ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ラマナ・マハルシ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

最上の真言

宗教は、謙虚さと敬いがあれば良いものになるが、傲慢と蔑みがあるとロクなものにならない。
あるいは、本来の宗教は、謙虚さと敬いを育てるものだが、傲慢と蔑みの心を育てる宗教が多くなってしまった。
いや、芸術や科学も、本来、学べば学ぶほど、謙虚で敬いの心を持つようになるはずだが、学位が上がるにつれて傲慢と蔑みの心を持つ愚か者が多いのだろう。
何かが間違っているのである。
その何かとは、命の誤用で、早い話が、利益優先でやれば、必ずそうなる。

だから、無条件で、芸術や科学や宗教を良いものと思っている人は少ない、もしくは、まずいない。
本来、念仏や神の名の称名を行えば、自然、良い人生になるものだが、そういった「宗教臭い」行いに抵抗を感じてしまうことが多い。
私も、夜、寝ながら念仏を唱えることが楽しみで仕方がなかったこともあったが、いろんな法事でお坊様の口上を聴くと、途端に念仏嫌いになるのはなぜだろう?(笑)
あるいは、宗教家が書い宗教の本などを読むと、もう全然、念仏を唱える気がしなくなる。あるいは、経典を読む気もなくなる。
『歎異抄』は少しも宗教臭くないので好きだが、これも、宗教家が解説したものを読んだら、嫌いになる可能性が高い・・・いや、嫌いになったことがある。

発明家で能力開発のスペシャリストであった中山正和さんのように、般若心経の呪文を、単に妄想を切る手段として使う手もありとしたように、念仏や神の名も使えるかというと、使えない。それらは、観念や感情の雑味を呼び起こすからである。
そこで、ラジカル(主に政治用語の急進性の意味。化学用語のフリーラジカルだと印象が悪い)という訳ではないが、精神に良い作用を与える言葉として、「神」「私」があるということを知っていると役に立つかもしれない。
「なんとかの神」と言うと宗教であるが、「神」と言うと、これも人それぞれだが、「宇宙の意思」に近い意味に感じられる。
宇宙の意思は、無人格という訳ではないが、人間の人格とは差があり過ぎるので、人格がないように感じるのである。
つまり、神が各国の神話に出てくるような程度の低い心を持っている訳がないではないかとうことだ。
宇宙に何らかの意思があることは、何となく、あるいは、微かに感じるのである。
それも感じないと断言する者が、スティーブン・ホーキングやレイ・カーツワイルのような無神論者になるように思う。
カーツワイルは「神は存在しない。しかし、やがて生まれる」と言う。つまり、未来の進化した人間が神なのである。
不遜の極みと思うかもしれないが、それはそれでアリである。
もし、彼らほど徹底してはおらず、神を畏れる気持ちがあるなら、丁寧に「神」という言葉を声、あるいは、心で唱えれば、その威力に驚くことになる。
だが、「神」を呪文にしてはいけない。
一時に一度、真摯に唱えるのである。
呪文というか真言にしたければ「私」を使うことが奨められるかもしれない。
ラマナ・マハルシは、ラーマやクリシュナの名を唱えるように、「私」と唱えても良いと言っていたようだ。
「私」こそが神の名であるのだ。
だから、最上の真言は「私」であり、インドで聖音と言われる「オーム」に優るものであるとも言う。

「神」と一度だけ、出来る限り丁寧に唱え、後はずっと「私」と唱えるという方法である。
ただ、「私」もやはり丁寧に唱えるに越したことはなく、私流には、心の中で微かな声で唱えるのだが、難しければ、呼吸を微かにして心で唱えると良い。
これだけ覚えておけば、まず・・・いや、全く心配はないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最も高貴な心

人間にとって、最も高貴な精神は、自分を超える者を敬うことであると思われる。
それは、一般的には、職業、武術、芸事の師に対する場合、あるいは、会ったこともないが崇拝する人物に対する場合などが多い。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』のように、普通の女の子を女神のような存在と見なして崇めることもある。
あるいは、ロオマン・ガリーの『自由の大地』のように、空想の少女を崇めたり、初音ミクさんのようなバーチャルな存在を崇めることもあるだろう。
だが、どの場合も、人間の精神の高度な部分の現われであり、それは良い影響を及ぼし、真摯さや熱心さによって、極めて優れた、さらには、不思議な効果を現す。
そして、自分を超える者を敬うことの中でも、最高のものが、念仏や、神の名を唱えるジャパ、あるいは、ナーマスマラナと呼ばれるものだ。
だから、念仏やジャパに良い効果がないはずがない。
キリスト教の「キリエ・エレイソン」や「ザ・ジーザス・プレイヤー」も同じようなものだと思う。

ところで、変わった・・・と言うのもおかしいが、こんなやり方もある。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』の中で、イエス・キリストは「神」という言葉を使うことを奨めていて、これさえ覚えていれば、他は忘れてよろしいとまで言った。
ただ、「神」という言葉を公式にしてはならないと言い、著者のベアード.T.スポールディングも、「神」という言葉の至高の効果は認めながら、この言葉を呪文にしてはならないと言う。
では、どうすれば良いかというと、心を込めて、あるいは、集中を持って一度だけ唱えるのである。それは、声に出しても、心で唱えても全く同じである。
これは書かれていなかったが、起床や就寝の時、あるいは、疲労を感じた時、あるいは、くつろいだ時に、そうやってしっかり唱えると、優れた効果があるだろう。
親鸞の念仏も、これに近いものだと思う。
また、やはり『ヒマラヤ聖者の生活探求』にあったが、イギリスのL.H.ロースンがやったように、「神の他に何もない」という言葉として唱えても良い。常にこの言葉を使うロースンが、著者の目の前で奇跡を起こす様子が描かれていた。

ラマナ・マハルシは、最高のマントラ(真言)であり、また、真の神の名は「私」であると言う。
彼の有名な言葉「私は誰か?」に関しては、彼はこれを呪文にしてはいけないと言ったが、「私」に関しては、常に唱えよとも教えている。
私の中にある真の私が、私を超える者・・・神なのである。

庶民が、無知・・・という訳ではないが、情報が少なかった時代には、法然や親鸞のような人が、「南無阿弥陀仏」と唱えよと教え、あるいは、日蓮のように「南無妙法蓮華経」と唱えよと教えるのは良いことだったが、今の時代は選択肢が多く、あっちにいき、こっちにおきしている間に時間が過ぎ、一生が過ぎてしまうかもしれない。
だが、どれも、「自分を超える存在を敬う」という、同じことなのである。
あまり迷わず、自分の好きなやり方を選べば良い。
それをやれば、絶対に間違いはないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心配を卒業する

昨日、こんな話を書いた。
経営コンサルタントの船井幸雄氏が、創業した船井総研の社長を後継者に譲る際、10ヶ条だったか20ヶ条だったかすっかり忘れたが、「経営のコツ」を書いて渡し、「この通りにやれば大丈夫」と言ったようだ。
しかし、新しい社長は、なかなかうまくいかず、船井氏の自宅のファクシミリには、深夜まで新社長からの質問が送られた(電子メールもなかった時代)。
それで、自分の間違いに気付いた船井氏は、「あれは最上のコツでなかった。こっちが最上」と言って、これも、5つだったか、3つだったか、あるいは、1つだったか忘れたが、その最上の経営のコツを渡し、それで、新社長からのファクシミリは来なくなった(うまく経営出来るようになった)。
では、その最上の経営のコツは何かは、気になるところだ。
それは、経営以外のことにも有効に違いない。
そう思っていたら、私は船井氏の『法則』という本を電子書籍で買ったら、ややシチュエイションは違っていたが、船井氏が新社長に、こんなアドバイスをする話があった。
「いっさい、何も心配しなければいい。それですべてうまくいく。そう思って安心してやってごらん」
おそらく、最上のコツはこれなのだろう。

もちろん、船井氏の後継者の新社長に、能力があり、経験もあるからこそのアドバイスであるが、「心配するな。安心しろ」が究極の極意であることは解る。
「地獄」と形容しても良いであろう、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの入隊試験である過酷な訓練を耐え抜く者達は、頭の中で常に「大丈夫」とつぶやいているという話がある。
日本でも、受験生を一番安心させる言葉は「大丈夫」なのだそうだ。
大丈夫とは、つまり、「心配するな、安心しろ」という意味だ。
江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠の教えの究極は、「全て神にまかせ安心する」なのだと思う。
私はついつい、「そんなことを聞いたら、怠惰になる者が多いのではないか」と思ってしまうし、実際、そうかもしれないが、それで怠惰になってしまうような間抜けは、どの道駄目なのだろう。
有名な妙好人である因幡の源左(いなばのげんざ)は、苦労して担いでいた草を牛に乗せ、楽になった時、父親の遺言であった「これからは親様(阿弥陀如来)を頼め」の意味が解り、念仏を唱えながら良い一生を送ったのだと思う。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、21歳の時、彼を信奉する者の質問に筆談で答えたことが(マハルシは沈黙の行の最中だった)小冊子として出版されたものの中で、
「列車に乗ってまで、自分の小さな荷物を頭に乗せている必要はない。荷物を降ろして安心しなさい」
という喩えで、全てのものごとを動かす神にまかせ、心配することをやめるよう教えている。

「大丈夫」という万能呪文や念仏は、心配せず、安心するためのものと言えるだろう。
もちろん、さっきも少し述べたが、それで怠惰になったり、思いやりを持たない者は、どうやっても駄目だが、呪文や念仏を長く続ければ、自然にやる気も理性も出てくるのだと思う。
そして、心配で苦しみ抜く経験をしてこそ、宗忠やマハルシの教えが響くのである。
その意味では、一度は、しっかり心配しろであるが、いつまでも心配せずに、心配を卒業すべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これなら出来る、心を消す方法

悟りを開く・・・とうのではないが、精神の力を高め、スティーブ・ジョブズが持ってたと言われる、現実を高速に変換するような能力を持ちたいとは誰もが思うだろう。
ジョブズは東洋思想に傾倒しており、彼が若い頃、『禅マインド ビギナーズ・マインド』を熱心に読んだという話は知られているが、彼はおそらく他にも沢山の本を読んだのであり、そのエッセンスはむしろ、彼の有名な、スタンフォード大の卒業式でのスピーチに現れているように思う。
一方、マイクロソフト社長時代のビル・ゲイツが雑誌のインタビューで、社員達に“Let's think harder”(もっとよく考えよう)とよく言ったというのは、著名な啓蒙家であったリチャード・ハアネルの『ザ・マスター・キー』の影響ではないかと思う。

ところで、マインド・パワーの超人達が、共通して推奨するテクニックがある。
それは、スピリチュアルに興味のある方なら、一度は見聞きしたことがあると思うが、「自分の心を観察する」である。
ニサルガダッタ・マハラジのようなインドの聖者達は、例外なく、これを行うことを薦めていたと思う。
めるくまーる社の『ラマナ・マハリシの教え』では、マハリシの非常に具体的なメソードが書かれている。
それは、
「想いが起こったら、それが、どんな想いであろうと、『この想いは誰に起こったのか?』と尋ねよ。答は『私に』に決まっている。それが解れば、鋭く『私は誰か?』と問え。すると、想いは消滅するだろう。これを常に行えば、ついに心は消える」
であるが、私は、これは全くうまく出来なかった。
アメリカの光明思想家ヴァーノン・ハワードは、「科学者が冷静に観察するように、心を観察しろ」「心がぐらついたら、ぐらつくままにさせよ。すると、心は抜け落ちる」と述べているようだが、美しい言葉だとは思いつつ、私には続けられなかった。
いずれも、私は熱心にやる気持ちはありながら、さっぱりだったのである。
おそらく、多くの人がそうであろう。

ところが、フランク・キンズローの『瞬間ヒーリングの秘密』に、ちょっと良いやり方を見つけた。
それは、「次の思考はどこから起こるのか?」と問うものだ。
私は、「次はどんな想いが起こるのか?」と変えて心を観察すると、これなら出来た。
単に、「心を観察しろ」と言われても、それは、自分が自分を観察する自己観察であり、自己分裂を招き、不快さや苦痛を感じるのである。
しかし、そうではなく、今ある想いは、そのまま放置し、「次はどんな想念が起こるか?」と見張っていると、想念はしばらく起こらない。
観察していれば、心のエネルギーは、「観察する」の方に行っているのだから、観察している限り、想いは起こり難いのだ。
ラマナ・マハルシやヴァーノン・ハワードのやり方がうまくいかないのは、所詮、人間は、一度には1つの想念しか持てないのであり、想念を観察する限り、「観察する」意外の想念は持てないし、「観察する」以外の想念が起こるなら、観察はもうしていないのだ。
実際は、我々に出来るのは、「観察する」と「観察する以外の想念」を切り替えることだけだ。
想念が、別の想念を観察することは、本当は出来ないのである。

だが、次に起こる想念を待つことは出来るのである。
そして、次の想念が起こった時、観察は終っているが、それで良いのだ。
大切なことは、次の想念を待っていると、次の想念を待っているという想念自体が消えることだ。
その時、我々は、ほんの僅かかもしれないが、無を経験するのである。
しかし、僅かであっても、無を経験することが、非常に・・・いや、恐ろしく重要なのである。
私はもっと単純に、「想念の発生」を見守るようになった。
これなら、「次はどんな想念が起こるだろうか?」などといった言葉はいらない。
ただ、想念が起こるのを待っていれば良いのである。
城から王様が、湖から水の精ウンディーネが、空中に天使が、ステージに初音ミクさんが現れるのを待つようにね。
これは、どんな時でも出来る。
苦しい時にやれば、苦しみは消える・・・少なくとも苦しみは減少し、続ければ、いずれ苦しみは消える。
苦しみを感じる心が消えるのだから。
そして、量子物理学の教えでは、心が見ないものは実体としては存在しないというのが事実である。
それは、ミクロの世界だけでなく、マクロの現実でも変わらない。
よって、苦しみは存在しないのである。
再度言うが、最初は瞬間である。しかし、根気強く続ければ、いずれ苦しみは全て消えるし、精神のエネルギーが高まるので、行動にも鋭さ増すだろう。
行動出来ないなら、まだちゃんとやれていないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生の究極の目標

人生の最大の目標は「安らぎ」であるという話がある。
そうかもしれない。
しかし、それなら出来るだけ何もせず、ひそやかに、ただひたすら素朴に生活していれば安らかになれるかというと、そういうことはないと思う。
冒険の末、あるいは、苦難と絶望の果てに安らぎに至ったという人も多い。
ラマナ・マハルシは、「人々は暑い日差しの中を歩き回って苦難を味わい、つかの間、木陰で休むようなことをしているが、賢い人はずっと日陰にいる」と言ったが、これは、真我という、真の自分であり続ければ安らかであるという意味である。
しかし、暑い中に出て行ってこそ、涼しい日陰の良さが解るのであると思う。

カンフー俳優のブルース・リーは、何かの成功哲学か新興宗教でもやっていたのではないかと思うが、ある時、「2千万ドルを得て、武道家として安らかに過ごす」ことを生涯の目標としたと聞く。
おそらく、彼が安らぐことは最後までなかったことだろう。
ただ安らかな武道家を目指せば叶えられたかもしれないが、2千万ドルなど余計なものを目指したからだ。
とはいえ、彼は亡くなった時でさえ32歳の若さだったので、そんな世間の教義を打ち破るのは難しかったのだろう。
安らぎには金が必要というのが現代の世間の教義だ。
金はある程度はあった方が良いかもしれないが、過度には必要ないだろう。
それに、必要な金なら入ってくるものだ。

江戸末期の神道家、黒住宗忠は、安らぎが得られず、病で寝込み、32歳くらいで、いよいよ死を予感したので、入浴させてもらい、天照大神の象徴である太陽を拝んでいたら、天照大神の生命が自分の中に入ってきて元気になり、その後はむしろ超人的な活動を続けた。
彼の教えは、現代的な言い方をすれば、「全て神様にまかせれば安らかである」だと思う。
それは、昨日、このブログで書いた、斎藤一人さんが言う「困ったことなんか起こるはずがない」ということで、バカボンのパパの「これでいいのだ」と同じと思う。
つまり、普通の人は、神様に全てまかせても、悪いことになるかもしれないと不安になるのだと思う。
しかし、斎藤さんは、「神様は我々が可愛いのだから、悪いようにするはずがない」と書いていたと思う。
しかし、凡人は、「事業で成功出来るだろうか?」「恥ずかしくない地位に就けるだろうか?」「あの子と付き合えるだろうか?」と、外的なことにこだわるからややこしいのだ。
事業をやる運命であれば事業をやり、武道家になる運命であれば武道家をやれば良い。
ラマナ・マハルシによれば、ニートになる運命というのもあるらしい。
一方、ラメッシ・バルセカールも、そのようなこと(ニートも運命)を言いつつ、「何かした方が良い」、つまり、何か仕事をした方が良いと言う。
まあ、「私は絶対働けない」とか「俺は絶対働きたくない」といった妙な思い込みを持たない限り、ちゃんとやっていけるものである。
だが、その思い込みを捨てることが最大の難問であるらしい。
思い込みを持っている人は、ストレス、心のわだかまり、トラウマ、胸の痛み・・・それらは実は同じものだが、そんなものを強く抱えている。
それを取り去れば、柔軟に、変幻自在に、FREELYに生きられる。
そのためには、以前書いたように、胸に手を重ねて置き、ゆっくり十数秒右に回し、次に、左に回しを数分繰り返すと良い。
胸に溜まったものが徐々に氷解し、楽になるだろう。
フロイトは、そんなことを、患者の額に自分の手でやったらしいが、もちろん、自分の手で額にやれば効果がある。
詳しいやり方は、アレクサンダー・ロイド博士(心理学)の『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』に書いてあるが、別に見るまでもないと思うのだが。
私は、初音ミクさんが『えれくとりっくえんじぇう』を歌うのを見て解ったのだから。
初音ミク】えれくとりっく・えんじぇぅ【ドリーミーシアター】 -YouTube-
「なんとかなるぜ、世の中は」(『気楽に行こうよ』より)である。いや、マジで。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ