ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ミルトン・エリクソン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

やわらかい魔力

成功法則、潜在意識の法則、引き寄せの法則が書かれた沢山の本の中で、私が一番気に入っているのは、クラウド・ブリストルの『信念の魔術』だ。
これほど、著者の真面目さ、謙虚さが伝わってくる成功法則の本はないと思う。
彼は、大事業家であるとか博士号を持った学者とかであるのではなく、貧乏な下級兵という底辺からスタートし、新聞記者になり、なんらかの縁で銀行に勤めて副頭取にまでなり、いくつか事業を手がけて成功し、作家になったといった人で、自分が一角の人物であることは認めても、偉い人だという雰囲気は一切見せない。
何となく、初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長の講演会で、伊藤社長の素朴で真面目な人柄を感じたのを思い出す。それでも、伊藤社長には、自信とか力強さというものも感じたのだが、ブリストルもそうなんだろうと思う。

ところで、ブリストルは『信念の魔術』の中で、明確な目標と、それを達成するための熱情が必要であるということも書いているが、ご本人がうまくいった時のエピソードを見ると、案外「ゆるい」のである。
たとえば、ある船旅で、売り切れ寸前になんとかチケットを買って乗船した時、ディナーで船長と同じテーブルに座れたらいいなあと思ったら、実際に、船長の真向かいの席になった。船長と面識があった訳ではなく、また、船内には、自分よりクラスが上の乗客は他に沢山いたに関わらずだ。
そして、これは偶然ではなく、ずっと後で船長に確認したら、船長は、その時のことをよく覚えていて、「なぜか分からないが、あなたを私のテーブルに入れようと思ったのです」と言う。
他にも、ブリストルは、願望を持ちながらも、固執するほどではなく、「そうなればいいなあ」という明るい期待を持ったということが多いように感じるのだ。

ジョセフ・マーフィーも『眠りながら成功する』で、「ソフトタッチさ」の大切さを何度も強調していたが、ブリストルのものは「ソフトタッチな明るい期待」なのであると思う。
これに関し、「魔法を使って治している」とまで言われた、アメリカの精神科医、ミルトン・エリクソンの、こんなエピソードを思い出す。
エリクソンのところに、手のつけられないほどの不良男子高校生が連れてこられた。
エリクソンは彼に、「君が真面目になったら、皆、驚くだろうね」と言うと、彼は、「そりゃ、驚くだろうな」と言った。
エリクソンは、それだけで彼を連れていかせ、連れてきた医師は、エリクソンはその男子高校生を見限ったのだと思った。
しかし、その男子高校生は、すぐに真面目な学生になったのである。
以下は私の私見である。
その不良男子高校生にだって、「皆に好かれるようになったらいいなあ」という願望は、心の奥底にあったはずなのだ。エリクソンは、それを巧みに引き出しのだと思う。
それは一瞬で良かったのだ。
エリクソンは高校生の時、ポリオに感染し、ある日の夕刻、医師が母親に「彼(エリクソンのこと)は明日の朝まで持たないでしょう」と言うのを聴く。
その時、エリクソンは「明日の夕陽を見てやる!」と誓う。
エリクソンには「死なないぞ!」という執念もあったかもしれないが、「もう一度夕陽が見れたらなあ」という頼りない希望ではない、「もう一度夕陽が見れたらいいなあ」という明るい期待があったのだと思うのだ。それを持てることが、エリクソンの恐るべき能力の源であるように思うのである。
そして、それは誰でも出来ることであると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

この世界はやはりコンピューターゲームか

「全ての病気は心因性と決め付けている」と、同じことを言った2人がいて、一人は、ドイツ人医師ゲオルク・グロデック(1866-1934)で、もう一人はNLP(神経言語プログラミング)の共同開発者であるリチャード・バンドラー(1950-)だ。
「魔法を使って治している」とまで言われた偉大な精神科医ミルトン・エリクソン(1901-1980)も、そうだったのではないかと思う(私が思うだけかもしれない)。
グロデックなどは、転んで怪我をすることも心因性なのだと言う。
彼らは、もちろん、それなりの根拠は持っているのだろうが、完全に証明することは出来ないはずだ。
それは、「確証はないが確信はある」といったものと思う。

この私となると、確信とまではいかないが、妄信よりはマシなレヴェルで、やはりそう思う。
全ての病気、怪我、さらには、貧困やトラブルなども全て心因性である。

話がガラっと変わってしまうようだが、この世界が、SFの『ソードアート・オンライン』のような、コンピューターで作られた仮想世界である、つまり、「シミュレーション仮説」という考え方があるが、イギリスの哲学者ニック・ボストロムは、「そうである可能性の方が高い」と言っているらしいが、アメリカの事業家イーロン・マスクは、「そうである」と決め付けているようだ。
イーロン・マスクは、電気自動車(最近はAI運転自動車で注目されている)のテスラ社や、民間宇宙船開発会社スペースXで知られているが、2017年に、脳に埋め込む通信インターフェースの開発を行うニューラリンク社も設立している。
(ついさっき、イーロン・マスクは、脳内インターフェースの臨床開始は来年の2020年と発表したようだ)
後、10年か20年のうちには、世界をまるごとデジタルコピーしたミラーワールドが出来、我々はそこに精神をアップロードするようになるらしいが、そこでの体験はリアルで、もう全く、シミュレーテッド・リアリティである。
実は、それが既に実現していて、我々はまさにその中にいるとするのが、シミュレーション仮説であるが、そうであるなら、最初に述べた、「全ての病気は心因性である」の信憑性も高まるように思う。
病気はシステムが作り出すもので、それは、我々個人の精神の影響を受けて起こるのであるから、当然のことである。

それなり・・・とまではいかないが、ある程度の理論的根拠を持って、この世界がコンピューターシミュレーションであると決め付ける・・・つまり、確証はないが確信を持つことも良いのではないかと思う。
高度なVR(仮想現実)やAR(拡張現実)、それに、今は少々お高くつくがMR(複合現実)を体験すれば、確信も高まるかもしれない。
そして、そうであれば、世界の動かし方も早くマスター出来るだろう。
『ソードアート・オンライン』のように、空中に出した操作パネルを指で操作するのも、本人の好みや視聴者への共感のためには良いだろうし、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』のように、思っただけで。自分だけに見える情報パネルが現れるのでも良いが、それを心の目で見、心の手で操作しても良い。
そして、全てはゲームと同じで、今後の展開はあなたの選択次第なのである。
いや、この仮想世界の選択は、むしろ、振る舞いである。
英語のpretend(ふりをする)が流れを作り出す。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジなどは「時を超えているふり、空間を超えているふりをしろ」言い、それは体験であると言った(結果、神になる)。
この仮想世界での役割は、そうやって(ふりをして)決めるのである。
ある西洋人男性が言っていた。
「俺は禿げていることを神様に感謝している。禿げを全く気にしないことで男らしさを見せることが出来るんだ。おかげで俺はモテモテだ」
良いやり方である。何かにこじつけて、モテモテであるように振舞えば、そうなるのだ。それはそれで面倒なことになる面もあるのだが(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

皆、観察して天才になった

勝利するか敗北するかは、言動が適切であるか不適切であるかで決まる。
適切な言動をする者を能力が高い者と言い、不適切な言動をする者を能力が低い者と言う。
そんな本当の能力は、本を読んだり、学校の勉強を熱心にやっても身に付かない。
かといって、7つの海を越えなければ能力を得られない訳ではない。
精神科医のミルトン・エリクソンはポリオウィルスに感染し、目玉以外は動かせなかったが、目玉を動かして周囲を観察することで人間離れした能力を獲得した。
彼は、超能力研究者として有名なデューク大学のライン教授の被験者になり、ライン教授に、自分を超能力者と信じさせた。
エリクソンほどの観察力があれば、それは訳はない。
彼は、初対面の人間の父親の名前を即座に当てた。やり方は、「父親の名前は?」と聞くだけだ。
後は、相手の喉の動きを見れば、「ジョン」と解る。
精神科医としても、患者を観察すれば、患者の異常の原因が解り、原因が解れば、後は、勉強した知識や経験から、解決策も選び出せる。
エリクソンは、身体が動かせるようになり、医大に通うようになったら、アルバイトで本のセールスをした。その際も、売り込む相手を観察すれば、相手のことが解り、相手のことが解れば、適切な本の売り込み方も解る場合がよくある。だから、彼は好成績を上げ、良いバイト料をもらったのだ。

だが、おそらく、高度な観察というものは、論理的に行うだけではないのだろう。
直観で感じたことを、必要に応じて論理立てるのである。
言うならば、右脳から左脳へである。
「考えるな、感じろ」は正しいのだろうが、「感じたなら、考えろ」でもあるのだ。
超人的な合気道家であった植芝盛平の弟子で、ひょっとしたら師を超えていたかもしれない塩田剛三は、金魚を7年観察して極意を得たという話がある。
金魚を観察して何が解るのかは不明だが、金魚を観察することは、十分に興味深いということは解る。
昔の科学者は、ガリレオやニュートンはもちろん、皆、それなりに天文学者であった。つまり、彼らは、星を観察することで、宇宙の理を悟ったのだ。
そして、星の観察は、つまらないことではない。
ヘレン・ケラーは、目で観察することも、耳で観察することも出来なかったが、熱心に触って観察した。
結果、自分の解らないことも含め、五感は幻想であることを悟った。
ならば、エリクソンなどの天才達は、観察を通し、この世界が幻想であることを悟ったのだ。
般若心経にも、観自在菩薩(観世音菩薩)は、一切が空であることを見抜いて苦しみを克服したと書かれてる。

人類最高の数学教師と呼ばれた、数学、コンピューターサイエンス、人工知能、児童心理学の研究者であったシーモア・パパートは、幼い時に、歯車に惚れ込み、それを徹底的に観察したらしい。
何でも良いのだそうだ。好きであるなら。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ものごとは意外に単純だ

アメリカの牧師だったロバート・シュラーは、晩節を汚したかもしれないが、昔の彼の教えが間違っていた訳ではない。
もちろん、全部正しいという訳にもいかないだろうが、良いところは良いと認めなければならない。
そのシェラーの、どの本だったか覚えていないが、こんな話があった。
優れた小学校の女性教師がいた。
彼女のクラスに、授業中、ずっと後ろを向いてる問題児の男子生徒がいた。
彼女は、その問題児に、「私が何を聞いても、『僕が賢すぎるからです』と答えなさい」と言った。
そして、彼女が彼に、「どうして後ろを向いているの?」と尋ねたら、彼は、「僕が賢すぎるからです」と答えた。
すると彼女は、「あなたのようなハンサムが後ろを向いてるのは勿体ないから前を向きなさい」と言うと、彼は前を向いた。
確か彼は、アメリカを代表する脳外科医になった。

また、「魔法で治している」とまで言われた驚異的な精神科医であるミルトン・エリクソンのこんな話がある。
エリクソンのところに、手のつけられない不良男子高校生が連れて来られた。
エリクソンは彼に、「君が礼儀正しくなったら、みんな驚くだろうね」と言うと、彼は、「そりゃ驚くさ」と答えた。
エリクソンは、彼を下がらせた。連れてきた教師は、エリクソンがさじを投げたのだと思った。
しかし、その不良は、すぐに不良でなくなった。

あなたは、良い状況になっても、悪い状況になっても、こう言うべきだ。
「それは私が特別だからだ」
あなたが部長になったって、誰も驚かないかもしれない。
せめて、「私が社長になったら、みんな驚くぞ」と思わなければならない。
いや、社長でも大したことはないかもしれないので、もっと大物でも良い。
あなたが、斎藤飛鳥さんのような美少女と親密になったら、みんな驚くだろうか?
あるいは、山﨑賢人さんのようなイケメンに完璧にエスコートされていたら、みんな驚くだろうか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心は嘘が嫌い

人間が希望を持つためには、「明確さ」が必要だ。
例えば、宗教やセミナーで、「こうやれば幸せになりますよ」「こうやれば成功しますよ」と言われても、その教えに「確実性」を感じなければ喜びが湧いてこない。
だから、人々は、「確実性」を感じさせてくれる教祖やセミナー講師に高い金を払うのである。
そして、少しでも本当に希望を与えてくれるという理由で儲かっている宗教やセミナーは、案外、正しいことを教えているのである。
ただ、信者や受講生に自立性を与えず、その宗教やセミナーに依存させる心理テクニックが巧みなので、結局、信者や受講生は、変な所で堂々巡りをさせられるのだ。

よく、こんな教えを聞く。
貧乏な人が、「私はお金持ちだ」と言っても、それが嘘だとうことを知ってるから、そんな自己暗示やアファーメーションをしても、心は抵抗を感じ、ますます、自分は貧乏だという思いを心に深く刻み込んでしまう。
しかし、「私は金持ちになりつつある」なら嘘ではないから、心はこの言葉を受け入れる。
・・・そんな馬鹿なことはない!
貧乏で駄目な自分が「金持ちになりつつある」なんて言ったら、やっぱり心は「そんなはずないよ」と抵抗を感じ、ますます、「俺は金持ちになんかなれっこない」という思いを強くするのである。

豪邸に住む自分、きれいな奥さんや素敵な旦那さんに愛されている自分を「ありありと」想い描いても、本当はちっともリアリティを感じておらず、そんな想像は「シンドくなる」だろう。
酒や覚醒剤で理性を麻痺させると、その間は「その気に」なり、それで希望を持ち、生命エネルギーが湧いて上手くいくということも無いではないが、普通は悪い反作用の方がずっと大きく、よほどの幸運でたまたまうまくいく場合があるだけだ。

エミール・クーエの方法も、本人(クーエ)が前にいない限り駄目だろう。
「毎日、あらゆる面でますます良くなる」
私もやってみたが、そう言う度、「そんなワケねー」って感じたものだ。

まとめて言えば、人間は、明確でないと納得しない・・・つまり、嘘が少しでも見えれば駄目なのだ。
人間は、水が高い所から低い所に流れるように、疑い様のない明確なことしか納得しない。
そりゃ、目の前で、水が高い方に流れる奇跡を「これでもか」というくらいハッキリと見せてやれば話は別だが、それほどの超能力者は、まあ、滅多にいない。
では、どうすれば良いかとうと、「魔法を使って治している」とまで言われた天才精神科医のミルトン・エリクソンの真似をすれば良い。
彼は、人の心を操る奇跡の天才で、1901年生まれで1980年に亡くなっている彼の手法は研究されているが、あまりうまくいっていないと思う。なぜなら、誰もエリクソンのようにやれないのだから。
エリクソンは、手のつけようのない不良学生でも10秒で更生させることが出来た。
全く嘘のない方法で。
やり方は次のリンク先のページでお申し込みを・・・なんて嘘だ(笑)。
彼は不良にこう言うのだ。
「君が優等生になったら、みんな驚くだろうね?」
不良は答える。
「そりゃ驚くよ」
この会話のどこにも嘘はない。
「君が今のままなら、お先真っ暗だよ」
と言っても、そんなこと分からないし、少なくとも不良学生は納得せず、むしろ、反発する。
しかし、エリクソン方式なら、喜んで同意する。
だから、あなたもこう言いなさい。
「可愛い彼女(素敵な彼氏)が出来たらハッピーだろうな」
どこにも嘘はないだろう。
そうしたら、脳は快を感じて納得し、希望が湧き、エネルギーが供給され、あなたの中のサイバネティックス装置が自動的に目標を達成する。
このシステムを賢く使えば良い。
尚、昨日も書いたが、西田文郎さんの「かもの法則」もとても良いと思うが、多分、同じ原理と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ