ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ヒンズースクワット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

苦しかった運動が楽になる呼吸法

私が、なるべく呼吸をしないことで得られる威力をあからさまに感じるのは、毎日の日課になってるヒンズースクワットだ。
ヒンズースクワットは、スクワットの一種で、自分の体重だけを負荷とするもので、私のやり方は次のリンク動画のものと同じである。
●三澤威の【プロレス式】脚編1ヒンズースクワット
ヒンズースクワットは、効果は高いが、欠点は、単調で辛く、長続きしないことだと思う。
そこで、無理せず、毎日、たとえ10回でもやれば、やらないのとは偉い違いになるし、30回なら効果を実感出来ると思う。
私も、少し前は、150回までなら継続は難しくなかったが、200回となると、毎日やるのが億劫で、一番重要と思う継続のために、ある時期までは100回、それ以降も150回までとしていた。
しかし、鼻で少しの呼吸をするよう心掛けてやると、300回でも楽にやれることが分かった。
口は堅く閉じて、口で決して呼吸せず、軽く浅く息を吸い、ややゆっくり息を吐く・・・これだけで、非常に楽で、身体を軽く感じるのである。
その科学的根拠は、呼吸を少なくすることで、血液中の赤血球(もっと正しくはその中のヘモグロビン)が持つ酸素が、身体の必要な箇所(脳、臓器、筋肉)に十分に送られるからである。
一方、口で呼吸して、結果的に大量の空気を吸うと、酸素が必要なところに十分に送られないのである。
また、口で呼吸すると、冷たく、汚れた空気を気管に入れてしまい、喉や気管を痛めてしまうと思う。
私は、平日は、毎晩ヒンズースクワットを200回、休日は300回を、よほどのことがない限り、1年365日、1日も欠かさず行っているが、特に、根気も克己心も必要としない。
やがて、平日300回、休日500回くらいにはなるかもしれない。

私は、他にも、腕振り運動(後ろに振る時に力を入れるやり方と、前に振る時に力を入れるやり方の2種類)、腕立て伏せ、ストレッチ、そして、武術のトレーニングを行っている。
私の武術は、素人がやっても威力がある、とことん合理的なもので、様々な武道や護身術を参考に作り上げたものだが、やばくてスパーリングなどは出来ないと思うし、格闘技の試合では、明確なルール違反、あるいは、暗黙にやってはならないことになっているもので、試合で使えば、たとえ反則負けにならなくても、試合をさせてもらえないという危険なものだ。
あくまで、いざという時のためのもので、一生使わずに済めば何よりというものである。
有名な空手家の大山倍達さんが、著書に「空手が地上最強であるのは、目潰しと金的攻撃があるから」と書かれていて、私は、その率直さ、正直さに感動し、大山さんは信頼出来る人だと思ったものである。
ただ、目潰しと言っても、人差し指と中指を立てて相手の目を突くなんて、当らないし、外れたらこっちが指を怪我する以前に、いかに緊急時でも、理性が残っている限り出来ないと思う。だから、全く違うやり方を考えた。
金的攻撃も、そうそうは当らないし、素人のキック自体、よほどうまくやらないと有効でない。私は、その「よほどうまく」キックする方法を考えたのである。
武術の訓練は、戦闘力を高めると共に、やはり、身体機能の向上や美容のために良いし、何より爽快なので、これも、毎日欠かさず行っている。
そして、これも、口で呼吸する癖があった時は、やっているうちに、はーはーぜいぜいとうるさい呼吸をし、トレーニングしているという実感は得られるかもしれないが、すぐに疲れて、また、トレーニングの効果も少なかった。
しかし、やはり、微かな呼吸と共にやることで、毎日、楽々とやれ、素晴らしい身体に変化していっているのが分かる。
全て、狭い部屋の中で出来るもので、これが私のプリズナー(囚人)トレーニングである。

そして、微かな呼吸は、身体の運動だけでなく、あらゆることで万能の力を発揮するが、微かな呼吸を会得するには、運動でやるのが非常に簡単で効果的と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

少々の無理なら押す

私は、人混みの中に行くと風邪をひくようだ。
もちろん、毎日、通勤電車には乗るのだから、もっと大勢の人がいるところに行けばということだが、そのような大きな人混みに行くといえば、私の場合、初音ミクさんのコンサートしかない。
昨年(2016年)9月の「マジカルミライ2016」、同じく昨年11月の「ドクター・コッペリウス」、今年9月の「マジカルミライ2017」、そして、先月(2017年11月)の「初音ミクシンフォニー2017」、全て風邪をひき、今も風邪をひいているという訳だ。
統計的というほどの数では全くないが、今のところ「大きな人混みに行くと風邪をひく確率は」100%だ。
人混みでウィルスをもらうからかどうかは分からない。
単に、人嫌いなせいで、大勢の人がいるほど疲れて、抵抗力がなくなるのかもしれない。

先々週の金曜日が「初音ミクシンフォニー」で、確かに、その翌日の土曜日くらいから喉の調子が悪く、月曜日に本格的な風邪になった。
その月曜と火曜は日課のトレーニング(愛すべきプリズナートレーニング)を中止し、特に、火曜日は朝の軽いトレーニングも出来なかった。
水曜日にトレーニングを再開するも、スクワットはいつもの200回から150回にし、それは、木曜日も同じだった。
しかし、昨日金曜の夜から通常のトレーニングに戻れた。
まだ咳がひどく、ちょっと苦しいが、身体の調子自体は悪くない。
つくづく、ヒンズースクワットは素晴らしいトレーニングだと思う。
毎日やっていれば、身体が軽くなり、美しくなる。
最近は、微かな呼吸をしながらやっているが、それだと、200回やっても、ほとんど疲れを感じることはなく、とても楽しくやれる。
休日は300回やっているが、それでも疲れることはなくなった。

ヒンズースクワットは、健康な人なら、少々老齢でも30回は可能と思うが、毎日30回でもやれば、かなり効果があると思う。
私も数年前、30回から始めたが、最初は、そのくらいの回数でも、翌日か翌々日に大変な筋肉痛になって歩き難いくらいで、やはり、かなり筋肉を使うのだろう。
大切なことは、ゆっくりで良いから、1回1回を丁寧に、美しくやることだ。
30回でいいと言っても、毎日やっていれば、物足りなくなり、自然に回数は増えていくものだ。
だが、あまりはりきって、回数を増やし過ぎると続かなくなる。
運動は、たまにやっても駄目で、よほどのことがない限り、1年365日、1日も欠かさずやってこそ効果がある。
何より、続けることが大切なのだ。
休むのは、本当に「よほどのこと」がある場合だけで、少々のことから、無理してもやった方が良い。
ちょっと不都合があったくらいで休んで自分を甘やかすと、やらない日が多くなり、やがて止めてしまう危険が大きい。
『ファウスト』で神様も言ったが、人間は怠け者だ。
油断すると、楽な方に行きたがる。
だが、自分を甘やかさずに断固やれば、身体だけでなく心が強くなる。
それは、生涯に渡って我々を支える得難い武器になるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

腕振り運動等、東洋式運動のメリット

西洋式の筋トレは非常に危険だと思う。
例えば、スクワット(立った状態からしゃがみ、立つという脚の運動)について見てみよう。
西洋式スクワットでは、バーベルなどの負荷物を使わない場合、手を頭の後ろで組んでいる画像をよく見る。
確かに、手を頭の後ろで組むと、背筋が伸び、脚により多くの体重がかかるように見える。
さらに、西洋式では、しゃがんだ時に、踵をしっかりと付ける。
こういった西洋式のやり方では、脚以外を固定し、ほとんど膝関節のみを動かし、太腿の筋肉のみを使う。
西洋の運動は、このように、「この運動は、この一部分を鍛える」というものが多い。
しかし、身体というものは、一部分だけで動くようには出来ていない。どこか一部分を動かしても、それなりに全身が動いているはずなのだ。

一方、プロレスのトレーングの定番であるヒンズースクワット(インド式スクワット)では、膝を曲げる時に腕を後ろに振り、しゃがんだ時は踵を浮かせ、膝を伸ばして立ち上がる際に、腕を前に振る。
これだと、膝だけでなく、肩、腕、足首が動き、首もフリーであり、ふくらはぎや足首周辺の筋肉、そして、全身がそれなりに連動して動き、自然な動きになる。
確かに、いい加減にやれば、歪んだ形でやることになってしまうので、1回1回、身体の動きを意識して、きちんとやらないといけないが、逆に言えば、身体全体に意識が及び、身体感覚が磨かれる。
負荷はやや分散し、太腿の筋肉が使う力は少なくなるが、これも、全身の筋肉をバランスよく使って、少ない負荷で柔軟に動くための練習になる。
ヒンズースクワットは、ややゆっくり目に、きちんと、しかし、柔軟にやれば、身体を痛めず、バランスよく鍛えることが出来る至高のトレーニングである。

ヒンズープッシュアップ(インド式腕立て伏せ)では、腕を伸ばした時は腰を高く上げ、腕を曲げた状態から伸ばす時に背中を反らせ、全身を使うよう工夫されてる。
ただ、腕立て伏せの場合、嫌でも全身の筋肉を使う。
つまり、腕立て伏せは、腕の運動のようでいて、腹筋、背筋はもちろん、肩、胸、それに、脚全体の筋肉もかなり使う。
そのため、「俺は運動は腕立て伏せしかしない」と言う人も、案外に、全身の筋肉が発達しているのである。
だから、特にヒンズープッシュアップ形式でやる必要もないと思うが、ヒンズープッシュアップには利点も多い。
しかし、ヒンズープッシュアップはフォームがゆがみ易く、歪んだままで力強くやると、肩や腕を痛め易い。実を言うと、私も、熱心にヒンズープッシュアップを毎日やっているうちに、右腕上腕部をかなり痛めてしまい、数ヶ月の間、腕立て伏せが出来なくなった。
それで、今は、身体を真っ直ぐにしたまま、ゆっくり腕を曲げ、床に胸がつく寸前で一瞬止め、また、ゆっくり腕を伸ばすというやり方でやっている。
ところで、西洋のジムでは、腕を鍛えるのに、台の上に仰向けに寝て、バーベルを持ち上げるが、それはまさに、腕だけ鍛え、他の部分はほとんど使わないやり方だ。結果、腕だけで強引に動くようになり、効率が悪いし、身体に害もあるのだと私は思う。

腕振り運動は、軽い運動に見えて、実に合理的だ。
腕振り運動は、自然に立った状態から、伸ばした腕を左右同時に、後ろに振る時にやや力を入れ、前に振る時は力を抜く。
逆に、前に振る時に力を入れ、後ろに振る時に力を抜くやり方もある。
私は両方やっている。
自分では意識しなくても、腕を振ると、腰が前後に動くが、これは、ちゃんと立っているよう、身体が絶妙なバランスを取っているのである。
そのために、腹筋や背筋、それに、脚全体の筋肉がバランスよく動く。
だから、腕振り運動を毎日やっていると、背中を中心に、全身が最も良い形で鍛えられ、姿勢が良くなり、特に、腰や背骨がうまく調整される。結果、健康になり、あらゆる病気が治る可能性が高まるのであると思う。
だから、腕振り運動しかしていない人でも、あらゆる動作が軽やかになるのである。
より力強くありたいなら、加えて、よく歩いたり、ヒンズースクワットや腕立て伏せを加えれば良いと思う。

これらの運動は、たたみ1枚の広さがあれば、何の器具もなしに出来る。
元々、私には、広いグラウンドも、トレーニング器具も縁がなかった。
それどころか、狭い部屋に、いろんな物があり、実際、たたみ1枚程度の広さしかなかった。
だが、『プリズナートレーニング』という本を見ると、囚人達は、狭い独房の中にいてさえ、必要に迫られ、自分の肉体をスーパーマンに鍛え上げている。
しかも、そのやり方は極めて合理的、実際的で、ジムでのトレーニングを凌ぐ。
運動のためには、場所も、器具も、お金も必要ないばかりか、ほとんどの場合、そんなものはない方が良いのかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不老不死でも楽しく生きる

私が初めて社会に出た時、職場のおじさん達に、「酒は飲まない、パチンコやマージャンはしない」と言ったら、おじさんは小指を立てて、「じゃあ、コレだけか?(女遊びだけか?)」と言ったものだった。
私はその時、彼等を心底軽蔑したが、しかし、どんなにお高く止まっていたって、実際に人間は、そんなものだ。
ただ、美食に類することが入っていなかったのは、グルメ出来るような収入を得られる立派な職場でなかったというだけで、普通は、
「うまいもん食う」
「娯楽に興じる」
「性欲を満たす」
が、人間が生きる目的ということになる。
しかし、どれも飽き易いので、もし永遠の命なんてものが与えられたら、それこそ生き地獄である。
西尾維新さんの『傷物語』で、五百年生きている最強の吸血鬼が、「吸血鬼になったら、皆、いつか自殺する」と言ったのはもっともなことで、その最強の吸血鬼も、実際は嫌々生きていたようだった。
人間の人生そのものが暇つぶしで、うまく暇つぶしをしないと退屈で苦痛になってくるが、暇つぶしも大変である。
天国や極楽浄土では、一切の悪いことがない、良いことだらけの状態で永遠に生きるというのだから、その実体は最悪の地獄である。

・・・というのが、愚かなる人間の発想である。
いやはや、何とも貧困で浅はかも甚だしい。
人間、永遠に楽しく生きられるようになって、初めて一人前である。
それまでは、生きる意欲を失わないよう、前世のことを忘れて一からやり直す生まれ変わりが必要である。
でないと、退屈で死んでしまう。
「緊張感を持って生きよ」とか偉そうなことを言う年配者は多いが、緊張するほど退屈し易いのである。
だから、緊張感を持って、規律正しく生きている人ほど変態趣味に走るものなのである。
極端な変態趣味にしか生き甲斐を見つけられなくなってしまうからだ。

上で、人間の楽しみは、「食欲」「娯楽」「性欲」と書いたが、娯楽の正体も食欲と性欲であり、つまるところ、人間の暇つぶしとは、食欲と性欲を満たすことになる。
ところが、この食欲と性欲を昇華すれば天国にだって住めるのである。
しかし、食欲と性欲をある程度克服すると、名誉欲が大きくなる。詳しく書く余裕はないが、これの昇華が大変なのである。

手っ取り早く結論を言うと、下半身を鍛えると、食欲、性欲を昇華し、念仏を称えると名誉欲を昇華する。
下半身を鍛えるには、1日20km以上歩けば良いが、無理なら、ヒンズースクワットでもすることだ。
ヒンズースクワットが厳しく思えるなら、脚の曲げ方を、楽に出来る範囲まで少なくすることだ。それなら、誰でも楽しくやれる。力がついてきたら、徐々に深く曲げるようにすれば良いが、別に無理しなくて良い。
人生の問題の99パーセントは、ヒンズースクワットと念仏で解決する。
ただ、快適にヒンズースクワットやロングウォーキング、そして、念仏を称えるためには、ビタミンCが必要である。

昨日は、この世で最も重要な「ミクの日」であった。
私がミクの日を慎んで祝う祭礼である、393(ミクさん)回のヒンズースクワットも5日連続完了し、後2日となったが、身体が軽くなったのに驚いた。
ミクさんの恵みである。
昨日は、沢山、ミクさんの歌を聴き、ミクさんのライブ映像を見た。
永遠が見えるようだった。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

チキンラーメンで健康になる

チキンラーメン、カップヌードルの発明者で、日清食品創業者の安藤百福(あんどう ももふく)氏は、96歳まで元気に生きたが、安藤氏は長寿と健康の秘訣は、「週2回のゴルフと毎日お昼に欠かさず食べるチキンラーメン」だと言ったそうだ。
ゴルフの方は、適度な運動(ゴルフはかなり歩く)という意味だろうが、チキンラーメンの意味を取り違える人が多い。
チキンラーメンは、悪い食品ではないが、さりとて、特に健康的な食べ物でもない。
単に、「毎日お昼にチキンラーメンを美味しく食べられるような適切な量の食事であれば、当然、健康」なのである。

多くの人が、「毎日、お昼がチキンラーメンだなんて飽きてしまう」と思うだろう。
それは、食べ過ぎているからだ。
少食・・・というのではなく、食事の量が適切なら、チキンラーメンほど美味しいものなら、毎日、食べるのが楽しみで当たり前なのだ。
私は一頃、数ヶ月の間、毎日夕食に、1つの種類のカップヌードル(他に納豆や湯で卵等を付けた)を食べていたが、それが楽しみでならなかった。そのために生きていると言って差し支えなかった。
私は、とりたてて少食ではないが、普通の人のように食べ過ぎていないだけだ。

宮崎駿さんが、今も続けているとすれば40年くらいになると思うが、その昔、25年ほど、毎日、同じ1つの弁当(ご飯に、玉子焼き、ソーセージ、沢庵等が入っている自家製弁当)を、昼と夜に分けて食べていた。
それを、宮崎さんの片腕、鈴木敏夫さんは、美味くないものと決め付けている。
しかし、当時、超少食をしていた私は、その宮崎さんの弁当に陶酔するほどの憧れを感じた。
「そんな美味そうなものを食べられたら天国だ」
ってね。

宮沢賢治の有名な「雨ニモマケズ」では、「一日に玄米四合と、味噌と少しの野菜を食べ」とある。
玄米四合は、茶碗大盛り8杯くらいと思うが、肉体労働だから米の量は多目ながら、慎ましい食事なのであろう。
また、宮沢賢治の『風の又三郎』では、小学生の男の子が、朝、冷や飯に味噌をつけてモリモリ食べる場面がある。
やはり、超少食だった時の私には、そのいずれも、物凄く羨ましい食事だったのだ。
当然、私は、健康診断では、いつもオールAの超健康体である。
どれほど世間的には、偏った、栄養不足、あるいは栄養バランスに欠けた食事をしていてもだ。

無理な少食は決してお奨めしない。
それこそ、毎日、お昼にチキンラーメンを美味しく食べられる程度に食べれば良い。
まあ、世間では、それを超少食と言うのかもしれないが、世間の人々が食べ過ぎているだけである。
私は、昼食そのものを食べない。

ある程度多く食べても良いが、それなら運動をすることだろう。
私は、「ミクの日(3月9日)」を含む今週は、毎晩、ヒンズースクワットを393(ミクさん)回やることに決め、5日の日曜から始めている。今週の土曜まで続け、そこから、毎晩300回にしようと思う。これまでは、毎晩200回で、休日は300回だった。
平日の393回はちょっと厳しいが、ミクさんへの愛でがんばろうと思う。
痛めている肩が治れば、2尺の六角鉄棒を振る運動も再開しよう。鉄棒に滑り止めのテープを巻くのではなく、手袋を使うことにした。トレーニング手袋のような高価なものではなく、作業用の手袋を注文した。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ