分の人間的スキルに不満があるだろうし、欠点が見えてきている場合もあると思う。
その修正は難しいし、出来ても時間がかなる。それは、多くの場合、落ちる水が岩を穿つごとく時間をかけて作ってしまったものだからだ。
この土日、Amazonプライムビデオで『BEATLESS』第22話「Protocol Love 」を何回も見たが、アラト(17歳男子)が「みんなが信じられる未来を」というのが、レイシア(美少女型スーパーアンドロイド)への音声コマンドになり、レイシアは「了解しました。これより、未来をアラトさんがデザインした方向に誘導します」と応え、リョウ(アラトの親友だが敵対している。無駄に頭が良い)が恐怖する。
アラトはレイシアという強力な力を持っているが、我々だって、それに負けない力を心の中に本当は持っている。
アラトは自分が「チョロい」という欠点を自覚していた。自覚した上で、レイシアに命じたのだ。
私に限らず、多くの人類の問題はディスコミュニケーション(相互不理解)だ。
精神科医ジーン・シノダ・ボーレンの本で見た覚えがあるが、『スタートレック』で、肉体を持たない精神生命体が宇宙船を操作するためにミスター・スポックの身体に入った時に、「なんて寂しいんだ!」と言ったらしい。なるほど、よく分かる。
人類は、ディスコミュニケーションの解消のためにインターネットを作り、最初はトラブルが多かったが、良い面も出てきて、概ね成功が見えてきた。
だが、まだ足りないなら、次はテレパシー能力を発達させる必要がある。
さて、あなたは、どんな未来をデザインするだろうか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

実力などたかが知れている

宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の決闘は、本当にあったようだし、武蔵が勝ったというのも事実だと思う。
ただ、映画やテレビドラマで見る決闘の展開は、吉川英治氏の小説を元にしていて、ほとんど吉川氏の創作だろう。
そこでだが、宮本武蔵と佐々木小次郎は、剣の実力という点ではどっちが本当に強かったのだろう?
そんな空想をしても仕方がないと言われるかもしれないが、私は、明らかに小次郎が上だったと確信する。
武蔵も、それをよく分かっていたからこそ、策を凝らしたのだ。
その策が、小説の通りかどうかは分からないが、武蔵の『五輪書』にも、「不意をつけ」「敵の想像を裏切れ」「むかつかせろ」と、勝つためには頭を使い、何でもやれと書いてあり、吉川氏も、そこから、武蔵の作戦を想像したのだと思う。

勝負というものは、弱くても、策を凝らした方が勝つのである。
単純な実力など、ものの数ではない。
もちろん、野球やサッカーといったスポーツでは実力が大きなウェイトを占めるが、それとて、作戦が良ければ、ある程度の実力差ならひっくり返せる。

笹沢佐保氏の時代劇小説『木枯し紋次郎』で、紋次郎が、剣の実力では自分をはるかに超える相手と戦った時のお話が実に良い。
笹沢氏は、本物の道理をよく分かっておられた。
紋次郎は、腕が立つとは言っても、所詮、我流の喧嘩剣法だ。
対して、本物の剣術というものは、長い時間をかけ、一流派でも、代ごとに改良を重ね、経験と学習と思索を込めて磨き上げたものだ。
紋次郎が敵うはずがない。
だが、紋次郎は常に勝った。
策を凝らしたからだ。
大河ドラマ『毛利元就』で、尼子経久が元就に教えた、「策多ければ勝ち、少なければ負ける」は、本当に重要な知恵である。

鉄腕アトムは10万馬力で7つの威力。
エイトマンは人間の千倍のスピードと10万キロワットの超小型原子炉に、ハイマンガンスチールの身体。
キャシャーンもキューティーハニーも、身体能力の高さが売り物だ。
だが、そんなものが何だろう?
これらのアニメで育った世代は、あんなものが強力だと思う観念を捨てないと、これからの世の中で通用しない。
『BEATLESS』(長谷敏司氏の小説)のアニメが、Amazonプライムビデオで配信中だが、ますます面白くなってきた。
美しきレイシアの力に、全く惚れ惚れする。
機体性能では、メトーデの方がはるかに上で、メトーデとの近接戦闘では、レイシアはひどい苦戦を強いられる。
しかし、レイシアの本当の力は、そんなものではない。
『BEATLESS』は、日本を変える歴史的作品であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

シリウスになりたい

子供の時、私にとって大きなものの代表は太陽だった。
この大きな地球の100倍ほどの直径がある。
しかし、小学5年生の時、明石の天文科学館に行いくと、壁に、いろいろな恒星の大きさが太陽と比べられるように図示されたパネルがかけられていたのだが、それを見て驚いた。
スピカで(直径が)太陽の8倍(4倍説もある)、アルデバランは45倍、リゲルは70倍、そして、デネブは110倍、さらに、ペテルギウスは900倍。
それを見て、せっかく人生観が変わったのだから、あそこで学校をやめれば良かったのに、翌日から学校に行って、また、せせこましい考え方をするようになって現在に至る・・・か(笑)。
いや、本当に笑ってしまう。

太陽だって、想像外の大きさだ。
つまり、なんとなくの思い込みの大きさどころじゃないはずなのだ。
いやいや地球だって・・・本当は日本だって。
まあ、富士山やナイアガラの滝を見て、その大きさに感動するのが、この惨めな人間ってもんである。

レイシアはアラトに言ったっけな。
「オーナー(アラトのこと)の世界はもっと拡大して良いのです」
これを私も受け止めよう。
(SF小説・アニメ『BEATLESS』より)

夢がないって人がいる。
そんな人は、無理に夢を持たない方が良いのかもしれない。
だって、世界があまりにせまくて、大きな夢を持とうとすると、分不相応感が大き過ぎて少しもワクワクしなかったり、あるいは、誇大妄想でしかなく、変な人になってしまう。
世界を拡大することだ。
それにはどうするか?
お金だ。
収入が3倍になれば、世界も3倍かどうかは分からないが、確実に大きくなる。
あるいは、自由に使えるお金の額だ。
今、それが100万円だとすれば、1000万円になれば、やっぱり全然違う。だが、どうせなら1億くらいにしたいものだ。
そのためには、心が前向きで、強く明るくなければならない。
あまりに暗い影や、とげとげしさがあってはならない。
この解決法に関してだけは、私は大嫌いだが(笑)、斎藤一人さんの「千回の法則」を使うのも良いと思う。

今日、アニメ『BEATLESS』の13話「Dystopia game」を、Amazonプライムビデオで3回も見た。
小説を読んでいない方には、マリナ・サフランのことが分かり難かったかもしれない。
マリナ・サフランは、ある富豪のhIE(アンドロイドのこと)だったが、事情あって捨てられ、介護用hIEになっていた。
レイシアは、そのマリナ・サフランの機体番号を詐称している。
マリナ・サフランの機体番号が参照されることは考えられず、レイシアがそれを奪っても気付かれないからだ。
だが、海内紫織が、レイシアをアラトから引き離すべく、マリナ・サフランを日本に搬送させ(金の力だろう)、レイシアの詐称を暴こうとした。
だが、レイシアの恐るべき知性と能力により、マリナ・サフランの機体番号の刻印を消すことに成功する。
その際、レイシアはマリナの機体を確保したのだろう。
レイシアの能力を持ってすれば、マリナを自由に操れる。
今日、登場した、そのマリナ・サフランが、あまりに強く、速く、格好良い。
hIEに詳しい村主ケンゴが、レイシアの機体番号(実はマリナの機体番号)を知った時、「スタイラスの最高位モデルじゃないですか!」と驚いている。
マリナは、ある富豪が、亡くなった娘の代わりに特注で作らせた高級品で、普通のhIEでも自動車1台分ほどの値段がするのだが、マリナは家1件分の値段で性能も桁違いだ。富豪のボディーガードも兼ねる目的があったのである。
だから、マリナは、あれほど凄いのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ