ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

マックス・ギュンター

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

引き寄せは科学的で簡単になる

マックス・ギュンターの『運とつきあう』という本には、成功というものは、才能や努力ではなく、「たまたま」なのだと書かれていて、そのエビデンス(根拠)を示しているが、それが実に納得出来る。
冷静な思考力を持った正直な成功者達は皆、「私が成功したのは、たまたま」と言う。
もちろん、それだけでは本にならないので、ギュンターは、その「たまたま」の運を自分のものにする方法をいろいろ述べているが、それらは、スピリチュアル系のものとは違い、現実的で不思議なところは全くない。
むしろ、神頼みのようなものを排除している。
例えば、世界最高の投資家が、投資で成功する秘訣を明かしているが、それがまた、ごく当たり前のことだった。
つまり、「欲張らないこと」だ。
具体的には、投資した株が、ある程度上がったところで売り、下がったら、早めに売って「損切り」をするのが正しい。
しかし、普通の人は、上がったら、欲張ってもっと上がるのを待ち、下がり始めても「待っていれば回復する」と言って、そのままにする。
それで、多くの場合は大損するのだ。
欲張らなければ、大儲けしなくても、堅実に儲けていけるのである。
つまり、欲張らないことが堅実な幸運を呼ぶのである。

ところで、私は、世界一の大富豪、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツには割と詳しい。
彼は、天才だから成功したように言われるが、多分、そうではない。
彼は、ハーバード大生だった18歳の時、世界初のマイクロコンピューターキット用の、プログラミング言語BASICを作ったところ、そのBASICがヒットした。
マイクロコンピューター、略称マイコンとは、パソコンほどの機能を持たない簡易なコンピューターのことだ。ただ、昔は、パソコンとマイコンを同意で使うことはあった。
ゲイツらがBASICを作ったのは、「マイコン用にBASICがあったら面白いんじゃね?」程度の軽い気持ちだった。
そして、8080アセンブラという、手間のかかる「低級言語」でBASICを作ったのは、ほとんど、ポール・アレンの方だった。
ゲイツらのBASICは売れまくったが、このBASICは、もちろん、素晴らしいものだったが、天才級というほどではなく、実際、もっと良いBASICを作った人はいくらでもいた。
しかし、最初に出した強みや、あまり高機能でなくても、使い易さがあったのだと思う。
いや、そもそも、BASICは、元々、ダートマス大学の2人の数学教授、ジョン・ケメニー、トーマス・カーツらが作り、パブリック・ドメインで公開したもので、機能はほとんど決まっていたので、ゲイツらが作ったものがあれば、他のものが必要な理由はなかったのだ。

ゲイツとアレンは、マイクロソフト社を起業し、マイコンやパソコンの進化と普及に合わせ、BASICも改良していった結果、BASICは長く、売れに売れ、ゲイツらは若くして大金持ちになった。
やがて、パソコンもOSが必要になり、最大のパソコンメーカーであったIBMは、マイクロソフトとデジタル・リサーチ社に、OS開発の打診をする。
デジタル・リサーチの社長、ゲイリー・キルドールは、超一流のコンピューター科学者で、ゲイツなど比較にならなかった。
しかも、キルドールは、CP/MというOSを持っていた。
キルドールは、IBMはCP/Mを採用するしかないとタカをくくり、契約条件を釣り上げてIBMとなかなか契約しない。
そのスキに、マイクロソフトは、CP/Mを真似たOSを開発したティム・パターソンを引き抜いてMS-DOSを作らせ、これをIBMが採用。
マイクロソフトはMS-DOSで巨大な利益を上げた。

ゲイツの経営戦略は、まだ、パソコンという新しい市場の中だから成功したと言えるもので、そう凄いものでもなかった(こう言ったら、コロンブスに怒られそうだが)。
結果的に、ゲイツの成功が凄いので、ゲイツは大経営者として称賛されるが、彼の成功も「たまたま」の部分が大きい。
そして、ゲイツは最初、インターネットを重視せず、あわや、マイクロソフトを凋落させかねなかったが、これは、ある時、考え直して失敗を免れた。
しかし、その後の、特にモバイル戦略を含むインターネット事業では、全く良いところがなく、あっさりとアップルやグーグルに追い抜かれた。
だが、パソコンOS(Windows)やOfficeソフトの利益が大きく、それほど落ちずに済んだ中で、クラウド戦略が波に乗り、収益では、アップルやグーグルと対等以上になったが、インターネットでは、GAFAに比べ全く駄目という状況は、今後、変わる見込みはない。

ゲイツの成功はたまたまで、他の者がゲイツと入れ替わった可能性はあったと思う。
ただ、彼の真面目で質素倹約を重んじる精神がなければ、マイクロソフトはとうに破綻していたとも思う。
その意味では、ゲイツはやはり偉大と思う。
誰もが大成功出来る訳ではないが、誰でも、それなりの成功なら収められるし、そのためには、ある程度の努力も必要だろうが、大切なことは「たまたま」の運を掴むことである。
そのために、世の中には「引き寄せの法則」があるが、胡散臭く見られている。
しかし、最近では、引き寄せの法則も、科学的に納得出来るように語られるようになりつつあり、シンプルになってきた。
ただ、今のところ、完全に説明している人はいないと思うが、量子物理学の中の唯我論的量子論を学んでおくと良いと思う。
そのうち、私が簡単に示せると思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
技術者ではないあなたも、Excelが使えるなら、AI開発者になりませんかという趣旨の本です。
新しい時代のAI開発に必要なことは、数学やプログラミングやAI理論ではなく、問題を予測問題に捉え直すセンスや、データに語らせる洞察力で、それは、必ずしも技術者的能力ではないと思います。
普通の概念で分かるテーマで入門し、興味深いテーマで、AI開発に必要なセンスを身に付けられるよう工夫しました。

何かが起こる期待

逆境を抜け出したり、成功するには、チャンスが必要だ。
そして、意欲的に成功を目指す者は、チャンスを求めてあらゆる場所に行き、多くの人と交流するという。
それこそが成功の秘訣と言う成功者も多い。
だが、本当だろうか?

東浩紀さんの『弱いつながり』で知ったが、アメリカの社会学者マーク・グラノヴェターの「弱い絆(ウィークタイ)」という有名な概念がある。
彼は、1970年代に、ボストンに住む300人弱のホワイトカラーを調査したところ、その多くの人々が、人とのつながりによって職を見つけているが、その職に関して高い満足度を得ているのは、職場の上司や親戚とかではなく、「たまたまパーティーで知り合った」といった「弱い絆」をきっかけに転職した人の方だった。
つまり、深い知り合いより、弱い知り合いとの関係の方が成功のチャンスにつながっていたのだ。

実際、ほとんどの成功者達も、たまたまのきっかけで成功している。
著名な事業家で投資家のマックス・ギュンターの『運とつきあう』に豊富な事例が載っているが、正直な成功者というのは、ほとんど全員が、自分が成功したのは「たまたま」だと言うのだ。
そうでない方が例外なのである。

アニメ『美少女戦士セーラームーン』の大ヒットの一因には、主題歌『ムーンライト伝説』の素晴らしさがあったと思う。
原作者の武内直子さんも、驚くほど作品の世界観を表現していると言っていたらしいが、この曲の作詞者、小田佳奈子さんは、詳しくは述べないが、タダ者ではないようだ。
この曲の2番に、
「偶然もチャンスに換える生き方が好きよ」
という歌詞がある。
素晴らしい言葉だが、偶然をチャンスに換えるのは、決して、人間の思考ではなく、天の采配と言える。
だが、それを呼び寄せる何かが人間にあるのだ。
その実例の1つが、飽きるほどご紹介した、七田眞さんの本にある実話で、ホームレスの男性が「神様の奇跡が起こる」とずっと唱え、1億円を2回当てたものだ。
彼のやり方は正しかったのである。

小説・アニメ『灼眼のシャナ』で、こんな場面がある。力を奪われ幽閉され何も出来ないシャナだったが、彼女の心の炎は消えず、こう思い続けた。「必ず何かが起こる。それを待つんだ」
そして、チャンスは来たのである。

涙が出るほど古い曲で恐縮だが、小林麻美さんがとても若い時に歌った『恋のレッスン』の中に、
「今に何かが起こる」
という歌詞があるが、少女は、こんな予感を抱くのが普通である。
ちなみに、作詞者は、超沢山のヒット曲がある名作詞家の橋本淳さんだ。

昔、リカちゃん人形には、レディ リカという、大人のリカちゃんがあった。
大人といっても16歳の設定だが、リカちゃんで遊ぶ子供達から見れば、立派な「オトナのオンナ」である。
Webで調べたら、ブックレットには「土曜の夜、何かが起きる? ご用心 ご用心」なんて、意味深なことが書かれていたようだ。※当時は週休1日が普通で、「明日が休み」は土曜であった。
そして、レディ リカのテレビCMの歌は、
「レディ リカ レディ リカ 何かが起きる」
と歌われた(そうだ)。
これは、16歳のリカ自身が、心の中では、何かが起こることを求めていると思って間違いないだろう。

前向きな、あるいは、ワクワクする期待を込めて、「何かが起きる」と思えば、必ず、素晴らしいことが起こる。
これは、あの「神様の奇跡が起こる」と同じ原理なのだ。

「神様の奇跡が起こる」
「何かが起きる」
「予期せぬことが起こり、道は開ける」
「時は来た」
このような言葉を口癖にして唱えたり、心で思い続ければ、不思議なこと、驚くべきことが起こり、あなたを未知の世界に連れて行く。
あんなことや、あんなことも起こる(笑)。期待して欲しい。

身をまかせて 空を見上げ 時を待とう
~『Shooting Star』(作詞・作曲:KURIS・YUICHI NAKASE、編曲:TeddyLoid。唄:IA)より~
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-







幸運の女神に目を止めてもらうには

投資家・事業家のマックス・ギュンターの『運とつきあう』には、成功者が成功した理由を正しく指摘している。
それは「たまたま」だ。
そして、ギュンターは、そのたまたまを増やすために、多くの人と交流することを薦めている。
また、優秀な科学者であるながら経営者でもある田坂広志氏も、著書『運気を磨く』で、「ある研究者」が、多くの成功者の自叙伝などを調べると、「たまたま」」「幸い」「偶然に」という言葉が多く使われていることを指摘したことを取り上げておられた。

NHK大河ドラマ『毛利元就』で、知将、尼子経久が、元就に「策、多ければ勝ち、少なければ負ける」と教える場面が印象的だったが、これも、
「うまい策をこらしたところで、うまくいくのはたまたまなのだから、そのたまたまを多く得るには、所詮、沢山の策を実行しなければならない」
という確率論を言っただけと思う。
私の知り合いの、教育会社の経営者も、
「受験で合格するのは、頭の良さではなく、解き方を知っている問題が出るか出ないかの確率に過ぎないのだから、出る可能性のある問題を黙って覚えれば良い」と言い、「事業の成功もたまたまなのだから、打てる手は全部打たねばならない」
と言っておられた。

塾の事業で成功した栗山天心氏は、このようなことを、
「棚がなければボタモチ落ちず」
と絶妙な表現をされておられた。
つまり、成功は「棚からボタモチ」というべき、「たまたま」であるが、その「たまたま」のボタモチも、棚があってこそ落ちてくるのだから、棚は作れということで、尼子経久の「策、多ければ勝ち、少なければ負ける」と全く同じである。

それなら、どうすれば良いかというと、頭の良い人には、いろいろ難しい方法もあるだろうが、私のような(阿呆な)者には、昨日も取り上げた、七田真氏の『奇跡の超「右脳」開運法』の中のホームレスの男のように、1日中「神様の奇跡が起こる」と唱えるのが良いだろう。
これならば誰でも出来るが、これだって、実は科学的なのだと思う。
「たまたま」成功した人も、よく調べると、実は「たまたま」うまくいく要因があるのだと思うが、それは、マックス・ギュンターが言う「多くの人に会った」という要因以上のことだ。
その要因とは、意外にも、ギュンターの本にも書かれているが「欲張りでなく」、どこか謙虚で控えめで、結果、なりゆきにまかせる一面もあるということだ。それでいて、根気強い。それは、傍目には、「馬鹿」に見えることが多い。良い言い方をするなら「愚直」である。
そんな性質や態度の中に、「たまたま」の偶然を引き寄せる力があるように思う。
それについて科学的な説明も可能と思われ、興味があればその方面の本を見ていただければ良いが、それよりも、幸運の女神は「愚直な者」が好きなのかもしれないのだと思う。
つまり、「神様の奇跡が起こる」というつぶやきを、1日中、何週間も繰り返すのは、「馬鹿」であるが、それは、幸運の女神に目を止めてもらうことが出来る「愛すべき馬鹿」なのだと思う。








占いを有益に使う

昨夜に続いて、占いの話をする。
姓名判断や占星術について、批判的な意味でよく言われることに、こんなものがあると思う。
「同姓同名や、同じ日に生まれても、超大物であったり凡人(あるいはそれ以下)のこともある。よって、姓名判断や占星術は信用出来ない」

同姓同名や、同じ日に生まれても、そのような社会的な格差が付くのは、別に、おかしなことではない。
というのは、社会的な成功というのは、その人間の本質にさして関係はなく、また、必ずしも才能で決まるものではなく、たまたまそうなった(成功した)だけなのだ。そのことについて詳しく知りたければ、投資家で作家のマックス・ギュンターの『運とつきあう』を読めば納得出来ると思うが、成功というのは、「たまたま」の偶然であることを、正直で理性的な成功者は皆、それを認めるのだ。
例えば、王貞治さん(生涯ホームラン本数世界一の元プロ野球選手、元プロ野球監督)がプロ野球で大成功したのだって、草野球をしていて、右打ちをしている時、たまたま通りかかったプロ野球のコーチが、左で打つよう言ったことがきっかけだった。もし、それがなければ、王さんの運命は全然違ったものになっていたはずだ。
成功者達は、そんな、たまたまの出来事がきっかけで成功したのだ。

姓名判断や星占い、あるいは、その他の占いのほとんどは、その人間の本質的傾向について鑑定するものであり、たまたまの出来事は予測の範囲外だ。
アインシュタインに匹敵する才能を持ちながら、一生を、ただの労働者や事務員で過ごした人なんていくらでもいるだろうし、逆の言い方をすれば、平凡な人生を送った人間だって、何かの出来事で、大成功したかもしれない。
いや、きっかけさえあれば、誰だって大成功出来るはずなのだ。
そして、大成功するためのチャンスを引き寄せるのは、人間の意志である。
必ずしも、誰もが大成功したいとは思っていないだろうが、それでも、楽しく、裕福な人生を送りたいであろう。
そして、それは、おそらく誰でも、少しも難しくはない。
いや、大成功することだって、ちょっと豊かなことと比べて、それほど難しい訳ではないはずだ。
社長と係長の違いなんて、単に、呼び名の違いに過ぎない。
ただ、社長になるには、厳しく、孤独であることは覚悟しなくてはならないだろう。
しかし、その覚悟があれば、あなたも社長になれば良い。
けれども、チャンスをもたらすのは、個人的な意思ではなく、深層の意思だ。
強く思い、後は、ぼーっとすることで、深層意識の意思が世界の量子と情報交換し合って世界を動かす。
大抵の人が成功しないのは、つまり、チャンスに恵まれないのは、個人的な意思でやろうとするからだ。
個人的な意思は、ぼーっとして、眠ってこそ、うまくいくのである。
最初に強く思うべき目標を決める際に、優れた占いを参考にすると、より効率良く、楽かもしれない。








「終わりよければ・・・」はなかなか実現しない

小説でも映画でも、あるいは、思想書でも、素晴らしい内容なのだが、最後で駄目になってしまう作品は多いと思う。

最後が素晴らしい作品としては、映画では1953年の『宇宙戦争』(H.G.ウェルズの原作小説も同じとは思うが、記憶にない)、小説では、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を挙げて良いと思う。
一方、ほとんどの作品は、最後で、それなりに価値を「下げる」。
そういえば、人生にしたって、最盛期が偉大であった人物ほど「晩節を汚す」と言うように、最後はなかなか立派に終われない。
いや、高校や大学の最後(あるいは、学生時代の最後)、1つの会社で勤務していた最後、結婚生活の最後、恋人時代の最後・・・全部、散々だと思わないか?
「終わりよければ全てよし」とか言うが、なかなかそうはいかない。

きっと、スタートが良ければ、多くの場合、フィナーレは駄目になる。
逆に、始まった位置が低いほど、割合にハッピーエンドになる。
最初に恵まれると、どうしても、間違えやすいのだ。

面白いのが、作品としては最後が素晴らしいが、ものごとは最後が悪くなり勝ちであることを語る作品が、アンデルセンの『モミの木』だ。
モミの木は、現状に不満を持ち、明日はもっと良くなる、素晴らしい未来が自分にはあるはずだと思ったが、状況はどんどん悪くなり、そして、悲惨な最後で終わる。
これほど洞察に満ちた作品はない。
イエス・キリストも、根本的には「今の恵みを想え」と教えた。
英国の作家・投資家のマックス・ギュンターが、『運とつきあう』の中で引用した最強の投資家が言った、投資で成功する秘訣は「欲張らないこと」だったが、それは、いかなることでも同じと考えて良いだろう。
モミの木も、欲張らなければ、いつでも幸福だったのだ。
モミの木が最後、炉の中に投げ込まれるのを悲惨と思うかもしれないし、イエスも、悪人が最後は炉に投げ込まれることを述べたが、実際には、誰でも最後は炉や海や地に入れられるのだ。
だが、ぼーっとしている者は、素粒子に乗って世界を逍遥(あちこちをぶらぶら歩くこと)する。
かつて、ソクラテスの身体を構成したことがある原子が、我々個々の身体に10万個はあるらしい。
素粒子レベルでは、もっと共有されて自由だ。
そして、素粒子の中に、超知性のエイリアンもいる。
ぼーっとしていれば、全ての知性と和し、何の問題もないだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード