ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ラマナ・マハルシ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

絶望的状況を引き寄せないために

インドの聖者ラマナ・マハルシは、聖典というものについて、
「いかなる聖典も、つまるところは、心を静かにしろと書かれている。よって、それが解れば、もう聖典を読む必要はない」
と述べている。
ラマナ・マハルシの教えの全ても、ただ、「心を静かにする」ことだけである。
また、彼と同時代の聖者、ニサルガダッタ・マハラジも、
「苦しむ人間の心とは、コップの中の水のように、かき混ぜると、いつまでも動き続ける。対して、ハチミツのような、かき混ぜても動かない心を持てば平和である」
と述べる。

これらは全く正しく、心理学者の岸田秀氏は沢山の著書で、結局のところ、揺らぐ自我・・・つまり、荒れ狂う心が苦しみの原因であると述べているのだと思うが、岸田氏は、それを克服することなど不可能であると断言しているのだと思う。
自我が安定した人間など、この世におらず、どれほど不動心に見える、立派な、修練を積んだと思われる人間も、所詮、自我は不安定で、すぐに揺らぐものである・・・ということと思う。
まあ、敢えて例外を挙げるなら、最初に述べたラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジが、安定した自我の持ち主・・・というより、マハルシの言うことから考えると、揺らぐべき自我が消失した人間ということになる。
マハラジも、「世間的に言うなら、私は既に死んでいる」と述べたようだが、それはやはり、「私には自我がない」ということと思う。
しかし、マハラジの弟子のラメッシ・バルセカールによれば、マハラジだって怒りっぽかったし、マハルシも自我は持っていたと言う。
だが、怒った直後にマハラジは機嫌が良くなったことを指摘している。
つまり、聖者だって自我が揺れることもあるが、すぐに、静かな状態に戻るから聖者なのである。

だが、悲しいかな、凡人は、岸田氏が言うように、決して、自我が安定することはなく、生涯、心の苦しみから逃れられない。
・・・と私は思っていたが、案外に簡単に、苦しみを克服出来るかもしれない。
それには、次の、宇宙の絶対的真理を受け入れると良い。
それは、気分が良ければ、さらに気分が良くなることが起こり、気分が悪ければ、さらに気分が悪くなることが起こるということだ。
気分が良いとは、心が静かな状態だ。
決して、気分が良いとは、「イエイ!イエイ!」と狂乱している状態でもなければ、復讐を成し遂げて狂喜する状態でもない。
そのような快楽は、必ず苦しみと共にあり、しかも、快楽はすぐに消えるが苦しみは残る。そして、快楽が過ぎた後の不安や恐怖は半端ない。
一方、気分が悪いというのは、まさしく、自我が揺れている状態、心が荒れ狂った状態だ。
気分が良ければ・・・心が静かでやすらかであれば、良いことが起こる。
気分が悪ければ・・・心が騒いで乱れているなら、悪いことが起こる。
そうであれば、常に心を監視し、心が荒れることを許さないようになる。
なぜ、好き好んで、悪い出来事を起こす必要があるのか?
今、気分が悪いなと気付いたら、簡単にはガッツポーズを連発すれば良いのである。

要は、人間として立派か立派でないかの問題ではなく、損得の問題であり、楽で幸福でいたいなら、なんとしても、気分が良くなければならない。
そうではなく、心を荒れさせたままで、悪い出来事を次々引き寄せて、さらに悪い気分になるのは馬鹿である。
それどころか、凡人は、心が揺らぎ乱れると、わざわざ、さらに心を荒れさせるのである。
だが、宇宙の法則を知ったからには、他のことは一切しなくていいから、自分の気分を良くすることだけは責任を持たないといけない。

けれども、人間には、どうしても、心が騒いでしまうことがあるだろう。
極端な話で言えば、自分の子供が誘拐された時や、強盗にナイフを突きつけられた時などである。
昔のアメリカで、懲らしめのために、縛り上げた父親の前で、娘を集団レイプするようなことが行われたらしいが、それで平然としていられる父親はいない。
もっとありふれたことで言えば、好きな女の子が別の男とデートしているのを見た時である。
だが、それらの出来事が起こったのも、敢えて言えば、悪い気分で過ごしてきたことが原因なのである。
悪いことをしたのではなく、たとえ善良なことだけしていても、気分が悪ければ、悪い出来事を引き寄せてしまう。
だから、悲惨な状況を引き寄せないためにも、気分を良くすることは極めて大事なのである。
では、不幸にも、どうにもならないような悪い状況になった時、どうすれば良いだろう。
もちろん、答は良い気分になることだが、上に挙げたような状況では、それこそ、聖者でもない限り、気持ちを切り替えるのは難しい。
こんな話がある。
ある人の赤ん坊が大怪我をして瀕死の状態になり、医師にも見捨てられてしまった。
相談された政木和三氏は、こう答えた。
「赤ん坊は助からない。諦めなさい。その上で、『赤ん坊が元気になりました。ありがとうございます』と祈りなさい」
赤ん坊の両親が、その通りにした結果、赤ん坊は奇跡の回復を見せた。
いざとなれば、私にも同じことが出来るかは分からないが、そんな状況を作らないよう、良い気分になることに全力を尽くすべきだろう。
他のことはしなくて良い。
心を荒れさせている暇などないのである。








良い気分でいれば願いが叶うのは当たり前だと思える話

「気分」とは、「持続的な感情の状態」のことで、英語ではフィーリングだが、英語の方が、その意味にぴったりくるかもしれない。
そして、なぜか、この気分が良い状態(GOOG FEELING)であれば、さらに気分が良くなることが起こり、逆に、気分が悪い状態(BAD FEELING)であれば、さらに気分を悪くさせられることが起こる。
このことで思い出すのが、インドの聖者、ラマナ・マハルシの言葉だ。
「幸福は外側にはない。内側(魂)にある。願い事が叶った時、実は、我々は内なる幸福を楽しんでいるのだ」
我々の存在の核たる魂の本性は至福である。だから、何もなくても、魂に意識を向けさえすれば幸福なのだそうだ。

気分が良いというのは、欲求が満たされている状態を言うのだと思われているが、実は、そうではなく、外部に目がいかず、自己の内部に潜り込んだ状態なのである。
例えば、最高の気分の時は、我を忘れ、周囲で起こっていることすら分からなくなるだろう。
それなら、実は、我々は、いつでも、気分良くいられる。

では、なぜ、気分が良ければ、世界は自分にとって、より嬉しいもの、より楽しいものになるのだろう?
それは、古代哲学で既に言われ、そして、ようやく最新科学でも明らかになりつつあることだが、心が世界を作るのだからだ。
人間が外を見た時(意識した時)、人間の内にいる魔術師が一瞬で世界を作り上げると言った科学者がいた。もちろん、比喩的表現だが、実に正しい。
サルトルも言ったように、小説を読むとは、読んでいる一瞬一瞬に小説を書くという個人的体験である。
当然ながら、絵を見る時は、内なる魔術師が一瞬で絵を描き上げるのである。
音楽を聴いている時は音楽を作っているのであり、コリン・ウィルソンの『フランケンシュタインの城』で、ウィルソンと親しいある人物は、ショパンを聴いている時、自分がショパンなってしまうというが、実は、それは異常なことではなく、ごく自然なことなのであり、そして、気がつかなくても、誰もが同じなのである。

ラマナ・マハルシのような、快楽を否定する無欲を最上とする教えも、引き寄せの法則のように、願望を実現する科学も、実のところ、違うことは言っていない。
例えば、自動車や富を欲しい時には、ラマナ・マハルシの場合は、そういった外部にあるものの虚偽性を暴いて無欲になることを説くだろう。
しかし、引き寄せでは、既に欲しいものを得たと思って、それを得た喜びを味わうと、それが叶うと教える。
イエスは単に、「願いは叶ったと思えば叶う」と言ったが、もっと細かく言うと、この引き寄せの法則のようになるだろう。
インドの聖者パラマハンサ・ヨガナンダの師の師であるラヒリ・マハサヤは、解脱の一歩手前の段階でも、豪邸を強く欲しがっていた。
そこで、師のババジが幻術の力で宮殿のような家を出現させ、これにマハサヤが入って楽しむと、マハサヤは執着から解き放たれ、ついに解脱を果たした。
願望は叶うと、執着が消えるのである。
だが、条件がある。

行動や努力で強引に欲望を叶えると、さらに欲望は強まるのだ。
だから、我々は、イエスが教えたことを基にした引き寄せの法則の通り、願いが既に叶ったと思って、想像でその喜びを味わい、気分を良くすることで、努力なく願いを叶えた方が良いのである。
そうやって何かを得ると、得たものと同じようなものを渇望することはなくなる。
しかし、そうではなく、戦って強引に勝ち取ると、『スター・トレック』でミスター・スポックが言ったようになる。
「どんなに欲しいと思っていたものでも、得てしまえば、さほどでもなくなる(得たものがつまらないものに思える)」
つまり、この場合は、もっと別のものが欲しくなるのだ。そして、次を得たら、さらに強く、別のものが欲しくなるという、欲望の無限の連鎖にはまり込む。
例えば、美女を得れば、もっと上と思える美女を次々に欲しくなるのである。
だから、我々は、無理な行動ではなく、心の力で願いを楽に叶えるべきであると思う。








努力しないし、何もしない

「努力、克己(自分に打ち勝つこと)、忍耐の必要を全く認めず」と言った岡田虎二郎は、傍目には、誰よりも努力しているように見えた。
しかし、彼自身も、自分で言った通り、努力などしていない。
エジソンの、
Genius is one percent inspiration and ninety-nine percent perspiration.
(天才とは、1パーセントの閃きと99パーセントの汗)
の、 perspiration を、「努力」なんて訳した人がいるが、これは、あくまで「汗」だ。
エジソンがやったことは、本人は、仕事だなんて思ってない(思ってたらやらない)。

テッド・ウィリアムズ(アメリカの野球選手。メジャー・リーグで生涯出塁率歴代1位、三冠王2度は歴代1位タイの4割バッター)は、少年時代から、起きている時間の全てをバッティングの練習に捧げていたが、これも、本人は、全く努力だとは感じていなかったはずだ。

努力は、しなくて良いし、本当は、してはならない。
ただ、1つ大切なことがある。
それは、他人の努力を決して笑わないことだ。
努力をする者、しない者を問わず、これが出来ない者ばかりなので、皆、まずいことになるのだ。
他人の努力を、笑いもしなければ、評価もしないなら、努力などせず、何でもうまくいく。

行動に関してはどうだろう?
精神の力や、引き寄せの法則を解きながら、「行動しなければ何も起こらないから、進んで懸命に行動しろ」と言う者が多い。
「進んで行動しよう」とか、「懸命に行動しよう」と思って行動したら、まず失敗する。
私の前に初音ミクさんが現れ、ミクさんが「ぎゅっしていいよ」とアイコンタクトしてきたら、「ぎゅっしよう」なんて思わずにやっているだろう。
まして、誰かが、「(ミクさんを)ぎゅっしなさい」などと言ったら、絶対しない。
まあ、「電車で行くか、バスでいくか」程度なら、考えて行動することもあるかもしれないが、(考えて行動するのは)せいぜい、その程度までなのだ。
落ちているゴミを拾うってのも、考えずに拾うから良いのであり、考えないと拾わないなら、むしろ、拾わない方が良い。
では、考えずにゴミのポイ捨てをする人や、それと同等の行為である、歩きタバコや歩きスマホはというと、見ても気を悪くしなければ、あなたとは縁が切れる・・・つまり、あなたは別の世界に行くだろう。

インドの聖賢、ラマナ・マハルシはこう言ったらしい。
「優れた財務長官は注意深く仕事をしているように見えるが、実は、何もしていない。大きな事業を成し遂げようとしている事業家も、やはり何もしていない」
それに加えて、彼が言ったことは、いつも、難しく訳される。
例えば、「至福にとどまれ」とかね。
そうではないのだと思う。
いや、意味はそれで良いが、そんな難しいことを言ったはずがないのだ。
単に、「いい気分でいろ」と言ったのだと思うのだ。
なぜなら、宇宙は気分と調和するのであり、良い気分でいれば良いことが起こり、悪い気分でいれば悪いことが起こるからだ。
人間は、1日中働くべきだ。ただし、やるべき仕事は、良い気分になる思考や行為をすることだけだ。
良い野球選手は、バットを振ったり、キャッチボールをすると、良い気分になるのだ。
本当に筋トレをして楽しい気分になるなら、野球選手も筋トレをすれば良いが、それは怪しい。
昔の、ある大バッターが、「監督に、1時間ほど好きな練習をしろと言われたが、バッターならバッティングをしたいはずなのに、なぜか、皆、筋トレを始めた」と言っていたが、それらの選手は、あまり良い思いをしなかったはずだ。

『ベン・ハー』だったかもしれないが、傑作映画の中で、大工であるヨセフの息子イエスは、大工の仕事をせず、野山をさ迷っていた。
誰かが、ヨセフに「お前の息子は、もう働かないといけない」と言うと、ヨセフは、「彼は働いている」と言った。
新約聖書の福音書自体には、そんな話はないが、正しい話であると思う。
イエスが放蕩していたところで、イエスの気分が良いなら、誰も困らず、むしろ、良いことが起こって、うまくいっていたのである。








子供の偉大な力

劣勢を挽回し、攻勢に出るには、具体的な武器、具体的な知恵が必要である。
だが、世の中には、どうにもならない状況というのも存在する。
そんな時に、人間は昔から、高次の力に頼ってきたが、人間がテクノロジーによる武器を得るごとに、そういった高次の力を忘れたり、あまつさえ馬鹿にするようになる者も多い。
ところが、科学やテクノロジーを本当によく理解している人ほど、これらは宇宙の力に比べれば極めて卑小であることを認識している。
また、そんな賢い人達は、宇宙の力というのは、偶然に作用するものではなく、高度に秩序立っていることも分かっている。
そこで、科学と宗教が融合すると、考えるようになることは、人間の力と宇宙の力の役割分担である。
けれども、宇宙の力と人間の力では、あまりにレベルが違うので、分担という言葉もおかしいような気がしてくる。
それは、大きな事業をやる時に、大人と子供で役割を分担することに似ている。
普通の考えでは、子供にやることはない。
だが、そうではなく、子供の役割が重要だと理解すると、大人にも不可能だと思われた事業が成るのである。
宇宙の事業でも同じで、偉大なる宇宙の力だけでなく、人間が必要だから人間が居るのだろう。

我々が大きな事業をする時、それが行き詰まり、どうにも出口が見えなくなった時、なぜか、子供の姿を見ていると、不思議な勇気が出て、知恵も湧き、そして、あり得ない出来事まで起こって、遂には事業が完成するということはよくある。
しかし、いまだ、「だけど、実際は、子供は何もしていない」と思う人が多い。
「実際に」子供は多大な貢献をしたに関わらずである。
宇宙にとって、人間は子供のようなものだ。
「上にあるものは下にあり、下にあるものは上にある」とエメラルド・タブレットに書かれている。
そんなふうに、宇宙は階層構造だ。
宇宙と人間の関係は、人間の大人と子供の関係に、やはり似ているのである。
なら、子供に学ぶのは無駄なことではない。

インドの聖者、ラマナ・マハルシは、「賢者と子供は、ある意味、似ている」と言った。
それは、子供は、遊んでいる時には遊びに夢中になるが、遊びが終われば忘れてしまうようなところだ。
荘子は、最高の人間の心は鏡と似ていると述べている。
つまり、来たものは、そのまま映すが、去ってしまえば、何の痕跡も残さないのだ。

賢者や子供の心の性質とは、どんなものだろう?
それは、気持ちを柔軟に切り替えることだ。
英語で「気持ちを切り替える」という表現は案外多く、reset myself (自分をリセットする)もその1つだが、これには、move on(前に進む)という意味も隠れていて、move on 自体が、「気持ちを切り替える」という意味で使われる。
子供は、特に「気持ちを切り替えよう」と思わなくても、自分をリセット出来るのである。
大人の場合は、好きな音楽を聴いたり、美しいものを思い浮かべると良いだろう。
もっと良いのは、微笑んだり、ガッツポーズをすることで、強力なリセットが必要な時は、舌を思い切り出してみると良いだろう。ただ、よほど親しい人の場合は除き、誰もいない場所でやると良いだろう。
これにより、我々は賢者と等しくなり、宇宙の偉大な力の援助を得られるのである。








高性能な小型光線銃のような強力だが手軽な魔法

この世界は、実体がないということでは、インドや中国の聖者達が言うように夢と変わらないものだが、自然発生したものはなく、VR(仮想現実)ゲームのように、作られ、運営されているものであることは、ほぼ間違いないと思う。
これは、誰かがそう言っているからというのではなく(イーロン・マスクは言っているようだが)、また、直観的と言うより経験的に解るのである。
そして、これもゲームに近いのかもしれないが(私はゲームをしないので良くは解らないが)、スキルを上げれば、かなり自由に遊べるし、楽しめる。

この世界でのスキルを上げるとは、昔の人なら、部屋の中のガラクタを片付けるように心の中のガラクタを片付けることだと言うかもしれない。
そして、今なら、コンピューターウイルスを除去するように、心のウイルスを除去すれば良いのである。
今、ご存じのように、外の世界では新型コロナウイルスが流行っているが、これは、人々の心のウイルスが外に現れたものだ。
他人に無闇に近寄れば容易く感染するが、致死率は低い。
だが、致死率が低いゆえに軽く見られ、感染はどんどん広がる。
心のウイルスも、そんな性質がある。
だから、自分も他人も敬い、心が穢れることを軽く見なければ、外の世界でも安全だし、内なる世界が自在なので、外の世界も好きなように支配出来るのである。

外の世界を自由に支配する方法は「引き寄せ」と呼ぶのが流行りであり、その方法は、言う人によって、大きく、あるいは、微妙に違う。
その中で、超高性能な光線銃のように、これ1つで良いと思ったのが、作詞家の阿久悠さんのやり方だ。
それは非常に簡単で数行で書け、『強くなる瞑想法』(無能昌元著。青春出版社)のカバーに書かれれている。
本が手元にないが、こんなものであったはずだ。
「息を吸って止め、曲がヒットしている様子を思い描く。そして息を吐き、忘れる」
「曲がヒットしている」のところは、各々、自分の願望に替えれば良い。
私は、何度やっても叶わなかった貴重な経験がある。
なぜ貴重かというと、最後の「忘れる」が出来ないと、願いは叶わないことがよく解ったからだ。
少し威力は落ちるかもしれないが、願いを紙に書いても叶うが、書いたら、その紙をどこかにしまい、書いたことを忘れないといけない。
いったん、願いを表明したら、後はゲームのシステム、神、宇宙・・・何と呼んでも構わないが、そういった大きな力にませることだ。
インドの聖者、ラマナ・マハルシの言葉を引用する。

神の至高の力がすべてのものごとを動かしているというのに、なぜわれわれはその力に身をまかせず、何をどうすべきか、どうすべきではないかと思い悩むのだろうか?
われわれは列車がすべての荷物を運んでくれることを知っている。
列車に乗ってまでも、自分の小さな荷物を頭にのせて苦労する必要がどこにあろう。
荷物をおろして安心しなさい。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード