ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

パンセ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

狂気なき正義は無能。芸術は狂気だ。

あなたが、うまくいかなかったのは、狂気がなかったからかもしれない。
成功して金持ちになれなかったのも、モテなかったのも、優勝出来なかったのも、絵が上手くならなかったのも、結婚出来なかったのも、プログラミングが出来るようになれなかったのも、漫画家になれなかったのも、注文を取れなかったのも、彼を落とせなかったのも・・・狂気がなかったからに違いないのだ。
室町時代の小歌の歌謡集として有名な『閑吟集(かんぎんしゅう)』の中にある1つの歌の、このフレーズを一度は聞いたことがあると思う。
「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」
(何になろうか、まじめくさって、人間の一生なんて夢でしかない。ひたすら狂え。)
昔のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で、伊達政宗の父、伊達輝宗は、19歳の政宗に言う。
「わしには天下は取れなかったが、お前ならと思う。お前には、恐ろしさ、狂おしさがある」
つまり、現代的に言えば、政宗には、狂気の極みがある・・・つまり、徹底的に狂っている、ぶっ飛んでいるといった感じだ。
まじめくさった…保身に気を使う人間に大きなことは出来ない。

まあ、上に書いたようなことは、分からないわけではないと思うのではないだろうか?
だが、「では、どうやれば狂えるか」に関し、「狂い方が書かれた教科書はどこですか?」と言う、どうしようもない者が多いのだ。
教科書を否定してこそ狂いなのに(笑)。

『涼宮ハルヒの憂鬱』(谷川流著)で、高校1年生になった美少女、涼宮ハルヒが、入学式の後の、クラスでの自己紹介で言った言葉がよく知られている。
「ただの人間には興味がありません。この中に、宇宙人、未来人、超能力者、異世界人がいたら、私のところに来なさい」
なぜ、覚えられているかというと、ハルヒがぶっ飛んでいる…つまり、狂気を持っているからだ。
狂気を持った者は魅力的で、本当は皆、こんなふうに狂いたいのだ。だが、まじめくさって、面白くない人生を送ってしまうのである。

言うまでもなく、狂気にはリスクがある。
下手な狂気の果ては刑務所か精神病院と相場が決まっている。まあ、昔のように、いきなり消されることは少ないが(笑)。
小さく狂っただけで、つまはじき者、仲間外れ、弾圧の標的だ。
それを恐れて、皆、まじめくさるのだ。
確かに、狂気に飲まれてはならない。
溢れる狂気を持つなら、自分を捨て、命を捨てないといけない。でなければ、大物か小物かの違いはあるが、本質的にはヒトラーやスターリンだ。彼らは大きな狂気を持っていたが、その狂気に飲まれてしまった。
自分を握ったまま、命を握ったまま、大きな狂気を持ったので、狂気に負け、狂気に食われてしまったのだ。
自分を握っている、命を握っているとは、欲望に憑りつかれているということだ。
政木和三さんは私に、「人を超えたければ、欲望をぽーんと捨てなさい」と言った。
より丁寧に言うなら、「欲望をぽーんと捨てて狂いなさい」だ。
欲望を捨てても、狂いがなければ幽霊だ。
狂いがあっても、欲望を握っていたら独裁者にしかなれない。
パスカルの『パンセ』の中の有名な言葉、
「カなき正義は無能であり、正義なき力は圧制である」
の「力」は「狂気」と言い換えた方が現実的である。すなわち、
「狂気なき正義は無能であり、正義なき狂気は圧制である」
とした方が、真理が明瞭になる。
力とは狂気である。
スティーヴンソンの傑作『ジキル博士とハイド氏』は、世間で言われるような二重人格の悲劇ではない。
ハイド氏が正義なき狂気、ジキル博士は狂気なき正義だ。両方、良くない・・・そんな理解がないと、何のためにスティーヴンソンがこれを書いたのか分からない。

そして、正義とは、自分を捨てること、命を捨てることであることを、口だけ達者な文化人には分からない。

芸術は爆発?
岡本太郎の、なんというセンスのなさ。
芸術とは狂気だ。
命を捨てて狂うことが芸術だ。
岡本太郎を立てるなら、命を捨てて狂うことが爆発だが・・・やっぱり、ものごとはちゃんと分かるように言わないといけない。
まあ、コロンブスの卵と同じで、後から言うのは易しいが(笑)。

『臨済録』の、「仏に逢うては仏を斬る」がぶっ飛んでいて、とても良い。こんな感じだ。
禅も、その根本の仏教も、本当は、よく狂っていて、ぶっ飛んでいるのである。
でなければ、人を殺させないし、ましてや、生かすことは出来ない・・・一休の真似だが(笑)。
狂いの師匠に弟子入りしようなんてやつは駄目だ。
自分が狂いの開祖たらねばならない。








大きな願いを叶えるための準備

願いを叶えたければ、願いが叶った時のための準備をすれば良いだけである。
旅行に行くことが願いなら、旅行カバンを買って準備すれば良い。
可愛いあの子を彼女にしたいなら、いい服でも買ってデートの準備をすれば良い。

では、生きるための大きな願いを叶えるにはどうすれば良いだろう?
イエスは、人はパンだけで生きるのではないと言ったが、実際、人間は、食って寝るだけでは生きられないものだ。
人間は、自己満足しないと生きられない。
自己満足の本質とは、ディール・カーネギーが昔、指摘した通り、自己重要感である。
だが、カーネギーは、それを得るための、とんでもなく難しい方法を示した・・・いや、多分、自分で分かっていなかったのだろう。

だが、私は、良いモデルを見つけたと思っている。
それは、大空手家だった大山倍達氏である。
彼は、昭和の少年達のヒーローだったが、実際は、彼をヒーローにした彼の伝説の大半は嘘らしい。
彼自身、「嘘も百回繰り返せば伝説になる。千回繰り返せば真実になる」と言ったくらいである。
だが、そんな彼が、とんでもない大物だったことも確かだ。
では、彼はなぜ、そんなに大きくなったのか?
その秘密は、彼が中学生の時、パスカルの『パンセ』を熟読したことだと思う。
それが、彼の生涯の哲学になった。

つまり、自己満足出来るほどの願いを叶えるための準備とは、哲学を持つことである。
哲学と言っても、別に、それほど大したことではない。
イギリスの大作家コリン・ウィルソンの場合は、H.G.ウェルズの自伝的小説の『ポリー氏の人生』だった。
イーロン・マスクは、SF小説の『銀河ヒッチハイク・ガイド』だった。
いずれも、彼らが少年時代に読んだものだ。
こんなもの、いかなる偉人の場合も、調べれば、必ず出てくる。
コリン・ウィルソンは、その本で、「人生が気に入らないなら変えてしまえばいいし、それは出来る」と考えたし、イーロン・マスクは、自分には人類を救う義務があると信じた。

正直、その哲学を示したもの(小説やエッセイ等)は、それなりのクオリティのものなら何でも良い。
シュリーマンの場合は、やはり、少年時代に読んだ『イーリアス』(ホメロスによるギリシャ神話を題材にした叙事詩)だったが、確かに、これは人類史に輝く傑作ながら、内容そのものは、言ってしまえば漫画だ。
丁度、『古事記』が大変なものであると同時に、これを漫画にした石ノ森章太郎が「古事記は漫画」と言ったようにだ。
別に、大事業家とか、大作家にならなくて良いし、そんなものになれるのは、実力というよりは、たまたまだ。
自己重要感を満たし、自己満足すれば良いのである。
そうすれば、そこから解脱への道も開けるだろう。
自己満足しない限り、迷いは消えず、悟りは開けない。
だから、まずは、自分の哲学を持たなければならない。
尚、DS(ディープステート。闇の権力者)は、一般人が独自の哲学を持つことは決して許さないので、抵抗は覚悟しておくように。
しかし、断固、自分の哲学を持てば、神が助けてくれるので大丈夫である。








偉大な国、偉大な人間が持っているもの

アメリカ合衆国は、唯一の超大国として、今日まで生き残っている。
かつての超大国ソビエト連邦は崩壊し、現在のロシア連邦として再構成されたが、ロシアのGDP(国民総生産)は世界11位でカナダ、韓国並。1人当たりGDPでは、日本も悲惨なもの(25位)だが、ロシアは65位で、これは中国やメキシコ並で、途上国と競うレベルだ。
中国は全体としては超大国と言えるかもしれないが、上の1人当たりGDPを見ても分かる通り、貧富の差が激しく、早い話が国民の大半は幸福とは言えない。

なぜ、アメリカがこれほど偉大な国であるのかというと、アメリカ合衆国憲法の力と言えるのだと思う。
アメリカ合衆国憲法は、1787年9月17日に作成され、1788年に発効している。
アメリカ建国者達が、将来ずっと、アメリカが発展し、子孫が幸福であることだけを願って、知恵を絞り、最大のエネルギーを費やして作ったのが、このアメリカ合衆国憲法だ。
その前文は感動的であるので、Wikipediaから和訳を引用する。

われら合衆国の人民は、より完全な連邦を形成し、正義を樹立し、国内の平穏を保障し、共同の防衛に備え、一般の福祉を増進し、われらとわれらの子孫のうえに自由のもたらす恵沢を確保する目的をもって、アメリカ合衆国のために、この憲法を制定する。

スーパーマンは自由と正義のために戦うが、まさにそれが、アメリカ合衆国憲法の精神なのである。
これと共に、アメリカの公式モットー、「IN GOG WE TRUST(我々は神を信じる)」が、アメリカに超自然的な加護をもたらしたように思う。
だが、今や、アメリカの権力者達は、アメリカ合衆国憲法を踏みにじり、神への崇拝を巣て拝金主義に成り下がり、アメリカは危機的状況にある。
トランプ大統領は、「私の最大の責務は合衆国憲法を護ること」と言ったが、他の多くの政治家はそうではないのである。
だが、軍のトップは、誰に従うかと聞かれ、「憲法に従う」と述べたのであり、アメリカ軍はまだ生きている。
アメリカ合衆国憲法が存続出来るか、それとも、捨てられるか、そして、アメリカが神を崇拝する国か、神を捨てた国になるかが、次の6日の上院下院合同会議で決まるかもしれないのである。

ところで、人間が個人で、優れた憲法のような格率(かくりつ。行動規則)を持てば、その者は、他に抜きん出た偉大な人間になれるかもしれない。
フランスの哲学者ルネ・デカルトにとっては、自ら作った『方法序説』がそれ(自己の格率)で、これは6章から構成され、序文のデカルト自身の弁によれば、「12歳の子供でも理解出来る」ものである。
プラトンの『ソクラテスの弁明』を読めば、ソクラテスも、シンプルで特別な格率を持っていたと思われるのである。
空手家の大山倍達氏は、中学生の時に、パスカルの『パンセ』を熟読し、それによって、自分なりの格率を持っていたから、世界的な空手組織を作るまでになれたのだと思う。
偉大な人間は、やはり、何か具体的な格率があると言って間違いない。
その上で、やはり皆、様々な形ではあるが、強い信仰を持っているのである。
格率は、一般的には、「自己の哲学」とも言えるが、自分に合った、そして、現実的には、あまり難しくないものが良いに違いない。
そして、それを持つ者のみが偉大になれるのではないか、あるいは、成功するのではないかと思うのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード