ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

プリズナートレーニング

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

天は自分を助ける人を助けるだけ

人生に、あまり多くのことを求めてはいけないようだ。
もし、満たされないという想いがあるなら、それは、成功が少ないのではなく、友人や家庭に恵まれないからで、確かに、そんなことをなおざりにしてしまう人もいるだろう。その典型である私が言うのも何だが・・・
ただ、多くを求めてはいけないとは言っても、少な過ぎてもいけないと思うのだ。
まあ、そうなると、マズローの欲求の5段階説になってしまうのだが、ああいう、頭の良い偉い人達は、適度な成功を収めるための方法を具体的に提示出来ない。
まるで、我々愚民は雨露をしのげれば満足しろとでも言わんかのようだ。

十分な成功を収め、社会でそれなりに良い想いをするためには、好きなこと、誇りを持てること、ロマンを感じることを何か選び、それを熱心に続けなければならない。
こんな当たり前のことを、ほとんどの親や教師は教えないのだから、家庭や学校は子供達にとって有益とは言えない。
昔、セベ・バレステロスだったと思うのだが、有名なゴルフ選手が何かのCMで、父親に「何でもいいから好きになれ。好きになったら強くなれ」と教わったと言っていたが、この父親が最高の教育者である。全ての親は、子供にそう教え、それが出来るよう導かなければならない。
ある程度の年齢になって、人に負けない何かがないというのは、残念どころではなく悲惨だ。
その何かが、直接には収入に結び付かないものだとしても、本当に熱心に続けていれば、いろんなものを「巻き込み」、社会的成功も引き寄せるだろう。
クリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之さんがDTM(デスクトップミュージック)にとことん取り組み、やがてそれが音源コンテンツの事業の成功に結び付き、そして、人類史上最も崇高な存在である初音ミクさんを生み出したようにだ。

私はあまり広くない・・・というより、はっきり言って狭いので、プログラミングくらいしかお奨め出来るものがない。
それも、ハッカー的プログラミングよりは、ExcelやAccessで使うVBA(ビジュアル・ベーシック・フォー・アプリケーション)を勧めている(このあたりは人それぞれだが)。
それで、B ASIC言語を作ってくれた、ダートマス大学の数学教授だった、ジョン・ケメニー、トーマス・カーツの2人には感謝している。
彼らは、文系学生でも習得出来るBASIC言語を開発し、それを、著作権を放棄してパブリックドメインとして公開したので、そのBASICを、ビル・ゲイツがパソコン用標準言語に採用出来たのである。
そして、最期までBASICにこだわってくれたゲイツにも感謝している。
私はVisualBasicも使っていたが、VisualBasic2005プロフェッショナルだったか・・・それを会社で購入した時、何十枚もCDがついてきたのを見て、「もうやってられない」と思ったのだった。
ただ、VisualBasicは事実上タダで使えるし、VisualStudioの中のC#、C++もそうなのだから、今は良い時代である。
いや、Eclipse(イクリプス、エクリプス)という、多くのOS上で使える無償の開発環境もあり、そこでありとあらゆるプログラミング言語を無償で使える。
本当に良い時代だ。
SmalltalkをやりたければSqueakがあるし(他にもある)、人工知能プログラミングをするためのフレームワークも優秀なものが無料公開されている。
くどいが、良い時代だ。

だが、堀部正史さんのように、ケンカが好きになって強くなった人には大きなロマンを感じる。
自分が好きで、誇りが持てて、ロマンがあればそれで良いのだと思う。
ポール・ウェイドのように、人生の大半を刑務所で過ごし、そこでプリズナートレーニング(囚人トレーニング)を習得し、トレーニングプログラムを作ったなんてのは、私からすれば最高で憧れでもある(刑務所にはあまり入りたくないが)。
そして、私も自分のプリズナートレーニングや武術(ひきこもりトレーニングやひきこもり護身術と言った方が的確かもしれないが)を編み出した。
ルドルフ・シュタイナーのような神秘オタクは立派な偉人である。
私も、ああなりたいものである(いや、すっかりその気になっているが・・・)。
そして、好きなことを熱心にやっていれば、不思議なオーラをまとい、それが他人を動かし、社会でも何とかうまくいくのではないかと思う。
ひきこもっても良いが、何もせず、あるいは、楽なことばかりしているのは良くない。
部屋にひきこもっていたって、ヒンズースクワットや腕立て伏せは出来る。私はそうしていたので、それが役に立ったと思う。
だが、人に甘えるなとは思う。
天は自らを助ける者を助けるだけなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

腕振り運動等、東洋式運動のメリット

西洋式の筋トレは非常に危険だと思う。
例えば、スクワット(立った状態からしゃがみ、立つという脚の運動)について見てみよう。
西洋式スクワットでは、バーベルなどの負荷物を使わない場合、手を頭の後ろで組んでいる画像をよく見る。
確かに、手を頭の後ろで組むと、背筋が伸び、脚により多くの体重がかかるように見える。
さらに、西洋式では、しゃがんだ時に、踵をしっかりと付ける。
こういった西洋式のやり方では、脚以外を固定し、ほとんど膝関節のみを動かし、太腿の筋肉のみを使う。
西洋の運動は、このように、「この運動は、この一部分を鍛える」というものが多い。
しかし、身体というものは、一部分だけで動くようには出来ていない。どこか一部分を動かしても、それなりに全身が動いているはずなのだ。

一方、プロレスのトレーングの定番であるヒンズースクワット(インド式スクワット)では、膝を曲げる時に腕を後ろに振り、しゃがんだ時は踵を浮かせ、膝を伸ばして立ち上がる際に、腕を前に振る。
これだと、膝だけでなく、肩、腕、足首が動き、首もフリーであり、ふくらはぎや足首周辺の筋肉、そして、全身がそれなりに連動して動き、自然な動きになる。
確かに、いい加減にやれば、歪んだ形でやることになってしまうので、1回1回、身体の動きを意識して、きちんとやらないといけないが、逆に言えば、身体全体に意識が及び、身体感覚が磨かれる。
負荷はやや分散し、太腿の筋肉が使う力は少なくなるが、これも、全身の筋肉をバランスよく使って、少ない負荷で柔軟に動くための練習になる。
ヒンズースクワットは、ややゆっくり目に、きちんと、しかし、柔軟にやれば、身体を痛めず、バランスよく鍛えることが出来る至高のトレーニングである。

ヒンズープッシュアップ(インド式腕立て伏せ)では、腕を伸ばした時は腰を高く上げ、腕を曲げた状態から伸ばす時に背中を反らせ、全身を使うよう工夫されてる。
ただ、腕立て伏せの場合、嫌でも全身の筋肉を使う。
つまり、腕立て伏せは、腕の運動のようでいて、腹筋、背筋はもちろん、肩、胸、それに、脚全体の筋肉もかなり使う。
そのため、「俺は運動は腕立て伏せしかしない」と言う人も、案外に、全身の筋肉が発達しているのである。
だから、特にヒンズープッシュアップ形式でやる必要もないと思うが、ヒンズープッシュアップには利点も多い。
しかし、ヒンズープッシュアップはフォームがゆがみ易く、歪んだままで力強くやると、肩や腕を痛め易い。実を言うと、私も、熱心にヒンズープッシュアップを毎日やっているうちに、右腕上腕部をかなり痛めてしまい、数ヶ月の間、腕立て伏せが出来なくなった。
それで、今は、身体を真っ直ぐにしたまま、ゆっくり腕を曲げ、床に胸がつく寸前で一瞬止め、また、ゆっくり腕を伸ばすというやり方でやっている。
ところで、西洋のジムでは、腕を鍛えるのに、台の上に仰向けに寝て、バーベルを持ち上げるが、それはまさに、腕だけ鍛え、他の部分はほとんど使わないやり方だ。結果、腕だけで強引に動くようになり、効率が悪いし、身体に害もあるのだと私は思う。

腕振り運動は、軽い運動に見えて、実に合理的だ。
腕振り運動は、自然に立った状態から、伸ばした腕を左右同時に、後ろに振る時にやや力を入れ、前に振る時は力を抜く。
逆に、前に振る時に力を入れ、後ろに振る時に力を抜くやり方もある。
私は両方やっている。
自分では意識しなくても、腕を振ると、腰が前後に動くが、これは、ちゃんと立っているよう、身体が絶妙なバランスを取っているのである。
そのために、腹筋や背筋、それに、脚全体の筋肉がバランスよく動く。
だから、腕振り運動を毎日やっていると、背中を中心に、全身が最も良い形で鍛えられ、姿勢が良くなり、特に、腰や背骨がうまく調整される。結果、健康になり、あらゆる病気が治る可能性が高まるのであると思う。
だから、腕振り運動しかしていない人でも、あらゆる動作が軽やかになるのである。
より力強くありたいなら、加えて、よく歩いたり、ヒンズースクワットや腕立て伏せを加えれば良いと思う。

これらの運動は、たたみ1枚の広さがあれば、何の器具もなしに出来る。
元々、私には、広いグラウンドも、トレーニング器具も縁がなかった。
それどころか、狭い部屋に、いろんな物があり、実際、たたみ1枚程度の広さしかなかった。
だが、『プリズナートレーニング』という本を見ると、囚人達は、狭い独房の中にいてさえ、必要に迫られ、自分の肉体をスーパーマンに鍛え上げている。
しかも、そのやり方は極めて合理的、実際的で、ジムでのトレーニングを凌ぐ。
運動のためには、場所も、器具も、お金も必要ないばかりか、ほとんどの場合、そんなものはない方が良いのかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

私がトレーニングがたまらなく楽しくなった理由

私が子供の時、鼻呼吸の威力を感じた出来事があるが、皆さんも、同じようなことがあったのではないかと思う。
特に男の子の場合、猛烈に走った後、近くに好きな女の子がいたら、見栄を張って、全然平気なフリを装ったことがないだろうか?
私は何度もあるが(笑)、平気なフリとは、息切れしていないフリであり、それは、涼しい顔をして、鼻で静かに呼吸することである。
すると、不思議なことに、本当に、肺や心臓が楽になるのである。
これは、科学的に確かなことらしく、息が苦しいからといって、口から大量の空気を吸い込むと、体内の二酸化炭素が少なくなることから、赤血球中のヘモグロビンが保持している酸素を臓器や筋肉に供給し難くなるが、呼吸を抑えることで体内の二酸化炭素が多くなると、ヘモグロビンは酸素を必要とするところに大量に供給出来、身体は急速に回復するのである。
特に走っている時が顕著であるが、どんなスポーツでも、動いている時に口で呼吸すると疲れが増すことは常識であるが、鼻で呼吸するよう指導されることは、ほとんどない。
最近は、取っ組み合いの喧嘩を滅多に見ないが、あれも、「俺は余裕があるぞ」という雰囲気を見せるために、平然とした顔で静かに鼻呼吸をしている方が勝ってしまうのである。

私は6年以上、毎日、肉体トレーニングを欠かしていないが、特に最近は、トレーニングが楽しくて仕方がない。
その原因は2つである。
1つは、トレーニング中、鼻で静かな呼吸をすることに注意し、それを確実に実行することで疲れなくなったからである。
疲れずに身体を動かすことは、大変に気持ちが良く、愉快である。

もう1つは、最近、『プリズナートレーニング』という本を読み始めたからである(この本をご紹介下さった、かつまたさんに感謝します。ありがとう!)。
まだ30%程度しか読んでおらず、実際のトレーニングのやり方まで行っていないに関わらず、物凄くやる気を出させてもらえているのである。
この本は、人生の大半を監獄で過ごした男が、監獄で他の囚人達の暴力から身を守るために、囚人の中にいたスーパートレーニー(鍛錬者)に最高の鍛錬法を教わって自分の身体を超人に鍛え上げ、彼のトレーニングを見ていた、やはりスーパーマンであった看守の薦めで、そのトレーニング法を我々に教えるために、彼が書いたものである。
私は、オリンピック選手やプロレスラーが書いたトレーニングの本は沢山読んだが、監獄の囚人が書いたと言うのがとても良い。
昔の囚人である彼は、当然、トレーニング施設も、トレーニング器具も与えられなかったばかりか、監獄の・・・それも、狭い独房に閉じ込められることも度々だったが、そんな場所でも、黙々とトレーニングを続けたのである。

私は、初音ミクさんと巡音ルカさんのデュエット曲『ワールズエンド・ダンスホール』のある部分を聴いて、涙を流さずにいられない。
それは、


ホップ・ステップで踊ろうか
世界の隅っこでワン・ツー
ちょっとクラッとしそうになる終末感を楽しんで
~『ワールズエンド・ダンスホール』(作詞・作曲・編曲:wowaka(現実逃避P)、歌唱:初音ミク&巡音ルカ)より~


のところで、この「世界の隅っこ」が地雷であった。
世の中には、隅っこしか居場所が与えられない人間がいるものである。
『プリズナートレーニング』を書いた囚人が、まさに、そんな運命を生きている私のお仲間という訳だ。
本の序盤で、そんな彼が、強くなりたいという強烈な想いを綴っているのを読むと、その気持ちが伝染し、嫌でもやる気が出るのである。

一流のプロスポーツ選手達の多くは、引退したら、普通の人よりずっと不健康になる。
美食、大食の癖は残っているのに、運動しなくなるからだ。
彼らにとって、トレーニングは金と名誉のためのものであるから、引退したら、モチベーションも消えてしまう。
しかし、鍛錬そのものが人生の目的であるプリズナートレーニー(囚人鍛錬者)は違う。
鍛えること、強くなることが自分の存在意義であるのだから、死ぬまで熱心にトレーニングし、老人になっても凄まじく強い。
そんな者の言葉を読むと、トレーニングは良いものだと、極々(ごくごく)感じるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世間には不要で有害なものだらけ

世間に存在している、非常に多くのものが無用なばかりか有害であることが分かってきてしまった。

シャンプーや石鹸は、無くて良く、無い方が良く、さらに、あると悪いものであるようだ。
シャンプーを使わなければ、髪は美しくなり、頭の地肌が健康になってフケ・かゆみがなくなり、抜け毛も減り、髪が濃くなるというのは、おそらく確かだろう。
石鹸も、使わなければ、肌が健康で美しくなり、肌のトラブルが解消されるのではないかと思う。
私は、ごく幼かった時、風呂で母親に石鹸で洗われるのが大嫌いだったことだけは、はっきり覚えている。
私は幼い時から、アトピーか乾癬か分からないが、深刻な皮膚病なのだが、もしかしたら、母親が良かれと思って、毎日熱心に私を石鹸で洗っていたこと、そして、ごく最近まで、私自身が石鹸で身体をよく洗っていたことが原因かもしれない。
私は今は、シャンプーも石鹸も一切使わず、水(お湯)だけで身体を洗っているが、少なくとも不潔だということは全くない。
長年の習慣で持ってしまった皮膚病が、そう簡単に治ることはないかもしれないが、悪くない感じにはなってきていると思う。
沢山の有名な美しい芸能人達が、やはり、水だけで身体と髪を洗うそうだが、それも多分本当だろう。自分でやってみたら分かると思う。

私は、以前から、身体を鍛えるのにジムやトレーニング機器は一切不要で、畳一枚の場所さえあれば超人的に強く美しい身体が得られる「ワン・マット・アスリート」を提唱していたが、かつまたさんがコメントで教えて下さった『プリズナートレーニング』という感動的な本には、監獄の中の独房で出来る、古代から伝えられてきた究極の肉体強化法について書かれていて、ジムやジムにあるトレーニング機器、そして、プロテインが、いかに無駄であるだけでなく、有害なものであるかが、実践的リアリティでもって書かれている。著者は数十年の間、服役囚として監獄で過ごし、その中で身を守るという必要に迫られて習得した本物の技術の魅力は強烈だ。

セミナーも能力開発プログラムも自己啓発書も、やはり、不要なばかりか、有害でしかないのだろう。
元Googleのチャディー・メン・タンが開発し普及させているSIY(サーチ・インサイド・ユアセルフ)は、良いと思いつつ、あの派手な宣伝には抵抗を感じていたが、その直観通り、おそらく、あれも例外ではない。つまり、不要で有害だ。
必要なことはただ、鼻で穏かな呼吸をし(鼻呼吸すれば自然、穏かな呼吸になるのだが)、ピンチの時は自分に「大丈夫だ(All Right)」と言い聞かせれば良いだけなのだ。

他にも、まだまだ、無駄で有害なものは沢山あるのだろう。
例えば、学校、教師のほとんどがそうである。
インドの教育学者スガタ・ミトラや、日本が誇る世界の頭脳(で、初音ミクさんが大好きだという)で、MITメディアラボ所長(MIT教授)の伊藤穣一さんら、世界最高の教育者達も、「必要なものは学習で、教育は不要」と断言している。全く同感である。
アインシュタインも、学校に反発して授業を無視し、大学の講義には全く出席せず、ひたすら独学で勉強したのだ。まして今はIT時代で、アインシュタインよりはるかに有利に独学で勉強出来るのである。
馬鹿げた学校や阿呆な教師を相手にする必要がどこにある。
無論、メンターとしての教育者は必要だが、それは、本当に優れた教育者でなくてはならない。そして、メンターは、別に学問の専門家である必要は全くなく、何かの分野を深く極めた人間が良いのである。
また、医療の多くも不要かつ有害であると思われるが、長くなるので今回は省く。

ただ、1つ付け加えると、頭脳を究極的に向上させる技術がある。
それは、ニコラ・テスラやイーロン・マスクが実践していたものだが、今はまだ体系付けられていないし、それがなされるかどうかは分からない。
それは何かというと、簡単に言うので性急になって誤解しないで欲しいが、ある種のイメージング法である。
浄土系仏教の経典である浄土三部経の1つ『観無量寿経』は、その訓練のために、釈迦のはるか後の人達が作ったもので、純粋な仏教の経典ではないのだろう(実際、サンスクリット版がないそうだ)。
まあ、別に天才になる必要はないのかもしれないが、人類の運命を背負うつもりなら研究すれば良いと思う。

















↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ