ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ミルトン・エリクソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

名探偵のように頭が良い人になるには

「頭が良い」ことの定義は、それほど簡単ではないかもしれない。
IQ(知能指数)というのは、完全ではないながら、かなり頭の良さを示すのだと思うが、問題は、それほど正確なIQテストがないってことだ。
いや、テスト内容自体はそれなりに信頼性があっても、被検者のコンディションの問題は小さくない。つまり、1回の短時間のテストで、なかなか正確なIQを測ることは出来ない。
ところで、IQと強い相関関係があることが分かっているのが語彙力で、語彙力テストの成績が、ほとんどIQと一致するという話もある。
もちろん、語彙力が低くても優秀な人はいるが、それはかなり例外なのだと思う。
アメリカの著名な能力開発研究者・トレーナーのウィン・ウェンガーは、語彙力を高める訓練によって、能力を向上させた事例について著書に書いていたと思う。
それで思い出すのが、驚異的に優れた治療成果から「魔法を使って治している」とまで言われたアメリカの精神科医ミルトン・エリクソンの話だ。
彼が生まれ育った農場には、本は、聖書と辞書しかなかったが、小さなエリクソンは、なぜか辞書の方を選び、繰り返し読んだそうだが、名を知られるようになった後、それをやったことは非常に良いことだったと思うと言っていたようである。

頭の良さに連想力を挙げる人も多いと思う。
何かを見たり聞いたりした時、それと関係あるものや、その両者の関係性を思いつく能力だ。
この能力が高いと、「このことは、たとえば・・・」と、あることを、別のものに喩える、いわゆる比喩がうまく、イエス・キリストが比喩(たとえ話)の達人だったと言われることがある。
例えば、電気の知識が少ない者に対し、電圧を理解させるのに水圧の概念を利用するなどだ。イエスは、天国という、直接示すことが出来ないものを、人々がよく知っている何かに喩えたという話があるが、ちょっと説明を要する話なので、ここでは述べない。ご興味があれば福音書を。

ところで、「この人は鋭い」と思わせる人は、おそらく、非常に頭の良い人であろうが、「鋭さ」は、観察力が高いことから感じさせる場合が多い。
日本の推理小説の大家とも言える江戸川乱歩の推理小説を読むと、主に明智小五郎だが、名探偵の観察力の素晴らしさが鮮明に描かれている。
名探偵そのものが、観察眼の鋭い者であると言っても間違いないと思う。
ところで、一般に、人が高い観察力を発揮するのは、好きだと言えるほど興味ある対象に対してだ。
関心のないものに対しては、観察力は鈍くなる。
例えば、クラスメイトの好きな女の子が、今日はどんな髪型だったかを詳細に覚えていても不思議はないが、興味のない女の子だと、よほど奇抜な髪形でもない限り、全く覚えていないのが普通かもしれない。
そこで思いつくのだが、名探偵のように頭の良い人というのは、沢山のものに関心を持っているのである。興味の幅が広いので、多くのものごとについて、何かに気付くのである。
名探偵は、ものそのものと言うより、現象に興味を持っているのかもしれない。
つまり、ものや状況の細かな変化に気付き、その変化の意味を推理するのだ。

ところが、観察し、変化に気付くためには、感性だけでは駄目で、必ず知識が必要で、知識が多いということは語彙も多いのだ。
なぜなら、変化に気付いたとしても、知識がないと、単に、「変な気がする」「何か変」で終わってしまう。
頭が良くない者が「何か変な感じがする」と言った時、頭の良い名探偵が「どう変なのでしょう?」と問うことから始め、データを集めて分析するという場合も多い。
「何か違う」と気付いても、それを何かに関連付ける、つまり、連想が出来ないと具体的なことが分からず、また、連想する際には、「例えば〇〇のような」と、言葉を思いつかないと、はっきりした連想にならない。つまり、ぼんやりした知識ではなく、言葉に出来る具体的な知識でなくてはならず、そのためには語彙の多さは必須なのだ。
だからやはり、語彙の多さは、鋭い人に必要である。
もちろん、語彙とは、意味が解っている言葉だ。
例えば、「テラ・ホーミング」という言葉だけ知っていても、それがどんな意味かはっきり解っていないと語彙とは言えない。

だから、ウィン・ウェンガーが能力を高めたい人達に対し指導したように、ミルトン・エリクソンが子供の時、偶然かもしれないが、自主的にそうしたように、語彙力を高める訓練は有益かもしれない。
エリクソンのように辞書を読むのも良いが、普通は、それなりのレベルの本を読むと良いだろう。知性の高い人が書いた本なら、役に立つと思う。

後、頭の良さを明らかに示すものに「推測力(予測力)」がある。
だが、かなり高い推測力を持つと言われ、その推測力が称賛されるような人だって、かなり推測を間違えるのだ。
人間というのは、推測にはあまり向いていないと思う。
しかし、現代の、ディープラーニング型AIは、うまく扱えば、素晴らしい推測力を発揮し、人間など全く及ばないことが良くある。
だから、AIを自分で作れるようになることには、大変な価値がある。
私が5月末に出したAI書籍は、数学やプログラミング、あるいは、難しいAI理論が解らなくても、WindowsパソコンでExcelが使える程度のスキルがあれば、ソニーの素晴らしい無料AIツールNNCを使って、誰でも、ディープラーニング型AIを作れるようになることを目指して書いた。
AIに足し算を教えることで、NNCの使い方をマスターし、シンプルながら興味深い問題をテーマに、自分の手を動かしながら、楽しくAIの作り方が身に付くように配慮した。
「モンティ・ホール問題」という、1990年から存在する奇妙なゲームを、コンピュータプログラムによるミュレーションで解いた例を、私は知らないのだが、私はそれを、簡単なExcelマクロ(VBAプログラム)で解き、それをNNCでAIに解かせてみた。
とても面白いと私は思う。
本は技術評論社から出版した『楽しいAI体験から始める機械学習』で、紙の本と電子書籍がある、電子書籍では、NNCのネットワーク図など一部がカラーになっている。
良かったら、下からご購入いただければ幸いである。



良ければ、左のバナーからAmazonでご購入下さい。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作ることが出来るExcelマクロを無償でダウンロード出来ます。
署 名:楽しいAI体験から始める機械学習
著 者:Kay、MrΦ共著
出版社:技術評論社










書いて忘れたら願いは叶う

プログラミングをマスターする方法にも、何百通り何千通りものやり方があり、どれが良いとも悪いとも言えない。
何かの達人になった者には、客観的には最悪の方法を採ったという者も少なくはない。
「魔法を使って治している」とまで言われた奇跡の精神科医ミルトン・エリクソンは、小学校時代くらいだと思うが、辞書を引く時、いつも、aから順番に見ていったという。
おかげで、辞書の内容が頭に入り、それは大人になってからも非常に役に立ったという。
最悪の勉強のやり方が、実は悪くはなかったということである。

今は、うさぎ跳びや脚を伸ばした腹筋運動は身体に悪いのでやらないことになってるが、昔は、それらをガンガンやって超人的スポーツ選手になった人だっているはずだ。
外国語をマスターしたければ留学や海外生活が一番と思っている人も多いが、極めて重要な場での通訳を行うほどの英語の実力を持つ人で、海外経験がない人だって事実いる。

では、何かを成し遂げるために、本当に重要なことは何かというと、強い意思の力だろう。
ただ、その「強い意思」というのも、一瞬で爆発的に大きな意思を持つ場合もあれば、さほどではないが、長期間、その意志を持ち続ける場合とがある。
けれども、実は、もう1つ方法があり、それが最上の方法だ。
それは、意思を一度放ったら、それを放っておくという方法である。
放った意思の邪魔をしなければ、意思は自律的に目標に達するのである。
だから、願いを叶えるのが上手い人は、いったん目標を決め、それを叶えると決めたら、後は何も考えず、むしろ、ぼーっとしているのである。
そうすれば、自分は自動的に適切な行動を取り、周囲は目標達成に都合の良いように動くのである。

目標を紙に書いたら願うという。
だが、それを常に読み返せと言う人がいるが、それは間違いである。
ぼーっと眺める程度なら差し障りないが、何度も気合いを込めて読み直すと、まず叶わない。だから、「東大合格」なんて書いて壁に貼るのは止めたが良い。一番良いのは、書いたらどこかにしまって忘れてしまうことである。
何年か経って紙を確認したら、全部叶っているのである。
何度も見たり、思いだすから叶わないのである。
目標を決めたら、後は、ぼーっとすることである。
もちろん、その目標が本気でないなら、どうなる訳でもないが。













当ブログオーナー、KayのAI書。
例えば「AIとはどんなものか知りたい」と思った場合、学識者が沢山の文章を並べて書いた概要書、教養書、啓蒙書・・・などと言われるものを読んでも、おそらく、「解った気になる」だけで、よく考えたら「やっぱり何も解らない」と気付くと思います。
自分で運転しない限り、自動車の運転を本当には解らないように、いくらマイクロ波の勉強をしても自分で使わない限り電子レンジとは何か解らないように、自分でAIを作らない限り、何も解りません。
この本でAIを作るのに、数学もプログラミングもAI理論も不要です。Excelが最低限使えるスキルがあれば十分です。
しかも、AIにやらせるのに、面白い問題を扱うことが出来たと思っています。

無力な者が願いを叶えるには

少し前、アメリカの作家マイク・ハーナッキーの「願いを叶える究極の秘訣」を何度か取り上げた。
この秘訣は、確かに注目はされたが、それほどの人気は保っていないように思われる。
非常に鋭いところがある上、極めて簡単なのに、なぜだろう?
その秘訣とは、「願いを叶えるために必要はことは全て自主的に実行する決意をする」であった。
そして、必要なものは決意だけで、実際に何かする必要はない。
だが、決意する段階で疲れるかもしれない。
つまり、願いを叶えるために必要なこととして、物凄く困難なことがあると思えたら、とりあえずは、それを実行すると決意しなくてはならないのである。
実際には、しなくて良いかもしれないのだが、「では、やらない」と思ったら、宇宙の力は働いてくれない。
宇宙に嘘は通用しない。
本当はやる気がないのに、やる気のあるフリをしても駄目なのだ。

そこで、覚えておくと良いことがある。
元々、人間に出来ることは僅かなのだ。
それを知ってると、願いを叶えるために、難しいことをしなければならないという発想が出てこなくなる。
つまり、謙虚であれば良いのだ。
だが、たとえ些細なことであっても、それをすることが必要なら、それを本気でやる気にならないといけない。

そこで、面白い実例を2つ挙げるので、参考にしていただきたい。

1つは、アメリカの精神科医ミルトン・エリクソンの話だ。
エリクソンは、「魔法を使って治している」と言われた、驚異的な精神科医だった。
そのエリクソンは17歳の時、ポリオウイルスに感染したことで、全身の運動機能が麻痺し、動かせるのは目玉だけという状態になった。
ある夜、医者が母親に「彼は朝まで持たない」と言うのが聴こえた。
すると、エリクソンは、目玉を動かして、夕陽が見える窓を見て思う。
「もう一度夕陽を見てやる」
きっと彼は、もう一度夕陽を見るためなら、何でもやる決意をしたはずだ。
しかし、彼に出来ることは何1つないのだ。

もう1つは、日本人の有名なコック(多分、村上信夫さん)の話だ。
第二次世界大戦中、彼は、「シベリア抑留」として知られる、旧ソ連の捕虜になっていた沢山の日本兵の一人だった。
彼のことを、以降コックと言う。
ある夜、ロシア兵がコックを、ある場所に連れていった。
そこには、大怪我で瀕死の日本人兵がいた。彼を以降、負傷兵と呼ぶ。
ロシア兵はコックに、
「お前はコックだろう?この負傷兵は朝まで持たない。最後に何か食べさせてやれ」
と言う。
コックは負傷兵に「何が食べたい?」と尋ねると、負傷兵は「パイナップル」と言う。
しかし、そんなものがあるはずがない。
そこでコックは、林檎をパイナップルのように切り、フライパンを使って砂糖で味を付けた。
それを負傷兵に食べさせ終えると、もう二度とこの負傷兵に会うことはないと思いながら去った。
それからしばらくして、コックが収容所内を散歩していたら、一人の日本人に呼び止められた。
驚いたことに、あの負傷兵だった。
生きていないはずの負傷兵が、今や、実に元気そうだった。
負傷兵はコックに言った。
「あんな美味いものが食べられるなら、もう一度、生きてみようと思ったのだ」
負傷兵は、もう一度、美味いものを食べるためなら、何でもやってやると決意したに違いないのだ。
しかし、彼もまた、実際には何も出来なかった。

我々もまた、この2人と同じなのだ。
しかし、自分は何か出来ると自惚れている者ほど、宇宙のサポートは得難い。
ドイツ人女性ベルベル・モーアは、理想の彼を得ることにした。
その彼氏には、菜食主義で酒も煙草もやらず、太極拳が出来る等、合計9つの無茶な条件を付けたが、そんな彼を得るために、自分に出来ることは何もないと悟ったのだろう。
宇宙にお願いしたら、その通りの彼氏がやってきた。
そうと分かれば、もっと条件の良い彼氏に変えるのが人情ってもんでさあ・・・と思ったかどうか知らないが、実際、次々、彼氏をグレードアップしていった(笑)。

自分は徹底的に無力である。
しかし、その無力な中で出来ることだけはやろうと思ったに違いない。
『歎異抄』は、極楽往生という願いのために、念仏だけは唱えようというものである。
しかも、1回でも良いのである。
いや、唱えなくてすら、唱えようという気さえあれば良いのだ。
師匠の法然と違い、親鸞は、実にゆるい。
尚、極楽往生の主意は、今ここを極楽世界にすることであるから、実は万能である。

では、上記の誰かの真似をすれば、いかなる願いも叶うのである。

★★★ お知らせ ★★★
私Kayの著書(数学講師Mr.Φとの共著)

『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)

の発売日が、

2020年5月11日 → 2020年5月30日

に延期になりました。
政府の緊急事態宣言により、現在、紀伊国屋など大手書店が休業になっていますが、5月11日までに緊急事態宣言が解除されない可能性があることに関係すると思われます。
本をご予約いただいている方には、まことに申し訳ありませんが、出版日までお待ちいただけますよう、何卒ご理解の程、お願い申し上げます。













上にお知らせしました通り、発売日が5月30日に延期されました。
全ての人がAIを味方にして、新しい時代に対応出来るようになることを願って書きました。
ソニーが無償で提供して下さっているWindowsアプリNNCを使い、数学もプログラミングもなしに自分でAIを作ることが出来るよう、易しいけれど面白いAIの推測問題を考えました。

奇跡を起こす超秘訣

人間向上の知恵を完全に掴み、活用していたのは、アメリカの精神科医、ミルトン・エリクソンで、彼の娘も見事にその秘訣を受け継いでいたように思う。
エリクソンの技法については散々研究されていると思うが、多分、上手くいっていないと思う。
研究しているのは、精神医学や心理学等の専門家だろうが、専門家のアプローチは、革新や革命を起こせないもので、むしろ、進歩を阻害するからだ。

エリクソンの秘法(とはいえ、彼にとっては普通のことだったと思うが)を端的・明確に示すお話がある。
どの本に載っていた話で、正確にはどうだったか覚えていないが、大切なことは、その翻訳の字面ではない。
エリクソンのところに、おそらく、どうにも手のつけられない不良・・・というか、心的に問題のある少年が連れてこられたのだと思う。
エリクソンは少年に、
「君が立派になったら、皆、驚くだろうね?」
と言うと、少年は、
「そりゃ驚くさ」
と言った。
治療はそれで終りだった。
少年は、すぐに立派になったのだ。
なぜ、そうなったのか、解り難いと思う。
そこで、彼の娘が、同じテクニックを使った話をしよう。
これは、『私の声はあなたとともに』に書かれている。
エリクソンの娘は高校教師で、ある時、最悪の不良で、しかも、恐るべき腕力の持ち主という男子高校生の担任にされてしまった。
以前、その男子高校生は、担任の男性教師にこう尋ねた。
「俺があんたを殴ったらどうなる?」
「君は退学になるだろうね」
もちろん、その教師は殴られて吹っ飛んだが、結果的に、その不良は退学にならず、エリクソンの娘に押し付けられた。
そしてついに、誰もいない場所で、エリクソンの娘は、その超不良男子高校生に遭遇し、彼はニヤニヤ笑いながら近付いてきて尋ねた。
「俺があんたを殴ったらどうなる?」
さて、エリクソンの娘が何をしたかお判りだろうか?
もう見事だった。
試験の点を取るしか能のない受験エリートには決して思いつかないことだ。
彼女は、
「絶対に殺してやる!」
と叫んだのだ。
「君は退学になるだろうね」
と言った教師は殴られ、
「絶対に殺してやる」
と言ったエリクソンの娘は、忠実な教え子兼頼りになるボディーガードを得た。
その違いが分かるだろうか?
「君は退学になる」は、その男子高校生が最も予測出来る回答だった。
しかし、「絶対殺してやる」は、全く予測外の回答だったのだ。

最初の不良少年の話は、もっと深いように思える。
「君が立派になったら、皆、驚くだろうね?」
自分が立派になる。
それは、自分にも、皆にも、予想外のことだ。
だから驚くのだ。
自分も皆も。

あまり解説しないが、さらに、3つの事例を挙げる。

「予想外でさえあれば、何事も起こるのが最善だ」
~『カルヴァリー』(W.B.イェイツ)より。ローマ兵がイエスに言ったこと~

「この世で一番楽しいことは何か知っているかね?スピネル」
「何ですか?エリオル」
「予想しないことが起こることさ」
~『カードキャプターさくら』(CLUMP)より~

二つ目を捨てろ 予想外になれ
軌道を外れて...
~『キレキャリオン』(作詞・作曲・編曲:ポリスピカデリー。唄:初音ミク)より~



KayのAI書。
「3つのドアのどれかに豪華賞品が隠れている。そのドアを当てよ」というゲームから生まれたモンティ・ホール問題には、予想外の原理が隠れています。
しかし、AIは、それを予想してしまいます。
つまり、時に、AIは予想外の正しい答を出します。
そんなAIを見方にすれば、どれほど有利になるか解ると思います。
モンティ・ホール問題シミュレーションが出来るExcelマクロ無償ダウンロード特典付。










1冊の本の裏側に宇宙が1つ在る

「本を1冊」と言われて即答出来る人は、魔法使い並の実力者だ。
とはいえ、その本が良いかどうかは、実のところ、あまり関係ない。
漫画でも良い・・・というか、漫画を実際に挙げる偉大な人物も少なくない。

割と多いパターンは、5~十数冊挙げる者だ。
頭でっかちで、自分は優秀だと思っているが、実行力がないタイプだ。

本当は、別に本でなくても良い。
「特技は?」「目標は?」「好きなことは?」と聞かれて、1つのことを即答する者は、おそるべきヤツだ。
例えば、イチローなら、シーズン前に「200本」と答えていたようにだ。
プロレス史上最高のレスラー、ルー・テーズは、1つの技と言われ、「ダブル・リストロック」と即答した。
プロレスはショーだが、だからといって実力が不要な訳ではない。テーズのダブル・リストロックは無敵だった。
Facebookのマーク・ザッカーバーグは「プログラミング言語を1つ」と言われたら、最高の評判とは言い難いPHPを迷わず挙げていた。
ビル・ゲイツはBASICだった。
そして、1つの最高を持っている者は、自ずと他の力も得る。
上に挙げた超一流達は、極めて多彩な能力を持っているが、実のところ、1つの最高級があるから、無理なく多種多様を得られるのである。

本の話に戻る。
アメリカのある偉大な政治家は、生まれた家が貧しく、家に聖書しかなかったが、それを何度も繰り返し読んだことが良かったと、本人が述べていた。
面白いのは、明治・大正の偉大な教育者、岡田虎二郎は、小学生の時に読んだルソーの『エミール』を生涯の指針としたが、虎二郎が読んだのは、何と、数ページの序文だけだった。
ところが、ルソーは最初、その序文しか書く気がなかったそうだ。
英国の世界的作家、コリン・ウィルソンは、崇拝するH.G.ウェルズの『ポリー氏の人生』を著書の中で、特に貴い書として何度も取り上げている。
変わった例では、魔法で治しているとまで言われた驚異の精神科医、ミルトン・エリクソンがある。
彼の生まれた農家には、本は、聖書と辞書しかなかった。そして、彼は何と、辞書を選んで、それを繰り返し読んだのだ。Aから順番に、何度も何度もね。
そして、やはり彼は、偉大な精神科医になった後も、それが素晴らしいことだったと言ってるのである。
ある、学生の時から引退するまで経営者として成功し続けた人物は、どれだったか忘れたが、啓発書としては、ジョセフ・マーフィーの1冊の本だけ読んでいた。

実際、本はどれでも良いのだと思う。
なぜなら、優れた1冊の本の裏側には、1人の人間の生涯を上回る霊的な何かが隠れているからで、読み込めば、それを引き出せるが、それは、1度の人生で汲み出しきれるような量ではない。多分、どれほど引き出した者でも、百分の1にもなっていないだろう。
そして、1冊に絞った方が、圧倒的に引き出しやすいのである。
ただし、知識として参考のために多くを読むのは、別に悪いことではない。
拙いのは、マスターとしての書をコロコロ変えることである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード