ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

プログラミング学習

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

自信は美徳

出来た!
・自信は美徳
・自信があれば実力は後からついてくる
・自信は幻想で良い

何でも良いから、自信があれば勝ちである。
引きこもりは、なぜ引きこもるのかというと自信がないからだ。ただ、それだけである。
自信は、何か1つで良い。

確かに、東大を出た(入ったで十分だが)というのは自信になる。
だが、東大出身者は、偏差値の割には成功しない。
なぜかというと、自信はツールであって商品でも売り物でもないからだ。
東大卒を自信にするのは良いことだが、それを売り物にし、それだけが売り物になり、それにすがると、必ず、売り物というのはこき下ろされるのだから、東大卒の自信がなくなるだけでなく、それがアイデンティティーになってしまっている自分に自信を失くし・・・ジ・エンドだ。哀れとしか言いようがない。

昔の『空手バカ一代』という、実在した空手家の大山倍達を主人公にした伝記漫画(ただし、創作が多くて自伝とは言い難い)に、こんな場面がある。
大山が、庭で鍛錬をしていたが、その中で、左右の親指だけを地面につけた逆立ちをする。
そして、妻に言う。
「親指だけの逆立ちが出来る間は、どんな敵が来ようが、まあ、恐れることはない」
私は、なんと美しい言葉かと思った。
しかし、「親指だけの逆立ちが出来る=無敵」の根拠などない。
それは、大山さんの自信であり、根拠のない幻想・・・言ってしまえば妄想である。
しかし、その自信が、大山さんを強く支えていたのだ。
また、別の本で(書いたのはゴーストライターだろうが)、「親指だけの腕立て伏せ百回出来れば無敵」のようなことも書かれていた。
大山さんが、指と実力との関係に確信を持ち、その指が徹底して強い自分に自信を持っていたのは本当ではないかと思う。
大山さんが、喧嘩ファイトで相当な実力があったのは確かで、その力の源は、やはり自信なのだ。

私も、こんな思い出がある。
信号無視で警察に捕まったが、当時、毎日欠かさずTM(超越瞑想)をしていた私は、「TMをやっている俺に逆らえるはずがないじゃないか」という、妙としか言えないが、そんな自信が湧き上がってきた。
もちろん、無罪放免であった。
TM自体の効用については何も言わない(私は今はやっていない)。
しかし、自信があれば、超能力で警官も支配出来ることが分かった。
その自信をつけてくれたTMを作ったマハリシ・マヘーシュ・ヨーギは大物である(実際にTMを作ったのは、彼の師であるらしいが)。

引きこもりは、何とか、1つのプログラミング言語をがっしり習得し、「プログラミングが出来る俺はイケてる」という自信を持てば、どこでも生きていける。
実は私がそうだった。
昔の話であるが、私は、BASICをマスターしただけでは自信が出来なかったので、苦労してC言語をマスターした。すると、「C言語が出来る俺って格好良い」と思うことが出来て自信がつき、後は何でもうまくいった。他愛ないものよのう(笑)。
今なら、Excelマクロ(VBAプログラミング)を十分にマスターすれば良いと思う。
いや、実際は、PHPでもJavaでも、最近流行のPythonやJavaScriptでも良い。
しかし、Excelマクロはすぐに実用になり、便利である。
今後、AIを作るのにも役に立つ。だがまあ、何でも良い。
筋トレでも良いのである。











普通にやればうまくいく

イチローがやった練習は、おそらく、特殊なことではなく、特に若い選手なら、誰でも同じことが出来ると思う。
ただ違うのは練習時間で、イチローは誰よりも長い時間練習したし、逆に言えば、長い時間やれる練習を考えたのだと思う。
スポーツでは、よく「秘密練習」なんてことをやるが、それは単に、先発が誰になるかバレないようにする程度の理由で、練習方法自体を隠す必要はない。

私が知っている優秀な経営者は、専門でも何でもないITのことでも若い社員よりよっぽど知っている。
それで、「どうしてそんなに詳しいのですか?」と尋ねたら、「普通に本を読んでたら分かるやろ」と言う。
特別なノウハウなど何もなく、普通に本を読めば分かるのだが、それを普通の人はやらないだけなのだ。
その経営者は以前、予備校を経営していて、生徒を志望校に合格させなといけないのだが、その方法についても、「受験に出る問題を覚えていればいい」と単純明快で、それは単に、時間をかければ出来ることだと言う。
そして、どんなことでも、当たりを出すには、黙ってクジを引き続ければ、いつか必ず当たりが出るように、成功するまでやれば良いと言う。
だが、普通の人は、うまくいかないとすぐに挫折したり、あるいは、近道をしようとして、取り返しのつかない失敗をするのだ。
そこらは、元セールスマンだった私には明確に分かる。
売れなくても我慢して百件訪問すれば、1件は売れるものなのだ。だが、駄目なセールスマンは、30件とか60件とか99件で諦めてしまうのだ。
だが、300件で売れなくても諦めないと、やがて、連続で売れる時も来る。そんなことも、私はよく経験していた。

どうすれば、プログラミングをマスター出来るかとよく聞かれる。
しかし、それはおかしな質問だ。
答は、「マスターするまで勉強する」で、多少の早い遅いがあるとしても、長い人生から考えると、全く差はなく、誰でもマスター出来る。
私は、駆け出しの頃、C言語をマスターした時、C言語の本を肌身離さず持ち歩いた。当時は、C言語の実践が出来ない状況だったが、それでも、大した時間をかけずにマスター出来たのである。

神通力(超超能力か)?
「アジマリカン」を唱え続ければ良いのである。











学生気分ではプログラミングは習得出来ない

職場に、30歳も過ぎているのに、特技は何もない上、コミュニケーション能力や社会常識もない男子がいて、雑用ばかりやらされていた。
また、彼は、先輩の命令で図書館に行ってIT関係の本を借りてきては、スキャナーで全ページ複製させられていた。それを社内共有しているのだから違法行為で、犯罪に加担させられている訳でもある(告発が必要か?)。
そこで私は、ExcelのVBAプログラミングの勉強を勧めると、彼も意欲を示したので、たまたま持っていた適当な入門書をあげると、彼も喜び、彼の自宅にExcelが使えるパソコンもあるので、勉強すると約束した。

数日経って、私は彼に、(Excel VBAの勉強を)やっているかと尋ねたら、彼は、憂鬱そうに言う。
「やってますが、本に書いてあるプログラムが動かないんです」
そして、本の内容について、本は自宅に置いてるので「あそこのあれ」という感じで尋ねてくるが、私は内容を覚えている訳ではないので、分かるはずがない。
そういえば、記述の誤りがいくつかあったことを思い出す。
私は、彼に、本に間違いがあるかもしれないと言うと、彼は「僕もそう思う」と言い、非常に困った様子を見せた。

しかし、本に誤りがあることは珍しいことではない。
特に、プログラムの間違いは多いのではないかと思う。
だが、それを自分で解決することで力が付くのであり、むしろ、そんな間違いは天の恵みとすら言える。
学校の教科書は、ほとんど間違いがないが、それが当たり前であると思わない方が良い。
結局、彼は、その勉強をやめてしまった。
何度か聞いたが、その度に「本の内容がおかしい」といったことを言っていたと思う。
改めて言うと、学校じゃないのだから、多少、本の内容がおかしかったり、間違いがあるのは当たり前だ。
間違いがなく、隅々まで配慮されてると思う方がおかしいのだ。

彼を見ていると、社会でうまくやっていけない人間とはどんなものかが解り、非常に興味深かった。
ある時、彼は、朝、廊下で他の社員が自分に挨拶してくれなかったと言う。
言うまでもなく、学校じゃないのだから、そんなことだってある。
そもそも、冴えないオッサンに挨拶したいなんて誰も思っていないという現実を認識していないことが問題だ。
そして、分かってきたが、Excel VBAプログラミングの勉強を通じて構ってやると、彼は私の前で、深刻に落ち込んで見せることが多くなった。
「調子が悪い」とかもよく言う。
私は言ってやった。
「若い女の子が調子が悪いと言ったら、皆がこぞって、『どうしたの?』『何かいる?』とか言ってくれるが、我々のようなキタナイおっさんがそんなことを言っても、ウザいだけだろ?」
「16の美少女と同じ扱いを求めるな」

彼のは、少々極端だが、彼に似た者は多いし、近年は、特に増えてきたと思う。
特に、若い世代の大半はそうで、それは、学校で、おかしな形で子供の権利を守ろうなんて言われるようになったからだが、おかしなことに、そうなるごとに、人権を踏みにじられる子供が増えているのである。
その理由は簡単で、馬鹿な人間というものは、「子供の権利を守ろう」ときれいごとを言い、規定なんてものを作れば、それで終りなのだ。
つまり、当事者として向き合う覚悟が全くない者達が、教育界の指導者なのである。
これでは、学校の有り様が歪むのが当たり前である。
アメリカ等では、学校を廃し、「教育は無用」と考え、子供を自主的に学ばせる「アンスクール(非学校教育)」が注目されている。
教育の専門家などという気色の悪い者は不要である。
社会で、モノを作り、売り、サービスを行うプロと接触することで、子供は成長する。
お勉強だけしてきた人間に子供をまかせるなんて恐ろしいことがよく出来るものだと思う。
学校がある限り、日本に未来はないだろう。
日本の学校の中では、ネットの高校であるN高等学校が、欠点が少ないという意味で、最もマシとは思うが、小学生、中学生を救う道は、今のところない。手遅れにならないことを願うが、既に、十分、手遅れなのである。











楽をしてはいけないこと

何事も、習得にかける時間は短いほど有り難いはずだ。
これは、辛い修行や訓練は少ないほど嬉しいということと共に、ダラダラ時間をかけてはいけないという前向きな意味もあるだろう。
それに、驚異的に短い時間で学習を終える技術には、実際に優れているものもある。
だが、空手などの格闘技教室で、「君も一ヶ月で強くなる」などというものは、単に客としての生徒を集めて儲けてやるぞという意図しか感じない。
英会話でも、ある教室や教材が「3ヶ月で」と宣伝すれば、「よし、うちは1ヶ月だ」となり、あんまり短いと嘘っぽいので、「1日20分」など、とにかく「楽である」ことをほのめかすが、実際のところ、短期間で英会話をマスターした人など見たことはないばかりか、高い英語教室に何年もかかってサッパリなのに、英語教室に通う生徒は相変わらず多い。
プログラミングも、やはり、「1ヶ月でマスター」があれば「1週間で習得」が出て、「3日」「10時間」とエスカレートし、そろそろ、カップ麺が出来るまでの3分が出てこないか楽しみ・・・じゃなく、心配である。
そういえば、昔、カップ麺で「3分はもう古い。うちのは1分だ」というものが出たことがあった。まあ、なくなってしまったのだと思うが。
Googleの開発者でAIの著名な開発者にして超一流プログラマーでもあるピーター・ノーヴィグが言うように「プログラミングの習得には10年必要」というのは、少々高いレベルの習得を指すが、上級者になるには、やはり5年くらいはかかると思う。そして、5年でかなり出来るようになっても、やはりまだ未熟で、向上心があれば、10年でより良いプログラマーになれる。
私など、10年の頃はダメダメだった。

最初にも述べたが、ダラダラ時間をかけない短気集中にも良いところはあるが、短い期間で習得したことというのは、やはり底が浅いのである。
限度はあるが、多少はダラダラやって、期間をかけることに意味があることは多い。
というのは、私の場合、プログラミングしか分からないが、プログラミングの重要な教訓というものは、案外に偶然の出来事で学んだことが多く、そういったことは、自分の意志ではどうにもならない。確かに、向上心があるから、良いものがやって来た時に気付くとか、あるいは、良いものを引き寄せるということもあるだろうが、やはり、ただの偶然にしか思えないものもよくあり、それを得るには、いろんな意味でだが、時間が必要だったと思うのである。

ちょっと話は変わるが、アニメの「プリキュア」シリーズは、もう15年も続いているらしい。
私は、最初の『ふたりはプリキュア』しか見ていないが、良い作品であったし、今年7~8月に、NHKが人気投票を行ったところ、歴代人気1位が、初代の『ふたりはプリキュア』で、ヒロインであるプリキュアとしての人気は、1位が、やはり初代のキュアブラック(美墨なぎさ)で、2位が同じく初代のキュアホワイト(雪城ほのか)だったらしい。私はほのかが好きである(聴いちゃい!)。
ところが、映画の『ふたりはプリキュア Max Heart 雪空のともだち』で問題が起こっている。
敵の催眠術で心を操られたキュアブラックとキュアホワイトが戦うというもので、その状況を理解出来ない小さな子供が泣き出し、子供達の保護者(いわゆるPTAか)が、プロダクションに猛抗議を行ったという。それで、以降、プリキュア同士の戦いは厳禁となった。
実は、そのシーン、心を操られ、お互いを攻撃しながら、プリキュア達は涙を流すという感動的なものであった。
いろんな考え方がある・・・と言いたいが、これは保護者達の方が悪い。
今の日本では、子供が泣くと、面倒なので、早く泣き止めさせるため、お菓子を与えたりを平気でする。それで、子供たちは、泣いたら勝ち、ごねたら勝ちという楽勝(?)パターンを身に付けてしまう。まあ、「今」というほどではなく、何十年も前からそうであるから、10年以上前の親たち自身がそうであったのだ。
さらに、当時の親たちは既に、最初に述べた、「短い時間で楽に習得」で育った世代でもある。
いくら小さくても、子供が悲しくて泣いたら、時間をかけて必要なことを教えてあげないといけないのに、アニメ制作会社に文句を言って「子供を泣かせるものを作るな」で、まるっと問題解決という安直な思考パターンなのだ。
海外では、小さな子供の目の前で親が殺されるなんて場所はいくらでもある。そんな時、親を殺した敵を皆殺しにすればOKという考え方もあると同時に、根本的な問題を解決しなければならないと、時間をかけて教えてあげる人達も少なくない。
それは、豊かな国である日本が最初にしなければならないのに、何とも残念である。

心理学者の河合隼雄さんの本にあったが、登校拒否の子供を持つ父親が河合さんに「先生、子供が学校に行くようになるスイッチってありませんか?」と尋ねたらしいが、その絶望的な愚かさに、私は気が滅入ってしまった。
安直思考が進むと、当事者意識、そして、責任感というものが全くなくなることを示されてしまった。
楽を求めることは悪いことではない。
だが、楽をしてはいけないこともある。心と、それに、力が関わる問題はそうである。











オタクが正しい生き方である明確な理由

いかなることも、小手先の技(テクニック)は通用しないことを肝に銘じるべきだ。
よく漫画等で、こんなものを見たことがある。
ボクシングや空手を習っているか弱い男の子が、力自慢だが、そんな格闘技の経験のない乱暴者に楽々勝ってしまうといった話だ。
実際は、少々格闘技を習った程度で、体力のある者と格闘して敵う訳がない。
少なくとも数年、みっちりと練習したなら、多少の体力差、腕力差を超えて勝てるかもしれないが、それはあくまで、技がそれなりに鍛えられていて、身体の力の差がそれほどでない場合だけである。

昔なら、セールステクニック、今なら、アフィリエイトみたいなネットビジネスのテクニックの本がベストセラーになることもあるが、そんな本が役に立つことは決してないだろう。
セールスであれば、あくまで、売る者が商品や、それの使い方を徹底的に知っていて、お客さんがどう使うかしっかり考え、思いやりがある人が売れるのであり、そんなものがない者が、いくらテクニックを身につけても売れることはない。
ネットビジネスにしたって、まず、自分が提供するコンテンツ(例えば情報や漫画等)が良いことが第一である。

例えば、「売れる小説が書けるテクニック」、「ファンが増えるアイドルになれるテクニック」なんてものもあるかもしれないが、それはあくまで、根本的に文章の中身が素晴らしかったり、そこそこ以上には可愛いことが前提なのである。

ただ、逆に言えば、ほとんどのことは、根本が良ければ、テクニックは僅かで良いのである。
極端な例では、アインシュタインも湯川秀樹も、学問的なことは学生に負けるくらいだったらしいが、創造力が違った。そして、その創造力は、長年、興味のあることに熱心に取り組んで得たものなのである。
プロスポーツ選手が、テクニックでは、並のアマチュアに欠点を指摘される(今流には「ツッコミを入れられる」か)こともあるが、実力は全然違うし、プロボクシングの世界王者が、テクニックはデタラメと言われる選手だっていた。

プログラミングでも、大抵の本は、馬鹿みたいに簡単なものか、事細かにテクニックを書いたものに分かれるが、テクニックが書かれているのを見ると、私のようなプロが見ても、「よくこんな細かいこと知ってるなあ」と呆れることもよくある。ただ、そんなものを使うことはないが。
そして、肝心要のことは書いていないのである。著者がケチっているというより、本当に重要なことを知らないのだろう。

そして、いかなることも、本当に重要なことは、実践の中で、自分で得るしかない。
それは、厳しいことであることも確かだが、それこそが最も楽しいことなのだ。
もがく、苦しむ、涙を流す・・・などというのが、実戦で鍛えることであり、それを恐れて避ける者が多いが、それこそが人生の本当の楽しみである。
大半の大学生などが望む、大企業のサラリーマンといった、予測がつかないことが起こらない、冒険のない職業には、そんなものが全くない。

根本の実力へ導くものは、興味、好奇心である。
アインシュタインも好奇心を非常に重要視していたと思う。
好奇心のないことはやってはいけないほどである。
ただし、食欲、性欲、優越感といった、本能的、自我的な欲望を、好奇心と混同してはならず、そこそこにしておかなくてはならない。
それ以外のものへの好奇心である。
言い換えれば、やはり愛なのである。
商品に愛を感じるほど興味があるセールスマンは、やはり売れるのである。
プログラミング全体に、強い興味があれば、やはり楽しくマスターし、しかも、うまくなる。

子供や学生達に、上に述べたことを教えなければならないが、学校では生徒達に、何の興味も好奇心も持てないことを無理矢理やらせているのだし、教師だって、本当に興味があることを熱心にやった者は滅多にいない。そんなことをする者は、今の学校や塾や予備校では教師になれない。
「いや、趣味はあるぞ」と言う教師もいるだろうが、そんな趣味には愛がない。
だから、愛を持って何かをやってきた技術者、ミュージシャン、画家・イラストレーターらに教師になっていただくのが良いのである。
つまり、オタクが正しい生き方なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
IT学習
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ









タグクラウド
QRコード
QRコード