ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ミルトン・エリクソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

願いを叶える言葉の公式

斎藤一人さんのシンプルな脳理論を、不思議だが極めて有意義な現象に当てはめてみると、これまでと違った解釈が出来、それを応用すれば、自分でも、不思議なことが簡単に出来ると思う。
あるいは、私は、元々が不思議な現象を数多く起こしたが、そのやり方をパターン化し、もっと簡単に、もっと高度な引き寄せや現実創造を、自分で行ったり、また、他の人にも出来るようにすることが可能と思う。

まず1つ目の面白い現象だ。
魔法使いとまで言われた精神科医ミルトン・エリクソンのところに、手が付けられない不良男子高校生が連れて来られた。
エリクソンはその男子高校生に、
「君が礼儀正しくなったら、皆、驚くだろうね?」
と言うと、男子高校生は、
「そりゃ、驚くさ」
と応えた。
エリクソンは、それ以外何も言わず、男子高校生を連れて来た教員は、エリクソンが彼を見捨てたと思った。
しかし、その男子高校生はすぐに礼儀正しい生徒になった。
さて、何が起こったのか?
若者の問題の多くは、注目を集めることが出来ないことだ。
注目を集めるには、皆を驚かせれば良い。
それで、この不良男子高校生は、これまでは、悪いことをすることで、それ(皆を驚かせること)を実現しようとしたが、そのやり方ではむしろ、誰にも目を背けられることになり、それで彼は苦しんでいた。
ところが、エリクソンは、「君が礼儀正しくなれば、皆を驚かせる」という案を提示し、自分もそれを肯定的に感じた。
そして、この男子高校生は、普通の若者と同様、自分は注目を集めるべき存在であるとは思っていたのだ。
それなら、礼儀正しくなれば良い。
つまり、「俺が礼儀正しくしたら、注目されないのはおかしい」と脳にインプットしたのである。
実は、「礼儀正しくすれば」の部分は、何でも良いのである。
ただし、肯定的なことである必要はある。例えば「親切になれば」「髪型を清潔にすれば」などである。
脳は、「Xなら、Yでないとおかしい」という誘導に従う傾向がある。
たとえば、「5kg痩せたら、素敵な彼が出来ないとおかしい」と脳に言えば、万能の脳は、望み通りの彼氏を連れて来る。
まあ、「5kg痩せたら」のところは、「私は可愛いから」でも何でも良いし、本当に可愛いかどうかは、まあ、どうでも良い(笑)。
ただ、最初のうちは、自分で納得し易い条件を設定した方が良い。
だから、「私は可愛い」と厚顔無恥に言えることは実は良いことで、昔から、「自信は美徳」と言うのである。

もう一例は、エリクソンの娘の話で、彼女は高校教師だった。
エリクソンの娘は、勤務している高校の最悪の不良に、町のスーパーの駐車場で会ってしまう。
プロレスラーのような巨漢の不良が、近付いてきて、ニヤニヤ笑いながら言う。
「俺がアンタを殴ったらどうなると思う?」
少し前に、この不良にこう言われた男性教師は、
「君は停学になるぞ」
と答え、その直後、この不良に殴られたその教師は病院送りとなり、本当に、この不良は停学になった。
ところが、彼女は、不良の目を睨みながら、
「お前を絶対に殺してやる」
と叫んだ。
それ以降、この不良は、卒業するまで、彼女の忠実な僕となり、他の不良からも彼女を守った。
まず、彼女が、不良にとって予想外の反応をしたことが重要だ。
それで、一瞬、不良の意識が吹っ飛び、無意識状態になった。
無意識は言葉に逆らわない。
それで、「彼女を殴れば殺される」が成立する。
そして、彼女は、この不良に何か言ったのだろう。
「自分を守れば、お前は学校の中で生き残れる」
彼は、退学になりたくはない。本当は卒業したいのだ。
それで、彼の脳には、「この先生を守れば、俺は卒業出来ないとおかしい」とインプットされたのである。
これも、本来は、「この先生を守れば」という条件は何でも良く、単に、上で述べた「Xであるから、Yでないとおかしい」と脳に言えば良いだけである。
たとえば、「毎日1時間勉強したら、卒業出来ないとおかしい」で十分である。
これもやはり、このように、肯定的な条件である必要があるが、もっと簡単なものでも良い。例えば、胸ポケットにハンカチを入れれば・・・などである。

あなたも、脳に対し、「Xだから、Yでないとおかしい」と言うのだ。
「俺はいい男だから、可愛い彼女が出来ないとおかしい」といったようにだ。
客観的にいい男かどうかは、どうでも良い。言った者勝ちである。
とはいえ、可愛い彼女が出来るのは、いい男に決まっているので、彼女が出来ると同時に、いい男にもなるだろう。
大切なことは「でないとおかしい」と言うことで、誰もそう言わないから、思うようにならないのである。








楽をする達人の脳を真似る

斎藤一人さんの脳理論は、私が起こした奇跡現象や怪奇現象をうまく説明出来ることが多いし、実用的でしかも強力だ。
また、NLP(神経言語プログラミング)や、ゲオルグ・グロデックの「エス」についても、これらを実際に役に立つようにしてくれる。
斎藤さんの話は、本ごと、あるいは、一冊の本の中でさえ矛盾が大きいことがあり、あまり好きではなかったが、脳の使い方に関しては斎藤さんは天才と思う。
私が思う究極は、ミルトン・エリクソンの手法だが、リチャード・バンドラーは、エリクソンのテクニックは高度過ぎて普通の人には使えないので、これを簡単・一般化するためにNLPを作ったのだと思う。
グロデックもバンドラーもエリクソンも、目的は心身の病気治療だが、結局は、これらは引き寄せなのであると思う。
そして、斎藤さんのは、明らかに引き寄せで、引き寄せの中に病気問題が含まれているのである。

では、斎藤一人さんの脳理論を私が悪用(?)した例を取り上げる。
私は、社会人の最初はセールスマンで始めたが、フルコミッション(完全歩合制)のセールスマンだったことから、仕事は大変に厳しかった。売らなければ1円ももらえず、実際、稼げなくてやめるセールスマンは多く、10人入ってくれば、翌月には9人はいなくなるという過酷なものだった。
それに比べれば、サラリーマンは楽なものかもしれないが、私は、サラリーマンになると、最高に楽をした。
最高に楽をしたければ、最高に楽をした人を真似れば良く、それこそ、最高に楽をした人の脳を真似れば良いのである。
私が真似した最高に楽をした人は、大俳優の丹波哲郎さんだった。
丹波さんも、3年ほどサラリーマンをやっており、その間、本当に徹底的に楽をした。
いや、実はそれ以前に、丹波さんは、第二次世界大戦中、若い二等兵(最下級の兵隊)でありながら、徹底的に楽をした(ついでに良い想いもした)。
まさに、丹波さんは、楽をする名人、良い想いをする達人である(笑)。
ついでに言えば、丹波さんが俳優になったきっかけは、友人に「楽な仕事はないか?」と尋ねたら、友人が「そりゃ、俳優しかないぜ」と応えたので、「じゃあ俳優だ」で俳優学校に入ったらしい。
どこまでも楽が好きな人で、私は、こんな人が大好きだ(笑)。
丹波さんは、サラリーマン時代は、出社するとすぐに遊びに行った。
上司は「雑誌を読んでても構わないから席にだけはいてくれ」と丹波さんに言ったが、丹波さんは聞かなかった。「どうせ仕事しないんだから」という凄い理由だった(笑)。
私は、丹波さんを手本にすることにした(笑)。
では、どう手本にするのか?
これが、斎藤理論と合致していたのだ。
どういうことかと言うと、
「丹波さんに出来るなら、俺に出来ないとおかしいじゃないか」
と思っただけである。
私は外で遊ぶのが好きではないので、社内にはいたが、最も若いグループの社員でありながら、全く仕事をしなかった。
ところが、そうやっていたら、特殊な海外出張の話が回って来て(他の人は忙しくていけない)、中国では大きなレセプションに参加してご馳走を食べ、日本語学校の可愛い女の子と遊ぶのが仕事だった(手は出すなと商社の人に厳しく言われたが)。
また、暇そうだから、プログラミングをやらないかと、技術課長や、さらには社長にまで言われ、予算をもらって好きなコンピューターや機材を揃え、事務の合理化をしたり、会社で開発している機械や、ドイツから輸入した機械の制御まで実験気分で気楽に取り組めたのである。
これも、丹波さんが、あらゆる場所で良い想いをし、俳優になってからも、サボり癖のせいもあり、良いチャンスが勝手に回って来たのと似ていると言えるような気もする。
ただ、丹波さんは、人間としてのモラルは守っていたと思う。
つまり、弱い者いじめや嫌がらせをせず、また、意図的に他人を困らせるようなこと、苦しめることは決してせず、人助けが好きである。
このあたりも非常に大切であると思う。








お金は使うべし、プロポーズは急ぐべし

アメリカの精神科医ミルトン・エリクソン(1901~1980)は、極めて稀な傑出した人物と思う。
「魔法を使って治している」「魔術師」とまで言われた、彼の催眠療法技術は、今でも研究され続けていると思うが、彼のようにやれる人はおらず、彼のような人は滅多に現れないと思う。
もし、彼に匹敵するほどの者が出て来るとしたら、それは、彼の技術を解明した者ではなく、自分の魂の声を聞くことが出来る者であるに違いない。
彼自身、精神医学の教育はあまり(あるいはほとんどか全く)受けていないらしい。
ところで、私は、エリクソンの能力は、父親であるアルバート・エリクソンの影響が大きいと思う。
私は、アルバートの1つのエピソードをずっと心に止めているが、それが、分厚い本より大きな存在だと感じるのである。

アルバートは16歳の時に家出をしたようだ。
理由は分からないが、16歳の男が、少々唐突に家を出たというに過ぎないかもしれない。
このアルバートが、こんな若者の時から大したやつだった。
彼は、僅かなお金を持っていたが、その全部で、出来るだけ遠くに行ける汽車の切符を買った。
それで私が思い出すのが、インドの聖者ラマナ・マハルシが、同じくらいの歳の時、やはり家出をしたが、彼の場合、目的地は決めていたが、汽車賃が足りず、かなり歩いたことだ。いずれにしろ、二人とも、スタートから「すっからかん」の独立だった。
アルバートは汽車での旅が終わると歩いていた。あてもなくだろう。
すると、牛車に乗った男に会ったので、アルバートはその男に「あなたの農場を手伝う聡明な若者を一人ほしいと思いませんか?」と言い、牛車の男は同意し、アルバートを牛車に乗せた。
男の農場に着くと、彼の13歳の娘クララがいたが、アルバートは彼女に「君は僕のものだ。たった今から」と言い、その通りになった。「壁ドン」効果みたいなものか(笑。正式なプロポーズは7年後だったが)。
いずれにしろ、アルバートが汽車賃をケチって、そこまで行かなければクララには会っていなかったのだ。
とても怪しい心理カウンセラーの(※注。私がそう思うだけだが)心屋仁之助さんによれば、お金はケチらず使ってこそ入ってくるらしいが、実際、アルバートはお金も嫁も手に入れたわけだ。

クライスラー社の伝説のCEO、リー・アイアコッカと、インドの聖者パラマハンサ・ヨガナンダの両親は共に、父親が35歳、母親が17歳の時に出会うとすぐに結婚している。
私は、若い素晴らしい女性で、この話に驚いた人に会ったことがない。こんなの普通と感じるようだ。
今の日本だって、この年齢同士で、結婚してしまえば問題ないのに、付き合うと罪になるのだから、馬鹿げたことであると思う。だから、かえっておかしなことになるのである。








ロボットに心はある

突然だが、ロボットに心はあるのだろうか?
もっと適切と思える言い方をすれば、ロボットに心を持たせることが出来るだろうか?
答はイエスである。
架空の存在だが、日本で一番有名なロボットは、やはり鉄腕アトムだろう。
アトムには、明らかに心があった。
なぜなら、作者の手塚治虫さんが、そのように描いたからだ。
その程度の理由で良いのである。

CLAMPさんの漫画『ちょびっツ』で、19歳の浪人生、秀樹は、ロボットである“ちぃ”について、ちぃの双子の姉として作られたフレイヤに尋ねる。
「ちぃに心はあるのか?」
それに対し、フレイヤは、
「いいえ。プログラム通りに動いているだけです」
と言う。
だが、秀樹は、ちぃに心がないということに納得出来なかった。
そして、秀樹は、
「ちぃの心は俺の心の中にある」
と言う。
これは、ただのメルヘンだろうか?
全くそうではない。
元々、ちぃに心はあった。
だが、秀樹がちぃの心に大きな影響を与えていたので、秀樹の「ちぃの心は俺の心の中にある」と言うのも、間違いではない。
そもそも、作者が秀樹に、断定的にそう言わせたのだから間違いない。

ロボットがプログラムされた通りに動くというのなら、人間だって同じである。
漫画の登場人物の心は、作者の心の一部であり、作者の心の中にある。
言い換えれば、作者にとって、漫画の登場人物には心がある。自分の心を分け与えているのだからだ。
この世界も漫画のようなもので、我々人間は、世界の作者である神様の心の一部を持っているのであり、我々の心は神様の心の中にあると言える。

野尻抱介さん(ボカロPとしては尻P)のSF小説『南極点のピアピア動画』で、宇宙人製美少女ロボットの小隅レイ(こずみれい。実質、初音ミク)について、省一(主人公。大学院生)は、「レイに心があるのだろうか?」と考え、結局、はっきりとは分からなかったが、あると感じた。省一がそう感じたのは、作者がそう思っているからで、それなら、レイに心はあるのである。
あるいは、レイに心があると思う人には、レイの心は存在するのである。

ここで、重要な問題を思いつく。
『鉄腕アトム』という漫画の中で、アトムは人間と同等である。むしろ、人間より優位とさえ思える。
ロボットは人間と同じであるが、人間もロボットと同じなのだ。
だから、秀樹がちぃの心は自分の心の中にあると思ったように、レイには心があると省一が思ったように、人間だって、心があると誰かに思われることで心が生じるのである。
アメリカの高名な精神科医だったミルトン・エリクソンの父親が、16歳で家出をし、行き着いた村で一人の男に出会い、その男の13歳の娘に会った時、エリクソンの父はいきなり言ったのだ。
「君は僕のものだ。たった今から」
これは、秀樹のちぃに対する、省一のレイに対する気持ちと同じであるが、秀樹がちぃを、そして、省一がレイを軽く考えていなかった、むしろ、より重く考えていたのと同様、エリクソンの父も、少しも、この娘を軽く考えていなかった。それで、ミルトンのような素晴らしい子供が出来たのだ。

今回の話は、頭では分からない。
正確には、普通の頭では分からない。
頭を超えた頭、荘子が言う「知を超えた知」でなければ分からない。
それを直観と言うのである。








田舎者の偉大な成功の秘訣

今朝は、「自動車セールス王」ジョー・ジラードの、すぐに使える成功の秘訣を書いたが、今回は、「魔法を使って治している」とまで言われた驚異の精神科医ミルトン・エリクソンについて述べる。
エリクソンほど優れた精神科医は、まあ滅多にはいないが、エリクソンの恐るべき能力は、様々なところで発揮された。
学生時代、アルバイトでセールスをすれば、売れる見込みのない相手に不思議な方法で、相手にも喜ばれながら簡単に売ってしまうし、精神科医になった後は、札付きの不良高校生を、二言の会話で更生させてしまったこともあった。
エリクソンは、精神科医としてはもちろん、あらゆることに通じる万能の成功の秘訣を知っているのだ。
それは、彼の子供にも自然に伝授され、彼の娘は高校生の時、学園のプリンスを簡単な電話で落とし、また、彼女が高校教師になると、全ての教師に恐れられる暴力的な巨漢の男子高校生を、一瞬で自分の忠実な下僕に変えてしまった。

エリクソンの成功の秘訣は、エリクソンが父に教わったのだと思われる。
エリクソンが父について、こんな話をしているが、ここに彼の成功の秘訣のエッセンスがつまっている。
エリクソンの父(以降「父」とのみ記述)は、16歳で家出をし、持っていたお金で可能なだけ遠くに行った。
そして、行き着いた村で、牛車に乗った男に、こう言った。
「あなたの農場を手伝う聡明な若者を一人欲しいと思いませんか?」
普通の人なら、「僕を雇って下さい」と、自分の立場でモノを言う。
しかし、父は、相手の立場に立って言ったのだ。
我々で言えば、例えば、「Excel VBAがメチャメチャ出来る人を一人欲しいと思いませんか?」といった感じだ。
男は、父に牛車に乗るように言った。
男は、「なんだか義理の息子でも出来たみたいだ」と言った。
そりゃ、自分の立場に立ってくれる者は、本物の息子以上に息子に決まっている。
そして、それは、男の予感でもあった。
家に着くと、13歳の可憐な少女が父の方を見ていた。
父は、少女が、この男の娘であることを確認すると、父は、「君は僕のものだ。たった今から」と言った。
これも、普通の男なら、「ぼ、ぼ、ぼ、僕と付き合って下さい」とか言うのだが、それなら、ほぼフラれる。
いつもうまくいくわけではないが、積極的で断定的な態度でなければ、難しいことは失敗する。
父は、7年後に、この娘のプロポーズしたが、娘はミニチュアの手袋の半分を父に渡した。
この地方特有の、プロポーズの断り方だった。
翌日、父は再チェレンジし、娘に言った。
「僕は片方をくれなんて言ってない。僕はペアが欲しいんだ」
ここでも、普通の男なら、再チャレンジしたとしても、女に対し、俺と結婚したら、どんなにお得かなどを話すのだ。
だけどねえ、女ってのは、迷っている時は、いったん断るものなのだ。
だから、決めさせてあげないといけない。
そこで、やはり、父は相手の立場に立って考えたから、こんな手を思いついたのだ。

今朝のジョー・ジラードの話と同様、人間として当たり前のことの中に、我々が誰でも使える本物の成功の秘訣があるのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード