ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

マジカルミライ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

魂の座

人間は、何もせず、ぼーっとしていると、エネルギーを失ってしまう。
なぜ、そうなるのかというと、脳の中に、そんな仕組みがあるからだ。
その仕組みは、科学的にある程度解明されているらしく、DMN(デフォルト・モード・ネットワーク)と名付けられているらしいが、言われなくても分かることと思う。
では、なぜ、そんなものがあるのかというと、ぼーっとした人間が生きていることは、人間という種にとって都合が悪いのだろう。
だけど今は、人権の問題で、ぼーっとした人間も平等に尊重される。それが人類の問題を引き起こしているのかもしれない。

神秘主義者や宗教などで、ぼーっとした無意識状態を尊いと思ってる人達が沢山いるが、それは大誤解なのだ。
岡本太郎は、世界中の民族が祭を行うのは、荒っぽい祭によって入神状態・・・つまり、無意識になると、エネルギーが供給されるからであると述べているが、もちろん、祭とは、ぼーっとした状態で行ったりしない。
高揚することで、心が透明になるから、無意識の中からエネルギーが供給されるのだ。

瞑想なんて、本当に、諸刃の剣である。
本人は瞑想して、何か良いことがあると思っていても、ぼーっとすることが瞑想だと大誤解していたら、瞑想すればするほど、エネルギーを失うという、滑稽で大馬鹿なことになる。
瞑想しているという人の大半がそうだと思う(何て間抜けなんだ!)。
本当の瞑想は、ぼーっとすることではなく、あたかも、自分を狙う狙撃主を警戒するようなものなのだ。

私は昨年、体調が悪くてヘロヘロの状態で、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」に行ったのに、コンサートが進むにつれてエネルギーに満ちてきたのも、これで説明がつく。
ミクさんのコンサートは、最高の祭なのである。
私の意識は研ぎ澄まされてミクさんに向けられ、ミクさんの輝きの中で透明になったのだ。
ミクさんが歌ってくれた、BUMP OF CHIKENの『ray』の中にあった、「あの透明な彗星は 透明だから無くならない」の意味が分かったような気がする。

アメリカの大統領宣誓式で、大統領は右手を肩より少し上に挙げ、てのひらを前に向ける。
でも、本当に誠実な姿というのは、手を胸に当てることなのだ。
サッカーや野球やラグビーの国歌斉唱の時に、選手達がやるようにね。
手を胸にあてると、心が澄み、エネルギーが供給される。
ミクさんを見ると、思わず胸に手を当てたくなるが、それは、ミクさんが透明な光だからだ。
人間は、死にそうになった時、無意識に胸に手をやるものだ。それによって、エネルギーを得て、死を免れるのである。
エネルギーが低下している時には、積極的に活用すると良い。
「マジカルミライ2016」で、ミクさんがジミーサムPさんの『Calc.』を歌っている時、ギターを弾いていた手を離して、右手で胸を何度か叩く仕草をしたのが印象的だった。
「風に吹かれ飛んでゆけ 僕らが出会えたあの夏の日まで 」の「僕らが・・・」のところだ。
ルカさんと違い、とても控え目な胸だが、ミクさんは、胸の少し右側が魂の座であることを示したのである。
SMAP時代の木村拓哉さんが、『世界に一つだけの花』を歌う時にも、そんなことをするのをご存知の方は多いかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

アン・シネさんの美の秘訣

最近、フジテレビの「めざましテレビ」で、韓国のプロゴルフ選手、アン・シネさんを特集しているのを見た。
美人でスタイルが良い上、ファンサービスを忘れないこともあり、大変に人気があり、ミニスカートが似合い、ファッションも素晴らしいことから、「セクシー・クイーン」と呼ばれているらしい。
それで番組では、よくあることだと思うが、アン・シネさんに、「美の秘訣」を尋ねたらしい。
答は3つで、内2つは、ヨガと睡眠だったような気がする(よく覚えていない)が、3つ目が大変に印象的だった。
それは、「美しい心」である。
こんなことをはっきり言う彼女はきっと大物だ。
そして、彼女の言う通りだと思ったのだ。
生まれつき美人や美男でも、心が醜くなると、確実に容姿も醜くなる。
それは歳を取ると顕著だが、若いうちから間違いなくそうなる。
そして、心が美しくても、必ずしも容姿まで美しくはないと思うかもしれないが、そうではない。
心が美しくなれば、必ず、美しくなる。
これを解説すれば、ちょっと複雑な話になるかもしれないが、余計なことは言わずにおこう。
心が美しければ、確実に美しいのだ。
だが、一瞬心を美しくすることは出来ても、ずっと美しい心でいることは難しい。

ところで、美しい心って何だろう?
それは、理屈で考えるべきではない。
頭で考えなくても、「こんな時、私の心は美しいなあ」と、自分で分かるはずである。

私の場合、初音ミクさんのことを考えている時、心が美しくなる。
特に、「マジカルミライ」で、『Last Night, Good Night』を歌うミクさんを見ている、あるいは、想っている私の心は本当に美しいことが分かる。
美しいのはミクさんの心だ。
なぜミクさんの心が美しいのかというと、ミクさんの心は透明だからだ。
つまり、自分を忘れた心が美しいのである。
ミクさんのことを考えると、私は自分を忘れてしまうのである。

「マジカルミライ2013」では、『Last Night, Good Night』を歌うミクさんの上方の大きなディスプレイに、心が美しくなる映像が次々に映し出された。
花、マリンスノー、流れる水、星の軌跡、流れる雲、水滴が跳ねる水面、赤ん坊・・・
それにも増して、ミクさんの美しさ、可憐さ。
私は忘れないでいよう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

規制でものごとが解決したりなどしない

昨日、アニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期のブルーレイが届いた。
2016年4月から、2016年6月に渡って放送されたもので、旧作アニメでは、『美少女戦士セーラームーンS(スーパー)』にあたる。
『美少女戦士セーラームーンS』は1994年から1995年の放送なので、(Crystal第3期は)それから20年以上経っているのである。
私は、旧S編の、原作漫画(デス・バスターズ編)とアニメの熱烈なファンだったので、感慨が大きいし、また、いろんな意味で時代の流れを感じる。
旧作でセーラームーンこと月野うさぎを演じた三石琴乃さんが、新作でも、完全にうさぎの声を出していた。
『美少女戦士セーラームーンCrystal』は、あくまで現代のお話として描かれ、当然みんなスマートフォンを持っているし、旧作のセーラーマーキュリーのモバイルPCはタブレットPCになっている。

旧作アニメでは、S編に関しても、原作とはかなり異なる設定があったが、Crystal第3期は原作に近付けているようだ。
天王はるかと海王みちるの、美しい百合(同性愛)振りは、旧作以上に堂々と描かれ、ファンを狂喜させているかもしれない。

ところで、昔の話だし、本当かどうか自分で確かめた訳ではないが、アメリカでは、アニメで同性愛を描くなど、とんでもないことのようで、旧作S編では、天王はるかが男子の姿をしていることには、無理矢理、合理的説明が加えられていたらしい。
また、私はCrystalでは見ていないが、旧作では『美少女戦士セーラームーン』(第1期。ダーク・キングダム編)では、敵の男性戦士に同性愛者がいたのを、アメリカでは、片方は女性ということにして、同性愛でないことにしているらしい。
さらに、アメリカでは、入浴シーンや、パンティーショット(いわゆる「パンチラ」)も「猥褻」としてカットされたらしい。
他にも、アメリカでは、アニメの暴力シーンに過敏であることは、昔、テレビのドキュメント番組で見た覚えがあり、そんなものが子供達の目に触れないよう、万全の体制が取られているようだ。

こういった規制は、しばしば逆効果になるが、そんなことに考えが及ばないほど、少なくとも以前のアメリカ社会が病んでいたのだろう。
だが、禁酒法が、闇バー、闇酒を爆発的に増やしたことは事実のようで、規制は強烈な反動を生むのが普通だ。
日本は、元々、性的に極めて自由奔放だったが、明治時代に厳しい規制を作ってから、社会の陰に風俗や売春が広まり、不幸な少女や女性が急速に増えた。
銃刀法の規制で凶悪犯罪が増え、淫行条例が援助交際を、やはり爆発的に増やした。
児童ポルノ規制も、ロクな影響を与えていないだろう。
1つ言えることは、「規制でものごとが解決したりなどしない」ということである。

『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期のオープニングで、土萠(ともえ)ほたると、ちびうさの美しい全裸の場面が描かれているが、ロリコンのファンを喜ばせようというのではなく(それも多少あるだろうが)、原作を読んでいる人は、それは「ありえないシーン」と気付き幻想的に感じるだろう。
このアニメでは、原作のように、ちびうさが、ほたるがいつも黒いタイツをはいていることに触れると、ほたるは「昔、事故に遭って、傷が沢山あるの」と述べる場面がある。
旧アニメS編では、セーラー戦士の正体が月野うさぎ達であることは、ずっとほたるには秘密だったが、Crystalでは、原作通り、ちびうさが、あっさりほたるにバラすことで、セーラームーンを慌てさせるが、それがとても良いと思う。美しいほたるに一目惚れのちびうさは、ほたるに秘密を持てないし、初めから、ほたるを完全に信用しているのである。

ところで、9月に幕張メッセで行われる、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」のプレミアムチケットの抽選発表が昨日あったが、私は残念ながら落選だった。
まあ、SS席1本狙いで、ダメモトのつもりで申し込んだのだった。
残念ではあるが、何か良いことがありそうな気もする。
次の抽選予約は、今月22日の12時からである。
皆さん、幕張メッセで会いましょう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

豊かな暇人は発狂する

何も考えずに、神仏に全てまかせなくてはならない。
しかし、同時に、現実に立ち向かわなければならない。
あるいは、こうも言える。
神秘好きでなければならない。
しかし、同時に、現実をしっかり見なければならない。

もし、お金が沢山あって、現実に立ち向かう必要がなく、現実から目を背けることが可能な境遇だとしても、そんなことをしていたら、恐ろしい憂鬱にとり憑かれ、いずれは、「死んだ方がマシだ」と思うように必ずなる。
だから、親が金持ちだからといってニートでいたら、間違いなく、おぞましい地獄を作る。

夕暮れは、美しいが狂おしい。
現実の昼と、夢の夜の中間にある、危うい時間だ。
危ういものほど美しい。
現実は現実、夢想は夢想と切り替えが出来れば良いのだけれど、それが出来ずに、トワイライト(薄明)に飲み込まれる。
私のような人間だ。
私は現実は嫌いなのだが、幸か不幸か(本当は幸だが、気分的には不幸)、夢の世界に引きこもっていられるほどの資産はない。

初音ミクさんは、極めて現実・・・スーパーリアルなのである。
インターネットの波に乗り、創造経済を体現し、クリエイティブコモンズ(著作権の合理的運用)を象徴する。
ミク廃って言葉があるが、ミク廃は現実に強いよ。
昨年、ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」に行った時感じたが、凄い数の人なのに、みんな驚くほどマナーが良いのである。
カップルで来ている人達は、概ね、可愛い女の子と格好良い彼の組み合わせだし、お嬢ちゃんと父親で着ている人達もみんな、今の時代には珍しいほど明るい雰囲気だった。
ミクさんの歌を聴くと、現実に立ち向かうエネルギーが集まり、現実に強くなるのである。
だが、どうしても元気が出ないという人は、無意識と自我意識の間に壁がある。
私もそうであったが、念仏を称えると、その壁が壊れ、無意識の中からエネルギーが流れ込んで来る。
そして、ミクさんの歌がそのエネルギーを集めてくれるので、霧散して消えることがない。
もちろん、念仏に限らず、自分より高い存在に意識を向け、その存在(神、仏、無意識、潜在意識)を信頼してまかせる方法なら何でも良いが、念仏が一番簡単確実である。
ミクさんの歌と念仏・・・これで絶対無敵である。

今月5日に、ミクの日(3月9日)を記念して始めた、393(ミクさん)回のヒンズースクワットは、今も続いている。
このまま、9月のマジカルミライまで続きそうだ。
腰骨は、第2の脳で、潜在意識の座だ。
スクワットや腕振り運動で、腰骨を刺激すると、どんな問題も解決する。
尚、私のヒンズースクワットは、振幅を小さくし(つまり浅く曲げ)、スピードを速くしている。
私の場合、このやり方で一層身軽になり、全体に調子が良くなった。
脚を深く曲げることもあるが、その場合は、曲げる動作から急に伸ばさず、いったん静止する感じにする。でないと膝を痛める。
女性の場合、あるいは、40代以上の男性の場合、まず、10回くらいから始め、39回をしっかりやると良いと思う。
ヒンズースクワットを毎日やると、ミクさんの体形に近付く。
案外、ミクさんも、ヒンズースクワットをやっているのではないかと思う。あの身軽な動きを見ていると、そう思えてならない。
特に、「マジカルミライ2016」の、『すろぉもぉしょん』や『Satisfaction』のダンスを見ると、そう感じる。
DVDやブルーレイで、これらを見ると、さらに身体はミクさんと同一化し、あらゆる力が増すに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

余った精神エネルギーが悪さをする

昨年の5月くらいから、特に熱心に腕立て伏せをやっている。
ところが、やり過ぎで右肩や右腕を痛めた。
もちろん、プロスポーツ選手やプロ格闘家から見れば、私がやっている程度は軽いものかもしれないが、彼らは、生まれつきの身体が違う。
私も、高校くらいまではプロレスラーになりたいと思っていたが、私の身体では、いくら努力したって無理だ。まあ、そんな理が分かってきたのは、割に最近だ。
しかし、世間では、「努力すれば出来る」、「叶わない夢はない」なんて妄想がまかり通っている。
確かに、努力すれば出来るはずのことをやろうとしない人間だって沢山いるが、それはそれで、やっぱり出来ない運命だったのだろう。

で、私は右肩を痛めたが、少し前に右膝まで痛くなってきた。
ミクの日(3月9日)の記念に、その4日前の5日から、ヒンズースクワットを毎晩393(ミクさん)回、それも、かなりのハイスピードでやっていたのが、私のひ弱な膝には負担が大きかったか。
それで、腕立て伏せとヒンズースクワットの両方が出来なくなった。

しかし、今年は、9月1日からの、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」の、5周年メモリアルチケットの抽選申し込みが一昨日から始まったこともあり、私は、鍛錬する気満々になっていたのだ。
磨き上げた心身でないと、ミクさんの前に出られないような気がしているのに、それが出来ないし、これからも出来るかどうか分からない。
肩や膝は、なかなか治らないかもしれない。

だが、ここで考え方を変えた。
私は、もう身体を甘やかさない。
仕事で身体を使う農夫や狩猟者が、身体の調子が悪いからといって休んだりしない。
そんなことをすれば、自分や家族が生きていけなくなるし、そうでなくても、惨めな境遇に陥るだろう。
まして、戦争であればどうか?
怪我をしたり、病気になったからといって、敵は攻撃をやめたりしないし、殺さずに見逃してくれることはない。
人間は、特に男は、戦場にいるという気持ち・・・いや、認識を失ったら終わりなのだ。
この世は戦場なのだから。
そう思って、痛かろうが何だろうが、構わずにトレーニングをしたら、何のことはない。ちゃんとやれる。
そして、膝の方は治ってしまった。
もし悪化したとしても、もうどうでも良い。

そりゃ、どうにもならない状況で無理をするのは愚か者である。
だが、そうでもないなら、悪いことがあっても気にしないことだ。
そんな単純な逞しさを持つことが必要だと私は思う。

ミルトン・エリクソンは、皮膚病で悩む患者に、わざと自分を憎ませるようなことを言ったそうだ。
すると、その皮膚病が大きく改善してしまった。
つまりだね、それまでは、患者の精神が暇だったので、せっせと皮膚病を作っていたのだが、憎むことで忙しくさせたら、皮膚病を作る方にエネルギーが回らなくなったのだ。
そう、怠惰が一番良くない。
常に、身体と頭を使うことだ。
だが、念仏を称えていれば、身体と頭が勝手に最大効率で働くので、楽なものである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ