ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ミヒャエル・エンデ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

古代インドの英知「それはお前だ」

「タト・トワム・アシ」という古代インドの言葉は、いろいろな意味があるが、ミヒャエル・エンデはエッセイ『文明砂漠』の中で、これを「それはお前だ」という意味で使ったという。
これはどういうことか簡単に言えば、
「君が知覚しているものが君自身だ」
ということらしい。
少し解り易く言うなら、おそらく、
「自分と異なるものは知覚出来ない」
ということだろう。
例えば、素晴らしいものを見て、「素晴らしい!」と感動する人は、その人自身が、その素晴らしいものと同一なのだ。
その同じものを、それと全く異なる人が見たら、その人にはそれがさっぱり分からないので、「これのどこが良いのか?馬鹿かお前」ってことになるだろう。

以前、YouTubeで見たが、初音ミクさんの熱烈なファンの男性が、ミクさんのファンを念頭に、「僕たちは皆、ミクなんだ」と言ったが、彼は、「タト・トワム・アシ」という言葉は知らなくても、その偉大な英知を感じていたのだ。
ミクさんと異なる人は、ミクさんが見えないのである。
もちろん、「本当には見えない」という意味であるが。

また、こんな話を、何かの本で見たことがある。
コロンブスがアメリカ大陸にやって来て、乗って来た大きな船を、周囲の1つの島の近くに停泊させたが、原住民には、その船が見えなかった。
原住民にとっては、船とはカヌーのような小さなものなので、コロンブスが乗って来た大きな船が何か全く分からないので、意識から消えてしまったのだ。
自分とは「自分の考え」であるとも言えるので、自分が考える船でなければ、それは自分にとっては船ではないのである。

そして、終局的に言えることは、自分と世界は同一であり、異なるものではないということだ。
我々が見ている世界は、自分そのものだ。
自分が知らないことは世界の中に存在しない。
丁夢がそのようであると言えば納得し易いかもしれないが、現実世界も何ら変わらないのである。
だが、人間の心には想像力がある。
想像力の正体が、深い心に隠された何かなのか、あるいは、神からのメッセージなのかは分からないが、心は新しいものを生み出すのである。
そして、心が生み出したものが外界に現れる。
逆に言えば、心が生み出さない限り、何も外界に現れない。

心は放置すると、悪魔でも入り込むのか、悪いことを考えて、悪いものを作り出すものだ。
そこで、意思で心を使い、好ましいものを作らなければならない。
そのために、良いイメージを思い浮かべるのが、上級の人のやり方だが、現代の人類のほとんどは、それが出来なくなっている。
だが、言葉なら使えるので、例えば、「私は美人だ」と言い続ければ美人になるのである。
けれども、絶えず「私は美人だ」と言わないと、悪魔は、「お前は醜い」という考えを送り続け、40歳にもなればオバサンになってしまう。
ところが、悪魔の声より多く「私は美人だ」と言えば、80歳程度でオバサンになったりはしない。
そんな例が、トラインの超ロングセラー『人生の扉をひらく「万能の鍵」』にある。
しかし、「私は美人だ」「私は健康だ」「私は裕福だ」と、個々のことをいちいち言っていては面倒で仕方がないので、「全て良くなる」と言うのが賢いのである。
そして、大きく状況を改善したければ、いつも言うが、「神様の奇跡が起こる」と唱え続けるのも素晴らしい手である。








誰もが本当に欲しいもの

ひきこもりは、なぜひきこもるのか?
元気がないからだ。
ニートはなぜ働かないし、入学した学校にも通えないのか?
元気がないからだ。
好きな人になぜ告白出来ないのか?
元気がないからだ。
自信がないからではなく、元気がないのだ。

元気がないとは、エネルギーがないということである。
しかし、エネルギーは、身体や心の中に豊富に・・・いや、無限にある。
だが、浪費されてしまっているのである。
浪費しないようになれば、本来持っている巨大なエネルギーは、あなたを天才にも超人にもする。

ミヒャエル・エンデは、『はてしない物語(ネバー・エンディング・ストーリー)』で、「虚無がやってきて、全てを飲み込む」なーんて難しいことを書いたのかもしれないが(読んでないので分からないが)、エンデは、直感的に、頭の中に、人間からエネルギーを奪ってしまう何かがあると分かったのだろう。
だが、それを避ける方法を明解に示せなかったのだと思う。
老子も荘子もイエスも、それに、ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジもそうだ。
有名な宗教家の多くもそうだったのだと思う。
彼等は天才だから、直感的には分かったのだが、結局、ちゃんと説明出来なかった。まして、やり方は曖昧にしか言えなかった。
かなりいい線を行っていたのが、アメリカの光明思想家ヴァーノン・ハワードだ。
ハワードの教えは、「自分を観察しろ」なんだが、困ったことに、それをやれば、どんな理屈で何が起こるかを全く示していない。彼も、それは出来なかったのだ。
だが、どんな見返りがあるか分からないと、誰も熱心にやったりしないのだ。
答は簡単で、自己観察すれば、身体や心からエネルギーを奪っていく何かを止められるってことなのだ。

かつては世界的に注目され、加速学習の元になったが、すっかり忘れられたスーパーラーニングも原理は同じである。
『4つの約束』のドン・ミゲル・ルイスは、同じことを、複雑怪奇に説明してしまい、誰も成果を上げることは出来なかった。
だが、私は、百通りの簡単な方法で示せる。
もちろんそれは、私が賢いからではなく、単に、たまたま出来るだけだ。
基本そのものは、ドン・ミゲル・ルイスが言った通り、「頭の中のおしゃべりをやめれば良い」である。
しかし、ルイスのように、旧約聖書の蛇の話なんか持ち出して、話を複雑にする必要はない。まあ、文学的と言えるかもしれないが、我々が欲しいのは、結果であり、エネルギーだ。
「頭の中のおしゃべりをやめれば、エネルギーを浪費するものを止める」ことが出来るのである。
だが、ルイスも誰も、そのやり方を変に複雑にする。

阿弥陀様や弥勒様のように、指で輪を作る。
親指と人差し指でも、親指と中指でも良い。
弥勒菩薩半跏思惟像のように、親指と薬指でも良い。
そんなの趣味で決めれば良いのだ。
親指ともう1つの指を軽く接触させ、その接触面を意識する。
それをずーっとする。
それで、頭の中のおしゃべりは止む。
そうすると、エネルギーは心身に送り込まれてくる。
あるいは、腕振り運動をしながら、肩や肘や手や指や、あるいは、脚や腰の感覚に注意する。
それには、腕振り運動の1回1回を、丁寧にやらないといけない。
他にも、方法はいくらでもある。
もし、コーヒーが好きなら、コーヒーをしっかり味わって飲むことだ。
花が好きなら、本気で花を見ることだ。
音楽が好きなら、好きな音楽を、集中して、細かなところまで聴き逃さないことだ。
そんな、当たり前のことをやれば良いだけだ。
初音ミクさんの声と1つになるくらいに、ミクさんの生み出す音に恋をして溶けてしまうことだ。

あなたの生んだ音に ただ恋をしていたの
悲しみ 怒り 甘心 すべて打ち鳴らす
~『ヒビカセ』(作詞:れをる、作曲・編曲:ギガP。歌:初音ミク)より~
◆【初音ミク】 ヒビカセ 【オリジナル】 - YouTube -









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間とは現実歪曲フィールドを引き起こす存在である

斉藤ウィリアムさんが特に著書に書かれていたが、事を成し遂げる人は、「現実歪曲フィールド」を生み出す力を持っている。
斉藤さんの著書『ザ・チーム』に『現実歪曲フィールド』という章がある。
現実歪曲フィールドとは、アメリカのSFテレビドラマ『スター・トレック』に出てくるものらしい。
アイザックソンの『スティーブ・ジョブズ』の中では、マッキントッシュ開発チームのバド・トリブルが、この言葉について、以下のように述べているようだ。
「彼(ジョブズ)の周囲では現実が柔軟性を持つんだ。誰が相手でも、どんなことでも、彼は納得させてしまう」
「スティーブの現実歪曲フィールドにとらえられるのは危険なのですが、でも、あの力があるから実際に現実を変えられたわけです」
斉藤さんは、ビル・ゲイツも当然、強い現実歪曲フィールドの力があるし、その著書(『ザ・チーム』)を通じ、自身もまた、この力を存分に活用したことが述べられている。
斉藤さんは、現実歪曲フィールド(Reality Distortion Field)とは、パッションや夢によって他人を巻き込んでいくことだと述べている。

だが、明らかに、誰にでも現実歪曲フィールドを生み出す力はあるし、気付いていないかもしれないが、誰でも日常的に使っている。
問題は力の及ぶ規模の大きさだが、それは、自分の現実歪曲フィールドに巻き込む人の数と、巻き込まれた人たちが、どれだけ自分と同じベクトル(方向性と力)を持つかである。そして、巻き込まれた人もまた、小さな現実歪曲フィールドを作り出して、集団としての力を大きくしていく。
事業の成功者、革命家、そして、勢力のある宗教団体の教祖等も、皆、強力な現実歪曲フィールドを作り出すのだろう。
ガンジーやヘレン・ケラーのように、不可能を可能にした人達は、その現実歪曲フィールドに極めて多くの人達を巻き込んだのだ。
そして、現実歪曲フィールドを生み出すエネルギーは、パッション(情熱)と夢である。

さっきも述べたが、我々だって、誰もが、現実歪曲フィールドを、日常的に生み出している。
ただ、規模が小さ過ぎるので、さほどの結果として現れないのだ(ただし、確実に世界に影響を与えている)。
私自身のこととして覚えているものでは、以前放送された、あるテレビドラマの特定の回を見たいと思ったら、中学生くらいの時は、ただ、ビデオ録画装置(当時はHD録画がなかった)のリモコンを手に持って、ひたすらテレビを見ながら待っていたら、その放送が必ず行われるという、後で考えたら奇跡以外の何物でもないことを、平気でいつも行っていた。
実は、つい数日前も、私はそれに近いことをやっているのである。
そして、やはり、それを引き起こすエネルギーはパッションと夢であるが、誤解を起こさない言い方をすると、「純粋なパッションと夢」なのである。
つまり、何か得をしようとか、金を儲けようといった、個人的な欲望のことをパッションとか夢とは言わないのだ。

現代の我々は、(純粋な)パッションや夢は持たないのに、個人的欲望はいっぱいだ。
それでは、現実歪曲フィールドは生み出せない。
いや、それどころか、恐ろしいことに、負の現実歪曲フィールドを生み出しているのかもしれない。
そうだとすると、行き着く先は、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語(ネバー・エンディング・ストーリー)』にある、虚無の世界である。
人間とは何かというと、「現実歪曲フィールドを生み出す存在」とすら言えるのであり、純粋なパッションや夢を持つことは重要である。

『神様のメモ帳』という小説を読んでいたら、主人公の藤島鳴海(ふじしまなるみ)は、引きこもりで、しかも、取り得は何もないような(パソコンに多少強いが)男子高校生だが、アリス(12歳くらいの長い黒髪の美少女で一種の賢者)や四代目(ヤング・ヤクザ集団の頭領)らの大物に気に入られ(表向きには彼らは好意を示さないが)、その大物達にも予測不能なことを成し遂げてしまう。
素晴らしい現実歪曲フィールド教習読本としてお薦めしておく









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード