ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

フロイト

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

人間の強敵

アメリカのある自己開発セミナーで、生徒は自分の目標を紙に書かされた。
ある女性は目標を「100万ドル(約1憶円)」と書いたが、講師は彼女に、なぜ100万ドルが欲しいか尋ねた。
彼女の答は「100万ドルあれば安らぎが得られるから」だった。
ほとんどの人が持っている、彼女と同じ間違いは2つだ。
1つは、彼女の本当の目的は安らぎであり、100万ドルではないこと。
もう1つは、不安や恐怖から行動すると、大抵うまくいかないことだ。

言い換えれば、不安や恐怖がない状態で行動すればうまくいく。
敵が攻めて来る時、不安や恐怖を持って立ち向かえば負ける。
良い将軍は、兵士が不安や恐怖を免れるために戦うようにはしない。そんな兵士は弱い。
兵士は、将軍に鼓舞され、不安や恐怖を克服した時、最強の軍隊になる。

『君の知らない物語』という19分以上もある楽曲がある。
Supercellの1枚目のシングルらしいが、作詞作曲したryoさんの才能を感じる名曲だ。
ごく一部だが、印象深いフレーズの部分が、アニメ『化物語』のエンディングに使われていた。
女の子が好きな男の子に告白出来なかった思い出を語る歌だが、とても壮大で爽快な歌だ。
ところで、彼女の敗因は何かというと、歌の最初に表れている。
「バカみたいにはしゃいで歩いた、抱え込んだ孤独や不安に押しつぶされないように」
うまくいく方法は後で述べる。
尚、スマホで告白しても駄目なのは、やはり、不安や恐怖があるからだ。

不安を消すだけなら、手を胸に当てれば良い。
両手の方が効果的かもしれない。
胸でなく、額でも効果がある。
ジークムント・フロイトは、患者の額に自分の手を当てた。
フロイトは、精神科医としての治療率が高くない・・・ゼロだったという話もあるが、フロイトは患者には人気があり、患者達はフロイトに感謝していた。
その理由は、フロイトにとって治療は実験なので非常に熱心だったのだが、それが、患者にとっては親身と感じたのかもしれない。
あるいは、患者の額に手を当てるという単純な行為で、患者の不安を和らげたからかもしれない。
最初の女性の通り、ほとんどの人の願いは不安や恐怖の解消だ。
それなら、自分で、胸や額に手を当てれば良い。
『君の知らない物語』の女の子も、胸に手を当てて不安を取り去ればうまくいっていたかもしれない。

『009 RE:CYBORG』という、石ノ森章太郎の『サイボーグ009』を原作にした、かなりの傑作アニメ映画がある。
サイボーグ戦士009である記憶を失くし、高校生活を送りながら漫然とした不安を感じていた丈に、クラスメイトでガールフレンドのトモエは、丈の頭を両手で包み、抱き寄せる。
「大丈夫」とか「心配いらない」とか言ったと思う。
もう完璧だ。
もっとも、丈は、いつからトモエと付き合っているのかすら覚えていない。
まあ、トモエはガラスに映らないし、009として覚醒した丈が核爆発から逃れた先に現れて、また同じように丈を癒すのだから不可思議な存在だが、このブログで何度か書いたが、私も小学校の低学年の時、そんな子がいた。
いつも一緒にいたのに、知らないうちに居なくなったし、彼女が映った写真もない。
そういう存在を天使というのだろうが、もちろん、あなたにも居る。
アメリカ人の半数以上が、ガーディアンエンジェル(守護天使)の存在を信じているらしいが、良いことである。それは事実であるからだ。

天使はなかなか現れないかもしれないし、逢っても忘れてしまうかもしれない。
しかし、自分の手で胸や額を押さえると不安は消えるのだということを知っておくと良い。
今の人の不安は根深いので、長く押さえていないといけないと思う。
押さえながら、「大丈夫」「心配ない」「なんとかなる」とつぶやくと良い。声に出しても心の中ででも良い。
あるいは「神様の奇跡が起こる」と唱え続ければ、100万ドルだって手に入るかもしれない。
教育学者の七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』では、ホームレスの男が、手を胸に当てていたかどうかは知らないが、「神様の奇跡が起こる」と唱え続けたら、2~3週間後、1憶円が、それも2回も当たったそうだ。
彼は、神様を信じるという美徳を持っていたので、2~3週間で不安が消えたのだろう。








狂気に打ち勝つ

現実として、どうしても、世の中には、嫌いなもの、憎しみを感じるもの、我慢ならないもの・・・が誰にでもある。
せっかく優秀で、人間性も素晴らしいのに、それが強過ぎるために、成功どころか、さっぱりうだつが上がらない者は少なくないのだと思う。
他人からすれば、「何で、そんなことが気になるんだ?」と首をかしげるようなことでも、本人にとっては、マシンガンの弾丸を600万発は叩き込めないなら死んだ方がマシだ・・・という、ほとんど気狂いのようなものかもしれない。

ところで、人間は根本的に狂っているという、信憑性の高い説もある。
今回はその内容は取り上げないが、フロイトは、「人間の自我は元々壊れている」と言い、フロイト派心理学者の岸田秀氏が、沢山の著作で実証的に説明してくれている。
また、ハンガリー出身のユダヤ人哲学者、アーサー・ケストラーは、人間の脳自体が出来損ないで、理性は狂気を支配出来ないと『ホロン革命』で詳しく述べている。
そういったことは、本を読まずとも、多少、自省する能力があるなら、自分のことを考えれば解るはずだし、知性の高い人ほど、痛いほど実感しているのではないだろうか?

どうすれば、狂気から逃れることが出来るかというと、一言で言えば、自我を消すことだ。
自我が消えると、万物との一体感が起こり、その感覚を、昔から、至高体験とか大洋感情と言い、近年、能力開発分野で注目されるゾーンやフローといった精神状態も、それに類するものであると言われる。
では、どうやれば自我が消えるのかというと、一般的には、宗教的アプローチ、瞑想によるもの、そして、近年では、マインドフルネスなどがあるが、実際のところ、どれも、それほどうまくはいかないに違いない。
そして、引き寄せというのは、確実に、狂気で打ち消されてしまうので、やはり、狂気に飲み込まれるべきではない。

私は、多少の根拠があって、超少食が狂気を消すと考え、ある時、20日ほど絶食をしてみたし、10日程度なら何度かやったが、全く効果がなかった。
まあ、確かに、死ぬまで絶食すれば話は別であるが。

それで、現実的なことを言うが、ある程度の歳になれば、自分が何に対して、狂ったように怒るのか、分かると思う。
もし、はっきり分からないとしても、全く見当がつかないということはないはずなのだ。
そうしたら、それ(自分を狂わせるもの)から、なるべく離れることだ。
実を言えば、自分の親がそれだという場合は多い。
それなら、何とか、親から離れ、決して会わないようにする。
そんな人は、親と一生、会わないのが理想だ。
しかし、思うように出来ない場合もあるに違いない。
その時の最後の手段が、「私」というマントラ(真言)だ。呪文と言っても良い。
絶えず、心の中で「私」と唱えるのである。
私が私に意識を向けると、私は狂気に染まることが出来ない。
この仕組みは、ちょっとややこしい(不自然な進化の結果に関わるからだ)のだが、人間の脳の中の下等動物の部分は、「私」という観念を理解出来ないことに起因する。
それで、「私」と唱え続けると、理性と本能が分離すると共に、「私」以外の概念に向かえない理性が、意識を残して消えてしまう。
(これはいい加減な説明かもしれず、読み流していただければと思う)
そうなると、無意識の中の本能的な生命エネルギーが純化され、意識の配下に置かれる。
そうなれば、ふと思っただけで、そのままの現実が創造されてしまうのである。
言葉で言えば正確ではないのだが、とりあえず、狂気に阻まれて引き寄せが出来ない人は、これでうまくいくと思う。








願いを叶える力

無欲を説く高名なインドの聖者すら、願いの強さが願いを叶えると言う。
言い換えれば、願いが叶わないのは、願いが弱いからだ。
そして、願いの強さは、その願いに、どれだけの生命力を注ぎ込めるかであるが、生命力の流れは自然に起こるものであり、意図的な操作は出来ない。
ちょっとややこしいことを言うと、フロイトの精神分析学的には、生命力とは、無意識の中のエスと呼ばれるものであるが、ほぼ、無意識=エスと言える。
そして、人間は、無意識を操作出来ないので、願いの強さも自分で自在に決めることは出来ない。
だから、願いを叶えたいなら、自然に、何の強制もされずに、強い願いが起こるものでなくてはならない。
簡単な言い方をすれば、
「自分のすごく好きなものを見つけろ」
「3度の飯より好きなものは必ずあるので、それを見つけろ」
ということになる。

ただ、気をつけるべきことは、色恋ごとを願いとしてはならないことだ。
それは天に任せるしかない。
どんなに好きだろうと、結ばれるかどうかは、自分では決められないのだ。
『あしたのジョー』で、矢吹丈が、
「女は星の数だが、ホセ・メンドーサ(世界チャンピオン)は1人だ」
と言ったのが、まさに正しい態度なのである。
丈は、葉子や紀子といった素晴らしい女性達に心を寄せられるが、丈自身は、全く、無関心というより、どうでも良いように思えた。
あなたもそうでなければならない。
「いや、俺はこの人だけと心に決めたのだ」
と言ったところで、同じかそれ以上に素晴らしい女性は、少なく見積もっても千人はいるのである。

とにかく好きなことを見つけることだ。
そのことだけが、願いを叶えるエネルギーを引き出せるのだ。
そして、再度言うが、その好きなことには、色恋事は外さなくてはならない。
何とも残念なことである(笑)。

『時をかける少女』で、中学3年生の芳山和子は、
「いつか、誰か素晴らしい人物が、私の前に現れるような気がする」
と感じる。
これが全く正しい態度である。
そして、その素晴らしい人物は、大抵の場合は、自分の好みとはまるで違うのである。

なぜ若いうちの方が成功し易いかというと、若い時の方が、好きなものを、より好きになれるからだ。
だから、いくつになっても、強く好きだと思えるものがあれば成功出来るのである。
ただし、特に若いうちは色恋事に夢中になり易いので、大抵の者は成功しないのである。

『イット・ワークス』という、1926年に出版された引き寄せの古典がある。
そして、今でも、これが最も優れた引き寄せのテキストと思う。
わずか30ページの本で、簡単に書かれているので、誰でも間違えずに実践出来る。
この本がまさに、自分の好きなことを見つけることが出来る最適な手順を示してくれている。
たとえ何歳であっても役に立つだろう。








真面目な理性が魔力の邪魔をする

涼宮ハルヒ(小説・アニメ『涼宮ハルヒ』シリーズのヒロイン。高1~高2)の魔法の使い方は、私とよく似ている。
ハルヒは、お寺のドバト(普通の鳩。正式にはカワラバト)の群を見て、「白鳩になればいい」と言ったら、翌日、本当にそうなった。
9月に「桜があればいい」と思ったら、1つの場所ではあるが、桜が満開になった。
なかなかやるではないか(笑)。
私は、小学4年生の時、天文の知識はゼロだったが、夜空の1つの星を適当に選び、「あの星が土星ならいい」と思って天体望遠鏡で見ると、必ず土星になった。
星を1つ変えるのだから、ハルヒに負けているとも言えまい。
車の多い車道で、信号のある場所まで行くのが面倒で、「目をつぶって飛び込んだら、車は来ない」と思うという方法でいつも道路を渡っていた(良い子・・・いや、大人も真似しちゃ駄目だ)。
「以前見た時代劇のあの回を録画したい」と思って、録画リモコンを握って待っていたら、ちゃんとそれが放送された。

大人になってからも、ヤケを起こして会社で微妙な立場になった時、「スカウトが来れば良い」と思えばそうなった。
まあ、基本的には、私の魔法は、個人的な範囲で済むもの限定のようにも思われるが、それは、エゴ(理性)がイド(本能)を抑えるから・・・ということもあると思う。
つまり、善良な人達に多大な迷惑をかけることや、道徳や倫理に著しく反する願いは叶わない。
とはいえ、イドの最大の欲望である「生きる」が脅かされたら、人様に迷惑をかけることもあるのかなあと思う。
それはともかく、この魔法の使い方を定式化し、誰でも使えるように出来るだろうか?
もちろん、可能と思う。
それが、アンダーグラウンドで流行りの「引き寄せの法則」である。

H.G.ウェルズの『奇跡を起こせる男』での、奇跡の使い方は分かり易い。
ただ言葉で命じるだけだった。
あの小説の奇跡を起こせる男、フォザリンゲーが最初にやった奇跡は、ランプが空中で逆さに燃えることだった。
彼は、自分で言うところでは「意識を集中して」、ランプに向かって、
「こわれずに逆さになれ、そして、ちゃんと燃えつづけろ!」
と命じたら、その通りになり、この時は、本人も驚いていた。
このやり方は、私には難しそうだ。
つまり、奇跡を起こすとしても、私の場合、自分で起こすというよりは、やはり何かに頼んでいる感覚がある。
その「何か」とは、30ページの最高の引き寄せ書『イット・ワークス』では、著者は「インマヌエル(我らの中にまします神)」と呼び、ジョセフ・マーフィーの『あなたも幸せになれる』(文庫版では『努力嫌いの成功法』)では、「コズミック・エナージャイザー(桑名一央氏は「宇宙の活力」と訳)」だ。
まあ、両方の著者とも、「何と呼んでも良い」と述べているが。

完全な定式化はまだ出来ないが、最近思うことは、やはり、エゴ(理性)の反発を招かないことが重要なのだということだ。
その点、涼宮ハルヒは、利己的と言うよりは幼いので、かなりまずいこともやらかすが、それでも、古泉一樹(超能力者。某機関所属)の言う通り、あれでなかなか理性的なのである(でなければ地球はとっくに破滅している)。
エゴと言ったら「エゴイズム(利己主義)」を連想する人が多いと思うし、確かに、そんな意味もあるが、エゴは理性のことである。
叶えたい願いがあっても、それが理性の反発を招くものであっては叶い難い。
例えば、人の奥さんを彼女にしたいという場合には、理性は反発する。
しかし、理性が足りない人間の場合はそうではないが、そんな人間は集中力に欠けるので、あまりうまくいかない。
ただ、サイコパスの場合、人工的な都合の良い理性を持っているので、願望が叶ってしまい易い。それは単に「サイコパスは地頭が良い」というだけでなく、やはり、魔法的な力もあるのだと思う。
まあ、ここでは詳しく書かないが、サイコパスは破滅因子を持っている場合が多く、あまり良い生涯にならない場合が多い。

理性の反発を招かない願いを持つことだ。
そうすれば、後はガッツポーズをしておけば、大抵は叶うのではないかと思う。








手の力で気持ちを切り替える

ジークムント・フロイトの名前くらいは知っているという人が多いと思う。
フロイトは精神分析学の創始者と言われるオーストリアの精神科医で、無意識とか潜在意識を初めて科学的に定義した人だったと思う。
精神分析や心理学について知らない人でも、心の複雑な問題について、「フロイト博士によれば」という言い方を、真面目な話であっても、ジョークであっても違和感を持たないほど、人間の心の研究に関してフロイトの名は権威があるように思う。
だが、フロイトが批判されることも多い。
そりゃ、人間の心を科学的に研究するという、とてつもない困難に、人類で初めて科学的に取り組んだと言えるほどであるのだから、間違いだってあって当然である。
しかし、著名な心理学者のアブラハム・マズローが「私はフロイトを批判しているのではない。彼の研究をさらに深く探求しようとしているのだ」と言ったことが、後に続く研究者の正しい在り方を示していると思う。

ところで、フロイトは研究室の中で研究していたのではなく、精神科医として長時間、極めて真面目に患者の治療に当たっていたのだった。
全くの実践派であったのだ。
だが、実際に治療に成功した例はないと言われることもあるが、真摯な治療振りに対し、患者には大変に感謝されていたと言われる。
けれども、その、治療に成功した例がないというのも、一面的な見方で、精神の治療において、何をもって成功したとは言い難いと思う。
精神病の患者は、ある意味、極めて個性的であるが、それが、その個性を消して平凡な人間になった時に治療に成功したと言うなら、そんな治療はむしろない方が良い。
NLP(神経言語プログラミング)の共同創始者であるリチャード・バンドラーは、人間は、いわゆる普通の人から見て、いかに奇妙な信念を持っていても(自分が宇宙人である等)、別段、それが問題である訳ではないと述べていたが、私もそれで良いと思うのである。ただし、それが、他の人にとって歓迎されないような信念であれば、黙っていれば良いだけのことである。
そりゃ、「初音ミクは俺の嫁」と本当に思っている人だっていて良いと思う(私は思っていないが 笑)。

私は、フロイトの治療は有効であったと思う。
それは、フロイトは患者の額に手を当てながら治療を行っていたということから想像出来るのである。
なぜ、フロイトがそんなことをしていたのかは知らないが、経験的にそれが良い結果を生み出すことが解っていたのではないかと思う。
そして、もしかしたら、フロイトは患者の胸に手を当てた方が良かったのかもしれない(実際にはやったかもしれないが)。
ただ、胸では、女性患者の場合に支障があると思われる。
人間の手が持つ不思議な効果についての研究も行われているが、いまだ未知のことも多い。
しかし、手を、胸や額、あるいは、頭頂に置くことの効果は昔から知られている。
そして、これは、必ずしも他人にやってもらう必要はなく、自分でやっても良い。
やり方については、アレクサンダー・ロイド(心理学、医学博士)の著書『潜在意識を変えれば、すべてうまくいく』の中で、取り上げられているが、両手を胸の前で重ね、その手が胸にかすかに触れる程度に当てながら、時計回りに回す(反時計回りでも良い)ということをすれば、良い効果があり、困難な問題を抱えていた人が、これだけで治ってしまったこともあるという。
また、これは、額や頭頂で行っても良い(全部やるとさらに良いようだ)。
手を回転させなくても良いが、経験的に、回転させた方が効果は2倍ほど高くなるようだ。
これが、科学的、医学的に効果があるかどうかの証明は難しいと思うが、心を落ち着かせるとか、気持ちを切り替える効果がないとは思えない。
そして、あらゆる意味で、人間が幸福に生きていけるかどうかは、気分が良いか悪いかだけの問題であり、人間は生きている限り、悪い気分になることは避けられないので、そんな時、気持ちを切り替えられるかそうでないかで運命が決まるということに対し、現在の人類は、あまりに無知であるように私には思える。
この無知が、人類のあらゆる不幸を作ってきたし、今も作っている。
ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』が偉大な書である理由は、引き寄せの達人達の多くが、この気分の問題を主張していることを明らかにしたことだと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード