ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ルパン三世

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ルパンを超えて自由に生きる方法

能力を高めるということは、生命力を高めるということで、生命力を高めるとは自由に生きることだ。
だが、この世の中で、自由に生きることは難しい。
そこで、フランスの作家モーリス・ルブラン(1864~1941)は、自由に生きる人間のモデルとして「怪盗」を考え、それを、アルセーヌ・ルパンという怪盗紳士としてデザインした。
ルパンの人気は爆発した。
なぜなら、ルパンこそ、辛い社会で生きる人間にとっての理想であるからだ。
日本で、モンキー・パンチ氏(1937~2019)の『ルパン三世』が歴史的なヒットになった理由も同じところにあると思う。
それこそ、日本には、昔から、鼠小僧や石川五右衛門といった怪盗というか、盗賊が人気があった。
また、小作のつもりが人気が出て長期連載となりアニメ化もされた、立川恵氏の『怪盗セイント・テール』という漫画も、主人公の美少女怪盗には異色の魅力があった。

ところで、これら人気怪盗達は、正義の味方でなければならない宿命がある。
怪盗だって食べるし、住居や衣服も必要だが、自分は、生産も、販売も、サービスもしないのだ。
だから、「せめて正義の味方」であることで、それらを得ている・・・しかも、贅沢に得ているのである。
だが、怪盗には、やっぱり負い目がある。
最初はヒットしなかったが、結局は名作であると認められた『ルパン三世 カリオストロの城』では、ルパンは、クラリスという素晴らしい美少女(宮崎駿監督の理想のタイプ)を、最大の精神力を使って振り捨てないといけなかったのは、やはり「怪盗も所詮、泥棒」だからである。
これは、元祖ルパンであるアルセーヌ・ルパンも、『緑の目の令嬢』で、オーレリーという美少女に対し、同じことをしている。
そして、『怪盗セイント・テール』では、セイント・テールこと羽丘芽美は、愛を得たら怪盗をやめている。

まず、怪盗は能力が高くないといけない。
それも、半端な能力では駄目で、超人的でなくてはならない。
つまり、「理想の自由人」である怪盗は、超人的な正義の味方であり、非現実的なフェアリー・テール(おとぎ話)でしかない。
我々凡人が、怪盗モデルを取り入れようとしたら、犯罪を避けたとしても、いずれ行き詰まる。つまり、無理がある。

かくて、ルブランの野望は砕かれた。
だが、ご安心を。
ルパンのように生きる方法はある。
どうすれば良いかというと、ルパンの欠点を除けば良い。
つまり、盗むことをやめる。
この「盗む」は、文字通りの意味だけでなく、不道徳なことでお金を稼ぐことも意味する。
どうするかというと、お金に関しては、Xにまかせることだ。
Xは定義出来ないが、宇宙エネルギー、神、潜在意識などと言われることがある。
そして、負い目のためではなく、胸を張るために、正しく、強くあることだ。

盗賊と武士は同じなのである。
武士は、いざ戦争という時のために、働かずに食べることが許された。
しかし、江戸時代、太平の世になり、戦争が無くなっても、働かずに食べることに、誠実な武士は負い目を感じていた。
そこで、武士は。せめて立派な人間になろうとした。
そんな誤魔化しをしていた武士は、ちっとも立派ではない。
だが、立派な武士もいた。
正しく、強い武士で、警察のような活動をしなくても、存在から発する波動が、世の中にプラスの影響を与えたのだ。

さあ、これで解った。
自由に生きるためには、真の意味で、正しく、そして、強くあれば良いのである。
真に正しく、強くなるためには、国家や学校で教えられた方法では駄目だ。それでは、奴隷頭にしかなれない。
それは、ビジネスマンでありながら、最も実績のある大統領になったドナルド・トランプに学べば良い。
彼自身は、ノーマン・ヴィンセント・ピールに学んだのであるから、そこから学べば効率的である。
そして、ピールの教えこそまさに、神の力を求めることであったのだ。








AIに勝つ方法(2020年の最重要課題)

AI(人工知能)の時代には、人間は創造力がより重要になる。
人間の創造性はアイデアに現れるが、よく企業などで「アイデアを出せ」なんて命じるが、強制され、難しい顔をして「アイデアを出そう」としても、創造性が発揮されるはずがない。
アイデアは、何も考えずぼーっとしている時に、不意に「降ってくる」ようなもので、理屈で考えている間はアイデアは出ない。
ロジカルシンキング(論理思考)やクリティカルシンキング(批判的思考)は必要としても、それらに凝り固まった頭にアイデアは降ってこない。

AI(人工知能)という言い方は、本当は改めた方が良いのだが、一般化した言葉を変えることは、なかなか出来ることではない。
だから、当面は、あなた1人が、正しい言い方をすれば、あなたは創造性を発揮し、世間を超越し、影響力を発揮出来るようになる。
今後は、EI(拡張知能)と呼ぶのが正しいが、これの難しい理屈は学者先生がうんたらかんたら言ってるから、一般の人々は当分混乱し、あなたが先行する期間は長くなり、あなたは安泰だ。
EIの代表は、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』に登場する美少女アンドロイド、レイシアだ。
レイシアは常々、「私は道具です」「私を何に使いますか?」とアラト(主人公。17歳男子)に問う。
旧AI、即ち、EIは、我々にそう問うのである。
アラトは、レイシアをうまく使えない自分を責めるが、最初はそんなものである。
つまり、EIは人間を手助けし、人間の能力を拡張するものであり、別に、人間のライバルになって、人間の仕事を奪うものではない。
人間がやりたくないことを代わりにやってくれて、人間は得意なことをやればよくなる。
自動車の運転は初めは楽しいが、やがて飽きてくる。
最初は創造的だが、やがて機械的になるからだ。なら、機械にやらせれば良い。
ただ、いつまでも、ハンドルを握るのが好きだと言う人は、運転という行為に、何らかの創造を行っているのである。
だが、見栄や優越感で高級車に乗って楽しいというのでは、あまり創造性はない。そして、やはり、単なる移動手段であれば、EIに任せておけば良い。
そもそも、AI(人工知能)という言葉は間違いで、機械が思考したりはしない。
機械は、沢山の関連したデータを学習して、データの中に何らかのルールを発見し、そのルールを使って、新たなことに対処するだけだ。
簡単に言えば、例えば、雨が降ってくれば、人々はいろんな反応をするが、その反応を学習すれば、雨が降ってきた時、その降り具合や道の状況等から、「傘を差す」「車に乗る」「喫茶店に入る」「走る」「何もしない」等のどれを選ぶべきかを推測するのである。
雨が降ってきたら、フレッド・アステアの『雨に唄えば』のように踊れば面白いというアイデアを出すのは人間だ。
雨が降ってきたら、レイシアはアラトに「車に乗りましょう」とか「ショッピングモールに入りましょう」とは言っても、「踊りましょう」とは言わない。
しかし、アラトが「レイシア、踊ろう!」と言うのは有りなのだ。

ニーチェは「気まぐれは貴族の特性」と言ったが、正しい意味で我々は貴族にならなければならない。
ニーチェも、そう考えていたはずなのだ。
気まぐれは機械には出来ないが、人間の気まぐれは「新しいことを始める」ことである。
Kaggleの創業者の若き天才アンソニー・ゴールドブルームは、2016年、TEDで生まれたばかりの姪っ子に「常に新しいことを始めなさい。そうすれば機械に負けない」と言ったが、ある意味では「常に気まぐれを起こしなさい」ということだ。
『ルパン三世』の最初の作品だって、コンピューターを駆使してルパンを逮捕しようとするガニマール三世に対し、ルパンは「コンピューターに勝つには気まぐれだよ」と言ったではないか。なんと、半世紀進んでたんだよ、ルパン三世は。
いや、ルパン三世の、あの阿呆さ加減は創造的で、機械になど負けたりせず、機械をうまく使うだろう。

そうそう。機械は呪文を唱えない。
「アジマリカン」とか「ありがたい」とか、「オン、アロリキャ、ソワカ」とか「南無阿弥陀仏」などと唱えると、宇宙の向こうからアイデアがやってくる・・・かもしれない。








私の名は「気まぐれ」

『ルパン三世』の一番最初のシリーズだが、ルパンの祖父アルセーヌ・ルパンを逮捕したこともあるガニマール警部の孫、ガニマール三世がフランスから来日する話があった。
タイトルは確か、「どっちが勝つか三代目」だ。
ガニマール(三世)は、コンピューターを駆使し、ルパンの行動を正確に予測して先手を打ち、ルパンを見事に逮捕する。
さらに、ガニマールは、ルパン脱獄も予測し、それを楽々阻止しようとするが、ルパンに裏をかかれ、脱獄を許してしまう。
去り際にルパンは、コンピューターは人間の気まぐれを予測出来ないことを言い残す。

ガニマールが使ったようなコンピューターは実現している。
アメリカのいくつかの州では、犯罪が発生する前に、犯行現場に警官が現れるという、驚くべきことが起きているが、それが、AI(人工知能)とビッグデータの力だ。
では、ここでも、犯罪者が、気紛れで予定を変更したら、コンピューターの裏をかけるだろうか?
答は「イエス」と思う。
だが、現代の想像力を失くした人間には、気まぐれな発想が出来ないのだ。
また、発想貧困だから犯罪なんかするのだ。

あなたは、気まぐれが出来るだろうか?
ほとんど出来ないかもしれない。
学校や会社は、生徒や社員の気まぐれを許さない。
あなたは、気まぐれを起こさない人間に教育されている可能性が高い。

だが、実は、コンピューターは人間の気まぐれをあてにしていると言ったら驚くだろうか?
今後、AIが進化し、人間を超え、そんなAIが、さらに、自分を超えるAIを生むということが起こる。
そうしたら、地球の支配管理はAIが行うようになる。
その時、人間はどうなるかというと、人間は人間で、労働する必要もなく、平和に暮らすと予想する人がいる。
ドワンゴの川上量生会長や、科学者で芸術家でもある落合陽一さんのような、超優秀な人達が、そう言っておられたように思う。
まあ、そうだとしよう。
しかしね、それだと、AIも人間も絶滅するのだ。
知能を持ったAIは、生命と変わりがない。
言い換えれば、生物と非生物の区別に意味はなくなる。
そして、生命というものは、進化か退化かのいずれかであり、進化しないなら、退化し、それは、滅びの道である。
だが、進化するためには、「予測出来ない出来事」が必要なのだ。
それは、未来においても、1つには、自然災害や環境変化といった、地球の変動として起こる。
だが、それは、進化に必要なほどには、頻繁に起こらない(起こったら困る)。
また、それが大変動でもない限り、AIは対応出来てしまう。
そして、大変動であればあったで、滅ぶか、やり直すかのどちらかになり、やはり、進化に結び付かない。
そこで、人間に出来てAIに出来ない、「気まぐれ」が必要になる。
だから、AIは、人間を滅ぼすことなく、進化のために必要な「気まぐれ発生装置」として、大事にしてくれることだろうし、人間が気まぐれを発揮できるよう、自由も与えてくれるはずである。
昔のSF作家達には、こういったことが見えていなかったので、AIが人間を奴隷のように支配したり、人類を絶滅させるといった暗い世界を想像したのである。
そんなことをしたら、AIは自分の首を絞めることになるのだ。AIに首があるかどうかは知らないが(ないって…)。

だが、気まぐれな発想の出来ない人間は今でも困るのである。
気まぐれっていうのは、決して、怠惰や自分勝手ではない。
豊かな感性と想像力での発想と行動である。
普段聴かない音楽を聴いたり、普段食べない料理を食べるなどは必要なことだ。
そして、気まぐれなことが出来る人ほど、成功度が高いのである。
逆に言えば、気まぐれが出来ない人には、幸運も寄り付きようがない。
だから、予想外のことが起こるのを喜び、楽しめなければならないのである。。

AKB48やモモクロのような人気アイドルも、予想外のことがなければ、衰え、消えてしまう。
人気アイドルだって、リスクを恐れ、斬新なことをさせなければ、すぐに人気がなくなってしまうのだ。
だけど、初音ミクさんは、いつも驚かせてくれる。
もし、ミクさんが普通のアイドルのようになったら、やっぱり消える。
それが、『初音ミクの消失』になる。
だから、ミクさんも、そして、ミクさんを愛する我々も、冒険を恐れてはならない。
我々は、恐れを知らぬ冒険家でなければならない。
伊藤博之社長さんは、それをよく分かっていると信じている。
あるいは、私を顧問に雇いたまえ。ミクさんと一緒なら給料は安くて良いから。
我が名は「気まぐれ」である。
ニーチェも、気まぐれこそ、貴族の特性と言ったものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

景気の良い顔をすることの魔力

景気の良い顔をしなければならない。
不景気な顔をしていたら、不景気なやつしか寄ってこない。

1日百万円入ってきている顔をするのだ。
彼女は百人いるって顔をしたまえ。

「女には不自由しっぱなしだ」と欝々とした顔で言うより、見栄でも、俺はモテると景気の良い顔で言う方が良い。
もちろん、私はモテてモテて(笑)。
可愛い女の子なんて、それだけで景気が良いはずなのに、不景気な顔をしていたら、二十歳になってなくても、本当にブスになってしまうのだから恐ろしい。
しかし、顔やスタイルなんか関係なく、また、80歳や90歳になったって、景気の良い顔をしている女性は可愛いし、景気の良い顔をした男は格好が良いのである。
トラインの本にも、80歳過ぎて25歳にも見えない女性の話があるが、別に不思議なことではない。
宇宙人なら200歳でも二十歳前に見えるらしいが、別に、宇宙人と地球人に本質的違いはないのだそうだ。
問題は心なのだよ。

男は、1日百万円入ってきている顔をするものだが、女はどうだろう?
女は慎みが大切だ。
だから、本当は男の10倍が良いのだろうが、3倍の3百万円で手を打つのだ。
それで、「私ってなんて慎み深いのかしら」と自分に酔い痴れれば、自分も気持ちが良いし、慎み深さで魅力百倍アップだ。
そのくらい景気良く考えないと駄目だよ。
女は、男に関しても、百人は、ちょっとはしたない。
3人で我慢するのだ。ハリウッドスターと億万長者の御曹司とスポーツのスーパースターで、たった3人だ。
そのくらい慎みがあれば、神様だって「そのくらいなら・・・」って、すぐにくれることだろう。

ルパン三世のように、景気の良い、ふてぶてしい顔で笑うのだ。
女なら、百カラットのダイヤを手に入れた峰不二子ちゃんのような顔をするのだ。
あんな顔をしているから、彼らは、70歳過ぎてもちっとも老けないのだよ。

いつもハイテンションでいろって言うのじゃない。
景気の良い顔をするのは、万物の霊長たる人間の義務と言って間違いないのである。
サルはいつも不景気な顔をしている。
そこがサルとヒトの違いなのだよ。
景気の良い顔をしたサルがヒトに進化したのだ。
だから、あなたはサルに逆戻りしてはならない。
もっと景気の良い顔をして、天使にレベルアップするのだ。
景気の悪い顔で欲望だけ燃やせば、悪霊の餌食になるだけである。
だが、景気の良い顔をすれば、全能の宇宙の活力が協力し、本当に景気が良くなるだろう。
景気が良ければ、誰にでも、何にでも優しく出来るし、人類や万物に貢献し、世界を前に進めることが出来るのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

知らず知らずにプロフェッショナルになる秘訣

「金持ち」って職業などはないと、本当に実感している。
当たり前のことであるが、なぜかそれが分かっていない人が結構いる。
金持ちというのは、何かの仕事で成功したついでになるものだ。
つまり、何かの仕事で、プロとしても秀でて、初めて、金持ちへの道が開けるのである。
だが、仕事で成功したからといって、必ずしも金持ちになれる訳ではない。
むしろ、一流になっても、サラリーマン並の金も残せないことの方が圧倒的に多いのだと思う。

そして、多くの人が、ビジネスで金持ちになろうとする。
ビジネスと格好良く言ったところで、商売と言うのと全く同じである。
ところが、商売でなら金持ちになれると思う錯覚も実に多い。
一流の商売人になるというのは、一流のピアニストや一流の野球選手になるのと何ら変わらないのだ。
良い商売人というのは、親が立派な商売人であることが多い。
ピアニストになるには、幼い頃から練習を始める必要があるが、商売人も似たようなものなのだ。
商売のことを何も考えず、商売の修行をしたことも無い者が、いい年になってから「よし、商売をやろう!」というのは、やはり、いい年になった人間が、「さあ、ピアニストになろう!」とか、「サッカー選手になろう!」と言うようなものである。
商売というのは実に難しいし、修得すべき知識や経験、心構えや哲学があり、それを身に付けるには、子供の頃から始めても、10年やそこらでは全然足りないのだ。

私は、全く、ビジネスセンス・・・つまり、商売人感覚が無いことを、いくらか商売をやって、本当に身にしみた。
商売の実力は、とてもではないが、短期間で身に付くものではないし、ましてや、多くの人が大誤解しているように、すぐにできるようなことでは全くないと思い知ったのである。
だから、商売の経験もないのに、親から譲り受けた資産で商売をやると、たちまち一文無しどころか、莫大な借金を抱えてしまい、人生を棒に振ることになる。

では、何かで一流のプロであるわけではなく、商売の修行をした訳でもない我々は、一体どうすれば良いのだろう?
まずは、何か好きな仕事で、一流とは言わないまでも、プロと言って恥ずかしくない程度になることだ。
ゼネラリストというのは、スペシャリストの経験がなければ、決してなれるものではない。
まともなゼネラリストというのは、いつでも、スペシャリストに戻れる者のことである。
プロになるには、最低10年はかかる。
10年以内でなったものは、全然大したものではない。
まして、1年だの、数ヶ月で、何かできるようになれるだのとは決して思うな。
まあ、それが分からずに騙されたり、惨めな境遇のままで終る者も多いのであるが・・・

だが、あまり心配しないで良い。
上に書いた注意を、当たり前のこととして受け入れれば、時が味方になってくれる。
自分は少しも大した者ではないと自覚し、身の程をわきまえて働けば、知らないうちに一目置かれるような者になっているのである。
むしろ、「この仕事で一流になってやるぞ!」と思って過度の努力をする者というのは、モノにならないものなのだ。
『ルパン三世 血の刻印 ~永遠のMermaid~』というアニメ作品の中で、ルパンに、「お前は何のために泥棒やってるんだ?」と聴かれた次元が、「美味い酒を飲むためさ」と即答したのが、実に素晴らしかったと思う。
あれこそが、プロの真髄であると思う。
つまり、過ぎた欲望を持たず、自然に入ってくるもので満足し、全てを成り行きに任せるが、かと言って怠惰にならずに運命を楽しんでいれば、嫌でも成功するのである。
商売人ではないのだから、豪邸に住み、ベンツに乗るような金持ちにはならないかもしれない。
しかし、そんなことはどうでもいいと思うほど、生き生きとした楽しい人生を送れるようになるのである。
だいたい、ルパンや次元、それに、五右衛門も、金そのものに何の執着もなく、大した暮らしをしていない。だが、楽しそうなのである。
そんな姿を描いているからこそ、40年以上も人気を保つどころか、ますます人気が高まっているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード