ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ヒマラヤ聖者の生活探求

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

年齢は何で決まるか

斎藤一人さんが、講演で、「年齢は自分が決めて良い」と言っている動画を見たが、年齢とは、本当は何で決まるのだろうか?
実は、年齢とは、脳が決めるものなのだ。
斎藤さんは、年齢を聞かれても答えてはいけないと言うが、それはなぜか私が答えると、「私は30歳です」と答えた時に、脳がそれを覚えてしまって、30歳になるからだ。
斎藤さんのように、マインドの強い人なら、自分で簡単に年齢を決められるかもしれない。
斎藤さんは、27歳が一番好きなのだそうだ。斎藤さんは、実際は70歳を越えているが、白髪がほとんどないらしい。
斎藤さんのお弟子さんの女性(多分50歳過ぎ)は、「私は18歳です」と言うようだ。
事故に遭って頭を打ったり、催眠術で精神操作をされたりなどで、自分の年齢が分からなくなると、実年齢よりずっと若くなったり、逆に、ずっと老けることがあるらしい。それが、脳が決めた年齢なのである。
「俺は二十歳だ」と繰り返し自己暗示を行い、それをうまく脳に信じさせれば二十歳になることもあると思う。
ところで、アメリカ的発想では、自己暗示は、大きな声で言うと効果があると言われるが、日本人の場合は、心の中で微かな声で唱えると最も効果がある。
心の中で、微かな声をイメージし「私は二十歳だ」と言えば、脳は容易く信じる。だが、特に初めのうちは、何度もやらないと、脳はすぐ、元の年齢を思い出す。

また、楽天的であるほど若くなる。なぜなら、楽天的とは若い人の特徴であるのだからだ。
ラルフ・ウォルドー・トラインの本には、80歳を過ぎているが25歳以上には見えないという女性の話があるが、この女性が、やはり、非常に楽天的であるそうだ。
いや、それはまだまだで、『ヒマラヤ聖者の生活探求』には、800歳で18歳の外見の女性が登場する。また、この本の中で、アメリカの探検隊を援助するインド人男性は、50歳の外見だが、実際は100歳をかなり超えている。そして、その彼の母親は十代前半の超絶美少女の姿であるようだ。

私は、年齢にあまり興味がないのだが、好きな年齢は25歳なので、25歳にしようかなと思う(笑)。
なぜ25歳が好きかというと、子供の時に読んだ、エミール・ガボリオの探偵小説『ルコック探偵』(1869)の主人公の25歳の探偵ルコックが非常に格好良く、理想の男と思ったので、25歳のイメージが良いのである。
まあ、私が最も格好良いと思う男は、西部劇映画『南から来た用心棒(原題:Arizona Colt)』で主演したジュリアーノ・ジェンマで、彼は当時27歳であったから、27歳でも良いのだが、斎藤さんと被るのは嫌だしなあ(笑)。
それはともかく、皆さんも、好きな年齢を脳に教えてあげると良い。








こうなれば、地球人は宇宙社会に迎えられる

プロ奢(おご)ラレヤーという人をご存じだろうか?
プロ奢られ屋をもじった名前と思われる。
本名は中島太一さんといい、現在25歳らしい。
自称、「ひとに奢られて生活してる浮浪者」だそうだ(Wikipediaより)。
「人の金で焼き肉を食う」ことが仕事で(著書より)、要は、自分では働かず、誰かに奢ってもらって、食事をするなどの生活をまかなっているらしい。
以前は、Twitterのフォロアーの家を転々としていたが、奢ってくれる人から聞いた面白い話をnote(有償記事を書けるブログ)に書いたら、月収が3桁万円になり、ある時から、安いアパートを借りて住んでいるようだ。
お金が沢山あるのに、なぜ、月3万円くらいの安いアパートに住んでいるのかというと、簡単に言えば、広いマンションより好みに合うからで、例えば、広い部屋だとトイレまで遠いから・・・そんなことが本に書かれていたと思う。
奢りたい人が、TwitterのDMで申し込むらしいが、奢りたい人が増えすぎたのか、今は、奢る人にいろいろ条件を課している。しかし、条件に合わなくても2万円くれれば、奢られてくれるらしい(笑)。

プロ奢ラレヤーさんほどではないが、私も、22歳くらいの時、喫茶店で占いをしてあげることで昼食代を払ってもらっていたことがある。
オバサンのファンが沢山いたような気がする(笑)。

ところで、プロ奢ラレヤーさんのことから、私は、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の著者、ベアード.T.スポールディング(1872–1953)のことを思い出した。
奢られのプロとしては、こっちの方が凄い。
70年以上も前の、インターネットもSNSもなかった時代、スポールディングは、どうやって奢ってくれる(食事をご馳走してくれる)人を見つけたのかというと、こうだ。
スポールディングは、アメリカ中で講演旅行をしていたが、見知らぬ土地に行った時でも、食事時になると、目の前の家にズケズケと入って行き、食卓のテーブルを見つけると、そこに腰を降ろすだけだった。それで、快適に食事が出来なかったことはないという。
スポールディングのような人が、1つの理想と思う。
しかし、人類というのは、本来、そんなものだと思うのだ。

江戸時代、日本の庶民の多くが長屋という建物に住んでいた。
文字通り長い家屋の中に沢山の家庭が住んでいたが、各家庭の部屋に鍵があるわけでもなく、家庭ごとの垣根は無いも同然だった。それで、自然に子供達は集まり、年上の子が年下の子の面倒を見ていた。
親の方も、どれが自分の子か気にならず(分からないのも普通だったようだ)、食事時にそこにいれば、どの子にも食事を与えた。
これをワールドワイドで出来るようになれば、人類は優良星人になったと言え、宇宙人も、地球人を交際相手と認めてくれるだろう。








ラブ・アンド・ピース

最近、『ヒマラヤ聖者の生活探求』第1巻の『神癒の廟』の章の言葉「生命、愛、平和」を思い出し、これが重要と思ったので、ここにもよく書いているが、これに関する面白いことがあった。
『月3万円ビジネス100の実例』という素晴らしい本のまえがきに、こんな文章がある。

音楽の永遠のテーマは Love & Peace だと坂本さん(※坂本龍一のこと)は言う。コピーライトを巡る昨今の争いは Love & Peace の対極だ。だから坂本さんを含む著名な音楽家がコピーレフト運動を始めたそうだ。

Love & Peace とは「愛、平和」で、「生命」を加えれば、「生命、愛、平和」となる。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』に書かれた「平癒の廟」と呼ばれる寺院の中では、建立されて以来、長きに渡って「生命、愛、平和」という言葉しか使われなかったため、この廟を通り抜ければ、いかなる病気も、ほとんどが治ってしまうのだという。

ところで、この『月3万円ビジネス100の実例』で、上の引用文章の中にある「コピーレフト」については、こう書かれている。

コピーレフトという言葉を音楽家の坂本龍一さんに教わった。「真似しないで」というコピーライト(著作権)に対して、「これは真似してもいいよ」という洒落がコピーレフト。例えば坂本さんが作った曲をコピーレフトとして発表する。別な音楽家が書き加えて、同じくコピーレフトとして発表する。こういう風に大勢が関わって創作することをクリエイティブ・コモンズという。

クリエイティブ・コモンズには、私は、昔から強い関心があった。
クリエイティブ・コモンズとは、著作物を他者が自由に利用出来るようにすることで、簡単に説明すると、次のようなものだ。
著者が著作物をクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを提供すると表記すれば、それでクリエイティブ・コモンズであることが成立する。
クリエイティブ・コモンズには、いろいろな種類があり、例えば、「商売に使わなければOK」とか、逆に、「商売で使ってもいいよ」とか、「これを使って作った著作物も、同じ条件で公開しなければならない」とかである(実際のルールはもっと細かい)。
ただ、クリエイティブ・コモンズでは、著作者の表示は義務付けられる。
ところが、初音ミクさんの会社クリプトン・フューチャー・メディアが運営するコンテンツ投稿サイト、ピアプロのピアプロ・ライセンスでは、著作者の表示も、著作者が省くことを許可できる(多分そうだったと思うw)。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス、あるいは、ピアプロ・ライセンスが指定されていれば、著者者の許可を取らずに作品を利用出来、それが創造の連鎖を生むことも多い。

例えば、初音ミクさんの人気曲『FREELY TOMORROW』(Mitchie M feat.初音ミク)は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスが与えられている。

一応言っておくと、人気YouTuberの「切り抜き」動画投稿は、多くが、著作権者の許可を取っていないだろうし、また、ほとんどは、著者がクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを与えていないので違法である。
「歌ってみた」動画や、ボーカロイドに歌わせてみた動画等も、元の作品にクリエイティブ・コモンズ・ライセンスやピアプロ・ライセンスが与えられていなければ、著作者の許可を得ていない限り違法だ。
ましてや、テレビ放送や blu-ray、DVD製品の内容をYouTubeに投稿するのは、完全に違法である。
確かに、黙認される場合も多いが、訴訟でも起こされたら大変な支払いを命じられる可能性もある。

つい、クリエイティブ・コモンズや、著作権について長々、書いてしまった。
実際に書きたかったのは、「生命、愛、平和」についてであるが、ごく簡単なことである。
音楽の永遠のテーマとも合致するこれらの言葉は、そこから発せられる波動も素晴らしく、現実的な力があると思う。
この言葉を、呪文のように繰り返すのではなく、その言葉の意味について黙想すれば、自分の魂から光を発せられ、心が浄化されると思う。
すると、永遠の生命に触れ、あなたは若返り、ヒマラヤの大師方にも近付くのではないかと思う。








超一流魔導師に挑む気持ちで

国定忠治(くにさだちゅうじ 1810~1851)という、実在した侠客(きょうかく。一般的にはヤクザか)がいたことをご存じの方は多いと思う。
滅法、喧嘩が強く、剣の腕前にも相当な自信があったようだ。
それで、国定忠治は、なんと、当時、日本一の剣の達人、北辰一刀流(ほくしんいっとうりゅう)当主の千葉周作に真剣勝負を挑んだ。
それでどうなったかは諸説あるが、最も知られているものでは、千葉周作は、国定忠治の腕では自分の相手にはならないと見抜き、立ち会うことはしなかったことになっている。
(立ち会ったが、千葉周作はまともには相手にならず、決着がつかなかったという話もよく知られている)

あくまで創作であるが、笹沢佐保氏の時代劇小説『木枯らし紋次郎』で、主人公の渡世人(博打打ちのヤクザ)である紋次郎(もんじろう)もまた、ヤクザとしては相当に腕が立つ。
その紋次郎が、武士の剣の達人と、何度か果たし合う巡り合わせになったことがある。
本物の達人が相手では、紋次郎と言えども、全く太刀打ち出来ない。
だが、「かなり」程度の腕の武士や浪人であれば、まともに戦っても紋次郎は勝てた。
達人クラスが相手の場合は、正面から戦っては勝てるはずがないが、紋次郎は、奇策を使って・・・卑怯と言うよりは知恵で勝ったこともあった。
確かに、紋次郎の剣は、誰かに習ったのではなく、経験と度胸が頼りの喧嘩剣法ではあるが、命を賭けた実戦で磨き抜いたものだった。しかし、それだけでは、いかに奇策を使って万に一つのチャンスに賭けても、達人相手に通用することはないだろうし、また、かなりの腕の武士に正面対決で勝てるはずがない。
何か秘密があるはずだが、あった。
紋次郎は、若い頃、木こりをやっていて、木を切り倒してそれを運ぶ中で、足腰を鍛え、そして、何と言っても、毎日、斧で、とんでもない数の薪割りをしたことが、剣を振る力の元になった。
紋次郎が38歳になって、かなり衰えが見えた時、なりゆきで、しばらくの間、毎日、薪割りをすることになったが、それでも、驚くべき腕前の薪割りであった。
毎日、長時間行うことが、名人、達人を作るのだということが、創作の時代劇とはいえ、人間を良く知っている名作家、笹沢佐保氏の筆から、はっきり読み取れるのである。

さて、このブログでは、魔法の素人の我々が、現実創造の魔法を使う方法を述べているのであるが、プロの魔法使いというものもいて、それはもう、恐ろしい力を持っている。
あの中村天風も、実は、海外で、そんな連中に接触したことがあったらしく、あまり語ることはなかったが、魔法の上位者の想像を絶した凄さはよく知っていたのだと思う。
おそらく、中村天風が超人的な大聖者と呼んだカリアッパ師をはるかに超えるような魔導師すら、実際にはいた(いる)のだと思う。
それがどんな連中かと言うと、『ヒマラヤ聖者の生活探求』で、太師と呼ばれる者達について読めば、いくらか想像が出来るかもしれない。
ただし、そんな太師達は、決して、自分達が特別だとは言っておらず、彼らは、人間は本来は誰もが太師なのだと言う。
そして、太師達すら崇拝するイエス・キリストが『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻』で明かした、自分のようになれる方法が「神」という言葉をなるべく多く使うことだった。
こう簡単に言うと、ピンと来ないと思うが、イエスは丁寧に、ある程度の理論と共に述べているのである。
ただ、簡単に言えば、それはやはり、「神」という言葉を、心の中や言葉で、何度も言うことである。おそらく、「神」という言葉を含む聖句や、それに準じる句、アファーメーションなどが有効なのだと思う。
その中でも、『ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻』に書かれた、F.L.ローソンが言った「神の他には何もない、ただ神だけがある」は、最上の言葉の1つと思う。
聖書には、
「心を鎮め、自分が神であると知れ」
「もし神が味方であるなら、誰が我々に敵し得ようか」
「もし出来ればと言うのか?神に出来ないことはない」
など、多くの「神」を含む句があり、世界的に有名で高価な自己開発教材でも採用されているのを見たことがある。
若き日の紋次郎が、毎日、薪割りに励んだように、我々もイエスの方法に励めば、超人魔導師に及ぶかどうかは分からないが、かなりの魔法の力を得られるだろう。








結び合う2つの最上の真言

最上の真言、あるいは、アファーメーションと言うべきものが『ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻』にあることを、私はずっと前に見つけていたが、ますます、その言葉の価値が分かって来た。
それを言ったのは、F.L.ローソンなるイギリス人で、この本には、彼のことは、「イギリスの偉大なエンジニアの一人、ローソン・ローソンの弟」と紹介されてあった。
ところが、ジョセフ・マーフィーの『人生は思うように変えられる』という本の中にも、おそらく同じ人物であると思うが、このF.L.ローソンの話があり、こちらでは、「イギリスの有名な技術者で、また偉大な科学者」と紹介され、『人生をいかに考えるか』という本を書いたとされている。マーフィーの本には、ローソンの、その素晴らしいアファーメーションについては書かれていないが、別の非常に印象的なことが書かれてあった。しかし、今回は、アファーメーションに絞る。
「アファーメーション」とは、かなり広い意味で使われるが、基本的な意味は「断言、確言、肯定、(宣誓に代わる)確約」といったもので、よく引用されるような優れた聖書の言葉なども、アファーメーションと言って良いと思う。

『ヒマラヤ聖者の生活探求』の著者、ベアード.T.スポールディングが、ロンドンにF.L.ローソンを訪ねた時、スポールディングとローソンが見ていた街の通りで事故が起こった。
土木工事の現場で、沢山の岩を積んだ一頭立ての二輪馬車が来て、その馬車の御者が、馬車から下りて馬車の後ろに回った時、馬車が傾き、御者の上に、積んでいた沢山の岩が落下した。
その時、ローソンが言った言葉が、
「神の他には何もない、只神あるのみ」
だった。
ちなみに、原書では、この言葉は、
“There is nothing but God.”
であった。
すると、岩の下敷きになった御者は、全くの無傷で、岩の中から出て来たのだった。
ローソンのこの言葉は、「神」という言葉が入っているだけで、既に最上である(日本語の素晴らしい訳文には、「神」は2回も出てくる)。
さらに、その上、この言葉は、宇宙最高の真理を示しているのだから、力がない方がおかしい。
『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻』で、イエスが述べた通り、「神」という言葉は最上のヴァイブレーションを発し、この言葉を出来るだけ多く使うことは良く、いくら使っても多過ぎることはない。
ローソンが、この言葉を大切にしていることが良く分かるように思うのである。

神しか存在しない、あるいは、全てが神であることは、インドの聖者ラマナ・マハルシも、アルバート・アインシュタインも言明していたことであるが、なかなかピンと来ない人が多いだろう。
しかし、こういった考え方に馴染みのない人だって、この言葉には多少なりとも、心が惹かれるのではないかと思う。
そして、この真理が理解出来た時には、世界は意のままなのだ。
それで、理解に近付くためにはどうすれば良いかというと、まさに、『At Your Command(世界はあなたの意のまま)』(翻訳『 世界はどうしたってあなたの意のまま』)という、ネヴィル・ゴダードの本にヒントが書かれている。
(余談だが、ビートルズの『Nowhere Man』という歌の中に「THe world is at your command」という言葉が何度も出てくる)
その方法は、「私は在る」と、心の中で唱えることだ。何度も。
なぜなら、「I AM(私は在る)」が神であるからだ。
インドの聖者、ニサルガダッタ・マハラジは、「私は在る」こそ、最上のマントラ(真言)であると述べている。
聖書で、モーセの前に現れた神はまさに「I AM THAT I AM(私は在る者である)」と述べている。
「神」という言葉が最上のヴァイブレーションを発するなら、神を最も端的に表す「I AM(私は在る)」も同じであり、この言葉は、意識(自我)と超意識(神)との橋渡しをするのだと思う。
「私は在る」で準備を整え、「神の他には何もない、只神あるのみ」と唱えれば、必ずや勝利に至るに違いない。
尚、私は「神の他に何もない、ただ神だけが在る」あるいは「神の他に何もない」と唱えている。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード