ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ラマナ・マハルシ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

簡単な悟りの開き方

悟りを開くことを、解脱とも言う。
呼び方は違うが、あらゆる宗教に悟りの概念があると思う。
芸術においても、岡本太郎の「爆発」、W.B.イェイツの「エクスタシー」、夏目漱石の「天賓」は、悟りの瞬間を意味しているのだと思う。

で、悟ればどうなるのだろう?
超人になるのかというと、真面目な宗教家は「そうではない」と言うだろうが、ある意味、超人になると言っても良いと思う。
では、悟りを開いて超人になった人に、「あなたにはすごい力があるのか?」と尋ねると、
「その通り。私に不可能はない」
と正直に答えてくれる人もいるが、
「いえ、私には何の力もありません」
と答える人もいる。
しかし、どちらの答も正しいと思う。
視点が違うだけだ。
「あなたは」に対応する「私」を、個人の自我とした場合には、自我には何の力もないので「私には何の力もない」と言うのは正しい。
だが、イエスがこう言ったことを思い出すべきだろう。
「私には出来ない。だが、神に出来ないことはない」
「神」とは、もう1人の大きな自分である。
小さな自分である自我には何も出来なくても、大きな自分(=真我=真の私=神)は何でも出来るし、自我は真我に命じる権限があるので、結果として、自我は何でも出来るのである。

だが、そんなわけで、自我は実際には何でも出来と言っても、
「いや、俺(=自我)は大したことは出来ないぞ」
と言いたい人がいると思う。
例えば、初音ミクさんのライブのチケットだって当てられない(笑)。
その理由は「悟ってない」からだ。
悟っていないと、つまり、解脱していないと、真の自分である神との通路が通じないのだからだ。
では、早速、悟らなくてはならない(笑)。
「いや、立派なお坊さんが何十年も厳しい修行をしても悟れないのに」と思うかもしれないが、瞬間的な悟りならすぐに出来る。

道元という、鎌倉時代の物凄く偉いお坊さんは、もちろん悟りを開いていた。
その道元は、『正法眼蔵』という、仏教史に残る大変な名著を書いている。
世界的なスーパー数学者だった岡潔さんは、この『正法眼蔵』を18年、意味が解らないまま座右の書としていたが、ある時、ぱっと解ってしまったらしい。これも悟りだ。
中山正和さんという、スーパー技術者で能力開発の大家だった人は、中学生の時、先生に、『正法眼蔵』の最初の『現成公案』だけ一生読めと言われたらしい。
そのおかげで、中山正和さんも悟りを開き、超人的な能力で凄い発明をいっぱいした。
で、道元がなぜ悟れたのかというと、彼の先生が「心身脱落」と言うのを聞いて、「おお!それだ」と思って悟りを開いたらしい。
「心身脱落」なら誰でも分かると思う。
心も身体も捨てる(忘れる)ということだ。

初音ミクさんの『Freely Tomorrow』という名曲(作詞作曲はMitchie Mさん)の最初が、
「心ごと体ごと 全部記憶の中の幻」
で、最後の方では、
「心ごと体ごと 全部脱ぎ捨てたこの魂」
と歌うが、まさにこれが心身脱落だろう。
よって、この歌を繰り返し聴けば悟りが得られる・・・多分(笑)。
いや、実際そうなのだと思う。
だが、もう少しお堅い話をするなら、インドの有名な聖者ラマナ・マハルシによれば「私とは?」と問い続ければ良いのだそうだ。
「私とは?」ではなく、普通、「私は誰か?」と訳されているが、原語はタミル語の「ナン・ヤー」で、それは、どちからというと、「私とは何か?」という意味になるらしい。
それなら、短く、「私とは?」と問えば良い。
マハルシの簡潔な教えは『私は誰か?』という短い冊子に書かれ、34ヵ国語のPDFが公開されている。
★Who am I? -Translations from original Tamil
この中の「JAPANEASE」をダウンロードすれば完全な日本語で読める。
時々、ミクさんの『Freely Tomorrow』を視聴しながら、常に「私とは?」と尋ねると、悟りの瞬間が訪れ、その時、意識しなくても、明確な願いが真我(=神)に届き、叶えてくれるだろう。
だから、明確な願いを持っておくと良い。
★【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』(完成)【オリジナル】~ニコニコ動画~
★【初音ミク】FREELY TOMORROW【Project DIVA Future Tone】~YouTube~








自分に向いたやり方で

何度かご紹介したことがあるが、世界的な教育学者、七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』に、とても楽しいエピソードがある。
それは、ホームレスの男性が、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱えていたら、2週間ほどしたら、数字が頭に浮かび、その通りに宝くじ(ロト6)を買ったら1憶円あたり、その後も、同じ言葉を唱えていたら、また1憶円当たったというものだ。
七田氏は、この話が誓って事実であることを、その著書の中で強調しているし、また、このホームレスのやり方が良いことも示唆している。

では、我々も、このホームレスと同じことをすれば、大きな幸運が得られるのかというと、それはそうだと思う。
ただ、このホームレスは、本当に暇で、やることがなかったから、1日中、その言葉を唱えていられた。
また、いかに簡単とはいえ、同じ言葉をずっと唱えるというのは、凄く忍耐が必要なことに思えるが、本当に暇な人にとっては、それほどでもないのかもしれない。
こんな考え方が良いのかどうかは無視して言うなら、このホームレスの、心というか脳が、異常とは言わないが、普通の人とは、やはり、どこか違うのかもしれない。
だから、そんなことが出来るのかもしれない。

中国の僧である道綽(どうしゃく)や、我が国の僧侶、法然は、1日中、念仏を唱え、その数は、1日6万とか7万だったと言われているが、彼らは修行というものを否定しているので、それを頑張ってやった訳ではないと見るべきだろう。
すると、習慣とか慣れの問題ということになるが、やはり、誰にでも出来ることとは思えない。

つまり、こういうことと思う。
あのホームレスの男性は、仕事をする運命になかったのだ。
インドの聖者、ラマナ・マハルシが、こんなことを言ったらしい。
「働く運命にあれば仕事は避けられない。だが、働く運命になければ、いくら探しても仕事は見つからないだろう」
つまり、現在の状況は運命なのだから、受け入れるべきである。
嫌な会社に毎日通勤する運命であれば、無理に辞めようとしても辞められるものではない。
成功した人の中には、勇ましく、「嫌な仕事はやめるべきだ」と言う人もいるが、それは出来ないのだ。
そんなことを言う人は、たまたま、自分はそんなことが出来る運命であっただけだ。

そこで、現状を肯定したまま、明確な目標を、少なくとも1つ立てなければならない。
例えば、その明確な目標が「作家になる」だとする。
その目標を忘れなければ、日常の中で、何かが起こる。それは、ささいなことかもしれない。
焦ってはいけないが、拒否してもいけない。
落ち着いた心で、起こることに柔軟に対応するのだ。
そうすれば、自然にうまくいくだろう。
だが、多くの場合、時が経つごとに、その「作家になる」という目標が、それほど魅力的だと思えなくなる。
その場合は、目標を変えることを躊躇してはならない。
目標の決め方、変え方については、『イット・ワークス』という、僅か30ページの本を参照することをお薦めする。
これは、最上の引き寄せの古典で、簡単でありながら、余計なことは一切書かれておらず、容易に正しい方法に取り組める。
インドの聖者、ニサルガダッタ・マハラジの明確な目標は、「私は至高の実在である」だった。
彼は、何の修行もしなかったが、この言葉を忘れなかったという理由だけで、7年で偉大な聖者になった。
彼の場合、この目標は師が与えてくれたのであり、師は、彼のことをよく知っていたのだ。
だが、我々は、自分の明確な目標は自分で決めないといけない。
そのために、『イット・ワークス』が役に立つだろう。








悪に情けを

親鸞聖人が、弟子の唯円に、「私の言うことを何でも聞くか?」と尋ね、唯円は「もちろんです」と答えた。
すると、親鸞は、「人を千人殺せ」と命じた。
だが、唯円は、「一人も殺せそうにありません」と言うしかなかった。
これは、唯円の著書とされる『歎異抄』に書かれていることだが、親鸞が、そんなことを命じた理由が素晴らしかった。
親鸞は、決して、「唯円よ、お前は善い人間だから、人殺しなんか出来ないのだ」などとは言わなかった。
そうではなく、親鸞は、
「唯円よ、お前に人殺しが出来ないのは、お前が善い人間だからではない。単に、人を殺す運命にないだけのことだ。殺す運命にあれば、私もお前も、人を殺してしまうのだ」
と言ったのだった。

我々も同じである。
いまどき、なかなか人殺しをやることはないが、そんな運命であれば、我々だって、殺人を犯すのかもしれない。
もう少し、深刻度が低いこんな話がある。
インドの聖者ラマナ・マハルシに、ある男が、
「隣の奥さんが魅力的でたまらない。間違いを犯しそうだ」
と相談すると、マハルシは何と、
「そうなっても悔やむな」
と言ったそうである。
どういうことかと言うと、彼が間違いを犯すか犯さないかは、彼の意思とは関係ない。
間違いを犯す運命であればそうなるし、そんな運命でなければ、間違いは起きない。
あるいは、マハルシは別の相談者に、
「働く運命にあれば、お前は働くことを避けられない。逆に、働く運命でなければ、いくら探しても仕事は見つからない」
と言ったらしい。

まあ、これらは、本当のことかどうかは分からないが、親鸞やマハルシが嘘を言うとも思えず、彼らはそう信じているのだろう。
そこで、こんなことを考える。
アメリカの、スーパー弁護士と言って良い凄い弁護士だが、リン・ウッド弁護士が、ツイッターに、
「バイデン、オバマ、クリントン(ビルとヒラリー)は、全員刑務所に入ることになる」
とツイートした。
これは凄いことだ。
こんなことを書いたら、名誉棄損で訴えられる危険があることは、ウッド弁護士は誰よりも知っている。彼は、特に人権弁護士として知られているのだ。
だが、これは、ウッド弁護士には、「訴えられるものなら訴えてみろ」という揺るぎない自信があることを示し、悪者に脅しをかけているのだ。
そうとしか考えられないではないか?
アメリカは正義の国であり、悪を許さず、断固として倒すことは、正しいことで良いことだ。
しかし、親鸞やマハルシからすれば、仮に、バイデンやオバマが、アメリカを滅ぼすような悪事を働いていても、ただ、彼らがそんな運命にあっただけで、彼らが悪人だからではない。
ウッドやトランプは、善い人間だからではなく、正義を行う運命であっただけだ。
無論、そうであっても、悪いことをすれば、確かに刑務所に入るしかない。
ならば、悪い運命を持ったことを同情する余地があるかもしれない。

確かに、そう思わないこともあるが、犯罪者のニュースを見れば、私は、「ああ、これ(犯人)は私だ」と思うことがある。
あるいは、犯罪でなくても、こんな話がある。
昔、ある剣豪がいて、ストイックに修行し無敵で、名声も高まっていた。
ところがある時、その剣豪と弟子達が宿泊している宿に、この剣豪の名を語り、高い講演料を取ったり、良家の娘をたぶらかす不埒ものが、たまたま泊まっていることが分かった。
剣豪の弟子達が、「行って懲らしめてきます」と言うと、剣豪は、「捨ておけ」と言う。
弟子達は困惑したが、剣豪は何も言わなかった。
剣豪は、こう考えたのだ。
「俺だって、あいつ(剣豪の偽物)のようなことをしたいのだ。あいつは、俺の代わりにやってくれている」
これは、あくまで時代劇ドラマであったが、なかなか感慨深かった。

イエスも言ったではないか。
「人を許せ。そうすれば、神もあなたを許してくれる」
自分の罪の大きさに自覚がないだけで、誰にも罪はある。
親鸞の教えでは、幸いにして、念仏さえ唱えれば、いかなる罪も許されるのだが、許されるとしても罪を犯すことは、実は、なかなか辛いことだ。
そして、人を許さなければ、自分もさらに罪を重ねることになるだろうと思う。








苦労なんかしない

恐れや不安がない人間は、楽しい人生を送ることが出来る。
では、恐れや不安の正体とは何かというと、世の中には、自分より強い人が沢山いて、その強い人達の多くが、自分に対して親切ではないという嫌な予想だ。
一番良くないのは、自分より強い人がいくらでもいて、その人達のほとんどが、自分に優しくないと思うことだ。
逆に、一番良いのは、自分より強い人もいるだろうが、そんな強い人は、皆、自分に優しいと思うことだ。

だが、このことをどう思うかは、ほぼ、生まれ育った家庭で決まる。
親が、子供に対し、自分の方がずっと偉くて強いことを見せつけ、しかも、(稀には優しいこともあるかもしれないが)子供をいじめてばかりいる・・・そんな親が実に多く、ある調査では、全家庭の8割以上の親がそうであるという話がある。
父親だけでなく、母親もほとんど同じ、あるいは、本質的には母親の方が子供をいじめているとも言われている。
ところが、学校、あるいは、テレビでは、「母の愛は海よりも深く」なんて教わるのだから、その子は頭が混乱して、思考力を失くす。
さらにまずいことがある。
それは、母親は、自分が子供をいじめることが大好きであることを巧妙に隠し、「海よりも深い愛」を注いでいるかのように見せかけ、子供もそれに騙されている場合が多いということだ。

上のような親のために無力感を持った人間は、世の中でうまくやっていくことが難しく、いつも弱い立場に立たされ、辛い人生を送る。
では、どうすれば良いかというと、ある庶民(貧しい百姓)の念仏行者の男の例が参考になる。
その男は、元々は念仏行者ではなかった。
ところが、彼が19歳の時、父親が亡くなったのだが、父親が最後に、「俺が死んだら親様を頼れ」と言う。
自分が親なのに「親様を頼れ」とは変な話であるが、この「親様」とは阿弥陀如来のことである。
阿弥陀如来とは、阿弥陀仏であり、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱える対象である。
彼は、父親が言ったことの意味がなかなか分からなかった。
ところで、彼は、飼っていた一頭の牛を大変に可愛がっていた。
彼が、その牛と、山に草刈に行った時のことだ。
草刈に励み、大きな草の束が3つ出来たので、牛に2束背負わせ、自分も1束背負った。
ところが、その1束が重く、歩くことが出来なくなり、牛に、「すまない」と言って、自分のも背負わせたところ、牛は全く平気である。
それで彼は悟った。
この牛でさえ、力ということではそうであるように、世の中には、想像も出来ないほど強い存在がいて、それが阿弥陀如来であり、その阿弥陀如来は、徹底的に優しい慈悲に満ちた存在であるはずだ。
彼は、お坊様の話を真面目に聞いていたので、そう確信したのだ。
それで、父親が言った通り、阿弥陀仏を親と思い、念仏を唱えて、全面的に頼ることにしたのだ。

イエス・キリストだって、「重荷があるものは私のところに来なさい」と言ったが、行ったらどうなるのかよく分からない。
しかし、ラマナ・マハルシが、よく分かるようにしっかり言ってくれている(イエスも分かり易く言ったのかもしれないが、転写や翻訳の際に、変な記述になったのかもしれない)。
マハルシは、次のように言っている。

どんな重荷を負わされようと、神はそれに耐える。神の至高の力がすべてのものごとを動かしているというのに、なぜわれわれはその力に身をまかせず、何をどうすべきか、どうすべきではないかと思い悩むのだろうか?われわれは列車がすべての荷物を運んでくれることを知っている。列車に乗ってまでも、自分の小さな荷物を頭にのせて苦労する必要がどこにあろう。荷物をおろして安心しなさい。
~『私は誰か?』より~
【PDF】私は誰か?

親と頼るべき存在のことは、神でも、仏でも、阿弥陀如来でも、潜在意識でも、呼び名は何でも良いと思う。
『イット・ワークス』の著者は「インマヌエル(我らの中にまします神)」と呼んでいるが、やはり、どのような名前で呼んでも構わないと述べている。
『イット・ワークス』には、そんな偉大な力の助けを確実に得る方法が書かれているし、トランプ大統領の愛読書『積極的考え方の力』(ノーマン・ヴィンセント・ピール)も、神の力を求める方法を書いたと著者が述べている。








奇跡のコマンド“AM”

無限の力につながる言葉は「AM(アム)」だろう。
それを示す証拠が多過ぎる。
日本では、まさに、「神(KAMI)」がそれになるし、日本の貴い神の名前がそうだ。
造化三神の「アメノミナカヌシ」「タカミムスヒ」「カミムスヒ」と、太陽神とされる「アマテラス」がそうである。

では、英語のGod(神)は違うのではないかというと、実は、英語で神を示すのは、AM Iであるという話がある。
この AM Iは、GOD AM Iなのであるが、GODは略すものらしい。
「私」が神であり、言葉としては、AM Iと唱えることが、秘密裏に伝えられている。
ジョン・マクドナルドの『マスターの教え』に、少しであるが、これに関すると思われる興味深い記述がある。

同じように、インドでも、「私」が神で、古代の言葉であるサンスクリット語では、私は「ハム(Ham)」で、やはり、AMを含む。
ラマナ・マハルシは、最も神聖なマントラ(真言)であるオームすら2番で、1番のマントラは「私」であると言った。
マハルシが使ったタミル語では「私」は「ナン」であるが、もしかしたら、「ナン」は「ナム」に近いのではないかと思う。

念仏は「ナムアミダブツ」であり、やはり、「ナム(NAM)」で始まるが、浄土三部経の原典には、「ナムアミダブツ」と唱えよとは書かれておらず、阿弥陀如来の名であるアミターバの名を唱えよと書かれている。
そして、アミターバはまさにAMで始まる。
実際は、アミターバではなく、アミタと唱えよと記述されているという話もあるが、いずれにしろ、AMの音からなる名である。
ところで、念仏の教えの起源は、天才宗教家と言われた龍樹にあるとされるが、その龍樹が、古い経典(華厳経)の重要箇所に注釈をつけた『十住婆沙論』の中に、仏の名を唱えることを薦める部分がある。
多くの仏の名が挙げられているが、その中でも、阿弥陀如来を特別視し、阿弥陀如来の名を唱えるよう書かれている。
勝手な想像だが、念仏の起源は、浄土三部経ではなく、華厳経であるのではないかと思う。全く専門的ではないが。
他にも、少しであるが、法華経の中にも、阿弥陀仏の名を唱えることの強い効果を記した部分もある。
やはり、アミタ、阿弥陀、アミターバ・・・と、純粋にAMで構成される名に特別な力があるのだと思う。

キリスト教では、イエス自身が「アーメン」という、やはり、AMで構成される言葉を使っていたことを考えると、いよいよ、AMという言葉、あるいは、音には、何かとてつもない秘密があるのだと思われるのである。

古代から使えられる呪文や真言ではないが、科学的に最も心身に良い影響を及ぼす言葉を作ったら、それは「ナ・ダーム」であったという話があるが、これは、最後がAMで終わる。
この言葉を唱えることで、末期の癌が治ってしまったという話もある。

世界的教育学者であった七田眞氏の著書に、ホームレスの男性が「神様の奇跡が起こる」という言葉を1日中唱えていたら、2週間ほどでだろうか、不意にその男性が宝くじを買いたくなり、実際に買ったら1憶円が当たったという話がある。
そして何と、その後も唱えていたら、また1憶円が当たったと書かれているが(七田氏は誓って事実と言う)、ひょっとしたら、「神様の奇跡が起こる」の「神」の部分の力が作用したのかもしれない。
念仏では、明治から昭和初期にかけ、ごく普通の庶民が念仏を唱えることで、不思議な存在となったことが数多く伝えられ、彼らは妙好人と称されている。
こんな話は、念仏以外の信仰では、そうはないと思う。
やはり、AMには、何かあるのだと思う。
さあ、念仏、あるいは、古事記の神の名、あるいは、神と唱えよう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード