ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ライナス・ポーリング

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

猛威を振るう新型コロナウイルスに対し「具体的に」何をするか

新型コロナウイルス感染は、数だけで言えば、4月の緊急事態宣言時の新規感染は最高で1日720人だったのが、2日連続で1500人を超えてきた。
新規感染者の大半は若者で、軽症者が多く、重症者数・死亡者数は少ないと楽観視する者もいたが、若い軽症者が多いからこそ、感染拡大は速く、いずれ高齢者にも感染が広がるのであり、実際、重症者は増えている。
政府に有効な策はない上、Go Toトラベルキャンペーンは確実に感染者を増やしていると思われ、今の1日1500人(新規感染者)どころか、5000人くらいに達するのはすぐかもしれない。

一方、都市封鎖や、会社出勤や学校登校を制限せず、大規模なイベントを除き自粛を行わなかったスウェーデンは、一頃は、日本の報道ではコロナ対応の失敗国のように扱っていたが、今は完全に収束に向かい、1日の新規感染者は数十人程度になってきた。
ただ、スウェーデンは死者が多く、その大半は養護施設の高齢者で、そこには対応の不備があったことはスウェーデン政府も認めているが、医療体制には常に余裕があり、経済損失も予想ほどの被害はなかったようである(感染拡大時に他国から敬遠され貿易が停滞したことはあった)。

日本で問題なのは、政府は、ありきたりなことを言うだけで有効な対策を出せず、国民は何をしたら良いか分からず、「運まかせ」の不安な状態にあることだ。
その中で、私個人は、コロナに関しては、完全に安心している。

コロナ感染時の被害の大半は、血管が血栓(血液のかたまり)で塞がれて血流が悪くなることだけであると私は理解している。
よって、免疫力を高めつつ、血栓を作らない、出来ても溶かすということが出来れば、何も心配ないのではと思う。

以下は、あくまで私の個人的見解であり、意見を異にする人はスルーして欲しい。
ただし、個人的には確信を持っている。

免疫に関しては、ビタミンCが有効であり、ビタミンCは多ければ多いほど良い。
具体的には、1日3g以上の摂取が望ましい。
ノーベル賞受賞(化学賞と平和賞)の生化学者ライナス・ポーリングは、1日10g以上のビタミンC摂取を推奨し、癌患者などには30gの摂取を薦め、良い成果を上げたと言われる(少なくとも悪化はなかったと思う)。
ビタミンCによる免疫力向上に関しては、おそらく、調べればエビデンス(証拠・根拠)は簡単に見つかると思う。
血栓を作らないためには、血管の健康も重要だが、そのためにもビタミンCは有効と思う。
もちろん、他のビタミンも必要であるが、まずは、ビタミンCを多量摂取することが薦められる。
幸いにしてビタミンCは超安価である。
超安価であることが、世の中(マスコミや医療関係等)でビタミンCが宣伝されない理由であると指摘する者も多い。確かに、安価に健康になってしまったら、医療、薬品、健康食品業界が大変だが、そういったことは深入りせずにおこう。

血栓を溶かすのは、体内にあるt-PAという酵素であるが、これを活性化させるのは、コーヒーと軽い運動であるという意見があり、私も、調査の結果、それを正しいと認識している。
コーヒーは、好き嫌いもあるだろうが、インスタントで良いから1日3杯程度飲むと良いと思う。
運動に関しては、よく歩くことが一番であるが、暑い時期でもあり、それが難しければ、私が最近ご紹介している腕振り運動や、大東流合気柔術式四股、あるいは、足踏み運動をすれば良いと思う。
そして、他にも、血栓を溶かす効果が大きいとされるのが、ナットウキナーゼという酵素で、これは、納豆菌が出すので、納豆を食べれば良く、以前から、納豆は脳梗塞(これは脳血管の血栓で起こる)の予防に大いに注目されている。
加えて、脳の血流を良くすることから、知的能力の向上効果もあるとする意見もある。
コロナ感染でも、脳梗塞の症状が現れることが多いのも、やはり、コロナウイルスが血栓を作るからである。
また、コロナに感染すると呼吸困難に陥るのも、肺静脈に血栓が出来、血が流れ難くなり、血液が酸素を運搬しないという簡単な理屈である。

後、免疫力を高める効果が高いと言われるものに、ポリフェノールがあり、緑茶、紅茶、カカオ(ココアやチョコレートの主原料)、赤ワインなどに多く含まれている。

個人的には、1日3g以上のビタミンC摂取と、コーヒーを飲み、運動をすることにより、仮に感染したところで、不安は全くない。
実際、家族の付き添いで、現実的には過密な病院・医院には数多く行っており、4月に感染の疑いを持ったが、全く心配はしなかった。家族にも、1日2gのビタミンC摂取を行わせている。













当ブログ著者、KayのAI学習・実践書です。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要で、自分で実用的なAIを作れるようになるための本です。
興味深いテーマでAIを体験しつつ学べます。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

新型コロナウイルスに対する不安をどうやって消すか

新型コロナウイルスであるが、皆、頭では、少なくとも今のところ、自分が感染する可能性はほぼゼロだし、感染したとしても、健康であれば軽い症状が出るだけ(もしくは無症状)で、むしろ、一度感染したら免疫が出来てより安全になる・・・ということは解っていても、連日のマスコミの報道を見ると、いろんな意味で不安になるかもしれない。
毒性は低いと言っても、感染者の死亡率は非常に高いし、現在のところ、このウイルスに感染した場合の有効な治療法はなく、政府も「うがい、手洗い」などの、当たり前のことを、長ったらしくて面白くない文書にして出すだけで、ほとんど誰も見ていない。
また、同じ医者同士が、「マスクは不要」「マスクは有効」と正反対のことを平気で言う等、職業倫理を持っていないとしか思えない(そんなことが当たり前の業界は倫理観に欠けると私なら判断する)。

政府も医療も、全く頼りにならないのであるから、人々が不安になるのは仕方がない。
ところが、私は全く安心している。
完璧なウイルス対策が出来ているからだ。
ただ、正しい対策であると自分では信じているが、間違いかもしれない。
しかし、間違いかもしれなくても、有害なものでない限り、頼りになると思う対策を持てば心が落ち着く。その効果は計り知れない。

ウイルスに対抗するのは、個人の身体の免疫力だ。
免疫力が高ければ、ウイルスに感染しても、速く免疫が作られ発症を軽く抑えることが出来る。
だから、何をおいても免疫力を高めれば良い。マスクでは免疫力は高まらない。

ビタミンCはウイルスに対する高い免疫力を発揮することは間違いないと思う。
医師の多くは「そのような(ビタミンCが抗ウイルスで効果があった)事実は無い」あるいは「疑わしい」と言うが、世間的な医師はそう言うものであろう。
だが、ビタミンCの有効性を認めている善意の(少数派であることを恐れずという意味)医師もいて、その中には実際にビタミンCで実績を上げたり、証拠となる論文を示すことが出来る人もいると思われる。
ノーベル賞を2度受賞し、人類屈指の科学者と言われることもある量子化学者のライナス・ポーリングは、ビタミンCの治療効果や健康増進効果を実証したが、それを否定する医療関係者も多いと思う。私は、そのこと(ポーリングが否定されること)について、個人的には、ビタミンCみたいな馬鹿安いもので病気が治ったら、医療や医薬品で儲けている者達が困るので、ポーリング否定論が作られたのだと思ってる。
それが事実かどうかは分からないが、私は実際に、医療にはどうしようもない不信を感じさせられた体験が多々あるし、対して、ビタミンCの効用についてはつじつまが合うとしか思えないので、個人的にではあるが、ビタミンCを一般医療の千倍信じている。

また、これは一般的にも認められていると思うが、免疫力を高める食品を摂ると良いと思う。
乳酸菌、納豆菌は免疫力を高めると考えて良いと思われ、これらを多く含む、ヨーグルト、チーズ、柴漬け、キムチ、納豆を食べると良いだろう。
私は、納豆は毎日欠かさず食べている。
また、ポリフェノールも免疫力を高めると言われており、緑茶、紅茶、コーヒー、ココア、チョコレート、赤ワイン等には、ポリフェノールが多く含まれてる。
私は、チョコレートが大好物なので、特にカカオポリフェノールを多く摂れることが期待出来るブラックチョコを中心に、沢山(もちろん節度ある量で)食べている。

以前は、EM医学会のようなものがあり、EMが免疫力を高め、細菌やウイルス対策に有効で、癌にも効果があるという文書も見、それも本当なのかもしれないが、飲料用のEM-Xは相変わらず高価なので、個人的には興味を失くした。お金のある方は、自分で確認の上、試してみても良いのではと思う。
まあ、ビタミンCにしろ、EM-Xにしろ、言うまでもなく自己責任で使うことになるが、私は、医療が責任を取ると思えない。だが、医療が責任を取らないことは良いことでもあると思う。もちろん、医者は誠意を持って努力して下さっていると思うが、自分の健康の責任を持つのは自分である。

こんな話がある。
有名なプロレスラーのジャイアント馬場さんが読売巨人軍の野球選手だった時(60年も前のことだ)、脳腫瘍が出来、どの医者にも手術を断られたが(現代の医学でも難しいと思う)、ただ1人の名医が手術を引き受けた。馬場さんはその医者に「俺の命、保証してくれますか?」と尋ねると、その名医は「医者は指1本切る時でも、命の保証はしないんだ」と言ったらしいが、馬場さんは、その医者を本当に偉い医者だと言ったらしい。

また、腕振り運動も、免疫力を高めるから、関英男氏(工学博士。電波工学の世界的権威)も、胃癌を医療にたよらず、これ(腕振り運動)で治してしまったのだと思う。
物理学者の三石巌氏(理学博士)も、医者に3年以内に失明すると宣告された白内障をビタミンCの大量摂取で完治させたが、関英男博士の著書『宇宙学序章グラビトニックス』にも、白内障で失明状態の人が、朝800回、夜1000回の腕振り運動で、4週間で視力を取り戻したことが書かれており、これも、免疫力と関係するのだと思う。

私も、安価なビタミンCと腕振り運動で、新型コロナウイルスに対しても全く不安はない。
とはいえ、あくまで個人的見解であり、何の保証をするものではないが、これを機会に、先程も述べた通り、自分の健康は自分で責任を持つ心構えを持つと良いと思う。








新型コロナウイルス、私に不安がない訳

新型コロナウイルスに関する政府からの情報は、次の通りで間違いないと思う。
(1)ウイルス感染は世界的に拡散し、そして国内感染も始まったが、打つ手はない。
(2)各個人が感染を防ぐ、また、感染した後の安心出来る方法は不明。

そもそも、「感染が急速に拡大」以外の政府の発表はない。
それで政府は義務を果したとしているが、何か別のことを言い、それが外れていれば、言った者の責任になるのだから、政府関係者は何も言わないのだと思う。
民間の医療関係者には善意で何かを言う人もいるが、政府と違って責任を取るリスクを負っているのである。
ちなみに、これも一般の医師が言ったのだと思うが、マスクは、感染予防には無益であるので、無理に買う必要はないと私も思う。

以下に、私が個人的に安心して実施していることを述べる。
何のことはない。
ビタミンCの大量摂取である。
ビタミンCがウイルス感染に有効であることは、自分で検索したり、本を調べれば、いくらでも情報を得られると思う。
私は、個人的にということになるが、ビタミンCは、ウイルスだけでなく、長年の情報収集や経験により、広範囲の病気や身体の不調に効果的と思っている。

白内障で3年以内に失明すると医学的権威者に言われたが、治療をしようとしない医学に見切りをつけ、自分で大量のビタミンC摂取を行ったところ完全に治ったという著名な物理学者の話がある。つまり、医学は方法を知らなかったが、治す方法はあったのである。
また、進行した癌を高濃度ビタミンCの大量投与で劇的な成果を上げた話であれば、数多いと思う。
ウイルスに関しては、こんな話を目にした覚えがある。海外旅行から帰った人に政府機関から、医療機関で検査を受けるよう要請されたが、面倒だから放っておいたら、熱が出て体調が著しく悪くなった。そこで、この人はビタミンCを大量に飲み、しばらくしたら回復した。ところが、同じ旅行先から帰った他の人は死亡した。その原因はウイルスであった(ウイルス名は忘れたが)。

こういった話に対しては、批判、非難が多い。
ビタミンCの大量摂取の効果を示した化学者ライナス・ポーリングへの厳しい批判も見る。ただ、彼への批判の中には、侮辱的なものもあるが、そのようなものを見ると、かえって、ポーリングへの信頼が増すと思う。だって、口汚い批判には真理はないといいうのは、当たり前のことだからだ。
ポーリングは単独で唯一人、2度のノーベル賞(化学賞と平和賞)を受賞し、人類屈指の科学者(あるいは思想家)として高く評価されている。もちろん、そんな人間にだって間違いがないとは言えないが、逆に、偉大な人間にだって、普通の人間と同じように敬意を受ける資格はある。
ポーリングが医療や薬品業界から批判を受け、あれほどの実績がありながら、普通の人が彼の名をほとんど知らないほど、その名を消し去られた理由を、安価なビタミンCで難病を含む病気が治ることがバレないよう、医療や薬品で大きな利益を得ていた者達が画策した(はかりごとを立て実行した)と言う者もいる。言うまでもなく、そんな話も盲目的に信じて良い訳ではないが、筋が通らない話でもなく、無視すべきでもないというのが自然と思う。

私は、ビタミンCと運動であらゆる病気を治し、医療の世話になったことはない。
メニエール病で立てなくなった時は、病院には行ったが、検査・治療に納得がいかず、治療をやめて自分で治した(この時はまだ、ビタミンCの治療効果について知らず、主に運動で治した)。
ビタミンCは非常に安価で、原粉末であれば1kg(かなりの量だ)でも2千円以下で入手出来る(私はいつも千円少々で買っているが)。
運動に関しては、腕振り運動を特に行っている(毎日千回以上)が、最近は、大東流合気柔術式の四股も毎日欠かさず千回以上行っている。
これらの手段があるので、私自身は、全く不安を持っていない。
いつだったか、ノロウイルスが流行った時、同じ部屋で働いている同僚から感染したような気がするが、その同僚は酷い症状になり入院したが、私は1日苦しんだだけでケロっと治った。原因不明の異様な頭のふらつきも治した。
そして、2016年の10月に突発性難聴で右耳が全く聴こえなくなったが、これも劇的に治った。同じ時期に左耳が聴こえなくなった金持ちの知人は、いろんな医療にかかっているが、いまだ治っていない。
私は、これらを、おそらく、ビタミンCと運動で治してしまったのである。








私はウイルスにはビタミンCで対応する

ニュースサイトを見ると、新型コロナウイルスの、中国での感染者は5900人で、死亡者は132人に達したという。
日本国内では、3人の感染者が確認されているらしい。
今のところ、全体から見れば極めて小数であり、特に、日本でどれほど不安に思っている人がいるかは分からないが、誰しも、大なり小なり、関心は持っているかもしれない。

笑われるかもしれないが、私は、ウイルスや微生物による脅威に対しては、ビタミンCの大量摂取で対応する心積もりである。
Webを調べれば分かるが、このようなことを言う者は、馬鹿にされることも多いようだ。
ただ、私も、別に、人にお薦めする訳ではなく、長い調査と思索から、個人的に、他の方法よりは正しいと思っているだけである。

量子化学者ライナス・ポーリングは、研究により、数多くの病気にビタミンCが有効であるとし、ビタミンCで癌を治癒した例も多いと思われ、現代でも、癌の治療として高濃度ビタミンCを摂取することで効果を上げていることを医学者が述べている書籍もある。ポーリングは、人類で唯一、単独でノーベル賞を2度受賞し、(以下Wikipediaからの引用)イギリスのニューサイエンティスト誌による「史上最も偉大な20人の科学者」として、アルベルト・アインシュタインと共に選ばれた唯一の20世紀の科学者でもある。ネイチャー誌のミレニアム・エッセイの著者であるGautam R. Desirajuは、ポーリングをガリレオ、ニュートン、アインシュタインに続くこの1000年で最も偉大な思想家、思弁家の一人であると2000年に主張している

とはいえ、私は別に、ポーリングが偉い科学者だから信じるというのではない。
ところが、面白い理由から、ポーリングは信じられるのである。
その1つは、これほど偉大な化学者でありながら、化学や農学を専攻する大学生にすら、名を知らない人がいくらでもおり、まして、一般の人には、ほとんど全く知られていない。
まあ、一般の人は、教科書とニュースに出てこないことは知らないものであるが・・・
そして、もう1つの理由は、ポーリングをいくら馬鹿呼ばわりして批判しても、全く安全で、非難される心配はない。
全く変な理由に思えるだろう。
これはどういうことかと言うと、権威と一切関わりを持たないということなのだ。
それどころか、権威によって貶められてるフシすらある。

あくまで一説であるが、ポーリングは、ほとんどの病気がビタミンCを初めとするビタミンで治ることを示したため、製薬会社に敵視された。
ビタミンCは極めて安価であり、そんなもので病気が治っては、製薬会社も医療業界もたまらない。
そして、アメリカでも日本でも、医学は国家と協調関係にあり、医学には国家の権威が与えられているが、それをポーリングは根こそぎ否定したのであるから、日陰者になるのは仕方がないし、実際、苦境にあったようだ。
三石巌さんという、ポーリングとも親交のあった物理学者がいる。彼は60歳の時、大学病院の主任教授に、白内障のため、2~3年で失明すると宣告されたが、その教授は治療しようとはしなかったという。そこで、三石さんは自分で治そうと決意し、白内障はビタミンCの不足であることを突き止め、「浴びるように」ビタミンCを摂取するべきと考え、その通りにしたら、完全に治ってしまい、90歳を過ぎた30年後もはっきり見え、スキーもしていた。
このことは三石さんの著書『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」』に書かれているが、この本の序文は、渡部昇一さんが書かれている。
医学というものが、どういうものか、このエピソードでも分かるし、私自身、そして、私の身近で、医学に反することをして致命的な病気が治った例は沢山ある。
ただ、すっかり、マスコミを通じて権威者に教育され、医学の権威を信じきって疑わない人も多いが、そんな人に宗旨替えを迫る気はない。

ビタミンCがウイルスに対抗出来ることを語る医学者や、その実例を示す情報を見たこともある。
しかし、それよりも、普段からビタミンCを摂取し(他にある程度の食の節制と運動)、完全な健康体を保っていることや、ビタミンC摂取時の感覚から、おそらく、ポーリングや三石さんの言われることは正しいと個人的に感じているのである。








念仏とビタミンC

私には、念仏というもののイメージが良い。
その理由は、まず、念仏を広めた根本の中心であった法然や親鸞が長寿であったことだ。
それぞれ、80歳、90歳は、当時としては、驚異的だし、しかも、決して寝たきり老人であった訳では全くなく、2人とも、ほとんど死の直前まで、頭も身体もしっかりしていた。
法然も親鸞も、一応は、念仏は、死後、極楽浄土に生まれる手段として説いてはいたが、いまどき、そんなものに関心を持つ者は少ないだろう。
だが、実は、2人とも、念仏は、現世での人生を大いに良くするためのものだと、明らかに述べているし、親鸞などは、「現世利益和讃」で、念仏の現世利益のための威力をとうとうと謳っている。
それらに、科学的根拠みたいなものがある訳ではないが、魅了されるのは、彼らの揺るぎなき信念である。
そして、私は、念仏を完成させたのは、誰が何と言おうと、一休であったと思っている。
一休は、法然、親鸞を尊敬し、明らかに念仏に転向していたと思う。
一休は、西方極楽浄土は、遠い西の方にあるのではなく、「南にあり」と言った。
この「南」とは「皆身」であり、身体の内にあるということで、一休は、心そのものが仏であり、念仏を唱えれば、今、ここが極楽浄土であると言ったのである。
こちらに関しては、私はむしろ科学的であると思うし、法然、親鸞に矛盾するのではなく、むしろ、真意を説いたのだと思う。
そして、一休も88歳の長寿であった。

法然、親鸞、一休らの長寿と信念、この2つで、念仏というものは良いものだと思う。
念仏を唱えれば、万事オーケーである。そう思えばそうなる。それが信念の魔力である。
丁度、念仏は、BUMP OF CHIKENの『ray』のようだ。
つまり、「晴天とはほど遠い 終わらない暗闇にも 星を思い浮かべたなら すぐ銀河の中だ」なのである。
初音ミクさんが、可愛い声でこの歌を歌ってくれた時に、私はすぐにピンときて、あらゆる問題を解決出来たのである。

それから私は、ビタミンCの威力を信じている。
だから、自分が癌や、あらゆる重病に罹ろうが、まるで恐れない。
なぜかというと、大量ビタミンC摂取の効果を説いたライナス・ポーリングの、揺るぎない信念のためである。
ポーリングの名を知らない人は多いが、イギリスのニュー・サイエンティスト誌が、人類の20人の偉大な科学者に選び、20世紀の科学者としてはアインシュタインと共に2人の内の1人として選んだほどの人で、ノーベル賞は2度、いずれも単独で受賞している。
もちろん、ポーリングの主張は、科学的根拠や実証に支えられてのことであろうが、その内容がよく分からない者としては、ポーリングの陽性の冷静な信念を信じる。また、ポーリングも94歳で亡くなるまで、元気に活動していたことで、十分な根拠にもなっていると思う。

まあ、これらの説明は、ちっとも科学的でないと言えばそうかもしれないが、それは気にしない。
実際は、私は、原理に関しても長い間調べたのであるが、閃きが先にあって、理屈はそれに続くものである。
今は、人工知能でさえ、理論的には説明のつかない、正しい答を閃くようになったくらいだ。
閃きと信念は、いつの時代にも人間にとって大切なものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード