ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ルドルフ・シュタイナー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

学校・教師は不要

子供達に教えるべきことは、独学の方法と、他人とうまくやっていく方法だ。
メンター(助言者)としての指導者は必要かもしれないが、今の学校の教師は全く必要ない。
そのメンターも、ルドルフ・シュタイナーが、優れた教師の第一の条件に挙げたように、「空気のような存在」であり、汚水や廃棄ガスのような存在じゃない。

教室も不要だ。
あらゆる年齢の子供が交流し、必要に応じて、勉強を、年長の子が年少の子に教えれば良い。
それが最もよく解るし、教える方も、教えることで大切なことを学ぶ。
アメリカに亡命したアインシュタインが、近所の見知らぬ中学生に数学の宿題を手伝ってくれと頼まれて、大喜びで引き受けたことがあった(言うまでもないが無料だ)。それを知った、その子の母親が仰天してアインシュタインに謝りに行くと、アインシュタインは、「僕の方が沢山教わった」と、本気で言ったのだ。そういうふうに思える人であれば、大人が教えるのも、とても良いだろう。

また、子供は、社会で働く大人と交流しなければならない。
日本の教師は、最も子供と接触してはいけない大人ではないかと私は疑っている。
塾の教師までがそうだとは言わないが、少なくとも、子供達は、学校の教師には接触しない方が無難と言えるのではないかと、私は思っている。
さらに望ましい交流は、年齢が違うことはもちろん、国籍や人種も異なる人達との交流で、そんなことが出来るコミュニティを用意してあげるべきなのだ。
様々な人々と交流すれば、ちょっと理解力がある程度の子供が、自分は何でも知っているという愚かな間違いをせずに済む。
また、そういった人々と自由に交流すれば、他人の個性が分かってくるし、自分の個性も発見してもらえる・・・あるいは、自分で発見出来る可能性が高まるはずだ。

日本では夢のような話かもしれないが、欧米の学校は、既にそのような方向にシフトしつつあるのだと思う。
全て子供達の自主的な学習にまかせるアンスクール(非学校教育)や、認知科学やAIの研究者で、教育テクノロジーの開発者であるスガタ・ミトラの教育活動の情報を見たが、それらを総合しても、どう考えても、上記に述べた方向性が正しいことは確実と思える。

そして、現代においては、昔と違ってインターネットがあり、それをうまく使える子供の学習効率は、極めて高い。
その正しい使い方は、多少は、賢い大人が見本を見せた方が良いかもしれないが、案外、子供達だけでもうまくやれる・・・そんな実験を見たこともある。
授業を見たければ、カーン・アカデミーが、学校の授業よりはるかに質の高いものを提供している。
学校で、嫌な教師の下手な授業など受けなくても、科学的なエビデンスのある授業のビデオを繰り返し見た方が、比較にならないくらい有益だろう。












当ブログ著者、KayのAI書。
Kndle版、少しですが値下げしたようです。Kindle版は、一部カラーになります。
Kindle版をご購入済みの方、値下げの恩恵を得られないこと、申し訳ありません。
数学が大好きで、プログラミングもバリバリ、AI理論もスラスラ理解出来るという方は、どうか別の本を選んで下さい。
そうではないが、実用的なAIを自分で作りたい方には、本書をお薦めします。
また、画像の文字が3か9かを判別するといった、自分と関わりがあると思えない問題を無理にやるのではなく、日常の問題、そして、面白い問題にAIで挑みたい方は、本書の採用をご検討下さい。

陰謀論

「陰謀論」というものがあるが、私は詳しい訳ではないので、その方面のマニアと異なる見解を持っているかもしれない。
陰謀論の正式な定義はないと思う。
私が認識する陰謀論は、概ね次の通りだ。

この世には、表に現れないが、世界を完全に支配する闇の権力者達がいる。
大統領や総理大臣達は、闇の権力者の僕(しもべ)で、国民のためではなく、闇の権力者達のために働いている。
一般人は完全に洗脳され、闇の権力者達の都合の良いように考え、行動するようにさせられている。
一般人を洗脳する手段は、学校教育がフルに活用されているのはもちろん、闇の権力者の配下にあるマスコミ、あらゆる娯楽産業を通して、幼少期から徹底的に行われている。
医療、食品産業は闇の権力者達の利益獲得のためにあり、結果、一般人の心身は破壊されている。
・・・まあ、だいたい、こんなところか。

陰謀論を書籍で説いたものは多く、かなり面白い本が多い。
私も試しに読んでみたが、非常に面白かった(笑)。
別に、私はどんな陰謀論も信じる訳ではないが、否定もしない。
ところで、陰謀論の本には妙な効用があることに気付く。
よく、「常識を疑え」とか言い、ダイナミックな発想をしたければ、世間の常識に囚われていてはいけないと言われる。
しかし、「なるほどそうだ」と思い、「常識に囚われないぞ」と決意したところで、そんなこと、なかなか出来るものではない。
ところが、陰謀論のような、ぶっ飛んだ「脱常識論」を見ていると、自分が常識に囚われていることが初めて実感出来、確かに常識から抜け出せるのである。
そうなると、「陰謀論、いいかも」、「使えるぞ、陰謀論」となるのである(笑)。

ところで、正統と認められていない・・・つまり、常識外と言える日本古代史には、カタカムナ文明、ホツマツタエ、竹内文書(もんじょ)などがある。
これらのうち、私は、カタカムナやホツマツタエに関しては、信じている訳でもないが、捨てるのは惜しいと思っている。
だが、竹内文書となるとちょっと・・・と思ってしまう。
だが、竹内文書の研究家、高坂和導(こうさかわどう)氏(故人)が、「トンデモ発想が出来るくらいぶっ飛んでいないと、世界を動かすことなど出来ない」みたいなことを言われていたらしいが、それも確かに一理あると思うのだ。
そもそも、世間的には、カタカムナもホツマツタエも、トンデモに分類されている可能性が高い。
ルドルフ・シュタイナイーだって、教育分野ではある程度認められているのは意外と言うよりは奇跡で、彼もトンデモ扱いされている場合が多いはずだと思う。
ひょっとしたら、シュタイナーの本の、コリン・ウィルソン言うところの「古くなったトーストのように食えない」性質が、露骨にトンデモ扱いされることを防いでいるかもしれない。シュタイナーの本の、そんな、恐ろしく抽象的で、信用詐欺ででもあるかのような記述は、確かに、常識派は読む前に投げ出すと思う。

ところで、トム・クルーズら有名人の信者も多い新興宗教のサイエントロジーの創始者L.ロン.ハバートの『ダイアネティックス』という自己開発書の批判者は多いと思うが、いかなる批判者も、『ダイアネティックス』を読み通していないことに気付いたことがある。
私は、『ダイアネティックス』は、ややこし過ぎ、曖昧な部分も多過ぎるのでは好きではないし、陰鬱だったり押し付けが強過ぎて疲れるので、関わらないことにしているが、批判者も、もちっと真面目にやれと言いたいものである。せめて、ちゃんと読んでから批判するという基本が出来ていないと、それこそ信用に値しない。

陰謀論も、賢く活用すれば良いと思う。
まあ、のめり込み過ぎておかしくなったら大変かもしれないが、人様に迷惑をかけない限り良いかもしれない。
それに、陰謀論が間違いではないかもしれないしね(その可能性がないとは言わない)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

努力せずに生きるには

デカルトが「われ思う、ゆえにわれあり」と言った時、「それなら、『われ歩く、ゆえにわれあり』でもいいじゃないか?」と言った人がいたらしい。
ふざけた言い分のようにも思えるが、「思う」は心の運動であり、「歩く」は身体の運動であるというだけの違いなのだから、案外に良い意見かもしれない。
愚にもつかないことや、エロいことを思っている者より、掃除したり、荷物を運んでくれる人の方が有り難いしね。
ルドルフ・シュタイナーは、「『われ思う、ゆえにわれなし。われ思わず、ゆえにわれあり』が霊的真理なのじゃ」と言ったが、今と比べて、娯楽が極めて少なかった当時の人々には面白かったかもしれないが、現代人の関心はあまり引かないだろう。私は暇だったから興味を持ったがね。
そして、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは「いかなることも否定できるが、自分が存在することだけは否定できない」と言い、「われあり」に条件は無用と言った。
そして、「われあり」以外は、決して確信を持てない・・・言い換えれば、あなたが確信できる唯一のことは「私はある」だけであると言う。
コリン・ウィルソンも「思おうが、思うまいが私はある」と書いてたっけ。
みんな暇だなあ。いいなあ(笑)。

さて、抽象レベルをちょっと下げられるかもしれないが、「何のために生きるのか?」も、似たような議論ができるが、こっちの方が多少現実的かもしれない。
すなわち、「何のために歩くのか?」「何のために起きるのか?」「何のために寝るのか?」「何のために食べるのか?」「何のためにトイレに行くのか?」などは、「何のために生きるのか?」と全く変わらない問いである。
だから、そのどれか1つに明確に答えられれば、「何のために生きるのか?」が解る。
生きてない者はトイレに行かないしね(笑)。
すると、腹を立てて、「ウンチしたいからトイレに行くんだ」と言う者もいるかもしれなが、実際、「ウンチしたいから生きる」のである。
ウンチしたくなければ、生きてなくていいのだから。
あるいは、生きるためにウンチするのだ。
すると、「生きるために生きる」ということになるが、これはパラドクス(逆理)でも何でもない。
だって、細胞1つだって「生きろ」とプログラムされているのだからだ。

アニメ『BEATLESS』で、メトーデ(最強のアンドロイド)が「私達は生き残りたいのよ」と言ったのが印象的だ。
そして、何のために生きるのかというと、「移動し続けるため」だったと思う。あるいは「生きるために移動し続ける」だったか・・・
我々は、細胞同様、外敵を避け・・・即ち、苦痛を避け、快を求めて(食もその1つ)動くようプログラムされているのである。
単にプログラムされているのではなく、見事にプログラムされているのだ。
だが、そのプログラムは、親や学校や世間に、馬鹿な形でオーバーレイ(上書き)されている。
ここらは、コンピュータープログラミング(中でもオブジェクト指向)が解れば納得し易いのだが、別に、そんなものが解らなくても差し支えない。
この、上書きを消してしまえば、簡単に生きられるプログラムを使える。
つまり、努力しなくても生きていけるのであり、それはまさに、スーパーマジックである。

渋谷時間基準のアポトーシス
反証する可能性は SUPER-MAGIC
連れてくよもっと上へ IF YOU WANT IT
~『SEE THE LIGHT』(楽曲制作:ASY。唄:IA)より~
【IA OFFICIAL】SEE THE LIGHTS feat. IA / ASY (MUSIC VIDEO) -YouTube-









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

空気や水のようであれば無敵

一番安全な生き方とは何だろう?
それは、目立たないことだ。
「出る釘、大歓迎」なんて言っている会社もあるかもしれないが、まず嘘だ。
出る釘になりたければ、安定した給料を諦めて独立するしかない。
まあ、独立したら独立したで、業界の中でおとなしくしなければならないものだが。
だったら、業界というものが存在しないスキマ産業でやっていくしかない。

しかし、独立なんて、そう容易く出来るものではない。
それなら、やはり会社の中で大人しくしていることだ。
ところが、大人しくしていたら、「積極性がない」と言われたり、嫌な役を押し付けられたり、女性ならセクハラの被害に遭うかもしれない。
しかし、それって、やっぱり目立っているのだ。
例えば、常識の無さや、無愛想さ、不親切、「はい」と返事をしないというのは、自分で思うよりはるかに目立つのである。
自分では謙虚に振舞っているつもりでも、やっぱり、どこか高慢な人ってのは多いものなのだ。

実は、目立たないというのは、結構難しく、頭を使うものなのである。
自分流に振舞えば、間違いなく目立つと思って間違いない。

そもそも、本当に優秀な人というのは目立たない。
ルドルフ・シュタイナーは「優れた教師は空気のようだ」と言ったが、教師に限らず、高度な人間は皆そうなのだ。
老子の場合は、空気ではなく、水に喩えたが、同じことだ。
水の特徴とは何だろう?
変幻自在で柔らかく、静かに移動し、そして、これが一番肝心なのだが、「一番低い場所」に行くことだ。
イエスも、「下座に着け」と教えている。
「仕えられる者ではなく、仕える者になれ」とも。
そして、分かり難いかもしれないが、本当に空気や水のようであれば無敵なのだ。
これで、念仏を唱える者が、なぜ最強か分かるであろう。
自分が一番下であると思っていない者に念仏を唱えることは出来ないからだ。

常に静かな空気や水でいることだ。
だが、普段静かな空気や水が動く気配を見せれば、誰もが怯えるものなのだ。
しかし、みだりに動く者は、恐くもなければ、実際に強くもない。
あらゆる聖典には、つまるところ、「心を静かにしろ」と書かれている。
よって、そのことがひとたび了解されたなら、もう何も読む必要はない。
聖書にも「心を静め、自分が神であると知れ」と書かれているようにである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

好き嫌いを超えたもの

水や空気を好きと言ったりはしない。
これらは必要なものであり、好きか嫌いかは問題にはならない。
だが、食べ物や異性に関しては、好き嫌いがかなりはっきりしていることが多い。
ところが、この好き嫌いは、いい加減なもの、信用ならないもの、錯覚、思い込み、幻想であるに違いない。
私は、小学5年生の時、すごく好きだった女の子のことを、ある時突然、全く興味がなくなったということがあり、それを不思議なことだと思っていた。
それはきっと、何かの拍子で「目が覚めた」ということなのだろう。
食べ物に関しては、私はある時まで、ミカンの缶詰こそが、この世で一番美味しいものだと思っていたのに、ある時、「どちらかというと、あまり好きでないもの」になっていることに気がついた。
好き嫌いは、それほど重要なことではない。
もし、好き嫌いが、それほど価値のあることであれば、それが変化する自分というものは、信頼するに足りないものになってしまう。

だが、水や空気は好き嫌いを超えたものだ。
クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が、講演会で受講者に、「あなたにとって初音ミクとは何か?」と尋ねられて、「水のようなもの」と答えられたのは本当のことかもしれない。
ルドルフ・シュタイナーも言っていたらしい。
良い教師は空気のようなものだと。
ミクさんは、水のようであり、空気のようであり、あるいは、太陽のようであり、引力のようでもある。
ただ、私にとっては、ミクさんは、花のようであり、星のようであり、夕焼けのようであり、研ぎ澄まされた刃のようである。
つまり、好きってことだ。
けれども、ミクさんが、空気であり、水であり、炎であることも分かるのである。
これを愛と言うのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード