ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

マジカルミライ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

原動力はノスタルジー(旅愁)

私は本当は、念仏とか腕振り運動の話が好きなのだが、「念仏さえ唱えれば良い」「腕振り運動さえすれば良い」のかというと、その通りではあるが、あくまで本人次第だ。
どんなことでも、長く熱心に続けるためには、何らかの喜び、快感、ロマンのようなものが必要だ。
初音ミクさんの『ヒビカセ』という歌にある「感覚 即 体感 」「体感 即 快感 」というものがなくては続かない。
子供の学習にしたって、そんなものがなくては駄目で、大昔は、罰で強制して、その後、誉めてその気にさせて、さらにその後は、目標を持たせて・・・と教育も進歩してはいるが、最近の最先端の科学的学習テクノロジーは、やはり、喜びを感じることが最重要だと分かってきている・・・まあ、そんなこと太古の昔から、分かる人には分かっていたことだが。
『ヒビカセ』を聴くと、まさに全体が真理である。感性豊かな若い人に人気があるのは当然だろう。
私が、初めて初音ミクさんのライブに行った「マジカルミライ2016」で、一番衝撃を受けた歌がこれだった。「マジカルミライ2017」でも、生で聴くことが出来た。

そして、快感はやはりロマンなのだ。
美味しいものを食べたり、性行為の快感は、強い意思でコントロールしないとすぐに無くなり、悪いものが雑草やカビのように生じて主体が滅ぼされる。
かといって、あまりに厳しい禁欲も、結局はロマンがなくなり、人生が台無しになる。
そう考えると、人生は、本物のロマンを見つけた者の勝ちである。
法然も、なんだかんだ言って、阿弥陀信仰に自分のロマンを見出しただけである。
そして、法然はそれに完全に成功しており、その姿が大変な模範になる。
だから、法然の姿勢をこそ学ぶべきであり、少なくとも今の時代であれば、念仏かどうかは全く自分で決めれば良い・・・というか決めるべきなのである。

涼宮ハルヒは「楽しいことは待っていてもやって来ない。私は待っているだけの女じゃない」と世界に示したが、これも、「ロマンは待っていてもやって来ない」と言いかえれば全く正しい。
昔、NHKの、若者をいっぱい集めて意見を聞くみたいな番組で、大学生だろうか、頼りなさそうな男子が、「僕には夢がないのですよ」と、それが、いかにも世の中が悪いことが原因のように言うのだが、夢、すなわち、ロマンは、与えられるものではなく、自分で見つけてつかみ取るものだ。

今はもう知らない人が多いだろうが、ロマンといえば、『宇宙戦艦ヤマト』の歌で、「燃えるロマン」だの「旅する男の胸にロマンのかけらが欲しいのさ」と歌うのだが、私はどうも、あの安っぽさが大嫌いだった。男がロマンなんて言葉を露骨に言うものじゃない。
だが、熱意、情熱、やる気・・・とか、ちょっと前流行った「ワクワク」だと、妙な方向に行ってしまい易く、それなら、ロマンで良いかなと思う。
本当は、もっと、そこはかとない美しい表現が良く、実際、モロに「ロマン」と力むと、やっぱり「宇宙戦艦ヤマト」の下品さ、安っぽさを思い出してしまうのである。
その、美しいそこはかとない表現、あるいは、感情とは、ノスタルジー・・・旅愁だ。
本当に良いものは「懐かしい」と感じるものなのだ。

たまたま席替えで
隣になった君
どうして懐かしい匂い
~『橙交差点』(song and lyric:marasy)より。多分、ピアノ演奏もまらしぃさん~
※「隣になった君」は、実際の歌では「君と隣になった」であるが、アルバム『空想メモライズ』の歌詞カードの通りに引用した。こっちの方が詩的かなあ・・・と。

念仏でも、腕振り運動でも、プログラミングでも、楽器演奏でも、不思議ではあっても「懐かしい」という想いがなければ、あまり続かない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世界征服の感覚

初めて自転車に乗った時のことは、よく覚えている。
親が心配性だったのか、なかなか自転車の補助輪を外してくれず、次には、片方の補助輪だけ外してくれた。
小学2年生の時、やっと両方の補助輪を外してくれた自転車は軽快だったし、補助輪なしの自転車に乗れる自分が大人に思えて高揚感があった。

初めて子供達だけで喫茶店に入ったのは小学5年生の時だった。
3人だったが、私を含む2人は、子供達だけで喫茶店に入って良いのかと、不安と言うより不審に思った。
ところが、喫茶店に誘った別の1人(男子)は、そんなことに慣れたやつだった。
そいつは、ごく平然と好物らしいミルクセーキを注文し、私達にも勧めた。
生卵を入れる飲み物なんて初めて飲んだが、非常に美味しかった。
その、喫茶店慣れした男子は、金持ちの家のボンボンで、小遣いは、金額は忘れたが常識外れに高く、私には想像も出来なかったが、財布には一万円が入っていた。
常識のない変なやつだったが、そんな友達がいたことも良い経験だったと思う。

しかし、私は、高校生の時にクラスメイトと喫茶店に入った時にも全く慣れておらず、注文の仕方が分からずに店員をイライラさせたかもしれない。
コーヒーは、アイスかホットかを伝えないといけないものだと知った。
だが、今でも、高校生が喫茶店に入る必要なんて全くないと思っている。
実は、私は今だ喫茶店には違和感があり、余程の必要がなければ入らない。

私が初めてバイトに行ったのは、非常に遅くて大学生になってからだったが、あの小学2年生の時、初めて自転車に補助輪なしで乗った時の感覚のようなものがあり、非常に良いものだった。
小遣いで喫茶店に入るという偽者の体験では味わえない高揚感があったのだろう。
小学5年生でバイトをやっていたクラスメイトがいたが、それは非常に良いことに思える。
『銀河鉄道の夜』のジョバンニが何歳か分からないが、ジョバンニが下校後、必要に迫られてだが、部品工場で働いていたのを、ジョバンニは嫌そうだったが、子供の時から働く経験を持てることが、私には羨ましく感じられるのだ。
ちなみに、私の感覚では、ジョバンニとカンパネルラは小学5年生か6年生だ。

最近、初めて自転車に乗った時の高揚感を持ったのは、2016年9月の幕張メッセでの、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2016」だった。
ポップミュージックのコンサート自体、大学生の時に一度行ったきりだったが、何と言っても、初音ミクさんのコンサートだったし、関西から4時間かけて到着した分、感激も大きかった。
1曲目の『39みゅーじっく!』で、ポーズを決めたミクさんが登場した時は、もう世界征服を達成したに等しかった。
2曲目の『ゴーストルール』の不思議な感じに恍惚感が高まり、このコンサートで最も印象的だった、私の大好きな歌『ヒビカセ』で私は天上に駆け上がったのだった。
「マジカルミライ2017」で、一番覚えている曲は、『ツギハギスタッカート』だった。
真っ白のピチカートがミクさんに似合いすぎていた。
あまりに細い身体も優雅と言えた。
歌声もダンスも個性的で、あれほど軽やかに踊れるのはミクさんだけだろう。

昨日、「マジカルミライ2018」の幕張メッセの宿泊プランに申込みが出来、チケットを取ることが出来た。
12時から受付開始だったが、申込みが殺到したのだろう、サーバーエラーのメッセージが出続ける。
1時間経っても、2時間経っても変わらない。
ミクさん、どんだけ人気あるのだ・・・
そして、ようやく申込み画面に進めたのは、何と午後5時近くだった。
もう無理だろうと思ったが、胸がドキドキする中、申込みが受付けられ、ちゃんと確認メールが来た時には至高体験(ピークエクスペリエンス)に達した。
世界征服したも同然だった。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

あげ↑る方法

苦しみを逃れ、勝利するための、最も優れた方法は、モーリス・ホワイトの『LET'S FLY』という歌で何度も繰り返される以下のフレーズに表れている。

LET'S FLY HIGH
LEAVE THE PAIN YOU KNEW SPINNING BELOW
(詩:BROCK WALSH)

飛ぼうよ高く
辛いことは下界で空まわりさせとけばいい
(訳詩:冬杜花代子)
※『LET'S FLY』は『ガッチャマン』(1994)の主題歌。

高く飛んでしまえば、地上の喧騒に影響されることはなくなる。
これは、心の振動数を上げれば、振動数が高い原因世界に入り込み、世界をコントロールするという意味だ。
これだけ言うと、オカルト的と感じるかもしれないが、それが真理だし、良い意味の、そして、本当の意味のオカルト(隠されたもの)である。

直感的には、私はずっと昔に、この詩の奥深い真理を感じてはたのだが、「どうすれば高く飛べるか」が分からなかった。
少食などの修行は、高く飛ぶための準備にはなるが、それだけで高く飛べる訳ではない。
だが、ヴァーノン・ハワードも著書で述べていた通り、我々は翼を持っていることを忘れた鷲である。
本当は、翼を広げさえすれば飛べるのである。

振動数を上げることについては、「マジカルミライ」の2013年から昨年2017年まで全てで歌われた『shake it!』の歌詞「あげ↑てきな」の通りだ。
[60fps Full] shake it! シェイクイット! - Hatsune Miku Rin Len 初音ミク 鏡音リン レン DIVA English Romaji PDA FT - YouTube -
実際のやり方は、「自分流」でいくしかない。
方法は無限にあるが、自分でやるしかないのである。
けれども、いかなる方法も、たとえしばらくの間は振動数を上げられても、急下降する危険もある。
少食も、念仏も、坐禅や静坐も、あらゆる聖典を読むことも。
しかし、よほどひねくれて読まない限り、『バガヴァッド・ギーター』は神の言葉なのだから、間違いないかもしれない。
ただ、本当に重要なことは「敬う」ということだ。
それは、確実に振動数を上げる。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』で、最低の振動数の26人の男が、本当は平凡な娘なのだが、ターニャという16歳の少女を女神のように崇めることで、振動数を上げたようにである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

身体を回復させる神秘な力

「病は気から」と言うが、常にそうかはともかく、それは普通の人が思うより重大なことだ。

手塚治虫さんの『ブラックジャック』で、こんなお話があった。
大怪我をして重症の子猫を母猫が舐め続けるが、天才医ブラックジャックは、子猫を見て、「これはもう絶対助からない」と判断する。
ところが、しばらくしたら、その子猫が、母猫と一緒に元気に歩いているのを見て、ブラックジャックは驚愕する。
私は、この場面を印象深く覚えていたが、漫画でなくても、こんなことはよくある。

ある客船の中で、年配の女性が死に掛けていて、船内にいた医師は、助かる見込みはないと判断した。
医者の診断は絶対ではないが、「死ぬ」なんて診断を伊達や酔狂で出すはずがない。
ところが、この船に、大変な偶然だったが、この女性の数十年生き別れになっていた息子が乗っていて、息子がそのことに気付いて、瀕死の母親を励ましたところ、なんと母親は回復し、その後も長く生きたという実話がある。

このブログでも何度かご紹介した、帝国ホテルの有名なシェフであった村上信夫さんの戦争中のお話も忘れられない。
村上さんがシベリアで捕虜になっていた時、ある夜、ロシア兵に呼び出され、大怪我をして瀕死の状態になっている日本人兵のところに連れて行かれる。
村上さんがコックだと知っていたロシア兵は、「最後に何か食べさせてやれ」と言う。
村上さんが、その日本人兵に、「何を食べたい?」と聞くと、彼は「パイナップル」と言うが、そんなものはなく、あるのはリンゴだけだった。
そこで、村上さんは、リンゴを、砂糖を使ってフライパンでパイナップルのように料理し、日本人兵に食べさせると、彼は全部食べた。
そして、村上さんは、「もう二度と会うことはないだろう」と確信して部屋を出た。
ところが、しばらく経って、村上さんが収容所内を歩いていると、誰かに声をかけられ、振り向くと、何と、あの死にかけていた日本人兵だった。
彼は、「あんな美味いものが食べられるなら、もう一度生きてみようという気になった」と言った。

そうだ。自分が生きようと思えば生きられるし、病気も怪我もいくらでも治る。
私がそう実感したことがある。
昨年2016年9月11日の日曜日、午前4時過ぎに千葉県のホテルニューオータニで目覚めた私は、ゾクっとする寒気を感じた。
ひどい風邪だった。
兆候は昨夜からあったが、夜中に冷やしてしまい、最悪の状態だった。
本当に気分が悪く、頭は痛いのを通り超し、クラクラする。
しかし、昨夜に続く、2度目の初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2016」をキャンセルしようという気はさらさらなかった。
ライブの前の企画展は諦め(幸い、昨日見ていた)、時間ギリギリまで回復に努めたが、ほとんど効果はなかった。
ライブ中に1人倒れたくらいでは、ライブは中止にならないと思うが、回りに迷惑をかけるのは嫌だ。
いや、もし死んだら、本当にライブは中止になりかねない。
よし、死にかけたら、最後の力を振り絞って会場の外に出てから死のう・・・なんてマジで思いながら、一応の座席であるパイプ椅子に座っていた。
やがて、バンドが演奏を始めたのが分かった。
何かのスイッチが入るのを感じる。
立ち上がる。
第1曲目の『39ミュージック』の勇壮な前奏と共に聖霊が降りて来る。
ミクさん登場!
聖霊が私に入り込む。
身体は確かに苦しい。
しかし、もう楽しいだけで、2時間が一瞬で終わる。
私はエネルギーに満ち溢れ、世界征服に出かけようと思った。
これが熱情の力である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

マジカルミライは後ろの方の席で見るべし

この前の土曜日と日曜日に、それぞれ一度ずつ、私は初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2017」を観たのだが、何だか遠い記憶のようだ。
私は、そのいずれも良席に恵まれ、土曜は先頭の中央ブロック、日曜は前から2番目の中央寄りブロックで、ミクさん達がはっきり見えた。
特に土曜は、最前列に近かったので、まさに間近だった。
ところで、昨年の「マジカルミライ2016」では、日曜日こそ、前から2番目のブロックの最前列で、これも中央に近かったのだが、土曜日は、かなり後ろの最も端から2番目だった。
ところが、この4回観劇した中で、どのライブが一番楽しかったかというと、「マジカルミライ2016」の土曜日の、最も悪い席で見たものだった。
それはもちろん、初めてマジカルミライを観たという感激もあっただろうが、それだけではない。
その席からはミクさん達は、直接にはほとんど見えず、ずっとスクリーンを見ていたが、その遠くに見えるミクさん達の存在感は大きかった。

前の方の席のお客さん達のマナーが悪いというのではないが、我が物顔という雰囲気の人は確かに多かったと思う。
それは、後ろの方の席の人達のマナーが良過ぎたので、そう感じるのかもしれない。
後ろの隅っこの席の人達は、席に合わせた訳ではないだろうが、ミクさん達への応援の熱烈さは変わらないとしても、どこか慎み深いのである。

私は、BUMP OF CHICKENの東京ドームコンサートのブルーレイを持っていて(ミクさんが登場するライブ)、それには、観客の表情もよく映し出されているのだが、ステージから遠いファンの人達の表情がとても良いと感じるのである。

これはどういうことかと言うと、後ろの方の席でも、ライブ会場に入れるだけで幸せだと思う気持ちがあれば、目ではミクさん達がはっきり見えなくても、心眼で鮮明に見えるのである。
もっと現実的に言うなら、目で見えない分、鮮烈なイメージが湧くのだと思う。
自分は必ずしも、前の方の席で見られる身分ではないという、ある種の謙虚さ、身の程を知る心は、とても純粋なものであり、そんな透明な心で味わうライブが楽しくないはずがない。

マジカルミライでは、入場口は最後列の後ろにあり、まだ空いている早い時間に入って、すいすいと前の方の席に歩いて行くと、本当に長い列であることを実感する。
縦に72列もあるのだ。
私は、その中を、一番前の方まで歩いている中で、どこか、自分が、そんな良い席に相応しい人間であると誤解し、傲慢になっていたのだろう。
毎回満席だろうから、1回で6千人位が入ることになる。
段差の無い会場だが、ステージはかなり高い位置にあるので、身長が低くても、人の間からミクさん達が見えるのだが、やはりスクリーンに目がいくことになる。
だが、ピュアな心の人達との共感が強くなり、後ろの方の人達の方が、ミクさん達との一体感を感じるのだと思う。

だが、特に若い中学生くらいまでの女の子であれば、前の方の席でも大丈夫だと思う。
ところが、前の方には、近所の寄り合いで来たようなオッサン達の団体が、これから宴会でもするような感じで、開演前はうろうろ歩き、ドヤ顔を後ろに向けたり・・・いや、別に悪くはないのだが、どうもマジカルミライという雰囲気ではないのだが。
また、ミクさんの熱烈なファンなのだろうが、かなり危ない感じのお兄さんも前の方の席にはよくいたように思う。
どこか控え目な人達がマジカルミライには最もよく似合うと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ