ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ヘンリー・フォード

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

川上量生さんはやっぱり凄かった

企業は、儲かっている時は社員を大切にすることが多い。
大昔から、雇い人を大切にする雇い主はいたが、逆に、雇い人を物扱い、奴隷扱いをする雇い主もいた。
しかし、雇い人を大切にするのだって、好況時限定である場合も多かっただろう。

ヘンリー・フォードがフォード自動車を創業し、成功すると、従業員を大切にして賃金を上げ、当時は金持ち専用のものであった自家用車を工場労働者でも買えるようにするという驚くべきことを実現させた。
大切にされて、やる気を出した労働者の仕事振りは良く、それが、生産性や車の品質向上につながり、ますますフォード自動車は売れて、ますます儲かり、自動車は安く、従業員の賃金は上がるという好循環にもなった。
しかし、不況になると、ヘンリー・フォードの息子や孫達は、自分はプライベート・ジェットで通勤するという超贅沢をしながら(途方もない金がかかる)、労働者はがんがんリストラした。

日本でも、戦後十数年になると、鉄鋼大手(新日鉄、川崎製鉄、日本鋼管、神戸製鋼)あたりは大変な好況で、工場労働者を始め従業員のために広大な社宅を作った。
4~5階の丈夫な鉄筋コンクリートで、普通のアパートよりよほど良い社宅に格安で住めるのである。
さらに、家族のための工場見学を実施し、お父さんが働いている職場が、どれほど凄いのかをアピールし、見学に来た家族には美味しいお弁当を振る舞い、子供達にはお菓子も与えた。それは、家族にもだが、会社にとっても、非常に良い影響を与えたと思う。
日本では、少々の不況であれば、なんとか従業員を雇い続ける場合が多かった。
不況でも、日本がアメリカほどの悲惨さが見られなかったのは、そんなところが良い方向に働いたのだと私は思う。
しかし、日本でも、リストラが普通になり、貧困層が生まれたのは、経営者側の責任もあるのだが、長い優遇で堕落した従業員の質の低下もあると思うのだ。
それにより、真面目な従業員も不幸にしたのである。

どういうカラクリかは簡単に言えないかもしれないが、従業員を大事にしない会社は確実に潰れる。
しかし、会社が従業員を大切にしても、従業員が腐っていれば、会社の業績は傾く。そして、従業員の教育も会社の責任である。
今は、法令で従業員は保護されているし、それを破ると企業が罰則を受ける。
だが、従業員が腐っていると、会社の内部は澱み、特に、真面目な社員は居心地が悪く、立派な人から順に辞めていく。
とはいえ、そんなことが起こるのも、経営者と従業員の心が離れているからなのであると思う。

表向きのことしか分からないが、ドワンゴは、急成長し、東証一部に上場し、ニコニコ動画で有名企業になり、出版大手カドカワと提携し、統合企業のトップにはドワンゴ会長だった川上量生さんが就くという、ドワンゴや川上さんの大成功物語は爽快であった。
しかし、近年、ドワンゴの業績が低下し、ついに大赤字となり、川上量生さんは完全に表舞台から消え、ドワンゴは統合会社KADOKAWAどころか、かつて、対等に統合したカドカワの子会社になるという落ち目になってしまった。百億円以上あった資本金も1億に減資というのは、もう終わったようなものだ。
本当かどうかは知らないが、川上量生さんが、ニコニコ超会議という、幕張メッセを「だいたい」占拠して行う壮大なイベントを始めた理由は、ニコニコ動画のリニューアルに5年かかると、従業員に言われたことらしい。5年も革新がないと、絶対潰れるので、話題作りのために始めたという。
もし、それが本当なら、ドワンド凋落の原因は、すぐにニコニコ動画をリニューアルさせなかった川上さんの判断ミスだろう。
とはいえ、むしろ、ニコニコ超会議、あるいは、その他の話題作りで5年持たせた川上さんはやはり凄かったと思う。
あの才能、埋もれさせるのはやはり勿体ないと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

元気を出せ

1つのテレビ取材に、真実性があるかどうかは全く分からないが、フジテレビの「めざましテレビ」を見ていると、フランス最大の自動車メーカーであるルノーの工場労働者は待遇が非常に悪く(重労働でも給料は安い)、ルノーのトップであるカルロス・ゴーン(日本では容疑者)を恨んでいるといったことが、労働者への直接取材として報じられていた。
たった1人や2人の労働者へのインタビューが、労働者全員の意見を代弁しているかどうかは分からない。
だが、それで思い出したのは、フォード自動車の創業者であるヘンリー・フォードの自伝『藁のハンドル』に書かれていたことだ。
まあ、こちらも、真実性は不明ではある。
この本では、フォードは、自動車を安くすると同時に工場労働者の給料を上げ、労働者自身がフォードの車を買えるようにすることが、フォードが達成した目標だったようだ。
本当なら素晴らしい話である。
しかし、少なくとも今の日本では、自動車工場の労働者の待遇が良いといった話は聞かない。
普通に知られているのは、そんな工場労働者は、非常に低収入であると同時に、いつクビを切られるか分からない状況であるということだ。
そして、今やフォード等、アメリカの自動車会社も同様と思われるが、トップは、おそらく、カルロス・ゴーン以上の高収入で、業績不振で政府の援助を求めた時、自家用ジェットで通勤するトップに対し、「せめて飛行機のファーストクラスを使ってくれ」という凄い話があったらしい。

庶民感覚では分からないことだろうが、金持ちになるにしても、神を畏れ慎みを持った方が良いような気はする。
ところで、有名な宗教家の谷口雅春氏の著書『生命の実相』によれば、ヘンリー・フォードは、自分が成功した要因は、ラルフ・ウォルドー・トラインの著書『In Tune with the Infinite』であるという。
同書は、谷口氏自身が『幸福はあなたの心で』というタイトルで、格調高い文語訳を出しているし、『人生を開く「万能の鍵」』と題された口語訳もある。
原題は「神と同調して」といったような意味であろうか?
私は、この本は、昔、目を通したが、あまり面白く感じなかった。
浅い読み方では、楽天的に考えることを薦めているようで、印象的だったのは、そんな楽天性を備えた女性が、80歳を過ぎているのに25歳以上に見えないというお話だった。
ラルフ・ウォルドー・トラインは、アメリカの哲学者ラルフ・ウォルドー・エマーソンを崇敬するために、このペンネームを使っていたようだ。
私が知る限り、エマーソンが直接、楽観主義を説いたことはないと思うが、エマーソンの思想は「天上天下唯我独尊」と言えると私は思う。そんな存在が悲観的な訳がないだろう。いわば、エマーソンは楽観主義も超えているのだ。

しかし、とにかく、根本的なことは、西城秀樹さんの『ヤングマン』ではないが、「君も元気出せよ」であり、元気を出せる方法を持っていなくてはならない。
私は、この美しい姉妹の力強い歌声で、いつでも元気が出るのである。
【IA & ONE OFFICIAL】Into Starlight -anniversary special ver.- (MUSIC VIDEO)|YouTube
正式バージョンは、むしろ下のものだが、私は上のJKスタイルの方が少し好きだ。
【IA & ONE OFFICIAL】Into Starlight (MUSIC VIDEO)|YouTube









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

思うような仕事を得るには

もうすぐアメリカ合衆国大統領に就任するドナルド・トランプのキャッチフレーズは「神が創造した中で最も偉大な雇用を作る人間になる」だ。
私は、これはとても良いと思う。
ところで、取り上げ方が悪いのかもしれないが、アメリカの失業者は、恐ろしく肥満した身体をしていながら、「仕事がなくて困っているんです」と、哀れっぽく言うのが、何か芝居がかっているように思えてならない。
要は、彼らは、「楽で、給料が高くて、体裁も良い」仕事が欲しいだけなのだ。
「厳しくて、給料が安くて、格好悪い」仕事なら、それなりにあると思う。しかし、そんな仕事は嫌だという訳だ。
別にそれは悪いことではないが、楽な良い仕事が出来る資質は、決して低くはない。
では、どうすれば、そんな資質が得られるか?

有名な宗教家の谷口雅春さんの本で見たのだが、フォード自動車の創業者ヘンリー・フォードは、トラインの『In Tune with the Infinite』という本が自分の成功の要因で、この本を自宅に大量に保管し、来客にプレゼントしていたらしい。
良い本だが、そのタイトルが難し過ぎるように、「つまるところ、何をすればいいの?」が分からない。
タイトルは、「無限者と調和して」とでも訳せば良いのだろうか?
谷口さんは、翻訳書のタイトルを『幸福はあなたの心で』とし、他にも『人生の扉をひらく「万能の鍵」』というタイトルが付いた翻訳書があるが、要は、タイトルからして難し過ぎるのだ。
実際は、タイトルも内容も素晴らしいのだが、いかんせん、やっぱり難し過ぎるのである。
フォードは成功したが、彼から本を渡された人達は、元々、上流階級の人たちが多かったのだろうが、それでも、フォードのようにはならなかった。
「良書、必ずしも役に立たず」である。

トラインの本を実践するなら、単に、イエスの「主の祈り」を称えれば良い。
しかし、「主の祈り」もまた、難しくて、2千年の歴史の中で、誤解されまくってきたのだ。
イエスよ、我々は、あなたが思うより、ずっと阿呆なのだ。
だが、「主の祈り」の真理を正しく7文字(漢字6文字)で表したのが「南無阿弥陀仏」の念仏なのだと思う。
要は、それが何者かは解らないが、無限者に意識を向け、自分は無になれば、全てはうまくいくのである。
この念仏でなくても、好きな神仏の名や、神仏に呼びかけるマントラ(真言)でも同じことである。
大切なことは、自分より高い存在を意識し、自我が退くことなのである。
それでうまくいかない方がおかしい。
親鸞も、念仏を称えれば、この世での利益も無限であると言っているが、別にそれは、冗談でも方便でもない。事実なのである。
水野南北の一番弟子もそうであったらしいが、無能な男であったにかかわらず、常に念仏を称えていたので、楽で良い思いばかりしていたのである。
念仏、マントラ、呪文を称えることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世界的名著が人々を不幸にする

ラルフ・ウォルドー・トラインの『In Tune with the Infinite』(無限者と調和して)は、1987年に出版され、世界的なベストセラーになり、現在も読み継がれている。
フォード自動車の創業者ヘンリー・フォードが、自分の成功はこの本のおかげと言い、この本をあらゆる人に薦めたという。
日本では、天才的な宗教家であった谷口雅春さんが荘厳な文語で翻訳し、2012年には口語訳の新訳も出ている。

確かに素晴らしい本であり、読むことは全面的にお薦めする。
ところで、この本の中で、著者トラインは、無限者、即ち、神と調和するためには、それに相応しい考え方が必要と主張している。
つまり、善意ある明るい考え方、楽天性、積極性、不屈の意思・・・といったもので、人間には、こういった思考を選ぶ力があるのだから、そうしなければならないということであり、そうであれば自分の世界を天国にするが、そうでなければ、地獄を創ってしまうと言うのである。
トラインの考え方とは、思考の性質が人生を決めるということだと言って良いだろう。
しかし、私は、そんな考え方は、かえって人々を不幸にしたと思う。

善意ある考え方ができるだずだと言われても、できない人がいる・・・いや、本当は誰にもできない。
私などは、年中悪いことや邪まなことばかり考えている。
善いことを考えるようになりたいと思わないでもないが、一生かかってもできそうもない。
そして、それで良いと言ったのが、法然や親鸞なのだ。
煩悩に満ちた我々凡夫は、善いことは何もできなし、善良な思考をすることも極めて難しく、常に、悪しき想いに囚われている。
だが、至高の仏である阿弥陀如来は、そのような凡夫を哀れに思い、そんな愚かな全ての人を救うために仏になったのだ。
大切なことはただ1つ。阿弥陀如来に全て任せ切ることだけだ。
その徴(しるし)が念仏なのであり、言い換えれば、念仏だけをすれば良いのである。
念仏以外の善を為そうなどと考えてはならない。念仏以上の善などないのだから。
ただし、念仏は自分で為す善ではないので、念仏を自力の修行だと思ってもならない。
念仏は、救っていただいた阿弥陀如来への感謝に過ぎないのである。

それを想えば、ジョセフ・マーフィーは、実に調和ある教えを説いていた。
まず、神は決して罰することはない。
そして、我々は、神が、我々を豊かにする方法、健康にする方法を知っているということが分かりさえすれば良いのだと。
後はただ、任せてしまうだけだ。
マーフィーは、決して伝統的なキリスト教の教義を説く牧師ではなかった。
非常に進歩的な宗教者であったが、それが親鸞的なのである。親鸞がいかにラジカル(急進的)で、当時の仏教界において過激に思われたかが分かろうというものと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不正な勝利を得る者の末路

私が通っていた幼稚園のクラスで、毎日やっていたのかどうかは憶えていないのだが、じゃんけんトーナメントをよくやっていた。
クラス全員が2人一組でじゃんけんをすることを繰り返せば、最後に、「今日のチャンピオン」が決まる。
じゃんけんに実力があるのかどうかは分からないが、4つ5つの子供にとっても、一番になることは嬉しいものらしい。
だが、私は、一番になったことがあったっけ?
「今日の一番はKayくん!」
なんて言われたことがあったっけ?
実を言えば、言われたような気もするし、その時の状況を、そこそこリアルに想起できる。
しかし、それが想像であるような気もする。
そして、ある変わった出来事がなかったら、そんなゲームをしたことも憶えていなかったと思う。

ある日、そのじゃんけんゲームが行われていた。
「メリーさんの羊」とかの歌を歌いながら、じゃんけんの相手を決め、歌が終わるのを合図にじゃんけんをする。
とろい子はじゃんけんの相手を決めそこね、また、積極的に相手を求めない子もいて、先生がそんな「ぼうっとしている」子達を慌てて組み合わせたり、相手にあぶれた1人の子には、先生がじゃんけんの相手になったりした。
常に自分で相手を決められない子もいたような気がする。
私はこのゲームに熱心でなかったので、そんな状況を観察していたのかもしれない。
ところが、ある男の子とじゃんけんの「勝負」になった時だ。
私は普通に、ぐーかちょきかは忘れたのだが何か出したが、その男の子はどこか暗い淀んだ表情で後から私の出したものに勝つものを出した。
私は何かおかしな感じがしたが、まだ、不正というものの観念がなかったためと思うが、そのままおとなしく引き下がった。
そして、「今日のチャンピオン」は、その男の子だった。
先生が、彼に対して皆に拍手を求めると、すかさず、不満や非難の声があがった。
「○○くん、後出しばっかりするのよ」
私は、ああ、そうか・・・あれは後出しというのか。うまい言い方もあるものだと思った。
先生がどうまとめたのかははっきり憶えていない。
真義を確かめるのは、教育上良くないというより、面倒だろうから、そんなことはなかったと思う。
ただ、非常に印象深く憶えているのは、勝利者宣言を受けた時のその男の子は、決まりきったような勝利のポーズをさせられたのだが、顔が少しも嬉しそうでなく、私と「対戦」した時そのままの、暗い淀んだ表情だった。
実は、私がその子に負けた後で、その子が他の子と対戦するのを見ていた。
やはり、相手が出した後で、あきらかにワンテンポ遅れて出していた。
思えば、下手な後出しだ。
「もっとうまくやれないのかい!」と思ったのは、ずっと後で、そのことを思い出した時に思ったことかもしれない。

彼は、いったいどこで後出しじゃんけんなんて方法を憶えたのだろう?
兄か誰かにそんなことをされたのかもしれない。
それで悪意なく試したのだが、勝っても気持ちの良いことではなく、あんな魂の抜けたような表情になったのだろう。
その後、彼は、そんな不快な気持ちが嫌で不正を嫌うようになったか、あるいは、「勝ちは勝ち」と思うようになって、不正のテクニックを磨いていったのかは、私は全く分からない。

しかし、世の中に不正なんていくらでもあるし、非難されない不正も数多いかもしれない。
不正であろうが、理屈の上でルールに則っていれば非難される理由はないと思い込み、やがては罪悪感もなくなってくる。
さらには、そんなやり方をする者が「賢い人」として賞賛されたりもする。
株取引の上級テクニックがそんなものかどうかは知らないが、金というものは、与えたものやサービスに対する報酬として受け取るべきものだ。
たとえ合法であったり契約に反しなくても、与えずに受け取れば、その勘定は人知を超えたどこかに記録され、いつか何らかの形で対価を強制的に回収される。
理屈ではなく、美しい感情がそう教える。そんな感情が教えることは、万に1つの外れもない。
フォード自動車の創業者フォード一世(ヘンリー・フォード)が「販売やサービスという実体のないビジネスは必ず破綻する」と著書に書いていたのを印象深く憶えている。
ところで、一流の塾や予備校で、入試予想問題を作ると、それがかなり当るものであるらしい。
私は、他人に押し付ける気もないが、それも十分に不正だと思っている。
だって、そんなものを利用する者と、そうでない者が勝負するのって、どう言っても公平ではない。
また、そんなものを使って勝っても、実質は後出しじゃんけんと変わらない。
後出しじゃんけんで勝って暗い顔をしたあの子はまだ良かった。
しかし、そんなやり方で勝って晒す笑顔は醜い。
受験などでは、本人に自覚を与えないようになっていることがまた恐ろしいが、そんなことを繰り返せば、存在そのものが醜くなるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ