ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ラマナ・マハルシ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

なずべき唯一の仕事

法然にとって、なすべき唯一のことは念仏だった。
念仏が仕事と言っても良い。
岡田虎二郎の言い方を真似るなら、法然は、生活しながら念仏をしていたのではなく、念仏しながら生活していたのである。

私は、微かな呼吸(最も静かな呼吸)をすることが仕事で、他には何もしない。
私が誰かと言えば、微かな呼吸をする者である。
この仕事を忠実に行えば、報酬は神が支払ってくれるのである。

ラマナ・マハルシは『私は誰か?』で、以下のように述べている。

どんな重荷を負わされようと、神はそれに耐える。神の至高の力がすべてのものごとを動かしているというのに、なぜわれわれはその力に身をまかせず、何をどうすべきか、どうすべきではないかと思い悩むのだろうか? われわれは列車がすべての荷物を運んでくれることを知っている。
列車に乗ってまでも、自分の小さな荷物を頭にのせて苦労する必要がどこにあろう。荷物をおろして安心しなさい。
◆「シュリー・ラマナアシュラマム」サイト内「教えの精髄」ページ ※『私は誰か?』はこのページから無料ダウンロード出来る。

なぜ、神にまかせることが出来ないのかというと、自我があるからだ。
自我が消えた意識を純粋な意識と呼んだ聖者がいたが、彼は次のように言っている。
「純粋な意識は深海のようなもので、何度もその状態になり、慣れてしまえば、海面である世間のものごとは子供の遊びになる。あまりに簡単なので、自動的に進んでいく。

ラマナ・マハルシも、財務省の長官や大事業家は、一見、熱心に働いているように見えるが、彼らは何もしていない、仕事は自動的に行われていくと言っていたと思う。
だが、自我があるために、自分が物事を行っているように思い、その思いがかえって仕事の邪魔になっている。
念仏が唯一の仕事である法然は、そのようなことがなく、最大の成果を上げることが出来たのだ。

私にとって、微かな呼吸をすることだけが、熱心に行うべき仕事である。
仕事を熱心にすれば、誰かが支払ってくれるのである。
そして、私の仕事では、支払い者は神である。
史上最高のプロレスラーだったルー・テーズは、ジャイアント馬場さんが亡くなった時、
「馬場さんはプロモーターとしても偉大で、約束したギャラは必ず払ってくれる誠実な人だった」
と述べていたが、神の誠実さは無限であり、その気前の良さも無限だ。
だから、ラマナ・マハルシが言ったように、安心すれば良いのである。

まあ、もう少し世間的に言えば(あまり言いたくないが)、微かな呼吸をしていれば、自我の活動による余計なことをしないので、結果、効率が最大になるのである。
普通の人は、自分の愚かな考えに固執し、効率を下げ、あらゆる停滞や障害を作り出して、滑稽に苦しんでいるのである。
神や仏は我々の内部にいるのであり、その内なる神や仏にまかせてしまえば・・・せめて、年長の経験豊かで有能なパートナーとして信頼すれば、そうでない者の少なくとも数百倍の力を発揮するのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

極めてシンプルな聖典

「Sri Ramanasramam」という、インドの聖者ラマナ・マハルシのサイトがある。
日本語、英語、フランス語、ドイツ語など14ヶ国語に対応している。
その中に、「教えの精髄」というページがあるのだが、そこで、ラマナ・マハルシの口述筆記である『私は誰か?(Who am I?)』という小冊子のPDFがダウンロード出来るようになっている。
※それぞれのURLは最後にまとめた。
『私は誰か?』は、20代前半だった若き日のマハルシに行った質問と解答で、後に、マハルシ自身が編集を行った。
質問と解答は28で、紙の本にしたら20ページにも満たない短いものだが、極めて価値のあるものだと思う。
その短い中に、人間、世界、神に関する真理が述べられ、神に至る方法がシンプルに語られている。
『私は誰か?』は、『ラマナ・マハリシの教え』(めるくまーる社)、『あるがままに』(ナチュラル・スピリット)に収録されている。
『私は誰か?』には著作権表示は一切ない。

『私は誰か?』は、現代随一の聖典かもしれない。
いくらか、ヒンズー教伝統の論理も見られるが、嫌ならそこは無視出来るレベルのものだ。だが、それらも味わい深くて面白いと思う。
神話的要素は一切なく、現代的な内容と思う。

『私は誰か?』の特筆すべき点は、「ストーリーがない」ことだと思う。
『老子』や『バガヴァッド・ギーター』、あるいは、『歎異抄』という、私が特に好きな書も、いくらかは著者のストーリーがあり、それに合わない者は受け入れ難い。
だが、『私は誰か?』には、マハルシ個人のストーリーは何もないので、誰でも受け入れることが出来る。
宗教というものには、必ずストーリーがある。
だから、『私は誰か?』は宗教ではない。
そこが清(すが)しく感じる。

◆Sri Ramanasramamホーム
◆教えの精髄 ※『私は誰か?(Who am I?)』はここからダウンロード出来る。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一番聴きたい言葉

自分の心の中から出てくる言葉で一番聴きたいものは何だろう?
私には、「もう、がんばらなくていいよ」だと思えてしまうのだ。

とはいえ、私はそんなにがんばった訳ではない。
ガンジーやマザー・テレサといった凄い人どころか、小さな会社を作って、従業員の家族の生活を保証するために奮闘する社長さんから見ても、私はほぼ何もしていないと言えるに違いない。
語学もコネもなく外国に行って芸術家になったっていうような人がゴロゴロしているSNSに参加しているが、本当に「がんばってるなあ」と思う(思うだけだ)。
しかし、そんな私でも、「もう、がんばんなくていいよ」と感じるなら、本当に嬉しいと思う。
それは、「もう死んでいいよ」ということなのかもしれない。
だけど、今の世の中、死ぬのも大変なのだ。
人に迷惑をかけないように死ぬには、よっぽどがんばらないといけないから不思議だ。
いわゆる、後始末ってやつだね。
そんな訳で、まだまだ、おちおち死ねないかもしれない。

過去の偉人は、「がんばらなくていいよ」と言っただろうか?
神様にまるごとまかせよと教えた黒住宗忠でさえ、人々に、稼業に励まねばならないと言っている。
ところが、イエスが守るべきとしたモーセの十戒の中には、労働に関することは何も書かれていない。ほぼ、「やってはならない」こと、即ち、禁則が書かれているだけだ。
ただ、イエスの時代は、きつい仕事は奴隷がやるものだという通念があったのである。
アイザック・アシモフによれば、奇妙なことに、イエスは奴隷制に反対はしていなかったらしい。

私の知る範囲で、一切がんばらなくて良いと言ったのは、法然、親鸞、ラマナ・マハルシだ。
現代は少なくはない、40代、50代で、ほぼ働いたことがないという人に会ったら、法然はこう言うかもしれない。
「働くのは当たり前だ。だが、どうしても働けないのなら、そのままで良いから念仏を称えなさい」
親鸞なら、何も言わずに、「念仏を称えなさい」と言うだろうし、ラマナ・マハルシともなれば、働いているかどうかなどには何の関心も示さずに、「自分に対し、私と呼びかけよ」とでも言うだろう。
マハルシに、「隣の奥さんと出来ちまいそうで困っている」と言っても、マハルシは、「そうなっても気に病むな」と言うほどだからね。
なぜなら、気に病もうが病むまいが、そうなることになっているなら、避けられないのだからだ。
マハルシは言っている。
「働く運命であれば仕事は避けられない。だが、働かない運命であれば、どれほど探しても仕事は見つからない」

もうずっと前から、漫画でも、忍者ものやスポ根ものは流行らない。
1人の人間がいくら筋肉を鍛えてがんばっても、たかが知れているが、一方、ひ弱なシンジ君でも、ヱヴァンゲリオンに乗れば偉大なことが出来る。
インターネットはヱヴァンゲリオンなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

教育と修行の根本原理

呪文、マントラ、念仏、坐禅、静坐・・・これらは、同じことをやっているのだと思う。
それは、「注意を引き戻す」ことだ。
他にも、自分の思考に注意したり、自分が存在していることを意識するという方法もあるが、それらもやはり、「注意を引き戻す」訓練なのである。

元Googleの技術者であったチャディー・メン・タンは、SIY(サーチ・インサイド・ユアセルフ)という、マインドフルネスの訓練でEQ(心の知能指数)を高める技法を開発したが、その実習の中にも、自分の呼吸を意識するというものがある。
自分の呼吸を意識するというのは、古くから、様々な修行や心の訓練で採用されているが、その意義について、タンは、『サーチ・インサイド・ユアセルフ』の中で、アメリカの心理学者ウィリアム・ジェイムズの最適な言葉を引用している。

そして、さまよう注意を自発的に繰り返し引き戻す能力は、分別や人格、意思の根源にほかならない。それなしでは、いかなる者も自分の主とは言えない。この能力を育む教育は卓越した教育だろう。
『サーチ・インサイド・ユアセルフ』(チャディー・メン・タン著。Kindle電子書籍の25%あたり)
James,The Principles of Psychology(翻訳『心理学の根本問題』)より引用されている。

法然のように、いつでもどこでも、常に念仏を称えたり、黒住宗忠や岡田虎二郎のように常に腹に力を込めることも、これである。
ラマナ・マハルシは、常に自分に対し「私」と呼びかけよと、また、ニサルガダッタ・マハラジは、常に存在の感覚にしがみつけと教えた。
どれも良い教えだが、その原理を、ウィリアム・ジェイムズやチャディー・メン・タンがやっと示してくれたのだと思う。
そして、原理さえ分かれば、やり方は自分で自由に選べる。
どんな方法が良いかは、人それぞれだ。
子供の時に、念仏や、何かの真言に馴染んだ者には、念仏や、その真言がやり易い可能性が高い。
どれが良いか分からないなら、自分の呼吸を意識する方法が最良と思う。
呼吸をコントロールするのではない。ただ、呼吸を観察するのだ。冷徹な科学者のようにね。

ラマナ・マハルシは、「私は誰か?(私とは何か?)」という問いを、呪文にしてはならないと言ったらしいが、真面目に丁寧にやるなら、呪文のようにやって良いと思うし、マハルシ自身が、常にそう問えと言っているのであるから、やはりそうであるはずだ。
ベアード.T.スポールディングは、「神」という言葉を口や心で称えることが最上だと述べているが、やはり、これを呪文にしてはならないとも言っている。しかし、やはり、真摯に行う限り、常に行うのが良いと私は思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本当の悲劇とは

イエスは、「願い事はすでに叶ったと思え。そうすれば叶う」と言った。
リチャード・ハアネルなど、優れた指導者達が、この言葉を秘訣として教えた。
だが、イエスは言い忘れていたのだ。
いや・・・きっと福音書作者がうっかり肝心なことを書き忘れたのだ。
「願いが叶っても悲劇が起こらないなら(願いが叶う)」
ということを。

「あたし、面倒な仕事は嫌なの。私は女優になるの」
などという、甘ったれたガキの願いが叶うと悲劇だ。
誰よりも本人にとって。
だから、我々には想像も出来ず、想像すべきでもない神の特別な意図がなければ、この願いは叶わない。

無能唱元さんの何かの本で読んだ気がするが、道元は、
「好色な男は、案外に良い女を得るものだ」
と言ったらしい。
これも同様で、悲劇が起こらないなら叶うだけのことだ。
好色な男の邪まな願いは叶わないか、叶っても、それなりの悲劇になるのは明らかである。

では、悲劇はなぜ起こるのだろう。
その理由はただ1つで傲慢になること・・・言い換えれば、謙虚でなくなることだ。
だから老子は「曲則全」(屈すれば幸せ)と言ったのだ。
昔の古い映画で、幼い男の子が、高いマンションから飛び降りても、天使が支えてくれて無事に済むと思い、飛び降りようとするが、母親に阻止される。
この男の子の願いが叶わないのかというと、叶わないことはない。
だが、叶うと、この男の子は、
「僕は特別。いつも天使が助けてくれる」
と自惚れ、謙虚でなくなるといいう、最大の悲劇を背負ってしまうだろう。
本当の悲劇とは、謙虚でなくなること・・・身の程を忘れることなのだ。
言い換えれば、最大の幸福とは、身の程を知ることなのである。

よって、イエスの言葉は、こう覚えておくと無敵である。
「願いがあれば、すでに叶ったと思え。そうすれば、謙虚でいられる限り、必ず叶う」
ラマナ・マハルシも言ったものである。
「謙遜を忘れなければ、全てうまくいくだろう」









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ