ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

フロイト

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

相手の心に入り込むには

「魂の声」に従っていれば間違いない。
「魂の声」と同じことを「心の声」と言う者もいて、それでも別に良いのだが、問題もある。つまり、心理学や精神分析学では、心は自我のことを指すが、自我の声に従うことは最悪だ。
具体的に言うと、

・十分食べたのに、もっと食べたいと思った時、「食べろ」と言うのが心(自我)の声、「我慢しろ」と言うのが魂の声。
・教師が生徒を脅して猥褻なことをしたいと思った時、「やっちまえ」と言うのが心(自我)の声、「やってはならない」と言うのが魂の声。
・誰も見ていないので、ズルをしたら得をする時、「構うもんか。やっちゃえ」と言うのが心(自我)の声、「すべきでない」と言うのが魂の声。

だ。
それなら、魂の声とは、実際は何だろう?
「所詮、知識や経験が脳内で熟成されて出来た思考パターン」という考え方があり、これはフロイト的と言え、「魂の声」といったものを、フロイトは「超自我」と名付けた。
一方、「全人類、万物、あるいは、神につながる精神」みたいなものを魂と呼ぶ考え方もあり、こちらはユング的と言える。
もっと簡単に言えば、「魂はない」と言うのがフロイトで、「魂はある」と言うのがユングだと考えて良いと思う。
フロイトもユングも、自分の方が正しいということを、いろんな言い方で主張するが、傾向として、フロイトは権威的で、ユングは神秘的だった。
どっちが正しいとも言えないと思う。

まあ、「魂の声」は間違いがないのだから、超自我だろうが、霊だろうが構わないと言えば構わない。
これをはっきりさせようと思ったら、霊的な意味での魂が存在するかしないかという問題になるが、これは分からないと言うしかない。
短絡的な理屈で、魂はあるとか、魂はないと言う者が多いが、そんな者は思考が浅く、きっとIQも低い。

「世界=漫画」理論で言えば、個々の心は作者の心の一部であり、個々の魂は作者の魂に通じる道だ。
ただ、この世界という漫画の作者は、我々を超えており、その精神構造がどうなっているのかは分からない。
だから、例えば、作者は魂だけの存在かもしれず、作者においては、「心=魂」となるのかもしれない。
そして、我々はいつでも、作者の心につながることが出来、それが魂の声を聞くことだ。

我々だって、漫画や小説を書いていたら、登場人物の心が、作者である自分の心の中に入り込んで来ることを感じる。
それと似たことが、我々と、この世界という漫画(別に小説でも良いが)の作者との関係についても言えるのである。

私は、ある優秀な国際コンサルタントから、交渉のコツとは、相手の心の中に入り込むことであると言われたことがある。
自分の心も、交渉相手の心も、この世界という漫画の作者の心の一部であるのだから、要は、作者の心の中に入り込めば良いのである。
具体的に、どうやれば相手の心に入り込めるのかというと、これを言うのは難しい。
しかし、相手の心に入り込めないようになる方法なら簡単だ。相手を嫌えば良いのである。
つまり、嫌っている限り、相手の心に入り込めず、相手を動かせない。
とはいえ、「好きになったフリ」をしたって全然駄目である。
出来ることと言えば、嫌うのを止めること・・・相手の嫌いな点について考えるのを止めることだ。

幼児が、自分の右手の指を使って家族ごっこをしている。
親指がお父さんで、人差し指がお母さん、中指がお兄さんで、薬指がお姉さん、小指が赤ちゃんだ。
その幼児は、お父さんやお母さん、あるいは、お兄さん、お姉さん、赤ちゃんの役割を切り替えながら一人五役で会話する。
この時、お姉さんがお父さんを嫌うと、お姉さんとお父さんの心に断絶が生まれ、距離が出来たように感じるが、嫌うことをやめると距離が縮まる。
我々がやっていることもこれと同じで、お父さんやお姉さんは、自分が幼児の右手の指だということが分からないのである。








ヒーリングコードをより便利に行うために

人間を駄目にする・・・つまり、愚鈍にしたり、病気にしたりするのは、無意識の中に押し込められた抑圧であることは、科学的にはフロイトが発見したのだと思う。
その後、ユング、アドラー、マズローらが、フロイトを基に発展した研究を行い、さらに、彼らの研究を基に、様々な精神療法や心理療法が作られたのだが、あまりうまくいかなかった。つまり、「こうやれば治る」といった普遍的な治療法は生まれなかったのだと思う。
その中で、ミルトン・エリクソンという、本当に簡単に治してしまう精神科医が現れ、彼の手法は今も研究されているのだろうが、誰にもエリクソンのような治療は出来ないと思う。

フロイトと同時代のドイツの精神科医ゲオルグ・クロデックは、全ての病気は心因性・・・いわゆる、「病気は気から」があらゆる病気に当てはまると考えた。
もしかしたら、それは正しいのかもしれないが、彼も治療の原理を示すことは出来なかった。
その後、フランスの心理療法家、エミール・クーエが自己暗示のみで、精神、肉体の病気に、驚異的な治療成果を上げ、その手法も簡単で、普遍化、一般化したが、クーエがいないところでは、なかなかうまくいかない。
そして、医者でも心理療法家でもない、アメリカのSF作家のL.ロン.ハバードが、『ダイアネティックス』『科学の進化』で、病気や、心身の異常が起こる原理をかなり見事に解明したと私は思うが、治療法である「ダイアネティックス」は、私は、あまりよくないと思う。

そして、問題を解決出来たのが、心理学博士であるアレクサンダー・ロイド博士の「ヒーリングコード」という方法である可能性があると私は思う。
「ヒーリングコード」は、まさに、フロイトの無意識に押し込められた抑圧を「癒す」ことで、あらゆる病気を治し、人間が持っている本当の能力を解放する。
「ヒーリングコード」はかなりの評判は呼んだが、「その割には有名ではないじゃない」「誰もこれに関する研究論文を書いていないぞ」「病院や学校で行われていないぞ」と言う人もいると思う。まさに、私が疑問に思うことだ。
しかし、だからこそ正しい可能性がある。
ロイド博士は、「ヒーリングコードは医療の代替ではない」と述べるが、実際には、医療や教育の大半を無用にしてしまう。
医療や教育は権力と結びついており、それらの脅威になるものが世の中に普及するはずがない。

「ヒーリングコード」のやり方については、完璧なものではないかもしれないが、昨日もご紹介した動画、
【YouTube】Introduction to The Healing Codes(ヒーリングコードの紹介)
で、大体分かると思う。
4つのポジション(眉間、のど仏、顎の付け根、こめかみ)に対し、それぞれ30秒というセットを3回繰り返す。
私は、厳かな音楽の間に、30秒ごとに音で合図してくれる、この動画を使っている。
4つの各ポジションをそれぞれ30秒で1セット(2分)を3回繰り返し、ロイド博士が指定した合計6分を行うことが出来る。
【YouTube】Healing Code Timer by Dr Alex Loyd

根深い抑圧は、生まれる前、さらには、先祖から受け継いだものもある・・・と言ったら、怪しく感じるかもしれないが、遺伝子情報が継承されることを考えると、可能性はあると思える。
そんな深い抑圧は、なかなか治らないこともあると思う。
私も、今年10月の初めに突発的に起こった酷いアレルギーが、ヒーリングコードを2日行うことで治ったが、一昨日から、前以上の勢いでぶり返した。
ヒーリングコードを行った直後は収まるが、今のところは、またすぐにぶり返す。
だが、なんとか普通に生活出来るのは、ヒーリングコードのおかげと思う。
引き続き、行っていく。
尚、当面、同等の効果を期待出来る、ロイド博士の「エネルギー療法」を止め、「ヒーリングコード」のみで検証する。








心のコンピューターウイルスを消す夢

人間をコンピューターに例えたら、普通の人は、数百とか数千のコンピューターウイルスに感染していて、機能は悲惨なまでに低下し、不合理で意味のない判断や行動を行う。
超優秀と言われる人ですら、かなりの数のウイルスに感染しており、時によっては驚くほど無能になったり、愚かな行為も数多くしてしまう。
そんなことを解明し、そのメカニズムを詳しく本に書いたのが、L.ロン.ハバードの『ダイアネティックス』で、世界で2千万部ほどが売れ、自己啓発書としては最高のベストセラーのようだ。
ただ、『ダイアネティックス』は、メカニズムの説明としては素晴らしい点が多いが、そこに書かれている治療法である「オーディティング」に関しては、私は昔から相当疑問を持っていた。
『ダイアネティックス』では、コンピューターに対するコンピューターウイルスのように、人間を駄目にするものをエングラム(心理学用語の「記憶痕跡」のこと)と言うが、このエングラムを消す技術がオーディティングだ。
オーディティングは、自分に対して自分では行えず、誰かにやってもらう必要がある。
そして、先程も述べた通り、オーディティングのやり方は『ダイアネティックス』に書かれているが、これをマスターするのは相当難しそうで、そもそも、これが本当に有効な方法とは、私にはあまり思えない。
それで、私はずっと、このエングラムを消す方法を求めていた。
エングラムを消せば、能力は劇的に向上し、IQは打ち上げ花火のごとく上がり、病気は消え、人間性も驚くべきほど改善する。

そして、アレクサンダー・ロイド博士の「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」は、ロイド博士はそういう言い方はしないが、エングラムを消す方法と全く一致していると私は思った。
ロイド博士は、エングラムに相当することを「細胞記憶」と呼んでいる。
『ダイアネティックス』は、1950年代の古いものだが、コンピューターをモデルに説明していることも多く、エングラムとは裏の記憶装置に書き込まれた記憶であるが、これを表の記憶装置に書き直すと害がなくなると説明している。
これは、フロイト的に言えば、潜在意識の中に抑圧された記憶を、顕在意識に引き出すということに近く、フロイトも、それが出来れば抑圧が消え、心身の状態が向上すると述べたが、残念ながら、それは大変に難しかった。
同じことを、ロイド博士は「細胞記憶を癒す」という言い方をする。
そして、それを簡単に行えるのが、「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」というわけだ。
どちらも簡単で(いずれも3分で覚えられる)優れた方法であるが、なぜか「ヒーリングコード」について書かれた本『奇跡を呼ぶ ヒーリングコード』の翻訳書が絶版で、古書も高価であり、電子書籍もない。
そこで、今なら「エネルギー療法」をやれば良いと思う。このやり方が書かれた本『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』は、現在(2021/12/09)、Amazonでは紙の本の在庫はなく古書も高価な場合が多いが、電子書籍がある。

『ダイアネティックス』や、フロイトの『精神分析入門』を読み、病んだ心を治療する途方もないメリットを知れば、「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」がいかに有り難いかが分かると思う。
尚、ロイド博士は「ヒーリングコード」に関しては、1回6分以上で1日3回以上の実施を要求しているが、私は、1回数十秒でも、やらないよりはマシと思ってやっている。
私は、「ヒーリングコード」を開始したら、すぐに指先にエネルギーを感じるようになった。
「エネルギー療法」では、ロイド博士は、3つのポジションを、それぞれ、1~3分行うよう指示しているが、私は1つのポジションにつき、10秒もやらないこともあるし、1つのポジションしかやらないこともあるが、それでも効果的であると思う。フロイトは1つのポジションしか使っていなかったようだ。








あらゆる問題の原因を消す方法の探求

私の場合だけではないと思うが、軽い病気、たとえば、風邪なんてものは、身体の調整現象のようなもので、風邪が治ると、それ以前より体調が良くなる。
「心身医学の父」と言われたドイツのゲオルク・グロデックの言うところでは、怪我も病気と全く同じで、脚をどこかにぶつけたりとか、転んで腰を打つのだって、エスという、人間の内部にいる生命体が引き起こしたことで、身体にとって必要なことだったのである。
例えば、腰を打ったなら、それによって、腰の骨に刺激を与えることで、必要な調整が行われたのである。
そして、グロデックはここまで言わなかったと思うが、あらゆる問題やトラブル(人間関係、経済関係その他)も、やはり、何らかの必要から起こるのである。

実は、私は、今年(2021年)の10月の初めあたりから、アレルギーに苦しんでいて、2ヵ月近くも経つが、ひどくなる一方である。
症状としては、全身の肌がボロボロで、ヨブ記のヨブを思い出す。
それで、10月終わり頃の、大阪での初音ミクさんのライブ&企画展「マジカルミライ2021大阪」は、普段なら大阪駅から電車で行くところだが、タクシーを使って会場(インテックス大阪)に通い、今月(11月)初めの「マジカルミライ2021東京」では、ライブの時以外はホテルに籠っていた。
とはいえ、肌以外は全く健康で、毎日、スクワット500回や、その他10種類くらいのトレーニングを欠かさず行っていた。
単に、人様に見せられないほど顔(その他もだが)の肌がボロボロなので、人前に出なかっただけだ。
これは、いよいよ、キリスト並に、一切の病気を治せるようになれということと思う。

病気、怪我、トラブル等、人生のあらゆる問題の原因はストレスだ。
お金が足りないのだってそうである。
必要なお金が得られなくて苦しんでいるなら、やはり、過剰なストレスが、その人の中にある。
このストレスに関しては、フロイトは抑圧と言い、以前は私も興味を持っていた『ダイアネティックス』ではエングラムというが、根本的には、ストレスと同じである。
アファーメーションや真言を唱えることでもストレスは低減、あるいは、消すことが出来るが、ストレスが大きかったり根深かかったりすれば、それを消すのは容易ではない。
ストレスの中には、子供の時に受けたもの、あるいは、子供の時から受け続けているようなものがある。
だから、例えば、貧乏な人の中には、貧乏である原因が、子供時代のストレスという場合だってあると思う。
それを解決するのは、そんなに簡単ではないかもしれない。

私も、自分や、少しは他の人の問題を解決してきたが、どうしても全く歯が立たないというものもあった。
例えば、このブログでもよく話題にしていた、私が以前勤めていた会社にいた、まるで駄目男君のような者である。あれもまた、子供の時に受けたストレスが原因で、まるで駄目な男になってしまったのだと思うのだ。
それで、私の今回のアレルギーを消すことを手掛かりに、あらゆる問題を解決出来るようになろうと思う。
確かに、江戸末期の神道家、黒住宗忠が、ハンセン氏病(らい病)にかかった武士にやらせたように、1日1万回「ありがたい」と言えば良いのかもしれないが、よほど切羽詰まった状況でもなければ、そんなことはなかなか出来ない。
そこで、もう少し楽に出来る方法を見つけようと思うが、それは必ず見つかると思う。
私も早くアレルギーを消したいので、そんなに時間をかけるつもりもない。








忘れてしまった苦しみが人を蝕む

あなたの心の中に宿っているマイナス因子(数百とある)が消えるごとに、人生の問題は消えていく。
これまで、人付き合いが苦手であっても、どんな人とでも気楽に付き合え、良い交友関係が作れるようになる。
判断は正しくなり、失敗をしなくなるし、好きな異性と、自然に容易く恋愛関係になることも出来る。
長年、医者にかかっても、薬を飲み続けても治らなかった病気も治る。
キリストのような人格に近付き、誰にでも尊敬され、黙っていても人目を引くが、それで緊張することもない。
記憶力は良くなり、IQも高くなるので、難しいと言われる問題を、正しいタイミングで上手く処理出来、自分や他の人々の利益に貢献し、自ずと経済的に豊かになるだろう。
あなたの心の中のマイナス因子を十分に消すことが出来れば。

真言を唱えたり、お経を読んだり、祝詞を上げたり、聖書の言葉を唱えると、少しずつではあるが、心の中のマイナス因子を消していける。
なぜかと言うと、真言や聖書の言葉などは、遠い昔から、立派な人々が、心を静かにして長い時間唱えたもので、それらは、人類共通の意識である集合意識の深いところで、不滅のエネルギーとして存在している。
あなたが、例えば、念仏を唱えると、そんな深いところにある念仏のエネルギーと共鳴し、火花を発する。その火花がマイナス因子を清めるのだ。
ただ、その様子をもし視覚化することが出来れば、初めのうちは、あなたの真言や祝詞の力は弱く、それでも確実に火花は発しはするが、マイナス因子が浄化される程度が小さいことが分かる。
けれども、それでも、確かに浄化するのである。

大きく浄化するためには、昔、フロイトも気付いていたが、心の中のマイナス因子を探し、辛くても、それをしっかりと味わうと良い。
フロイトは、そんなマイナス因子を抑圧と呼んだが、昔、自分が受けたストレスが抑圧となって心の奥に押し込まれて、見えなくなってしまったのだ。
そんなマイナス因子…フロイトの言う抑圧を見つけるためには、旅をして探すのも有効で、「自分探しの旅」は、あながち間違いではないが、運まかせなところもあるし、また、辛い経験になることもある。
筒井康隆さんの『悪夢の真相』では、中学生の女の子が、なぜか、般若の面が怖くて仕方がないのだが、子供の時に住んでいた村に行って、その謎が解ける。
マイナス因子が心の中に入る時のことは、忘れてしまうものなのだ。
その少女は、その村で、幼馴染の少女に会うが、その幼馴染の少女は、「あなた!あのことを覚えていないの?」と驚くのだ。
だが、その時の現場を見ると、少女は思い出し、ショックのために気を失う。
しかし、マイナス因子をしっかり見つめると、それは急速に消えていく。
こういったやり方は、運が必要で、とても難しく、時に辛く、時間がかかることもあるが、これを合理的に行う方法も研究されている。
しかし、現在はまだ、一般の医学や心理療法では、それを実用的に行えるほどの技術は、ほとんどない。

それで言えば、真言を粘り強く唱えること(お経、祝詞、聖書の言葉等も同じ)が良いかもしれない。
昔から、真言を何十万回と唱えることで神通力(超能力)を得たり、キリストのような存在になった者がいるのであり、同じことをやる限り、必ずそうなるのである。
※『悪夢の真相』は、角川文庫『時をかける少女』に収録されている。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード