私はずっと、Excelマクロ(VBAプログラミング)をお薦めしているが、その習得のために、学校の勉強のようなやり方では、シンドくて挫折するのではないかと思う。私なら、絶対にそうなる。
VBAの習得のために、どれくらい時間をかけるべきだろうか?
30分や1時間では全く足りない。
VBAは、社会で生き抜く武器なのであり、いつでもどこでも頼りになる光線銃なのだから、そんな少しの勉強で身につくはずがない。
イチローが高校時代、「毎日30分、バット振ります」なんて言っただろうか?
テッド・ウィリアムズ(メジャーの4割バッター)のように、時間があれば(いや、なくても)、1日中振ってたはずなのだ。
実際には、振ってなくても、常に手元にバットがあったはずだ。それは、精神的に振っているのと同じなのだ。

宮本武蔵は、正統な剣豪ではなかったが、弟子はもちろん、その他にも、彼に心酔する人達が沢山いた。それほど強かった。
その武蔵は、1日中、木刀を肌身離さなかった。木刀にストラップさえつけていたのだ(これは本当。可愛いなあ)。
それは、護身の意味もあっただろうし、ストラップも、戦いの最中に、木刀が手から離れるのを防ぐためでもあったが、やはり、彼は木刀が好きなのだ。

イタリアでは、サッカー選手になりたい子供には、なるべく長時間ボールに触るよう教えるそうだ。そうやって、ボールへの愛を育てるという意味もあるのだろうが、それが出来るほどボールが好きでないと、レベルの高いイタリアでプロサッカー選手になどなれないはずだ。

今なお色褪せない、潜在意識活用の古典『信念の魔術』の著者クラウド・ブリステルは、無意識に紙に「$」マークを書くほどお金が好きで、それでやはり富を得ることが出来た。
イギリスの世界的作家コリン・ウィルソンは、ヒッピー的でいい加減な人間という面も確かにあったが、「ずっと人間のことを考えていた」と言い、それで、人間に対するユニークで強烈な洞察を得て、23歳の時から生涯、世界中で読まれる作家であり続けた。
ジャイアント馬場さんが「最高のレスラー」と言い、憧れ続けたアメリカの世界王者バディー・ロジャースについて、馬場さんは「彼はずっとプロレスのことを考えていた。そりゃ、考え続ける人とそうでない人では差が出ますよ」と言っていた。

意識を向け続けることは魔術であり、その威力は絶大で想像も出来ない。
VBAだって、これについてずっと考えれば、意外に簡単に習得出来る。
私も、そんなに勉強好きではないが、プログラミングの修行時代は、いつでもどこでも、プログラミングのことを考えていた。
入門書を次々買い(飽きるので)、最初の方ばかり読んでいたのに、おかげで一番肝心な基礎が出来た。
それで、多くの本は、最初の方に良いことが書いてあり、途中からは読まなくて良い場合が多いことも分かったのである。
VBAの本を常に持ち歩くか、スマートフォンの中に電子書籍を入れ、時間があれば開くことだ。
ある読書家の成功した経営者は、若者へのアドバイスとして、「本を読まなくていいから持ち歩け」と言われていた。
歴史的な超能力者エドガー・ケイシーは、本を枕にして寝ていたら、本の内容が頭に入ったというから、持ち歩く手を通じて、内容が入ってきたって良いではないか。

「好きな女の子のことを考えたら、夜も眠れないし、メシも喉を通らない」なんて言う者がいても、99.999%嘘だ。
そいつは、寝てるし、メシも食っている。そして、彼女は別の・・・本当に彼女をことをずっと考えている男にかっさらわれるのだ。
いや、寝て良い、メシも食って良い。だが、情感を込めず、さりげなく考え続けるのだ。これがモテる男の秘訣なのである。
お金もある意味、女の子に似ている。
モテる男は、ハードに攻めても、クールに攻めてもモテる。
継続する思念の力があるからだ。
考えていないように見えて(本人すら考えていないように思っている場合も多い)、ずっと心の奥で考え続けているのだ。

「小狼(シャオラン)は私のこと考えてる?」
「考えてるよ、サクラ姫のこと、ずっと」
~アニメ『ツバサ・クロニクル』より~
小狼は、いつも仕事に没頭し、女の子のことなんか考えていないタイプの少年だが、実は、いつもサクラ姫のことを考えているのだ。
VBA等のプログラミングも、お金や女の子と同じで、ずっと考えていれば、もらわれてくれるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ