ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

マスターの教え

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

偶然は匿名での神の贈り物

昨日、ご紹介した映画『ザ・シークレット:デア・トゥー・ドリーム』の中では、何度も、出来過ぎと感じる幸運な出来事が起こる。
このような、あまりにも都合の良い偶然を、我々は奇跡と言う。
おそらくは誰もが、そんな奇跡とも思える体験の1つや2つは覚えているものだと思う。
そして、奇跡をどう考えるかで、人生は決まる。

『マスターの教え』の中で、マスターは、「奇跡は頻繁に起こっているのに、皆、それに気付かない」と言う。
この本の中でも、人生のどん底にあった男が、気晴らしに劇場に行き、安い席のチケットを買うが、なぜか、高価なBOX席のチケットを受け取ってしまう。
そして、そのBOX席で、マスターと呼ばれる不思議な人物と隣り合わせることとなり、そのマスターに話しかけられたことで人生が変わった。
なぜ、そんなことが起こったのかというと、彼は、心の奥でそのような奇跡を強く願っていたからだと言う。
上の映画の中でも、マスターのような存在である大学教授のブレイは、子供達に、磁石が金属製のクリップを引き寄せるところを見せ、「願いが強いほど強く引き寄せる」と言う。そして、その直後に奇跡が起こる。
ブレイは、こうも言う。
「偶然は、匿名での神様の贈り物だ」
と。
これは、アインシュタインが言ったことらしい。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーも、引き寄せマスターと言える力を獲得した人間だが、「奇跡は単に珍しい出来事で、そんなものは誰でも起こせる」と『成功の扉』に書いていた。

私も、小学生の時、天体望遠鏡が欲しいと思って懸賞に応募したら(特等の懸賞が天体望遠鏡だった)、懸賞に外れたことが分かった直後、親から、「従兄がお前に天体望遠鏡を譲ると言っている」と教えられた。私は、その従兄の顔も知らなかったし、その従兄も、私が天体望遠鏡を欲しがっていることなど知らないはずで、なぜ、従兄が不意にそんな気になったのか謎だった。
いずれにしろ、私は、このことが「たまたま」とは思えない。
また、私は、好きな女の子のことを考えていると、その数秒後には、彼女が居ることなど、あり得ない場所であるに関わらず、出会ってしまうことがよくあった。
一度だけ、「偶然」に会った翌日に、相手の女の子に、「なぜ、あんなところにいたの?」と聞いたことがあるが、彼女の返事は、「私も分からない」みたいな感じだった。
さっきの、天体望遠鏡をくれた従兄にも、ずっと後で、あの時の天体望遠鏡のことを尋ねてみたが、やはり、どうもよく分からないようだった。

これだけは信じた方が良い宇宙の仕組みは、
「良い気分でいれば良いことが起こり、悪い気分でいれば悪いことが起こる」
だ。
つまり、良い気分でいれば、好ましい偶然が起こり、それは、しばしば、奇跡と感じる。
それと共に、上のブレイが言ったことのように、強い願いは、磁石のように願ったことを引き寄せる。
この2つは同時に考えれば最強だ。
つまり、良い気分で強く願えば、即座に奇跡は起こる。
そして、面白いことに、落ち込んだ時に、気持ちを切り替えて、肯定的な気持ち(即ち良い気分)になると、不意に願いが叶うのである。
例えば、こんな話がある。
イギリスの作家コリン・ウィルソンが、子供の時、弟と一緒に森で迷い、長時間歩いてクタクタになった上、雨に降られて身体が冷え、森からの出口はさっぱり分からない絶望的な状況の中、泣き出す弟を見て、コリン・ウィルソンは兄の自覚を思い出し、「しゃんと」したところ、不意にスムーズに森を出ることが出来た。
ウィルソンは、これに対して、難しい解釈を述べていたが、つまるところ、彼は気持ちを切り替え、肯定的な気持ちになることで幸運を引き寄せ、現実を変えたのだ。
我々も、困った時ほど、無理にでも笑顔を作り、ガッツポーズをし、それによって、気持ちを「しゃんと」させると、奇跡だって起こるだろう。
1回や2回で駄目でも、百回ほどやれば良いと思う。








魔法手順大公開(質問大歓迎)

ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』には、100万ドル(約1憶円)を引き寄せるのも、1ドル(約百円)を引き寄せるのも、全く違いはないと述べられている。
また、斎藤一人さんも愛読していると言われる(実際、斎藤さんの著書の中に、極めて似た内容が書かれている部分があった)『マスターの教え』の中で、マスターが客船の最も豪華な部屋を使っている時、こんなことを言っている。
この船の船長は、船長という仕事に相応しいが、船主になるのは、とても無理と思っているかもしれない。しかし、船長と船主の違いは、呼び名の違いに過ぎないと言い、船長がその気になれば、簡単に船主にもなれる。
そして、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の中で、チベット、インドで、超人的なマスター達としばらく一緒に過ごしたアメリカの調査隊の1人が、「マスターこそ、本来の人間の姿。人間が、地上を這う虫のようなものであってはならない」と言い、マスターと同じことをやろうと言い出す。そして、皆が、実際に、アメリカ等での常識では奇跡としか言えないことを楽々と行う。

これらは、私には非常に納得出来る。
なぜなら、私はある意味、100万ドルや客船を得る以上に難しいことを平然とやったことがあるからだ。それも、何度も。
その1つが、テレビ放送のコントロールだ。
最近、私はテレビドラマというものを全く見ないので、今、どんなものがあるのか分からないが、例えば、数年前に放送されたドラマのある回を、何度も見たいと思ったとする。
そんな場合、今なら、Amazonプライムビデオを探したり、DVD化されていないかお店に探しに行くのだろうが、私が子供の時は、そのようなものはなかった、あるいは、あっても、存在を知らなかった。
それで、どうしたのかというと、その見たいドラマの特定の回が放送されることを期待し、録画リモコンを握っていたのである。
「何、この阿呆」と思うだろうが、それで、いつも、さして待つことなく期待通りに放送され、楽々、録画したのだった。
その時のやり方を再現出来れば、相当な奇跡現象を起こせるだろう。
で、どうやってやったかというと、ただ強く期待しただけだった。
頭の中で、「放送されよ」と念じた訳でもない。
つまり、目標が分かっていたら、言葉など不要である。
例えば、好きな女の子がいて、「A子さんを彼女に出来ますように」とか、結婚したい男性がいて、「B男さんと結ばれますように」といった祈り言葉を使うというのとは違う。
別に言葉にしなくても、具体的な願いははっきりしている訳だから、「願う」「期待する」という精神行為をすれば良いのである。
受験に合格したい時も、「〇〇大学に合格出来ますように」「〇〇大学に絶対合格する」と言ったり思ったりは、ちょっとどうかと思うのだ。
と言うのは、言葉にすると、どこか思念にノイズが混ざるように感じるのだ。

非言語で願う・・・という感覚は、そんなに難しい訳ではないと思う。
例えば、私は、子供の時、向こうを向いている人を、声も音も出さずに振り向かせることが出来るのは、当たり前だと思っていた。
そして、それをする時も、決して、頭の中で「振り向け」と言うのではない。
ただ、振り向くことを期待するだけである。

しかし、どうしても、「非言語で願う」感覚が分からないなら、こうすれば良い。
願いがイタリア旅行とする。
それなら、まず一度、頭の中で(口に出したり、紙に書いたりしても良い)、「イタリア旅行に行く」と言い、その感覚を覚えるのだ。
覚えていないと思っても、もう願いは分かったし、実際はその感覚を覚えているので、それをただ、願えば(期待すれば、求めれば)良い。
その願いの想いを込めて、笑顔やガッツポーズをすれば良い。

分からないところがあれば、ご質問をどうぞ。
多分、個々に、あるいは、すぐには答えないが、よく考えて、改訂版を出そうと思う。
その意味、質問は歓迎する。








気分が一番大事

プロのサッカー選手や、「食べられる」画家やYouTuberになるのは、極めて難しいと思われる。
ところが、それらに比べたら、プログラマー(システムエンジニアも同じとする)になるのはずっと簡単なのだが、どうしてもなれない人も少なくない。
ところが、実のところ、プロサッカー選手になるのも、プログラマーになるのも、違いはない。
ジョン・マクドナルドの『マスターの教え』に、(豪華客船)などの船の船長が、その船の船主になることは、とても無理なように思えるが、船長と船主の違いは、呼び名の違いだけと書かれていた通りなのである。つまり、船長が船主になるのは難しいことではない。

願いの叶え方としては、私が好きなベルベル・モーアが、初めて引き寄せで彼氏を得た時のやり方が面白い。
9つの条件(酒、たばこをやらない。菜食主義。太極拳が出来る等)を満たす男性を3か月後と、1回、宇宙に「注文」する。
それで終わり。
モーアは、このやり方を友達に教えてもらったのだが、実はなんと、このやり方がインチキであえることを証明するためにやったのだった。
結果は、完璧に叶った(笑)。
成功要因は、願った後に忘れたからだった。あんまり馬鹿らしいからね。
だが、忘れたことで、簡単に叶ったのだ。
ところが、例えば、すごく結婚したくても出来ない女性が、宇宙に、素晴らしい人と結婚出来るよう注文したらどうなるだろう?
もちろん、宇宙は叶えようとするが、モーアによれば、普通の人はその後、何度も注文を繰り返すことで駄目になるらしい。
どういうことだろう?
この女性は、注文した後、「どうせ無理に決まってる」「私はずっとモテなかったのよ」「婚活パーティーでも、全然、声をかけてもらえなかった」などといったことを、相当な時間、考えることで、宇宙は、「結婚は無理」「モテない」「婚活パーティーで人気がない」を注文通り実現するのだ。
彼女が成功するには、注文自体は1回で良いが、「素晴らしい人と結婚して嬉しい」という気分を感じることだ。
そして、その楽しい気分を感じる時間は、「どうせ結婚出来ない」と思って気が滅入る時間より長くないといけない。
モーアの場合、理想の彼氏を注文した後、インチキだと思っていたので、そのことについて、考え続けることがなかったのだ。
そして、方法自体はインチキでも、「そんな彼が出来たら楽しいわね」と、良い気分は味わったのだろう。彼女がそんな明るい性格であることは、本を読めば解る。
この「気分」が物凄く大事である。
他には何も必要ないと言って差し支えない。

プロサッカー選手を目指して、真面目に黙々と練習している人がいたとする。
しかし、それでも、プロどころか、学校や会社のサッカーチームですら、レギュラーにほど遠いかもしれない。
なぜなら、プロサッカー選手になって楽しいという気分を味わわず、「学校のレギュラーにもなれない」という暗い気分ばかり味わっているのだからだ。
彼がプロサッカー選手になろうと思ったら必要なことは、プロサッカー選手になって楽しいという気分を、「俺は才能がない」「どうせ駄目だ」「とてもプロになれるとは思えない」という想いから来る嫌な気分より長く感じることだけである。
本当にプロサッカー選手になりたいなら、それが実現したら楽しいはずであるから、それほど難しいことではないはずだ。
それが出来ないということは、本当はプロサッカー選手になりたい訳ではないか、心が弱いのである。

プログラマーになりたいとする。
それで勉強するが、プログラマーになれて楽しいという気分より、「私には駄目ではないのか」という暗い気分を味わう方が長いなら、やはりなれない。
そして、楽しい気分を味わうために、心をしゃんとさせることは、自分でやらないといけない。
ところが、世の中には、そんなところまで、人にやってもらわなければいけないような、甘ったれた者が少なくない。
多分、親が構い過ぎたのだと思う。
しかし、本日ただいまより、「目標が叶って楽しい」という気分を、必要なら1日中味わうと決めれば、過去にグッバイである。








大物への最高の指南書

金持ちでない凡人は権利が少ない。
特に、場所があまり得られない。
簡単に言えば「独占」と縁遠い。

最近、『長門有希ちゃんの消失』というアニメをAmazonのdアニメストアで見ているが、そこでの旅行シーンは、他のアニメでも共通するものがある。
高校生の女5人、男2人で旅行するのだが、電車に乗ると、他の乗客は一切出てこず、誰にも邪魔されず、自分達だけで好きなように座り自由奔放に振舞う。
しかし、実際の旅行では、他の大勢の乗客と場所を取りあい、また、迷惑な乗客達に悩むのだ。
お土産店でも他の客がおらず、「あ!これ可愛い」とか言いながら、仲間だけで盛り上がるが、これも、実際は、そんなことをしていたら他の客の迷惑になるし、そして、他の人達のことを全く考えない我が物顔のグループにイライラさせられるものだろう。
旅館内の温泉も、他の客は全くおらず、好きな時に入り放題で、誰にも気を使わず、誰にも迷惑を受けない。
食堂でも、カラオケでも、ロビーの卓球台でも、ロビーのソファでも、やっぱり自分達だけで、好きなだけ好きなように楽しく過ごす・・・現実では、他の客達とのローテーションを急かされ、順番を待ち続け、やっぱり自己中な者達に苦しめられ、誰もが他人を警戒し、嫌な目付きを他人に振りまき合うことになるのだ。

アニメの登場人物達のようにやりたければ、大金持ちか王侯貴族にでもなるしかない。
ある有名俳優は、飛行機は当然ファーストクラスなのだが、隣の席も買ってしまうのだそうだ。
新幹線では、グリーン車を少なくとも4席くらい買って、前に誰もいないようにするのだろうか?

しかし、凡人には権利がなく、少しの物や場所しか与えられない。
ところが、金持ちっていうのは、普通の場所にいても、なぜか広い場所が得られ、他人に悩まされることがない。
予約してある訳でもないのに、順番を待たされることはなく、良い待遇を受ける。
金持ちと行動を共にすると、そんなことを感じる。
『マスターの教え』という本で、「マスター」と呼ばれる偉大な人が、初めて行く店であっても、明らかに丁重に扱われる不思議が描かれてる。
これらは、大物達のマインドに原因があるのだろう。
凡人は貧しい心を持っているが、金持ちや偉人は、豊かな雄大な心を持っているのだろう。
大きなゆったりとした心を持たなければ大物になれない。
だが、大きなゆったりとした心と言っても、それは、凡人が他人の迷惑を顧みず、ただのんびりしているというのとは全く違う。
一時的な大物である成り上がりは横柄で我が侭だが、そのままではすぐに没落する。

大物がどんなものかは、『老子』81章に、詳しく淡々と書かれている。
慎重であること、慈愛を持っていること、倹約すること、頭を下げること、謙虚であること、過去の自慢をしないこと・・・まさに、大物超指南書である。
学べば大物の心を得られるし、極めれば仙人にも達する。
『老子』は、そんなふうに使うものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

思考は飛んでくるだけのもの

思考とは、やって来るものであり、自分で起こしてるものではないということは、科学的にも分かっているはずだ。
いかなる考えも、言ってみれば、考えさせられただけであり、自分が考えたのではない。
右の道を行くか、左の道を行くかを自分で選択したつもりでも、それはやはり、選択させられただけである。

「なぜあんなことをしたのか分からない」
と言う人があるが、それは実は正直であると同時に正確なのである。
『荒野の7人』という映画で、凄腕ガンマンの1人が、昔会った男の話をする。
その男は、裸でサボテンの中に飛び込んだ。
なぜ、そんなことをしたのか聞いたら、答は、「その時はそれで良いと思った」のだそうだ。
悪い事をしても、確かに、そんなことをする考えは自分のものではない。
だが、偉大な善行だって、やっぱり、それをしたのはその人の考えではなく、自慢にならない。
宇多田ヒカルさんの最大のヒット曲であるデビュー曲の『Automatic』が、まさに、心が自動的なものであることを表現している。
誰が何を言い、何をしても、単に、そう言わされているだけ、動かされているだけなのだ。
人をそのように見た方が良い。

成功者は、成功するアイデアを与えられただけだ。
だから、成功した人が優秀な訳でも偉い訳でもない。
では、優れた考えを得るにはどうすれば良いか?
思考は自動的に起こると知り、巻き込まれないことだ。
また、良い本を真面目に読めば、良い思考がやって来る。
だから、『マスターの教え』では、アイデアが浮かんだら、本を置いて、そのアイデアをよく見るようアドバイスしている。
真面目に落ち着いて読むほど、そうなるのである。

思考が自動的に起こる。このことを覚えておくと良い。
その思考を客観視し、静かに観察する限り、良いアイデアしか出なくなる。
あなたがロボットで、それをどこかの変な宇宙人が操っているというのではない。
想像も出来ないほど高度で崇高な存在が通信を送ってくれているのだが、我々がそれを歪めてしまっているだけだ。
だから、心静かな人間は、高度で崇高な存在と同等なのである。
落ち着いて念仏を唱えるというのも、思考に巻き込まれない良い方法である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード