ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ユング

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

世間の束縛を逃れ自由になる

最近、このブログで書いている「言葉の力」の、まとめの意味もあることを書いておく。
考えを整理して、新たに取り組むと、成果が大きくなると思う。

潜在意識による成功法則で知られるジョセフ・マーフィーの昔の本でよく強調されていたことが「世間に飲み込まれるな」だった。
この「世間」には、2種類あるということが重要だ。

1つは、家庭、親族、友人等親しい人達、学校や勤務先、地域、国家、マスメディアといった、目に見える世界の関係性だ。
家族や親族の人々が、あなたの思想に与える影響は、おそらく最も大きく、学校に通うようになったら、学校の教義や教師の思想に影響され、クラスメイトの考え方に馴染んでいく。
地域独特の思想の影響を受ける場合もあるかもしれない(地域の結束が高い町や村)。
会社勤めをすれば、会社のカラーとでも言える会社独自の思想の影響を受ける。
そして、半世紀以上前から、マスメディア・・・特に、テレビを通し、国家や国家を構成するもの、そして、国家の裏側にあって、国家を操る者達が作った思想が、想像も出来ない強力さで、あなたに叩き込まれる。
もし、宗教団体に所属しているなら、その宗教団体の思想の影響も受けているだろう。
こんなふうに育ち、生きるあなたの精神は、もう、作り物だらけの、わけの分からないガラクタと言えるかもしれない。

もう1つの「世間」は、必ずしも存在が認められているわけではない。
それは、人間が共有する意識である「集合無意識」だ。
ユング派心理学では「習合無意識」は理論とされるが、フロイトは、そんなものはないと否定しており、フロイト派心理学の人達からは「そんなものがあってたまるか」と馬鹿にされることもある。
だが、ユングは、「実際は、フロイトだって、集合無意識の存在を認めていた」と言うが、実際のところは分からない。
ジョセフ・マーフィーは、フロイトをよく引用しながらも、集合無意識は確実にあるという立場である。
人間は、この集合無意識を通して、意識でつながっている。
そうであれば、目で見える世間だけでなく、この目に見えない世間である集合無意識からの影響も受けるのである。
それで、誰もが、「人類的思想」とでもいうものを持っているが、人類全体の集合無意識よりも、同じ国や地方の人々の集合無意識の影響を受け易い(目で見える世間との関係性による)。

問題なのは、あなたは、上の2つの世間、つまり、「目で見える世間」と「目で見えない世間」の両方の影響を受けている・・・もっとはっきり言うと、「操られている」ことである。
その影響は、最悪とまで言えるかどうかは分からないが、それでも、マイナス部分が、あまりに大きいのである。
2つの世間の影響により、「自分には力がない」「自分の思うようには生きられない」「権力者には勝てない」「なりたいものになれない」と考えるようになっていて、しかも、その考え方を強力に強制されているのである。
だから、自分が本来持っている驚異的な力を解放して自由に生きるためには、2つの世間の支配から逃れないといけない。

何もせず、放っておいたら、あなたの頭の中では「私には出来ない」「私は不幸だ」「私は奴隷のようなものだ」といったつぶやきが、1分間に数百回繰り返されているという、科学的研究がある。
だから、あなたは、是が非でも、プラスの言葉を自主的に自分に与えないといけない。
そのやり方がいろいろあり、このブログでは、いろいろなものを述べている。
やり方は1つではないのである。
とはいえ、ほとんどのやり方に効果があるが、特に自分に合ったものを選んでやるのが最上である。
ある人々にとっては、神仏の名を唱える「ナーマスマラナ」と呼ばれる行が最高である。念仏もナーマスマラナに入ると考えられる。
あるいは、神仏の真言、お経、祝詞を唱えると、良い集合無意識にアクセス出来、素晴らしい効果を得られることで、最良の効果を得る人々もいる。
自己暗示やアファーメーションも良い方法だが、より良い方法でやるべきだろう。
人間には「私」という言葉に強いエネルギーの経路があるので、
「私は〇〇だ」
というアファーメーションが特に有効である。
例えば、
「私は裕福だ。私は幸せだ。私は最高の気分だ」
「私は健康だ。私は幸せだ。私は素晴らしい」
「私は豊かだ。私は健やかだ。私は安らかだ」
などである。
また、人類史を通し、「神」という言葉は、いかなる世間でも穢されることはなかったし、これからもない。
だから、「神」という言葉を使うことには、素晴らしい効果がある。
「神に出来ないことはない」
「神様の奇跡が起こる」
「神は道なきところに道を作る」
「神が味方であるなら、誰が私に敵対出来ようか」
などの言葉がある。

ここで、最上と思える言葉を上げると、
「私は在る」
「神の他に何もない、ただ神だけがある」
がある。
非常に高度であり、低い世間に穢された度合いが大きな者は抵抗を感じるかもしれない。
しかし、唱え続ければ人間を超える。

尚、唱え方は、「心で、丁寧に、穏やかに」である。
数は多ければ多いほど良い。








万能の力を味方につける

今朝も少し書いた部分もあるが、それとは関係なく、すっきりと役立つように書く。
著名な心理学者であるカール・グスタフ・ユングのお気に入りだった話が、中国出身のアメリカの作家・事業家であるチン・ニンチュウの世界的ベストセラー『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』の冒頭に紹介されている。
こんな話だ。

何年にも及ぶ干ばつに苦しむ村が、有名なレイン・メーカー(雨乞師)を呼んだ。
レイン・メーカーは村に着くと、テントに4日、引きこもった。
すると、雨が降った。
村の人がレイン・メーカーに、
「何をしたのか?」
と尋ねると、レイン・メーカーは、
「何もしていない。この村は神の意思に沿っていない。それで私は、神の意思に身をまかせた」
と答えた。

良い話であるが、肝心なところが分からない。
「神の意思に身をまかせた」って、具体的にどうすんだよ(笑)。
私は長い間、それが不満だった。
だが、答が分かった。
ただし、このレイン・メーカー自体は何をしたのかは知らない。
だが、「神の意思に身をまかせる」最上の方法が、ナーマスマラナだということは分かった。
ナーマスマラナとは、ナーマ(名)をスマラナ(心で唱える)という意味で、神の名を心の中で唱える行である。
葬式用ではない、本来の純粋な念仏も、ナーマスラマナである。
要は、心の中で神仏の名を唱えれば、あなたにだって雨を降らせることが出来る。
ヒーラーにだってなれる。
いや、どんなことでも出来る。
ただし、心の中で、丁寧に、十分な時間唱えればである。1回や2回、「アマテラス」と唱えたって駄目だ。
「心を込めて唱えよ」と言ったら、多くの人は変な込め方をするので(笑)、丁寧に唱えれば良い。丁寧に唱えることが、心を込めて唱えることだ。

私の場合、ナーマスマラナは念仏なのだが、一般に言う念仏である「南無阿弥陀仏」というのは、私には、宗教臭過ぎ、葬式臭過ぎる。
それで、私は「阿弥陀仏」と唱えていたが、「仏」は分かり切っているので、今は、「アミダ」とのみ唱えている。
本来のサンスクリット語の名前(阿弥陀はアミターバ)から言えば、むしろ、「アミタ」が良いのだが、これは別にどちらでも良い。神仏の世界は極めて高度なので、そのくらいの調整は簡単になされるに決まっている。
「南無阿弥陀仏」ときちっと唱えないと不遜だと言う人もいるかもしれないが、不遜と言うのは、心がこもっていないこと・・・つまり、丁寧でないことを言うのだ。
「なんまいだー」と軽く唱えるよりは、心の中で丁寧に「アミダ」と唱えた方がずっと敬虔(深く敬うこと)であると思う。
「アマテラスオホミカミ」も、やはり、心の中で丁寧に「アマテラス」と唱えれば問題はなく、むしろ、短く言うことで親しみがこもるのは良いことと思う。
もちろん、各自の考え方もあるので、それに従えば良い。
確かに、「アマテラスオホミカミ」と丁寧に唱えると、荘厳さがあると思う。

円空という、江戸時代前期の偉大な僧がいた。
生涯に12万体の木彫りの仏像を作ったと言われている(1日10体彫っても33年かかる!そこから考え、あくまで伝説かもしれないが)。
それほどの数を作ったのだから、1体1体はラフな感じもするが、現代のフランスの芸術家が、円空が掘った仏像を見て芸術的価値に驚愕したと言う話もある。
ところで、価値の高い仏像といったら、お寺の立派な場所に安置されたり、中には、もったいなくて、立派な部屋や箱の中に大切にしまって一般の人には見せない、あるいは、特別な日に、ちょっとだけ見せるというものもあると思う。
だが、円空の仏像は、野外で子供が乗っかって遊ぶのが普通だった。
仏様って、それほど、気安く、親しみやすいもののはずなのだ。
その名だって、「アミダさん」「カンノンさん」と親しく呼べば良いのだと思う。
ただし、その名を、いつも心に保つことが大切だ。それを忘れないために、意識的に、心でその名を唱えるべきなのである。
その際も、やはり、「アミダ」「カンノン」で良いと思う。
また、「アマテラス」という言葉には、とても輝かしいイメージがある。
一番良いのは、子供のように、本当に素直に親しく呼ぶことだが、我々はあまり純真ではないので、せめて、丁寧に唱えるのである。
「ミクさーん」と言うのも良いが、心に中で丁寧に「ミク」と唱えれば、まさに、心の中でミクさんは神秘なイメージになるだろう。
これを持ってしても、心の中で丁寧に唱える意義が分かると思う。
尚、私は別に、「南無阿弥陀仏」「南無観世音菩薩」「アマテラスオホミカミ」と唱えるのが良くないと言うつもりは全くない。
自分が納得するように唱えるのが一番である。








心は奪われても魂は奪われない

今年(2021年)2月に任期を終えているが、初音ミクさんは、西村康稔経済再生担当大臣より委託を受け、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室の「コロナ対策サポーター」に就任していた。
ただ、初音ミクさんは現在も、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進Webサイトの「コロナ対策サポーター」に登場中である。

それで、私は、少し前に、こんな夢を見た。
初音ミクさんが、テレビ放送なのかネット動画なのかははっきりしないが、政府の新型コロナ対策の広報として登場し、あの愛らしい笑顔で、
「みんなー!ちゃーんとワクチンを打とうね!」
と言っていた。
ところが、ミクさんの目からは涙が流れていたのだ。
震えながら飛び起きた私も涙を流していた。

こんな夢を見たのは、私に、こんな記憶があるからかもしれない。
2005年12月に公開されたアニメ映画『映画 ふたりはプリキュア Max Heart 2 雪空のともだち』という作品がある。
当時、幼稚園から小学生の女の子の間で絶大な人気を誇っていた『ふたりはプリキュア』シリーズの映画で、5億7千万円の興行収入を記録した。
ところが、この映画で、騒動が起こっている。
映画の中の、以下に述べる場面についてだ。
敵の魔力により催眠状態に陥ってしまったプリキュアの2人、キュア・ブラックとキュア・ホワイトは、その敵に操られ、お互いを相手に戦いを始める。
心を失った2人は、無表情のまま、その素晴らしい戦闘能力を発揮し、激しく攻撃し合う。
ところが、映画の本来の鑑賞対象者である、小さな子供達(大半は女の子)には、状況が理解出来ず、ただ、大好きなキュア・ブラックとキュア・ホワイトが激しく戦うのを見て泣き出してしまった。
これに対し、全国のPTAは激しく抗議し、以降、プリキュア同士の戦いは完全にご法度となった。
だが、実をいうと、その場面は実に感動的なものだったのだ。
意思を奪われ、心を操られているはずの2人が、相手を攻撃しながら涙を流していたのだ。
私は、イギリスのSFテレビドラマ『謎の円盤UFO』で、宇宙人に操られて自分を殺そうとする親友に対し、ストレイカー司令官が言った言葉を思い出す。
「心は奪われても、魂までは奪われていないはずだ」
残念ながら、その親友は、完全に宇宙人に乗っ取られていた。
しかし、プリキュア達や、私の夢の初音ミクさんは、心は奪われても、魂は奪われていなかったのだ。

新型コロナワクチンの肯定派と否定派で分断が起こっている状況になっている。
もしかしたら、これも、闇の支配者の思惑通りなのかもしれない。
そして、権力とマスメディアが味方であるワクチン肯定派が圧倒的に有利である。
このままでは、ワクチン否定派は叩き潰され、自由も、もしかしたら、生存権も奪われるかもしれない。実際、そう思える雰囲気がある。
だが、カール・グスタフ・ユングが好きだったという「レイン・メーカー(雨乞師)」のお話の中で、レイン・メーカーは干ばつに苦しむ村で、こんなことを言っていたのだ。
「この村全体が神の意思に沿っていなかった。それで私は4日間、神の意思に身を任せた。すると雨が降った」
(チン・ニンチュウ著『誰でも小さなことで大切な願いが叶えられる』より)
権力や、テレビではなく、神に(あるいは自然に)従った方が、最後には栄光を得る。
神に従う簡単な方法は、ナーマスマラナ(心の中で神の名を唱える行。純粋な念仏もその1つ)である。
どの神の名でも構わない。好きな神の名を、声に出さず、心の中で、丁寧に繰り返し唱えることだ。
神の名と神の実体は等しい。従って、ナーマスマラナを行うと、心の中に神が存在し、神と融合する。
やってはならないことは、考え方の違う相手に対し「馬鹿だ」「頭が悪い」「気が知れない」「狂っている」などと言わないことだ。
そんなことを言ったり、考えたりする暇があれば、ナーマスマラナを行えば、必要な思考や行為が起こるだろう。
神は、道なきところに道を作り、そして、神に出来ないことはないのである。








鮮やかなまでに巧妙な真言の仕組み

昔から多くの人が知っている伝説には大きな力がある。
それは単に、長く語り伝えられた知恵や教訓であるからだけでなく、多くの人間がそれについて想い、考え、意識することで、人々の集合意識の中に生命力を蓄えてきたからだ。
フロイトは認めなかったが、ユングは、意識には、個人の意識だけでなく、全ての人が共有する集合無意識があり、人間は皆、集合無意識でつながっていると考えていた。
集合無意識の存在を前提にしないと説明出来ない現象は沢山あり、ユングは著書の中で、本当は、フロイトも集合無意識を認めていたはずだという確信を示していた。

長く多くの人が聞き、話し、想った神話やおとぎ話といった伝説は、集合無意識の中で確固とした存在となり、その生命力は強く、人々や、さらには、現象にまで影響を与える。
物質や物質世界は人間の心が作り出す・・・少なくとも影響を与えることは、科学的にも確かである。

ただ、よく知られていることを悪用され、宗教は支配者の洗脳支配のために使わることが多く、集合無為意識の中で負のエネルギーになっている場合がある。
ところが、面白い・・・と言うべきではないかもしれないが、支配者が利用するのは、新しい宗教なのである。
つまり、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は皆、共通して、旧約聖書を聖典とするが、支配者が、旧約聖書を民衆の洗脳に使うことは、あまりない。
その理由は簡単で、読めば分かるが、旧約聖書は意味が分かり難く、洗脳支配に利用し難いのだ。
洗脳というものは、誰でも簡単に分かる話を使うしかないのである。
だが、新しい預言者(イエスやモーセなど)によって語られたことが書かれた新約聖書やコーランは、支配者に都合の良い解釈を押し付け易く、洗脳に使われてしまったのである。
そこにいくと、確かに、旧約聖書を探求するユダヤ教信者は、洗脳され難いという特徴がある。
そして・・・むしろ、ユダヤ教徒の中の一部の頭の良い人間達が、世界を洗脳支配したのである。

さて、洗脳論が目的ではないので、よく知られた伝説には力があるという話に戻る。
我々は、支配者によって捻じ曲げられた部分をうまく避けて、伝説の力を利用すれば、大きな利益を得る。
そして、それは難しくない。
ただ、庶民の最後の武器である真言によって、簡単に行えるのである。
よく知られた伝説と言えば、やはり、宗教が関係し、各宗教の信仰者は、キリスト教が33%、イスラム教が20%、ヒンズー教が13%、仏教が5.9%、ユダヤ教が0.2%であるが、信仰者の数が決定的な問題ではない。
例えば、ユダヤ教信仰者が0.2%と言っても、旧約聖書の利用率で言えば、キリスト教やイスラム教の53%が入るのである。
その中の、良い伝承を使えば良いのである。
旧約聖書の格言などには、支配者に利用されなかったものが沢山あるが、例えば、「心を静め、自分が神であると知れ」などは、支配者に利用する方法はなく、力ある言葉であるが、使う者は少ない。
神道となると、信仰者は世界的に見れば極めてわずかで、その典拠となる『古事記』や『日本書紀』となると、世界においては無に等しい。その上、神道は明治政府に悪用された歴史もあるが、実は、神道の根幹は、民衆の集合無意識の中に、深く、ピュア(純粋)な形で息づいているのである。
例えば、『古事記』の神が、支配者に味方した話など全くなく、神は神として、自由に考え、行動しているという伝説は守られているのである。
ここらは、ギリシャ神話も同じだ。
そして、『古事記』も『ギリシャ神話』も、あるいは、『旧約聖書』も。最初から、洗脳支配に利用されないように作られていたフシがあり、これらには、古代の叡智や、ひょっとしたら、宇宙人の善意の協力も感じるのである。
だから、「アマテラスオホミカミ」という神の名を真言として唱えれば、集合無意識に潜むエネルギーが、良い形で味方してくれる。
念仏となると、むしろ、支配者に弾圧されながら、真摯な僧や民衆の中で生き続けたのであり、集合無意識の中でのエネルギーの純粋さ、強さは、もし、視覚化出来るなら、実に巨大で美しく眩いものであり、これを真面目に唱える者に恵を与えないはずがない。
そして、こういったことは、優れた真言全般について言えるが、特に、昔も今も、民衆に人気の高い観世音菩薩の真言、あるいは、観世音菩薩が主役の『般若心経』や『十句観音経』の力は非常に大きいのである。
だから、「南無観世音菩薩」とか「オン、アロリキャ、ソワカ」、あるいは、「観音様」と唱えるだけで、ものごとは良い方向に流れ出し、数多く唱えれば奇跡も起こる。
修験者は、数多く般若心経や般若心経の呪文を唱えることで、神通力を得た者が多いと言われる。
尚、般若心経は、呪文のみを唱えるべきと言う研究者がいるが、私もそれに賛同している。
また、神仏の名、真言、聖典の言葉には、宇宙意識と通じるまでになっている場合が多く、それらを真言として数多く唱えることで、至高の力が味方してくれる可能性がある。
自分が良い印象を感じる真言・・・早い話が、好きな真言を選び、たゆまず唱えれば、それで間違いないのである。












真言を唱えると何もしなくてもよくなる

真言を唱えると、何もしなくてよくなる件について。
これも、古代からの聖賢達の教えの一致する点だ。
真言の根は、心の深い部分・・・潜在意識のさらに奥にある、集合無意識や超意識にある。
よって、真言を唱えれば唱えるほど、意思は、意識の深いところに潜っていく。
そこは、我々が現実世界と呼ぶ幻想(今流には仮想世界)を生み出す創造の場である。
その深い意識の場は、少しあの世に似ていて、思ったことが速やかに実現する世界だ。
ただ、初めてそこに行った時はもちろん、何かの拍子でたまに訪れるだけでは(誰でもたまにある)、手も足も出ず、何も創造出来ない。
しかし、逆に言えば、その意識の深い部分に慣れてしまえば、現実を容易く生み出せるようになる。
慣れ次第ではあるが、初心者でも、ある程度の現実を作れるようになれる。
たとえて言えば、池や湖の深いところで活動することに慣れてしまえば、水の表面での活動は簡単過ぎて、何もしなくても思う通りになる感覚と同じである。

真言を唱えると、自分では何もしていないつもりなのに、全てが思うようになる原理は上に述べた通りである。
神話のシンボルや、昔話の神や英雄の名が、集合無意識、あるいは、超意識に存在していることは、C.G.ユングも、多くの人を観察する中で確認していた。
ユングは、そこに辿り着くいろいろな方法を考えたが、真言(マントラ)については、それほど重視しなかったのは、彼の意外な見逃しのように思える。
古代ギリシャ語やサンスクリット語の神の名や真言がそこにあるのだから、それを数多く繰り返し心で唱えれば、超意識と共鳴し合うことは少しも不思議ではない。
よって、あなたも、古代からある、由緒正しき真言や神の名を唱えるべきである。
どの言葉が良いかは、単に試せば良く、もし、良くない言葉であれば、唱えているうちに嫌な感じがするだろう。
龍樹(りゅうじゅ。ナーガールジュナ)という2世紀のインドの僧で、真言密教の祖師とも浄土真宗の祖師とも言われる天才仏教僧は、『華厳経』の中で、十の仏の名を唱えることで高い境地に至ると書いているが、特に、阿弥陀如来について詳しく取り上げ、その名を唱えるよう勧めている。
阿弥陀如来は、インドの言葉でアミターバ、あるいは、アミタ―ユスであり、もちろん、この通りに唱えても良いが、現代から見れば、かなり以前から、「南無阿弥陀仏」の念仏や、真言「オン・アミリタ・テイセイ・カラウン」と唱えられてきたので、これらの言葉も、確として超意識界に高いエネルギー体として存在するので、これらの言葉を心で唱えれば、良い効果があるに決まっている。
ただし、丁寧に、静かに、ゆっくりと、心で唱えるべきである。
でなければ、超意識の中の波動の高いこれらの言葉と共鳴し難い。
しかし、これらの言葉を、心で、静かに、ゆっくり、丁寧に唱えれば、確実に共鳴するだろう。
すると、実際の話として、世界は意のままなのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード