ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

パラレルワールド

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

世界はこうであるという基本

この世界の実体は、だいたい、次の2つのように言えるのではないかと思う。
1つは、無数の世界が同時進行するパラレルワールド(並行世界)であるということ。いかなる世界も存在し、想像すれば、想像した通りの新しい世界も生まれる。
もう1つは、VR(仮想現実)であること。映画の『マトリックス』のような、コンピューターが作った3Dゲームのような世界なのだ。

ところで、昔から、似たような考え方があったと思う。
これも2つ取り上げよう。
1つは、世界は夢であるというものだ。これは、VR(仮想現実)と同じような意味になる。
2400年前の中国の荘子は、「私もお前も、間違いなく夢を見ているのだ」と『荘子』に書いている。
もう1つは、この世界は劇(演劇)で、我々は役者だというものだ。
「20世紀最大の詩人」と言われたアイルランドのノーベル賞作家W.B.イェイツ(1865~1939)は、『ラピス・ラズリ』という詩で、我々はシェイクスピアの劇のようなものを演じているのだと述べている。

で、荘子やイェイツは、この夢とか劇である世界をどう生きれば楽しくなるかについて、荘子は、
「余計なことをしようとせず(作為をせず)、なりゆきにまかせろ」
と言い、イェイツは、つまるところ、
「陽気でいろ」
と言ったのだ。つまり、深刻な顔すんなよということだ。

そこで、贅沢を言えば(笑)、夢や劇、あるいは、VRのシナリオを作っているのが誰で、どうすれば、楽しいシナリオに変えられるかだ。
これはとても簡単だ。シナリオを作っているのは自分と考えて良い。
パラレルワールドには、既にあらゆるシナリオの世界があり、何なら、新しい好みのシナリオの世界を作ることが出来る。新しい世界を作るには、想像すれば良いだけだ。
後は、望みのシナリオの世界に行けば良いだけだが、簡単に、一瞬で行ける。
というか、我々は常に、望みの世界に瞬間で移動しているのだ。
まあ、嫌な世界に行くことを望んでいる場合も多く、それで、「俺は何でこんなに不幸なんだろう」って思ってるわけだ(笑)。

我々は、常にパラレルワールドを移動しているのだから、御大葬な移動法なんてものは本来はないのだが、簡単なことを忘れるのが流行っているらしいので(笑)、分かり易い方法を考えた。
例えば、金持ちになりたかったら、「金持ちになったら、どんな気分だろう」と考え、その気分(良い気分であるべきだ)を味わえば、それで良い。
まあ、金持ちとはいっても、もう少し具体的に「年収3千万円」とか「銀行預金3憶円」とか考えれば良いのかもしれないが、そのあたりは自分で考えるべきだろう。
慣れてきたら、ほとんど何も考えずに、好きな世界に移動出来る。いや、それを、もう現にやっているのだ。ただ、好きな世界に行こうと思っていない、あるいは、行けると思っていないだけでね。

基本を知っておくと、効率良く上達すると思う。








超簡単な、いますぐ「なる」方法

王家、名家で、子息によく言われる言葉が「態度は事実より重要」だ。
これは、受けを狙って作られたような言葉ではなく地味なので、一般にはあまり知られていない。
しかし、宇宙人バシャールあたりも、そう言っていたらしいが、それならば、宇宙的真理なのかもしれない。

この世界より他に、無数のパラレルワールド(並行世界)があり、想像出来るいかなる世界も存在し、新しく想像すれば、即座にその世界も生まれる。
それで、行きたい世界に行くにはどうすれば良いかというと、よく言われるのが、「行きたい世界の波長に合わせる」で、何となくは分かるかもしれない。
しかし、「態度」という言葉を使えば簡単で、理想の世界にいるという態度をすれば良いのである。
例えば、この世界では、あなたは安月給のサラリーマンだとしても、働かずに月収1千万円を得ている世界もある。なくても、考えた時点で生まれる。
そこで、俺は月収1千万円だという態度をすれば、その世界と波長が合う。

「態度をする」というのは、ありふれた言葉で、難しいと思う人はいないと思う。
ならば、なりたい自分の態度をすれば良いだけだ。
しかし、実際のところ、態度というものについて、肝心なことが分かっていない人が多い。
態度とは、「そぶり」とか「考え方の現れ」と言われるが、それでは曖昧だ。
具体的には、態度とは、
◆表情
◆身体のポーズ
なのだ。
これが分かった上で、くだけた表現である、
◆フリをする
◆真似る
をすれば良い。
ちょっとしつこいかもしれないが、細かく言うと、金持ちの態度とは、具体的には、
「金持ちの表情をする」
「金持ちのポーズをする」
で、それによって、
「金持ちのフリをする」
「金持ちの真似をする」
ことなのである。
とにかく、「表情」「身体のポーズ」が全てと思えば良い。
金持ちになるなら、金持ちの表情と、金持ちの身体的ポーズをよく見て、同じようにやれば良いのである。

イーロン・マスクやビル・ゲイツの映像を見れば分かるように、彼らはいつも、晴れ晴れとした笑顔であり、深刻な問題を語る時は、非常に真面目な表情をしていることが分かる。金持ちでなければ、こんな態度はしないのだ。
エイミー・カディーの「パワーポーズ」も是非、研究し、実践すべきだ。彼女が示すものが完璧ではないとしても、極めて価値がある。
仏教学者のひろさちや氏によれば、空海が凄い存在になれたのは、仏陀の態度でいたから・・・徹底して仏陀のフリをし、仏陀の真似をしたからだそうだ。
つまり、仏陀らしく歩き、仏陀らしく話し、仏陀らしく飯を食い、仏陀らしく糞をしたのだ。
エイミー・カディーとひろさちや氏の該当の本は、下にご紹介した。








夢で知る精神の進歩

一度読んだ直後に人にあげたので、今、手元にないが、横尾忠則さんの『私と直観と宇宙人』という本に、横尾さんが、高い山壁に掴まっている夢(眠っている時の夢)を見ている話があった。
そんな時、横尾さんは、怖くてしがみついているのだが、似た雰囲気の夢を見たことがある人は多いのではないかと思う。
高所恐怖症というものがあるが、そもそも、人間で高所恐怖症でないなら、そいつの頭がおかしいのではないかと思う。
私が子供の時、4階建てアパートの屋上の壁で危ないことを、ニコニコしながら平気でやる子供がいたが、あいつは頭がおかしかったのだと私は思っている。
私の場合は、かなり強い高所恐怖症と思う。自分が高い所にいて、地上を見下ろしていることを想像しただけで、強い恐怖に襲われるからだ。
だから、横尾さんの夢の怖さも、よく分るのである。
ただ、夢の中では、高所恐怖症は、現実よりは、かなりマシなのではないかと思う。
現実で同じ状況になったら、とてもでは耐えられないと思える状態でも、怖いながらも、ガタガタ震えるとか、喚くとかをするわけではないからだ。
おそらく、横尾さんが夢の中で高い場所にしがみついている恐怖も同じようなもので、現実よりはマシな怖さと思う。
だから、横尾さんは、そこで手を放すことが出来ないのは、心に執着があるからだと書かれていたように思う。

ミヒャエル・エンデが、アインシュタインのことを、崖で木の枝にぶら下がっている人に喩えたことがあったと思う。
アインシュタインが「助けてくれー」と叫ぶと、天から神様の声がした。
神様は、「手を放したら助けてやる」と言う。
しかし、アインシュタインは、手を放すことが出来ない。
エンデには、アインシュタインが、そんな者に見えていたのだろう。

ところが、江戸末期の神道家、黒住宗忠が好きだったという、こんなお話がある。
仙人になりたがっていた若い男が、悪い男に、仙人になる方法を教えてやると言われる。
悪い男は、若い男に、高い木に登らせて、枝にぶら下がるように言う。
若い男がその通りにすると、悪い男は、手を放すように言い、それで仙人になれると言う。
もちろん、これは嘘で、悪い男は、若い男を殺すつもりだった。
しかし、若い男は躊躇なく手を放すと、仙人になって飛んでいった。

もう1つだけ、私が子供の時に見た、古いモノクロ映画で、印象深く覚えているシーンがある。
西洋の映画だ。
アパートの高い階のベランダで、幼い男の子が、母親の手にぶら下がっていた。母親が手を放せば、男の子は地上に落下する。
母親は、息子を引っ張り上げることが出来ないが、手が疲れて苦しくなってきていた。
その息子は、自分が地上に落ちることを想像した。
すると、この子の想像の中では、天使がやってきて自分を支え、気持ち良く地上に着地した。
その通りになると信じた息子は、母親に、「ママ、手を放してもいいよ」と明るく言うが、母親は手の疲れに苦しみながらも、そんなことは出来ない。
幸い、映画の主人公っぽい、立派な男性がそれを見つけ、平然とベランダの外に出て、男の子を助けた。

さて、私は今朝、こんな夢を見た。
私は、高い階のマンションのベランダに、別の男と2人でいた(多分、私のマンションではない)。
我々は、スーパーマンになる薬を持っていた(笑)。
まあ、なぜだか分からないが、それを持っていたし、それがスーパーマンになる薬だと知っていた。
すると、部屋の中から、本物のスーパーマンが向かってくるのを感じた、
なぜか、スーパーマンが追いかけてきていることを知っていたのだ。
そして、捕まるとヤバいことも分かっていた。なぜかは知らないがね。
記憶や知識なんて、本当にいい加減なものだと思う(笑)。
もう1人の男は、さっさと薬を飲むと、スーパーマン化して飛んで行った。先に逃げたわけだ。
仕方がないので、私も薬を飲んだ(笑)。
で、もうスーパーマンになったはずだから飛べるはずだが、そのためには、この高いベランダの外に飛び出す必要がある。
ところが、ちょっとは怖かったが、それほどの決意を必要とせず、私はベランダから、飛び出した。
飛べた(笑)。
そしたら、本物のスーパーマンが飛んで追って来る。
どうも、彼とは敵対しているようである。
あっちの方が強いというのではないと思うが、戦うのはシンドそうなので(笑)、とりあえず逃げることにした。
しかし、お互いスーパーマンなので飛行速度は高速であり、すごい曲芸飛行みたいになった。まるで映画だ(笑)。

とにかく私は、夢の中で、それほど躊躇せず、高いところから飛び出し、高速で空も飛べた。
これは、精神が進歩した証と思う。
最近、日常で、かなり辛いことが多いが、それが役に立っているのだろう。
ますます、今この瞬間に生きる中今メソッド(スピリチュアル界隈では、今今メソッドと言う)に励み、思考を消し、パラレルワールドを駆ける男になろうと思う。
良かったら、皆さんもご一緒に・・・








引き寄せの訓練用物語

禅の公案集『無門関』の35則に、『倩女離魂(せんじょりこん)』という面白いお話がある。
簡単に言えば、こんなお話だ。

昔の中国が舞台だ。
倩女(せんじょ)という名の、美少女がいた。
王宙(おうちゅう)という青年が、倩女を嫁にもらおうと、倩女の両親に頼むが、断られた。
落胆した王宙は、その地を離れることを決意し旅立つが、倩女が追ってきて「連れいって」と言い、駆け落ちとなった。
幸い、行き着いた地で王宙は成功し、金持ちになったので、改めて、倩女の両親に会うこととし、倩女を連れて故郷に戻った。
王宙は、今度は自信を持って、倩女の父親に「娘さんを下さい」と言ったが、倩女の父親は怪訝な顔をする。
倩女の父親が王宙に言うには、倩女は、お前が出て行ってから、ずっと病気で寝込んでいるという。
その時、家に倩女が入ってきた。
すると、寝込んでいた方の倩女が起き上がり、倩女を迎えた。
2人はにっこり微笑み合うと、1人になった。

さあ、このお話の意味は何であろう?
これについて、昔から、偉い先生方や、ちっとも偉くない方々が、様々な解釈を、ある者は自信たっぷりに、ある者は控え目に示して見せた。
天才発明家で能力開発指導者の中山正和氏は、素粒子論でもって語ってみせた。
さあ、あなたには、このお話の意味が分かるであろうか?

別に、不思議でも何でもない。
単に、最後に2人の倩女が1人になったというだけのことだ。
このくらい、「なるほど、もっとも」と思わないようでは、引き寄せマスターにはなれない。
そうでないと、あなたの壮大な、あるいは、都合の良い願望が叶うと、本気で信じられないのだ。
だから、こんな物語ですと言われたら、「ああそうですか。良かったですね」としなければならない。

だがまあ、頭が固くて、なかなか納得出来ないようであれば、不本意ながら、1つの種明かしをする。
これで納得しても、だいたいOKだ。引き寄せは出来る。
まず、王宙は旅立つ時、倩女を連れて行って、着いた地で成功することを想像した。
すると、そのようなパラレルワールド(並列宇宙)が誕生した。
そして、王宙は、その世界で生きることに幸福感を感じて同調したので、その世界に移転した。
一方、倩女の方は、王宙を愛してはいたが、駆け落ちするほどの勇気がなく、心を病んで病気になった。
そこで、王宙が生み出した世界と、倩女がいる世界で、別の倩女が存在することとなった。
だが、病気で寝込んでいた倩女は、自分が王宙と共に行ったと想像し、そんな世界に思いを飛ばし、幸せを感じたので、その世界に移転し、2人の倩女は1人になったのである。

このように、パラレルワールドにはどんな世界も存在し、想像出来れば、新しい世界を作ることも出来る。
よって、あなたは自分で好ましい世界を作り、その世界にいることを「幸せだ」「嬉しい」と思うことで同調すれば、もうその世界に移転している。
ただ、固定観念のために、すでにその世界にいることが分からなければ、古い世界を作り続けるのである。

「キャシャーンよ、お前にも永遠の命を与えてやろう」
「ブライキングボス!お前が作った世界など、俺は欲しくはない。俺は俺自身の手で、新しい世界を作ってみせる」
~OVA『キャシャーン』(1993)第4話『復活のキャシャーン』より~








子供の時に使った引き寄せ術

私は昔、風邪をひいて熱があるような時、頭の中に無限の何かが展開されるのを感じた。
無限であるのだから、「気の遠くなるような」とでも言うしかないが、そんな感じのものが精神の中に感じられ、平常時であれば発狂しているかもしれないなと感じたものだ。
それが何かというと、おそらく、無限の数のパラレルワールド(並列宇宙)だ。
ある科学者が喩えていたが、宇宙は、鍋で沸騰している熱湯の泡のように、次々に湧いては消えていくのだ。我々が今いる宇宙も、その泡の1つに過ぎない。
で、なぜ、高熱にうなされている私の頭の中にパラレルワールドの全体みたいなものが見えたのかは分からないが、まあ、いいもの見たなという感じだ(笑)。

パラレルワールドのことは、文章での記述としては、『法華経』や『阿弥陀経』(『浄土三部経』の1つ)に、それ(パラレルワールド)を指していると思える箇所があり、文字で読むと、ひたすら退屈であるが、高熱の時に見たあれを思い出し、「ああ、あれのことか」と分かるのである。
私は、子供の時からそれが見えたが、見えるようになったきっかけは見当がつくので、同じようにやれば、誰でも見えるかもしれない。
ただし、やはり、熱で思考が止まっているような時でないと駄目かもしれない。
だが、その、訓練・・・というのもおかしいが、精神操作の方法は面白いし、引き寄せの精神状態になれる。

それはこうやる。
何かを見るのだが(聴いても、触っても良いと思う)、見るものは何でも良い。
ただ、確かに、何でも良いし、ありふれたものでも良いが、どこか心惹かれる・・・といったものが良いと思う。
なぜかというと、今から、その中に宇宙を見るのだから。
1970年のイギリスのSFテレビドラマ『謎の円盤UFO(原題:UFO)』で、宇宙人と戦う地球防衛軍シャドーの司令官であるストレイカーが、「ここにある埃(ほこり)の中にだって宇宙がある」と言ったようなものなのだ。
それで、何を見るかの話に戻るが、私は子供の時にやったのだが、子供だから、いろんなものが凄く興味深いのである。
例えば、ジャックナイフとか、メダルとか、アボリジニのブーメランとか(誰が持ってる?私は持って売るw)。
まあ、あまり興奮を起こすものでない方が良いのではと思う。
好きな女の子の写真はかなり良いと思ったが、パンツだと駄目だと思う(別に試してはいないがw)。
しかし、実際、不快なものでない限り、何でも良い。
それをじっと見ながら(力む必要はない)、「今、見ている」と思うのだ。
「今、見ている。今、見ている」と何度も心の中で繰り返しながら、じーっと見ると良いと思う。
「今」を付けるのがポイントと思う。
それで、神秘現象とか怪奇現象が起こるのかというと、そうかもしれないが、そこはあまり期待しない方が良い。
私も、自分では、神秘現象だったという自覚がないのだ。
やり方は、本当にいろいろで、心の中で何かを思い浮かべて、それを見ながら「今、見ている」と思ったり、名画でも見ながら、そう思っても良い。
例えば、天使が目の前にいることを想像し、「今、天使を見ている」と思ったりね。
『フランダースの犬』の、ルーベンスの絵を見ているネロに、想像でなり切るという手もある。
猫を撫でながら「今、猫を撫でている」でも良い。
つまるところ、「今」に集中することが大事なのだろう。

そんなことをやっていると、今この瞬間・・・神道でいう「中今」の感覚に慣れて来る。
それは、たとえて言えば、海の深い場所に慣れるようなもので、そうすれば、海の浅い場所(平常時のこと)でのことは、あまりに簡単なので、何をやっても簡単過ぎて、自動的に進んでいくように思えて来る。
つまり、引き寄せ状態になるってことだと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード