ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

マイク・ハーナッキー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

皆、こうして成功した

昔、アメリカで、どれほど成功法則の本を読み、なおかつ、その教えを実践し努力しながら成功しなかった男が、ある日、究極の成功法則を発見し、以降、大成功したという。
その男は、アメリカの作家マイク・ハーナッキーで、当時はかなり話題になったが、今はさっぱり聞かない。
ただ、かなり前、彼のWebサイトを見つけたのだが、彼は、ある時期から、騒がしい場所から身を引き、金もあるので、引退生活を満喫しているように思えた。
彼の発見した究極の成功の秘訣は、当時の彼の本の回りくどい表現を簡潔にすれば、「目標を達成するために必要なことは何でもやる決意をする」である。
ちなみに、必要なことは「決意すること」だけで、実際には何もしなくて良い。
ただ、おそらく、何もしなくて良いが、やりたいと思ったらやれば良いのだろう。
彼も、失業者から作家になった時は、がむしゃらだったようだ。
ただ、それは、後から考えればそうだっただけで、やはり、本人は、特に何かをしたとか、苦労したとは思っていないらしい。

ハーナッキーは、いい線いってたのだが、やはり、ちょっとズレていたと思う。
ただし、表現がマズかっただけで、本人はやり方を知っていた。だから、有名にもなれたのだ。
ハーナッキーと同じやり方をしている(していた)人達の話を見て、表現のマズさを修正しよう。
その人達は、作詞家の阿久悠さん、UFO研究家の矢追純一さん、画家の足立幸子さん、それに、物理学者の保江邦夫さんだ。
私が覚えてる、これらの人達の表現はこうだ。
阿久悠さん「うまくいった場面をイメージし、忘れる」。
矢追純一さん「目標を決め、後はなりゆきにまかせる」。
足立幸子さん「決意し、ぼーっとする」。
保江邦夫さん「考えない」。
足立さんと保江さんは、講演等、教える時には「口から出まかせを言う」というところも共通している。
矢追さんも、セミナーでは、受講生は寝ていても良いと言うから、多分、言うことは出まかせなのだろう。
阿久さんの詩も、出まかせに違いない。
つまり、共通して、皆、考えないのだ。
そして、ハーナッキーが言う「必要なことをする決意」は、本当は、「目標を達成することを決意する」ことであり、それを強めるために、「必要なことは何でもするぞ」と思っただけのことだ。大切なことは、あくまで、目標達成を決意することだ。
しかし、普通の人は、難しい目標の達成をなかなか決意出来ず、きっとハーナッキー本人もそうだったので、「それを達成するためにどんなことでもする」決意をするという、一種の「代行」が必要だったのだ。
それなら、「目標を達成出来なかったら死ぬ」という決意でも良い・・・いや、こっちの方が良いのだが、下手にこんなことを言って、本当に誰かに死なれたら責任問題になりかねない。だが、「死」と引き換えほど決意を高めてくれるものはないので、実際問題、これが一番だろう。よって、あくまで秘密として言えば、目標を達成するための究極の秘訣は、「目標を達成出来なかったら死ぬと決意する」ことだ。
ところが、それが分かると、大抵の目標には、さしたる価値がないことが分かるだろう。
「就職出来なかったら死ぬ」なんて思う馬鹿はいないだろうからね。
とはいえ、就職も立派な目標だ。
だから、「就職出来なかったら、大好きなチョコレートを食べない」程度で良い。
これは、上杉謙信の「一生、女を抱かないので、戦で勝利させてくれ」という、神への祈願のための生贄である「断ちもの」の逆プロセスだ。
謙信も、「戦に負けたら、生涯、女を抱かない」で良かったと思うのだ。
しかしまあ、目標達成の決意さえ出来れば、後は、ぼーっとして何も考えなければ良いのである。
ただし、決意は強くなければならない。
強い決意をするために、上に述べたやり方を、自分がやり易いように組みなおせば良いのである。
ただ、いずれは、簡単に決意が出来るようになる。
ハーナッキーも、その境地に達したのだと思う。











恋愛の行く末を神様にまかせると

古代中国の賢者の荘子と、近代インドの聖者ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジの教えは似ていて、その根本を一言で言えば「人生の明け渡し」になると思う。
マハラジの弟子、ラメッシ・バルセカールも、「人生の明け渡し」を第一としていた。
「人生の明け渡し」とは、人生がどうなるかの一切を神(あるいは高次の力とか至高者)にまかせてしまうことである。

ただ、マハリシもマハラジも荘子も、まかせた結果、どうなるかは全く述べていないし、そうすることで、悲惨な状況で一生を送る可能性があることを、それとなく示すこともあったと思う。
一方、まかせた結果は良いことばかりと断言したのが、江戸末期の偉大な神道家で、イエス並の力を現実に持っていた黒住宗忠だ。
宗忠自身、重病で何年も寝たきりだったのが、神(天照大神)への全託(全てまかせること)に目覚めた途端、わずか数日で全快してしまった。
また、イエスも、「お前達ですら、自分の子供の面倒を熱心に見るではないか。ましてや、天の父である神が、我々に良くしてくれるのは当たり前じゃないか。心配するな」と言っている。

中国出身のアメリカの作家で、事業家、自己啓発指導者でもあるチン・ニンチュウは、ある夜、自分が羊になり、羊飼いに会う夢を見て、自分は羊飼い(神)にしっかり面倒を見てもらいさえすれば良く、自分が努力する必要はないのだと悟り、安心と安堵で涙が流れて止まらなかったと言う。
アメリカの著名なイラストレーターで、啓蒙家としても名高いフローレンス・スコーヴェル・シンも、自分が努力しようなどと決して思ってはならず、神様にまかせること・・・「神が自分の代わりに戦う」のであることを強調した。

ところが、手強い論敵がいた。
日本の誇る二宮尊徳である。
彼は努力を力説した。
「老子が言うように、無為自然で何もしなければ、畑は荒れ、家はあばら家になるではないか」
だから、しっかり努力せよと言う訳だ。
なるほど、現代だって、好きなものを好きなだけ食べ、運動もしなければ、肥満してモテなくなるばかりか、病気になりかねない。
だが、スーフィー(イスラム教神秘主義)には、こんな教えがある。
「神を信頼しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
いくら何でも、ラクダをつないでおくくらいのことはすべきだ。
それに、そうでないと、退屈でやってられないはずだ。
上に挙げた、フローレンス・スコーヴェル・シンも、こんな話をしている。
ある女性が、無職でお金がなくて困っていたが、彼女は自分は努力しない人なので、周囲の人が、仕事が出来るよう段取りしてくれた。
すると、その女性は、「そうじゃなくて、私は家で雑誌を読んで過ごせるようになりたいの」と言う。彼女は、本当にファッション誌が好きだった。
シンは、この女性は、雑誌記者を目指すべきだと言う。
そうすれば、楽しく生き甲斐がある人生になり、ついでにお金も入るという訳だ。その道は神様が開いてくれるので、それに関しては努力しなくて良いが、やはり、ラクダをつなぐ程度のことはしなくてはならない。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーも、自分が作家になれた経緯を元に、簡単に出来る成功法則の本を書いたが、「言う通りにやっても何も起こらない」と文句を言ってくる読者がいた。
だが、聞いてみると、その読者は、成功のために電話1本しなかったと言う。
神に一切をまかせることとは怠惰になることではない。
あなただって、いくら子供が可愛くても、子供が寝転がって口を開け、「ここにチョコケーキを入れて」と言ったら、「自分で食べろ」と叱責し、また、マナー良く食べられるよう指導するはずだ。
我々が似たようなことをしたら、神様もちょっとした罰を与えるのかもしれない。
(いつまでも改まらないと厳罰になるかもしれない)
好きな女の子には、告らないまでも、親切にはすべきである。
後は神様にまかせておけば・・・もっと可愛い子と出会うかもしれない(よくあることだ)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

歓喜の人生

あなたも、今日か明日にでも、思いがけない出来事が起こり、願いが叶って歓喜すべきだろう。
「今日は何が起こるだろう」とワクワクしながら毎日を送ることが出来るなら、良い人生である。
私は、ある時期から、一頃までは、そんな人生だった。
なぜ最近はそうではないのかというと、知らず知らず世間に毒された・・・大人になったということだろう。
大人気ない大人であれば、この世はドリームランドであり、幼稚園の劇だ。
ただ、慎重に考えるなら、やはり、思いがけない良いことは起こっているのに、自分が満足していなかったり、一見、マイナスに見える出来事を、そのままマイナスに受け取るほど、心が雲っているのかもしれない。
しかし、それなら、解決法は簡単だ。
ペローやグリムの童話でも読もう。

最近、よく書いたが、アメリカの作家マイク・ハーナッキーは、どんな願いも叶える究極の秘訣は、「必要なことは全て自主的に実行する心構え」と言ったが、全く正しいながら難しい。
心構えさえあれば、実際には何もする必要はないのだが、その心構えをどう持つか、また、心構えが出来ているかどうかを、どう判断すれば良いのか?
私は今朝、不意に思いついたが、成功するために必要な心構えを作るのは「準備」なのである。
思いついたとは言っても、あらゆる知識や経験が融合して浮かび上がってきた考えであり、直感的に正しい。
海外旅行がしたいのなら、旅行に必要なバッグや服や靴を買えば、それが準備になる。
彼女が欲しいなら、彼女を連れて行く店を探し、実際に自分で行ったり、もてるやつが身近にいたら、その店で間違いないか、もっと良い店はないか確認すれば良い。
それが、ハーナッキーの言う、「目標を達成するために必要なことを全て自主的に実行する」ことである。
準備は、些細なことで良いが、しっかりしたこと、自分が納得することでないといけない。
でないと、「これで良い」「全てやった」という自信が出来ない。

尚、彼女を連れて行く店を決めても、その店で楽しく過ごすことをイメージしてはならない。
きちんとした研究によれば、そんなことをすれば、現実と想像を区別出来ない脳は、それを現実と認識し、潜在意識は「全て終わり」として実現に動かなくなるのだ。
目標をはっきりさせ、紙に書いておけば、むしろ忘れた方が良いというのは、そんな理由である。
ただし、紙に書いておくだけでは足りないのである。
準備が必要だ。
まとめて言えば、「目標は紙に書け」「準備しろ」である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真の成功とは

「成功体験を積むことが大切だ」とよく言われる。
その通りだが、では、成功体験とは何だろう?
それは、自分に出来るとは思えなかったことが出来るようになることで、それは感動を伴う。

私は、小学4年生の時、10歳年長の従兄が腕立て伏せを40回やるのを見て驚いたことがある。
自分は10回も出来ないし、他の子もそんなものだったからだ。
その驚きを忘れないまま、中学生になって、30回出来た時には、非常に嬉しかったし、高校生になって、いよいよ50回出来た時には感動したのを覚えている。
そして、高校2年生の時だったが、密かに念願していた、腕立て伏せ100回が出来た時は、それ以上に感動したものである。
これも、成功体験なのだと思う。

映画の中で、ジュリアーノ・ジェンマがよくやっていた、ネックスプリング(首跳ね起き)という、仰向けに寝て、膝を曲げて身体を丸ねた体勢から、首を支点に跳ね起きるという動作を見て、「格好良いなあ」と思って、何とか出来るようになりたかった。
しかし、周囲に出来る人がいなかったので、試行錯誤で練習していたが、ついに出来るようになった。
これも成功体験として心に残っている。

あなたにも、自分に出来そうになかったことが出来たという成功体験があると思う。
ところで、これらをやろうとした時、いったい何を考えていたのだろう?
マイク・ハーナッキーの成功の秘訣のように、「実現のために必要なことは全て自主的に行う」決意をしていたはずなのだ。
あるいは、それとは単に言い方が違うだけだが、「出来るまでやる」「断固としてやる」「失敗しても諦めない」と思っていたのだと思う。
そして、自分で出来たことは全て、このようであったから出来たはずなのだ。
逆に言えば、出来なかったことというのは、「実現のために必要なことでもやりたくないのでやらなかった」「無理そうなので諦めた」「そこまでしてやろうとは思わなかった」「失敗して嫌になって止めた」ということなのだと思う。
ひきこもりが、いつまでも働かないのだって、全くその通りだろう。
だが、「断固として働く」という決意を維持する限り、やがて働くようになる。
何事も同じで、もし、それを本当に実現したいのであれば、「断固として、出来るまで、失敗しても諦めずにやる」という意思を保てば、必ず成功するだろう。

そして、願いの実現のために、不道徳を犯す必要はないことを知らねばならない。
盗んだり、暴力に訴える必要はないのである。
そのような手段を取ってしまう者というのは、心の中で、自分には、それを得る価値がないと思っているのである。
不正な手段で得たものは、刹那的な快楽はあるが、感動がない。

マイク・ハーナッキーの成功の秘訣は、住友進さんの訳では、
「何かを成し遂げようとするには、必要なことはすべて、進んで実行する自発的な態度が必要である」
だが、これが、正義に反することなく出来ることを覚えておくと、力を制限するどころか、より強い力となり、より速く、よりスムーズに願いが実現するはずだ。
真の成功とは、すぐに消えてしまう刹那的な快楽ではなく、永遠に忘れない感動なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

商売の成功法則と本物の成功法則

本当に願いを叶えることが出来る成功のノウハウは、アメリカの作家マイク・ハーナッキーの「秘訣」だけなのだが、それが忘れられてしまったのはなぜかというと、ハーナッキーは、これで商売するつもりがなかったからだろう。
そりゃそうだ。
願いを叶える秘法を知ってるなら、いったんそれを世界中に教えたら、自分は自分で好きなことをやれば良いのだから。
引き寄せの法則やザ・シークレットは、それが本当に願いを叶えるかどうかが重要なのではなく、これらの作者のビジネスなのであり、彼らは最新のマーケティング手法を使ってうまくビジネスをやっているから、いつまでも有名なのである。

ザ・シークレットのようなビジネスとしての成功法則と、ハーナッキーの「秘訣」との違いを述べてみよう。
たとえば、今は安い車に乗っているが、ベンツが欲しいとしよう。
ザ・シークレットや類似の成功法則では、自分がベンツに乗っている様子をイメージし、ベンツの座席、ベンツのハンドルの感触をありありと想像せよと言う。
今は、Webでベンツの詳細画像をいつでも得られるので、そんなことは容易いし、さらに、ベンツに試乗すればもっと良いということになるだろう。
まあ、普通は、貧乏な人間が恥ずかしくてベンツの試乗なんか申込まないだろうが、さっきも述べた通り、ベンツの外観や運転席の鮮明な画像は手に入るので、分からない部分は想像力で補えば、十分にイメージは出来ると思う。
脳科学の教えによれば、脳は、鮮明な想像と現実の区別がつかないので、その鮮明な映像がやがて現実になるというのが、ザ・シークレット等の主張だ。
しかし、事実は、脳は確かに、想像と現実の区別がつかないので、想像でベンツに乗れば、「我、目標達成したり」と感じて満足してしまい、ベンツが欲しいという意欲がなくなってしまう・・・というのは、多くの人が経験済みではないだろうか。
つまり、イメージすることを、数日・・・長く持っても数週間で、やる気が全くなくなり、イメージするのが苦痛になる。
なまじ、何ヶ月もやれば、いつまでもベンツに乗れないので、ヤケクソになる・・・ならまだマシで、「俺にはやっぱり無理なのだ」という暗い劣等感にとり憑かれてしまう。
では、ハーナッキーの「秘訣」ではどうか?
ベンツに乗るために必要なことは全て自発的に行うという決意をするのである。
するともう、すぐに、「それほどベンツに乗りたい訳ではなかった」と気付く。
つまり、それは本当の願いでないことが分かる訳で、もっとやりがいのある目標を見つければ良いことが分かるのである。

「秘訣」を知った場合でも、「隣の美人の奥さんと不倫したい」とか、「あの可愛い新入社員と寝たい」、あるいは「イケメンの彼の彼女になりたい」とかいった願望を持ち、それを実現しようと思うかもしれない。
しかし、そのために何でもやろうなんて思うはずがなく、そんなことを本当に思えるなら、あまりに暇か、人間的に未熟過ぎるのだろう。
そんな者は、女(あるいは男)が欲しいという以前に、自分の生活や仕事がさっぱりに違いないのだ。
ハーナッキーの秘訣は大人のためのものである。

ハーナッキーの「成功の扉」の古書もそろそろ入手し難くなってきた。
しかし、別に本を読むまでもなく、単に、「断固としてやる」と決意するだけだ。
『灼眼のシャナ』で、坂井悠二が言った「出来る出来ぬではない。断固としてやる」や、その悠二が迷っている時に、悠二にシャナが言った「出来る出来ないじゃないの!やるの!」ということであり、それに関しては、アニメのイメージは有り難いものであると思う。
そして、ハーナッキーも述べた通り、「秘訣」は無料なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
IT学習










  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
QRコード
QRコード