ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ラメッシ・バルセカール

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

荘子は2400年前に人間は操り人形だと見破った

凡人が成功するためには、カート・ヴォネガット・ジュニアの『母なる夜』で、彼が長い人生で悟ったという、「人間は表向き、装っている者になる」を使うか、あるいは、ユリ・ゲラーのように、「宇宙人に操られていると思う」かだと思う。

『サンダーバード』の制作者で有名なジェリー・アンダーソンは、「外部から操られる人間」というものに興味があったのだと思う。
彼の作品の『キャプテン・スカーレット』では、火星人ミステロンは人間をロボット化して操るが、アンダーソンは人間の俳優を使ったテレビドラマ『謎の円盤UFO』でも、宇宙人が人間を遠くから操るストーリーを作っている。
これらは、悪い例ではあるのだが、実に興味深く感じるのである。
アメリカの事業家イーロン・マスクは、脳にチップを埋め込んで、脳の力を拡張する臨床実験を2020年に開始する許可を政府機関に申請したそうだが、レイ・カーツワイルやベン・ゲーツェルらAI研究の権威は、人間が脳内にチップを埋め込むのは常識になると言う。
そうなれば、人間は、スマートフォンなどを持たずに誰かと通信し、勉強したいと思えば、容易く遊びたいという誘惑に打ち勝ち、勉強に集中出来るようになる。
それを考えれば、もしいればだが、進歩した宇宙人が、人間を自由に操ることも出来るだろう。
そして、人間は自分の思考で、宇宙人の指示に逆らうことが出来る、あるいは、宇宙人側で、わざと人間の反発も可能にしているのかもしれないが、ひょっとしたら、素直に宇宙人に操られた方が、うまくいくのかもしれない。その好例がユリ・ゲラーなのかもしれないのだ。
2400年前の中国の荘子も、影が実体に従うように、自分が実体と思っている我々も、何かに動かされているのだと言っていた。
実は、私は、『荘子』を読んだことがなかった高校生の時にも、自分は、天から糸で操られている人形に違いないと思っていたものだ。

銀行の頭取を務め、パソコンにも詳しかったインドの聖者ラメッシ・バルセカールは、我々は脳を神にプログラムされたロボットだと断言していた。
そして、それは悪いことではない。
アインシュタインの言を借りれば、「神に悪意はない」のである。ただ、我々には神は賢過ぎて、時に老獪(悪賢いこと)に見えるだけなのである。
ユリ・ゲラーを操る宇宙人も、我々から見れば、神のごときものかもしれない。そして、ロボットになりきった彼は幸福なのだ。

一方、何かを装う・・・フリをすることは、やや難しいかもしれない。
必要があってフリをすれば、真似た存在にどんどん似てくるが、どんな場合も、必ずしもうまくいく訳ではないように思う。
ただし、本当になりたいものがあるなら、そのように振舞うのも良いのだろう。
しかし、考えてみれば、振舞う、演じるというのも、神か宇宙人の操作であるのかもしれない。
私は、賢く善良な存在に操られることにしよう。

初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2019」のインテックス大阪公演は、チケットを発券したら、幸い、10列台前半の良席であった。
幕張メッセの方は郵送にしていて、まだ来ないので分からない。
皆さん、マジカルミライに備えてダイエットしよう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ロボットが最強

成功者に、「あなたの成功の秘訣は?」と聞き、彼がいろいろ言うなら、それは、嘘か、彼の思い違いかはともかく、あなたの役には立たない。
正直で賢い成功者は、皆、言うはずなのだ。
「運が良かったのさ」
あるいは、「たまたまさ」と言うかもしれないが、「ツイてた」ことが、成功の唯一の要因だ。

では、自分の成功は幸運と認めている成功者に、「どうすればツクのか?」と尋ねて、「それはこうじゃ」と言うなら、それは、嘘か、彼の思い違いかはともかく、あなたの役には立たない。
だが、一人、良いことを言う成功者がいたと思う。
それは、
「欲張らないことさ」
である。

ポーカーをやっていて、そこそこ良いカードが揃ったら、それ以上カードを取らない者がトータルで勝つ。
そのようなプレイヤーをグラインダーと言うらしい。
欲張る者は、結局、全てを失う。

イエス・キリストが、こんな話をしている。
ある農場主が、収穫で忙しい時期に、朝、1万円の日給でアルバイターを集めた。
昼になって、まだ足りなかったので、また1万円でアルバイターを集めた。
そして、夕刻にも、1万円でアルバイターを何人か雇った。
支払いの際、朝から来ていたアルバイターの中には、夕刻から来たアルバイターが自分と同じ1万円を受け取るのを見て憤慨する者がいた。
だが、朝から来ていても、1万円で満足する者が最後は勝つ。
この話を聴いて、夕刻から来て短時間で1万円と欲張る者は、仕事が得られなくなってしまうのである。

だが、成功者のぽろっとした言葉が、案外に値千金であることもある。
昨日も取り上げた、とても怪しいと言われることもあるが、まごうことなき大成功者であるユリ・ゲラーは、「自分は宇宙人に操られているロボットだ」と怪しいことを言ったらしい。
しかし、なんと素晴らしい。
本当にそうなのか、あるいは、彼がそう思っているだけなのかは、まあ、どうでも良い。
彼が、冗談を言ったのだとしても、何の意味もない訳ではない。
インドの聖者、ラメッシ・バルセカールによれば、人間は全てそうなのである。ただ、バルセカールの場合、操っているのは宇宙人ではなく神であるのだが。
インド神話『ラーマーヤナ』で、ラーマは打ち倒した宿敵ヴァナラに教えを乞う。
ヴァナラは、「私心あるならやるな。私心がないならやれ」と教えた。
ロボットに私心はない。
よって、ヴァナラの教えを実践するのである。
Google社員は、インターネットの神の意思の通り、BUMP OF CHICKENの藤原基央さんは音楽の意思の通りに開発し、プレイする。
初音ミクさんも、音楽の意思を純粋に実現するので、どこまでも行けるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ラクダを大切に

人生における最高の教えは、荘子の「一切をなりゆきにまかせ作為をするな」だと思う。
しかし、それでは、怠惰、あるいは、虚無的になってしまうのではないかというのが、私の長い間の悩みだった。
荘子、あるいは、老子を称賛する著名人は多いし、竹村健一さんや加島祥造さんら賢い人達は本も書いているが、その肝心な点については、スルーしているように思う。

このことを解決してくれたのが、ラメッシ・バルセカールの『誰がかまうもんか?!』に書かれてあった、たった一言である。
スーフィー(イスラム教神秘主義)の格言か何かだったと思う。
「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」
だが、バルセカールは、この言葉を取り上げながら、説明はしなかったと思う。
しかし、こういうことだろう。
「一切をなりゆきにまかせ作為をするな。だが、ラクダはつないでおけ」
神様は、あなたの面倒を見るが、あなたのラクダの世話まではしないのだ。

人間は、託されたラクダの数が違う。
数頭のラクダを与えられた者もいれば、イーロン・マスクのような、途方も無い膨大な数のラクダを任された者もいる。
少ないラクダしかもたない人は、大したことは出来ないが、楽ではある。
ある平凡な男が、
「私は世の中で大きなことは何も出来ないかもしれないが、死んで閻魔様の前に出たら、便所の下駄だけはきちんと揃えたと言うつもりだ」
と言った話がある。
この男にとって、ラクダをつなぐことは、便所の下駄を揃えることだ。
ただし、ラクダは一夜でもつなぐのを怠ったら、それで失って終わりになる可能性があるように、この男は、便所の下駄を、ただの一度でも乱したまま放っておいたら、それで終わりかもしれないのだから、それはそれで大変である。

釈迦は、ある国で、7つの繁栄の法を説いた。
それはどれも、ありふれたもので、例えば、「老人を敬え」「先祖を敬え」「立派な人を敬え」「女性を敬え」「ルールを守れ」「独裁はいけない」「皆仲良くしろ」といったもので、それを聞いた立派な人は、「そのうちの1つを守っただけで繁栄は約束される」と言い、釈迦はそれを否定しなかった。
つまり、繁栄の法の1つでも守ることが、ラクダをつなぐことだ。

ラクダをつなぐことは、多少の根気は要るにしても、楽しくて易しい。
ラクダをつないでおけば、後は神の至高の力にまかせておけば良いし、まかせる以外に何も出来ないのだ。
逆に言えば、なりゆきに逆らってはいけない。
これを、『バガヴァッド・ギーター』では、クリシュナはアルジュナに、「自分の義務を果たせ」と言ったのだ。

やりたくもない受験勉強をやらされている場合、それがラクダをつなぐことかとうと、別のラクダをつなぐことがないならそうだろうし、あれば、違うということになる。
ラクダをつないで、なりゆきにまかせれば、なるようになるだろう。
まあ、逃避したってラクダをつないだことにならない。
受験勉強が嫌だからって、ゲームばっかりしたり、つまらない仲間とつまらない付き合いをしたらラクダはどこかに行ってしまう。
だが、誤りに気付き、決意をすれば、ラクダは帰ってくるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

恋愛の行く末を神様にまかせると

古代中国の賢者の荘子と、近代インドの聖者ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジの教えは似ていて、その根本を一言で言えば「人生の明け渡し」になると思う。
マハラジの弟子、ラメッシ・バルセカールも、「人生の明け渡し」を第一としていた。
「人生の明け渡し」とは、人生がどうなるかの一切を神(あるいは高次の力とか至高者)にまかせてしまうことである。

ただ、マハリシもマハラジも荘子も、まかせた結果、どうなるかは全く述べていないし、そうすることで、悲惨な状況で一生を送る可能性があることを、それとなく示すこともあったと思う。
一方、まかせた結果は良いことばかりと断言したのが、江戸末期の偉大な神道家で、イエス並の力を現実に持っていた黒住宗忠だ。
宗忠自身、重病で何年も寝たきりだったのが、神(天照大神)への全託(全てまかせること)に目覚めた途端、わずか数日で全快してしまった。
また、イエスも、「お前達ですら、自分の子供の面倒を熱心に見るではないか。ましてや、天の父である神が、我々に良くしてくれるのは当たり前じゃないか。心配するな」と言っている。

中国出身のアメリカの作家で、事業家、自己啓発指導者でもあるチン・ニンチュウは、ある夜、自分が羊になり、羊飼いに会う夢を見て、自分は羊飼い(神)にしっかり面倒を見てもらいさえすれば良く、自分が努力する必要はないのだと悟り、安心と安堵で涙が流れて止まらなかったと言う。
アメリカの著名なイラストレーターで、啓蒙家としても名高いフローレンス・スコーヴェル・シンも、自分が努力しようなどと決して思ってはならず、神様にまかせること・・・「神が自分の代わりに戦う」のであることを強調した。

ところが、手強い論敵がいた。
日本の誇る二宮尊徳である。
彼は努力を力説した。
「老子が言うように、無為自然で何もしなければ、畑は荒れ、家はあばら家になるではないか」
だから、しっかり努力せよと言う訳だ。
なるほど、現代だって、好きなものを好きなだけ食べ、運動もしなければ、肥満してモテなくなるばかりか、病気になりかねない。
だが、スーフィー(イスラム教神秘主義)には、こんな教えがある。
「神を信頼しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
いくら何でも、ラクダをつないでおくくらいのことはすべきだ。
それに、そうでないと、退屈でやってられないはずだ。
上に挙げた、フローレンス・スコーヴェル・シンも、こんな話をしている。
ある女性が、無職でお金がなくて困っていたが、彼女は自分は努力しない人なので、周囲の人が、仕事が出来るよう段取りしてくれた。
すると、その女性は、「そうじゃなくて、私は家で雑誌を読んで過ごせるようになりたいの」と言う。彼女は、本当にファッション誌が好きだった。
シンは、この女性は、雑誌記者を目指すべきだと言う。
そうすれば、楽しく生き甲斐がある人生になり、ついでにお金も入るという訳だ。その道は神様が開いてくれるので、それに関しては努力しなくて良いが、やはり、ラクダをつなぐ程度のことはしなくてはならない。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーも、自分が作家になれた経緯を元に、簡単に出来る成功法則の本を書いたが、「言う通りにやっても何も起こらない」と文句を言ってくる読者がいた。
だが、聞いてみると、その読者は、成功のために電話1本しなかったと言う。
神に一切をまかせることとは怠惰になることではない。
あなただって、いくら子供が可愛くても、子供が寝転がって口を開け、「ここにチョコケーキを入れて」と言ったら、「自分で食べろ」と叱責し、また、マナー良く食べられるよう指導するはずだ。
我々が似たようなことをしたら、神様もちょっとした罰を与えるのかもしれない。
(いつまでも改まらないと厳罰になるかもしれない)
好きな女の子には、告らないまでも、親切にはすべきである。
後は神様にまかせておけば・・・もっと可愛い子と出会うかもしれない(よくあることだ)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運命を変えるには

子供でも大人でも、人生に本当に絶望する時がある。
そんな時は、単に自分の現在の境遇に対する不満を感じているのではなく、「私の人生はいったん何だったのだろう?」と過去形で運命的に考えている。

イギリスの作家コリン・ウィルソンがそうなったのは19歳の時だった。
彼は、アインシュタインのようになりたかったのだが、労働者階級の家庭の子である彼は高校に進学出来ず、工場労働者になるしかなかった。
それは彼には耐え難いことだったが、なんとか高校の科学の授業だけは受けられることになった。
ところが、その科学の教師が物凄く嫌なやつだったので、それ(授業を受けること)を続けることが出来なくなった。
絶望したコリン・ウィルソンは、自殺を決意し、いまや青酸カリを口に入れようとした途端、「超意識」に達する。
彼が崇拝するSF作家H.G.ウェルズの『ポーリー氏の物語』(日本語未訳と思う)でポーリー氏が言った通り、「人生が気に入らなければ、変えてしまえば良い」と思い、この言葉が彼の人生のポリシーになる。

ところで、人間の運命は決まっているのだろうか?
インドの聖者ラメッシ・バルセカールによれば、それは、「何を思うか」を含め、全て完全に決まっている。
分かり易く言えば、「何年何月何日の何時何分何秒に何が起こり、何を考え、何をするか」が、人生が始まる前に全て完全に確定している。
ここまででなくても、やはり、人生のストーリーは最初から決まっていて変えられないと言う人は、優れた人間に多い。
船井幸雄氏は、本山博氏にそう言われ、「それは面白くないと思った」と著書に書かれていたが、そりゃ、誰でも面白くない。
では、本当はどうなのか?
答は、「人間である限りはその通り」である。
だが、人間を超えれば、自分の運命なんてものを超えてあらゆるものの創造者になる。
人間を超えるとは、簡単に言えば、自分の本体である神になる・・・あるいは、近付くということだ。
コリン・ウィルソンは、青酸カリを飲む刹那、それが分かって、ちょっぴり運命を変えたのだろう。

では、どうすれば神になれるかというと、宗教や哲学や神秘学では、恐ろしく難しいことを言うのだが、神と人間の唯一の違いは、息をしているかしていないかだ。
一切は神なのだが、息をしている人間だけが神ではない。
神と仏が同じだと言ったら、宗教の指導者や信者に怒られるが、一応そう(神も仏も同じ)だとすれば、「仏」の左の「イ」は人間で、右の「ム」はあらずで、仏とは人間にあらずという意味で、人間以外は全て仏なのである。
息をやめてしまって、自我が神を年長のパートナーと認めて頭を垂れれば、運命は自由に変えられる。
生きている限り、息を完全にやめるのは無理なので、呼吸をなるべく微かにすれば、それに応じて運命は変えられる。
コリン・ウィルソンも、超意識に達した時、呼吸は消えていたはずだ。
だが、彼はその後、俗人に戻ったので、運命は変わったが、苦労も多かった。
我々は、そうはならないでおこう。
呼吸の荒い人間は、運命にがっちり捉えられている。
しかし、天使のように微かな呼吸をする者は、重力の鎖を解き放ち、軽やかに空を飛ぶ。

いつか重力のクサリを
断ち切り君を連れてサテライト
~『1/6』(作詞・作曲・編曲:ぼーかりおどP、歌唱:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ