ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

パワーポーズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

平安を得るのは簡単

大成功するためには、かなりのメンタルの強さが必要だ。上に立つ者がヤワなメンタルでやっていられるはずがない。
また、甘いお人好しでは駄目で、ドライな部分が必要だ。でないと、トンデモない面倒をしょい込む。
そして、知恵があり、そこそこには人間を知っていないといけない。でないと、二進も三進もいかなくなり、気が休まることがない挙句、落とし穴に落ちる。
こう、冷静に考えたら、どうも、私は大成功に向いていない(笑)。
だが、無駄な苦労はしてはならないし、私もしていない。
確かに、若いうちの苦労は無駄ではないが、あれは間違いなく面白いのだ。
私も、若い時に、真夏の炎天下の下で自転車を転がして(笑)苦労したのが、良い青春の思い出だ。
また若くなれたら、是非、もう1回やりたいと思うほどで、なれそうな気もする(笑)。

快適に生きていく上で必要な簡単なことも忘れ勝ちだ。
顔を上げること、微笑むこと、ガッツポーズをすること、誰も見ていない場所で舌を思い切り出すこと・・・こんな簡単なことをやっているだけで、不幸になることはない。
パワーポーズと言って、スーパーマンやワンダーウーマンなど、ヒーローやヒロインの特徴的なポーズを真似るだけで、心身が活性化し、何でもうまくいくものらしい。

そして、私が最近得た知見では、アレクサンダー・ロイド博士の「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」は、私のようにいい加減に取り組んでも、あらゆることに効果がある。
護符、タリスマン(お守り)、アミュレット(お守り)なども、良いものには効果があり、さらに、自分が信じていれば大きな効果がある。例えば「サムハラ」カードを持つと、きっと強い加護が得られる。
科学的なアミュレットとしては、私も使い始めたが(買ったのはかなり以前)Q-Linkペンダントは実績があり、効果が高そうだ。

この世界だって、こんな簡単なことで平和に過ごせるのだと思う。












3つやれば勝ったも同然

心配事もなければ、不安も感じていないという状態なら、間違いなく、良い方向に行く。
人間はそんなふうに出来ている。
だから、心身や経済に深刻な問題が発生するとしたら、心配や不安、そして、恨みや妬み、後悔などのマイナスの感情が心の中にたまっているはずである。

また、かなりうまくいっている人・・・事業で成功して金持ちになったり、演芸やスポーツ、芸術で成功しても、マイナスの感情をためてしまうと、いずれ悪いものが現れる。
例えば、家族不和、離婚、病気、事故、裏切り、麻薬などである。

心の中にプラスの感情があると、マイナスの会場が入って来ても打ち消せる。
だが、マイナスの感情が多く起こり過ぎると、プラスの感情を消してしまう。
だから、常に無我の境地にある特別な人は別にすれば、プラスの感情を持ち続けるしかない。
もちろん、1日中フィーバーするような馬鹿をお勧めしているのではない。
常に元気一杯で「イエー!!」とやっている人もいるが、そんな人が一番危ない。少し悪いことがあったり、元気がなくなった時に、大きなマイナスが入り込み易いからである。

何をすれば良いかというと、なるべく笑顔でいることと、小さくていいから、ガッツポーズやパワーポーズをすること。
そして、マイナスの言葉を言うくらいなら、「大丈夫」「絶好調」「全て順調」などと言うことだ。

ところで、そのコメントは公開しなかったが、先日、このブログで、アメリカの社会心理学者エイミー・カディーのパワーポーズの効果のことを書いたら、ある人が、その効果を証明する調査には問題があったことが分かっているといったことを投稿されていた。
私も、そのいい加減な情報はネットで見た覚えがあるのだが、調査結果の不備は、一部のことについてであるのに、まるで全体が否定されたかのように言うのは、クレーム屋の手なので、注意して見る必要がある。そもそも、その否定的情報の全体を見れば、信頼に値しないことは感じるはずである。
そして、正しい批判なら良いのであるが、何かを奇妙に否定することは、マイナスの感情を心にためることになり、それは必然的に悪いものを引き寄せる。私としては、投稿者さんがそんな状況であることが分かるので、それを改めないと非常に悪いことになることが心配な訳である。

ところで、笑顔を作るというのは、意外とエネルギーを使う場合がある。
辛くて笑う気になれない時は、特にそうだ。
しかし、そんな時に、無理にでも笑顔になることで運命が決まると言っても過言ではない。重要なことなので繰り返すと、辛い時こそ笑うべきである。笑顔にデメリットは1つもない。
逆に言えば、笑顔やガッツポーズをしながらイメージしたことは叶い易い。これは波動科学、あるいは、量子力学で説明可能で、疑いようがない。
そして、「全ては良い方向に進んでいる」と習慣的に(特に就寝前や就寝後)言うことで、心の中のマイナス感情が悪い波動を発するのを止め(放置すれば悪い状況が引き寄せられる)、さらには、心の中の悪い感情を消すべきである。

まとめると、(1)笑顔、(2)ガッツポーズ・パワーポーズ、(3)「絶好調」などのプラスのつぶやき・・・の3つを覚えておけば勝ったも同然である。












当ブログ著者、KayのAI書。
今後、全ての企業でAIの導入は必須になるはずです。電話やパソコンがない企業がないようにです。
そして、AIを使えるようになるのに大切なことは、技術ではなく、考え方です。少しも難しくはないのですが、発想の転換は必要とします。
日常の言葉で書かれたこの本は、誰でも分かる概念を使った実習で入門し、AIでやるに相応しい面白いテーマでAIを使うセンスを身に付けます。
数学、プログラミングは不要です(ただし、数学、プログラミングを否定せず、むしろ肯定しています)。

パワーポーズ、ガッツポーズの効果の真の理由

世界中から毎年数名の講演者が選ばれ、会場に入るには年会費100万円程度かかるTEDカンファレンスでの講演は、当然ながら選りすぐりの内容になり、講演者は必ずしも有名でなくても、その時点で極めて優秀な方々であると考えて良いだろう。
このTEDカンファレンスは、2005年から始まり、先程述べた通り、会場に入るのは高いが、公演ビデオは無償で公開されていて、ビデオや音声の無料ダウンロードも可能だ。
そのTEDの歴史の中で、3番目にビデオの再生回数が多い講演の講演者が、エイミー・カディという女性社会心理学者だ。
彼女は、「パワーポージング」の推進者として知られる。
簡単に言えば、「パワーポージング」とは、例えば、スーパーマンやワンダーウーマンのように、仁王立ちになって腰に手を当てるという力強いポーズ(パワーポーズ)をすれば、自信や勇気が溢れてきて、高い成果を上げる可能性が上がるというものだ。
カディーはアメリカの学者なのだから、当然、数多くの十分な検証データを得ている。アメリカはエビデンス(根拠の証拠)の国だからね。

パワーポーズの効果は、ほぼ間違いないと思う。
日本では、ガッツポーズの方が良く知られているが、パワーポーズとガッツポーズには共通する部分も多い。
ガッツポーズでは、手をぐっと握り、腕を大きく、あるいは、力強く上げるといったように、力を込めることを重視するが、パワーポーズでは、もっぱら形が大切という違いはある。
以前、テレビで、日本でトップクラスの有名なお笑いタレントが、毎朝、ガッツポーズをすることが本人から明かされ、それに対し、医学博士の方が、「それによりエンドルフィンという脳内物質が生成され、1日中何をやってもうまくいく」とコメントしていたのを覚えている。
パワーポーズでは、テストステロンなどの身体を活性化させるホルモンの分泌が盛んになることが確認されているという。

それほどの効果が、短時間でタダで出るのだから、皆、大いにやれば良いと思う。
ただ、エイミー・カディや、上に書いた医学博士らは、パワーポーズやガッツポーズの効果を、ホルモンや脳内物資の生成・分泌で説明しているが、それでは不十分だ。
それなら、単に「元気が出る」だけである。
これらには、もっと、波動科学的な効果があり、これにより、状況そのものを変えてしまう。
つまり、引き寄せが起こるのである。
もちろん、これは、証明されている訳ではなく、また、完全に説明することは難しいが、効果は割と簡単に確認出来ると思う。
ガッツポーズやパワーポーズをすると、好ましい状況の波動が脳から発せられ、それに相応する状況が引き寄せられる。
発せられた波動を「上のもの」、引き寄せられる現象を「下のもの」と考えれば、「エメラルド・タブレット」に記された有名な言葉、
「下にあるものは上にあるもののごとく、上にあるものは下にあるもののごとく」
となる。
エメラルド・タブレットの他の部分が、この原理を象徴的に説明しているのだと思われ、今日では、波動性科学、量子力学で、ある程度の説明が可能になっていると思われる。

それと、良い波動を発するのは、何と言っても笑顔である。
憂鬱な時でも、無理にでも微笑んでガッツポーズ(あるいはパワーポーズ)をすると、胸が高鳴るのを感じる。
胸が高鳴れば・・・つまり、ワクワクしてくれば、全てうまくいったも同然である。
その上に、「大丈夫」「絶好調」「全て良し」「全部良い方向に進んでいる」などの言葉を唱えると、さらに効果は上がる。
それらも、いずれは波動科学で説明がつくと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
もし、WindowsパソコンとExcelが使えるなら(あるいは、使えるようになるつもりなら)、この本で、機械学習・ディープラーニングに挑んでいただきたいと思います。
決して大袈裟ではなく、これからは、AIは誰にとっても必要であり、AIを味方にした人が圧倒的に有利になるからです。
この本は、単にAIを教養的に理解するのではなく、実用的なAIを自分で作れるようなるためのものです。
そのために、数学、プログラミング、論理学は必要ありません。日常的な言葉で書かれ、普通の概念で理解出来、そして、面白いテーマを用意しています。

最強の組み合わせは笑顔とガッツポーズ

私は、この世界が、「シミュレーテッド・リアリティ」という、コンピューターが作ったVR(仮想現実)世界だと確信しているのだが、では、この世界で、どうやれば、誰もが楽しく生きていけるのか?
安月給で、嫌な上司や同僚に苦しめられたり、モテずにぱっとしない現実はもう嫌だと、いつまでも嘆きたくはないものだ(笑)。
この世界の仕組みを知るには、この世界で普遍性のある物理法則から解いていく手もあるが、理系はどうも苦手という人も少なくないだろう(むしろ多数派と思う)。
ただ、物理学は分からなくても、この世界のどこでも、よほどのことが無ければ成り立つ物理法則があることは分かると思う。
「気が付いたら日が暮れていた。このままでは余程のことがない限り夜になる」という推理は正しく、ほぼ100パーセント当たる(笑)。
日が暮れても夜にならないようにも出来ると思うが、そんなふうにはならないように運営されているのだと思う。(真夜中の太陽というシュールが夢を見たことがあり、大変に楽しかったが、普通は、夢の中限定のサービスだろう 笑)
つまり、やはり、この世界は、決まった法則の上に成り立っており、それは、物理法則だけでなく、あらゆることにおいてそうだ。
その1つが、イエスが言う「与えたものが与えられる」という、仏教で言う因果応報の法則で、早い話が、「善いことをすれば良いことが起こり、悪いことをすれば悪いことが起こる」というものだ。
だが、実を言うと、因果応報の法則も物理学で説明出来ると言う人もいるし、私もそう思う。

そこで、途中を全部すっ飛ばすが(笑)、運を良くしたければ、
「よく笑え」
「ガッツポーズをしろ」
になる。
笑うと言っても、いつもぎゃらぎゃら笑っている必要はなく、微笑めば良い。
『FREELY TOMORROW』(Mitchie M feat 初音ミク)の通り、「顔を上げて微笑めば、笑顔取り戻す魔法になる」は真理である。
笑顔やガッツポーズ(あるいはパワーポーズ)が良いことは、医学者などは、ホルモンや脳内物質の分泌や、神経的な作用で説明し、それはそれで正しいのだが、もっと重要なことは、それ(笑顔やガッツポーズ)が精神状態を変えることである。
無理にでも笑顔を作ったり、ガッツポーズをしたら、精神に全く影響がないことはない。
高名な魔法使い、ダイアン・フォーチュンが示す魔法の定義は、「精神に自在に変革を起こす技術」だったと思うが、程度の問題はあっても、笑顔やガッツポーズでそれを実現出来る。そして、魔法は、究極は科学なのであり、笑顔やガッツポーズの作用も、科学で正確に説明出来るようになるだろう。その科学は、物理学・・・もっと細かく言えば、量子力学や波動科学においてである(波動に関しては、古典力学だけでもある程度説明出来るので、量子力学と一応分けた)。

とにかく、いつも暗い顔、困った顔、難しい顔、不満顔をしていては、絶対に幸運に恵まれない。
まるで駄目男君はいつも、しょぼくれた顔をしていた。だから、しょぼい状況しか得られない。
良い顔をしなければ、「科学的に」幸運に恵まれないが、一番良い顔は笑顔である。
そして、幸運の波動を出すのに最適なものがガッツポーズだ。
片手、あるいは、両手をぐっと握り、力強いポーズを取るのだ。笑顔とガッツポーズ、両方いっぺんならさらに良い。人前でやって悪いことはないが、まあ、一人でいる時にやるのが無難なので、自分の部屋や、会社や学校などではトイレの中で思う存分やれば良い(笑)。
スーパーマンやワンダーウーマンのポーズ(腰に手をやって仁王立ちになる)も、素晴らしい効果がある。
さあ、これで、今日から、幸運間違いなしである。













当ブログ著者、KayのAI書。
いまや、身近な世界の隅々にAIが入り込んでいます。
急速に普及するIoT(もののインターネット)もAIと一体です。
そこで、この世界を理解し、不安なく生きるためには、AIを知り、さらに、自分でAIを作れるようになって、攻勢に出るに限ります。
そして、それは難しくありません。
AIを作るのに、今や、数学もプログラミングも、難しいAI理論も不要です。
普通の人が解る言葉で書かれたこの本で、楽しく実習をすればAIは自分で作れるようになります。

ドラゴンの礼で勝つ

人生がうまくいく方法について、偉い、あるいは、怪しいスピリチュアリスト達が言うような、超高度なものの中にも、なかなか素晴らしそうなものもあるが、そういったものは効果を保証することは出来ない。
しかし、普通に起こり来る問題に対しては、「元気があること」「直観が冴えていること」の2つがあれば、トータルで良い成績を納められるように、世界も、そして、人間も出来ている。
元気については、脳内物質の1つであるエンドルフィンと、ステロイドホルモンの1つであるテストステロンが適度に発生すれば良い。
エンドルフィンについては、ガッツポーズを取れば出るのだから、元気を出したい時にガッツポーズを取れば良い。
また、笑顔になると、やはり、エンドルフィンが出るので、無理にでも笑うと良い。
テストステロンは、TEDでもトップクラスの支持を得ている社会学者のエイミー・カディが、パワーポーズを取ることで増大すると証言している。代表的なポーズが、スーパーマンやワンダーウーマンのように、腰に手を当てて仁王立ちになることである。
また、筋肉運動もテストステロンを増大させるので、スクワット、プッシュアップ(腕立て伏せ)を出来る範囲でやるという手もある。
元気を出すのは、割と簡単だ。

やや難しいのは直観だ。
これに関して面白いのは、ガッツポーズやパワーポーズで、エンドルフィンやテストステロンを出すと、かえって直観が冴えないことだ。
そこで、直観を発揮するための簡単な方法は何かというと、意外なことだ。
映画『燃えよドラゴン』の中で、中国の少林寺で、カンフーの達人リーが、少年の弟子を指導した後、少年が礼をすると、リーはその頭をぽかりと叩く。
つまり、顔を伏せる礼をしてはならず、礼をしながら、相手を見なければならないと言うのだ。
これは、常に相手を警戒するという意味に取られていると思うし、それもあるが、実は、もっと重要な意味がある。
背中と首を前に倒して礼をしながら顔を上げる、このポーズは、直観を最高にする。
物理学者で合気道家の保江邦夫さんが、『神様ののぞき穴』で、上体と首を前に倒し、顔を上げるポーズを「龍の首」として紹介していたが、それとほぼ同じである。
「ドラゴン」と「龍」が通じていて、とても面白い。
保江さんの本では、パワーポーズではうまくいかなった時に、龍の首でやればうまくいったセールスマンの例が紹介されていたが、パワーポーズと龍の首(ドラゴンの礼)をうまく使い分けると良い。
多くの場合、パワーポーズより龍の首(ドラゴンの礼)の方が強力で、こちらは、神秘的な力がある。
だが、元気を出していきたい時は、ガッツポーズやパワーポーズが良いだろう。
そして、パワーポーズでうまくいかなくても、龍の首(ドラゴンの礼)なら勝てるだろう。

以上の2系統の武器で、百戦危うからずである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード