ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ヒマラヤ聖者の生活探求

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

これをやっているから私は無敵

「私はコレをやっているから絶対負けない」というものを1つ持てば、いつも自信に満ち、実際に無敵になる。
その「コレ」は、甚だ難しい超人的な技であるのが良いかもしれないが、要は「誰もしないこと」であればよく、長年続けていれば良いのである。

あるスポーツ選手が「私は誰よりも練習した。その練習量を信じる」と言って、実際、かなりの実力者だった。
しかし、こんなのは誰でも出来る訳ではないし、下手に真似したら、「私はこれだけやった」よりも「もっと出来たはずだ」という想いが強くなってしまったり、それだけの量の努力が出来なくなったら、自信を失くし、急速に衰える可能性がある。

ある空手家は、親指と人差し指だけで逆立ちが出来る間は誰にも負けないと思っていたらしいが、確かに、それはなかなか出来ない芸当ではあるけれども、だからそれで最強ということにはならないだろう。
しかし、このレベルのことが出来、「だから私は最強」と思えば、その威力は大きい。
だが、やっぱり、彼も、いつかは出来なくなったのであり、それでもかなり強かったはずが、自信を失い、実際、ただの爺さんになってしまい、病気で苦しんで死んだ。

だから、「やろうと思えば誰でも出来るが、実際は誰もやらないこと」を長く続け、それを自信の根拠とすれば良いし、実際、自信になる。
エドガー・ケイシーは、9歳の時から、毎朝欠かさず聖書を読むことを生涯続けた。
彼が凄い超能力を発揮したのは、その継続が、強い信念や自信になって、彼の心を支えていたからではないかと思うのだ。
もちろん、聖書を読むこと自体も優れたことかもしれないが、私はそれについてはよく分からない。
だが、これでもまだ難しいのだ。

私は、今ではあまり・・・いや、正直言うと、全く信用していないが、TM(超越瞑想)という瞑想を、毎日2回、欠かさずやっていたことがあった。
それが1年ほども続いていた時である。
私は、車を運転していて、信号無視で警官に捕まえられた。
普通なら、絶対に、反則切符、免許減点、罰金のパターンである。
しかし私は「TMをやっている私が罰せられるはずがない」という自信が湧いてきて、実際、そうなった。
これが、継続が生み出す自信の魔力である。
別に、TMでなくても何でも同じである。
TMがそれなりに普及し、発明者のインドの聖者が大富豪になったカラクリはこれであると思う。
だが、何でも良いのである。

腕振り運動でも、念仏でも、祝詞、真言、呪文、何でも良い。
1日も欠かさず、1年も続ければ、「これをやってる私は強い」という自信が生まれ、その自信は、継続が長ければ長いほど強くなり、やがては無敵となる。
確かに続けるのは難しいが、意思さえあれば誰でも出来る。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』に登場する超人的大師(マスター)達は、毎日欠かさず『バガヴァッド・ギーター』を読んでいるらしい。案外にそれが、マスター達の力の秘密ではあるまいかと思う。
世の中の超がつく実力者は、必ず毎日やる何かを1つ持っているのである。
そうだ、本当は1つで良いのである。
だが、それを秘密にして、7つの習慣だの13の習慣だのと言うのである(あるいは、自分では本当に7つ必要と思っているのかもしれない)。
大数学者の岡潔氏は、一頃は、毎日、『正法眼蔵』を読んでいたが、20年続けてついに啓示を得て全て分かったらしく、ある時からは、念仏を毎朝唱えることになったのだと思う。偉人ともなれば、このように、継続が強固なのである。
しかし、言ってみれば、やろうと思えば誰でも出来ることである。
やるかやらないか、違いはそれだけである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

金持ちになる呪文とそれを唱える意外な秘訣

『ヒマラヤ聖者の生活探求』という本の中に、ある古い廟(びょう。寺院のこと)のお話がある。
建てられてから数千年も経っているのに、建てられたばかりのようであるという。
どこかが壊れてしまっても、勝手に元通りになってしまうのだそうだ。
この廟の中では、「生命、愛、調和」という言葉しか使われない。
「生命」には「愛」と「調和」も含むので、本来は、1つでも良いのではと思うが、いろんな意味で・・・例えば、人間には、それぞれ性向があるので、同じでありながら、ちょっと表現が違う言葉を用意した方が良い・・・とかいうこともあるだろう。

イエスも言ったように、肉体は神の住む神殿(神殿も廟と言う)である。
生命とか、愛という言葉を、頭の中で常につぶやけば、肉体に関しても、無限の平癒の力が働く。
また、常日頃、「不死身」という言葉を頭の中でつぶやき続け、何度も至近距離から発砲されたにも関わらず怪我1つしなかった刑事もいたらしい。
「永遠」「無限」も、「不死身」を意味するので、好みによれば、こちらを用いれば良い。
そして、最大の効果をもたらすポイントは、やはり、「1つの言葉を」「感情を込めず淡々と」繰り返すことである。

政木和三さんと一緒に食事をしていた時、政木さんは、「私はお金なんてちっとも欲しくないのですが」と前置きした後、「入ってくるものは仕方がないです」と言われた。
当時、政木さんは1年に1億円ほど納税していたらしい。
「入ってくるものは仕方がない」
これは、感情を込めずに淡々とつぶやくことが出来るうまい言い方である。
そして、近くにいる奥さんにはばかりながら、「私は女なんてどうでも良いのですが」と断りつつ、「来るものは仕方ないですね」と、珍しく笑いながら言われた(滅多に笑わない人だった)。
なるほど、モテたければ、「好かれるものは仕方がない」とでもつぶやけば良いのだろう。
普段は、「大丈夫」「絶好調」といった言葉を常に心でつぶやきながら、パートタイムで「好かれるものは仕方がない」とつぶやくのはありで、そんな臨時の言葉が即効を持つかどうかは、やはり、普段、「たった1つの言葉」をきちんと唱えているかどうかにかかっている。
たとえば、格好良くなりたければ、1日3回「なんて格好いいんだ」とつぶやければ良い。
この言葉は、E.E.スミスの、1937年から始まったSFであるレンズマン・シリーズの2作目、1939年の『グレー・レンズマン』で、グレー・レンズマンに昇格したキニスンが、鏡に映った、初めてグレー・レンズマンの制服を着た自分を見た時に、思わず言った言葉だ。
優れた小説は、アファーメーションの宝庫である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「言うだけの人」が勝つ

人を恨んではいけないと言うが、時に、恨む心を止められないことがある。
そんな自分を否定すると、生命力を失い、何もかもうまくいかなくなる。
心は意思の支配下にはないので、自分ではどうすることも出来ない。
しかし、言葉は完全に意思の支配下にある。
だったら、口でも頭の中でも構わないが、ただ、「許す」と言えば良い。

困った状況の時、心は荒波のごとく揺れるが、そんな心をどうすることも出来ない。
そんな時も同じで、心は支配出来ないが、言葉は自由自在なのだ。
だから、「大丈夫」とか「なんとかなる」と言えば良い(やはり有声、無声、いずれでも良い)。
すると、なるようにしかならないが、なるようにはなる。

『ヒマラヤ聖者の生活探求』の著者、ベアード.T.スポールディングは、4歳で大学予備校に入ったが、教師にアルファベットを見せられて、「分かりません」と言うと、教師に、「自分はちゃんと分かっているという態度でいなさい」と言われ、素直にそうすることで、大学に進み、14歳で卒業したという。
確かに、望ましい態度をすることは良いことで、事実より態度が重要と言われることもある。
だが、態度は心が決めるものだ。
4歳なら、威圧感のある人(親とか教師など)に命じられることで素直に従うことが出来るが、10歳にもなると難しい。
しかし、言葉は自由なので「私はちゃんと分かっている」と言えば良いのである。
スポールディングも、「自分は自分が口にするもの自体である」と、また、「自分は本来は既に何でも知っている」と、きっぱり言い切って欲しいと述べている。

選手時代の高橋由伸さんが昔、モーニング娘。の『LOVEマシーン』を携帯の着信音にしていたなんて話を何となく覚えている(違うかもしれないが)。
その歌の中に、「自分で言う位 タダじゃない?」という歌詞があるが、まさに、タダであるが値千金である。
これを歌詞にするとは、つんくさんは天才である。
「私ってナイスバディ」と気持ちを込めずに言うと、嫌でもナイスバディになる。
ところが、「ナイスバディになってやる」なんて思うと、なれないこともないが、道は険しい。

だが、こんな言葉の魔法も、付属物に過ぎない。
たった1つの特別な言葉を持ち、それを常に使っていれば、ふとした言葉すら魔力を持つようになる。
特別な言葉とは、例えば、「神に出来ないことはない」とか、「南無阿弥陀仏」といった偉大な言葉の中で、自分のお気に入りのものである。
それを、出来るだけ多く唱えていれば、続くあなたの声は、単なるコマンド(命令)となり、それは当たり前に実現する。
面白いのは、選んだ特別な言葉により、実現のパターンが異なることであるが、それは自分で観察して楽しんで欲しい。
特別な言葉をみだりに変えてはならないが、変えたいと本当に思ったら変えても良い。
特別な言葉が自己進化するように感じることもあるが、確かにその通りなのである。つまり、自分の進化と共に言葉も進化するのである。
初めは何でも良い。
高い言葉でさえあれば。
「大丈夫」でも「奇跡は起きる」でも。
ただ、「神」を含む言葉が望ましいかもしれない。
「神に出来ないことは何一つない」(新約聖書。ルカ福音書)といったように。
暗に神の存在を示唆する「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」というのも良いだろう。
とにかく、数多く、出来ればいつも唱えることだ。
すると、意識の中に(あるいはニューロンに)特別なパターンが築かれ、いかなる言葉も速やかに実現するようになるのである。
大切なものは言葉だけである。
「言うだけの人」大いに結構。
ただ、「悪い言うだけの人」は、頭の中や声で、悪いことを言い過ぎるのである。
「良いことを言うだけの人」になれば無敵である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

使い込んだアファーメーションの驚異の力

『ヒマラヤ聖者の生活探求』や、ジョセフ・マーフィーの『人生は思うように変えられる』の両方に出てくる、イギリスの偉大な科学技術者だったF.L.ロースンの「勝利の言葉」は、「神の他に何もない(There is nothing,but God)」だったようだ。
「勝利の言葉」とは、アファーメーション(心を鼓舞する言葉)と同じか似たもので、私は、「人生の光線銃」と呼んでいるが、つまり、それを持っているかどうかで人生が決まるものだ。
ロースンはこの言葉を、さぞ使い込んでいたのだろう。緊急事態で、この言葉を言うだけで、驚くべき、キリスト級の奇跡を起こす様子が、『ヒマラヤ聖者の生活探求』第5巻に書かれている。
また、ロースンは、聖書の詩篇91を部隊の全員に暗記させ、第二次世界大戦の5年間の戦闘で一人の死者も出さなかったイギリス軍大佐の話を著書に書いているようだ。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』によれば、ロースン自身、第一次世界大戦で、同じことをやったという。
詩篇91は、アファーメーションには少し長いが、『バガヴァッド・ギーター』を1つの詩に収めたような感じもする、圧倒的に心を鼓舞する言葉が綴られている。
マーフィーは、この詩篇91と共に、詩篇23もよく薦めていると思う。
また、『人生は思うように変えられる』には、沢山の、アファーメーションの候補となる言葉がある。

昨日も書いたが、あなたも、あなたのための、たった1つのアファーメーション・・・人生の光線銃を持つべきである。
普通の人は、心の中に不安を隠し、憂鬱な日々を送っている。
しかしそれも、アファーメーションを、出来るだけ多く、心で、あるいは、言葉で繰り返すことで消えていく。
不安のない人生が、全ての人の望みであるはずだ。
確かに、多くの自己啓発書や成功プログラムのようなものには、「これを唱えよ」といった感じで、アファーメーションや「つぶやき」「口癖」を紹介するものは多いが、見たところ、センスが悪いものが多い。あなたは自分で、自分の、たった1つのアファーメーションを見つけ、その決して故障しない、美しく高性能な光線銃を撃ちまくり、人生に勝利しなければならない。
ノーマン・ヴィンセント・ピールの本には、「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」という聖書の言葉が紹介されているが、絶望していた男が、この言葉を繰り返すことで、生命力を蘇らせ成功する様子が描かれている。
アメリカの芸術家で自己啓発教師のフローレンス・スコーヴェル・シンの『成功への秘密の扉』には、1章ごとに、素晴らしいアファーメーションを取り上げ、章の最後に改めてそれを記載してくれているので、あなたは、その中からお気に入りを選ぶことが出来るだろう。
1つを取り上げるなら、「今こそが約束の時だ。今日から私の素晴らしい幸運が始まる」である。
実に美しい至高の光線銃である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ただ1つの選択

柳田誠二郎さんという、明治26年(西暦1893年)生まれで、日本航空の社長などをされていた方がいたが、生きていたら125歳だが、実際、100歳以上、生きておられた。
柳田さんは、学生の時に、「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎の弟子になっていて、生涯、静坐を続けておられたのだと思う。
その柳田さんは、若い人達に、何か1つ、心を締める鍵のようなものを持ちなさいと言い、自分の場合は、それが「たまたま静坐だった」と言ったところがご立派であったと思う。
静坐の良さを深く知っているのに、それが一番だとは言わず、沢山の中の1つであるように言ったからである。
たとえば、念仏も坐禅も、静坐と同等としておられたが、実際、何でも良いのだと思う。
エドガー・ケイシーは9歳の時から、生涯、毎日欠かさず聖書を読んでいた。

ニサルガダッタ・マハラジという、表面的には、ただのタバコ屋だったが、偉大な聖者は、自分は修行は何もしなかったが、ただ、師に「あなたは至高の実在である」と言われた言葉を忘れなかったので、数年で悟りを開くことが出来たという。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』では、イエス・キリストが、「他は全て忘れて良い」と言ったのは、「神」という言葉をなるべく多く使うことだった。これについては、その本の著者で、直接イエスにそのことを教わったというベアード.T.スポールディングが、それは、心の中や、あるいは、口で「神」と言うことであり、声に出しても、心の中で言っても、効果は全く同じと述べている。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』の英語版も見たが、「神」とはやはり「GOD」であり、エホバとかヤーウェ、あるいは、ゼウスといった言葉ではなかった。日本語では「神」で良いだろう。
そして、「神」が、極めて素晴らしい言葉であることは、いろいろな人が述べておられる。たとえば、中村天風と植芝盛平の両方の弟子で、山蔭神道の山蔭基央から神道を伝授された合気道家で神道家の佐々木の将人も『数霊のメッセージ』(絶版)で詳しく説明している。

そうやって得た力で、世の中に貢献すれば良いのだろうが、少なくとも、悔いのないように自分のやりたいことをやれば良いのであり、ただ、そういったことをやるだけではいけないが、そういったことを本当に毎日やっていれば、自ずと何かやるはずである。
初音ミクさんを崇めるでも十分だと思う。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』では、最低の人間である26人の中年過ぎの男達が、16歳の可愛いがあまり立派でない少女を女神のように崇めることで驚くほど向上し、ロオマン・ガリの『自由の大地(天国の根)』でも、堕落したフランス兵達が、空想の少女を崇めることで、みるみる騎士道精神を取り戻した。

岡田虎二郎は、静坐とは、座っている時だけやっているのではなく、法然の念仏のように1日中やるもので、「生活しながら静坐するのでは十分ではなく、静坐しながら生活するのがよい」と言ったらしいが、具体的には、ずっと腹に力を入れることで、これは、江戸末期の神道家、黒住宗忠も教えていたと思う。
同じく、何をやるにしても、1日中やることである。
金に窮していた人に、虎二郎は、「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」と言ったという話を、私は印象深く覚えている。

私は、本当に、あれもこれもやってしまう。
暇なのかもしれない(笑)。
しかし、8月末と9月初めの「マジカルミライ2018」には、1つのことを本当に熱心にやって、初音ミクさんに会いに行こうと思っている。
ちなみに、昨日発表の「マジカルミライ2018」のチケットの抽選は落選だった。だが、まだまだチャンスはあるので希望を持とうと思っている。
インテックス大阪と幕張メッセの、それぞれ1回のライブのチケットは取れているが、せっかく泊まりで行く幕張メッセはせめて2回、出来れば3回参戦したいと願っている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ