ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ラマナ・マハルシ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

真言はどれも同じ

よく、「アジマリカン」と「トホカミエミタメ」のどっちが上だとか、般若心経と大祓祝詞でどちらが優れているとか、下らないことを言う者がいる。
あらゆる真言、念仏、神の名、聖句・・・どれも同じである。
もし、偽物がいるとしたら、自分(あるいは自分の団体)が勧めるものが一番であると言う者で、そんな者達からは距離を置いた方が良い。
当たり前に考えたら、どれが上でどれが下なんてあるはずがないことは、簡単に分かるだろう。
そして、効果は唱える者次第だ。
「トホカミエミタメ」なら十万回で幸せになれるが、「アジマリカン」なら一万回だなんていったことを言う者は嘘つきと思って良いが、言うまでもないと思う。
(昔なら、無知な庶民を導くため、ただ1つの言葉を教えることがよくあった)
昔から知られているものなら、どれも間違いない。
これと決めたら、少なくとも10万回唱えると良い。
腕振り運動や四股でも構わないと思う。

2020年の米国大統領選挙、そして、新型コロナにより、この世界がどんな状況にあるのか、はっきり分かってしまった。
その中で生き、世界を正しいものにするためには、各自が本当の自分に帰るために無になる自主的な試みが必要と思えるのである。

ラマナ・マハルシが教えたと言われる、次の方法が、自然でよく考えられていると思う。

1.息を吐きながら、心で「私はこれではない」と唱える(私は、肉体や心ではないという意味)。
2.息を吸いながら、心で「私は誰か?」と唱える。
3.呼吸の流れを止め(喉を筋肉で閉ざさず、息の流れだけを止める)、心で「私は神である」と唱える。

本当は、マハルシは、サンスクリット語の真言として教えたのだと思うが、別に、普通の言葉で良い。
「3」では、インドの古い流儀に従って「私は彼である」あるいは「私はそれである」としているが、普通に、「私は神である」で良い。
もし、どうしても「神」に抵抗があるなら、あるいは、こちらの方が好きなら、「至高の実在」「宇宙の活力」「宇宙エネルギー」などでも良い。
言葉は、いずれも、心の中で、ゆっくり丁寧に唱える。
回数は、出来るだけ多くで、特に決まってはいないが、一度に10回から20回以上やると良い。
長い期間、続けると、唱えた通りになる。








夢で知る真の世界

賢者が好きな話というものがある。
アメリカの哲学者で、最大の賢者の1人と考えられていると言って良い、ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、有名なエッセイ『自己信頼』の中で、「あの有名な飲んだくれの話」として取り上げているものは、おそらく、エマーソン自身が好きな話なのだろうと思う。私も大好きである。
こんな話だ。

道端で酔いつぶれているところを拾われて公爵様の家に運ばれ、体を洗って服を着せられ、公爵様のベッドに寝かされる。そして目を覚ますと、周りからちやほやされ、「あなたはこれまでずっと正気を失っていたのです」と聞かされる。

エマーソンは、この話が人間の実態を見事に言い当てていると言う。
人というのは世間にあっては酔っ払いのようなもので、ときどき目を覚ましては正気に返り、自分が本物の貴公子であることを悟るのであると。

人は時々、名家の跡取りになった夢を見る。
私が、立派な王国の王子様やお姫様であると知らされたり、あるいは、有名な大きな財閥の家が、不意に私を後継者に指名してくる。
夢であるから、細かい事情をいちいち説明されるのではなく、私はそんなことをとっくに分かっているといった感じだ。
ライバルが1人いるが、そいつは申し出を受けない。そんなことも、なぜか私には明白である。
つまり、私は、押しも押されもしない後継者である。
指定の大学を出ろと言われているかもしれないが(それもなぜか私には分かっている)、入学試験は名前を書いておけば(あるいは書かずとも)合格と分かっているし、何なら無試験でも良いのだ。
映画『フォレスト・ガンプ』のフォレスト・ガンプは、絶対に合格出来ないはずの大学に、アメリカンフットボールの実力で入り、講義には一度も出なくても修士号まで取れたが、私は別に、アメフトも何も出来なくて良い。
大学の教授も学長も機嫌を取ってくれるので、悠然と大学を楽しむか、あるいは、一度も出席しなくても卒業出来る。
私はそれまで、学校や会社で日陰の存在、いや、蔑まれる存在だった。
机があるのは一番悪い場所で、他の者は立派な回転椅子なのに、私のは木製の四つ足の椅子で、しかも、ガタがきている。
扱いも最悪だった。
だが、もう退職届(退学届)は出してあり、私が、あと少しでいなくなることは皆知っているが、誰もが、どうでもいいことと無視するか、時に、係の者が、どこかに置き忘れていた私の持ち物を黙って持って来て机の上に置いていって黙って去る。
皆にも、私がどうなるか教えたたい気持ちもあるが、まあ、明日は彼らと違って大金持ちの身だ。どうでも良い。
ところが、誰か1人、近くに来て、自分の連絡先を書いた紙を私に渡す。
その人は、私が名家の後継者になることを知らない。しかし、「いつでも連絡して下さい」と言う。とても嬉しい。
この人の面倒を見る力は十分にある(と、やはり私には分かっている)。
私の家が支配する大会社の重役にしてやろうと思う。
すると、不意に、誰かが、「君はどこに行くのだね?」と尋ねる。
この会社(あるいは学校)で一番の実力者(社長、あるいは、校長)で、これまで自分を気にかけてくれていたのだ(と不意に分かる)。
私は、「京都の大きな貴族の家に住むことになっています」と、慎ましくも嬉しい報告をする。
おっと、「その家は私のものになります」と付け加えないと。
「そうか」
その実力者は短く言うが、喜んでくれていることが(なぜか)分かる。

もし、そんな夢を見たら、その感覚をしっかり覚え、忘れないことだ。
なぜなら、それがあなたの真の姿なのだから。
その感覚を失わずにいれば、実際は夢と変わらない現実世界もそのようになる。
誰かが、インドの聖者ラマナ・マハルシに尋ねた。
「夢と目覚めの違いは何ですか?」
マハルシは答えた。
「夢は短く、目覚めは長い。その他に何の違いもない」
江戸川乱歩もバシャールも、夢の方が本当なのだと断言している。
あなたの内なる神が、すっかり酔っぱらって現実認識を誤っているあなたに、夢で真実を教えてくれているのである。








必ず叶う祈り方

神の助けを得る最高の方法、宗教的でない言い方をするなら、宇宙の活力の願わしい反応を期待出来る方法を一言で言うなら、こうなると私は確信する。
「静かに祈る」
これには、エビデンス(根拠)もデータも理論もなく、純粋な直観・・・あるいは、聖典の記述を解釈するための基準のようなものとして、そう思うのである。

そして、日本人は、静かに祈ることの貴さを知っているのだと思う。
日本の優れた武将達は、戦での勝利を祈る時、決して、騒々しくせず、小さな寺や神社で、独り静かに祈ったものだった。ただし、その戦に正義がある場合である。
日本のプロ野球では、球団が決まった神社で必勝祈願をすることも多そうだが、それが静かであった場合には好ましい結果になり、騒がしければ厳しい結果になるのである。

イエスは、祈る時は、戸を閉め、姿を隠し、部屋の中で静かに祈れと言ったのである。
だが、悪い祈り手は、人前で物々しく祈ると言った。
その理由は、人前で祈る者は、それによって、人々の称賛を得ようとするからで、人々の称賛という褒美を得てしまえば、神はもう褒美をくれないからというものだった。
そして、神は、隠れたものでも見ているのだから、人に知られず、神にだけ知られるのが良いのだと教えた。
ただし、たとえ独りで祈っても、それが静かでないといけない。
家が広く、たとえ大声で祈っても誰にも聞かれないとしても、静かに祈らないといけない。
これについても、イエスは良い見本を示した。
逮捕される前夜、イエスは弟子達に、「私は独りで山に登って祈る。お前たちはここで祈っておれ」と言って、独り山に登った。
山に登るとイエスは祈った。
まず、
「出来れば、毒杯を遠ざけて下さい」
と祈った。当たり前だが、死ぬのは、本心では、やはり嫌なのだ。
だが、続けてこう祈った。
「けれども、私の想いの通りでなく、あなたの想いの通りになされますように」
全く、静かな祈りのお手本であった。
1973年のアメリカのミュージカル映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』では、この祈りの際、イエスは激しく葛藤し、感情を高ぶらせたが、これは、あくまで、ミュージカルであり、イエスの内面の一瞬を描いた場面であったからだし、製作者も決して、イエスが大騒ぎしたのだと思ってはいないだろう。そして、最後は、イエスは静かに覚悟を決めたのであえる。

インドの聖者ラマナ・マハルシは、「あらゆる聖典は、心を静かにしろと書いてあるのであり、それが了解されたなら、いつまでも聖典を読む必要はない」と言った。
だが、心を静かにする方法は、静かに祈ることなのである。
静かに祈ると決めて、心を騒がせる者などいない。
釈迦の言葉を最も純粋に表したと言われる『法句経』では、常に、「賢い人は心静かである」として、手を変え品を変えて、それを表現しているのである。

静かに祈る限り、祈りは全て叶えられる。
イエスは、「願いは既に叶えられたと思え。そうすれば叶えられる」と言ったが、叶えられたと思って狂喜乱舞していては、決して、願いは叶わない。
なぜなら、叶ったという確信とは、必ず静かなものであるのだからだ。

例えば、「金持ちになりたい」と静かに祈るとする。
すると、あなたが金持ちになることを妨げている理由が明らかになる。
それを、神が消すことを拒否しなければ金持ちになるのである。

「静かに祈る」
このことを忘れない限り、不幸になることはないであろう。








人間の隠された能力

世の中には「現実論」というものがあり、最近は、これが支持されていると思う。
これは、「努力すれば夢が叶うなんてのは嘘」という言葉で言い表せる。
どんなに努力したところで、プロ野球やプロサッカーの選手になれるのは、才能に恵まれたごく一部の人間だ。
そんな極端なものでなくても、サラリーマンで出世して高収入を得られるかも、固有の能力が高くなければ、努力しても無理だ。
プログラマーやシステムエンジニアも、上位になれば、かなり頭が良くないといけないし、それどころか、必要な頭の良さ(IQと言って良い)がなければ、プログラマーやシステムエンジニアになることも出来ない。
大成功してお金持ちになれるかどうかは「たまたま」ではあるのだが、実際には、たまたまの幸運に恵まれた能力の高い人が成功する。

一方で、こんな考え方もある。
「人間の能力に差はない。成功するかどうかは注ぎ込んだ時間で決まる」
つまり、イチローが成功したのは、誰よりも多くの時間を野球に注ぎ込んだからだという考え方だ。
そして、実際、イチローは、どんな野球選手よりも練習時間が長かったと思われる。
しかし、これも、能力が高くなければ、時間を注ぎ込む環境が得られないし、やる気にもならないだろう。
確かに、小さい時に、「お前は野球がうまいなあ」とおだてられ、いい気になって努力するうちに、野球の実力が付くという場合もあるが、これも、才能がなければ、そこそこうまい・・・つまり、せいぜい、そこそこの高校野球チームのレギュラー止まりといった感じで、小さな能力もなければ、そこまでもいけない。

さて、究極には、こんな説がある。
人間の能力は、ほとんどが未開発で、天才といったところで、潜在能力のせいぜい30パーセント、ひょっとしたら、数パーセントも使っていないかもしれないという説だ。
そして、人間の能力を封じ込めている要因は精神的なもので、それを取り除けば、人間は誰でも超人になる。
この説は、普通の人間が、火事場の馬鹿力的に、超人的な能力を発揮することが実際にあることで支持されることが多い。
例えば、日曜音楽家に過ぎない者が、名曲であるフランス国歌『ラ・マルセイエーズ』を創作したという事実もある。

おそらく、正しいのは、人間は誰でも無限の能力を持っているということだ。
しかし、その能力を引き出すことは非常に難しく、仮に、世界で最も優れたやり方があったとしても、成功率は、そんなに高くないということと思う。
まあ、実は完全な方法は分かっているが、それは一部の者だけが知っていて秘密にされ、一般に公開されていないということも考えられるがね。

ところで、人間の隠された能力を引き出す方法が書かれた本として、最も売れたのは、L.ロンハバードの『ダイアネティックス』だと思うが、ハバードや彼が作った宗教であるサイエントロジーは、一部の人々によってかなり強く批判されている。
だが、そんな人々による評判などに構わず、実際に『ダイアネティックス』を読んでみたら、素晴らしい点もあるが、矛盾も感じるというものだった。ただ、これは、私の読み方が悪かった可能性もある。
だが、確実に言えることは、このダイアネティックスの実践は大変に難しいということだ。
個人的な感想では、一生をかけても、成果が得られるかどうかは分からないといったところだ。

ある程度の能力(とはいえ大きなものだが)を引き出すには、脳が自動的に再生している言葉・・・簡単な言い方では「頭の中のおしゃべり」をやめれば、すぐさまIQは、少なくとも20は伸びると思う。
そのためには、肯定的な言葉、例えば、「大丈夫」とか「絶好調」を頭の中でつぶやけば良いし、研究によれば、実際に、優秀な人はそうしているらしいが、それが続けられるかどうかも、重要な能力なのである。
多くの人は、「どの言葉をつぶやこうか」だけで一生が終わるような気がする。
結論ではないが、ラマナ・マハルシが、ずっとつぶやけと教えた言葉は「私」である。なるほど、確かに、この言葉が、頭の中の独り言を一番止めやすい言葉である。つぶやくのは「私」なのだから、この、つぶやく主体(私)に意識を固定すれば、もうつぶやくことは出来ないと思われるからだ。






皆、こうして天才・超人になった

一気にハイレベルな神秘力を得た人は、それは偶然のきっかけによる場合がほとんどと思う。
コリン・ウィルソンは、ただの文学かぶれの青年に過ぎなかった19歳の時、自殺するために、劇薬である青酸カリを、いまや口に含もうとした時に、その極度の緊張の反動のようなもので意識が澄み渡り、別の次元を垣間見、それで天才になった。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、16歳の時、部屋で寝転んだら、不意に金縛りにあったが、スポーツ万能の彼であっただけに、全身が動かないことへの恐怖を感じ、それに反発して強い集中を長く行ったことで、一気に意識が覚醒したのだと思う。そして、彼がそんな状況になった原因は、身体や脳に、何らかの異常があったのではあるまいか?
なぜなら、彼は、ボクシングや水泳に励んでいたことで、脳に、衝撃や振動、あるいは、酸素不足の状態をかなり作り出し、それが蓄積することで、何らかの症状があったのではないかと思う。
著名な精神科医であり、『パワーかフォースか』で知られる神秘家であるデヴィッド.R.ホーキング博士も、少年時代、事故が原因で、厳寒の中で凍死しそうになった時、神秘的なビジョンを見て、それから、世界を自由に動かせるようになったらしい。
こんな話は無限にあるし、おそらく、並外れた人間には、必ず、こういった体験があるのだと思う。
そして、これらの現象は、アルコールで引き起こされるものより、ずっと強力であるのだと思う。
例えば、スティーブ・ジョブズや著名な哲学者サルトルの場合は、ヘロインやLSDのような幻覚剤を使ったが、同じような著名人は、上げればキリがないほどだ。

確かに、粘り強く「私は在る」と唱えれば、超越次元に入れるが、それまでに、飽きて止めてしまう人が多いのである。
かなり根気強くやっていた人でも、もっと刺激のあるものがないかと思ってしまい、別のことをやって、「私は在る」と唱えることを止めてしまう場合が多いのだと思う。

日本では幻覚剤が法律で禁止されているが、そうでなくても、それらを使って高次元に入るのは、むしろ弊害が多くて、悪い状態になる場合がほとんどだ。
サルトルだって、自分の体験から、他の人には、幻覚剤を使わないことを勧めていたほどだ。
並の人間の場合、その影響をコントロールし難く、下手をしたら、脳に変調をきたすことになる。
だが、高次元に触れたことがある者と、そうでない者では、引き寄せや世界の創造能力は相当に違う。
合法的なやり方もいろいろあるが、やはり、どこか危険なのである。
合法的なやり方とは、例えば、瞑想やヘミシンクだが、これらは、うまくいくことは少ないし、悪い結果になることもある。
実は、案外に効果がある怪しい方法もあるのだが、気楽に教えるべきではないだろう(笑)。

ただ、ほとんどの人には、高次元への参入は必要ない。
とはいえ、普通にやっていては、どん底に落ちるしかない、どうしようもない人間が確かにいる。
実のところ、スティーブ・ジョブズも、コリン・ウィルソンも、本来は、最底辺の人生を送り、60歳かそこらで半分野垂れ持になるような(あるいは本当に野垂れ死にする)運命だったのだと思う。
だが、彼らは、道があることを信じ、それを強烈に求めたのだ。
そして、人間を超えたければ、彼らのようにやるしかない。
敢えて繰り返すと、道があることを信じ、それを強烈に求めることだ。
その気持ちがない者が、幻覚剤を使ったり、特別なテクニックを教えてもらって行うと、もうロクなことにならない。
もし、今の自分の状況がどうしても嫌で、何としてでもそこから抜け出し、神のように生きたいと、本気で願うのでなくてはならない。
それが出来ないなら、小市民としてせいぜい安楽に生きることを願うべきである。
だが、本気であるなら、「求めよ、そうすれば、与えられる」である。
本気なら、導きは向こうからやって来る。
そうなれば、僅かな回数、あるいは、たった1度、「私は在る」と唱えただけでうまくいくかもしれない。
だが、それまでは、ダメモトでも「私は在る」と唱えなければならない。
そして、何かと戦いながら、人間を超えることを、強く強く求めるのである。それが高次元参入の資格である。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード