ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ベルベル・モーア

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ムカついたら最後

100パーセント、将来を真っ暗にする方法をご存じだろうか?
そんなこと、知りたくない?(笑)
もっともであるが、多くの人がやっているし、私も、やっていたことに気付いてぞっとしている最中なのだ。

それは、「ムカつく」ことだ。
どうだろう?
やはり、多くの人がやっているはずだ。
「ムカつく」は、他の言い方では、「気が悪い」「癇に障る」「不愉快」「嫌な気分」とか言うが、どれも同じで、そんな気分にならないのが最も良い。
しかし、ムカついてしまったら、早く気分を切り替えることだ。
だが、多くの人が、ムカついた後、その出来事をいつまでも頭の中で反芻し、ムカつき続けている。
そうすると、どうなるかというと、その後も、ムカつく出来事が次々起こり、それでもムカつき続けると、おそらく、ムカつく出来事の規模や破壊力はどんどん大きくなる。

ムカつきがムカつきを呼ぶ負の連鎖は、暇な人の方が多く起こる。
どういうことか説明する。
普通、人間は、大人になり、年齢が高くなると、忙しくなり、責任も重くなるので、つまらないことにムカついている暇はなくなる。
つまり、仕事や義務や責任を果たすために、強制的に気分を変えることが出来るようになり、少しくらいのことではムカつかなくなるのである。
しかし、やることがないと、自分の意思で気分を変えないといけないが、本来、それをやるには、鍛えられることで円熟した精神力が必要なのである。
だから、ずっと暇で、精神を鍛えていない者が、いったんムカつくと、長引いてしまい、そのまま地獄に一直線にもなりかねない。
実は、人間が、働かかないよりは働いた方が良い理由は、経済的なこともあるが、比較的簡単に、ムカつく機会を減らすと共に、気分を変えるコツを掴むためなのだ。
だから、自力で精神を鍛えるという、途方もない難しいことをするくらいなら、たとえ、働かなくても食べられるとしても、働いた方が良いのである。

現代の中学生や高校生、あるいは、大学生は甘やかされまくっているので、物凄くムカつき易いのである。
いや、「ムカつく」を超える「キレる」という、よえり悪い言葉の方がよく知られているが、キレて気分をいつまでも変えられずにいると、さらにキレる状況が次々に起こり、この連鎖を止めることが出来なければ、やがて、恐ろしく悲惨な結末を迎える可能性もある。
これは、精神論や宗教論ではなく、進歩的な知識や理解のある人にとっては、科学的事実と言えると思う。

ムカついたなら、一刻も早く気分を変えなければならないが、ムカついた気分が不幸を呼ぶことをはっきり理解したら、気分を変えることは、かなり容易くなる。
しかし、そうでないなら、気分を変える具体的な手段を持たなければならないが、それは、あまり刺激的なことであってはならない。
ストレス解消というのは、その乱痴気騒ぎが終わった後で、ムカついた気分が、より大きな形で蘇ることが多いし、何よりも精神が鍛えられず、むしろ、弱体化するので、ストレス解消を重ねていると、どんどん、ストレスが大きくなるというのが事実なのだ。
そこで、ストレス解消など決してしようと思わず、貴くも美しい思い出に浸ったり、美しい音楽を聴いたり、美しい絵を見たり、ペットと遊んだり・・・自分が一番、精神を静かに出来る方法を知っておくことだ。
私なら、初音ミクさんのライブのことを思い出すとかであるが(笑)。
だが、最も効果的なことは、微笑むことと、ガッツポーズをすることである。
そして、超強力なものが、ヨガのライオンのポーズや、世界最高のラグビーチームであるニュージーランド代表「オールブラックス」が国際試合の前に披露する踊りであるハカの中にあるように、舌を思いっきり出すことである。
スマイルとガッツポーズは、1日百回でも多過ぎない。
尚、ドイツのベルベル・モーアが提示したユニークな方法として、ムカつくことがあったら、「心おだやかに!」という言葉を唱えるというものがあり、彼女が住んでいた地域で、「心おだやかに!」ブームが起こったほどだという。








気分が一番大事

プロのサッカー選手や、「食べられる」画家やYouTuberになるのは、極めて難しいと思われる。
ところが、それらに比べたら、プログラマー(システムエンジニアも同じとする)になるのはずっと簡単なのだが、どうしてもなれない人も少なくない。
ところが、実のところ、プロサッカー選手になるのも、プログラマーになるのも、違いはない。
ジョン・マクドナルドの『マスターの教え』に、(豪華客船)などの船の船長が、その船の船主になることは、とても無理なように思えるが、船長と船主の違いは、呼び名の違いだけと書かれていた通りなのである。つまり、船長が船主になるのは難しいことではない。

願いの叶え方としては、私が好きなベルベル・モーアが、初めて引き寄せで彼氏を得た時のやり方が面白い。
9つの条件(酒、たばこをやらない。菜食主義。太極拳が出来る等)を満たす男性を3か月後と、1回、宇宙に「注文」する。
それで終わり。
モーアは、このやり方を友達に教えてもらったのだが、実はなんと、このやり方がインチキであえることを証明するためにやったのだった。
結果は、完璧に叶った(笑)。
成功要因は、願った後に忘れたからだった。あんまり馬鹿らしいからね。
だが、忘れたことで、簡単に叶ったのだ。
ところが、例えば、すごく結婚したくても出来ない女性が、宇宙に、素晴らしい人と結婚出来るよう注文したらどうなるだろう?
もちろん、宇宙は叶えようとするが、モーアによれば、普通の人はその後、何度も注文を繰り返すことで駄目になるらしい。
どういうことだろう?
この女性は、注文した後、「どうせ無理に決まってる」「私はずっとモテなかったのよ」「婚活パーティーでも、全然、声をかけてもらえなかった」などといったことを、相当な時間、考えることで、宇宙は、「結婚は無理」「モテない」「婚活パーティーで人気がない」を注文通り実現するのだ。
彼女が成功するには、注文自体は1回で良いが、「素晴らしい人と結婚して嬉しい」という気分を感じることだ。
そして、その楽しい気分を感じる時間は、「どうせ結婚出来ない」と思って気が滅入る時間より長くないといけない。
モーアの場合、理想の彼氏を注文した後、インチキだと思っていたので、そのことについて、考え続けることがなかったのだ。
そして、方法自体はインチキでも、「そんな彼が出来たら楽しいわね」と、良い気分は味わったのだろう。彼女がそんな明るい性格であることは、本を読めば解る。
この「気分」が物凄く大事である。
他には何も必要ないと言って差し支えない。

プロサッカー選手を目指して、真面目に黙々と練習している人がいたとする。
しかし、それでも、プロどころか、学校や会社のサッカーチームですら、レギュラーにほど遠いかもしれない。
なぜなら、プロサッカー選手になって楽しいという気分を味わわず、「学校のレギュラーにもなれない」という暗い気分ばかり味わっているのだからだ。
彼がプロサッカー選手になろうと思ったら必要なことは、プロサッカー選手になって楽しいという気分を、「俺は才能がない」「どうせ駄目だ」「とてもプロになれるとは思えない」という想いから来る嫌な気分より長く感じることだけである。
本当にプロサッカー選手になりたいなら、それが実現したら楽しいはずであるから、それほど難しいことではないはずだ。
それが出来ないということは、本当はプロサッカー選手になりたい訳ではないか、心が弱いのである。

プログラマーになりたいとする。
それで勉強するが、プログラマーになれて楽しいという気分より、「私には駄目ではないのか」という暗い気分を味わう方が長いなら、やはりなれない。
そして、楽しい気分を味わうために、心をしゃんとさせることは、自分でやらないといけない。
ところが、世の中には、そんなところまで、人にやってもらわなければいけないような、甘ったれた者が少なくない。
多分、親が構い過ぎたのだと思う。
しかし、本日ただいまより、「目標が叶って楽しい」という気分を、必要なら1日中味わうと決めれば、過去にグッバイである。








大人が魔法を使えない訳

アメリカの哲学者、ラルフ・ウォルドー・エマーソンが、『自己信頼』の中で、経済的な不安を持たない少年(親が扶養しているので)の態度を称賛している。
普通なら、そんな少年達が偉そうな口を利くと、「生意気なガキ」「親のすねかじり」とか言うが、そうではなく、このアメリカ最大の賢者は、それを見習うべき態度だと言うのである。
ところが、少年達も、大人になると、自分の面倒は自分で見るようになるが、特に、今の時代は、男も女も、自分に自信がないので、不安を感じるようになる。
それで、大人になっても、親や偉い人に頼り、不安を紛らわそうとするが、所詮、そんなのは誤魔化しである。
そんな不安や、不安が元である不満を利用したのが、アドルフ・ヒトラーだった。

人々のそのような不安に対し、ヒトラーとは違う優れた精神的リーダーは2つの道を教えた。
1つは、「神を信頼しろ」だ。
もう1つは、「自分が神だ。自分を信用しろ」だ。
前者の方が圧倒的に簡単で、アメリカの国家的モットー自体が「イン・ゴッド。ウィ・トラスト(我々は神を信頼する)」なのである。
日本でも、江戸末期の神道家、黒住宗忠は「まることの教え」、つまり、「まるごと、全部、神にまかせよ」と教えた。
方や、「自分を信頼しろ」と教え、称賛されているのが、上で述べたエマーソンである。
しかし、つまるところは、2つは同じことなのだ。
だが、順番としては、神、仏、あるいは、天とか宇宙を頼った方が良いかもしれない。
それでうまくいけば、自然に、自分を信用するようになるからだ。

ピエール・フランクの『宇宙に上手にお願いする方法』の最初のところに、楽しいことが書かれていた。
彼は、子供の時、天使に頼んで、何でも願い事を叶えてもらっていた。
希望通りの自転車でも、ハリウッド映画出演でも。
願い事は叶うのが当たり前だった。
どんな無茶な願いでもだ。
私も全くそうだった。
ただ、私は、フランクのように、天使とか、何か高次の存在に頼んだ訳ではないが、自分に頼んだという自覚もない。
ただ、願いが叶った様子を想像して楽しんでいたらそうなった。
希望通りの反射式天体望遠鏡のような物もだが、テレビ放送を自由にコントロールする得意技があり、これは、後で考えると、イエス並の奇跡と言って大袈裟ではない・・・と思う(笑)。

フランクは、大人になると、願いを叶えることが出来なくなった。
私もかなり苦手になった。特に、親や教師らから、負の暗示を叩きこまれた社会的なこと・・・例えば、お金のことに関しては。
大人になると、なぜ駄目になるのかというと、フランクの場合は、神とか天使に対する絶対の信用を持たなくなったのだと思う。
私の場合は、引きこもり時代にジョセフ・マーフィーの本を読み、そこそこ力を取り戻したが、いまひとつぱっとしない理由は、最近分かったが、クドクドと何度も願うからである。
いったん願ったら、ぱっと忘れるのがコツで、フランクの本にもそう書かれているし、大きな願いを叶えた人達は、皆、そう言っていると思う。
パム・グラウト(引き寄せの啓蒙作家)は、確かに、「紙に願いを何度でも書け」とか「1日に何度も願いを書いた紙を読め」と著書に書いているが、それは、あくまで、願いが実現したというイメージを定着させるためなのだが、普通の人は、そうすることで却って、願いに執着し、何度も願ってしまうということになり、結果、叶わない場合が多いのだろう。
これに関し、ドイツのベルベル・モーアが面白いことを書いている。
友人に、宇宙に願い事をするよう言われ、仕方なく付き合いで、いくつかの条件を満たす彼氏が出来るよう一度頼んだら、条件通りの彼氏が期限通りに出来た。
なぜ、うまくいったのかというと、「あまり馬鹿馬鹿しいから、願ったらすぐ忘れた」からであったという。
願ったらすぐ忘れるべきである。








願いが叶う単純な理屈

イエス・キリストや黒住宗忠(江戸時代末期の神道家)が、超能力のようなもので病気を治した話は、よく知られている。
作家で超能力研究家だった中岡俊哉氏は、若い時に過労で脳梗塞になり、60歳を過ぎて再度、脳梗塞で倒れた時は、医者に、回復するとしても長期間を要するし、重い後遺症が残り、社会復帰は極めて難しいと言われていたのが、あっという間に全快してハードな仕事に復帰した。中岡氏は、ハンド・パワーに関するベストセラーの本を書いていて、その本には、ハンドパワーで病気や怪我が治ると書いたのに、自分が治らないようでは嘘つきになってしまうと思って、「ちゃんと」自分を治したのだった。

『美少女戦士セーラームーン』に登場する、土萠ほたるという11歳の美少女は、手で触れると怪我を治す不思議な力を持っていたが、これも、イエスや黒住宗忠、あるいは、中岡俊哉氏と同じようなものと感じる(ただ、ほたるは自分の病気は治せない)。

では、このような病気治癒の超能力の仕組みは何だろう?
そもそも、この世界は、宇宙人のような超知的な存在が作ったVR(仮想現実)世界であるという説があり、それで言えば、「そんな設定なんでしょ」となるが、VRの設定だって精巧なものだ。
そこで、まず、病気治しを説明する前に、この世は電子で出来ていると言っておこうと思う。
こう言うと、「いや、あらゆるものは分子、あるいは、それを構成する原子で出来ているんでしょう?」と言う人が多いと思う。
それはその通りなのだが、言い直しても、「この世は、ほぼ電子で出来ている」と言える。
物理学者の多くは、「原子は原子核と電子で出来ているが、原子の大きさに占める原子核はあまりに小さく、電子はもっと小さい。よって、原子は実際はほとんど何もない空間だ」と言う。
ところが、1個の電子は、原子の中の広い範囲に移動出来(特定の時刻にどこに存在するかは分からない)、その存在可能範囲を電子雲と言うが、電子雲は広いので、原子はほぼ電子である。だから、この世は電子で出来ていると言えるのである。

そして、電子は、人間が見ていない時は波動(波という現象)で実体がないが、人間が見ると粒子(粒)という実体になる。
つまり、電子は人間の心に反応する。
さらに、電子は、人間の心の動きを予測するとも言われる。
万物を構成する電子が人間の心に反応するなら、人間が、ある種の精神状態である時、電子は、人間の希望通りに動いてくれるのかもしれない。
それにより、怪我や病気の状態である生体の部分を正常な状態にするのかもしれない。
ただし、西洋医学的な考えでは、ある臓器が悪い場合、その臓器を治せば良いのだが、東洋医学では、悪い臓器以外に病気の原因があり、それを治さないと、その臓器だけを治しても再発する。
だから、レベルの高いヒーラーは、病人やけが人の悪い場所だけでなく、全体を治すことが出来るのだと考えられる。

さらに推し広げて考えると、万物は電子で出来ていて、人間の心は電子と意思疎通出来るのだから、人間の心は、世界を動かせるのかもしれない。
ただし、怪我や病気を治すことなら想像が出来るが、プロスポーツ選手になるとか、雨を降らせるとか、戦争をやめさせるとかになると、巨大な知性の支援がなければ無理だと想像出来るだろう。
その巨大な知性を神と言うのだが、どんな形で存在するかは分からないが、そんなものがあるから、宇宙は秩序を持って運行されているのである。
そして、人間と神は、意外に普通に通じている。
だから、神への頼み事のうまい人は、願いを簡単に叶えてしまう。
ドイツ人のベルベル・モーアという人は、編集の仕事が欲しいなら、「編集の仕事、お願いします」で、仕事は来るし、お城に住みたければ、「お城、お願いします」、ベジタリアンで太極拳が出来て・・・など、25の条件を満たす彼氏が欲しければ、「これこれの条件を満たす彼氏、お願いします」で、すぐ叶うらしい。
コツは、Amazonに注文するように、「届いて当たり前」と思うのだそうだ。













当ブログ著者、KayのAI書。
あなたも「実用AIを作れる人」になりましょう。
WindowsパソコンとExcelくらいは使えないといけませんが、数学、プログラミング、AI理論は分からなくても構いません。
常識的な概念で分かるテーマで無料の優秀なAIツールNNCの使い方をマスターし、面白い問題で楽しみながらAIを作ることが出来るようになるよう工夫しました。

無力な者が願いを叶えるには

少し前、アメリカの作家マイク・ハーナッキーの「願いを叶える究極の秘訣」を何度か取り上げた。
この秘訣は、確かに注目はされたが、それほどの人気は保っていないように思われる。
非常に鋭いところがある上、極めて簡単なのに、なぜだろう?
その秘訣とは、「願いを叶えるために必要はことは全て自主的に実行する決意をする」であった。
そして、必要なものは決意だけで、実際に何かする必要はない。
だが、決意する段階で疲れるかもしれない。
つまり、願いを叶えるために必要なこととして、物凄く困難なことがあると思えたら、とりあえずは、それを実行すると決意しなくてはならないのである。
実際には、しなくて良いかもしれないのだが、「では、やらない」と思ったら、宇宙の力は働いてくれない。
宇宙に嘘は通用しない。
本当はやる気がないのに、やる気のあるフリをしても駄目なのだ。

そこで、覚えておくと良いことがある。
元々、人間に出来ることは僅かなのだ。
それを知ってると、願いを叶えるために、難しいことをしなければならないという発想が出てこなくなる。
つまり、謙虚であれば良いのだ。
だが、たとえ些細なことであっても、それをすることが必要なら、それを本気でやる気にならないといけない。

そこで、面白い実例を2つ挙げるので、参考にしていただきたい。

1つは、アメリカの精神科医ミルトン・エリクソンの話だ。
エリクソンは、「魔法を使って治している」と言われた、驚異的な精神科医だった。
そのエリクソンは17歳の時、ポリオウイルスに感染したことで、全身の運動機能が麻痺し、動かせるのは目玉だけという状態になった。
ある夜、医者が母親に「彼は朝まで持たない」と言うのが聴こえた。
すると、エリクソンは、目玉を動かして、夕陽が見える窓を見て思う。
「もう一度夕陽を見てやる」
きっと彼は、もう一度夕陽を見るためなら、何でもやる決意をしたはずだ。
しかし、彼に出来ることは何1つないのだ。

もう1つは、日本人の有名なコック(多分、村上信夫さん)の話だ。
第二次世界大戦中、彼は、「シベリア抑留」として知られる、旧ソ連の捕虜になっていた沢山の日本兵の一人だった。
彼のことを、以降コックと言う。
ある夜、ロシア兵がコックを、ある場所に連れていった。
そこには、大怪我で瀕死の日本人兵がいた。彼を以降、負傷兵と呼ぶ。
ロシア兵はコックに、
「お前はコックだろう?この負傷兵は朝まで持たない。最後に何か食べさせてやれ」
と言う。
コックは負傷兵に「何が食べたい?」と尋ねると、負傷兵は「パイナップル」と言う。
しかし、そんなものがあるはずがない。
そこでコックは、林檎をパイナップルのように切り、フライパンを使って砂糖で味を付けた。
それを負傷兵に食べさせ終えると、もう二度とこの負傷兵に会うことはないと思いながら去った。
それからしばらくして、コックが収容所内を散歩していたら、一人の日本人に呼び止められた。
驚いたことに、あの負傷兵だった。
生きていないはずの負傷兵が、今や、実に元気そうだった。
負傷兵はコックに言った。
「あんな美味いものが食べられるなら、もう一度、生きてみようと思ったのだ」
負傷兵は、もう一度、美味いものを食べるためなら、何でもやってやると決意したに違いないのだ。
しかし、彼もまた、実際には何も出来なかった。

我々もまた、この2人と同じなのだ。
しかし、自分は何か出来ると自惚れている者ほど、宇宙のサポートは得難い。
ドイツ人女性ベルベル・モーアは、理想の彼を得ることにした。
その彼氏には、菜食主義で酒も煙草もやらず、太極拳が出来る等、合計9つの無茶な条件を付けたが、そんな彼を得るために、自分に出来ることは何もないと悟ったのだろう。
宇宙にお願いしたら、その通りの彼氏がやってきた。
そうと分かれば、もっと条件の良い彼氏に変えるのが人情ってもんでさあ・・・と思ったかどうか知らないが、実際、次々、彼氏をグレードアップしていった(笑)。

自分は徹底的に無力である。
しかし、その無力な中で出来ることだけはやろうと思ったに違いない。
『歎異抄』は、極楽往生という願いのために、念仏だけは唱えようというものである。
しかも、1回でも良いのである。
いや、唱えなくてすら、唱えようという気さえあれば良いのだ。
師匠の法然と違い、親鸞は、実にゆるい。
尚、極楽往生の主意は、今ここを極楽世界にすることであるから、実は万能である。

では、上記の誰かの真似をすれば、いかなる願いも叶うのである。

★★★ お知らせ ★★★
私Kayの著書(数学講師Mr.Φとの共著)

『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)

の発売日が、

2020年5月11日 → 2020年5月30日

に延期になりました。
政府の緊急事態宣言により、現在、紀伊国屋など大手書店が休業になっていますが、5月11日までに緊急事態宣言が解除されない可能性があることに関係すると思われます。
本をご予約いただいている方には、まことに申し訳ありませんが、出版日までお待ちいただけますよう、何卒ご理解の程、お願い申し上げます。













上にお知らせしました通り、発売日が5月30日に延期されました。
全ての人がAIを味方にして、新しい時代に対応出来るようになることを願って書きました。
ソニーが無償で提供して下さっているWindowsアプリNNCを使い、数学もプログラミングもなしに自分でAIを作ることが出来るよう、易しいけれど面白いAIの推測問題を考えました。

プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード