ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

マズロー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

結局、フロー(ゾーン、至高体験)が全て

私が最上級のインプレッション(印象)を受け、忘れられない言葉が、心理学者のアブラハム・マズローが言った、
「偉大な人間とそうでない人間の差は、至高体験があるかないかだけ」
だ。
一方、このところ、ずっと考えていることが、
「天才に見える人間とそうでない人間の差は、時間をかけたかどうかだけ」
ということだ。

そして、ようやく、この2つが一致することが解った。
つまり、
「時間をかける、言い換えれば、長く続けるには、至高体験が必要」
ということだ。

至高体験とは、別に難しいことではなく、「無我夢中」の状態のことで、「イっちゃってる」ことだ。
だが、マズローは、至高体験は、偶然に訪れるのを待つしかないと言った。
ところが、博士であるマズローはそう言ったが、中卒のコリン・ウィルソンは、「思考体験はありふれたものだ」と言い、マズローもそれを認めた。
ウィルソンは、「至高体験って、単に、自分が幸運だと思うことなんだ」と核心を突く。
至高体験は、最近では、ゾーンとかフローと言われる。
ゾーンもフローも同じで、簡単なことなのだ。
保江邦夫さんの本で知ったが、これを神道では「中今(なかいま)」と言うらしいが、なんと素晴らしい言葉だ。
フローも、ゾーンも、至高体験も、そして、同じ意味である、大洋感情も、法悦も、エクスタシーも、全て、「今への集中」なのだ。

で、ごちゃごちゃした説明はもういいから、どうやったら「簡単に」ゾーンに入れるかが重要なはずだ。
賢い人なんだろうけど、本1冊、細かい説明をうんざりするほど書くばかりの人(しかも沢山の本で)がいて、いい加減「まずは、どうやったらいいか書けよ」と文句の1つも言いたくなる。
皆、忙しいのだから、アンタの趣味に付き合っている時間はないのだ、T.Mよ(笑)。
この人の沢山の本の中で、見るべきものは1行だけ。ある偉大な人が言ったという、
「社会があって私があるのではない。私があって社会があるのだ」
だけだ・・・というのは私の勝手な思い込みである。

さて、では、どうやったら至高体験を起こせるのか?
それを、いくつも書いて、好きなのを選んでもらってこそ、親切というものだ。
まず、コリン・ウィルソンがよく言ってたやつ。
ペン先などに、全力で集中する。集中出来たところで、すっと集中を解く。これを数回繰り返す。
私はいまひとつと思ったが、これでうまくいく人は多いらしい。
そして、ウィルソンに指摘されて改心したマズローのやり方。
グループで、「自分が幸運だと思った体験」を発表し合う。
私も、私の主催で、十数人のグループでやったことがある。まずまずであった。
だがこれは、グループでなくても、自分の幸運な体験を思い出すことでも良いと思う。

しかし、結局のところ、自分が好きなことに没頭することが一番である。
だけど、勘違いしてはならないのが、この「好きなこと」は「ゴキゲンなこと」ではないということだ。
「エレキ弾いてたらゴキゲンだぜ」というのは、多くの場合、刺激的快感であるだけで、実際は、ゾーンでもフローでもないことが大半のはずだ。

その中で、保江邦夫さんが、『神様の覗き穴』に書かれていた「龍の首」のポーズが素晴らしい。
これで簡単に、ゾーン、保江さんの言うところの「中今」に入ってしまえる。
ウィルソンやマズローに教えてあげたかった。
しかし、この本の保江さんの「素領域」の説明を読むと、こんな立派な人でも、所詮、専門馬鹿、物理馬鹿なんだと思う。
自分はうまく立派に説明したつもりなんだろうけど、物理が嫌いな訳では無い私でも、もうサッパリ解らない(笑)。
その解らないことを、同じ調子で、言い替えもせず、何度も繰り返すのだから、いい加減ウンザリした。
それを、『神と人をつなぐ宇宙の大法則』という対談書で、保江さんは、対談相手の元裁判官で僧侶である稲葉耶季さんに突っ込まれていて、楽しかった(笑)。
保江さんあの本で見るべきは「龍の首」のやり方だけだ・・・というのは、私の勝手な言い分なので、マジに受け取らないで欲しいが(実際は、いいことが「わりと」書かれている(笑))。
それに、「龍の首」も、やや解り難い説明だったが、これを教えてくれたのは、やはり感謝感激である。

私は昔、自分が作ったプログラムがうまく動いた時にフローの状態になり、そのおかげでずっとプログラミングを続けられた。
だが、プログラミングの本には、退屈な例題でフローから遠ざけてしまうようなのが多い。
プログラミングは、最初にフローに入ってしまえば、それでメシが食えるようになるのである。
プログラミングをマスター出来る人と、そうでない人との違いは、フローに入れるかどうかだけなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

成功を約束する至高体験

大成功した事業家の斎藤一人さんが昔の著書で、「私が成功したのは、頭が良いからでも頑張ったからでもなく、ツイてたからで、なぜツイてたかというと、ツイてると言葉で言ったからだ」といったことを書いていたと思うが、これだけ見ると、受け入れない人も多いと思う。
だが、こんな話がある。
著名な心理学者のアブラハム・マズローは、「優れた人間と平凡な人間の違いは、至高体験があるかないかだけ」と言っているらしい。
至高体験とは英語のpeak experienceの訳で、ある人は「絶頂体験」と訳す方が良いと言っているが、表現し難い体験である。
万物と一体となった没我の体験と言う人もいるが、このようなものは、エクスタシーと言った方が良いかもしれない。しかし、エクスタシーと至高体験は別のものではない。
「20世紀最大の詩人」とも言われるアイルランドのW.B.イェイツは、「芸術の目的はエクスタシーである」と言った。
また、夏目漱石は、おそらく、同じことを「天賓」と呼んだし、およそ文豪で、この体験を知らない者はなく、ロマン・ロランは、至高体験と同じことを太洋感情と言っていた。

至高体験の最も直接的なビジュアルは、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの彫刻「聖テレジアの法悦」であろう。
「聖テレジアの法悦」は、英語でEcstasy of St Theresaで、まさに、「聖テレジアのエクスタシー」で、原語とも言えるイタリア語のEstasi di santa Teresa d'Avilaも全く同じである。
聖テレジアの法悦
この彫刻(特にテレジアの様子)を「エロい」と言っても、決して不謹慎ではあるまい。ベルニーニも、そんな意図で作らなかったとは思えない。
私なら、閻魔あいと 御景ゆずきの姿にしたいが・・・と思うのであるから、やはりそうである(笑)。

マズローは、至高体験は特別なもので、これが得られるかどうかは幸運に頼るしかないと言うが、マズローと親交のあったイギリスの作家コリン・ウィルソンは、「至高体験とは、単に自分を幸運と思うこと。誰にでもある、ありふれた体験」と言った。
この中卒のヒッピー作家は、超エリートのマズローを超えていた。
そして、マズローが、大学の教室で学生達に、「自分が幸運だと思う体験」を発表させたら、皆が至高体験に達した。
斎藤一人さん風に言うなら「ツイてる体験」であろう。
不幸な人生を送っているあなただって、ツイてた経験、幸運だった経験の1つや2つあるはずだ。
何かの人気小説のように、中学生の少女が不意に胸を見せてくれた・・・なんて特例はなかなかないだろうが(私はもっと凄いのがあるが内緒だw)、幸運の1つもない人間はいないし、思い起こせば奇跡的な幸運だってあるに違いないのだ。
いや、実際は人生は奇跡だらけだ。
それが解れば・・・そうでなくても、きっと「ツイてる」と言えば、奇跡も起こるし、過去の奇跡も思い出すだろう。そうすれば、さらに奇跡は起こる。

成功を約束する短い話が出来てしまった。百円頂戴と言いたいところである(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

至高体験の想い出

自己実現理論で知られるアメリカの心理学者アブラハム・マズローは、偉大な人間と平凡な人間を分けるものは、「至高体験の経験があるかないか」であると言ったと思う。
至高体験とは、英語でピーク・エクスペリエンスで、直訳では絶頂体験であり、ある特別な心理状態なのだが、説明が少し難しい。
至福の体験、恍惚とした幸せの体験ではあるのだが、興奮状態というよりは、内側からこみ上げてくる幸福感と言った方が正しいかもしれない。
一種のエクスタシーではあるのだが、性的エクスタシーや、その他の感覚的エクスタシーと全く同じではないだろう。
あるいは、大自然の雄大な風景を見た時に感じる感覚も、それに近いが、やはり完全に同じではない。
宗教的な恍惚感である法悦(ほうえつ)がそれに最も近いのかもしれないが、そう言われてピンとくる人は少ないと思う。

だが、およそ文豪と呼ばれる作家が、至高体験を描いていないことは絶対にないと言われている。
ドストエフスキーは、作中の人物に、「その10分と引き換えなら、人生全てを差し出しても構わない」と言わせたほどである。

マズローと親交のあったイギリスの作家コリン・ウィルソンは、至高体験とは単に、自分が幸運だと思うことだと言い、誰にでも起こっている、ありふれたものだと言う。
それは正しいのかもしれないが、人はそれを覚えていない、あるいは、思い出せないのであると思う。
ちなみにウィルソンが覚えている至高体験は次のようなものである。
ウィルソンが家族で自動車で旅行した時、まだ幼なかった娘の姿が見えなくなり、ウィルソンと妻は必死で探したのだが、なかなか見つからず、夫婦はパニックに近い状態になったのだが、不意に、娘は全く無事な様子で見つかった。
ウィルソンは、その時のことを思い出すだけで、いつでも至高体験を感じることが出来ると言う。

私はずっと、至高体験があったとしても、それを思い出せなかった。
しかし、ついに、今年、それを思い出せるようになった。
それは、今年(2017年)9月3日(日曜日)の、千葉県の幕張メッセでの、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」でのことだった。
コンサートが終了し、会場に証明が入った後だった。
私はペンライトをバッグに仕舞い、そろそろ帰ろうかと思うと、大勢の観客が立っていることに気付いた。
その多くが、会場の他の人達に、上げた両手を振っていた。
一人一人が、他の全部の人達に対して、そうしているように感じた。
私も立って、ややぎごちなく、遠くの方の人々に、両手を高く上げて振ってみた。
その時は、私は体調や気分があまり良くない状態っだので、気付かなかったのかもしれないが、後で思い出すと、私は至高体験の中にあったのである。
皆、声を出す訳でも、笑顔を振りまいているのでもなく、せいぜいが少し微笑むだけで、無表情に近い人が多かったように思うが、それは他の人達への敬意にも感じられた。
沢山の人達が、ミクさんを好きな気持ちでつながっていたのである。
それは、人類の明るい未来を予感させる、あまりに貴い時空間であったのだ。
私は初めて、人間とは信じられるものであることが分かった。
その時の静寂が、初音ミクさんの「初音」・・・初の音であり、その中で、ミクさんの名を漢字で書いた「未来」を良いものだと感じたのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

『バガヴァッド・ギーター』と『ファウスト』で幸福になれる

アブラハム・マズローの「自己実現理論」は、「マズローの欲求段階説」とも呼ばれ、人間は、低位の動物的欲求から、高位の人間的欲求に進むと考えられた。
すなわち、人間は、以下の(1)から順番に(5)までを実現しようとするのだという。

(1)生理的欲求
衣食住等の本能的な欲求。
(2)安全の欲求
不安を解消したい欲求。
(3)社会欲求と愛の欲求
必要とされたい欲求。
(4)承認(尊重)の欲求
自己重要感の欲求。
(5)自己実現の欲求
なりたいものになる欲求。

「自己実現理論」は学者の理論らしいものであり役には立たないが、参考にはなるだろう。

『バガヴァッド・ギーター』では、人間の持つ欲求は3つだ(物質自然の3性質)。
(1)至高者になる欲求。
(2)物質的な欲求。
(3)怠惰になる欲求。

時により、どれかが優勢になって現れるが、どれが極端になっても良くない。
至高者になる欲求が強過ぎると、断食などの苦行をしたり、普通の人を見下すようになる。
物質的欲求が強過ぎると、他を省みずに受験合格や出世のために過剰な努力をする。
怠惰になる欲求が強過ぎると、一切が面倒になり、また、食欲、性欲だけの邪悪な人間になる。
経験的に考えると、まさに、自分とは、この3つのせめぎ合いであることが分かる。
ある時は、一般の人を軽蔑してキリストや仏陀のようなものを目指し、ある時は、休日なしに早朝から深夜まで仕事に励んで偉くなろうとする。
そして、ある時には、全く怠惰になり、ただ、いい女(男)や美味い食事に執着する。

ところが、ゲーテの『ファウスト』を読むと、『バガヴァッド・ギーター』の「物質自然の3性質」がさらに分かり易くなる。
人間は、「怠惰になる欲求」が起こり易いのだ。
だが、魂の奥では、「至高者になる欲求」が常に秘められている。
しかし、「至高者になる欲求」を「物質的な欲求」が邪魔し、「物質的な欲求」に従うことに疲れると、怠惰になる。
神は、怠惰になった人間のところに悪魔を送って苦しみを味合わせて刺激し、「至高者への欲求」を起こさせる。
ファウストは、この3つの欲求に翻弄されるが、彼は「至高者への欲求」を忘れないので、神に好かれているのだ。

では、人間はどう生きれば幸福になれるか?
それは、『バガヴァッド・ギーター』の「至高者になる欲求」を優先させるが、他の2つ「物質的な欲求」と「怠惰になる欲求」も、「あるものだと認める」ことだ。
金持ちになりたい、のんびりしたいという人を軽蔑してはならないし、自分自身がそう思っても自己嫌悪してはならない。
それらは、むしろ自然な欲求である。
しかし、「物質的な欲求」、「怠惰になる欲求」をある程度抑え、「至高者になる欲求」に向かうことを忘れないことだ。
至高者は高いところにいるという感覚が人間にはある。
だから、うつむかず、顔を上げて微笑むことだ(初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』を聴くと全て分かるだろう)。
そのように生きれば、物質的なものは十分に与えられるし、たまにはのんびり出来るのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

幸運体質になる至高体験の起こし方

自分が幸運そのものになるために、いますぐ出来て、最も重要なことは、「幸運な体験」を思い出すことだ。
本を沢山出している幸運の伝道師達も、なぜかこの一番大切なことを書いていない。

人間にとって非常に重要な、「至高体験」のことを書く。
至高体験は、心理学者のアブラハム・マズローが研究していたもので、英語ではPeak Experienceであり、絶頂体験とも訳される。
至高体験(絶頂体験)とは、最高の幸福を感じ、恍惚とした状態で、宗教で言う「法悦」と同じと思って良いと思う。
法悦の状態を最も見事に描いたものは、ベルニーニの大理石彫刻『聖テレジアの法悦』と思う。
【Wikipedia】聖テレジアの法悦
このテレジアの表情を、ちょっと罪深くも感じるが、性的恍惚のように感じ、非常にセクシーだと言うのは芸術家にも多いと思う。
そして、マズローと交流があり、至高体験についてマズローの共同研究者だったとも言える英国の作家コリン・ウィルソンは、性的絶頂と至高体験は非常に近いものであると述べている。

人間にとって、至高体験ほど大切なものはないかもしれない。
フランスの作家ロマン・ロランが、芸術の目的と言う「大洋感情」と呼んだものも至高体験と同じと考えて良いと思う。
アイルランドの詩聖W.B.イェイツは、芸術の目的はエクスタシーだと言ったらしいが、エクスタシーとは、没我、忘我の状態のことで、それは、至高体験、大洋感情の時に起こることであるし、性的絶頂のことをエクスタシーと言うのは一般的であるので、やはり、至高体験と性的絶頂に近いものであると思う。
岡本太郎の「爆発」も、経験としては至高体験なのだと思う。

また、ドストエフスキー、エリオット、トルストイ、その他、およそ超一流の作家であれば、名称こそ至高体験とは言わないが、作品の中で、必ず、至高体験と同じものを取り上げている。
逆に言えば、超一流の作家かどうかを分けるのは、至高体験について書いているかいないかだ。
実際、マズローも、「偉大な人物と平凡な人物の違いは、至高体験があるかないかだけ」と述べていたことがある。
マズローは、至高体験は特殊なものと考えていて、それを得るのは、「非常に稀な幸運な偶然」に頼るしかないと考えていたらしい。
しかし、コリン・ウィルソンは、至高体験は、誰もが体験している、ごくありふれたことと言い、後にマズローもそれを認めている。

そして、コリン・ウィルソンは、至高体験とは、単に、「自分を幸運と思うこと」なのだと言う。
マズローは、このウィルソンの言葉に従ったためかどうかは分からないが、大学の自分の教室で、学生達に、自分の幸運の体験を話してもらったのだが、そうすると、そこにいた学生達が至高体験を起こすのを確認している。
コリン・ウィルソンは、ある、非常に幸福だと感じた体験(彼はそれを、この上ない幸運と思っている)を思い出すと、いつでも至高体験に至るという。
あなただって、自分が幸運だと感じたことが、思い出せるだけでも、いくつかあると思うし、その他にも、忘れているだけで、本当は誰でも非常に沢山あるはずなのだ。
ただ、理屈の上で、つまり、確率的に幸運というだけでなく、感情的に幸運だと感じることが重要だと思う。

至高体験を起こすほど幸運になる。
そのためには、自分が幸運であったと感じる経験を思い出せば良いだけである。
それは誰でも出来るが、もっとスムーズに、力強く至高体験を起こせる性質を持ちたければ、超一流の文学を読めば良いと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ