ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

マントラ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

最上の真言

宗教は、謙虚さと敬いがあれば良いものになるが、傲慢と蔑みがあるとロクなものにならない。
あるいは、本来の宗教は、謙虚さと敬いを育てるものだが、傲慢と蔑みの心を育てる宗教が多くなってしまった。
いや、芸術や科学も、本来、学べば学ぶほど、謙虚で敬いの心を持つようになるはずだが、学位が上がるにつれて傲慢と蔑みの心を持つ愚か者が多いのだろう。
何かが間違っているのである。
その何かとは、命の誤用で、早い話が、利益優先でやれば、必ずそうなる。

だから、無条件で、芸術や科学や宗教を良いものと思っている人は少ない、もしくは、まずいない。
本来、念仏や神の名の称名を行えば、自然、良い人生になるものだが、そういった「宗教臭い」行いに抵抗を感じてしまうことが多い。
私も、夜、寝ながら念仏を唱えることが楽しみで仕方がなかったこともあったが、いろんな法事でお坊様の口上を聴くと、途端に念仏嫌いになるのはなぜだろう?(笑)
あるいは、宗教家が書い宗教の本などを読むと、もう全然、念仏を唱える気がしなくなる。あるいは、経典を読む気もなくなる。
『歎異抄』は少しも宗教臭くないので好きだが、これも、宗教家が解説したものを読んだら、嫌いになる可能性が高い・・・いや、嫌いになったことがある。

発明家で能力開発のスペシャリストであった中山正和さんのように、般若心経の呪文を、単に妄想を切る手段として使う手もありとしたように、念仏や神の名も使えるかというと、使えない。それらは、観念や感情の雑味を呼び起こすからである。
そこで、ラジカル(主に政治用語の急進性の意味。化学用語のフリーラジカルだと印象が悪い)という訳ではないが、精神に良い作用を与える言葉として、「神」「私」があるということを知っていると役に立つかもしれない。
「なんとかの神」と言うと宗教であるが、「神」と言うと、これも人それぞれだが、「宇宙の意思」に近い意味に感じられる。
宇宙の意思は、無人格という訳ではないが、人間の人格とは差があり過ぎるので、人格がないように感じるのである。
つまり、神が各国の神話に出てくるような程度の低い心を持っている訳がないではないかとうことだ。
宇宙に何らかの意思があることは、何となく、あるいは、微かに感じるのである。
それも感じないと断言する者が、スティーブン・ホーキングやレイ・カーツワイルのような無神論者になるように思う。
カーツワイルは「神は存在しない。しかし、やがて生まれる」と言う。つまり、未来の進化した人間が神なのである。
不遜の極みと思うかもしれないが、それはそれでアリである。
もし、彼らほど徹底してはおらず、神を畏れる気持ちがあるなら、丁寧に「神」という言葉を声、あるいは、心で唱えれば、その威力に驚くことになる。
だが、「神」を呪文にしてはいけない。
一時に一度、真摯に唱えるのである。
呪文というか真言にしたければ「私」を使うことが奨められるかもしれない。
ラマナ・マハルシは、ラーマやクリシュナの名を唱えるように、「私」と唱えても良いと言っていたようだ。
「私」こそが神の名であるのだ。
だから、最上の真言は「私」であり、インドで聖音と言われる「オーム」に優るものであるとも言う。

「神」と一度だけ、出来る限り丁寧に唱え、後はずっと「私」と唱えるという方法である。
ただ、「私」もやはり丁寧に唱えるに越したことはなく、私流には、心の中で微かな声で唱えるのだが、難しければ、呼吸を微かにして心で唱えると良い。
これだけ覚えておけば、まず・・・いや、全く心配はないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

出来るだけ単純に(度を越さない程度にだが)

私も昔から、成功哲学、成功法則というものに興味があり、実際、時間もお金も、誰よりも使った。
昔は、日本国内でも、ジョセフ・マーフィーやナポレオン・ヒル、ノーマン・ピールといったアメリカのものが多かったが、今は、日本のものが沢山ある。
そして、そのどれもが、それなりに良いのだが、アメリカのものだろうが、日本のものだろうが、それらを読んだ人が大成功しないどころか、悲惨から抜け出られない人が多い。
それで、初音ミクさんに、

恥の多い生涯なんて 珍しいもんじゃないし
大丈夫だよ

たぶん
~『すろぉもぉしょん』(作詞・作曲・編曲:ピノキオP。歌:初音ミク)~

なんて言われて、妙に納得してしまうのである。
ただし、最後の「たぶん」が効くんだ。「大丈夫じゃない」って、みんな解ってるのだろう。

で、その沢山の成功法則の本だが、それらを読んでも誰も幸福でない理由は、それらはみんな難し過ぎるのである。
難しいというのは、難解という意味ではなく、「ややこし過ぎる」「面倒過ぎる」ということだ。
いいことも書いてあるのだが、その数十倍、余計なことが書かれている。
以前、世界的ベストセラーの『ザ・シークレット』を読んだことがあるが、その中に、「ああ、いいことが書いてあるなあ」と感動した文章があったのだが、その少し先に、その「いいこと」と完全に矛盾することを平気で書いている。
要はね、本1冊なんて長過ぎるのだ。
ところが、マーフィーもヒルもマイヤーも、何冊も何十冊も本を書いているのだから、もうどうしようもない。

必要なのは、私が言うように、「ミクさん(M)GO(G)」だけ、つまり、(M)マントラと(G)ガッツポーズだけなのだ。
この2つで全部うまくいく。
ところが、「夢はでっかく」なんて言う人が多くて困るんだ。
誰もが大会社の社長になったり、ベストセラー作家になったり、有名女優になったり、一流のプロサッカー選手になれる訳ではない。
人気アイドルになる運命にあれば、友達のオーディションにくっついていっただけのつもりがスカウトされてしまう。
ドワンゴの川上量生会長のように、「まともな就職がしたい」と思っていたところが、会社を経営するハメになり、しかも、大成功してしまう。
ジョージ・ワシントンのように貴族や名士になりたかったのが、軍人や政治家になって、すっちゃかめっちゃかの大苦労をし、果ては初代大統領になってしまう。
ドナルド・トランプが大統領になるなんてギャグが本当に実現する。
みんな運命だ。
数を考えれば分かるが、世の中に名が出る人や大金持ちになる人なんて、あまりに僅かだ。
そして、それらの人の大半は、普通の人よりよっぽど不幸なのである。

余計な金を持ってポルシェを買ったところで、あくまで見栄で買っただけで、本当に欲しかった訳ではないので、すぐ飽きてしまう。
だが、誰でも、自分が本当に欲しいものは何でも得られるのである。
金持ちや有名人は、普通の人には考えられないような難病奇病にもなるが、本当は、身分に関係なく、自分らしくしていれば健康でいられるのである。
そして、人間の身体なんて、70や80で、そんなに衰えるものではない。
まして、40や50程度で若い時と変わるはずがないのである。
ちゃんと気をつけていれば、90過ぎたって若い身体でいられるし、むしろ、発達させることも出来ると思う。
全ては、真言(念仏、呪文等)とガッツポーズ(パワーポーズ)だけで得られる。
だが、この2つが十日続く人が少なく、1ヶ月となるとほとんど皆無なのである。
実際は、その日のうちから効果は出るが、実感となると十日くらいからだし、揺るぎなくなるのは数ヶ月経ってからだ。
だが、難しい成功法則の本を読んでいたら、一生、読むだけで終わってしまう。
そんなことをせず、毎朝、せめて1回はガッツポーズをし、起きている間、出来る限り、お気に入りの真言を、心の中で良いから称えることだ。
それで、欲しいだけのお金も、可愛い女の子も、格好良い彼氏もやってくる。
来ないとしたら、心の奥で、本当は欲しくないと思っているだけなのだが、そんな諸々含めて、全ては好転するだろう。
何度か言ったが、それは理屈で説明出来る、科学的な事実なのである。
ただ、呪文にしたって、斎藤一人さんの説明は、間違いではないのだが、やっぱりややこし過ぎて、妙な偏見を持ってしまい、結果、さっぱりうまくいかないのである。
誰もが、彼のように商売で成功する訳ではないし、しても幸福にはなれない。
ものごとはシンプルに・・・である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一人で自由な真言、念仏を称えることで全てうまくいく

人生は、「ミク(M)さんGO(G)」で必ずうまくいく。
M:マントラ(真言、念仏、呪文)
G:ガッツポーズ(パワーポーズ)
昨日はガッツポーズを説明したので、今日はマントラの話をする。
マントラ、真言、念仏、呪文、ナーマスマラナ・・・これらを区別したい人もいるのだろうが、大切なことは、「実践」「継続」「成果」であり、それらを得てから、やりたければ細かい教義を調べれば良い。そこで、とりあえず、全て同じに扱う。

真言を常に称えれば、何でも必ずうまくいく。
声に出して唱えても、心で称えても同じだ。
それで運に恵まれ、不思議な加護を得られる。
これは、科学的にも正しいのである。
とはいえ、念仏を称えればアイドルになれるとか、大会社の社長になれるとか言うつもりはない。
人間には、生まれついての運命とか宿命というものがある。
ただ、アイドルになる運命にない者が本気でアイドルになろうなんて、本当は思わないものだ。
豪邸なんて、一応は誰でも欲しいと思うかもしれないが、そんなものがなくても、Satisfaction(満足)は得られるのである。
人生の目的は、つまるところ、Satisfactionだ。
トランプのように大統領になって大胆に暴れまわらないと満足しない者もいれば、小学教師で心から満足出来る者もいる。
また、神の名を称えれば、苦労や苦難がなくなるというのでもない。
それらがない人生なんて、退屈でやってられないし、達成の喜びも楽しい思い出もない。
要は、楽しく、自己満足出来る人生が幸せなのである。

さて、真言であるが、何でも良いと言えば何でも良い。
だが、生まれ育った中で身についた心の傾向に合ったものが、やはり良い。
しかし、特に何もないなら、「南無阿弥陀仏」か「南無観世音菩薩」、あるいは、「南無弥勒菩薩」あたりにすることだ。
多分、日本人なら、これらのうちの少なくとも1つには抵抗がないだろう。
キリスト教なら、ただ「神」で良いし、神道なら、「アメノミナカヌシノカミ」や「アマテラスオオミカミ」他、好きな神の名があるだろうから、それを称えれば良い。
仏教の根本的な教えは「妄想をするな」で、キリスト教も「思い煩うな」で、実質、変わらない。
妄想をしないためには、常にマントラを称えれば良いが、そのマントラは、自我を超えた存在に意識を向けることが出来るものであれば良い。
阿弥陀如来や観世音菩薩は、明らかに自分以上の存在なので、「南無阿弥陀仏」「南無観世音菩薩」と称えれば、妄想は消える。
阿弥陀如来や観世音菩薩は、妄想ではなく、想像であり、ストーリーであり、それは、人間にとって大切なものだ。
ただし、それを自分のストーリーにすることだ。
そのためには、あまり宗教に関わらない方が良い。
参考のためなら良いが、お坊さんの押し付けがましい話は聞かない方が良い。
私は、「南無阿弥陀仏」なら『歎異抄』を、「南無観世音菩薩」なら『法華経』の第25章の『観音経』という、共に短い文章を繰り返し読むことをお奨めする。
この2つが至高の聖典である。

人生は短い。
特に、若いうち、十分な活動が出来る期間は、本当に僅かだ。
マントラを称え続ければ、トランプよりも長く全盛を保てるが、それでも、今のところ、たかだか80年、90年だ。
あれこれ迷わず、即、決断、即、実行をしなければ、あっという間に手遅れになる。
そもそも、一人で自由に称える念仏に害など何もない。
実際には良いことだらけだ。
ただ、継続が必要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

他に方法なし

法然が言ったように、「常に念仏を称えなさい」「念仏以外、何もしなくて良い」が究極最上であることが、つくづく感じられる。
悪いことは言わない。
常に念仏を称えることだ。
それは、科学的に言っても、「常に意思を働かせることで、習慣の力で起こる下らない思考を止める」「自分以上の存在に意識を向ける」という素晴らしいことをしていることになる。

ただ、法然や親鸞は「南無阿弥陀仏」に限定したが、それは、「南無観世音菩薩」や「南無弥勒菩薩」といった、好きなもので良い。
また、神仏の名・・・例えば、「阿弥陀様」「観音様」「アマテラスオオミカミ」「クリシュナ」「アミターバ」「アヴァローキテーシュヴァラー」「ラーマ」「アポローン」といったものでも良い。
さらに、ただ「神」と称えても良い。
要は、自分よりはるかに高い存在であれば良い。
自分が宇宙一だと思っている人は気の毒であるが、そんな人はまさかいないだろう(いたら、ただ気の毒である)。
声に出して言うことを勧める人が多いような気がするが、心の中で言えば良いのだと思う。でないと続かない。
ベアード.T.スポールディングは、有声、無声、いずれも効果は全く同じと述べている。

もちろんね、世の中には、恐れ入った愚か者や馬鹿もいる。
そんな人でも、これで救えるかと言うと、救えない。
ただ、それは単に、そんな馬鹿は、これを継続して続けることはないからだ。
だが、いかな愚か者でも、極悪人でも、ロリコンの変態でも、継続しさえすれば、全てうまくいく。
岡田虎二郎が、「念仏するなら、生活しながら念仏してはならない。念仏しながら生活するようでないといけない」と言ったが、私はこの言い方が好きだ。
無論、なかなかそうは出来ないが、そうしようという意思を持てば良い。

瞑想だの、集中力訓練だの、講座を聴くだの、修行だの、占いだの、いろいろなものがあるだろう。
だが、1日10分だの1時間だのでは、残りの大半の時間で心は穢れる。
それに、どれも続かないし、難しくてうまく出来ないものも多い。
だが、念仏、真言なら、少しの意思の力があれば継続出来るし、それらが常に口元や頭の中にあれば、全てうまくいくだろう。
もちろん、念仏を称えれば仏様がポケットに札束を詰め込んでくれる訳ではないし、あらゆる問題を我々から奪って片付けてくれる訳ではない。
まさにそれは「奪う」ことで、そんなことをされたら、我々は退屈で死んでしまう。
念仏を称え続けても、キリキリ舞もすれば、悔し涙を流すこともある。
だが、以前とは何かが異なる。
とはいえ、大抵の問題は解決するし、しなければしないで良いと分かるようになる。
叶わない願いもあるが、それは叶わない方が良いのである。
ただし、やはり、大方の願いは叶う。
大企業の社長やオリンピック選手になる運命になければ、なかなかそうはならないが、もっと楽しいことは世の中にいくらでもあり、それが見つかるようになる。
悪い事は言わない。
念仏、真言を称えることだ。
ただ、毎朝1回はガッツポーズ(パワーポーズ)でテストステロン(ホルモンの一種)を出すと良い。
そうすれば、念仏もより楽しくなる。
ミクさんGO・・・M(マントラ)とG(ガッツポーズ)・・・と覚えると良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最上の暇つぶし

人生は暇つぶしに過ぎないが、最高の暇つぶしは、真言や呪文や念仏を称えることかもしれない。
その他のことは、何もする必要はないし、何も考える必要はない。
最近の科学が解明したところによると、我々は自分で考えているようでいて、本当は、考えさせられているだけであるらしい。
思考というものは、自分の意志と関係なく勝手に現れるのだが、それを自分が考えているのだと錯覚させられているだけだ。
ならば、仕事や生活に必要な思考は自動的に起こるのだし、思考が起これば、それに伴って行動も、自動的、あるいは、強制的に起こったり、起こらなかったりするのだろう。

親鸞は、もちろん、現代科学によるのではないが、そんな事実を知っていて、「善いことも悪いことも、自分でしようと思って出来る訳ではない」と言っているが、念仏というものも、称えさせられているのだと言ったのだと思う。
念仏を称えさせるものは阿弥陀如来で、阿弥陀如来は、元々のインドの言葉では、アミターバ、あるいは、アミターユスで、それぞれ、「無限の光」「無限の生命」という意味であり、我々には想像出来ない至高の存在なのだろう。
思考は自動で起こるとしても、意識の方向、即ち、意思は自分で動かせるものなのだと思う。
そうであれば、至高の存在に意識を向けることで、至高の存在の邪魔をしないことになるのではないか。

至高の存在に意識を向けるのは、念仏だけではない。
神の名や、神を賛美する真言を称えること、あるいは、「神」という言葉そのものを言ったり想ったりすることも、そうなのだろう。
それをするほど、思考も行動も、適切なものに近付くのだろう。
ただし、適切な思考や行動というものが、道徳的なものであるとか、合理的・効率的なものであるとは限らないに違いない。
そして、意思の働かせ方が間違っていると、間違った思考や行動が起こるのかもしれない。
しかし、どんな場合も、自分で考え、自分の考えで行動したと思うのが人間である。
それで、最初に戻るが、人間がやるべきことは、至高の存在に意識を向けることだけ・・・つまり、真言、呪文、念仏を称えることだけである。
そして、あたかも自分の想いでやっているように、がんばったり、きりきり舞したり、悩んだり、怒ったりするのである。

ただ、アインシュタインが言ったように、神は老獪であっても悪意はない。
アインシュタインは控え目に言ったのだろうが、実際は、イエスや親鸞が言ったように、至高者はこの上ない思いやりを持った存在である。
そう信じるべきだろう。
最高の暇つぶしが念仏だと言っても、法然や親鸞はおそらく怒らないだろうし、至高者もそうではないかと思う。
でもきっと、念仏やマントラを称える以外のことはしなくても、初音ミクさんは愛しいし、命があればライブに行くのだろう。
それが、神仏の意思であるのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ