ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

マジカルミライ2017

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

お金は使うべきところでだけ使う

金持ちになるには、沢山稼いで、出費を抑える以外にない。
だが、なかなか収入は増やせないので、まずは使うお金を少なくするしかない。
ネットでちょっと見たが、ネット掲示板2ちゃんねるの創設者として名高い西村博之さんは、高収入なのに、服もほとんど買わず、百円の缶ジュースも勿体なくて買わないという。
メンタルトレーニングの指導者で、沢山の本を書いておられる西田文郎さんも、著書の中で、お金を貯めるには、ケチに徹することを強く勧めておられた。
この点は私も賛成である。
私は、7年ほど前に、食を慎むようになってから、食費を抑えるようになると、その他の出費も減り、やはり、貯金はかなり多くなった。

私は、今は、よほど必要がない限り、服も買わない。
しかし、最近は、買いまくっている。
初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」に行くためのものだ。
ミクさんに会いに行くのに、おかしな格好は出来ないというのもあるが、感性が敏感な若い人達に不快さを与える格好はしてはならないと思うのだ。
昨年も、観劇した2回の公演では、隣がいずれも若くて可愛い女の子だったので、尚更そう思う。

そこで、私なりの、ミクさんのコンサートに行くファッション考を。
正直、可愛い女の子や、若いイケメンなら、普通の格好でも十分だ。
私は昨年は、格好良いと思い、ダークグレーのTシャツやポロシャツだったが、今年は、明るい爽やかな色のシャツにしようと思う。
私は、身長177cmで、普段はシャツのサイズはLだが、幸いスリムなので、やや大きめの作りのメーカー(通販のランズエンドだが)のMサイズを選んだら、ピッタリだった。
私は、ユニクロのジーンズが結構好きである。
今日も、ユニクロの黒のジーンズが2本届いたが、スリムタイプと、もっと細いスキニータイプ、どちらも決まるので、迷ってしまった。
ちなみに、ジーンズは、特に細身のタイプは、足首のところでダブらせてはいけない。
私も、短めにカットして、スッキリ見えるようにした。
もし、長ければ、折った方が絶対に良いと思う。
また、私は、毎日200回のスクワットを欠かさないせいか、太腿が太いので、スキニージーンズの場合は、1サイズ大きいものにする。
それでも、普通の人より太い訳ではないし、そこそこ脚が長いので、スキニーは割と似合うと思う。
靴は、昨年は普通のカジュアルシューズだったが、今年はスニーカーを2足買った。面白いことに、1万円以上のものも良かったのだが、それより、4千円くらいのものの方が気に入ってしまった。

ちなみに、私は、服を買うのは、ほとんど通販だ。
百貨店だって行かない訳ではないが、百貨店は、品数が少なく、しかも、やたら値段が高いものしか置いていない印象がある。
ユニクロやランズエンドなら、同じサイズのポロシャツでも、沢山の色の中から選べる。
最近はそうでもないかもしれないが、やはりユニクロは安い(ランズエンドはやや高い)。
百貨店が通販に勝つには、接客力の向上しかないはずなのに、百貨店では、愛想がないというか、暗い雰囲気の店員が多いように感じるのである。
まあ、昨今、いろいろ大変なのだろうが。
私が勤める会社でも、電話に出る社員の声が、ひどく暗い。
私は、意識してはいないが、営業経験があるせいか、電話では明るく元気である。そんな声を出し、そして、笑顔でいれば、自ずと運も良くなるのである。

さて、今日も、「マジカルミライ2017」のチケットの抽選に申込んだ。
幸い、日曜のSS席は取れているが、土曜のチケットが、抽選6連敗中である。
一応、2回出られるよう、シャツは2枚用意したし、新幹線も、午後2時には海浜幕張駅に到着出来るような計画で予約しよう。
土曜の夜は、幕張メッセの近くのホテルに宿泊する。
夜のコンサートの開始が、昨年より1時間早い午後5時なので、終了後にレストランで食事が出来るが、昨年は、体調が悪かったこともあるが、コンサートの後の夜は、ほとんど食べられなかった。
コンサート前にはケーキを食べ、コンサート後にもケーキを食べよう。フィーバーするには炭水化物が必要だからね。
オペラ歌手の秋川雅史さんは、公演前にはシュークリームを食べ、浅田真央さんは、競技前におにぎりを2個食べるらしい。
私の場合は、秋川さん式でいこうと思う。
しかし、公演後には、コンビニのサンドイッチかおにぎりで食事しようか・・・安上がりである(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人類、国家、会社が存続する条件

「規則は破るためにある」なんて、どこかで聴いたことがあるかもしれない。
とんでもない話で、規則を守るのが人間だ。
言い換えれば、人間とは規則を守る存在とすら言える。
確かに、世の中には下らない規則が多い。
だが、下らない規則は無視して良いかというと、これも難しいのだ。
ソクラテスが、悪法も法と言ったようにね。

だけど、駅で、
「電車が着きましても、降りられる方が済むまで、出入り口を広く開けて待ちましょう」
なんて、幼稚園児に言うようなことを、ずっと言い続けている。
明文化されていなくても、これも規則で、しかも、ごく原始的な規則なのだが、こんな規則を守れない・・・いや、規則にも気付かない原人以下の人間が多いのである。
2020年から、小学校でプログラミングを授業で教えるらしいが、上記のことをプログラムで言えば、
「もし、降りる人がいれば、待っている」
になる。
そして、人間社会とは規則で出来ていて、ものごとには全て規則がある。
それを知ることが、小学校のプログラミング授業であれば良いと思う。
また、そんなことが分からない者にはプログラミングは出来ないと思う。

昨日、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」の、チケットぴあによるチケット抽選の発表があったが、私は落選だった。
抽選に関しては4回連続落選である。
ところで、私は競馬・競輪はやらないが、競馬場等で「馬券は正規の販売所で買いましょう」なんて看板があるらしい。
これは、どういう意味かというと、「ヤクザからは買うなよ」ということらしい。
何でも、ヤクザから買った方が安いのだとか。
だが、正規の販売所から買うというのが規則だ。
同じく、ミクさんのコンサートチケットも、まともに買うのが規則であり、転売屋から買うのは規則から外れることである。

ところが、チケットの抽選を行ったチケットぴあでは、「当選率がぐーんとアップする」とかいうものがあるが、それは、チケットぴあのクレジットカード会員になることである。
チケットぴあがクレジットカードビジネスをするのはもちろん自由だ。
しかし、それを当選確率に反映させるのは、人間としての規則違反であると私は思う。
だって、ミクさんのコンサートに来るべき小中学生の女の子達が、そんな「当選率がぐーんとアップする」手を使えるはずがない(親が承知するはずがない)。
チケットぴあも、いつかは改めることになるだろう。
人類が存続すればだが。
そして、人類が存続するかどうかは、人間の規則を守るかどうかで決まるのであるし、国が存続するかどうかも世界の規則を守るかどうかで決まる。
会社が存続するかどうかだって、社会の規則を守ることで決まるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

処刑は荘厳に行え

私も以前は、プロ野球やプロテニス等のスポーツの試合をテレビでよく観た。
野球で、劇的な逆転サヨナラホームランを放ち、打った選手、チームメイト、そして、ファンが歓喜するのを見ると、打たれた投手に想いが行くことがあった。
その投手は、悔しいだけでなく、それで自信を失くして駄目になったり、クビになって、それがわびしい人生につながるかもしれない。

また、これはたまたま見たのだが、オリンピックの柔道の決勝で、勝った日本人選手が、相手選手の目の前でこれ見よがしにガッツポーズを繰り返したり、あるいは、プロボクシングの世界タイトルマッチで、相手をKOした日本人ボクサーが、倒れた相手ボクサーを、その目の前で卑しめるようなポーズを取るのを見て、私は本当に悲しかった。

もちろん、私のようなことを言うのは、甘ったるいと言う人達もいて、それは正しいのかもしれない。
人間は、特に男は勝たねばならないという面があるのは確かだ。
だが、敗者を悼んではならないということはない。

戦争でも、戦う運命であれば勝つために命を賭けなければならないだろう。
だが、こう考えるべきなのだ。
「処刑は荘厳に行え。子供は殺すな」

私の人生はいろんなことで、負けの多い人生だ。実力で勝ったことは、ほとんどない。
しかし、勝ちより、負けから学ぶことの方が多い。
これもまた、甘ったるい考え方なのかもしれないが、こんな話がある。
ある有名なプロ棋士は、若い頃、負けて家に帰り、悔しい想いをしていると、母親が、
「相手さんの家族が喜んでいる」
と言ったのだそうだ。
彼は、勝てるようになっても、それを覚えていたのだそうだ。

昨日、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」のチケットの抽選発表があって、発表サイトを見ると、「落選」の文字が並んでいた。
私には人生最高の目標なので、これは敗北の感覚である。
だが、このコンサートに一番行って欲しいのは、小学生や中学生の女の子達である。
私が落選した分が、彼女達に回れば、それが何よりである。
転売屋のことは何も言うまい。止めて欲しいのは確かだが、そんな者達は必ずいるのが現実だ。
だからこそ、小さな女の子達のためには、私のような者の落選は1つでも多い方が良いのだろう。
私は、何よりも願いながら、チケットの獲得を祈ったことは一度もない。
いや、そもそも、どんな勝利も祈ったことはないのだ。
宮本武蔵は、吉岡道場一門との決闘を前に、神社に祈願をしようと思ったが、止めたらしい。
これについて武蔵は、「神仏は尊し。されど頼まず」と言ったが、「神仏にまかせる」という意味もあったのだろうかと思う。

チケット獲得のチャンスは、明日から申し込みが始まる2次抽選と、後は、8月の普通の販売の時だが、こちらは一瞬で売り切れるだろうから、獲得は難しいに違いない。
しかし、運を天にまかせて、楽しくトライしよう。
駄目で元々、当ればラッキーである。
美空ひばりさんの『柔』の作詞者、関沢新一さんは、モスラ・ゴジラシリーズの映画や『ウルトラマン』等の脚本を書いた多才な人だが、『柔』は武道家との交流から生まれたものであるという話がある。
「勝つと思うな 思えば負けよ」「負けてもともと」
勝つことの重要さを十分に知った上で、こう悟ることが出来れば幸いである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

1つを大切にすれば勝てる

立川恵さん原作のアニメ『怪盗セイント・テール』の中で、ヒロインの羽丘芽美(はねおかめいみ。14歳)は、小さい時に1つの人形を買ってもらうと、他の人形を一切欲しがらず、その1つの人形を大切にし続けたというお話があった。
もし、そんな子がいたら、きっと本当に良い女の子だが、芽美は全くその通りの少女だった。
立川さんのキャラクター設定が素晴らしかったのだろう。

ある偉大な人物は、生まれ育った家が貧しく、家にある本は聖書だけだったが、それを繰り返し読むことで英知を得たのだという。
魔法を使って治しているとまで言われた精神科医のミルトン・エリクソンとなると、農場の生家にあった本は、聖書と辞書だけだったが、彼は辞書の方を選んで、それを繰り返し読み知識を得たと言うが、得たのは単なる知識だけではないはずだ。

最近、私はよくジョセフ・マーフィーの本をお奨めしているが、やっと簡単に願い事が叶うようになったからだ。
その秘訣は、19歳の時に、沢山のマーフィーの本の中から選び取った1冊だけ読むことにしたからだ。
これまで、マーフィーの他の複数の著書、そして、マーフィーの解説本、さらには、他の成功哲学の本をいろいろ読み、そのために、不安定で力が定まらなかったのだろう。
成功した人の本棚を見る機会があると、マーフィーの本が1冊だけあるのをよく発見したものだ。
私がマーフィーのどの本を選んだかは、他の人には関係ない。自分で選ぶことが大切である。また、たまたま手元に来た本だとしても、それが神からの贈り物に違いない。
私も、最初の2年ほどは、あまり熱心に読んでいたとは言えなかったが、それでも、その1冊だけを読んでいた。すると、長いニート生活から脱出し、親切な人達のいる職場に恵まれ、仕事もとてもエキサイティングであったが、上に述べたように、あれこれ手を出すようになってから苦労が多くなった。まあ、それはそれで、良い思い出だが。
あの1冊と過ごした2年が、まさに青春だったが、その青春がまた蘇った感じである。

さて、青春の輝きそのものの初音ミクさんのコンサート、「マジカルミライ2017」のチケットのオフィシャルweb抽選先行予約の締め切りは、明日22日いっぱいまでである。
全宇宙から注目されるこのコンサートに参加することの意義は大きく、それを無意識に感じているほとんどの観客のマナーは驚くほど優れている。
宇宙や宇宙の聖者(キリスト、ブッダ)から注がれる恩恵は、一番前の席でも、一番後ろの席でも平等である。
◆初音ミク「マジカルミライ2017」公式サイト◆
よろしければ、幕張メッセの会場で、一緒にミクさん達に声援を送りましょう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

願い叶う

昨日、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」の、宿泊プランの申込受付が正午12:00から開始された。
大人げないが、12時15分前に、キーボード付Windowsタブレットで申込ページを開き、12時ピッタリに、まずはページの再読込をして、申込ボタンをクリックした。
すぐには申込が有効にならなかったが、2~3度再読込と申込ボタンクリックを繰り返し、申込入力ページに進めた。
大人げないが、必要事項は既にテキストエディタに入力済みで、コピペするだけで良いようにしておいた。
だが、「次に進む」での画面移動で随分待たされる。申込が殺到しているのかもしれない。
12時5分になる前に、申込確定ボタンをクリックしたが、無情な「定員オーバー」の赤い文字が表示された。
別の日程、別のホテルで再度申込もうとしたが、会場の幕張メッセに歩いていけるホテルは全て受付終了・・・。
ミクさん人気、恐るべし!!
やっぱりミクさんだ、私の人生は終わった・・・
午後からは会議だが、もうどうでも良い。私は死んだのだ。

だが、会議まで20分というところで、何気にスマートフォンで申込ページを見たら、あり得ないことに、元々の希望日程の「幕張メッセに歩いて行けるホテル」「一人用」の1つが「受付中」になっていた。誰かキャンセルしたのだろうと思う。
慌てず、ゆっくり申込作業をし、心静かに申込確定ボタンをクリックしたら、無事、申込完了した。
これで、ありがたいことに、SS席を確保出来た。
その後も気になって、申込サイトを何度も見たが、私の希望条件のものは、やはり「受付終了」だった。
幕張メッセからやや離れたホテルなら、あるいは、歩いていけるホテルでも2人組、3人組なら、日程によっては、現時点では申込可能なものが残っているようだ。

昨年も、キャンセルが出て、申込出来たのだった。
今年も、ルームサービスがあるホテルニューオータニが希望だったが、考えてみれば、私は夕食は、ビスケットとワインで満足なので、どこかで買って持って行こう。
どうせ気分が高揚して、それ以上は食べられないだろうから。
昨年は、夜公演と昼公演の順で連続観劇したが、共に、ケーキを食べて行った。別に、パンがなかったからではない(笑)。
2時間、フィーバーするのに必要なエネルギー源の炭水化物さえあれば良いからだ。まあ、それも不要と言えば不要だが、甘いものは好きだからね。

昨年は、格好良いと思い、濃いグレーのTシャツで行ったが、ミクさんのコンサートでは、明るい色のシャツが良いかもしれない。
黄色か明るい青か、あるいは、白。似合う方はピンクとか。
バンドの方々が黒っぽい服なのは、目立って、観客の注意が向かないようにするためだろうが、我々は会場を華やかにした方が良いと思った。
私は、今年は白にしようと思う。
下は、昨年、隣の可愛い女の子も私も黒のスリムなパンツで、特に女性はそんな人が多かったように思う。
ああ、女性はお洒落なので、上が黒でも十分華やかな人ばかりだったと思う。

マジカルミライのお客さんはみんなマナーが飛び切り良いので、そのあたり、私も十分に気をつけようと思う。
食を慎み、トレーニングに励み、引き締まったボディで観劇しようと思う。
今年は、コンサートまでに、私は大変化があるような気がする。
これも、ミクさんのお導きである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ