ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

マインドフルネス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

人間は呼吸で決まる

「マインドフルネス」に興味を持つ人が増えているが、全体で言えば、ごく一部だろう。
この言葉をネットで検索しても、難しいことが書いてあり、どうもこの点、日本人は精神的なことが下手だ。
マインドフルネスとは単に、精神を自然な状態・・・つまり、「今」「ここ」に生きるのに適した状態に置くというだけのことで、別に、特定の方法がある訳ではない。
Googleでは、かなり以前からマインドフルネスを重視し、社内で特別な指導も行われてきたことが、Googleの良い形での発展に貢献しているのかもしれない。

心身に健全な成長をもたらす助けになるものは全てマインドフルネスであり、マインドフルネスが誰かの専売特許である訳ではない。
だがもし、「いや、それはうちの登録商標だ」「うちはマインドフルネスと違う」と言うなら、あまり信用しない方が良いかもしれない。

しかし、考えてみれば、「マインドフルネス」という言葉すら必要ない。
「瞑想」と呼ぼうが「ヨーガ」と呼ぼうが、心身を自然の状態に導くものであれば、何と呼ぼうと構わないはずなのだ。
私も、一応、マインドフルネスと言うが、この言葉が歪んで使われたり、商売に使われるようになったら、さっさと捨てる。
呼び方はどうでも良いのである。

「マインドフルネス」も「瞑想」も同じである(なんて言うと、文句を言う者は多いだろうが勝手にどうぞ・・・だ)。
無理に定義すれば、「マインドフルネス」とは神の心と解け合うことだ。
そして、これをしないと、ちょっとまずいのだ。
ラルフ・ウォルドー・エマーソンが、
「私の魂に神の魂が溶け込み、神の魂に私の魂が溶け込む」
といった表現をしたらしいが、これが、「瞑想」であり「マインドフルネス」であり、あるいは、「ヨーガ」である。

「瞑想」や「マインドフルネス」のやり方は無限にある、それらの間に優劣はない。
額に意識を集中し「アウム」のマントラ(真言)を唱えるという人もいるし、ラーマやクリシュナといった神の名を唱え続ける人もいる。
だが、宗教心を持たない日本人にとっては、私が昨夕ご紹介した「GeniLax」という、J-DATA社が開発した無料のスマートフォンアプリを使うのが最上かもしれないと思い、私も昨日から使っている(下リンク参照)。
◆GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ
クリント・イーストウッドやポール・マッカトニー、あるいは、キャメロン・ディアスらはTM(超越瞑想)を熱心にやっているという話があり、やや高額だが、興味があれば試してみれば良い(私は止めたが、個人的な理由だ)。

私が気に入っている方法に、「キリストのように呼吸する」というものがある。
これは単に、自分のイメージに従ってやるだけだ。
簡単に言えば、「イエスだったら、こんな呼吸をしているだろう」と想像し、それを真似て呼吸するのである。
もちろん、釈迦のファンなら、「ブッダのように呼吸する」になるだろう。
あるいは、「命がかかっているように呼吸する」というのもあるらしい。これも、なかなか良いと思う。
イメージ出来るなら、「天使のように呼吸する」「進化した宇宙人のように呼吸する」「太師(マスター)のように呼吸する」など、何でもありだ(笑)。
「幸福な億万長者のように呼吸」すれば、そのようになれるに違いない。
人間は呼吸で決まるのである。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、難しい理論なしで、実用的なAIを自分で作れるようになることを目指します。
AIを作るのに大切なことは、自分の問題を予測問題に捉え直し、データを必要な形に整える能力です。
それは、Excelを使える程度のスキルがあれば、誰でも身に付けられます。
逆に言えば、数学やプログラミングが出来ようが、難しいAI理論を語ることが出来ても、それ(問題を予測問題に捉え直す等)が出来なければ役に立つAIは作れません。
この本では、誰でも馴染みのあるテーマで入門し、面白いテーマでAIを使います。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料でダウンロード出来ます。

瞑想は必要かもしれない

瞑想をしない成功者はいないなんて言葉を、いろんなところで見たような気がする。
ただ、ほとんどの場合、それが、どんな調査により分かったことなのかの説明がなかったので、疑いを感じることが多かった。まして、そう言ったのが、瞑想の指導でお金を取る団体の関係者だったら笑い話である。しかし、覚えている限りそうでもなかった。
ただ、少し前から、マインドフルネスというものがよく知られるようになり、Googleあたりでも、広く取り入れられているという信憑性ある書籍を見て、瞑想のような精神ケアも必要なのではないかと思うようになった。

実のところ、私も昔は、瞑想というものに、相当取り組んでいた。
いろいろな瞑想に関する本を読んで試してみたり、世界中の著名人が行っているというTM(超越瞑想)を習いにいって、1年以上、真面目にやっていたが、これ(TM)は、ある理由があって止めた。
政木和三さんが発明した、パラメモリは、ヘミシンク効果を利用して脳波を、アルファー波やシータ波に導く装置で、自然に瞑想が出来るので、これは盛んに使っていた。
パラメモリは、アルファシータやバイオソニックという新しい製品になったが、中身はだいたい同じなのだと思う。
しかし、これらの装置は、販売が終わってから相当時間が経ち、現在では入手は難しいだろう。
しかし、J-DATAという会社が、パラメモリと同じ効果を出せるスマートフォンアプリ「GeniLax」を開発して無償公開してくれている。
詳細は、次のリンクを見ていただきたい。信頼出来るアプリだと思う。
◆GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ

私も、パラメモリの効果は理解しているつもりだったが、十年ほど使っていないような気がする。
そして、瞑想もしなくなった。
このブログでよくご紹介している、呪文や念仏はよく唱えているが、それは、何か別のことをしながらのことが多く、瞑想といったものではない。
それで、どうも最近、心の安定性を欠いてきたように思えるので、やはり、瞑想は必要かもしれないと思うようになった。
今日から、毎日、10分でもGeniLaxを使おうと思っている。













当ブログ著者、KayのAI書。
これまで、データから有益な推測をするためには、高度な統計手法を使う必要がありました。
まして、ビッグデータとなると、大量のデータが必要な上、その分析となるとデータサイエンティストでなければ不可能でした。
しかし、機械学習・ディープラーニング型AIであれば、AIが分析してくれますので、人間がやることは、データを機械学習向きに整えることです。
だから、AIはExcelが使える程度のスキルがあれば、やり方さえ分かれば、自分で作ることが出来、AIによる有益な推測結果を得ることが出来ます。
この本では、足し算や掛け算といった、誰でも馴染みのあるものをAIに教えることで、誰でもAIの作り方を理解出来ます。
そして、応用編では、「モンティ・ホール問題」などの面白いテーマを使い、問題をAIに解かせる方法を理解します。
ほぼ全ての実習をするためのデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を出版社サイトから無料ダウンロード出来ます。

単純な勝利の極意

まだ島田紳助さんが司会をされておられた番組だったが、がんばる老人みたいな企画があったと思う。
その中で、80歳を越えたおばあさんが、何kgだったかは覚えていないが、若い男性でも大変そうな重いバーベルを背負って、スクワットを数回やって見せた。
それを見て、島田紳助さんはおばあさんに優しく微笑んで誉めた。もちろん、彼は、あの時は、そうするよりなかったのだと思うが、私は心の中では、紳助さんは「無茶をするな、馬鹿!」と思ってくれていたことを願った。そして、テレビカメラの前で、いつもより張り切っていたはずの、あのおばあさんが身体を壊していないことを祈った。
本当に、馬鹿なトレーニングだ。
超一流のアスリートですら、普通の選手がバーベル等の器具を使う中で、自分の体重分の負荷しか使わないトレーニングをする人が多いというのに。

アメリカの雑誌か何かに書かれていたのだと思うが、イチローのトレーニング風景を見た記者の印象をまとめたものと思われる「イチローのストレッチは永遠に続く」というタイトルの中に、優れた修行、訓練の奥義が表されていると思う。
もっと正確に言うなら、「丁寧に数多く繰り返す」だ。
そのためには、数多く繰り返すことが出来るよう、1回1回の負荷は適度でなければならない。つまり、本人にとって軽い負荷でなければならない。
そして、最も大切なことは、その1回1回に意識を込めることだ。
1回1回に意識を込めないいい加減なやり方だと、数多くやるうちに変なクセがついたり、身体に歪みが出るし、そもそも、1回1回に意識を込めないと、すぐに飽きてしまう。
腕振り運動のような簡単な運動が続かない人というのは、うわの空でやっていて、丁寧さ、真面目さに欠けるのである。
そもそも、腕振り運動の良さは、運動という点と共に、「注意を持続する」ことで心を訓練することにある。
元Googleの技術者であったチャディー・メン・タンが開発したSIYという、マインドフルネスの訓練の中にある、「呼吸を意識する」のも、全くその目的で行うのである。

私も何度も経験済みだが、スクワットや腕立て伏せは、1回1回をちゃんと意識して、丁寧に真面目にやらないと、身体を強くするどころか、身体を痛め、壊してしまう。
高校野球のエースピッチャーだった人に、「腕立て伏せは10回で良い」と言われたことがあるが、彼も、きちんと意識してやっていたからエースになれたのだろう。
また、ヨーロッパで活躍するサッカー選手が、テレビ番組の中で、腹筋運動が好きだというので、司会者が「何回やるのですか?」と尋ねると、誰もが、数千回とか言うのを期待したと思うが、彼は平然と「20回くらい」と応えた。
ある意味、身体の訓練は「ついで」、つまり、付属的なところもあり、一番鍛えなければならないのは心であり、具体的には注意力である。

私は少し前から、ジョセフ・マーフィーの1冊の本を、1日1章だけ読んでいるが、その少ない文章を丁寧に注意深く読んでいる。
すると、以前読んだ時の数百倍のことが解るように感じる。

丁寧に、真面目に、注意深く、正確に・・・これは、大衆の習慣と真逆の心構えである。
だが、これらの中に単純な真理がある。
大衆である世間に流されると、必ず地獄に行き着く理由はこれである。
これらを大切にすることが、「世の中に勝つ」ことである。
私は、イエスが、「私はこの世に勝った」と言ったことを思い出すのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間と宇宙の秘密を解く鍵

いつも見ている物や風景なのに、生き生きとした情感を感じたり、不思議な魅力を感じたり、あるいは、圧倒的な存在感で迫って来ることがあるかもしれない。
ある詩人は、いかなるものでも、新たな目で見れば美しいのだと言った。
新たな目・・・これが人間と宇宙の神秘を解く鍵である。
新たな目とは、新鮮な意識であり、使い古された習慣的な観念に汚されない心である。
手入れのされていない鏡は、汚れ、ぼんやりとしか映さないが、その鏡を磨くと、映った像の鮮明さに驚くが、我々の意識も、汚れた鏡のようなものである。
だが、その気になれば、一瞬で我々は、磨かれた鏡のように、ものごとを捉えることが出来る。

アラビアのロレンスとして知られるT.E.ロレンスは、朝起きても、思考がなかなかやって来ないことがあるが、そんな時には、砂漠を荘厳な存在に感じると言う。
コリン・ウィルソンの本によく書かれているが、ある平凡な主婦は、朝食を食べている夫や子供を見ていた時、不意に、鮮烈な幸福感を感じたと言う。
これらも、先に述べた、「新たな目」で見た時の、「当たり前」の感覚である。

新たな目を持てば、我々は幸福であり、世界は楽園である。
そして、それは簡単なのだ。
好きな子に対し、純粋に親切にするように、意識的に、注意深く振舞えば良いだけのことだ。
だが、それだけのことの探求に、コリン・ウィルソンは一生かかかって、多分、失敗したし、ヴァーノン・ハワードは何十年も説き続けた。
昨今は、「マインドフルネス」として、人類は再発見しつつあるが、ほとんどの人には無縁である。

どんなに素晴らしいものでも、初音ミクさんですら、曇った鏡のような心で見れば、色褪せてしまう。
新たな目で見る単純な公式はないが、そんなものすら不要なほど簡単なのだ。
普通の人は、単にそれをしないだけだ。
そして、あまりに長い間、それをしていないと、それを取り戻すために訓練が必要になる。
家庭や学校やテレビや会社は、我々の心の鏡を曇らせ、新たな目を奪ってしまった。
だから取り戻すのである。

歩いている時、歩いていることを意識すると、歩くのが好きになる。
食べている時、食べていることを意識すると、美味しくなる。
見ている時、見ていることを意識すると、時間が消える。
呼吸を意識すると、神の存在を感じる。
だから、出来るだけ呼吸を意識することだ。
集中して・・・つまり、丁寧に、「神」とか「ミク」と心で称えることも良い。
それらの尊い言葉を敬虔に称えた時、心に何が起こるか観察すると良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

変化は静かに起こっている

スーフィー(イスラム教神秘派)の格言、
「神を信用しろ。だが、駱駝(らくだ)はつないでおけ」
という言葉に、私は、現実的でありながら深い英知を感じるが、これが本当はどんな意味なのかは私は知らない。
普通に考えれば、イエスが言った通り、神は親以上に我々一人一人を気遣っておられるのだから、何も心配する必要はない。
しかし、だからといって、驢馬をつなぎもせずに、「神様が見ていて下さるだろう」と思ってはならない。
自分でつないでおけば済むようなことまで、神を頼ってはいけない。
つまり、人間は怠惰であってはならない。
私は、そんな単純な意味に捉えている。
そして、世の中には、驢馬をつながない人だらけであることが分かる。
しかも、彼等は神を信用していないのだ。

人によって、驢馬をつなぐという意味は異なる。
ある人にとっては、仕事を一生懸命にやることだろう。そうすれば、豊かな生活は神様が保証して下さる。
ある人にとっては、トイレのスリッパをきちんと揃えて出ることだ。そうすれば、神様は平穏な暮らしを下さるだろう。
作家の村上春樹さんにとっては、作家になる前の若い頃、原稿用紙1日10枚をノルマに文章を書いたことかもしれない。それで、神様は人気作家にして下さった。
あるエッセイストは、会社をやめ、相談業(カウンセラーのようなものか)の看板を上げたが、客は全く来なかった。しかし、毎日、原稿用紙1枚をノルマに何か書いていたら、村上さんのような大作家とはいかないが、本を20~30冊以上は出す人気エッセイストになった。

つまり、志あって自分で義務、あるいは、掟として定めたことであれば何でも良いのであると思う。

ヴァーノン・ハワードは、自分の心を冷徹な科学者のように観察しろと言った。それでどうなるかは言わなかったが、これは、今話題のマインドフルネスと同じであり、効果は、まず、感情の支配、自信、直観力の獲得だが、これらが得られれば全て得られる。
マインドフルネスに関しては、元Googleのチャディー・メン・タンの本が分かり易い。
ちなみに、日本マインドフルネス学会によるマインドフルネスの定義は、
「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、 評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」
であるが、熟慮された優れた定義と思う。
◆JAM 日本マインドフルネス学会 公式サイト

ニサルガダッタ・マハラジは、常に存在の感覚にしがみつけと言ったらしい。
だが、インドの聖者の言葉というのは、インドの方言から英語、英語から日本語に訳したものであり、なかなか掴みどころがないかもしれない。
しかし、「私は存在する」という感覚を意識するというのは分かると思う。
それは、身体については、感覚を意識することだし、心においては、意識に気付くことである。
もし、それが出来るなら、最上のマインドフルネスであると思う。

ラマナ・マハルシは、常に自分に「私」と呼びかけろと教えたことがあったらしい。
これは、どういうことかと考えてみたが、私の解釈では、「私」という言葉を心で真摯に発した時の、心の反応を観察せよということだ。
一般には、マハルシは「私は誰か?」と、常に自分に問えと言ったとされる。
一方で、マハルシは、「私は誰か」を呪文にしてはいけないと言ったという記述もある。
これを私は、やはり、「私は誰か?」と真摯に自分に問うた時の、心の反応を観察せよということと理解した。

最も簡単には、自分の呼吸を「マインドフルネスする」ことだ。
それで何かが起こるのを感じることはないかもしれない。
だから、刺激的でなく、面白くないと最初は感じるかもしれないが、変化は自然にさり気なく起こっている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード