ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ラメッシ・バルセカール

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

運命を変えるには

子供でも大人でも、人生に本当に絶望する時がある。
そんな時は、単に自分の現在の境遇に対する不満を感じているのではなく、「私の人生はいったん何だったのだろう?」と過去形で運命的に考えている。

イギリスの作家コリン・ウィルソンがそうなったのは19歳の時だった。
彼は、アインシュタインのようになりたかったのだが、労働者階級の家庭の子である彼は高校に進学出来ず、工場労働者になるしかなかった。
それは彼には耐え難いことだったが、なんとか高校の科学の授業だけは受けられることになった。
ところが、その科学の教師が物凄く嫌なやつだったので、それ(授業を受けること)を続けることが出来なくなった。
絶望したコリン・ウィルソンは、自殺を決意し、いまや青酸カリを口に入れようとした途端、「超意識」に達する。
彼が崇拝するSF作家H.G.ウェルズの『ポーリー氏の物語』(日本語未訳と思う)でポーリー氏が言った通り、「人生が気に入らなければ、変えてしまえば良い」と思い、この言葉が彼の人生のポリシーになる。

ところで、人間の運命は決まっているのだろうか?
インドの聖者ラメッシ・バルセカールによれば、それは、「何を思うか」を含め、全て完全に決まっている。
分かり易く言えば、「何年何月何日の何時何分何秒に何が起こり、何を考え、何をするか」が、人生が始まる前に全て完全に確定している。
ここまででなくても、やはり、人生のストーリーは最初から決まっていて変えられないと言う人は、優れた人間に多い。
船井幸雄氏は、本山博氏にそう言われ、「それは面白くないと思った」と著書に書かれていたが、そりゃ、誰でも面白くない。
では、本当はどうなのか?
答は、「人間である限りはその通り」である。
だが、人間を超えれば、自分の運命なんてものを超えてあらゆるものの創造者になる。
人間を超えるとは、簡単に言えば、自分の本体である神になる・・・あるいは、近付くということだ。
コリン・ウィルソンは、青酸カリを飲む刹那、それが分かって、ちょっぴり運命を変えたのだろう。

では、どうすれば神になれるかというと、宗教や哲学や神秘学では、恐ろしく難しいことを言うのだが、神と人間の唯一の違いは、息をしているかしていないかだ。
一切は神なのだが、息をしている人間だけが神ではない。
神と仏が同じだと言ったら、宗教の指導者や信者に怒られるが、一応そう(神も仏も同じ)だとすれば、「仏」の左の「イ」は人間で、右の「ム」はあらずで、仏とは人間にあらずという意味で、人間以外は全て仏なのである。
息をやめてしまって、自我が神を年長のパートナーと認めて頭を垂れれば、運命は自由に変えられる。
生きている限り、息を完全にやめるのは無理なので、呼吸をなるべく微かにすれば、それに応じて運命は変えられる。
コリン・ウィルソンも、超意識に達した時、呼吸は消えていたはずだ。
だが、彼はその後、俗人に戻ったので、運命は変わったが、苦労も多かった。
我々は、そうはならないでおこう。
呼吸の荒い人間は、運命にがっちり捉えられている。
しかし、天使のように微かな呼吸をする者は、重力の鎖を解き放ち、軽やかに空を飛ぶ。

いつか重力のクサリを
断ち切り君を連れてサテライト
~『1/6』(作詞・作曲・編曲:ぼーかりおどP、歌唱:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

モテたかったら少しは良い服を着ろ

ラメッシ・バルセカールの本で見つけたのだが、スーフィー(イスラム神秘主義)の格言に、
「神を信用しろ。だが、駱駝はつないでおけ」
というものがあるらしい。
バルセカールが、どんな意味で言ったのかは知らないが、私は、即座に気に入ってしまった。
そして、今では、これが人生最良の心構えだと思う。
これを忘れなければ、まあ、困ったことにはならないし、望みを叶え損なうこともない。

神は自分の内部にいる。
それは間違いない。
本物の賢者は例外なく、そう言う。
そして、イエスが断言した通り、神は、どんな願い事も叶えてくれる。
ミルトン・エリクソンは、「無意識を信用しなさい」と科学的に言ったが、無意識の中の力が神の力だ。
それは、想像を超えた、途方もない力である。

ニートだが働きたければ、願えば、神は良い仕事をくれる。
だが、よほど優れた技量を持っているのでない限り、誰かが、自分のところまで、うやうやしくスカウトに来るはずがない。
それなのに、良い仕事の情報が目に入ったのに電話1本もしなかったり、誰かから、「こんな仕事があるが、一緒に見に行かないか?」と誘われても、面倒臭がって見に行かなければ、仕事は得られない。
ところが、そんな人間は多い。
神を信用すべきだが、駱駝をつなぐ程度のことはしなくてはならない。

神様は慈悲深いので、可愛い彼女や格好いい彼氏が欲しければ、ちゃんと引き合わせてくれる。
だが、それなら、普段から、ちっとは良い服を着たり、少しは食を慎んでダイエットしたり、たまには良い本を読んで心を磨いたりといった程度のことはしなければならない。
だが、それを全くせず、相変わらず汚い格好で、だらしない生活をする者に、素敵な彼女や彼氏が出来るはずがないじゃないか?

忘れてはならないのは、あらゆる達成は、自分と神との共同作業であり、神は年長のパートナーであるということだ。
仕事のパートナーがいかに優秀でも、自分は何もせずに遊んでいたら良い成果は得られない。自分がパートナーに著しく劣るとしても、パートナーを信用すると同時に、自分も出来ることをしなければならない。
だが、多くの人は、怠惰に何もしないか、余計なことをするかのどっちかなのだ。

私は、昨年も今年も、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」のSS席のチケットを得るための宿泊プランへの申込みに遅れ、初めはチケットを得られなかった。
だが、がっかりしながらも、その後、さりげなく申込みサイトを確認したら、希望する条件に合うコースに空きが出ているのを見つけ、無事、申込めた。
昨年も今年もそうだった。
神を信用すべきだが、駱駝はつないでおく・・・この場合、申込みサイトを確認するくらいは、しなければならないのである。
昨年と今年の「マジカルミライ」のおかげで、この大切なことを改めて感じ、しっかり覚えることが出来た。
やはり、ミクさんは私を導いてくれる天使だなあと、つくづく思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運命はほとんど決まっているが

運命が初めから決まっているかどうかについて、私は以前は、100パーセント、完全に決まっているという思想に同意していた。
何時何分何秒に、髪の毛1本がどんな動きをするかまで、生まれた時、あるいは、宇宙が出来た時に全部決まっているというものだ。
これは、インドのラメッシ・バルセカールや、日本のMRTの内海康満さんの本で見ることが出来る。
荘子も、運命は決まっていると何度か述べているが、どの程度まで決まっているのかまでは分からない。
親鸞は、動物の毛の先ほどの小さな罪ですら、過去や前世の行いによるものと言いはしたが、どんな運命も全て決定済みと言った訳ではないと思う。
また、ラメッシ・バルセカールは、運命は完全に決まっていると言いつつ、自分のアドバイスに従わなかった人が自殺することになったといった因果関係も述べている。そして、そのようなことは、内海康満さんの本の中でもあったと思う。

もちろん、本当のことが私に分かる訳ではないが、いろいろな人の考え方を見たり、自分で理屈で考えたり、経験を省みながら勘を働かせたりすると、運命は、凡(おおよ)そ決まっているが、いくらか未確定の部分もあるのだと思う。
どのくらい決まっているかというと、まあ、80~90パーセントといったところだと思う。
プロ野球選手になりたいと思っても、素質の問題も含め、そうなる運命でなければ、まずなれない。
作家、歌手、画家、社長、ダンサー、あるいは、コンピュータープログラマーだってそうだ。
「夢を諦める」とか言うのではなく、なれないものはあるのだということは、早く理解しておいた方が良い。
世の中には、傍目には「絶対無理」と分かっているのに、「アイドルになる」「女優になる」といつまでも言っている人もいる。
あるいは、二十歳もとおに過ぎて、平凡な社会人チームからすらお呼びでないのに、「プロサッカー選手になる」と、無駄な努力をしている人もいる。
そんな人達は、ごく若いうちなら、夢を追いかける楽しさもあるのかもしれないが、いい年になってきたら、面白いはずがなく、本心は、辛い、苦しい、虚しい・・・だろう。

十代 ドヤ顔で悟った人
二十代 恥に気づいた人
三十代 身の丈知った人
そのどれもが全部 同じ人
~『すろぉもぉしょん』(作詞・作曲・編曲:ピノキオP、歌;初音ミク)より~

だが、正しい方向に行けば、人生は楽しくなるのである。
このことを、中国の作家チン・ニンチュウは、「運命には負けないといけない」と表現し、ジョージ・ワシントンは、運命に逆らっていた時は、恥が多く、他人に迷惑をかけ、自分も辛い人生だったが、運命に負けて従った時に輝き始めたのだと言う。
ジョセフ・マーフィーの本でも、自分は女優になるのだと言う若い女性に、マーフィーは「幼い夢はもう卒業しなさい」と諭し、彼女はそれを受け入れ、真面目に事務員として働いていたら、勤務している会社の若社長と結婚することになった。
まあ、「私は年収一千万円以上の人とでないと結婚なんかしない」という、「幼い夢」から醒めない女性も多いようであるがね。

運命に従うには、まず、過去や現状を肯定することだ。
多くの人にとって、既に起こったことや今の状況を受容するのは、辛く惨めかもしれない。
しかし、そうすれば、本当の運命が開ける。
それを楽に、すみやかにやるには、パワーポーズ(ガッツポーズ)と、念仏や真言を称えることである。

哭(な)いていた 唯 哭いていた
他人眼(ひとめ)につかない世界で
其(そ)して恥を知り 惨めになれば
全てが廻りだした
~『心臓デモクラシー』(作詞・作曲・編曲:みきとP、歌:初音ミク)より~








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

暇が最も人間を駄目にする

ゲーテが、「何もしないくらいなら、どんな下らないことでもやった方が良い」と述べていたと思う。
理由は書かれていなかったと思うが、私は高校生の時にそれを見て、全くその通りだと思ったものだ。
では、何でも良いのなら、ゲームをしたり、映画やアニメを延々と見たりはどうだろう?

解剖学者の養老孟司氏は、若い人達に、充実して生きるためには、「身体を使って働きなさい」と何かで言われていたと思う。
ラメッシ・バルセカールも、何でもいいから、生活費を稼ぐためのことを、何かしなさいと強調していたと思う。
結局、そういうことだ。
もっと根本的に言えば、ごく普通の能力を発揮することをやれば良いということなのである。
そのためには、お金を稼ぐために働くことが最も良い。
ただ、珍しいことではあろうが、私のように、若い時から、会社の中でずっと暇だったという人もいるし、私の知り合いだった社長さんは、サラリーマン時代、部屋の中で、ずっと新聞を読んでいなければならなかった(つまり閑職に追いやられていた)と言われていた。
そんなものは、お金を稼ぐためであっても駄目だ。
通常の能力を発揮しなければならないのである。
身体を使った労働であれば、何らかの能力を使うし、そもそも、若い人なら、身体を使う以上の能力がない場合もあるので、それが一番間違いないのである。

確かに、ゲームでも、反射神経を競うようなものではなく、頭を使うもの・・・例えば、戦略を立てなければ勝てないようなものなら、良いかもしれない。
実際、高度なシミュレーション・ゲームみたいなものは、実用的な知的能力を伸ばすことが出来るかもしれない。
しかし、それだけでは、たとえ優れた能力を磨いても、その能力を発揮する機会に恵まれず、宝の持ち腐れになる可能性が高い。
ゲームとは異なる部分の能力・・・たとえば、ある程度のコミュニケーション能力や世間的常識を、仕事を通じて習得しておかなければ、仮に特別な能力を持っていても、なかなか、それを活用することは出来ないのだ。

ところで、なぜ能力を発揮しなければならないかというと、人間は、何もしなければ、つまらないことを考え、その考えが心を汚染するからだ。
ここはとても重要である。
私は、引きこもっていてずっと暇だったから、それが本当であることがよく分かるのである。
その時、つまらないことばかり考え、心が汚染されてしまい、それは今でも暗い影になっている。
どうしても何もやることがないなら、呪文を唱えると良いと思う。
ただし、何もしていない間ずっと唱えるくらいの気持ちでなければならない。
念仏でも良いし、般若心経の呪文でも良い。
少し気に入りさえすれば、何でも良いのだ。
念仏や呪文は、荒い想念を起こさないための、不思議な響きを持っているのである。
それら(念仏や呪文)は、隣の人にも聞こえないくらい、小さな声で唱えるのが良い。
心で唱えても良いのだが、それだと、心が想念に乗っ取られてしまうことが多いのである。

だが、やはり、出来れば、生活費のために、何でもいいから熱心に働いた方が、効果は高いのだと思う。
とはいえ、働けないなら仕方がない。
そして、念仏や呪文を唱えていれば、私のように、やがてチャンスが訪れ、働けるようになると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

挫折した時、こう考えれば人生は急上昇する

考え方を変えて、人生が良い方向に急展開した人がいる。
そんな興味深い実例を採り上げる。

今は聞かなくなったが、夏目志郎さんという超一流のセールスマンがいた。
彼は日本に帰化したが、元々は中国人だ。
彼は戦後、大金を持って日本に来たが、詐欺に遭い、一文無しどころか、多額の借金を背負ってしまった。
さらに、事故に遭って脚を折るなど、彼の前半生は散々であった。
ところが、少し前にクリスチャンになっていた夏目さんは、こんなふうに神に祈ったらしい。
「神様、これまでのことは私の責任です。でも、これからのことは、あなたが責任を取って欲しい。私ももう34歳なので、一生の仕事が欲しい」
翌日、すぐに神の導きがあった。
外資系企業が、夏目さんをセールスマンとしてスカウトに来たのだ。
それから、夏目さんはセールスマンとしての才能を開花させ、成功への階段を駆け上ることになる。

「神様、責任を取って」という発想は、とても良い。
さらに面白いのは、「これまでのことは私の責任」としたことだ。
実際は、これまでのことも、神の責任である。
なぜなら、全ては神の意思によらなければ起こらない。
だが、夏目さんは、それを自分の責任としたことで、ある大変なことを成し遂げたのである。
それは、自分が神に近付いたということなのだ。
だって、神様に責任があることを、自分の責任と言ったのだから、自分は神でないといけないのである。
これは、神になるための非常に優れた思考法だ。
ニーチェやイェイツもそれを知っていたが、皆、散々な人生を歩んできたから分かったのである。

あなたのこれまでの人生も散々だったかもしれない。
ならばあなたも、同じように考えると良い。
「これまでの散々な人生の責任は私にある。しかし、今後の人生の責任は神様に持っていただく」
後半は、一見、不遜な考え方である。
しかし、そうではない。
これは、自分は無力と思い知ったからこその発想なのだ。
仏教的に言えば、自力から絶対他力に切り替えたということだ。
自分には何も出来ないから、阿弥陀如来という絶対者に全てをまかせる証として念仏を唱えるという、浄土仏教の教えである。

インドの聖者ラメッシ・バルセカールは、
「あなたには何もできない。全て、神様にさせられるだけである。だから、全ての責任は神様が取ってくれる。あなたが責任を取る必要はない」
と教えた。
だが、インテリの彼の後の教えは難し過ぎた。
彼も、どうすれば良いということは教えたのだろうが、それは、ほとんど誰も出来なかったと思う。
だがら、夏目さんのようにやれば良い。
人生というのは、最初から最後まで順調ということはない。
どこかで必ず挫折する。
その時に神様に言うのだ。
「これまでの責任は私にある。しかし、これからの責任は神様が取って下さい」
そして、物事がうまく行き出したら、この成功は、我が力ではない、私はさせられているだけと自覚するのだ。
それで人生は約束される。
だが、我が力と思い始めた途端に急降下するのが、人間の常のパターンなので気をつけて欲しい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ