ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ビル・ゲイツ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

アインシュタインもビル・ゲイツも頭が良くないから成功した

国語が0点でも読み書きに全く支障はないし、変な言い方だが、地理や歴史が0点でも、地理や歴史の知識を得るのに支障は全くない。
古文が0点でも、古典に興味を持てば、支障なく古文に詳しくなる。
数学が解らないのは問題だが、数学が嫌いとか不得意だというのは、算数や数学の先生が嫌なやつだったという理由だけである。
別に、嫌われる先生を死刑にする必要はないが、先生を替えれば良かっただけであり、誰からも好かれない先生は辞めてもらうしかない。
アメリカでは、学校の授業よりずっと面白くて分かり易い無料のオンライン授業があるが、それは、日本でも出来るし、実際、出来るようになりつつある。

実際は、学校に行く必要は全くない。
単に、他者と交わるコミュニティーが必要なだけである。
そのコミュニティーも、学校のように、同じ年齢の子供を集めて隔離したら。有害さが有益さをはるかに上回ることは、少々馬鹿でも分かるはずであるが、教育関係者達には解らないようなのだから、そんな最低の馬鹿が運営する学校に行く必要はますますない。
現在の学校はただちに解体し、現在の教育関係者とは全く異なる賢い人達によって、子供達にとって有益なコミュニティーを作り運営するようにしなければ、人類に未来はない。

そうは言っても、教育がまともになる可能性は、日本では、少なくとも当面の間は全くないので、各自で上手くやるしかない。
実際は、教育関係者がそんなに馬鹿なのではなく、昔から、権力者達は学校を今のような(超お馬鹿な)形に留めたがるという理由で、国民は馬鹿になるために学校に行くのである。
教科書の内容自体は、そんなに悪くない。
よって、楽に60点取れるような勉強の仕方が出来れば良いだけであり、それは可能である。
ただ、数学と物理と化学は80点が取れるくらいの知識と理解を持っておく必要があるが、それも少しも難しくはない。
数学の80点と100点に別に違いはなく、100点が取れるまでやるのは時間の無駄だ。
言い換えれば、本質を理解した上での80点が良く、本質が解らないのにテストで100点を取るのは愚かである。

上に挙げたことは、インターネットを使えば、もはや簡単なのであるが、あちこちの団体や企業が独自にやっているので、どれが良くてどれが劣悪か分からない(劣悪なのもあるはずだ)。
良いものが1つである必要はなく、複数で競い合うことでより良くなっていくのだが、学ぶ方が、何を選ぶべきか分かるように整備してあげる必要がある。
オンライン授業は、無料、あるいは、極めて安価でなければならない。
カーン・アカデミーは完全無料だし、もし、いくらかでもお金を取るとすれば。それは、サービスに対するお金であり、教育コンテンツを商売にしてはならない。
そうでない塾や予備校も不要である。
学歴がなくても、必要な知識や能力があれば良いのであるから、学校無用の時代は、もうすぐ・・・というより、もう来ていると思っても良いかもしれない。

あまり正確な話ではないかもしれないが、有名な脳科学者が、こんな話をしていた(ネットで見たが、何のサイトだったかは分からない)。
マイクロソフト社を創業したビル・ゲイツが高校生の時、教師はゲイツに、「お前はプログラミングだけしていろ。そうすれば、他の科目の単位もやるから」と言って、その通りにしたらしい。
これが当たり前にならなければならない。
私の場合、どの教科も満遍なくやらないと怖い目、不快な目に遭わされる普通の学校だったので(社会の教師に「いくら数学が出来ても社会で落第させてやる」と脅された)、ゲイツのようには出来なかったが、それでも、国語や社会はなるべくやらず、数学や理科も学校の授業は聞かずに本だけで勉強したが、それで一級のシステムエンジニアくらいにはなれたのである。
それも、不要な科目を切り捨て、アインシュタインに倣って、本で勉強する独学に徹したからである。
だが、学校や教師の妨害は、基本精神はゲシュタボと同じなので、私は随分酷い目にあったが、10パーセントの成果は得られたということだ。
確かに、頭の良い人であれば、「仕方ない」と思って全科目やっても、楽に良い成績が取れるかもしれないが、私には無理で、もし、そんなことをやろうとしてたら、今頃は社会的に生きていないだろう。
それで言えば、実は、アインシュタインも頭が良かったのではないと思う。彼も学校の勉強は苦痛だったし、大学受験も合格出来ず、制度を利用して無試験入学したのだ。
また、私は、ビル・ゲイツもスティーブ・ジョブズも、普通の意味では、それほど頭が良いとは思わない。
だが、それは良いことであったのだ。普通の意味で頭が良い人間には大きなことは出来ない。
ただ、ゲイツらは、優秀な面があったのと、後、成功したのは「たまたま」である。
だが、誰だって優秀な面があるのだし、誰でも「たまたま」成功出来るのだと思う。
「たまたま」成功する能力をセレンディピティ―と言うのだが、それは重要なものであり、その能力を得る方法は、かなり分かってきていると思う。
なら、それは、皆が学ぶべきだろう。








偽物はこれで勝つ

絵画の贋作には、価値の高いものがある。
本物と区別が付かないほどのもの、あるいは、本物とは全然違うが優れているものなどである。
絵画において、贋作は1つの創作分野だとも言われる。

ところが、坂本龍一氏がどこかで言われていたと思うが、音楽のほとんどが実は真似で、本当にオリジナルのものが作れる大天才は極めて稀なのである。
そして、それは音楽だけに限るまい。
西尾維新氏の大作小説である『物語』シリーズの1つ、『偽物語』で、超人的な3人、 影縫余弦 (かげぬいよづる)、 忍野メメ 、貝木泥舟(かいきでいしゅう)の3人はかつて(大学生の時か)、こんな議論をしたそうだ。
「本物と偽物、どちらが価値があるか?」
影縫余弦(武闘派女子)は、「当然、本物や」であった。
忍野メメ(今はアロハシャツの怪しいオッサン)は、「場合による」とする。
そして、愛すべき詐欺師、 貝木泥舟は、「圧倒的に偽物に価値がある」と断言する。
理屈の上では、貝木は「本物を超えようと努力する偽物の意思」の力を称賛するのだろうが、どうも、そんなものではないと私は思う。
坂本龍一氏が述べたことからすれば、「皆、偽物」なのだ。
だから、自分が偽物であると知っている者は賢い。だから、圧倒的に偽物に価値がある。
だが、もっと大きなものがある。
それは、誰にも本物とは認めてもらえない屈辱や恨みである。
その情念のエネルギーは大きい。
それを持つ者は負けないのである。

若き日のビル・ゲイツは、「本物」である偉大なコンピューター科学者ゲイリー・キルドールに挑んで勝った。
キルドールは、科学技術力においてゲイツなど敵ではなく、慢心していたところがあったかもしれない。
一方、ゲイツは、コンピューターマニア、プログラミングオタクであるだけで、学問的基礎がある訳でもなく、キルドールに挑むには完全に役不足だった。
「偽物」ゲイツは勝因について、「頑張ったからだ」と言ったが、そのエネルギーは、ひょっとしたら、所詮、自分はただのオタクという引け目から来たものかもしれない。
そのゲイツが大成功した後、Googleを買収しようとした時、まだ未上場のGoogleに対し、破格の条件を出したらしいが、Googleの「本物」の科学技術者である者達(ラリー・ペイジ等)は「ゲイツにGoogleの経営は無理」と拒否した。
そして、ゲイツは、Googleが推し進めた検索エンジンやモバイル分野でGoogleに全く敵わず、失敗した。
今度は、ゲイツが、Googleが全力を上げていたモバイル分野を軽く見て、キルドールと同じ失敗をしたのだ。
そして、その後、ゲイツは、さらに、教育、エネルギー、バイオといった専門外の、自分が「偽物」でしかない分野に進む。
だが、金のあるゲイツは、誰からも後ろ指をさされないので、自分が偽物でしかないという謙虚さを忘れたように私には思える。
かつて、「技術者としての自分の実績は8080BASICだけ」と言った、若きゲイツはもういないと私は強く感じる。
彼の教育論には、私は全く賛同出来ないし、エネルギー、バイオでもそうだ。

渋谷109の109は「とうきゅう」、つまり、「東急」である。
東急を作った五島慶太(ごとうけいた)は、阪急創始者の小林一三を心から尊敬し、小林の真似に徹した。
阪急電鉄に対し東急電鉄、阪急ホテルに対し東急ホテル、映画では東宝に対し東映、・・・もうギャグである。
だが、それも、小林一三を崇拝し、自分は偽物という謙虚さがあってこそ成しえたのであると思う。

偽物には、「恥じらい」が必要だ。
そして、皆、偽物なのだから、誰にも「恥じらい」が必要なのだ。
日本は「恥の文化」と言われるが、それのどこが悪いのか?
恥を知らないことが最悪なのである。
自分は偽物でしかないという恥じらいを忘れず、本物と言われるものに恐れず挑もう。

私は、中国のボーカロイド、洛天依(ルォ・テンイ、LUO TIANYI)さんは、初音ミクさんを真似た部分もあると思う。
そして、洛天依チーム、あるいは、中国には、初音ミクさんを超えようという半端ない意欲を感じる。いや、もう超えたと思っているかもしれない。
しかし、 洛天依さんが初音ミクさんと並び称されるようになるかどうかは、本物をリスペクトするだけの恥じらいを持てるかどうかにかかっていると私は思う。
ちなみに私は、初音ミクさんと 洛天依さん、両方、嫁にもらっても良いと思っている(笑)。








スーパー・パフォーマンスの秘密

私はあまり知らないのだが、「America's Got Talent」というオーディション番組があるが、あの有名なスーザン・ボイルが出たのが「Britains Got Talent」だったので、これらは、「Got Talent」という、同じ系列のオーディションなのかもしれない。
47歳で登場したスーザン・ボイルは異例だが、多くは若い人・・・15歳とか、13歳とか、時には、それよりも低年齢の挑戦者が、豪華なステージ、大勢の観客、そして、目や耳の肥えた審査員の前でパフォーマンスを披露する。
歌だけでなく、ダンスやマジックなどもあるようだ。
そこに登場した時点では、挑戦者達は、アマチュア、あるいは、素人なのであるが(ヤラセがないかどうかは私は知らないが)、時に、恐るべきパフォーマンスを発揮して、観客、審査員、そして視聴者を驚愕させることがある。
舞台に出て来た時、特に少女であれば、大抵はかなり緊張しており、それでも、最初の審査員の質問(名前、年齢、どこから来たの?等)に対しては、それなりにしっかりと対話するが、それさえ、まるで日本人のように上手く喋れない子もいる。
それが、いざ歌い始めると、それがとんでもないパフォーマンスだったりする。
例えば、こんな感じだ。
【YouTube】「まるでライオンのような歌声」13歳の少女がゴールデンブザーを獲得
こんな才能のある若い子が沢山いるのだから、アメリカのエンタテインメントは層が厚い訳である。

ところで、この番組で物凄いパフォーマンスを示した少女だって、別に生まれつきの天才という訳ではないと思う。
素晴らしい挑戦者達の多くが、のどかな田舎に育ち、他にやることがないので、1日中歌っていたと言っていたのである。
そうでなくても、やはり、歌うことが好きで、時間があれば必ず歌っている子ばかりなのだと思う。
そして、必ずしも裕福で大きな家に住んでいる訳でなくても、日本のように家が密接していないので、大きな歌声を上げても近所の迷惑にならなかったり、家族にも理解があって、歌うことが許され、楽器も買ってもらえるという幸運に恵まれている子ばかりと思えた。

つまり、優れた挑戦者達は、若くても、歌やダンスなどに、途方もない時間を注ぎ込んだのである。
何事も、力を付けるのに秘訣はなく、単に時間を注ぐことが大切で、極めて稀な天才の場合は分からないが、どれほどの才能があろうと、時間を注ぎ込まずに成功することはない。
そして、そんな多くの時間を注ぎ込むには、強制では限界があり、やはり、自分が好きで熱意があるから、長期間に渡って1日の多くの時間をつぎ込み、それが、3年、5年、10年となると、まだ若くても、相当な実力を得られるのである。

プログラミングだって、中学生や高校生で、かなりの実力を持つ者がいるが、それも、例外なく、長い時間をプログラミングに注ぎ込んだ成果に過ぎない。
本当かどうか知らないんのだが、脳科学者の茂木健一郎氏が何かの番組で言われていたが、ビル・ゲイツ(マイクロソフト共同創業者)が高校生の時、彼の才能を認識した高校の教師が、ビル・ゲイツに、「お前はプログラミングだけしていればいい。プログラミングを他の科目の単位に入れてあげるから」と言ってくれたので、ビル・ゲイツは思う存分、プログラミングに没頭出来たと言う。
まあ、あまり正確な話ではないと思うが(笑)、才能を開かせるために時間を注ぎ込むことが大切であることを示す良い話であると思う。

何事も、良くなるための唯一の方法は、時間をかけることである。
例えば、ダイエットしたくて、週に何度か、1~2時間スポーツジムに行って運動する人より、普段、家の中で、軽い運動でいいから長時間行っている人の方が、自然ですらりとした身体をしているものである。
いや、運動しなくても、なるべく、座ったり寝転んだりせず、立っているだけで(立つことは実際は立派な運動なのだが)良いと思う。
食べ方に問題がなければ、立っている時間が多ければ、十分なスタイルになるはずである。
逆に言えば、かなり運動しているつもりでも、いつもだらしなく食べたり、寝転んだりしている人は痩せないものである。

引き寄せもしかりで、高価な成功プログラムを持っていても、それを短い時間しか使わない人より(全く使わない人も多い)、目標を明確にし、常に目標に意識を向けている人の方が願いを実現させる。
特に私は凡人なので、何度かご紹介した、教育学者の七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』にある、七田氏が絶対に事実だという話・・・あるホームレスの男性が、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱えていたら、宝くじで1億円が2回も当たったという話のようにやりたいと思う。
スーフィー(イスラム神秘主義)には、「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」という格言がある。
ラクダは、さ迷い易い性質を持った心の比喩である。
この心をつなぐ・・・つまり、目標に意識を向けていれば、後は、全能の神様にまかせておけば良い。
古代から現代に至るも、それが賢者達の一致する教えであると思う。








目標設定の落とし穴

およそ、まともな成功法則の本やプログラムで、「目標設定」の重要さを強調していないものはない。
もし、「目標設定」の方法について十分な説明がされていないようなら、その本、あるいは、成功プログラムに取り組むだけ無駄である。
最も優れた成功法則書『イット・ワークス』は、具体的手法としては、目標設定に関することのみである。
基本セットだけで50万円以上する世界的に有名な成功プログラムも、そのほとんどまるごとが、目標設定に関することだった。
引き寄せにおいて最も重要なものは「明確な目標」であることは疑いない。
この「明確な目標」の設定に失敗すれば、最初から全て失敗なのである。

具体的なやり方は、『イット・ワークス』(Kindle版で180円.。30ページ程度)に書かれているが、目標を立てることでの、面白い(とはいえ有りがちな)失敗例をお話しよう。
いかなる成功法則・引き寄せの本でも、目標(「願い」と表現することもある)の数や大きさに制限はないと書かれている。
つまり、「とても叶いそうにない目標をいくつ立てても」構わない。

ところで、目標例に「車(自動車)」を目標に設定した本が多いが、あれはどうかと思う。
よほど特殊な車でない限り、お金さえ出せば間違いなく入手出来るのであるから、特に車好きでない限り、お金だけ目標にすれば良い。
目標は多いほど良いというように書いた本もあるが、それは、「目標を出す(発想する)訓練」という意味においてである。まあ、そこらへんが分かっていない著者も多いが。
本当の目標は、少ない方が良い。
それに関して、こんな失敗例がある。
ある、事業家としての成功を目指す男性がいて、彼もいろいろ目標を立てた。
中心となる目標は、やはり、事業の成功と健康に関することだった。
ところで、彼は、彼女がいなかったので、目標の中に、女子大生の彼女を加えた。
いや、別に女子大生の彼女が悪い訳ではないし、たとえ女子高生でも、若いなりに、しっかりものを考え、人間的にも下手な大人よりも立派な人だっている。
ところが、彼は、目標の進行があまり良くないし、さらに、自分が立てた目標に違和感を感じてきた。
そして、面白いことに、彼は事業に失敗した男性と出会ったが、その男性は、ある程度までうまくいっていたのに、女子大生の彼女が出来た時から駄目になっていったらしい。
その女子大生は素晴らしい人ではあったが、どう言っても若い女の子である。
「時間がかかって仕方がない」のだ。
事業なんて、ある程度余裕が出来るまでは、ビル・ゲイツではないが、「週7日、フルタイムで働く」ことも多いし、また、そうしたいものである。
ビル・ゲイツも35歳くらいの頃は、毎日会社で遅くまで働き、この世界一の富豪が、毎晩、持ち帰りピザを買って夕食にし、彼女など全くいなかった。
そんな状態をずっと続け、ゲイツは、38歳くらいで、社内の優秀な女性メリンダと結婚した。

初音ミクさんの『気まぐれメルシィ』(八王子P feat.初音ミク)という曲がある。
この歌は、きゃぴきゃぴの(笑)若い女の子が、自分がぞっこんになってしまった男の子への愚痴を並べるものだ。
「もっと会いに来て」「もっと構って」
といったことを訴え、挙句、
「全然あたしに興味ないじゃん」
「君が好きなのは自分でしょ?」
と愚痴りまくる。もう面倒臭い女だ(笑)
しかし、モテる男なら分かるだろうが(笑)、その男の子は多分、女の子が惚れるに値する男で、自分の目標があるのだ。
だから、その子がどんなに可愛かろうと、割ける時間は自ずと限られる。
八王子Pさんも、自分の経験でこんな曲を作ったのではないかと思う。

恋愛や趣味も、もちろん大切なことであるが、それにかまけて成功する人はいないのも確かであえる。
演歌のヒット曲に、芸人の男の女房が「酒も浮気も芸のこやしだから、どんどん飲んで遊びなはれ」と歌うが、それは嘘である。
酒や女遊びで痛い目にでも遭った時、心を入れ替えることが出来、その失敗を教訓に、酒も女もやめて芸に打ち込めば成功するというのが本当である。








万能の腕振り運動

どうせ、運動や瞑想などを含め、修行は何もしないというなら、腕振り運動1つというのが良い。
それで十分である。
腕振り運動の中に全てが含まれる。

異論もあるだろうが、プロレスの歴史の中で1番のレスラーはルー・テーズだ(本人は師のエド・ルイスが1番と言っているが)。
プロレスというのは、スポーツではなくショーだということは、今はよく知られている。
とはいえ、プロレスラーは大変に強いし、強いことは重要に違いない。
その中で、テーズは「技を1つと言われたら、ダブル・リストロック」と言う。
彼の最初の師、ジョージ・トラゴスから教わった関節技で、これがある限り、彼は無敵だった。
テーズは、「これ」という1つの技を大切にしたから、史上最強だった。

マイクロソフト創業者で世界一の大富豪ビル・ゲイツは、プログラミング言語ではBASICにこだわり続けた。
だからマイクロソフトは大成功した。
かつてはライバルだったボーランドは、BASIC、Pascal、C、C++、いろんなものを同等に押し出した。だから、ぱっとしなくなった。
一方、マイクロソフトは、もちろん、多様なプログラミング言語製品を出したが、BASICは別格にしたのである。
これは、ゲイツが主体になって、BASICを大切にしたからで、マイクロソフト大成功の大きな要因は確実にそれだった。
現在、ゲイツがマイクロソフトを去って時間が経ち、彼が取締役も退任することになって、ようやく、マイクロソフトはBASIC(Visual Basic.NET)のサポートを徐々にやめることを発表した。マイクロソフトは今、オフィスソフト、クラウドが1番だが、後は迷走している感じもあり、また、アップルやアマゾンに逆転されている。

1番があるからこそ、他のものが生きるのである。
喩えは悪いが、北朝鮮が核ミサイル1つで大国と対等に交渉するようなもので、きっと、北朝鮮の建国者が賢いのだろう。

そんな訳で、腕振り運動である。
自然に立ち、両腕を平行にまっすぐ伸ばして、前後に振る。
まず、腕を前に上げた状態から始め、後ろにやや力を入れて振る。
前に振る時は、脱力し、自然に前に戻るような感じで振る。
てのひらは、内側に向け、触れないようにする。
ただ、これは、腕だけの運動ではない。
足の親指にやや力を入れ(親指で床を押さえる感じ)、下腹に力を込め、肛門を引き締める。
これによって、むしろ、下半身を盤石にし、上半身は力が抜けて、楽に腕を振る。ただ、丁寧に振るべきである。
回数は、多ければ多いほど良い。
「1日わずか3分」なんてものでは決してない。
毎日、数千回も振っていれば、伝統的な言い方では、体内に気が満ち、どんどん若返って健康になり、神秘力も備わってくる。
腕振り運動は、立禅(立って行う禅)とか、動禅(動く禅)と言われることもあるように、瞑想を兼ね、現実世界を創造する精神を鍛える。
言うなれば万能なのである。

腕振り運動1つで良いが、必要であれば、他のことも自然にやるようになる。
「これ1つ」というのは、とても良い思想である。
いずれ、韓国の超人僧の「これ1つ」もお教えしよう。

二つ目を捨てろ 予想外になれ
~『キレキャリオン』(作詞・作曲・編曲:ポリスピカデリー。唄:初音ミク)より~













当ブログ著者、KayのAI書。
「楽しい科学実験教室」のようなノリでAIを自分で作る実習を行いながら、実用的なAIを自分で作ることが出来るようになります。
入門のChapter.1あたりは高校生や中学生でも出来ると思われ、それだけでも、AIとはどんなものか実感出来ると思います。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です。
また、本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード