ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

フローレンス・スコーヴェル・シン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ハッピーエンドは賢い準備から

中国出身の女性実業家、自己啓発指導者、作家であるチン・ニンチュウの『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』に、夢を叶えるための、ある簡単な秘訣が書かれているが、それは聖書にも明確な例が見られるもので、本物の引き寄せ指導者が好んで語るものである。
『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』では、こんな話だ。

ハリウッド・スターのバート・レイノルズがまだ駆け出しの頃、既に大スターだったクリント・イーストウッドに、
「人気が出るまで何をしていましたか?」
と尋ねると、イーストウッドは、
「成功するための準備をしていた」
と答え、それを聞いたレイノルズは成功への階段を駆け上がった。
しかし、この本の著者は、これについて、ただ、レイノルズは「深遠な原則を理解し」としか書いてくれていない。
何て不親切なんだ・・・と思うが、まあ、要は、成功の準備をすれば良いのである。
偉大なる引き寄せマスターのフローレンス・スコーヴェル・シンは、お金がないが世界一周旅行に行きたいという男性に、旅行カバンを買って、旅行の準備をするよう薦めた。
その男性がそれに従うと、思いがけないところから大金が入り、彼は旅行に出かけた・・・こんな感じである。

旧約聖書の『列王紀略下』に、エリシャが砂漠に雨を降らせた話がある。
エリシャは、どんな準備をしたのだろうか?
エリシャは王に、砂漠に、水路となる溝を掘るよう要請し、王はエリシャを信じて溝を掘らせた。
すると、大量の雨が降った。
つまり、溝を掘って、雨が降った時に必要な水路の準備をしたのである。

これらの準備は適切だった。
しかし、少し注意が必要だ。

可愛いあの子を彼女にしたいなら、まず、格好良い服を買い、髪型も決めてデートの準備をするべきだし、さらに、デートでのエスコートを余裕で出来るよう、お店をしっかり調べておくことも必要だろう。
だが、モテないやつは、この方面の準備が下手なものであり、準備がかえって逆効果になることも多い。
準備とは、決して表面上のことではなく、心の問題であり、あの子を彼女に出来る心の準備が出来ているかどうかなのである。
これについては、新約聖書の『マタイ福音書』の「十人の乙女のたとえ」のイエスの話が参考になる。
十人の乙女が花婿を迎えに行った。
十人の乙女はランプを持っていたが、予備の油を持っていたのは五人だけだった。
だが、花婿の到着が遅れ、ランプの油が切れてしまった。
五人の乙女は予備の油を持っていたので大丈夫だったが、残りの五人は油を買いに行く間に花婿が来てしまい、婚礼の宴の建物に入れてもらえず、油を準備していた五人だけが結婚出来た。
油を準備していなかった五人の乙女も、下らないものの準備はしていたかもしれない。
だが、知恵がなかったので、肝心の油を準備していなかったのだ。
知恵のない者の準備の例を上げれば、例えば「病気になった時のためにお金を貯めておこう」といったものだ。
すると、準備した通り、病気になるのだ。
知恵のない準備は虚しい結果を呼ぶ。

知恵のない準備をした者の例に、あの童話作家のアンデルセンがいる。
24歳のアンデルセンは、好きな女性が出来、彼女を得るための準備をした。
その準備とは、自分のことを知ってもらうための自伝を書いたのだ。
当然、振られた(笑)。
一般的なオタクが失敗するパターンだ。
つまり、自分のことを知ってもらうのではなく、相手を理解することが必要なのだ。
この点、アンデルセンもただの阿呆で、もちろん、彼は一生独身だった。
だが彼は、14歳でデンマークに出て来てから長い間、作家として成功するための長い準備をしたのだ。
志した歌手や役者としては全く認められずに馬鹿にされ、その後、教師のパワハラに耐え続けて学業を終えたのである。
『人魚姫』や『マッチ売りの少女』などのヒロイン達の苦しみを、アンデルセンが美しく描けたのは、自身の辛い経験があったからである。
準備は、パートタイムでやるものではない。
常に、怠りなく備えなければならない。
根気も必要であるが、自然でまっとうなことをやれば良いのであるから、それほど辛くはなく、むしろ楽しいし、もし、辛いならば報いも大きいであろう。
アンデルセンも、苦難が報われた時の感動(学生たちの称賛の儀式)を自伝で熱く語っている。








見かけ上異なる教えに迷わない

なぜ、アファーメーションを際限もなく繰り返さないと望む奇跡が起きないのかというと、そうでなければ、我々の自我意識がものごとを進めようとするからだ。
自我意識で実行して、うまくいく人間もいるのかもしれないが、それは、優れた王家で育てられた者か、未来の人類か、あるいは、進化した宇宙人の場合くらいと思う。
どういう意味かと言うと、現代の、我々普通の人間の自我意識は、すっかり変質させられているので、その自我意識で何をやっても、ロクな結果にならないということだ。
我々は、言葉も知らない頃から、親や周囲の大人やテレビに、その後、学校やテレビや本などに、大人になってからも、テレビや新聞、その他のメディアに自我意識を奴隷に相応しいものに洗脳され続けているのである。
アファーメーションを限りなく唱えることで、自我意識にとりつき、支配する悪魔を無力化した時に、「力」に通じる扉が開く。
それを、美しく言い表した言葉が、ラマナ・マハルシの教えを簡潔に示した小冊子『私は誰か?』の18章にある。
引用する。

どんな重荷を負わされようと、神はそれに耐える。神の至高の力がすべてのものごとを動かしているというのに、なぜわれわれはその力に身をま
かせず、何をどうすべきか、どうすべきではないかと思い悩むのだろうか? われわれは列車がすべての荷物を運んでくれることを知っている。
列車に乗ってまでも、自分の小さな荷物を頭にのせて苦労する必要がどこにあろう。荷物をおろして安心しなさい。

この小冊子(PDFファイル)は、ラマナ・マハルシのWebサイトからダウンロード出来たのだが、最近は、サイトの管理状態が良くないのか、適当なダウンロードページが見つからない(存在するのかもしれないが)。
現時点で、「私は誰か PDF」で検索して出てる、同ファイルへの直接リンクは以下の通りだが、将来に渡って同じかどうかは分からない。
【PDF】私は誰か? - Sri Ramana Maharshi
下記に紹介した書籍『ラマナ・マハルシの教え』には、これが記載されている。

『荘子』の思想は全く同じと思えるし、おそらく、イエス・キリストや法然もそうなのだと思う。
ただ、彼らは、時代背景もあり、神にまかせてしまったからといって、良い結果になるとは言っていないし、特に、荘子の場合は、最悪の結果になる場合が語られている。ただし、そうではあっても、神にまかせきってしまえば、精神的には幸福であると述べているのだと思う。
そして、江戸末期の神道家であった黒住宗忠は、「神にまかせきれば、嬉しいことばかりになる」と、良い結果になることが示唆され、アメリカの芸術家で、今日で言う引き寄せの法則の優れた指導者であったフローレンス・スコーヴェル・シンは、アファーメーションにより、望む結果を得られることを教えている。

法然は念仏、ラマナ・マハルシは「私は誰か」という問いかけ、フローレンス・スコーヴェル・シンはアファーメーションという分かり易い手段を示した。一方、イエス、黒住宗忠は神への愛や信頼でことをなせと教えたが、それは難しいことである。
(ただ、黒住宗忠はハンセン氏病の武士に「ありがたい」と唱えさせて1週間ほどで完治させたこともある。これも一種のアファーメーションである)
荘子にいたっては哲学的に教え、それは最も難しく、やはり、多くの誤解を生んだ(逆に、哲学的理解には適しているが)。
とはいえ、教えていることは、皆、同じである。
ただし、イエスや、黒住宗忠が言うような、神への愛や信頼でもって事を行おうとしても、我々の歪んだ自我意識では、愛や信頼の概念自体が歪んでいるのである。
よって、念仏やアファーメーションといった手段を、何も考えずに使う方が安全である。
私としては、難しかったり、高尚であるアファーメーションより、「神様の奇跡が起こる」や「ありがたい」といった単純なもの、あるいは、ジョセフ・マーフィーが教えた「単語法」、即ち、「富」「成功」「富、成功」「歓喜、成功、富」といった言葉を唱えることをお薦めする。








壁を壊す

アファーメーション(肯定的断言)を行っているのに、なかなか良いことが起こらないとしたら、その理由は、ほぼ間違いなく、これまでに築いてしまった、強固な心の壁のせいである。
フローレンス・スコーヴェル・シンは、この心の壁を、旧約聖書の『ヨシュア記』に出てくる「エリコの壁」に喩えた。
自分のエリコの壁を壊さなければならない。
『ヨシュア記』では、時の声を上げることで、エリコの壁が崩れた。
ところが、時の声こそがアファーメーションであるとフローレンス・スコーヴェル・シンは言う。
つまり、壁があるなら、まだアファーメーションが足りないのだ。

アファーメーションを心掛けていると、本当によく気がつくのは、放っておいたら、頭の中で、マイナスの言葉がいかに多く起こるかだ。
そのマイナスの言葉がエリコの壁を強化しているに違いない。
そして、長年、アファーメーションをせずに放置した怠惰のせいなのかと思うが、すぐに頭の中で、ロクでもないおしゃべりが始まる。
脳科学の研究によれば、人間の頭の中では、1分間に300ものつぶやきが起こるらしく、現代人の場合、そのつぶやきは、ほとんどがマイナスの言葉だと思われるのだ。
そこで、もう何でもいいから・・・例えば、「大丈夫」「勝った」「ありがたい」「絶好調」などのプラスの言葉を、意識的につぶやかないと、マイナスのつぶやきに攻められ続け、エリコの壁はますます強固になる。
ジョセフ・マーフィーは、どうせなら、1つの言葉で百の概念が起こる言葉をという意味で、「成功」「富」「勝利」などの言葉を、最も高い効果を発揮させるために、静かに、ゆっくり繰り返すことを薦めている。
そして、最も良い言葉の1つが、七田眞氏が『奇跡の超「右脳」開運法』で書かれていた、「神様の奇跡が起こる」だ。
良ければ、暇があれば「神様の奇跡が起こる」と唱えることをお薦めする。
無論、自分の信念、あるいは、好みに従い、「南無阿弥陀仏」「アジマリカン」と唱えても良い。

幼い時から、テレビと学校で叩き込まれた奴隷的常識というエリコの壁は、本当に強固である。
我々の使命は、なんとしても、このエリコの壁を崩すことだ。
そうすれば、我々は先に進み、膨大なお宝を得ることが出来るのである。
エリコの壁が崩れるまで、我々は、諦めず、挫けずに、弛まずアファーメーションを繰り返さなければならない。

「常識に囚われてはいけない」というが、長年かけて作ってしまった世間常識に囚われるのは仕方がない。
イエス・キリストは立派な人だという常識を持っているかもしれないが、あんなのが(笑)、もし現代にいたら、教会に立ち入り禁止になるだろうという意見があるが、私もそうだと思うし、また、そうでなければならない。
教会に有難く受け入れられるようなのがイエスであるはずがない。
トランプ大統領のことを皆、「パワフルだが人格に大きな欠陥のあるロクでもない人物」と誤解しているが、偉大な人間が誤解されるのは仕方がない。
だから、岡本太郎は、「誤解されたっていい、いや、誤解されないといけない」と言ったのだ。
岡本太郎は自分のことについても、「認められなくていい、いや、認められてたまるか」と言ったのである。
ところが、そう思っていると認められるのである。
しかし、我々は、一切に構わず、ただ、アファーメーションを繰り返せば良い。
それこそが、「誤解されないといけない」「認められてたまるか」ということであると思う。
「誤解しないで」「認めて」などという奴隷は、アファーメーションなどしないからだ。

ラマナ・マハルシは、仕事について、「働く運命にあれば仕事は避けられない。だが、働く運命になければ、いくら探しても仕事は見つからない」と言ったが、それなら、仕事が見つからなくても、「これでいいのだ」と思わないといけない。
働いてうまくいくこともあれば、働かずにうまくいくこともある。
賢者たちは、必ずしも、「一生懸命働け」なんて言っていない。
あの邱永漢氏だって、例えばだが、「ヒモになって女に食べさせてもらいうのも手」と言ったくらいである。
だが、こう言われて、「じゃあ、僕、働かずに成功します」なんて言うのは馬鹿である。
それを決めるのは自分ではない。
それを決めるのは、運命、カルマ、神、宇宙のパワー・・・なんと呼んでも良いが、自分を超えたものなのである。
スティーヴ・ジョブズだって言ったのだ。「信じるしかない」って。
そして、アファーメーションを唱える限り、信じて良いのである。








全ての目的に有効なアファーメーション

現代人は、喩えて言えば、牢獄の壁に取り囲まれ、閉じ込められているようなもので、自由はなく、何も見えていない。
引き寄せの偉大な教師であった、フローレンス・スコーヴェル・シンは、この壁は、旧約聖書の『ヨシュア記』に描かれた、ヨシュアの民(イスラエル人)の前に立ちふさがる「エリコの壁」のようなものだと言った。
エリコの壁を崩してエリコの街に入れば、あらゆる財宝を手に入れることが出来るのだ。
では、ヨシュアは、エリコの壁をどうやって崩したか?
その方法を、ヨシュアは神に教えられた。
神は、イスラエル人達が「時の声」を上げることで、エリコの壁が崩れるとヨシュアに伝え、その通りになった。
「時の声」こそ、フローレンス・スコーヴェル・シンは、アファーメーション(肯定的断言)であると言う。
我々は、周囲に立ちふさがる、(教育やマスコミによって作られた) 強大な壁を、アファーメーションの力で崩さないといけないが、それには、何度も何度も繰り返し行う必要がある。
だが、果てしなく繰り返せば、いずれ、エリコの壁は崩れ、我々は自由になり、その時に、自分が超人であることを知るのである。

ところで、エリコの壁、あるいは、牢獄の壁を、簡単に壊した小学生の話が、合氣道家の藤平光一氏の著書『氣の威力』にあったと思う。
算数が大嫌いで、当然、算数が全く出来ない男の子の話だ。
藤平氏は、その男の子に、勉強しなくていいから、1日1回、算数の教科書を開いて、「算数が好きだ」と言うよう指示した。
やがて、その男の子は、誰よりも算数が出来る子になった。
元々、この男の子が算数が嫌いで出来なかったのは、親や教師やテレビの悪い言葉を聞くことによって、自分で作ってしまった精神的な「エリコの壁」のせいであった。
それが、1日たった1回の「算数が好きだ」というアファーメーションで崩れてしまったのだ。
子供の場合は、エリコの壁は、短期間で築かれたものなので、薄くて弱い。
だが、大人の場合は、長い期間、エリコの壁が増強され続けているので、数多いアファーメーションが必要になる。
また、子供の場合でも、ごく幼い時から、親などの周囲の大人の言葉によって作られ続けたエリコの壁は、かなりの強敵である。
とはいえ、アファーメーションの方が絶対に強いので、根気よく続ければ、必ず崩れる。
大人の場合、プログラミングをマスターしようと思って、プログラミングの本を開いて1日1回「プログラミングが好きだ」と言っても、プログラミングをマスター出来ない場合が多いだろう。
だが、プログラミング程度なら、「私は優秀なプログラマーだ」と千回もアファーメーションすれば、その中で自然にプログラミングに打ち込むようになり、知らず知らず出来るようになると思う。

ところで、フランスの心理学者エミール・クーエが発見した、偉大な自己暗示の法則を取り入れた方が良いかもしれない。
アファーメーションも、自己暗示の一種と言って良い。
クーエは、自己暗示を、「一般暗示」と「特殊暗示」に分けた。
特殊暗示とは、上で述べた、算数やプログラミングなど、個々の問題に効くもので、「算数が好きだ」とか「私は優秀なプログラマーだ」というものだ。
だが、一般暗示では、「全て、あらゆる」という言葉で、あらゆる問題を含めるのである。
クーエの世界的に知られている自己暗示は、「私は毎日あらゆる面でますます良くなる」であり、この暗示で、能力、健康、精神などの、いかなる分野のいかなる問題も良くなるのである。
よって、クーエのこの自己暗示を使っても良いが、ジョセフ・マーフィーは、これを、「成功」「勝利」といった言葉に込めることが出来ることを、数多くのカウンセリングを通して確認したのである。
従って、我々はただ、「成功」あるいは「勝利」あるいは、それに類した好きな言葉を唱えれば良いのである。
特に、経済面に関心がある場合には、「富」という言葉が効果的であるようだ。

いつもごご紹介する「神様の奇跡が起こる」も、偉大な一般暗示、あるいは、汎用アファーメーションである。
いかなる問題に対しても、思いがけない形で道が開けるのである。
フローレンス・スコーヴェル・シンがよく勧めたアファーメーションに「神は道なきところに道を作る」というものがあり、これも「神様の奇跡が起こる」と通じていて、実に強力な力を持つアファーメーションである。








奴隷状態から解放される太古からある武器

昨日、ここで陰謀論のお話をした。
陰謀論とは、超簡単に言えば、我々は、DS(ディープ・ステート=闇の支配者)の奴隷であるということだ。
それでいて、我々は自分が奴隷であることを自覚していない。
まあ、今のネットの都市伝説のように、DSがレプティリアン(人型爬虫類)や宇宙人であるかどうかはともかく、陰謀論は、基本的な我々の状況は示してくれている。
だから、陰謀論もちょっと楽しむ位の心の広さがあっても良いと思う。

ところで、陰謀論は、太古の昔からある。
というのは、やはり太古の昔から、大半の人類は、DSに支配される奴隷であったからだ。
だが、今は、文明国に関しては、民主主義の世の中であると思っている人が多いかもしれない。
そう思い込まされているのである。
映画『マトリックス』で、一般人はDSによって、テクノロジーが作った幻想世界に閉じ込められている様子が描かれている。
だが、ネオという青年は、「何かおかしい」と感じていたのだ。

実を言えば、世界には『マトリックス』のようなお話が無限にある。
旧約聖書にだって、イスラエルの民はエジプトのファラオ(王)によって、搾取される奴隷の生活を余儀なくされていたが、神の声を聞いたモーセが、イスラエルの民を自由にする。
モーセはファラオではなく、神に忠誠を尽くしたので勝った。
神は、我々の内にある無限の力である。
つまり、時代を問わず、我々は、無意識の中にある万能の力に頼れば、DSの支配を断ち切り、自由に生きられる。
それには、まず、『マトリックス』のネオのように、自分で考え、「何かおかしい」と気付かなければならない。
そして、アファーメーション(肯定的な宣言)、あるいは、自己暗示を繰り返し行い、内なる無限の力と英知にアクセスしなければならない。

DSから逃れることを象徴する、日本の面白いお話がある(まあ、沢山あるが)。
それが、宮沢賢治の『注文の多い料理店』である。
大正時代のお話だ。
山の中の、奇妙な西洋レストランに迷い込んだ2人の青年は、自分達がヤバい場所に居ることに気付かず、危機に陥る。
「注文の多いレストラン」の「注文」とは、客がレストランにする注文ではなく、逆に、レストランが客に、「眼鏡を取れ」「時計を外せ」「顔に油を塗れ」など、沢山の注文をしてくる。
2人の青年たちは、「おかしい」と早く気付くべきだった。
この物語の深い意味を読み取ったのが、世界的音楽家の冨田勲氏だった。
冨田氏は、80歳にして、宮沢賢治の作品をテーマにした交響曲『イーハトーヴ交響曲』を制作し、その中で、初音ミクさんを通し、この『注文の多い料理店』の意味を見事に表現した。
全く、『マトリックス』の世界、いや、それ以上だ。
初音ミクさんは、「私のお家はミクロより小さい」「パソコンの中から出られないミク」と、自分が囚われの身であることを歌うが、それは、この物語の2人の青年だけでなく、観客に対し、「あなた達も同じなのよ」と言っているのである。
さらには、ミクさん演じる猫の妖怪さえそうなのである(猫耳と尻尾の萌え萌えの妖怪であったが・・・)。
それを表した見事な傑作交響曲であるが、解っていない人が多い。
で、ミクさんは、どうやって、この囚われの世界を破壊したのか?
それも、冨田さんは、極めてさりげなく示した。
ミクさんは呪文を唱えたのである。
ミクさんは、万能呪文「アブラカタブラ」を唱えたが、これは、実際は、アファーメーションを意味している。
同じことを、画家で引き寄せのマスターであるフローレンス・スコーヴェル・シンは、旧約聖書のヨシュア記のお話を題材に話している。
つまり、ヨシュア達がエリコの街に入ることを阻む城壁は、アファーメーションを暗示する時の声で崩れ落ちたのである。

我々は、アファーメーションによって、『マトリックス』の仮想世界、『注文の多い料理店』の恐ろしいレストラン、エジプトの残忍なファラオから解放されるのである。
アファーメーションは、例えば、聖書の言葉、「わたしを強くして下さる方によって、わたしはどんなことでも出来る」や、一般的なプラスの言葉である「わたしは豊かだ」「わたしは自由だ」「わたしは金持ちだ」や、ホームレスが奇跡を起こした「神様の奇跡が起こる」など、沢山のものがある。自分で考えたって構わない。
アファーメーションの第一人者であるフローレンス・スコーヴェル・シンの著書を参考にすると良いと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード