ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

プログラマー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

好きな仕事に就くには

昨日、就職・転職する方法について書いたので、好きな職業に就く方法について要点を述べる。

ところで、同じ職業をしていても。状況は千差万別だ。
例えば、歌手と言っても、夜8時、9時の、視聴率の高い時間帯にテレビに登場して歌ったり、ライブを開けば数百人(あるいはそれ以上)の会場を一杯にする歌手もいれば、YouTube等で配信したり、路上ライブをやるだけの歌手もいる。
収入も、サラリーマンと比較にならないほど稼ぐ歌手もいれば、ほとんど収入ゼロに近い人も少なくない。
そして、うまくいかない歌手は、やはり、自分の歌手としての明確な目標がないのである。
曲も作るミュージシャンなら、将来は米津玄師になるとしても(笑)、当面の目標も必要だ。
バンドをやるなら、演奏する場所を決め、観客の姿や熱狂してくれる様子をしっかり考えないと、お客さんが全然来てくれず、辛い思いをすることになる。
あるいは、米津玄師さんのスタートの頃のように、動画投稿サイトに曲をアップするとしても、再生回数がぐんぐん伸びる様子や、好意的なコメントが付く様子を考え、先に良い気分にならないといけない。

ところで、私は、最初はセールスマンをやったが、読んだ本が悪かった(笑)。
毎日、百件の訪問をして、訪問先で冷たく追い返されるのに耐え続ける、努力と忍耐のセールスマンの本を読んでしまったので、実際、その通りになってしまった。
それでも確かに、それらの本のように売れる部分もあって、新人ながらセールスコンテストで優勝したこともあったが、仕事は面白くなかった。
その中で、夏目志郎さんというセールスマンの本を見ると、「私は玄関でセールスしない。応接室に通されてからセールスする」と書かれてあり、「それええな」と思いはしたが、そのためには、その様子をしっかり考えないといけなかったのに、それをしなかったから、うまくいかなかった。

プログラマーになるとしても、プログラマーの仕事に関する知識がないと、せいぜいが、会社の中でパソコンに向かってキーボードを叩いている様子しか想像出来ず、それは単調なので飽きてしまうだろう。
テレビドラマや映画に登場するプログラマー(あるいはシステムエンジニア)は、ほとんどが、プログラマーの実態を知らない人が脚本を書いたり演出したデタラメであるから(笑)、あまり参考にならないが、その気になれば、Webや書籍で、プログラマーが仕事をしている様子を知ることが出来る。
しかし、その場合も、悪い仕事環境の様子を見てしまい、それを受け入れるようなことをしてはいけない。
私はやってしまったが(笑)。
プログラマーは3K(きつい、きたない、危険)だとか、ブラックな職場だとかいう関係者も多いが、それを信じ、そんな職場をイメージすると、確かに、彼らのお仲間になるだろう(笑)。
その中で、私は、良いものを見た。
雑誌で見たのだが、マイクロソフトでは、プログラマーは1つの部屋があてがわれ、部屋の装飾などは自由で、監視も管理もされない。管理担当者が来るとしても、それは監視するためではなく、プログラマーが、快適な環境が提供されているか、不都合はないかを確認に来るだけであると・・・
「これええなあ」と思い(笑)、今度は、その様子を考えた。
それで、私は、広い場所や、広い部屋を1人(あるいは、美人新卒社員と2人)という、なかなかの環境を獲得した。
もちろん、出勤時間も自由だった。

まあ、始めから、自分の思い通りにはならないかもしれない。
それは、最初からは出来ないというのではなく、これまでの人生で身に付いてしまった考え方の問題で、自分は奴隷のように命令される人間だとか、世の中、ままならぬという固定観念があれば、まず、それを打破していかないと、なかなか思うようにはならない。
しかし、何よりもまず、自分がどうなりたいかを考えないといけない。
『THE SECRET』のDVDで、飛行機の墜落事故を起こして重傷を負い、医者に「君は一生、植物人間だ」と言われたが、健康を取り戻した男は、こうアドバイスしていた。
「人間は、自分が思っている通りになれる」

だが、人間は、余計なことを考えたがるという面もある。
あなたが考えるべきは結果だけで、「どのようにして」は、宇宙の力にまかせておけば良い(ここが学校や世間で絶対教えられないことだ)。
結果の明確なビジョンがなくては、どうにもならないのだ。
イエスが言った通り、「願いは叶ったと思う」ことだ。すると、良い気分になるはずだ。
ちゃんと良い気分になれば、思い通りになるが、嫌な気分であるなら、そこだけは何とかして、良い気分にならないといけない。
だが、良い気分になることは自分の責任である。
猫を撫でたり、美しい夕陽の街を歩いたり、BUMP OF CHICKENの『ray』のように、夢の中で好きな人に会ったら(これは象徴であり、楽しいことをしたらという意味と思う)、また行くのである。








こうすれば、YouTuberにだってなれる

中学生や高校生がなりたい職業の1位、あるいは、上位に、YouTuberがある。
これに関して、批判的な向きもあろうが、私は、そんなに間違っていないと思う。
別に、YouTubeに限定される必要はない。
YouTubeは2次元のビデオだが、3次元で配信を行うものもあり、2次元・3次元も、今後、いろんなものが増えていくだろう。
何なら、自分で作っても良い。
つまり、クリエイティブであれば良いのであり、今は、たまたまYouTubeが一番流行っているので、そこにクリエイターが集まっているだけだ。

カーン・アカデミーという、教育の形を根本的に変えてしまった教育ビデオ・コンテンツもYouTubeの教育ビデオから始まってるが、ここまで大きくなったのは、コンテンツが良かったからだ。
ただ、カーンは、別にこれで儲けようとか、教育改革を起こそうとか、まして、有名になろうと考えたのではない。
まずは、子供たちに、分かり易く、そして、楽しく勉強させてやりたかったのであり、また、落ちこぼれを救おう、さらに、教育の機会が与えられない子供を無くそうと思ったのだ。
そして、カーンは、そのために役に立つ教育コンテンツを作ることが楽しかったのだ。

自分が作ったビデオによって、他の人の役に立つことが嬉しいと感じるようでないと、良いYouTubeにはなれない。
残念ながら多くみかけるが、単に受け狙いのもの、自分が目立ちたいだけのもの、そして、儲かりさえすれば良いものを作ろうとすれば、一瞬はうまくいっても、すぐ駄目になる。

持っている予算の中で、みんなに喜んでもらえるものを作るためにクリエイティビティー(創造性)を発揮するというのは、いかなる仕事でも共通する成功の原則なのであるから、それを持っていれば、他の仕事で成功するのと同様、YouTuberでも必ず成功出来るはずである。
ところが、「YouTuberで成功出来るのは千人に1人、万人に1人」などと言われるのは、今はまだ、さっき述べたビジネスの成功の鉄則を知らないYouTuberが多過ぎるからである。
それでいえば、コンピュータープログラマーも同じようなところがあるのだ。つまり、コンピュータープログラマーがいくら足りないと言ったところで、お客様の役に立ち、喜んでもらおうという心がけのあるプログラマーでない限り用はなく、実際、そうでないプログラマーは、仕事を得るのに苦労しているはずだ。プログラマーだって、本当に、そういった、真のビジネスマインドを持っていれば、開発会社に入る必要がないなかりか、日本のソフト開発会社の多くは、お客様のことを温かく思いやるマインドに著しく欠けているので、そんな会社には入らない方が良いくらいだ。
(※良い開発会社が、単に「ご親切」、つまり、客の言いなりになるというのではないのは当たり前だが、そんな誤解をする未熟な者も多いので、一応、断っておく)
そして、今後は、いかなる職業であれ、お客様の役に立ち、喜んでもらうために創造性を発揮出来るなら、就職する必要はなくなる。
そのためには、学校の勉強のようなものではなく、自分が好きなことで、真剣に、それなりの期間、打ち込めるものを持たなくてはならない。
プログラミングもその1つだし、絵やビデオの制作、音楽や小説の制作、デジタル技術や機械の開発など、道はいくらでもある。

今こそ、何かに打ち込み、それを楽しむことが必要である。
受験みたいな無駄なことばかりに時間やエネルギーを費やしていたら、一生、強い者にしがみつくだけの奴隷でいるしかない。








プロフェッショナル

世の中には、珍しい職業がある。
プロスポーツ選手とか、音楽家とか、作家とか、俳優などだ。
それらになるには、子供の時から特別な訓練を受けたり、長い時間、自主的に取り組んで努力しなければならないだろう。
そこまで珍しくないかもしれないが、特殊な職業として、デザイナー、ジャーナリスト、イラストレーター、工芸家、楽器演奏家などがある。
これらになれるのは、若い時や子供の時から趣味として長く取り組んだような人であり、「学校を卒業するからデザイナーにでもなろう」なんていった、デモシカ職業ではないだろう。
デザイナー学校とか、音楽学校、あるいは、俳優養成学校等といった、これらの職業に就くための訓練をする学校もあるが、普通の学校のように、なんとなく通ってどうなるものでもなく、よほどの決意や熱意がない限り入る意味はない。そして、特別な熱意がある場合は、必ずしも学校に行く必要はなく、実際、学校で学んだ訳ではないが、その道で一流になった人もいる。しかし、その場合は、厳しい下積み時代が必要で、行けるものなら学校に行った方が良いかもしれない。

現代の、極めて珍しいが人気のある職業にYouTuberがあるが、今のところ、YouTuber養成学校はないと思う。しかし、いずれ出来るかもしれない。
だが、YouTuberというのは、面白さだけが命のアイデア勝負であるから、よほどのセンスや妥協のない完璧主義のようなものが必要で、ある意味、恐ろしい執念深さがない限り勝ち抜けないし、一流大学の受験どころでない競争であるのだから、闘争心も半端ないものがないといけない。
そんなものがない凡人がYouTubeで瞬間的に受けるために大馬鹿をする者達が問題なのであるが、そんなことをする者達は、ここに挙げたことを考え、自分の力量のなさを自覚して欲しいものである。

プログラマーやシステムエンジニアも、本来は、音楽家やイラストレーターと同じで、自分で自分を育てる自主性や向上心が必要で、専門学校や大学の情報学部に行ったからといってなれるものではない。
ただ、音楽家やスポーツ選手に比べて、比較にならないほど仕事が多いので、野球で言えば2軍のレベルにも程遠くても、草野球なら無敵という程度で食べていける。
そして、野球の一軍レベルに匹敵する実力があれば、やはり、相当な収入が得られる。
とはいえ、プログラマーも本質的にはプロフェッショナルでないと存在意義のない職業であるので、ちょっと勉強した程度でうまくいかないのは当たり前である。
プロ野球の選手になりたい者が、短時間、ゆったりした練習を週に何回かやるだけで、選手になれないと悩むなど滑稽であるが、プログラマーやイラストレーターやYouTuberなどでは、そんなことを言う馬鹿が多いのである。

私もプログラマーになるために、修行時代は毎日1冊本を買って帰り、通勤電車の中では、プログラミング言語の本をノルマを決めて読み、夜は自宅で10時頃から、深夜2~3時までプログラミングを行った。
休日はドライブをしている時も、常にプログラミングのことを考えていた。
しかし、この程度では、まだまだ甘かったのである。

何の特技もないサラリーマンでいるのが嫌なら、プロフェッショナルになるしかない。
そして、プロフェッショナルは、どんな仕事も、プロ野球選手や音楽家や俳優等と変わらない。
必要なことは、時間を大量に注ぎ込むことである。
修行中の身でありながら、テレビを見たり、友達と下らないお喋りをしたり、仲間とワイワイ飲食に行くような者がプロフェッシナルになれるはずがない。
注ぎ込む時間は1万時間で良いのである。
1日3時間なら9年と少し、4時間なら7年弱である。








ズバリ、プロとは

コンピュータープログラミングをマスターするためには、何をすれば良いだろう?
これを私に尋ねたら、プロのプログラマーになるにはという意味で答えることになる。
ピアノ演奏をマスターするのも、単にちょっと弾けるというのと、プロの演奏家になるのとでは、意味が全然違う。
ところで、オーケストラのピアニストでなくても、バーやレストランでピアノを弾くのも立派なプロだと私は思う。
私の場合がまさに、バーやレストランのピアニストに相当するプログラマーなのだ。
ただし、オーケストラのピアニストより、バーのピアニストの方が給料が高いことだってあるのだ。

プロとは何だろう?
言うまでもなく、それで金を取る者であるが、プロでないのに金を取っている者は、一時的とはいえ割といる。
昔、船井幸雄さんが著書に、プロとアマとの違いについて、「アマの最高レベルがいつでも出せるのがプロ」と書かれていたが、それはそれで正しいと思う。
しかし、もっと単純に言えば、「責任を取るのがプロ」である。
野球選手なら、勝つための責任を果たすのがプロだ。
時々、能力的には高いがクビになるプロ野球選手に同情が集まることがあるが、そんな選手をちゃんと見れば、百パーセント、勝つための責任を放棄しており、それはプロではないので、クビで当たり前なのである。
ジャイアント馬場さんは、「俺はお客さんを満足させる責任がある」とよく言われていたが、だから彼は、選手としても経営者やプロモーターとしてもプロだったのだ。

では、プロになるにはどうすれば良いだろう。
それは、1日中、寝ても覚めても仕事のことを考えることだ。
プログラマーの場合、考えること、即、プログラミングであるから、1日中プログラミングをしていることになる。
ピアニストは、「あそこはこう弾けばいいんじゃないか?」と考えるから、演奏が向上するのである。何も考えずに、言われるまま、あるいは、パターン通りに練習しているだけではプロになれない。
再び、ジャイアント馬場さんの話をするが、馬場さんが非常に憧れ崇拝していた、バディー・ロジャースという世界チャンピオンがいた。
馬場さんは、アメリカにいた時、ロジャースと同じところにいたら、ずっとロジャースを見ていた。
そうしたら、ロジャースは常にプロレスのことを考えていることに気付いた。
他の選手達が、電車での移動中などに雑談したり、ゲーム(当時はトランプのようなものだが)をしたり、酒を飲んだりしているが、ロジャースだけは、ずっと考えていた。
それは、「どんな戦い方をすればお客さんが喜ぶか」「リングに登場する時は、どんなふうにやればうけるか」などといったことだろうが、とにかくずっと考え、良いと思ったものを実践していったのだ。
馬場さんは、「そりゃ、ずっと考える者とそうでない者では差がつくよ」と言われていたようだが、全くその通りだ。
ロジャースの周りの選手達だって、かつては、ずっとプロレスのことを考えていたはずなのだ。彼らは、その余韻でプロを続けているが、当然、早くに駄目になるのだ。
考え続けた者がトップになるのである。

私も、レベルは低いながら、プロのプログラマーになる時は、本当に、寝ても覚めても、日曜日にドライブしている時も、ずっとプログラミングのことを考えていた。
酒場のヴァイオリニストだって、生活出来る給料を取れる者は、やっぱりそうであったはずなのだ。

男のプロってやつもある。
よく、女の子に「責任取ってよ」と言われたり、女の子に「責任は取るよ」と言うといった話がある。
本当に責任が取れるのが、プロの男である。
いい女の子は、アマの男なんかと付き合ってはいけないのである。
ただ、その前に、自分が(変な意味でなく)プロの女の子でないといけない。
相手の身になり、思いやりがあるのがプロの女の子である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

私の願いを叶える究極の秘訣使用例

最近の中学生や高校生がなりたい職業では、男子の場合は、IT技術者・プログラマーがトップで、女子の場合は、芸能人、看護師、公務員といったところが人気があるらしい。
女子の芸能人はともかく、これを「安定志向」と言う者達がいるが、そうではないと思う。
男子の場合、自分の足で立てる確固とした力を欲しているのだし、女子の場合は、「人のお役に立ちたい」という想いが感じられるのである。
大人にとっては安定の象徴の公務員も、若い人達にとっては、親切丁寧なサービスで喜んでもらえる仕事と映っているに違いないのだ。

実際に働いている大人は、医師、弁護士、税理士、建築家、プログラマーといった専門家である場合より、良く言えばゼネラリストだが、まあ、特に専門のない会社員である場合が多い。
会社員は、いろんな分類の仕方がある。そして、営業職と事務職に大雑把に分けるのは乱暴だが、それが一番当を得ているかもしれない。
マクドナルドの店長が事務職というのもおかしいと思うかもしれないが、事務職だからって机に座ってばかりではない。
そして、専門のない営業や事務の仕事をしている人も、本当は何かの専門家として、一目置かれながら仕事をしたいはずである。

で、このブログで最近よく書いている、「願いを叶える究極の秘訣」で専門家になるにはどうすれば良いか説明しよう。
私の場合、営業職から事務職になり、そこで、プログラマー(システムエンジニアも同じと思う)になった。
当時は、ジョセフ・マーフィーの成功法則を支えにしていたが、やったことは、「願いを叶える究極の秘訣」である。
マーフィーの成功法則も、そのように使ってこそ効果的なのではないかと思う。
すなわち、「プログラマーになるために必要なことは全て自発的に行う決意をする」だけで十分である。
上の行の一文を読み返すと、当時の想いが彷彿してくるのだから、間違いのない方法であることが分かる。
この願いに対し、運命がどんな試練を課してこようが受け入れる覚悟・・・これを決意と言う。
この決意をすれば、自分で頭で考えて何をしようと思った訳ではないが、本屋に言って、プログラミング言語の本を見るのが楽しくなり、ちょっとやり過ぎの感もあったが、次々に本を購入した。
貧乏だったに関わらず、思い切ってパソコンを買う気になり、当時は、今のように、インターネットで必要なソフトが何でも得られる時代ではなかったので、どうしても必要なものは購入したが、当時だってフリーウェアやシャエウェアは沢山あったので、それほどお金はかからなかった。今なら、パソコン代やネット代以外は、ほとんどタダで、私よずっと条件は良いはずだ。
そして、自然に、私に、ITで社内の業務を効率化する仕事が回ってくるようになり、気が付けば、かなりのプログラマーになっていた。
今なら、マイクロソフトオフィスの中にあるExcelやAccessに附属するプログラミング言語のVBAを使えば、このようなことを楽々とやれるし、無償のSQL Server Expressを使えば、かなりの規模のシステムを作ることが出来るだろう。
私は、ユニークなプログラマーになる決意があったので、その他の沢山のプログラミング言語に自然に取り組み、いくつかは仕事で使ったが、プログラミング言語そのものの技能よりは、IT社会全体を把握する能力が得られたと思う。
ハッカー的プログラマーを目指すなら、まずはC言語やアセンブリ言語をみっちりやれば良いと思うが、Facebookのマーク・ザッカーバーグはPHPだけで十分なことが出来たし、結局、沢山のプログラミング言語が出来るよりも、1つのプログラミング言語の達人になった方が良いかもしれない。それに、1つのプログラミング言語を極めれば、他は何とでもなるだろう。

これが「願いを叶える究極の秘訣」の使用例であるが、簡単であると思う。
いかなる願いでも、このようにして叶えることが出来るのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード