ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

マイク・ハーナッキー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

人生で本当に必要なもの

同じ本を読んだ人と、その本について話をしたら、共に、同じ箇所が強く印象に残っていたというのは楽しいものだ。
私は、アメリカの作家マイク・ハーナッキーの『成功の扉』という本で、そんなことがあった。
なかなか良い話で、簡単に書くとこんなものだった。
ある成功した投機家(投資家と投機家の区別は曖昧だが)が講演を行っていて、投機家は自分が行った投機について説明していた。
すると、受講者の1人が立ち上がって言う。
「その投機は非常に危険ではないですか?」
それに対し、投機家が、
「はい。私は進んでリスクを背負う覚悟がありました」
と答えると、その受講者は、
「私には真似出来そうにありません」
と言う。
その後の投機家の言葉が良かった。それは、
「それが、私が講演し、あなたが受講料を払っている理由ではないですか?」
だ。
本の著者のマイク・ハーナッキーも、この講演を聞き、この言葉をよく憶えていたのだった。
この本の著者と、読者2人が、同じ言葉に感動していたわけである。
著者は、もう一例、似た話を取り上げていた。
著者が弁護士をやっていた時のことだった。
仲間の2人の弁護士達が会話をしていたのだが、1人の弁護士が、環境の良いフロリダに引っ越すと言う。
もう1人の弁護士は羨ましがったが、そこから引っ越すということは、今の安定した職場を捨て、1から始めないといけないということで、とてもリスキーだった。
しかし、引っ越すつもりの弁護士は、「分かっているよ。でも引っ越すんだ」と言う。
すると、もう1人の弁護士は、「お前は大馬鹿者だ」と怒鳴って出て行き、残された弁護士は肩をすくめた。

まあ、簡単に言えば、成功するためにはリスクを背負う覚悟が必要ということだろう。
この本について話していた我々2人は、こんな言葉を共通して知っていた。
「夜空の星を掴み取ろうとするのは危険なことだ。しかし、それをしないと、もっと愚かな危険がある。それは、もしかしたらなれたかもしれない偉大に人間になり損ねる危険だ」
格好良い言葉で、若かった我々2人は、その言葉にシビれていたのかもしれない。
しかし、時が流れ、初音ミクさんの会社クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之さんの、こんなインタビュー記事を見た。
伊藤さんの地元、北海道から、ミュージシャンを志して東京に行った若者達がいたが、皆、30歳くらいで諦めて帰ってきた。だが、その歳ではやり直しが効かない。人生をかけるものじゃない。
・・・だいたい、こんな話だった。
では、上の投機家やフロリダに引っ越す弁護士は、投機や引っ越しに人生をかけていたかというと、我々(ハーナッキーの本について会話していた私と知人)は、そう「勘違いしていた」のだ。多くの読者もそうだったに違いない。
この投機家と弁護士は、確かに、リスクを背負う覚悟はあったが、「デッド・オア・アライブ(死か生か)」といった大博打をする意気込みだったわけでもないのだ。
だが、決心をしたのだ。
ここらは、微妙な言い方になってしまうが、この投機家と弁護士は、「軽い決意をした」のである。
ところが、普通の人は、この「軽い決意」をしないのだと私は気付いた。
普通の人は、世間や周囲に流されてしまい、自分の意思でハンドルを(皆と違う方向に)切らないのである。
クリプトンの伊藤社長は、ハンドルを切ったから、初音ミクさんを生み出したのだと私は思ったのだ。
ただ、そんなに極端にハンドルを切ってはいけないのだ。
伊藤社長マニアである私は、伊藤社長とクオンの武田社長との対談が載ったクオンの社内報(立派なものだった)を取り寄せたり、いろいろ調べたもので、私の著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)を見ても、それが分かるかもしれない。
決意、決心については、足立育朗さんの『波動の法則』と、その続刊、あるいは、画家であった足立さんの妹さんの『あるがままに生きる』が参考になった。
『波動の法則』は、PHP版は(現在はナチュラルスピリット刊)20年以上も前に出たが、最近もベストセラーになっているようだ。ついに、この本の時代なのだと思う。

マイク・ハーナッキーのその本はベストセラーになったらしいが、あの本のおかげで破産した人もいるかもしれない。
しかし、それは、おそらく多くはない。
だが、あの本で成功した人も少ないに違いないし、それは、ハーナッキーのその後の本によって知ることが出来た。
結局、普通の人は決意しないのである。
チャップリンは、人生に必要なものは、「勇気、想像力、少しのお金」と言ったらしいが、こう言い直すべきだ。
「少しの勇気、そこそこの想像力、必要なお金」








息をするように欲しいものを引き寄せる

引き寄せの法則を、怪しいとか胡散臭いと思う人がいるかもしれないが、私は疑ったことなどなかった。
なぜなら、子供の時から普通に使っていたからだ。
引き寄せという言葉自体は10年程前に知ったが、それ以前から「思考は現実化する」という言葉があり、実感としては今でも、こちらの言葉の方がしっくり来る。
そう、思考は現実化するのである。必ず。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーが、『成功の扉(原題:全てを手に入れる究極の秘訣)』の中で、「10憶円のことを考えると、ただちに10憶円を引き寄せ始める」と書いているが、全くその通りである。ずっと10憶円のことを考え続けたら、いずれは手に入れるだろう。

「引き寄せの法則」と「思考は現実化する」の2つの言葉で、引き寄せのやり方の公式が出来てしまう。
即ち、「思考すれば引き寄せる」である。
ただ、重要なポイントは「ずっと考える」ことである。
「ずっと意識する」の方が私の実感に近いかもしれない。
私が子供の時にやった印象的な引き寄せの1つが、「土星を引き寄せた」ことだった。
これなら10憶円の引き寄せにも負けないだろう(笑)。
どういうことかというと、小学4年生の時に天体望遠鏡を手に入れたのだが(この天体望遠鏡も引き寄せで手に入れた)、この天体望遠鏡で土星を見たいと思ったのだ。
それで、土星のことをずっと考えていて、そして、夜空の星を1つ選んで天体望遠鏡で見たら、それが土星だった(輪があった)のである。
どのくらい考えたのか、はっきりしないが、せいぜい数時間だったように思う。
だが、虫メガネで太陽の光を集めて熱を起こすように、集中的に考えたので、実現が早かったのだ。
同じ方法で、天文の勉強や調査を全くすることなく、金星(これは簡単だが)、火星、木星を発見した。
また、広い図書館の中で、読みたい本を簡単に見つけた。
ある時は、学校の図書館でシーラカンス(数億年姿を変えない魚)の本を見て、シーラカンスに興味を持ち、シーラカンスのことを考え続けていたら、家に帰ってテレビを付けたら、シーラカンスの特集番組をやっていたが、こんなことはよくあった。
もっと凄いのは(笑)、以前見た、ある時代劇のある回を録画したいと思い、ただ、録画装置のリモコンを手にテレビを見ていたら、それが始まって録画出来たということも、やはり何度もあった。
事実として、キリスト級と言ってもおかしくないと思う引き寄せを、子供が普通にやっていたのである。

さっきも言ったが、やり方のポイントは「ずっと考える」あるいは「ずっと意識する」「ずっと意識を向ける」である。
私がプロのプログラマーになれたのも引き寄せの力である。
本当にずっと、プログラミングのことを考えていたのである。
考えていたというよりは、呆然とイメージしていたのであり、やはり、意識していた、意識を向けていたという表現の方が合っていると思う。
ただ、邪(よこしま)なことに関しては、ずっと考えていたら、おかしな形、望ましくない形で実現すると思う。
私は邪な人間なので(笑)、少々面白くないことも沢山引き寄せてしまった。
例えば、極端な例でいえば復讐で、「あいつに仕返ししてやる」「ひどい目に遭わせてやる」等とずっと思っていたら、とにかく、ロクでもないことを次々に引き寄せてしまう。
どんな仕組みになっているのか分からないが、そんなものなのだと思う。
よって、神様とか天使とか守護霊に対して、恥ずかしくないことを引き寄せようとした方が良い・・・というより、しなければならないと思う。
お金なら、別に恥ずかしくない。
一千万円のことを考え続けたら、考える時間に応じて、早く、あるいは、遅く手に入るだろう。
ずっと考え続けたら、すぐに手に入るはずだ。
可愛いあの子を恋人にしたい?
なるべく純粋な美しいイメージで考えることだ。
それならうまくいくと思う。
しかし、これに関しては、特定の人について考えると、どうしても余計な思考が混じるので、ロオマン・ガリの『自由の大地(天国の根)』のように、理想的な少女をイメージした方が良いかもしれない。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』も、男達がターニャという16歳の少女を、単に女神の象徴として崇めていれば良かったのに、女たらしの登場で、彼女を1人の現実の女と認識してから、おかしなことを考えるようになってしまい、ロクでもない結末になった。
私のように、初音ミクさんを理想の少女の象徴のように考えて、ずっと意識したら、マジカルミライで4列目以内の席を何度も引き寄せるのである(笑)。








本気で神頼みする

引き寄せの法則(潜在意識による成功法則とも言う)を使えば、何もしなくても願望を実現することが出来る。
行動する必要はないし、努力する必要もない。
それは確かだ。
しかし、そう言われたら、本当に何もしない者がいることには、ちょっと驚く。

昔、マイク・ハーナッキーというアメリカの作家が、自分が作家になれたことを題材にして、引き寄せの本を書いたが、その本が斬新で分かり易かったのでベストセラーになり、多くの人がその本を絶賛した。
ところが、その本を読んでも欲しいものが得られないとか、書いてある通りにやってみたが何も起こらないという読者からの手紙も沢山来た(インターネットがなかった時代)。
どれほど評判の良い引き寄せの本でも、こういったクレームは必ずあるはずだ。今なら、Amazonのレビューで見ることが出来る。
そこで、「なぜあなたの引き寄せはうまくいかないのか?」といった本が売れる(笑)。
さっき述べた、引き寄せのベストセラーを書いたマイク・ハーナッキーは、うまくいかないという読者と対話(電話か手紙かは不明)してみた。
すると、ハーナッキーは、その読者が、本当にごく簡単なこと(電話1本かける等)もやっていないことに呆れた。

私も以前から、世の中には、所詮、何をやっても駄目なやつがいることには気づいていたし、実際に会ってもいた。
別に頭が悪い訳でもなく(悪くても良いはずだ)、不利な条件がある訳でもない(あってもうまくいく者も多い)。
そして、そんな人間に関われば関わるほど不気味になってくる。
なぜそこまで心がねじ曲がっているのか、甘ったれているのか、道理が分からないのか・・・謎だ。

まあ、確かに、そんな駄目な人間になった原因は、根本的には、その者の親による過干渉や、その逆の放任(必要な躾をしなかった)だろう。
しかし、そんな駄目な者だって、銃弾飛び交う戦場に投げ込まれたら、すぐに立派になる。
一頃、脚光を浴びた戸塚ヨットスクールというのは、そんな駄目な者達に戦場のようなものを与える場所だった。
つまり、いくら何もせず、言い訳ばかりしている者でも、沖で海に投げ込まれたら必死で泳ぐ。
まあ、それが過激だというなら、例えば、浮き輪を持たせて沖に放置すれば、やがて恐くなり、自分で何とかしようと思うようになる。
ただし、危険に見えても、生徒の安全には万全を期さないといけないし、今の時代、生徒を精神的に追い詰めてもいけない。
しかし、そんな配慮が見えたら生徒にナメられてしまって成果が出ないというジレンマがあり、こういった教育は難しい。
難しいから、自然、高額になってしまい、親の負担は大きい。よくは知らないが、私立大学の学費程度では済まないのは当然と思う。

だが、実際のところ必要なことは、いろんな種類(人種、年齢、性質等)の人間がいるコミュニティーに参加させ放っておくことだ。
しかし、日本を始め、教育界というのは、そんな良いやり方を決して認めない。
だって、教育の目的は、国家の奴隷を作ることなのだからだ。
そんなやり方では、奴隷にならない。
だから、やらないといけない。

私もニートやってのだから、戸塚ヨットスクールが必要だったのかもしれないが、おそらく、入っても駄目だったと思う。
プライドだけは高かったからね・・・つまり、一番駄目なタイプである(笑)。

全ての親に言っておきたい重要なことは、子供が小さい時から、高校を出たら家を出るのだと、毎日でもいいから言うことだ。
そして、その後、犯罪を犯そうが、犯罪の被害者になろうが、親は一切関知しないことを、これも、子供が幼い時から、毎日でもいいから言うことだ。
UFO研究家の矢追純一さんは、治安の悪い中国にいた時、10歳くらいだった自分はもちろん、4歳の妹にも、母親は、「今後はお前達の面倒は見ない。自分で稼いでこないと家に入れない」と宣言したそうだ。
(だが、それで小さい妹が誘拐された時、母親は単独で奪還したらしい。母親は裕福に育ったお嬢さんで、豊かな旦那に嫁いだ人だった)
私は、もっと早く矢追さんの本を読んでいたら良かったと思う。
つまり、こういうことだ。
自分の無力さを思い知ると同時に、自分の中に無限の力があることを理解するという、一見矛盾したことが出来れば良い。
駄目なやつは、丁度、この反対にある。
つまり、己惚れは強いのに、自分には何も出来ないと知っているのだ。
だが、本気で神頼みした時に何かが変わるのである。








偶然は匿名での神の贈り物

昨日、ご紹介した映画『ザ・シークレット:デア・トゥー・ドリーム』の中では、何度も、出来過ぎと感じる幸運な出来事が起こる。
このような、あまりにも都合の良い偶然を、我々は奇跡と言う。
おそらくは誰もが、そんな奇跡とも思える体験の1つや2つは覚えているものだと思う。
そして、奇跡をどう考えるかで、人生は決まる。

『マスターの教え』の中で、マスターは、「奇跡は頻繁に起こっているのに、皆、それに気付かない」と言う。
この本の中でも、人生のどん底にあった男が、気晴らしに劇場に行き、安い席のチケットを買うが、なぜか、高価なBOX席のチケットを受け取ってしまう。
そして、そのBOX席で、マスターと呼ばれる不思議な人物と隣り合わせることとなり、そのマスターに話しかけられたことで人生が変わった。
なぜ、そんなことが起こったのかというと、彼は、心の奥でそのような奇跡を強く願っていたからだと言う。
上の映画の中でも、マスターのような存在である大学教授のブレイは、子供達に、磁石が金属製のクリップを引き寄せるところを見せ、「願いが強いほど強く引き寄せる」と言う。そして、その直後に奇跡が起こる。
ブレイは、こうも言う。
「偶然は、匿名での神様の贈り物だ」
と。
これは、アインシュタインが言ったことらしい。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーも、引き寄せマスターと言える力を獲得した人間だが、「奇跡は単に珍しい出来事で、そんなものは誰でも起こせる」と『成功の扉』に書いていた。

私も、小学生の時、天体望遠鏡が欲しいと思って懸賞に応募したら(特等の懸賞が天体望遠鏡だった)、懸賞に外れたことが分かった直後、親から、「従兄がお前に天体望遠鏡を譲ると言っている」と教えられた。私は、その従兄の顔も知らなかったし、その従兄も、私が天体望遠鏡を欲しがっていることなど知らないはずで、なぜ、従兄が不意にそんな気になったのか謎だった。
いずれにしろ、私は、このことが「たまたま」とは思えない。
また、私は、好きな女の子のことを考えていると、その数秒後には、彼女が居ることなど、あり得ない場所であるに関わらず、出会ってしまうことがよくあった。
一度だけ、「偶然」に会った翌日に、相手の女の子に、「なぜ、あんなところにいたの?」と聞いたことがあるが、彼女の返事は、「私も分からない」みたいな感じだった。
さっきの、天体望遠鏡をくれた従兄にも、ずっと後で、あの時の天体望遠鏡のことを尋ねてみたが、やはり、どうもよく分からないようだった。

これだけは信じた方が良い宇宙の仕組みは、
「良い気分でいれば良いことが起こり、悪い気分でいれば悪いことが起こる」
だ。
つまり、良い気分でいれば、好ましい偶然が起こり、それは、しばしば、奇跡と感じる。
それと共に、上のブレイが言ったことのように、強い願いは、磁石のように願ったことを引き寄せる。
この2つは同時に考えれば最強だ。
つまり、良い気分で強く願えば、即座に奇跡は起こる。
そして、面白いことに、落ち込んだ時に、気持ちを切り替えて、肯定的な気持ち(即ち良い気分)になると、不意に願いが叶うのである。
例えば、こんな話がある。
イギリスの作家コリン・ウィルソンが、子供の時、弟と一緒に森で迷い、長時間歩いてクタクタになった上、雨に降られて身体が冷え、森からの出口はさっぱり分からない絶望的な状況の中、泣き出す弟を見て、コリン・ウィルソンは兄の自覚を思い出し、「しゃんと」したところ、不意にスムーズに森を出ることが出来た。
ウィルソンは、これに対して、難しい解釈を述べていたが、つまるところ、彼は気持ちを切り替え、肯定的な気持ちになることで幸運を引き寄せ、現実を変えたのだ。
我々も、困った時ほど、無理にでも笑顔を作り、ガッツポーズをし、それによって、気持ちを「しゃんと」させると、奇跡だって起こるだろう。
1回や2回で駄目でも、百回ほどやれば良いと思う。








イーロン・マスクさんの本当の目的

海外のことは知らないが、日本では、子供や学生が、自分は将来、どんな仕事をしたいのかといったイメージを持っている人はほぼいない。
大学を卒業する時ですらそうで、就職というものは、「どんな仕事をしたい」ではなく、「大きな会社に入りたい」という視点でしか考えられない。
広告代理店志望だとか、アパレル業界志望だとか言っても、業界に関する知識や理解はほぼ無い(ごく表面的に知っていれば「よく知っている」と言われる)。
今のそんな大学生に不満を持っているようなことを言う企業も多いが、そんな学生だからこそ、企業説明会では大嘘を並べていられるのである。
『13歳のハローワーク』なんてものに載っているのは、嘘とは言わないが、仕事の実態と全く違うことが書かれている(これを嘘と言うのだが)。

そして、学生どころか、長く会社に勤め、いい歳になり、社会経験も積んでいても、「自分は本当は何をしたいのか?」と考える始末である。
まあ、考えるだけマシと言えるかもしれないが、実際は、まさに「考えるだけ」だし、しかも、ほとんどが「愚にもつかない考え」だ。
その中で、私のような、プログラマーになりたいと考える人もいるが、なかなかうまくいかない。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーが著書の中で、こんなことを書いていた。
彼は時々、いろんな人達から、「作家とは羨ましい。私も作家になるのが夢だったのです」と言われることがあったのだが、そんな時は、「じゃあ、あなたも作家になればいいじゃないですか?」と返すのだそうだ。
ハーナッキーは、それは100パーセント可能と思っているが、そう言って来る相手は、自分には出来ないと思っているのである。
ハーナッキーの方も、大学を出てから、教師、証券マン、弁護士と職を変え、どれも面白くなくて、遂には病に倒れたが、何の当てもなく「作家になる」と決めて仕事(弁護士)を辞めて作家になったのだった。

私は、仕事は何かと聞かれたら、システムエンジニアだとかプログラマーだとか言うが、これらの仕事に、一定の形がある訳ではない。
同じプログラマーだと言っても、それぞれ、全く別物の仕事と言って良い。
だがそれは、プログラマーに限らず、学校の教師も、イラストレーターも、ダンサーも、野球選手も、YouTuberも、全部そうである。
乞食も職業だという話があるが、それは実に多様な職業で、一人前の乞食になるための「乞食養成学校」なんて作りようがない。
だがそれは、野球選手もYouTuberも全く同じなのだ。

そもそも、我々の仕事は人間でしかたなく、仕事の形態は、「考える人」「戦う人」「移動する人」「しゃべる人」「作る人」といった、人間の基本的行動に分けられる。
サッカー選手は「戦う人」で、YouTuberは「作る人」だ。
こう言えば、「YouTuberも考えるぞ」と言いたい人もいるだろうが、YouTuberは作ってナンボであり、考えても金にならない。
教師が、「俺は日本の腐敗した教育と戦っている」と言うなら、迷惑だから辞めてくれとしか言えない。

だが、人間の本当の仕事は、「良い気分になる」ことだけである。
「いや、良い気分になっても金にならないじゃないか?」と言う人がいるなら、答は「金になる」だし、それ以外に金を稼ぐ方法はない。
なぜ、これが本当の唯一の仕事なのかというと、世界がそう出来ているからとしか言えない。
まあ、今の社会の常識で言えば、こんなことは宗教にも、お伽噺にもならない。妄想より悪いと言われるかもしれない(いや、言われる)。

良い気分になるための手段として、野球選手になったり、歌手になったり、プログラマーになることはある。
だが、ほとんどが、一瞬、良い気分になったつもりで、実は、ほとんどの時間、悪い気分でいるのである。
何もせずに良い気分になれるのなら、それはそれで良いのだが、それは割と珍しいと思う。
どちらかというと、絵を描いたり、音楽を作ったり、救助したり、殴り倒して気分を良くしたいものなのだ。
だが、火星ロケットを飛ばすことが本当の目的ではなく、良い気分になるために、それをやるのだ。
イーロン・マスクに、「なぜ、そんな壮大でクレイジーなことをやろうとするのか?」と聞いたら、彼は半ばはにかみながら、「人類にやる気を起こさせたい」みたいなことを言ったが、はにかみたい気持ちも分かる。
嘘だからだ。目的は、良い気分になることである。
だが、彼も、そう言わざるを得ないのだろう。だからはにかみながら答えたのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード