ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

モミの木

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

一瞬で幸福になる

世界には、非常に美しい場所がある。
そんな場所に住む人々は、さぞや幸福かというと、そんな場所に都市が栄えた試しはないらしい。
例えば、ハワイのある極めて美しい所では、麻薬中毒患者が増え、それを取り締まっているうちに人間がいなくなり、観光地としても賑わうことのない寂しい土地になったとか。
どうも、人間は理想的な場所には住めないようだ。

それと同じ心理が作用していると思われるこんな話がある。
ある優れた科学者に、「研究が完成したらどうするか?」と尋ねたら、本当に賢いその科学者は、「決まっています。専門を変えます」と答えたそうだ。
彼は、目標を達成したら、すぐ、次の目標を設定しないと、人間は心が病んでしまうことを知っているのである。
そんな真理を発見したというより、そんな実例を目の当たりにして学んだのだろう。
だが、目標を達成する度に、新たな目標を設定していたら、永遠に終わらないラットレースに閉じ込められることになる。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツは、パソコンOSの市場を制し、世界一の富豪になったが、彼の古いセンスはIT世界で通用しなくなり、彼はマイクロソフトを去り、バイオテクノロジー、エネルギー、教育の分野に転身した。
しかし、それらの分野では、既に何十年も取り組んでいる人が沢山いるので、本当は、そんな人達に敵うはずがないが、彼には膨大な富があり、重く扱われたことで、悪いことになってしまったのだと思う。
今はまだ、離婚したくらいのことしか知られていないが、彼は今は幸福な人ではないと思われる。

成功した人達は、自分が若くて最前線の現場に居た時のことを懐かしむのだ。
中には、せめて部長レベルに降りて、現場の指揮を取りたがる者もいるが、そんなことをされたら、現場にとっては迷惑以外の何物でもない。

つまり、アンデルセンの『モミの木』のように、今が幸福であることを早く悟らないと、どんどん悲惨になっていくだけなのだ。
ここで重要なことを指摘する。
どんな状態であろうと、今すぐ幸福になれるし、そうなれば、外部状況も自ずと良くなるのだ。
これこそが、唯一の、そして、究極の成功哲学である。

合氣道家の藤平光一氏の著書全部を、ざっくり要約すると、「氣を出せば幸福である」だと言ったら文句を言われるかもしれないが、そうとしか思えない。
若く、現場で四苦八苦していても、氣が出ていれば幸福だが、成功して億万長者になっても、氣が出なくなれば、不幸で悲惨なのだ。
そして、悪い状況にあっても、氣が出れば、状況も良くなる。
藤平氏は良いヒントを与えてくれたが、捉える我々が失敗しているのかもしれない。
どうすれば氣が出るかというと、藤平氏が、「氣が出ていると思えば出る」と書いている通りなのに、普通の人は、「そんな言い方は嫌」なのだ。
それは、学校的、教科書的でないからだ。
学校の試験で、「どうすれば氣が出るでしょう?」という問題に「氣が出ていると思うこと」と書けば正解というのはあり得ない。
学校は、そんな言い方はしない、
しかし、それが正解なのである。

ある事業家がライバルに恨まれ、ライバルは超一流の殺し屋を送り込んできた。
ただならぬ雰囲気の殺し屋を見て、事業家は氣を出した。
すると、その、トップランキングの殺し屋は握手を求めてきて、去って行った。
似た話が、チン・ニンチュウの『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』にあるが、こちらは多分、脚色されている(分かり易くするためで、悪意はないと思う)。

氣を出す方法はいろいろあり、藤平氏の本にもいろいろ書かれている。
だが、一番の方法は、「私は在る」と感じることだ。
その感覚を掴むために、心の中で、言葉で「私は在る」、あるいは、「私は存在する」と唱えても良いが、呪文にしてはならず、感じなければならない。
ネヴィル・ゴダードの『At Your Command(翻訳:新装版 世界はどうしたってあなたの意のまま)』に書かれているのは、ある意味、そんなことである。








「終わりよければ・・・」はなかなか実現しない

小説でも映画でも、あるいは、思想書でも、素晴らしい内容なのだが、最後で駄目になってしまう作品は多いと思う。

最後が素晴らしい作品としては、映画では1953年の『宇宙戦争』(H.G.ウェルズの原作小説も同じとは思うが、記憶にない)、小説では、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を挙げて良いと思う。
一方、ほとんどの作品は、最後で、それなりに価値を「下げる」。
そういえば、人生にしたって、最盛期が偉大であった人物ほど「晩節を汚す」と言うように、最後はなかなか立派に終われない。
いや、高校や大学の最後(あるいは、学生時代の最後)、1つの会社で勤務していた最後、結婚生活の最後、恋人時代の最後・・・全部、散々だと思わないか?
「終わりよければ全てよし」とか言うが、なかなかそうはいかない。

きっと、スタートが良ければ、多くの場合、フィナーレは駄目になる。
逆に、始まった位置が低いほど、割合にハッピーエンドになる。
最初に恵まれると、どうしても、間違えやすいのだ。

面白いのが、作品としては最後が素晴らしいが、ものごとは最後が悪くなり勝ちであることを語る作品が、アンデルセンの『モミの木』だ。
モミの木は、現状に不満を持ち、明日はもっと良くなる、素晴らしい未来が自分にはあるはずだと思ったが、状況はどんどん悪くなり、そして、悲惨な最後で終わる。
これほど洞察に満ちた作品はない。
イエス・キリストも、根本的には「今の恵みを想え」と教えた。
英国の作家・投資家のマックス・ギュンターが、『運とつきあう』の中で引用した最強の投資家が言った、投資で成功する秘訣は「欲張らないこと」だったが、それは、いかなることでも同じと考えて良いだろう。
モミの木も、欲張らなければ、いつでも幸福だったのだ。
モミの木が最後、炉の中に投げ込まれるのを悲惨と思うかもしれないし、イエスも、悪人が最後は炉に投げ込まれることを述べたが、実際には、誰でも最後は炉や海や地に入れられるのだ。
だが、ぼーっとしている者は、素粒子に乗って世界を逍遥(あちこちをぶらぶら歩くこと)する。
かつて、ソクラテスの身体を構成したことがある原子が、我々個々の身体に10万個はあるらしい。
素粒子レベルでは、もっと共有されて自由だ。
そして、素粒子の中に、超知性のエイリアンもいる。
ぼーっとしていれば、全ての知性と和し、何の問題もないだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード