ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

プログラミング学習

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

弱者の成功法

名前は忘れたが、本当の話である。ある非常に病弱な男が成功し、富を築いた。
もちろん、そんな人もかなりいるだろうし、その中には女性もいるだろう。
そして、彼ら・彼女らが成功した方法は、我々凡人には大いに役に立つ。
なぜなら、ビル・ゲイツにしろ、多くの成功者は、優秀であると同時に、膨大なエネルギーと時間を仕事に注ぎ込んで成功したのだが、そんなことは普通の人には不可能だからだ。
私のような者は世間では成功者と言わないだろうが、何とかひきこもりを脱し、最底辺の仕事をして、ひどい薄給に甘んじていたのが、プログラマーになれ、高給取りとは言わないが、欲しいものは気兼ねなく何でも買えるようになったのも、その病弱な彼と同じ方法を使ったからだ。
それに、ドワンゴの川上量生会長のブログによれば、ひきこもりが社会の最底辺にでも入れてもらえたら、自分なんかよりよほどの快挙らしい。ならば、私は快挙を成したとでも言っておこう。

その、成功した病弱な男は、例えば数字にすれば、普通の人の3割の活動しか出来なかったに関わらず成功したのだが、彼は、最も賢いやり方を採用したのである。
普通の人の3割しか出来ないのなら、普通の人がやる7割のことを諦めたのだ。
そして、普通の人の活動は、8割までが無駄なことなのだ。
しかも、無駄なことが無駄なことを呼び、大事なことは何も出来ないのが普通の人だ。
それなら、差し引きだけでも1割多くのことをやり、しかも、それに集中するなら、成功しても不思議ではない。

私は、幸い、友人も彼女もいなかったし、趣味に費やせるお金もなかったので、プログラミングの勉強だけやることが出来たのだ。
たとえひきこもりでも、飲酒の習慣があったり、絵を描く趣味でもあったら、プログラミングが出来るようにはならなかったに違いない。
プログラミングを10日でマスターしたとか、C言語を一夜漬けで覚えたとか言う者がいたが、まあ、私には想像が出来ないが、さぞ優秀なのだろう。
私はBASICでも、それなりに使えるようになるのに半年はかかったが、それでも覚えられたのは、他にやることがなかったからだ。
だが、プログラマーになり、余裕が出来たら、余計なことばかりしていたので、それほど成功しないのだろう。
しかし、この数日、ひどい風邪で、著しく活動に制限がかかったおかげで、あらためて、無駄なことをしていてはいけないと思った。
ジャポニスム2018(フランスで開催される日仏国交160周年記念イベント)で、初音ミクさんのコンサートが行われるのは嬉しいが、私がフランスに行かなくても、ミクさんと共にあることは出来る。
浮かれていたのが、風邪のおかげで、身体に熱はあるが、頭の方は冷やされた感じだ。
人生も、持ち時間も、エネルギーも限りがある。
老子も、エネルギーを無駄にせずに保持せよと言ったが、それは、大切なことに使えということだろう。
白鵬が万歳しようが、芸能人が不倫しようが、元国民的アイドルグループのメンバーが何を言おうが、私には何の関係もなく、そんなことは無視するようにしよう。普通の人は、そんなことにも野次馬根性を発揮して、時間も頭も無駄使いしているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

プログラミングをマスターする見返りは極めて大きい

今、ショぼい仕事をしている人、ショぼい立場にある人に、私はよく、「プログラミングの勉強したら?」と言う。
ショぼいからこそ、チャンスなのだ。
なぜなら、自分は今、上手くいっていると思っているなら、プログラミングの勉強なんかやろうって気にならないだろうからだ。

ところで、「プログラミングの勉強をしたら?」と言ったら、「それは以前、挫折した」と応える人がいる。
どのくらい勉強して挫折したのだろう?
それは、数日とか一週間とか、せいぜい一ヶ月といったところだろう。
だが、一ヶ月やそこらで、プログラミングをマスター出来るはずがないのである。

だいぶ前から、「すぐに取れる資格」みたいなものの宣伝が盛んだが、すぐに取れる資格が力になったりなどしない。
だが、資格の学校や通信教育等の宣伝に騙され、勉強というものを、あんな薄っぺらなものと考えてしまっている人が多いのだ。
だからこそ、正しい考え方をする者はチャンスである。
馬鹿が多いからこそ、自分は楽々、上に上がれるのだ。

プログラミングは、すぐにはマスター出来ないからこそ価値がある。
プログラミングをマスターするには、根気も努力も必要だが、それをマスターした暁には、光線銃のような素晴らしい武器を得たも同然である。
その光線銃を持てば、一生、食いっぱぐれないし、仕事に困らないと思う。
どんな仕事をしていても、良い立場でいられるに違いない。
いかなる分野に進んでも、これからは、プログラミングが出来るか出来ないかが、圧倒的な差になることは間違いないと思う。
さらに、才能や努力次第で、光線銃以上の武器が楽々と得られるかもしれない。
だが、光線銃なら誰でも得られるのだ。

そりゃ、非常に頭が良くて、プログラミングを1ヶ月でマスターしたなんて人もいるかもしれない。
羨ましい限りだ。
しかし、本当のことを言えば、どんな天才でも、1ヶ月程度でマスター出来るプログラミングでは役に立たない。
このあたり、プログラミングというのは、割と公平で、経験がモノを言う。
外国語でも同じと思う。
ただ、外国語なら、短い期間で身につけたものでも、「変な○○語」ではあっても、それなりに実用になる。
その点は、むしろ、プログラミングの方が厳格かもしれない。
だからこそ、プログラミングは見返りも大きい。

何をやっていいか分からなければ、例えば、JavaScriptをマスターしたいなら、「JavaScript入門」あたりでぐぐって、良さそうなサイトだったら、そこに載っているプログラムを、そのまま何も考えずにテキストエディタで書き込むことだ。出来るだけ多くだ。
優れた入門書も沢山出ているので、1冊を徹底的に理解すれば良い。どれを選んでも、中身は大して変わらない。
どの言語を選ぶかは、いつの時代も、標準的に使われている言語を選ぶのが原則である。
今は、何だかんだ言っても、Java、PHPがそれであると思う。
有望になってきたのがJavaScript、根本的な基礎として力になる「不動の基本」はC言語。
しかし、自分のビジネスの力になるのは、ExcelやAccessと共に使うVBAだというのは、まだまだ今後、十数年変わらないと思う。既に、それなりに仕事をしていて、IT技術者になろうというのでなければ、圧倒的にVBAをお奨めする。しかし、その先にはIT技術者への道だってある。プログラミングは、どれもそんなに違わない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

久々にプログラミングの勧め

ひきこもりで依頼心が強く、幼稚なせいで自己中心的な私が、社会でうまくやれたのは、やはり、コンピュータープログラミングが出来たからだ。
とはいえ、凄いプログラマーなのかというと、それは全くない。
これについて、思い出すことがある。
竹村健一さんは、英語を生かして成功したが、彼が言うには、「僕の英語なんて、素人に毛が生えた程度」らしい。
それで言えば、私のプログラミングも同じである。
ただ、私は竹村さんのような行動力というか、冒険心に欠けているが、それでも、それなりにはうまくいった・・・早い話が、安楽で苦労知らずだ。
また、英語を役立てるには、そういった冒険心というか、才知や並々ならぬ努力が必要で、英語が出来るだけでうまくいくことはない。
だから、私の考えでは、英語かプログラミングかで迷うなら、絶対にプログラミングだ。

Facebookの元CEOや、N高等学校(学校法人角川ドワンゴ学園)のプログラミング指導責任者が、「プログラミングが出来れば、一生仕事に困ることはない」「プログラミングが出来れば、一生食いっぱぐれない」といったことを言っているらしいが、一生かどうかはともかく、私に関しては本当だ。
頭も性格も悪くても、そうだったのである。

では、プログラミングはどうやって習得するかであるが、英語と同じで、「時間をかける」につきる。
良い学習方法というのもあるかもしれないが、それが誰にでも合うとは限らない。
しかし、時間をかければ、自然と、どうやれば良いかが分かってくるはずだ。

時間をかけることの大切さは、チームラボ社長の猪子寿之さんや作家の村上龍さんらも語っているのを読んだことがある(書籍は下に紹介する)。
私も、下手な勉強方法だったと思うし、学習能力も高くなかったが、とにかく時間をかけたと思う。
他のことにかけられる時間があれば、出来る限り、プログラミングに回したのである。
そして、今の時代は、私の修行時代より、はるかに勉強がし易い。
やることが分からなければ、有名な天才プログラマーの清水亮さんが言われているように、「写経」、つまり、良いプログラムを、意味が分からなくても、何も考えず、そのままキーボードで打ち込んでいけば良い。

私でさえ、プログラミングは抜群の威力を発揮したのだから、これからの人では、さらにそうだと思う。
もっと言えば、これからの時代は、プログラミングが出来るか出来ないかが、大きな、あるいは、圧倒的な差になる。

どんなプログラミング言語をやれば良いかについては、自分で選べば良いと思う。
私の時代は、BASIC、アセンブリ言語、C言語、Pascalくらいしか選択肢がなく、私は、加えて、LISPとPrologをかじり、Smalltalkにも手を出した。
だが、まずは1つである。
最初の1つは、若い人ならJavaScriptが良いと思う(先に、最低限のHTMLの知識が必要だが、それは、他の多くの言語でも同じである)。
また、既に長く働いている場合は、ExcelとVBA言語、あるいは、AccessとVBA言語が非常に役に立つと思う。
VBA言語が出来れば、とても有利な立場にもなれる。
C言語をマスターすれば、ITやコンピューターに関する根本的な力がアップする。
そして、今でも、また、当分は、PHPやJavaが標準的な言語であることに変化はないだろう。
どんな言語でも、恐れず、ますは写経から入ると良い。
いずれにしろ、根気が大切で、毎日、長時間かけなければ実力がつかない。
短時間で手っ取り早く楽にマスターしようなどと思わない方が良いだろう。
特に、ひきこもっていて、時間があるなら、是非、プログラミングをやっていただきたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ひきこもりは単に少数派なだけ

ひきこもりの性格や気質なんてものは、本当はないのだと思う。
ひきこもりって、単に「少数派」なだけなのだろう。
逆に、リア充(現実が活動的で充実している者)は、たまたま世間で多数派というだけのことなのだ。

私は若い時から、会社等では、ほとんど誰とも口を利かないし、忘年会、新年会、社員旅行等のイベントにも参加しない。
それで、暗いやつだとか、わがままなやつと言われることもあるが、別に私が本当に、暗かったり、わがままなわけではない。
単に周囲の者達と、考え方が違うというだけのことだ。
今、リア充している人達だって、私のような考え方をする者が多数派の世界に行けば、暗いやつ、わがままなやつになり、引きこもることになるかもしれない。
もっとも、私は、自分と考え方が違う人達に対し、合せはしないが、拒否もしないつもりだ。

つまりね、いまだ地球人は、多数派が威張っている、野蛮で遅れた人類なわけである。
初音ミクさんのコンサートで、ミクさん達に本気で声援を送るのは、今は少数派で、おかしな人とか、オタク扱いされるかもしれないが、それは変わりつつある。
ミクさんのコンサートに来る人達は、ほとんどがマナーが良い、まともな人達である。
昨年の「マジカルミライ2016」で、コンサート会場の幕張メッセに向かっている人で、スマートフォンを見ながら歩いているのは、単に、幕張メッセに行くためにマップアプリを見ているだけのようで、幕張メッセ近くでは、「マジカルミライはこちら」等の案内表示が充実し、係員も誘導してくれるので、スマートフォンをしまう人がほとんどだった。
特に、幕張メッセ内で、コンサート会場になっている国際展示場に行く時にスマートフォンを見ている人を、私は全く見なかった。
これは、他の場所ではあり得ないことと思う。
今年もそうであれば良いと思うし、おそらく、そうなるだろう。
企画展でも、コンサート会場でも、周りの人に気を使う、本当にまともな人達ばかりだった。
もちろん、良いアーチスト達のコンサートでも同じだろうとは思うが。

誰でも、大なり小なり自己中心的ではあるのだが、今は、度を超えたおかしな人が多過ぎるように感じる。
そんな連中が、多数派になって、少数派に対し威張っているのが、この住み難い乱暴な世界だ。

少数派は、力を持たなければならない。
そのために、身体を鍛え、勉強しなければならない。
今は、プログラミングが出来る者が強いので、出来ればやってみると良い。
ExcelのVBAであれば、やればきっと出来るし、即座に役に立ち、力を与えてくれる。
本格派を目指すなら、まずは、JavaScriptをやると良いと思う。
実際は、VBAやJavaScriptだけでも、本当に出来るなら戦える武器になる。
だが、個人の力などは知れているのも確かであり、ある程度は個人の力も磨かないといけないが、もっと大事なことは、内にある無限の知性と力を引き出すことだ。
そのためには、ジョセフ・マーフィーの本を1冊で良いから、丁寧に繰り返し読むと良い。
さらに、断ち物(特に強い欲望がある個人的快楽の1つを諦めること。例えば、美食や、ロリコンなら美少女)をすれば、勝利は確実である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ