ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ラマナ・マハルシ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

変化は静かに起こっている

スーフィー(イスラム教神秘派)の格言、
「神を信用しろ。だが、駱駝(らくだ)はつないでおけ」
という言葉に、私は、現実的でありながら深い英知を感じるが、これが本当はどんな意味なのかは私は知らない。
普通に考えれば、イエスが言った通り、神は親以上に我々一人一人を気遣っておられるのだから、何も心配する必要はない。
しかし、だからといって、驢馬をつなぎもせずに、「神様が見ていて下さるだろう」と思ってはならない。
自分でつないでおけば済むようなことまで、神を頼ってはいけない。
つまり、人間は怠惰であってはならない。
私は、そんな単純な意味に捉えている。
そして、世の中には、驢馬をつながない人だらけであることが分かる。
しかも、彼等は神を信用していないのだ。

人によって、驢馬をつなぐという意味は異なる。
ある人にとっては、仕事を一生懸命にやることだろう。そうすれば、豊かな生活は神様が保証して下さる。
ある人にとっては、トイレのスリッパをきちんと揃えて出ることだ。そうすれば、神様は平穏な暮らしを下さるだろう。
作家の村上春樹さんにとっては、作家になる前の若い頃、原稿用紙1日10枚をノルマに文章を書いたことかもしれない。それで、神様は人気作家にして下さった。
あるエッセイストは、会社をやめ、相談業(カウンセラーのようなものか)の看板を上げたが、客は全く来なかった。しかし、毎日、原稿用紙1枚をノルマに何か書いていたら、村上さんのような大作家とはいかないが、本を20~30冊以上は出す人気エッセイストになった。

つまり、志あって自分で義務、あるいは、掟として定めたことであれば何でも良いのであると思う。

ヴァーノン・ハワードは、自分の心を冷徹な科学者のように観察しろと言った。それでどうなるかは言わなかったが、これは、今話題のマインドフルネスと同じであり、効果は、まず、感情の支配、自信、直観力の獲得だが、これらが得られれば全て得られる。
マインドフルネスに関しては、元Googleのチャディー・メン・タンの本が分かり易い。
ちなみに、日本マインドフルネス学会によるマインドフルネスの定義は、
「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、 評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」
であるが、熟慮された優れた定義と思う。
◆JAM 日本マインドフルネス学会 公式サイト

ニサルガダッタ・マハラジは、常に存在の感覚にしがみつけと言ったらしい。
だが、インドの聖者の言葉というのは、インドの方言から英語、英語から日本語に訳したものであり、なかなか掴みどころがないかもしれない。
しかし、「私は存在する」という感覚を意識するというのは分かると思う。
それは、身体については、感覚を意識することだし、心においては、意識に気付くことである。
もし、それが出来るなら、最上のマインドフルネスであると思う。

ラマナ・マハルシは、常に自分に「私」と呼びかけろと教えたことがあったらしい。
これは、どういうことかと考えてみたが、私の解釈では、「私」という言葉を心で真摯に発した時の、心の反応を観察せよということだ。
一般には、マハルシは「私は誰か?」と、常に自分に問えと言ったとされる。
一方で、マハルシは、「私は誰か」を呪文にしてはいけないと言ったという記述もある。
これを私は、やはり、「私は誰か?」と真摯に自分に問うた時の、心の反応を観察せよということと理解した。

最も簡単には、自分の呼吸を「マインドフルネスする」ことだ。
それで何かが起こるのを感じることはないかもしれない。
だから、刺激的でなく、面白くないと最初は感じるかもしれないが、変化は自然にさり気なく起こっている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

成功する簡単な方法と、もっと簡単な方法

成功とは、エネルギーに満ち元気で、器に応じて豊かであることだ。
大きな器の持ち主なら富豪になるかもしれないが、『若草物語』のメグ達の賢い母親が言ったように、人間は足りない目くらいで丁度良い。
やり繰りが大変だったり、明日に不安を感じるようでは駄目だが、必要なだけあれば良いのかもしれない。

そして、成功するための方法は、ロオマン・ガリ(ロマン・ゲイリ)の『自由の大地(天国の根)』のごく一部に完全に書かれている。
捕虜になって堕落したフランス兵達が、「少女が1人いる」という空想上の遊戯をしたことだ。
おそらく、理想的な可愛い少女・・・天使や女神に近い少女を空想したのだろうが、それによって、仲間達との連帯意識を取り戻し、また、少女を常に意識することで、意識をいつも自主的に使うようになった。言い換えれば、自覚的に生きるようになったのである。
そして、この遊戯の落とし穴は、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』にある。
26人の人生の落伍者である男達は、ターニャという可愛い16歳の少女に出会い、彼女を天使のように扱うことで、上のフランス兵達のような連帯意識と意識の覚醒を得て向上した。
だが、ターニャは天使でも女神でもない、ただの人間であり、その正体がバレたところで、男達は元の木阿弥・・・ひょっとしたら、その小説はその後は描いていないが、男達は以前よりも悪くなったかもしれない。

喩えて言えば、初音ミクさんを皆で崇め、天使として扱えば(真の天使なのだから普通に扱うだけだが)、それで万事OKなのである。

『自由の大地』と『二十六人の男と一人の少女』の重要箇所は、コリン・ウィルソンの『至高体験』にうまく引用されている。
『自由の大地』の澁澤龍彦訳は読めたものではない(と思う)ので、『至高体験』を読めば良いと思うが、全体としては『至高体験』も読めたものではない。しかし、その部分だけは悪くない。

さて、成功するためのもっと簡単な方法は、1日にトータルで1時間、自分の呼吸を意識するだけである。
賢者によっては、「自分の心を意識しろ」、あるいは、「自分の全てを意識しろ」と言うが、それは難しい。呼吸だけで十分である。
なぜなら、ラマナ・マハルシが言ったように、心と呼吸は同じ根っこから出ているからであり、心が世界を創っているのだからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

1日中やる1つのことを必ず決める

真の実力者は、日常が修行、あるいは、トレーニングであり、心構えとしては、起きている間ずっとそうなのだろう。
そんな話を、私が一番最初に聞いたのは、ある陸上短距離走のトップ選手は、日頃、歩いている時も、膝を高く上げるといった独特の歩き方で鍛えているというもので、とても感動した覚えがある。
プロレスでは、日本武道館で最初のプロレス興行が行われた時のメインイベントが、ジャイアント馬場さんと「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックの対戦だったが、エリックは最大の武器であるクロー攻撃(顔や腹部を手で掴むという単純な攻撃)を磨くため、常に野球ボールを持っていて、それを握って握力を鍛えているなんて話があった。
養老孟司さんの何かの本で読んだが、日本人は正座することで、特に運動をしなくても、腹筋や背筋が鍛えられていて、昔の日本人は大変に身体が強かったそうだ。
岡田虎二郎は、常に怠りなく腹に力を込めて、腹を鍛えろと言っていたようだし、中村天風は、常に肛門を引き締めていろと著書にも書いているが、ヨガ関係の人は、天風のように言うのかもしれない。
岡田虎二郎や中村天風のように、1日中常にというのは難しいが、盛鶴延さんの『気功革命』という本には、1日トータルで1時間、肛門を締めるといった話があった。しかし、それだって、意識としては、1日中、肛門を締めようとしなければ出来ないだろう。
法然は、『選択本願念仏集』の中で、行住坐臥(ぎょうじゅうざが。歩き、止まり、座り、臥すという日常のふるまい)、常に念仏を称えよと言い、自ら実践していたというが、これも、そのように心がけよということと思う。
インドの聖者ラマナ・マハルシに、誰かが、「時々、バガヴァッド・ギーターを読むべきですか?」と尋ねたら、マハルシは、「いつもが良い」と答えたようだ。

現実的には、1日の内で、我々は様々なこと・・・中には、したくないことでも義務的にしなければならないこともあるが、まともに生きていれば、本当にいろんなことをしなければならないだろう。
だが、やはり、気持ちとして、自分が常にやるべきと信じることをやるよう意識することが、平凡な人間と特別な人間を別けるのだろうと思う。

ジャイアント馬場さんは、バディ・ロジャースという選手に強烈に憧れ続け、アメリカにいた頃、ずっとロジャースを観察していたが、ロジャースは、電車で移動中等の時、他の選手達が、雑談したり、ゲームをしていても、彼だけは、じっと黙って考えていたのだが、おそらく、馬場さんはロジャースに直接訊いたのだと思うが、ロジャースは、プロレスのことを考えていたのだそうだ。
馬場さんは、「そりゃ、ずっと考えている人と、そうでない人では、長い間に差が出てきますよ」と述べられていたが、全くその通りだろう。

問題は、偉大になりたければ、何を選択して、1日中行うかである。
「何もない」なんてことはないし、そんなことを言うのは愚かな人間であろう。
「常に背筋を伸ばす」でも良いのである。
電車の中での、人々のだらしない座り方、立ち方を見ていると、つくづく思う。
ただし、立派な人というのは、「ついでに」背筋を伸ばして座ったり、立ったりしているのだから、人間には差があることが分かる。
俳優の田村正和さんは、新幹線で座っている時も、常にポーズを決めているという話があるが、それは、見られていることを意識しているというのもあるだろうが、それよりも、美しさ、格好良さに磨きをかける修行なのであると思う。それは、エリックが常に野球ボールを握っていたのと同じだろう。

常に微かな呼吸をしていれば、老化しないし超能力も得られる。ただ、それは、1日少なくとも2時間以上で、数年はかかる。
常に初音ミクさんを想い続ければ天使になれる。
思い込みと言えばそうなのであるが、思い込みは大切である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

中高年の方が仕事が出来る

「仕事は出来ないが給料が高い40代、50代社員がいる」なんて話がよくある。
中には、本当にそんなこともあるかもしれないが、大抵の場合、それは、若い人の勘違いだし、そんな勘違いをしている「本当に仕事が出来ない若い人」ほど、そんなことを言うのだと思う。
20年、30年、「普通に仕事をしていれば」、知恵があるので、若い者など太刀打ち出来ない。
しかし、若い時に、「部長課長らは、仕事をしていないのに高い給料を取っている上、俺達若い者に対し傲慢だ」と言う者ほど、「本当に仕事をしない中高年」になる。
なぜかというと、簡単なことで、知恵っていうのは、それなりに知恵がないと、見ても分からない。
まず、自分以外の人間の知恵を見ようとするのが知恵なのであり、それは謙虚でないと出来ないことだ。
それなのに、「課長より俺の方が仕事が出来る」なんて傲慢かつ思い違いをしているような者に知恵は得られない。
そんな者が歳を取っても知恵がついておらず、「本当に仕事が出来ない中高年」になる。

ドワンゴ会長の川上量生氏の本で読んだが、川上氏が若くてサラリーマンをしていた時、仕事が出来ない課長がいたらしい。
川上氏は、「あんな課長クビだ」と、堂々と声を上げていたが、そうしたら、社長に呼び出され、尋常ならざるほど怒られたらしい。
川上氏は、怒られた理由が分からず、社長に対し、反論すらしたらしいが、社長は、「あいつにだって生活がある」みたいなことを言ったという。
それだけ見れば、温情ある社長という感じだが、私は、川上氏が「仕事が出来ない」という課長は、いなくてはならない人だったのだと思うのだ。
でないと、単なる社長の温情で、そこに居続けることなんか出来ない。
川上氏も社長に怒られて何かを得たのだろうし、社長だって、才能を感じる川上氏だから怒ったのであり、別の「単なる若いもん」なら本気では怒らなかったに違いない。
ただね、川上氏がいくら優秀でも、若い川上氏に、そこまで言われるということは、その課長には、貫禄というか存在感がなかったのも確かだ。
そんな人は、是非、エイミー・カディの本を読み、パワーポーズを実践することをお奨めする。

どうすれば仕事が出来るようになるかというと、「自分が仕事をしている」という感覚を失くすことだ。
インドの聖者ラマナ・マハルシがこんなことを言っていたのが参考になる。
責任感を持って、注意深く仕事をしている財務長官。
大きな目標を達成しつつある事業家。
こういった、有能で、熱心に働いている者達は、自分が仕事をしているとは感じていない。
仕事が勝手に進んでいくのであり、自分は何もしていない。
ある意味、彼らは夢遊病患者のようなものだ。

だが、そうなるためには、精神が進化していなければならない。
しかし、それは難しいことではない。
自分より高い存在に意識を向け、自我が退けば良いのである。
ただ、マハルシだって、「簡単だ」と言いながら、極めて難しいことを教えた。
道元は、それを易しく出来るよう、座禅を教えたが、やっぱり難しかった。
それで、法然は念仏を教えたが、これは簡単過ぎたので、ちょっと豊かな人はやりたがらない。
『歎異抄』を読んで、ただ念仏を称えれば、意識は高い存在に向き、自然に自我は退くだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

現実より夢の方が本物

人生は夢、あるいは、夢のようなものだという話がある。
インドの聖者ラマナ・マハルシや、ニサルガダッタ・マハラジらは、そう言っていたようだ。
また、中国の荘子(2400年程前の賢者)も、そうであった。
江戸川乱歩となると、夢の方が本物で、現実の方が幻であると、常に、色紙に書いていたようだ。
宇宙人バシャールも、夢の方がむしろリアルなのだと言っているようである。

うろ覚えだが、中国映画『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』の最初のあたりに流れる歌には、「人生は夢、夢を旅すれば、そよ風もため息のよう」と美しく表現されていた。
大河ドラマ最大のヒットであった『独眼流政宗』で、政宗は最後、「人生は夢だ」と言って往生する。

真にリアルな・・・神的世界とか霊的世界というものがあり、その下に夢の世界があって、そのさらに下が、我々が現実と呼んでいる世界だとしよう。
なぜ、夢の方が真世界に近いのかというと、真世界は、制約はなく自由自在だと思われるが、夢には制約はありながらも、それは、現実よりはずっと「ゆるい」からだ。
仏教の『無量寿経』には、仏の世界である極楽浄土には、時空の制約がないことが描かれているが、それが真のリアル世界である。
ただし、極楽浄土は、全てが想いのままで安楽過ぎ、本当にそんなところに行ったら、退屈で死んでしまうような気がする。

うつし(現)世はゆめ よるの夢こそまこと」
「昼〔ひる〕は夢 夜〔よ〕ぞ現〔うつつ〕」
~江戸川乱歩(Wikipediaより引用)~

でも良いし、ラマナ・マハルシが言うように、「夢は短く、目覚めは長い。それ以外に、両者に何の違いもない」でも良い。
だが、夢でも現実でも、元気でなければならない。
昔、インドの聖者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギが、信者の女性に煩悩を示した(どんな内容か分からないが)と言って、マハリシを崇拝していたビートルズの4人は失望して離れていったというが、聖者だって、男であるなら女好きで当たり前であり、それどころか、猛烈にそうでなくてはならない。
まあ、ビートルズも後に和解したというが、彼らも大人になって、我が身を省みることが出来るようになったのだろう。
女好き、大いに結構。
しかし、凡人は、大切な精力を無駄に浪費し尽すので、本当に楽しいことが出来ないのだ。
日々、何か短調な鍛錬や行を欠かさずやり、精力を光のエネルギーに昇華することで、人生は、楽しい満足な暇つぶしになるのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ