ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ラメッシ・バルセカール

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

神様に責任を取ってもらうには

私は、人生に行き詰まった時・・・まあ、それほど行き詰まったことはないのだが・・・夏目志郎さんのやり方に倣うことにしている。
人真似・・・前に倣えは駄目だが、これは唯一、真似て良いことだと思っている。
中国のお金持ちのボンボンだった夏目さんが、戦後、高級車と大金を持って日本でビジネスを始めたが、詐欺に遭って膨大な借金を背負い、事故で脚を折り、まだ35歳なのに頭も禿げてきたという、散々な状況の中でやったことだった。
まあ、やったことと言っても、実際は何もしていないので「心で決めた」というだけのことである。
上のような、何もかも失敗続きの人生の中で、夏目さんは敬虔なクリスチャン(キリスト教徒)になったのだから、ある意味、宗教にハマったと言えなくもないが、あくどい新興宗教でなかったのが良かったのだろう。
夏目さんは、神様に、こんな感じで祈った。
「神様、これまでの私の人生の責任は私にあります。だけど、これからの人生の責任は、あなたに取って欲しいのです」
主旨はこれだけである。
そして、失業中の夏目さんは、具体的なお願いを1つした。それは、
「私はもう35歳です。生涯をかけられる、これはという仕事を下さい」
だった。
すると、翌日、百科事典を扱う外資系企業がスカウトに来て、夏目さんは百科事典のセールスマンになったのだった。

つまり、神様への全托である。
これは、ラマナ・マハルシや、ラメッシ・バルセカールといったインドの聖者達も「神への人生の完全な明け渡し」として推奨していることだった。
マハルシは無職だったが、バルセカールは銀行の頭取だった。
ちなみに、バルセカールの師匠は、小さなタバコ屋だった。
日本でも、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が、神様に「丸ごと」まかせてしまう「まること」の教えを説いている。
宗忠もまた、病気で長年寝込み、もう駄目(もう死ぬだろう)という状況で、神様(天照大神)に祈ったのだった。

神様に全托するにはどうすれば良いかというと、別に何もない。
「まかせた」と思えば良いのである。
ただ、日本やインドでは、神様の名を唱えることが習いになっている。
キリスト教やユダヤ教では、神の名を口にしてはいけないということがあるらしいが、夏目さんのように「責任取って下さい」と言うのも分かり易い(笑)。
まあ、神様は全托すれば、必ず責任を取ってくれる。
人間のチャラい男と違って力があるからね(笑)。
「南無阿弥陀仏」という念仏は、「阿弥陀様に全ておまかせします」という意味で、念仏を唱えれば、阿弥陀様(あるいは阿弥陀仏が象徴する万能の力)が責任を取ってくれるわけである。
日本にも、「十言の神呪(とことのかじり)」と言って、天照大神の名「アマテラスオホミカミ」と唱える神呪(まじない。真言)がある。
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)の名を唱えることや、造化三神を含むという「サムハラ」を唱えるというものもある。
自分が好きな名を選んで唱えると良い。
要は、まかせたということを自覚すれば良いだけである。

神様にまかせたら、怠惰になるかというと、そういうこともあるかもしれない(笑)。
以前は、そんなことはないと思っていたが、どうなるかは神様次第だ。
ただ、まかせたからには、どうなっても文句を言ってはならないのだと思う。
しばらくは散々な目に遭い、いわゆる「試される」かもしれない。
まあ、不純だったり、甘かったりすると、試されるのかもしれない。
あるいは、大物になる素質があれば、大いに試されるかもしれない。
だが、あまり苦しくなく、楽が出来るように(笑)、十言の神呪を熱心にやろうかと思う。








人間最大の力

私は、中学生の時だったが、優秀な人間であるかどうかは「気付き」で決まると確信した。
「直観」と言っても良いと思うが、本当に必要なことや重要なことに気付く力である。
例えば、普通の母親なら、子供の様子を一目見るなり、「何かあったな」と気付くもので、これが母親が持つ真に偉大な力のはずが、現在は、そんな力がない母親が多いのではないかと思う。
良い投資家なら、為替の動きをざっと見れば、コンピューターで分析しても分からないような市場の裏の動きまで気付いてしまうし、さらに、より重要なことに気付く投資家が成功するのだろう。
良い教師であれば、生徒の微妙な反応を見て、教えたことを理解しているか、誤解しているか、全く分かっていないかが即座に分かるし、生徒が理解していない時、その原因まで気付けるのである。
良いプログラマーなら、複雑なプログラムコードをざっと見て、考えるより先に、「あ、このあたりに問題がある」と気付くのである。

日系の女性精神科医ジーン・シノダ・ボーレンの『タオ心理学 ユングの共時性と自己性』という本に、こんな話がある。
病院で、夜、ボーレンが入院患者を見回っていた時のことだ。
ある男性老人患者が、ボーレンに、自分の杖をもらってくれと言う。
だが、その杖は、その老人のほとんど唯一の所有物だった。
しかし、ボーレンは何かに気付き、杖を受け取った。
翌朝、老人は亡くなっていた。

気付く力を持っていれば、世界は平和であり、あらゆる問題は即座に解決する。
逆に言えば、気付けないから問題が起こり、悲惨になってしまうのである。
もし、人類が、気付きの力を失ってしまえば、人類は絶滅するのだが、どうも、その方向に向かっている。
2020年のアメリカ合衆国大統領選挙で大規模な不正があったか、新型コロナウイルスワクチンが安全かそうでないかは、誰でも気付くことであり、まして、それらに関わる重要な立場の人達が気付いていないわけがないが、そんな重要な気付きを無視したり、逆らったりすることは、悪魔の配下に下るということである。

インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジがこう言ったらしい。
「私の言うことを信じるなら、あなたは純粋な気付きだ」
では、気付く主体は何だろう?
心や脳ではない。
もっと深いもので、意識と言うのが適切だろう。
そして、マハラジの弟子のラメッシ・バルセカールはこう言う。
「意識が神である」
純粋な気付きを無視したり逆らったりすることは、神に背くこと、つまり、悪魔に従うことである。
そして、現代人の多くは、喜んで悪魔に従っているのではないだろうか。








自分とは何か?

1900年頃、インドのラマナ・マハルシが「私は誰か?」という大命題を発したと言われている。
ただ、マハルシは、インドの方言の1つであるタミール語で「ナン・ヤー」と言ったのであり、マハルシと同時代の聖者ニサルガダッタ・マハラジの弟子のラメッシ・バルセカールによれば、この言葉は、「私は誰か?」と言うよりは、「この自分とは何か?」という意味であるという(『誰がかまうものか』より)。
また、『ラマナ・マハルシの教え』を翻訳した山尾三省氏は「私とは?」という短い言葉にしていたようである。

しかし、「私は誰か?」でも「この自分とは何か?」でも、「私とは?」でも、答は同じで、もう分かっている。
伝統やしきたりでは、そんな答を明かしてはならないのかもしれないが、そうとは思えない。
答は、「私は存在するという感じ」だ。
まあ、この「感じ」のところが微妙で、いろんな言い方がある。
例えば、
「私は存在するという感覚」
「私は存在するという自覚」
「私は存在するというフィーリング」
「私は存在するという気分」
などだが、「気分」「フィーリング」などというのは個人的なもので、全ての人の共通の認識になり難い。
例えば、ベルリンフィル演奏の『新世界』を聴いた時の、各自の「フィーリング」「気分」などは千差万別とも言えるだろう。

また、さらに大きな問題にぶつかる。
それは、「存在する私とは何か?」である。
いったい、私の何が存在していると言えるのか・・・ということだ。
それに関しては、マハルシは、私とは身体ではなく、心でもないと言い切っている。
これでは、堂々巡りだ。
だが、ご安心を。
ラマナ・マハルシは、それについては答を示している。
それはこうだ。

たえず、「私、私、・・・」と思っていると、意識はハートに集まる・・・と。
このハートは心臓のことかというと、少し違うようだ。
マハルシは、ハートの位置は、胸の中央から指2本分右と言う。
ただし、それが経験的なものであることを、本人も認めている。
マハルシが言うには、人間が無意識に自分を指さす時、その部分(胸のやや右)を指さすのだそうで、そのようでもあるが、よく分らない。
ところで、『波動の法則』の著者、足立育朗氏は、『波動の法則 実践体験報告』の中で、自分や自分の研究所の人達は、心臓が胸の中央に移動していると言う。
それも何か関係があるのかもしれない。
『バガヴァッド・ギーター』には、神は心臓に棲むという記述もある。

いろいろ述べたが、結局のところ、存在する私は、意識のことであると言って良いだろう。
あるいは、胸のあたりを意識しながら「私」と思っても良い。
とにかく、「私は存在する」と感じることが重要だ。
それが、最上の瞑想であると思う。
初めのうちは、心の中で、静かに、ゆっくり、丁寧に「私は存在する」と唱えても良い。ただし、口で言ってはならない。
そうしていると、自ずと、「私は存在する」という感じが明確になるだろう。
そうすれば、信じ難いかもしれないが、眠っていても、「私は存在する」という自覚の記憶が残るようになる。これは、ニサルガダッタ・マハラジも述べていたことだ。

ヴァーノン・ハワードの書に、こう書かれている。
解脱すると、「あなたは誰か?」と聞かれても、黙って笑っているようになる。
答は「私は存在するという自覚」なのだし、それは幸福な感じなのだから、確かにそう反応するしかないだろう。
そのようになれば、全知万能ではあるが、どちうからというと、「何でも出来る何もしない人」みたいになるのだと思う。
しかし、実際には、何でも出来るのである。








失われた言葉

インドの聖者ラメッシ・バルセカールが言うところでは、グル(師)の重要な役割は、弟子の心の導火線に火をつける必殺の「一言」を見つけてやることらしい。
これは、悟りを開くための大きなきっかけとなる一言だろうが、世俗的なことで成功した人の中にも、恩師に言われた一言が成功のきっかけだったと言う人もいる。
しかし、誰にだって、その人に相応しい必殺の一言がある。
ところで、インドの聖者ラマナ・マハルシによれば、グル(師)と真我(真の自己)とは同じである。
このグルは様々な形を取るので、人間の姿で必殺の一言を教えてくれることもあれば、本の中の言葉であることもある。
伝説によれば、釈迦は水浴をしている時に、近くを通りかかった老人が、「弓の弦(つる)は引き締め具合は強過ぎても弱過ぎても駄目だ」といった意味の歌を歌うのを聞いて、「両極端に陥らないことが重要である」と悟ったという。

いつかくれたWords(コトバ)
心に響いてる、だから…
~『Diamond Days 』(作詞・作曲:Hayao Konishi。唄:IA)より~

そして、大抵の人は、必殺の一言を既に聞いているか見ているのではないかと思う。
その時、少し、「あっ」と思ったかもしれないが、心が曇っているので、それを拾い上げることなく過ごしてしまったのだ。
しかし、それほどの言葉であるのだから、思い出そうと思えば思い出せる。
思い出の中で、ぼんやりしているが、何か重要なことがあったように思うことがあれば、その時に、何かの言葉を聞いたり見たのかもしれない。
その言葉は、思い出せたとしても、割と平凡に思え、少しもエキサイティングでないかもしれない。
だが、釈迦にとっての必殺の一言だって、とても平凡なものだったのだ。

私が大好きな人気漫画・アニメ『まちカドまぞく』の2人のヒロインの場合、彼女達の重要なWordは、魔法少女の桃は「フレッシュ・ピーチ・ハートシャワー」で、魔族の少女(主人公)の優子は「危機管理」だったが、まあ、とにかく、何かの言葉がある訳である(笑)。
『美少女戦士セーラームーン』でも、セーラームーンが必殺技で使う言葉は、いつでも、セーラームーンの心に勝手に浮かんで来た言葉だった。
漫画やアニメではあるが、さりげなく、重要なことを教えてくれているのである。

尚、必殺の一言は、アファーメーション(肯定的断言)とは異なり、心の中で自然に響き続けるものであるが、記憶から消えてしまっていては、まだ根付いていないかもしれない。
子供の時や十代の時に好きだったもの、好きだったことは何だろう?
大抵は、その中にヒントがある。
それを思い出し、大切にすれば、人生は急上昇し、向かうところ敵なしである。
尚、アファーメーションとは異なると言ったが、アファーメーション自体は、何でも良いのであるが、必殺の一言が、好きなアファーメーションと関係する場合は多いのである。
そして、必殺の一言を知っているほど、自分に適したアファーメーションを見つけ易い。
七田眞氏の本にあった、「神様の奇跡が起こる」という言葉を唱え続けたホームレスが、この言葉を見つけたのも、彼が神様を信じる何かの言葉があったからだと思うのだ。

オクシデンタル石油の伝説のCEO、アーマンド・ハマーは、7歳の時に必殺の一言「自分より優れた人の役に立つ」を得たそうだ。
それで彼は、歴代の米ソの首脳と親交を結び続け、90歳を過ぎても自家用ジェットで世界を飛び回ることになったのだ。
さて、あなたが子供の時に大切にしていたものは何だろうか?








超他力本願主義

人生をうまく生きるために覚えておくべき3つのことと言えば、私なら、次のことを思い浮かべる。
1つは、江戸末期から昭和初期の農民であった因幡の源左(いなばのげんざ)という人物の話だ。
草刈りに行き、牛に刈った草の3束を乗せたが、彼は牛を可愛がっていたので、自分も1束担いで帰路についた。
ところが、担いだ草が重くて耐えられなくなり、牛に「すまん」と謝って自分の分も担がせたが、牛は全く平気だった。
これで源左は悟りを開いた。
全て仏様(阿弥陀如来)にまかせてしまえば良い。自分が赤ん坊とすれば、仏様は逞しく賢い大人のようなもので、仏様は、源左である自分の問題など、あまりに容易く解決してしまえるのだ。
これは、イエスが「重荷のあるものは私に預けよ」と言ったのと同じだ。
ラマナ・マハルシも、「電車に乗ってまで、自分の荷物を抱えて苦労する必要はない。神はいかなる重荷にも耐える。荷物を降ろして安心しなさい」と言ったようだ。
余談を言うと、源左の畑の、大根だったか芋だったか忘れたが、泥棒に掘り起こされて盗まれたことがあった。すると、源左は畑に鍬を置いておくようになった。
泥棒が手で掘って手を怪我したらいけないと思ったからだそうだ。

2つ目は、ラメッシ・バルセカールが講和の中で引用した、スーフィーの格言だ。
「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」
自分で出来る簡単なことは自分でしなければならない。だが、それだけやれば、後は神様にまかせておけば良い。
そもそも、人間に出来ることは、たかが知れている。
実験で確認されているらしいが、簡単な算数の問題を解いている時は脳全体が活性化するのに、高度な数学問題を考えている時は、脳のごく一部しか活性化しないらしい。
つまり、人間が考えるべきことは易しい算数程度なのだ。だが、そんな算数はしっかりやらないといけないのだ。

3つ目は、雑誌に書かれていた、敬愛するUFO研究家、矢追純一さんへのインタビュー記事にあった、矢追さんの言葉だ。
それは、「僕は頭が悪いので、考えることを諦めた」だ。
彼はきっと、算数程度のことはしっかり考えたが、後は、大きな力にまかせたのだろう。だから、高度な数学問題を解決するレベルの仕事が出来たのだろう。

そう 気がついたの 私の悩みは
星達より ずっとずっと ちいさいのにね
なぜこんなに 苦しかったのだろう
身をまかせて 空を見上げ 時を待とう
~『Shooting Star』(作詞・作曲:KURIS・YUICHI NAKASE、編曲:TeddyLoid。唄:IA)より~
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO)







プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード