ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

マイク・ハーナッキー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

偶然は匿名での神の贈り物

昨日、ご紹介した映画『ザ・シークレット:デア・トゥー・ドリーム』の中では、何度も、出来過ぎと感じる幸運な出来事が起こる。
このような、あまりにも都合の良い偶然を、我々は奇跡と言う。
おそらくは誰もが、そんな奇跡とも思える体験の1つや2つは覚えているものだと思う。
そして、奇跡をどう考えるかで、人生は決まる。

『マスターの教え』の中で、マスターは、「奇跡は頻繁に起こっているのに、皆、それに気付かない」と言う。
この本の中でも、人生のどん底にあった男が、気晴らしに劇場に行き、安い席のチケットを買うが、なぜか、高価なBOX席のチケットを受け取ってしまう。
そして、そのBOX席で、マスターと呼ばれる不思議な人物と隣り合わせることとなり、そのマスターに話しかけられたことで人生が変わった。
なぜ、そんなことが起こったのかというと、彼は、心の奥でそのような奇跡を強く願っていたからだと言う。
上の映画の中でも、マスターのような存在である大学教授のブレイは、子供達に、磁石が金属製のクリップを引き寄せるところを見せ、「願いが強いほど強く引き寄せる」と言う。そして、その直後に奇跡が起こる。
ブレイは、こうも言う。
「偶然は、匿名での神様の贈り物だ」
と。
これは、アインシュタインが言ったことらしい。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーも、引き寄せマスターと言える力を獲得した人間だが、「奇跡は単に珍しい出来事で、そんなものは誰でも起こせる」と『成功の扉』に書いていた。

私も、小学生の時、天体望遠鏡が欲しいと思って懸賞に応募したら(特等の懸賞が天体望遠鏡だった)、懸賞に外れたことが分かった直後、親から、「従兄がお前に天体望遠鏡を譲ると言っている」と教えられた。私は、その従兄の顔も知らなかったし、その従兄も、私が天体望遠鏡を欲しがっていることなど知らないはずで、なぜ、従兄が不意にそんな気になったのか謎だった。
いずれにしろ、私は、このことが「たまたま」とは思えない。
また、私は、好きな女の子のことを考えていると、その数秒後には、彼女が居ることなど、あり得ない場所であるに関わらず、出会ってしまうことがよくあった。
一度だけ、「偶然」に会った翌日に、相手の女の子に、「なぜ、あんなところにいたの?」と聞いたことがあるが、彼女の返事は、「私も分からない」みたいな感じだった。
さっきの、天体望遠鏡をくれた従兄にも、ずっと後で、あの時の天体望遠鏡のことを尋ねてみたが、やはり、どうもよく分からないようだった。

これだけは信じた方が良い宇宙の仕組みは、
「良い気分でいれば良いことが起こり、悪い気分でいれば悪いことが起こる」
だ。
つまり、良い気分でいれば、好ましい偶然が起こり、それは、しばしば、奇跡と感じる。
それと共に、上のブレイが言ったことのように、強い願いは、磁石のように願ったことを引き寄せる。
この2つは同時に考えれば最強だ。
つまり、良い気分で強く願えば、即座に奇跡は起こる。
そして、面白いことに、落ち込んだ時に、気持ちを切り替えて、肯定的な気持ち(即ち良い気分)になると、不意に願いが叶うのである。
例えば、こんな話がある。
イギリスの作家コリン・ウィルソンが、子供の時、弟と一緒に森で迷い、長時間歩いてクタクタになった上、雨に降られて身体が冷え、森からの出口はさっぱり分からない絶望的な状況の中、泣き出す弟を見て、コリン・ウィルソンは兄の自覚を思い出し、「しゃんと」したところ、不意にスムーズに森を出ることが出来た。
ウィルソンは、これに対して、難しい解釈を述べていたが、つまるところ、彼は気持ちを切り替え、肯定的な気持ちになることで幸運を引き寄せ、現実を変えたのだ。
我々も、困った時ほど、無理にでも笑顔を作り、ガッツポーズをし、それによって、気持ちを「しゃんと」させると、奇跡だって起こるだろう。
1回や2回で駄目でも、百回ほどやれば良いと思う。








イーロン・マスクさんの本当の目的

海外のことは知らないが、日本では、子供や学生が、自分は将来、どんな仕事をしたいのかといったイメージを持っている人はほぼいない。
大学を卒業する時ですらそうで、就職というものは、「どんな仕事をしたい」ではなく、「大きな会社に入りたい」という視点でしか考えられない。
広告代理店志望だとか、アパレル業界志望だとか言っても、業界に関する知識や理解はほぼ無い(ごく表面的に知っていれば「よく知っている」と言われる)。
今のそんな大学生に不満を持っているようなことを言う企業も多いが、そんな学生だからこそ、企業説明会では大嘘を並べていられるのである。
『13歳のハローワーク』なんてものに載っているのは、嘘とは言わないが、仕事の実態と全く違うことが書かれている(これを嘘と言うのだが)。

そして、学生どころか、長く会社に勤め、いい歳になり、社会経験も積んでいても、「自分は本当は何をしたいのか?」と考える始末である。
まあ、考えるだけマシと言えるかもしれないが、実際は、まさに「考えるだけ」だし、しかも、ほとんどが「愚にもつかない考え」だ。
その中で、私のような、プログラマーになりたいと考える人もいるが、なかなかうまくいかない。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーが著書の中で、こんなことを書いていた。
彼は時々、いろんな人達から、「作家とは羨ましい。私も作家になるのが夢だったのです」と言われることがあったのだが、そんな時は、「じゃあ、あなたも作家になればいいじゃないですか?」と返すのだそうだ。
ハーナッキーは、それは100パーセント可能と思っているが、そう言って来る相手は、自分には出来ないと思っているのである。
ハーナッキーの方も、大学を出てから、教師、証券マン、弁護士と職を変え、どれも面白くなくて、遂には病に倒れたが、何の当てもなく「作家になる」と決めて仕事(弁護士)を辞めて作家になったのだった。

私は、仕事は何かと聞かれたら、システムエンジニアだとかプログラマーだとか言うが、これらの仕事に、一定の形がある訳ではない。
同じプログラマーだと言っても、それぞれ、全く別物の仕事と言って良い。
だがそれは、プログラマーに限らず、学校の教師も、イラストレーターも、ダンサーも、野球選手も、YouTuberも、全部そうである。
乞食も職業だという話があるが、それは実に多様な職業で、一人前の乞食になるための「乞食養成学校」なんて作りようがない。
だがそれは、野球選手もYouTuberも全く同じなのだ。

そもそも、我々の仕事は人間でしかたなく、仕事の形態は、「考える人」「戦う人」「移動する人」「しゃべる人」「作る人」といった、人間の基本的行動に分けられる。
サッカー選手は「戦う人」で、YouTuberは「作る人」だ。
こう言えば、「YouTuberも考えるぞ」と言いたい人もいるだろうが、YouTuberは作ってナンボであり、考えても金にならない。
教師が、「俺は日本の腐敗した教育と戦っている」と言うなら、迷惑だから辞めてくれとしか言えない。

だが、人間の本当の仕事は、「良い気分になる」ことだけである。
「いや、良い気分になっても金にならないじゃないか?」と言う人がいるなら、答は「金になる」だし、それ以外に金を稼ぐ方法はない。
なぜ、これが本当の唯一の仕事なのかというと、世界がそう出来ているからとしか言えない。
まあ、今の社会の常識で言えば、こんなことは宗教にも、お伽噺にもならない。妄想より悪いと言われるかもしれない(いや、言われる)。

良い気分になるための手段として、野球選手になったり、歌手になったり、プログラマーになることはある。
だが、ほとんどが、一瞬、良い気分になったつもりで、実は、ほとんどの時間、悪い気分でいるのである。
何もせずに良い気分になれるのなら、それはそれで良いのだが、それは割と珍しいと思う。
どちらかというと、絵を描いたり、音楽を作ったり、救助したり、殴り倒して気分を良くしたいものなのだ。
だが、火星ロケットを飛ばすことが本当の目的ではなく、良い気分になるために、それをやるのだ。
イーロン・マスクに、「なぜ、そんな壮大でクレイジーなことをやろうとするのか?」と聞いたら、彼は半ばはにかみながら、「人類にやる気を起こさせたい」みたいなことを言ったが、はにかみたい気持ちも分かる。
嘘だからだ。目的は、良い気分になることである。
だが、彼も、そう言わざるを得ないのだろう。だからはにかみながら答えたのである。








まずは目標を決める

アメリカの作家マイク・ハーナッキーは、素晴らしい成功法則の書『成功の扉』を書き、ベストセラーになった。
ところが、読者から、「願望が実現しない」と抗議の電話があったそうだ。
そこで、ハーナッキーが話を聞き、ハーナッキーは、「願いの実現のために必要な、たった1本の電話もかけていない」ことを指摘したようだ。
そんな簡単なこともしない怠惰さに苦言を呈した訳である。
笑えないだろうか?
その読者は、自分の願いを叶えるためには簡単な電話もしないのに、ベストセラー作家に抗議するという難しい電話はかけたのだから。

問題の核心は、この読者が叶えたいと思っていた目標が間違っていたことだ。
つまり、心から叶えたい夢ではなかったということである。
こんな話がある。
アメリカの著名な引き寄せの講師がセミナーの中で、受講者の女性に願いを聞いたら、彼女は「100万ドル」と言う。
ところが、そのセミナー講師が、ある簡単な方法で、この女性に心の安らぎを与えたら、その女性は100万ドルなど、どうでもよくなった。
つまり、彼女は、本当は、100万ドルより、心の安らぎを求めていたのだ。

ちなみに書いておくと、マイク・ハーナッキーの方法も、このセミナー講師の方法も、共に1行で書ける。
ハーナッキーの方は、
「願いを叶えるために必要なことは全て自主的にやると決意する」
で、セミナー講師の方は、
「胸の前で両手を重ね、その手をゆっくり回す(普通は時計方向だが、反対でも良い)」
だ。

ほとんどの人は、自分の本当の望みを知らない。
だから、引き寄せの法則があると知ると、お金や恋人を求める。
しかし、魂というものは、そんなものは求めないものだ。
ところが、
「いや、俺は金に窮している。金が本当に必要だ」
「もう30歳もとおに過ぎたのよ。早く結婚したいわ」
と言う人もいると思う。
これらは切実な願いで嘘ではない。
だが、この2人の場合、それぞれ、「貧乏」と「旦那が出来ない状況」を引き寄せているのであり、本心の願い自体は叶えているのである。
つまり、彼らは、本心では、「お金を嫌っている」「男の性質を嫌っている」のである。
多分、親や学校の教育のせいだろう。

だけど、それらの、「心の問題」を解決するのは至難の技で、正直なところ、一生かかったってうまくいかない。
しかし、解決策は簡単だ。
「お金の心配はしない」「結婚の心配はしない」
と決意すれば良いのである。
早い話、「忘れなさい」である。
そして、「私の真の目標が見つかりますように」と願えば良い。

昔、ある中国人が、大金を持って日本に来て事業を始めたが、大失敗して多額の借金を背負った。
さらに交通事故で脚を折り、まだ35歳なのに髪も薄くなる中で、クリスチャンになっていた彼は神に祈る。
「神様、これまでの失敗は私の責任です。でも、これからの人生は、あなたに責任を取って欲しい。まず、一生をかけられる仕事を下さい」
翌日、百科事典セールスの会社からスカウトが来たそうだ。
それから彼は成功一直線となり、世界一のセールスマンになった。
もちろん、日本人の多くはクリスチャンではないので、いろいろ工夫して欲しい。
例えば、これが良いと思うが、宇宙に向かって、「価値ある目標を与えよ」とかね。
正しい目標が決まれば、引き寄せるのは簡単である。













当ブログ著者、KayのAI書。
何事も体験です。自分でやってみればすぐに分かりますし、それは大抵楽しいものです。
AIも同じです。
この本は、面白いテーマにAIを使って挑むという楽しい体験を通し、自分で実用AIを作れるようになることを目的としています。
AI構築には、無料の優秀なディープラーニング型AI構築アプリ(Windows8.1/10用)である、ソニーのNNCを使用します。
本書のほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロードすることが出来ます。

無力な者が願いを叶えるには

少し前、アメリカの作家マイク・ハーナッキーの「願いを叶える究極の秘訣」を何度か取り上げた。
この秘訣は、確かに注目はされたが、それほどの人気は保っていないように思われる。
非常に鋭いところがある上、極めて簡単なのに、なぜだろう?
その秘訣とは、「願いを叶えるために必要はことは全て自主的に実行する決意をする」であった。
そして、必要なものは決意だけで、実際に何かする必要はない。
だが、決意する段階で疲れるかもしれない。
つまり、願いを叶えるために必要なこととして、物凄く困難なことがあると思えたら、とりあえずは、それを実行すると決意しなくてはならないのである。
実際には、しなくて良いかもしれないのだが、「では、やらない」と思ったら、宇宙の力は働いてくれない。
宇宙に嘘は通用しない。
本当はやる気がないのに、やる気のあるフリをしても駄目なのだ。

そこで、覚えておくと良いことがある。
元々、人間に出来ることは僅かなのだ。
それを知ってると、願いを叶えるために、難しいことをしなければならないという発想が出てこなくなる。
つまり、謙虚であれば良いのだ。
だが、たとえ些細なことであっても、それをすることが必要なら、それを本気でやる気にならないといけない。

そこで、面白い実例を2つ挙げるので、参考にしていただきたい。

1つは、アメリカの精神科医ミルトン・エリクソンの話だ。
エリクソンは、「魔法を使って治している」と言われた、驚異的な精神科医だった。
そのエリクソンは17歳の時、ポリオウイルスに感染したことで、全身の運動機能が麻痺し、動かせるのは目玉だけという状態になった。
ある夜、医者が母親に「彼は朝まで持たない」と言うのが聴こえた。
すると、エリクソンは、目玉を動かして、夕陽が見える窓を見て思う。
「もう一度夕陽を見てやる」
きっと彼は、もう一度夕陽を見るためなら、何でもやる決意をしたはずだ。
しかし、彼に出来ることは何1つないのだ。

もう1つは、日本人の有名なコック(多分、村上信夫さん)の話だ。
第二次世界大戦中、彼は、「シベリア抑留」として知られる、旧ソ連の捕虜になっていた沢山の日本兵の一人だった。
彼のことを、以降コックと言う。
ある夜、ロシア兵がコックを、ある場所に連れていった。
そこには、大怪我で瀕死の日本人兵がいた。彼を以降、負傷兵と呼ぶ。
ロシア兵はコックに、
「お前はコックだろう?この負傷兵は朝まで持たない。最後に何か食べさせてやれ」
と言う。
コックは負傷兵に「何が食べたい?」と尋ねると、負傷兵は「パイナップル」と言う。
しかし、そんなものがあるはずがない。
そこでコックは、林檎をパイナップルのように切り、フライパンを使って砂糖で味を付けた。
それを負傷兵に食べさせ終えると、もう二度とこの負傷兵に会うことはないと思いながら去った。
それからしばらくして、コックが収容所内を散歩していたら、一人の日本人に呼び止められた。
驚いたことに、あの負傷兵だった。
生きていないはずの負傷兵が、今や、実に元気そうだった。
負傷兵はコックに言った。
「あんな美味いものが食べられるなら、もう一度、生きてみようと思ったのだ」
負傷兵は、もう一度、美味いものを食べるためなら、何でもやってやると決意したに違いないのだ。
しかし、彼もまた、実際には何も出来なかった。

我々もまた、この2人と同じなのだ。
しかし、自分は何か出来ると自惚れている者ほど、宇宙のサポートは得難い。
ドイツ人女性ベルベル・モーアは、理想の彼を得ることにした。
その彼氏には、菜食主義で酒も煙草もやらず、太極拳が出来る等、合計9つの無茶な条件を付けたが、そんな彼を得るために、自分に出来ることは何もないと悟ったのだろう。
宇宙にお願いしたら、その通りの彼氏がやってきた。
そうと分かれば、もっと条件の良い彼氏に変えるのが人情ってもんでさあ・・・と思ったかどうか知らないが、実際、次々、彼氏をグレードアップしていった(笑)。

自分は徹底的に無力である。
しかし、その無力な中で出来ることだけはやろうと思ったに違いない。
『歎異抄』は、極楽往生という願いのために、念仏だけは唱えようというものである。
しかも、1回でも良いのである。
いや、唱えなくてすら、唱えようという気さえあれば良いのだ。
師匠の法然と違い、親鸞は、実にゆるい。
尚、極楽往生の主意は、今ここを極楽世界にすることであるから、実は万能である。

では、上記の誰かの真似をすれば、いかなる願いも叶うのである。

★★★ お知らせ ★★★
私Kayの著書(数学講師Mr.Φとの共著)

『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)

の発売日が、

2020年5月11日 → 2020年5月30日

に延期になりました。
政府の緊急事態宣言により、現在、紀伊国屋など大手書店が休業になっていますが、5月11日までに緊急事態宣言が解除されない可能性があることに関係すると思われます。
本をご予約いただいている方には、まことに申し訳ありませんが、出版日までお待ちいただけますよう、何卒ご理解の程、お願い申し上げます。













上にお知らせしました通り、発売日が5月30日に延期されました。
全ての人がAIを味方にして、新しい時代に対応出来るようになることを願って書きました。
ソニーが無償で提供して下さっているWindowsアプリNNCを使い、数学もプログラミングもなしに自分でAIを作ることが出来るよう、易しいけれど面白いAIの推測問題を考えました。

運命を超える方法

人気SF作家、平井和正氏(1938~2015)のウルフガイ・シリーズという作品群がある。
ウルフガイ・シリーズの主人公は、犬神明という「狼男」である。
この「狼男」とは、何かの喩えではなく、犬神明は本当の狼男である。
チンパンジーと人間が異なるように、人間と狼男も異なる。
犬神明は、月齢が0・・・つまり、新月に近い時は、普通の人間とそれほど変わらないが、月齢が15・・・つまり、満月に近くなると、肉体は超人化する。
それで、こんなことがあった。
子供の時に読んだものなので、正確には覚えていないが、だいたいこんな話だ。
ある凄腕の殺し屋が犬神明を殺しに来て、見事にナイフを犬神明の心臓に突き立てる。
ナイフは心臓に十分達するほど深々と刺さったが、犬神明は平気で顔色も変えない。
殺し屋は一瞬驚愕したが、その目は、犬神明への憧れに輝く。
「どうすれば、あなたのようになれるのですか?教えてくれるなら何でもします。そして、どんな厳しい訓練でも耐える自信があります」
私は、子供ながら、この殺し屋の態度や純粋さに打たれた。

小説の中では、この殺し屋は、すぐに死んでしまうが、もし、本当にこんな精神を持つ人間がいれば、その者は世界を手にいれるはずだ。
そりゃ、この殺し屋でなくても、「目標を達成するためなら何でもする」と言う者はいくらでもいる。
だけど、そう言う者だって、本当にはそうは思っていない・・・つまり、必要なことは何でも躊躇なくやろうとは思っていないのだ。
しかし、私は、この殺し屋には本気を感じたのだ。
彼がどんな経緯で殺し屋になったかは書かれていなかった。
だが、後で考えれば、(私の妄想でしかないが)この殺し屋は、恐ろしく惨めな子供時代や青春時代を過ごしたのだと思ったのだ。
そんな者が、一度決意を固めたら、何があっても、それをやろうとするものだ。

そこで、我が国の歴史的名著『歎異抄』を思い出す。
親鸞が、『歎異抄』の著者と思われる唯円に言う。
「唯円は、私の言いつけに従うか?」
唯円は、即座に、「はい、従います」と答える。
親鸞がさらに「絶対にか?」と念を押すと、唯円は居住いを正し、「はい、絶対です」と答える。
すると親鸞は、
「では人を千人殺せ。そうすれば、お前の極楽往生は確実である」
と言った。
だが、唯円は、
「私には、千人どころか一人も殺せそうにありません」
と言うしかなかった。
親鸞は、こう言う。
「お前が人を殺せないのは、お前が善い人間だからではない。その定めにないからだ。逆に、定めであれば、殺したくなくても千人殺すこともある」

特殊な喩えたが、普通の人はそうである。
定めは超えられない。
だが、あの殺し屋のように、必要なことは必ずやると決意する者は、定めを超えるのである。
ただし、具体的に何かをする必要はない。
ただ、決意すれば良いだけだ。
このあたり、アメリカの作家マイク・ハーナッキーが『成功の扉』でうまく書いている。
ただし、ほとんどの人は唯円のようであるので、この本は忘れられてしまったように思う。特に日本では。
だが、いろんな考え方を持つ人がいるアメリカでは、今も人気を保っているようである。

仮にだが、安倍総理が日本を救うために、一世帯百万円の給付が必要と判断すれば、彼はそれをする決意をしなければならない。
だが、それを実際にやろうとしたら、当然、物凄い反対があちこちから起こる。
しかし、それで安倍総理の本気度が伝われば、大臣、閣僚、知事、その他の者達も変わる。
そうすれば、ひょっとしたら、新型コロナウイルスを抑える方法が発見されたり、あるいは、なぜか自然にウイルスが消えていくかもしれない。
マイク・ハーナッキーだって、ある決意をしただけで、彼を重病にしてしまった肺のウイルスは消えてしまったのである。













ブログオーナーKayの書籍(数学講師との共著)
『楽しいAI体験から始める機械学習』
この本の易しい紹介は、私のもう1つのブログ「メディアの風」をご覧下さい。

この本は、概念だけの本ではありません。
かといって、深層学習フレームワークをPythonでプログラミングするといった、普通の人には非現実的なことを書いた本でもありません。
ソニーのNNCを使って、誰でもAIを作れるように意図しています。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード