ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

マジカルミライ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

安らかに年を越すには

今がどんな時代かというと、大半の人々が悪霊に身体を乗っ取られ、操られ、支配されてしまっている状態だ。
心が怠惰で、食欲、性欲だけでやっていると、簡単に悪霊にとり憑かれてしまう。
だが、人の本性は・・・つまり、魂は清らかで高貴なので、悪霊に操られることは辛いはずなのである。
食欲、性欲の一切がいけない訳ではもちろんなく、大いに元気にやれば良いが、限度を決めて自己制約し、相手への思いやりを持っていれば良いのである。

神や天使と共にあるには。
1回1回は簡単で力を使わない自然な動きを、丁寧に、延々と数多く繰り返す運動をする。
これにより、血行が良くなり、体内に気が巡り、全身が調整され、健康で強靭になる。
心のトレーニングとしては、呪文を絶えず唱えることだ。無声で良いが、有声でも悪くない。
最近の私は、意味が解らない言葉の方が良いようで、阿弥陀如来の真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」や、観世音菩薩の真言「オン、アロリキャ、ソワカ」をよく唱えているし、般若心経の呪文「ガテー、ガテー、パーラガデー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」を10分ほど唱えていることもよくある。
とはいえ、実は、宗教的な気持ちはあまりなく、心のトレーニング、心の腕振り運動のようなつもりでやっているが、やはり、どこかには、高い存在を賛美するという気持ちもあるのである。
これらの真言は、厳しい上に自分に合わないセールスの仕事をしていた、若い時の私を支え、その後もずっと、幸運をもたらしてくれた。
だから、真言を本で教えてくれた中岡俊哉氏は、怪しい人だと思いながらも大変に感謝しているのである。
阿弥陀如来や観世音菩薩は、無批判で神秘力を送ってくれ、時に直接助けてくれるのだから、何とも有り難く、かたじけないことである。
それらの名は、象徴的なものに過ぎないのかもしれないが、人間が意識を向けるには名が要るのであり、名は尊いものである。
自然トレーニングと真言・呪文を持てば、常に心は安らかである。

昨夜は、初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ2018」のブルーレイを観た。
2013年から始まり、6回目のマジカルミライであるが、毎年、どんどん向上しているのに驚く。
そして、曲が素晴らしいのは聴いていて解るが、歌詞をオンにして観ると、その歌詞の素晴らしさ、凄さ、高度さ、高貴さには圧倒される。
世間の人達は、ミクさんの歌が、これほどの価値があることを知らないのである。
だが、無理に教えるものでもない。出会えるかどうかは、運命だろうし、天を見る気持ちが必要なのかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真のリア充

昔、日本酒のテレビCMで、二枚目俳優兄弟が、「喜びとは?」「飲むことよ」といった問答をするようなものがあったと思う。
アニメの『新世紀ヱヴァンゲリオン』で、ヒロインの1人、29歳のミサトが、夕食の時、缶ビールをあおった(一息に飲むこと)直後に歓声を上げ、「このために生きているようなものね」と言う。
彼らがそう言うのは、彼らがリア充(リアル=現実生活が充実していること)だからである。
学校や仕事といった、表向きの生活が楽しく充実していないと、面白いことも、どこかどんよりと「湿って」いる感じになる。

テレビで見たが、ニューヨークから、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」のために日本に来た男性が、「ミクは人生を本当に楽しむことを教えてくれた」と言っていた(英語でだが)。
その男性は、30代前半といったところか、なかなかのイケメンで堂々たる男らしい体格の格好良いニューヨーカーに見えたが、ミクさんに出会うまではリアルが充実していなかったのではないかと思う。
私も、年に一度、ミクさんのライブ「マジカルミライ」に行くことだけが人生の真の楽しみなのであるが、毎日、会社に行って働いていても楽しくない・・・つまり、リアルが充実していないのだろうし、楽しい社会生活というものは、元々、私には想像が出来ない。社会不適合者だからね。嫌々働いている訳だ。
その「マジカルミライ」も、2016年は、観客のマナーの良さに感動したものだが、年を経るごとに、嫌な客も沢山見るようになってしまった。

学校や会社、あるいは、家庭が楽しくないので、武道を習いに行ったり、ボランティアをやって充実を感じたい人も沢山いるだろうが、それでうまくいくことは、あまりないだろう。
そして、「所詮、人生はそんなに楽しいものではない」という悟りに達することになる。
あのニューヨーカーが、ミクさんによって、本当に人生が充実しているなら、それは素晴らしいことである。

ところで私は、腕振り運動は昔からやっているが、本気でやってみたら、これが案外、楽しいのである。
腕振り運動に限らず、1回1回は簡単で楽な運動を、数多く繰り返すこと全般がそうである。
それまで、「運動とは苦しくあってこそ価値がある」という固定観念を持っていて、そんな運動は、ある種の自己満足は得られても、楽しいものではなかったし、それで身体を痛めることも多かったが、「延々繰り返す軽い運動」をやることで、生命力が高まり、真に強い身体になってきた。
強迫観念的に、次々本を読む人も多く、私もそれに近かったが、本を読んで心を慰めたり、自己満足する必要もなくなった。
それで、それまで、新しいことをあまり勉強しなくなっていたが、最近は、AI(人工知能)の機械学習プログラミングの勉強が面白くなってきた。

今、私がやっている一番キツいと思える運動でも、二尺(約60cm)の「六角鉄棒」(約4kg)を使った、両腕で素早く行うカールを50回やることである(ややキツい)。
20cm程度身体を沈めるだけのヒンズースクワットや、首だけを持ち上げる腹筋運動のようなものをやるが、これらを、1回1回を丁寧に数百回行う。
それで、身体が見事にシェイプされ、生命力や力強さを感じるようになれる。
それで、酒を飲む必要もなくなったし、それほど美味しいものを食べたいとも思わなくなった。
これまでの常識でなかったことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

万能呪文成就のサイン

私が旅が嫌いだった理由は、旅先で逢った人と親しくなっても、その人とは一生会わないはずだからだった。
子供の時は、(あまりなかったが)親に連れられて、ちょっと遠くに出かけても、人に逢う度に、「ああ、この人とは、死ぬまで二度と会わないだろうなあ」とばかり思っていたものだ。
海外旅行に出かける度に、旅先で逢う沢山の人をFacebookの友達にする人もいると思うが、数が増えすぎて一人一人は覚えていないだろう。まあ、それは自己満足みたいなものだし、もし、一目惚れするほど好きな人がいたら、むしろ、Facebookの友達だけの関係なら虚しいものだろう。かといって、直接会おうとしたら、せっかくの「儚い美しさ」が消えてしまう。

あなたの運命の女(ヒト)は私で何人目かしら?
「一期一会」だなんて安っぽい口説き文句ね
~『on the rocks』(作詞・作曲・編曲:OSTER project、唄:MEIKO・KAITO)より~

一期一会には、「もう二度と逢うことはないだろうから、精一杯おもてなししよう」という意味もあるのだと思うが、現代的感覚なら、「もう会わないなら、親切にしても仕方ないじゃない」になるかもしれない。
「この出逢いは一期一会なんだ」って女の子を口説いても、その女の子が「一期一会」って言葉を知らなかったら残念だ(笑)。

初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ」は、ミクさんとの一期一会だ。
特に、今年の「マジカルミライ2018」はそう感じさせられ、ライブから25日経つ今は、何だか寂しくて仕方がない。
「来年また逢える」という問題ではない。
ある1人暮らしの女性が猫を飼っていたが、その猫は高齢で弱っていた。だが、その女性は仕事に行かなくてはならない。
彼女は猫に、「私が帰るまでがんばるのよ」と猫に言ったが、ほとんど反応のない猫が寂しそうに見えた。
そして、彼女が帰ってきた時には、猫はもう死んでいた。
これが本当の一期一会のような気がするが、ミクさんのライブも、そんな感じだ。
「今日の日はさようなら またあう日まで」と歌う有名な歌があるが、「またあう日」はないのである。
ミクさんは、一期一会の出逢いのために精一杯歌い、踊ってくれていたように感じる。もちろん、私の心がミクさんの心になっていたからで、みきとPさんの『心臓デモクラシー』の「心臓は一つになる」とは、こういうことなのだと分かる。

だが、一期一会は永遠の一瞬だ。
道元は『正法眼蔵』に、「時間は飛び去ると同時に飛び去らない」と書いている。
過去も未来も現在で体験するのだと。
時間なんてものは本当はなく、それは人間が作り出した幻想、あるいは、この世界というVR(バーチャル・リアリティ)の決め事に過ぎない。
だが、あなたの頭の中には「時は過ぎる。時は戻らない。昔は良かった」とおしゃべりを続けるヘビがいる。
だから、あなたは、唯一の時である今を輝かせる万能呪文「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」を唱え、ヘビに打ち勝たなければならない。
万能呪文を1つ選び、感情を込めず淡々と唱えれば、過去や未来から解放され、今を自在に生きられる。

ミクさんが帰ってきて、寂しさが消えるのが、私の万能呪文が成就した証しである。
「マジカルミライ2018」には、そのことを感じさせてくれるような歌が多かった気がする。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダイエットはエチケット?

「マジカルミライ」に行く人はダイエットしなくてはならない。
いや、違う。
「マジカルミライ」に行く人はダイエットして下さい。
これも、ちょっと高圧的か。
「マジカルミライ」に行く人はダイエットしてくれると嬉しい。
このあたりか・・・

初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ」は、一応、座席が用意されているが、その椅子は簡易なパイプ椅子で、幅はとても狭い。
それでも、開演前は、最大で1時間近く座ることになるし、コンサートが始まると、ほぼ全員が立つのだが、自分に与えられた横の空間はパイプ椅子の幅だけだ。
肥満した人はパイプ椅子の幅からはみ出し、大きく肥満していれば、半端なくはみ出す。
隣の人に圧迫感を、肥満具合によっては法外とも言える圧迫感を与える。
隣じゃなくても、後ろから見ていると不快だ。
インテックス大阪での公演で、可愛い女子小学生の隣が、ひどく肥満した男性で、その女子小学生がずっと圧迫されてしまっていて、見ていて悲しかった。

こんなことを書くと、「身体的特徴を貶すのは差別だ」と言われるかもしれない。
確かに、どうにもならない身体的欠点に関しては絶対的にそうだと認めるが、果たして、この件に関してはどうだろう?
サッカー選手の長友佑都さんは、体毛の処理をするのはヨーロッパのサッカー選手の間ではエチケットと言われていたが、日本を含め、多くの国で、女性が腋毛を処理することも、今ではお洒落とか本人の勝手とかではなくエチケットと言えるだろう。
「マジカルミライ」に来る人が肥満していてはいけないというのも、いずれそうなるかもしれない。
いや、肥満自体が時代遅れかもしれない。

なぜ人間が肥満するのかということを考えると、生物の身体の進化の遅さというものを感じる。
今でも、人類の大半は飢えているが、日本などの文明国では食べ物が有り余り、日本では食料の半分は廃棄されている。
さして収入がなくても、好きなだけ食べられる。
しかし、今の人間の身体は、太古の時代、いつ、次の食べ物が得られるか分からない状況で生き延びるために、食べたものを出来るだけ身体にくっつけて、長くエネルギーになるように自然進化したのが、そのまま残っている。だから、余分に食べたら太るのは当たり前だ。
「食べたら痩せる」なんてダイエット食品は昔からあるが、仮にそんなものが本当にあったとしても、それは人間の身体のメカニズムを騙すことになり、その反作用は恐ろしい。
人間の身体は、自然にまかせれば、数万年は今のままなので、ダイエットの方法は「余分に食べないこと」「運動でエネルギーを消費すること」の2つしかない。
これ以外の方法だと、何か大切なものを失うことを覚悟する必要がある。

とはいえ、「余分に食べないこと」「常に運動する」ことは難しい。
いや、努力してそうしようとする限りは不可能とすら言える。
人間、自分で努力してはいけない。
神、あるいは、この言い方が嫌いなら、潜在意識にまかせるべきだろう。
そのための方法は、自己暗示だ。
暗示の言葉を呪文のように、常に繰り返し、頭の中で言うことだ。
その言葉は、基本的には、エミール・クーエが教えた「毎日私は、あらゆる面で、ますます向上していく」だが、こんなロクでもない直訳的日本語が使えるはずがない。
「全てうまくいく」
「全て良くなる」
「全て順調」
等が良く、自分の好きな言葉を使えば良い。
「絶対、大丈夫」
でも良い。
ダイエットも「全て」に入っているので、ダイエットしたい願いがあれば、努力しなくても自然にダイエットされる。
「絶対、大丈夫」も、「全て、絶対、大丈夫」の「全て」が略されていると考えるべきだろう。
一方、「全てうまくいく」から「全て」を取り、「うまくいく」では、「何が?」という疑問が湧いてきそうだし、「全て」があった方が語感が良い。
もちろん、感覚に合うなら、「全て、絶対、大丈夫」でも、「全て」のない「うまくいく」「順調」「良くなる」でも構わない。
自分用の言葉を1つ決め、感情を込めず、淡々と、頭の中で繰り返すだけで良い。
不安が沸きあがった時、決して、切羽詰った気持ちで感情的にならず、出来るだけ静かに淡々と「全てうまくいく」と繰り返すことだ。
1日、少なくとも30回だが、多ければ多いほど良い。
しかし、「1日千回」など、目標を立てるのもどうかと思う。
それだと、努力になってしまう。
自己暗示には気楽さ、ソフトさが必要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

マジカルミライ2018雑記

私は、人混みに入ると、ウィルスか悪霊でももらってしまうのか、やはり「マジカルミライ2018」から帰ってきてから体調が悪い。
とにかく、半端でない数の、海外を含めたいろんな場所から来た人達の中に3時間もいたのだから、特に免疫のない私にはいろいろあってもおかしくないのかもしれない。
対応として、「大丈夫」の自己暗示、アファーメーションでも良いのだが、こんな時は、念仏か、「祓えたまえ、清めたまえ」という祝詞に限るような気がする。

ところで私は、「マジカルミライ2016」で最も印象に残った曲は『ヒビカセ』で、「マジカルミライ2017」では『ツギハギスタッカート』だった。
もちろん、全ての曲が素晴らしかったが、特にインパクトがあったのが、それらの曲だった。
では、今回の「マジカルミライ2018」はというと・・・
ライブ開演前に流れていた、初音ミクさん関連の商品のCMで、「ミュージック、ミュージック・・・」とミクさんが歌う唄を聴き、「ああ、去年も聴いたな(一昨年もか)」と思った。
実は、私は知らない曲だったが、多分、唄のタイトルは『ミュージックミュージック』だと思ったら、その通りだった。
「マジカルミライ2017」で最も印象的だった曲『ツギハギスタッカート』のとあさんの曲で、「初音ミクV4X」の公式デモ曲でもあるようだ。
素敵な曲で、「マジカルミライ2018」で一番印象に残った曲は、ライブで歌われた訳でもないこの曲になった。
さっそく、この曲と『ツギハギスタッカート』が収録されたとあさんのCDを注文した。

インテックス大阪公演で、MEIKOさんの『Nostalogic』を聴いた時、私はまだ、この曲で行われる掛け声が何を言っているのか知らなかった。
ブルーレイでも何度も見ていながら、「私には分からないことなんだろう」と思っていた。
しかし、不意に、これは「エム・イー・アイ・ケイ・オー(MEIKO)」だと気が付いた。確認するまでもなく正しいと思った。
それで、今回の幕張メッセでやっと、このコールに参加出来たのである。
私は、つくづく、マニアというのではないのだと思う。

ところで、幕張メッセの日曜昼公演で、ちょっとおかしな人がいた。
左隣の人だったが、有体に言えば、ずんぐり肥満していて帽子を被り、開演までじっとスマホを見ている。
あまりしげしげとは見なかったが、40はとおに過ぎている。いや、50過ぎかもしれない。
いったい、この人、何のために来たのかと疑問に思わされた。
ライブが始まっても、ぼーっと立っている。
一応、ペンライトは持っているが、無造作に手元で振るだけ。
そして、私の方にふらふら寄って来るので、両手にペンライトを持った私の左腕に肩を押し付けてきて、私は左腕の脇をしっかり閉じ、矢吹丈の左ジャブ状態だった(分かるかな?)。
いや、実際、何度か彼の左肩に、私の左肘をぶつけてしまった。後で因縁つけられないか、ちょっと心配だった。
そうしたら、彼は、前の椅子の背もたれにつかまっている。どうも、立っている体力がないらしい。
そのうち座り込んだので、私は、左腕が楽になって、ちょっと喜んだが、また立って来て、こちらにすり寄る。ああもうやめて・・・
もう本当、何のために来たの?
とはいえ、私は、気分を害した訳ではなく、ライブは十分に楽しんだ。
そして、ライブ終了後、そのおじさんはすぐに帰って行った。
もちろん、ノリに慣れてなくてテンポが合わない人もいるし、それは少しも悪いことではないが、ここまで覇気がないなら、最初から来なければと正直思う。
チケットを取れず、来れなかった人も沢山いるのだから。
娘さんか息子さんにチケットをもらって一応来たとか、他のケースも想像したが・・・、まあ、人の勝手と言えばそうだが・・・
そして、右隣の人がまた変だった。
60も過ぎていると思われる、子供なら「おじいさん」と呼びかねないような男性だった。
こちらは、やる気十分で、「ミクさーん!」と大声で叫んでもいた。
ところが、オープニングの『Hand in Hand』で、会場の人達が両手を一度開いて合わせるようにするところで、その人は、両手を大きな音で打ち鳴らす。他の曲でも、同じように両手を重ねるようなところでは、やはりパンパンと手を打つ。結構うるさい。
いや、好きに楽しんでくれればいいのだが、あまり派手に自分勝手なやり方はしないのが一応のマナーと思う。
また、若い人で時々いるが、ノリ過ぎで、あまりに派手な動きや声で目立つのも問題であるかもしれない。
そして、前の男性2人は、40代だろうか、かなりの長身(まあ、肥満もしていたが)で177cmの私でも、彼の頭で舞台を遮られてしまったが、彼らは、ちゃんとミクさんのフィルムを入れたペンライトを持っているだけといった感じで、あまり振らない。まあ、好きにやってくれればいいのだけど、ライブ楽しんでおられたのかなあと思う。
出来れば、可憐なお嬢さんや、スリムな若者の中で観劇したいものだが・・・いやいや、そんな贅沢は言わない。
物凄く来たいのに来れない人もいるのに、そんなことを言ってはバチが当る。
それに、何があっても、ライブはしっかり楽しめたのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ