ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ヒマラヤ聖者の生活探求

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ナーマスマラナ、真言、アファーメーションの融合

良い本とは、どんな本だろう?
そもそも、最も優れた本はどれだろう?
それは聖書である。
なぜか?
『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻 因果の超克』で、イエス・キリストが語ったその理由が素晴らしかった。
それは、聖書には、「神」という語(英語なら“GOD”)が最も多く使われているからである。
「神」という語は、最も高い生命力とエネルギーを持った言葉なので、使えば使うほど、言えば言うほど良いのである。
つまり、内容が本の価値を決めるのではない(もちろん、内容がどうでも良いと言うのではないが)。
『コーラン』も『ギリシャ神話』も『古事記』も、不滅の生命を保っているのは、やはり、「神」という語が多く使われているからである。
人間も、「神」という言葉を多く想い、語る者ほど、優れていて、力があり、幸運である。
トランプ大統領は「神」という言葉を多く使うが、ジョー・バイデンはそうではない。そこからも、両者の実体や格が分かるのである。

『ナーマスマラナ』の中で、サイ・ババは、最も重要なものは神の名であると訴えている。
個々の神、あるいは、仏の名も、当然、「神」という語に匹敵する。
よって、数多く唱えるほど良く、それで、世界への支配力が増す。
真言も、多くは、それぞれの神仏を、直接、あるいは、象徴する言葉を含む。
例えば、弥勒菩薩真言の「オン、マイタレイヤ、ソワカ」のマイタレイヤは弥勒菩薩のことである。
観世音菩薩真言の「オン、アロリキャ、ソワカ」のアロリキャも、良く見る(=観世音)という意味で、観世音菩薩を指す。
阿弥陀如来真言の「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」のアミリタも、阿弥陀如来を示す。
もちろん、真言には、それ以外の効果も込められていて、特別な恵みを得られるように出来ている。
だが、やはり、神仏を指す言葉が含まれている意味が大きいのである。

次に、アファーメーションと呼んで良いのか、祈り言葉とでも呼ぶべきか迷うが、「力ある言葉」がある。
例えば、このブログでも度々取り上げる、あるホームレスが唱え続け、一億円を2回当てた言葉として知られる「神様の奇跡が起こる」は、無意識に浸透する暗示的効果も重要であるが、やはり、「神」という語を含むことで、威力を最大化していると思えるのである。
他にも、トランプ大統領が崇拝するノーマン・ヴィンセント・ピールの世界的ベストセラー『積極的考え方の力』で、ピールが打ちひしがれた人々に教え、蘇らせた聖書の言葉、
「もし神が我々の味方であるなら、誰が我々に敵し得ようか」
「私は神の手のなかにある」
などに、「神」の語が含まれ、また、
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでもできる」
の、「私を強くして下さる方」は、直接に「神」を指しているのである。

「神」の語を含むアファーメーションの力を最も効果的に人々に使わせたのは、フローレンス・スコーヴェル・シンだと思う。
「神は道なきところに道を作られる」
「奇しき御業もて神はなしたまえり」
「予期しない御業もて神はなしたまえり」
「神よ与えたまえ」
「神の御手は巧みで、神の御業は過ちがない」

このように、ナーマスマラナ、真言、アファーメーションは関連したものであり、同じものだとも言える。
だから、自分に合ったやり方を選ぶと良い。
ただし、毎日継続し、なるべく多く行うことが大切である。
「神よ与えたまえ」と言うだけで、決して、がっかりさせられることはないだろう。
(神は与えたがっているのであり、人間が受け取ろうとしないことが問題なのである)
これらの理論面に関しては、上記の『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻 因果の超克』ではイエスが、また、第6巻あたりでも、著者が量子力学的に説明しており、やや難しいが、教科書的な書き方をしているのではないので、よく読めば、直観的に分かると思う(逆に言えば、教科書の通りでないと受け付けない人は不満であろうが)。
著者のベアード.T.スポールディングは、14歳で大学を卒業した原子物理学者であるようだ。








イエスの究極の秘法

『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻 因果の超克』の「第15章 神の波動と蘇りの原理」で、イエスが言う。

「これからあなたたちにお話するが、よくそれを自分自身に言い聞かせて欲しい。もしあなたたちがこれからいうことを自分でもその通りに言うか、又はそれを自分自身の一部とするならば、もうそのほかのものは何も要らないのである」

つまり、イエスが語る究極の秘法である。
それは難しいのか?
いや、これほど簡単なことはないと言える。
え?早く言えって?(笑)

では言うが、早合点しないことをお願いしたい。
魔法のステッキをおたま(調理道具)として使ってはならないし、1日に千里を駆ける馬に石運びをさせては(『戦国策』より)ならない。
そんな愚かなことをしてはならない。

その秘法とは、「神」という言葉を、なるべく多く使うことだ。
つまり、「神」と言葉で言えば良いのである。
声に出して言うか、心の中で言うかについては、『ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻』で、「どちらでも全く同じ」と明記されている。
ただし、この5巻で、「神という言葉を呪文にしてはならない。唱えるのは1回で良い」と書かれているのを見て、私は最初、困惑した。
イエスは、「なるべく多く使え」と言っているではないか?
しかし、それは、空虚に「神、神、神、・・・」と唱えてはいけないということと理解して良いと思う。
かといって、感情込めて「神、神」と唱えるのとは違うと思う。
ここらは、各自、考えれば良いことであるが、私がいつも言うのは、「丁寧に唱えよ」ということである。
ただ、丁寧と言っても、それで緊張して疲れてしまうようでは、長く続かない。
それで、私が考え出した方法は、「心の中で、微かな声で唱える」である。
そうすると、自然に集中が起こり、理想的に唱えられる。
だが、各自、思うようにやれば良いと思う。

ちなみに、日本語では、本当に「神」で良い。
『ヒマラヤ聖者の生活探求の』原書(Life and Teaching of the Masters of the Far East,)で確認すれば、やはり、「GOD」であった。
さらに言えば、日本語の「神(カミ)」は荘厳な言霊であるから、尚良いのである。

私がいつもお勧めするナーマスマラナ(神の名を心で唱える行。念仏もその1つ)では、「クリシュナ」や「イエス」や「天照大神」や「阿弥陀仏」といった、個々の神仏の名を唱える。
しかし、イエスの方法は、その根本概念とも言える「神」と唱える。
これについては、私は、性に合う方、あるいは、両方やって欲しいと思う。
イエスも、個々の神の名を唱えることを否定してはいない。
ただし、『ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻』では、「神」という言葉の波動は、「エホバ(旧約聖書の神の名)」の波動より高いと書かれている。

今回は、ここまでにする。
私が考える、日本人にとって、最高の波動を持つ神の名は、また述べる。








言葉は神であった

ヨハネ福音書の冒頭の言葉「初めに言葉があった。言葉は神であった」に、どれほどの深い意味があるのかは、はっきり言って分からないが、人間にとって言葉が大切なものであることは確かだ。
それを示す、こんな話がある。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』の中に、ある不思議な廟(びょう。神殿や寺院のようなものと思う)について書かれている。
この廟は五千年も前に建てられたものでありながら、建てられたばかりのようである。
驚くべきことに、この廟は、損傷したとしても、独りでに治ってしまうという。
この廟の中では、「生命、愛、平和、調和」という言葉しか使われず、これらの言葉が強力な力となって、そんな不思議な現象を起こしているのだと思われるが、その理屈は完全には分からない。
だが、この力の原理の詳細は分からないとしても、このことからも、良い言葉を使い、悪い言葉を決して使ってはならないことが強く感じられるのである。
たとえ、悪や愚か者に挑む時でも、悪い言葉を使うべきではない。
我々に悪い言葉を使わせ、力を削ぎ、穢れさせることもまた、悪の狙いなのであり、それに乗せられてはならない。

良い言葉を唱えることで、力や恵が与えられることが、『マスターの教え』に書かれている。
また、良い言葉を書いた紙にも力がある。
聖書の言葉を書いたカードには必ず大きな力があるので、そのようなカードを持ち歩いている成功したビジネスマンも少なくない。彼らは、このカードが自分の成功の秘訣であると言う。

また、意外と知られていないことは、偉人の名にも、その偉人の力の波動があるということだ。
例えばだが、大事業であれば、アンドリュー・カーネギーやヘンリー・フォード、科学技術であれば、二コラ・テスラといった、その道の偉大な人物の名に力があり、アメリカの自動車会社テスラのように、その名を社名にすることも少なくない。
だが、名をもらったからには、それに恥じない事業をしなければならず、その名を穢すようなことをすれば、すぐに事業は破綻すると思う。

そして、聖ナーム・デーヴ(ナーマ・デーヴァ)が教えたように、最も優れた名前は神の名である。神仏の名と言っても良いだろう。
それは、様々な聖典に書かれており、間違いのないことだと思う。
特にこのことについて書かれた聖典が、仏教の『浄土三部経』の特に『観無量寿経』であり、『法華経』の『観音経』だ。
「南無阿弥陀仏」や「南無観世音菩薩」と唱えるのも、それらから来たのであるが、「阿弥陀仏」「阿弥陀様」「阿弥陀」「観世音菩薩」「観音様」と唱えても構わない。
また、神仏の名を書いた紙にも力があるので、自分で作っても良いと思う。
神仏の名を頻繁に、そして、丁寧に心で唱える者が駄目であることは考えられない。
たった、これだけのことをすれば良いのに、それをせずに不幸に苦しむ必要はないと思う。












奇跡を起こす真言

私が子供の時に、テレビで見た何かのヤクザ映画(『極道の妻たち』かもしれない)で、上品な、やや年配の女性(ヤクザの妻かもしれない)が、
「神仏に手を合わせる気持ちがなくなれば終わりです」
と言ったのを、私はよく憶えている。
しかし、今は、そんな気持ちを持っている人は少ないと思う。つまり、終わった人間が多いということか。
だが、逆に言えば、神仏に手を合わせる気持ちを持っていれば大丈夫なのだ。そんな人を神仏は守るだろうから。
神仏に手を合わせるとは、神仏に心を向けるということだ。
そして、念仏を始めとする真言を唱えることが、その最上の方法なのである。

私は、アメリカ最大の真言は、アメリカ合衆国の公式標語「In God We Trust(我々は神を信じる)」であると思う。
この言葉は、1864年から、アメリカの全硬貨に刻印された(紙幣にも印字されていると思う)。
よって、公式標語になったのは1956年だが、事実上、1864年には国家のポリシーだったと見て良いと思う。
現在でも、この言葉は、州の議会堂のドアの上など、公式な場にはよく掲げられている。
アメリカ人が、この言葉に心を向けていた時、すなわち、アメリカ人が神に心を向けていた頃、アメリカは真に強大であったが、アメリカ人がこの言葉を忘れてしまってから、アメリカは弱体化していった。
DS(闇の勢力)は、決して、こんな言葉を唱えないので、正しいアメリカ人が、この言葉を思い出し、この言葉に注意し、この言葉を常に心に保つようになれば、DSに打ち勝ち、トランプ大統領が戻ってくるのが早くなるのだと私は思う。

『ヒマラヤ聖者の生活探求』で、イエス・キリストは、「神」こそ、至高の言葉であると言った。
「神」も真言と考えて良いと思う。
(英語版『ヒマラヤ聖者の生活探求』では、「神」はGodと記されている)
聖書が最も偉大な書物である理由は、いかなる書より多く、「神」という言葉が使われているからである(それで言えば、日本では『古事記』が最良の書の1つだろう)。
ただ、イエスは、「神」を公式にしてはならないと言った。
また、著者のベアード.T.スポールディングも、「神」を何度も唱える必要はなく、一度で良いと述べる。
このあたりが難しい。
私は、「神」と丁寧に唱え、後は、その余韻を感じれば良い・・・程度に解釈している。だが、それぞれが解釈すれば良いと思う。
尚、これ1冊単独で読むことも勧められる、秘法満載の書『ヒマラヤ聖者の生活探求』5巻には、ロンドンに住むF.L.ロースンという偉大な人物が唱える言葉、
There is nothing but God.
(神の他に何もない)
が奇跡を起こす話がある。
これもまた、素晴らしい真言である。

神仏に心を向ければ、確実に強大な力の守護を受け、何でもうまくいくのに、我々はそれを忘れた・・・と言うより、忘れさせられたのである。
そして、そんなことは、古臭く、ダサく、そして、何の力もない宗教だと思い込まされている。
おそらくは、DS(闇の勢力)によって。
宗教であるかどうかについては、考え方は自由であるが、宇宙や人間を作り、宇宙を動かす存在に心を向ければ、我々がかつて持っていた、無限の知恵と力を取り戻せるのである。
そのために、最も簡単な方法が真言を唱えることである。
真言には、神の名、念仏、仏教の真言、般若心経の呪文、あるいは、上の「我々は神を信じる」という言葉や、威力が証明された言葉「神様の奇跡が起こる」など、無限にある。
上に述べた、イエスが教えた「神」、あるいは、F.L.ロースンが生涯使った「神の他に何もない」も、偉大な真言である。

自分に合うものを選び取り、唱えれば良い。
私は、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」を愛用し、それほど唱えたとは言えないが、それによって、常に良い想いをしてきた。最近では、また、念仏に親しむようになっている。
観世音菩薩真言「南無観世音菩薩」あるいは「観世音菩薩」あるいは「オン、アロリキャ、ソワカ」を唱えるなら、『観音経』(『法華経』25章)を読むと良いかもしれない。








アルケミスト

錬金術というのは、鉄や鉛やアルミニウムといった普通の金属を金に変換するという魔法的化学のことで、古代から中世にかけて、そんなものがあると言われたが、自然科学の発達と共に否定されたと言われている。
錬金術師のことをアルケミストと言う。
(ちなみに、アルミニウムが1825年に発見され、1856年に工業精錬法が開発されるまでは、アルミニウムは金よりも高価だった)

ところが、錬金術は、物質的な金を作るのではなく、人間の自我を低俗なものから、神聖で高貴なものに変換する方法だという説があり、その意味の錬金術は現在も存在していると言われている。
変換された神聖な心が黄金に喩えられ、その変換手法を錬金術と呼ぶのである。
その黄金の心は、魔術的、あるいは、キリスト的な力を持つと言われる。

聖賢の教えによれば、人間は、自我を消し、無になれば・・・即ち、無我、忘我、没我になれば、不可能はなくなると言う。
また、自我が消えることが、解脱とか悟りだと考えられている。
しかし、実際には、悟りを開いた聖者であろうと、自我が無いようには見えない。
聖者も一般的な思考をするし、喜怒哀楽などの感情を示す。
怒りっぽい聖者すらいる。
つまり、悟りを開いても、自我が消滅するわけではない。
そうではなく、聖者の自我は、普通の人間のものとは違う、特別なものになっているのだ。
その特別な自我が持つ力によって、聖者は、その気になれば奇跡も起こせるのだが、そんな特別な自我を作る方法が正しい錬金術である。

『ヒマラヤ聖者の生活探求』にも、そのようなことが書かれているが、錬金術で自我を高貴なものに変換するためには、特に修行が必要なわけではない。
つまり、錬金術には、特別な道具や薬品や、あるいは、儀式が必要なわけでは全くないのだ。
では、どうすれば良いのかというと、単に「私は神である」と宣言すれば良い。
ただし、何度も呪文のように、「私は神である」と繰り返す必要はないし、むしろ、繰り返してはならない。
ただ、「私は神である」と感じれば良いのである。
だが、まずは頭の中で、静かに、ゆっくり、丁寧に「私は神である」と繰り返し唱え、神の感覚を掴めば良いと思う。
呼吸の助けを借りる方法も伝えられている。
やり方はこうで、呼吸に合わせて、心の中で次の言葉を唱える。

息を吐きながら、「私はこれではない」。
息を吸いながら、「私は誰か?」。
息を止め、「私は神である」(インドでは「私は彼である」と言うが、我々は「私は神である」で良いと思う)。

最終的には、神の感覚を自分で掴む必要があるが、ラマナ・マハルシも、この呼吸で超能力をもたらすと述べたようだ。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード