ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

パラマハンサ・ヨガナンダ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

神様の唯一のコマンド(命令)

何度か、「思ったことが、当たり前にすぐ実現する」人のことを書いた。
最近、よく書くのは、トーシャ・シルバーの『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』の中にあるものである。
癌で余命3か月を宣告された女性が、淡々と死ぬ準備を進めているうちに、解脱してしまったのだと思われる。
そうしたら、彼女の癌は消滅してしまい、願わなくても、思ったことが勝手に叶うようになった。
彼女は、「以前の私はいなくなった」「私は脇に退いた」と言う。
自我が消えた・・・というより、やはり、「自我が退いた」「自我が変質した」と言う方が正しいと思う。
彼女は、以前の彼女であることも確かだが、以前の彼女と全く違うことも確かなのだ。

彼女のような人間になることが理想であるかもしれない。
解脱したとはいえ、おそらく、彼女に喜怒哀楽がないわけではないと思う。
ある意味、全く普通の人間である。
しかし、やはり、ある意味、普通の人間では全くない。
これを、解脱しているとか、悟りを開いていると言うのだろう。
道元の『正法眼蔵』によれば、やはり、ある意味だろうが、悟りとは、「自己を忘れる」ことである。

まあ、悟りを理屈で考えたり、言葉で説明することは不可能だろう。
とはいえ、上の女性の話だけでも、何となくは分かると思う。
では、もう1つの例・・・彼女とは異なる解脱の仕方をした例がある。
彼女の場合は、「自我を屈服させた」と言えるかもしれない。
自我は死にたくはないが、生きることを諦めるしかない状況に追い込まれ、自我が降参してしまったのだ。

もう1つは、「自我が満足する」ことで解脱した例である。
インドの聖者パラマハンサ・ヨガナンダの師の師であるラヒリ・マハサヤの例だ。
マハサヤは修行が進んでいたが、1つの強い願いを持っていた。
それは、「宮殿のような家に住む」ことだった。
どうしても消せなかった最後の煩悩である。
そこで、マハサヤの師であるマハー・ヴァター・ババジが幻術を使い、マハサヤが望む素晴らしい家を出現させ、マハサヤはその家に一晩住み、それで、マハサヤの自我は満足して解脱したのである。
自我は満足すると退くのである。

心からの夢を叶えて満足する人はいる。
しかし、長い間の夢を叶えたが、その快感が忘れられず、再度、夢を求める人もいる。
だが、そんな人は、本当は、それは真の夢ではなかったのだ。
つまり、偽の夢を、自分の本当の夢だと思っていたのだ。
それなら、偽の夢を忘れて解脱した人もいる。
例えば、釈迦の従弟のアーナンダは16歳の美少女との結婚を控えてルンルンだったが、そんなアーナンダに釈迦は、人間の女など比較にならない美しい天女を見せる。
呆然とするアーナンダに、釈迦は、「アーナンダよ、修行すれば、この天女はお前のものである」と言う。
アーナンダは結婚をやめ、修行に打ち込むが、やがて、天女のことも忘れた。
まあ、アーナンダは、天女を見て、結婚をやめた時に、既に解脱したのかもしれない。

昨年の、初音ミクさんライブ「マジカルミライ2020」で、非常に特異な歌が2つあった。
1つは、初音ミクさんが歌う『命に嫌われている』(カンザキイオリさん作)と、巡音ルカさんが歌う『完全性コンプレックス』(やみくろさん作)だ。
いずれも、言ってみれば「生きる」ことをテーマとするが、現代の世相もあるのだろうが、生きる意義が見いだせずに苦しんでいる歌だ。
そして、苦しむことが分かっていても、共に、「生きよう」と言うのだ。
まあ、それほど前向きな感じではなく、「仕方なく」生きるという感じに思えなくもないが。
世界的な悪評と称賛の両方を得ている、SF作家で自己啓発指導者で新興宗教の教祖でもあるL.ロン.ハバードの『科学の進化』という本に、「人間の脳に与えられた唯一のコマンドは『生きろ』だ」と書かれていたのを興味深く憶えている。
そんなプログラムをしたのは神様だろう。悪魔が後からプログラムしたとは考え難い。

上の、癌で死を宣告された女性は、その唯一のコマンド「生きろ」を果たせなくなった。
ラヒリ・マハサヤは、そのコマンド「生きろ」を実行する意味がなくなった。
アーナンダの場合は、そのコマンド「生きろ」の正体を見破ってしまったのだと思う。

ラマナ・マハルシは、「私は誰か」と問えば、自我は消滅すると言う。
これは、スコットランドの聖者マード・マクドナルド・ベインの師がベインに言ったように、「自我は正体を見破られると消える」という理由によるのだと思われる。
だが、ラメッシ・バルセカールは、それは難しいやり方だと言う。
易しいやり方は、神様に人生を明け渡すことだ。
だがまあ、これも、言うほど易しくない。
だから、命に嫌われていると思っている若者を簡単に救うことは出来ないかもしれない。
だが、必要以上に苦しまないためには、偏見や洗脳を離れた方が良いし、それらは、学校とテレビで叩き込まれたものだ。
そりゃ、学校やテレビから、「偽の生きる目的」を叩きこまれているのだから、苦しいはずだ。
しかし、あまりこれを言うと、闇の支配者に消されるらしい(笑)。

とりあえず、興味が出れば、上でご紹介したトーシャ・シルバーの『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』で、癌で死の宣告をされた女性の話や、五島勉氏の『ノストラダムスの超法則 死活の書』の騎士サンピエールのお話を読むことをお奨めする。
それで、何かを感じることが出来ると思う。








自分が英雄であることを思い出すには

アメリカ最大の賢者、ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、エッセイ『歴史』の中で、極めて重要なアイデアを述べている。
それは、「英雄の物語を読む時は、それは自分の物語であると知れ」だ。
実際に、その通りなのだからだ。
私は、いったい誰を英雄と呼ぶべきか分からないのだが、イエス・キリストなら、その資格は十二分以上にあるので、新約聖書の福音書を読むなら、イエス・キリストという自分の物語を読むのだと自覚すれば良い。
それと似た教えとして、ジョセフ・マーフィーが、「『ヨブ記』(旧約聖書の中の一章)の意味を知りたいと思うなら、昔、自分がそれを書いた時のことを思い出せば良い」と述べている。
つまりね、どう転ぼうが、あなたは、ただ者ではなく、恐るべき存在・・・人類を代表する存在なのである。
そんな馬鹿なと思うのであれば、あなたは、親や学校や世間や社会や国家に洗脳されてしまっているだけである。
無論、自分が英雄だからと言って、得意になるようなことでもないが、静かな自信を持つべきなのである。
パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』で、トラと素手で戦う男タイガー・ババが言っていたように、我々に欠けているものは、冷静な自信である。
まずは、エマーソンが言う通り、英雄の物語を、自分の物語だと自覚して読むと良い。

あるいは、『涼宮ハルヒの憂鬱』を読むと良い。
なぜなら、我々は、涼宮ハルヒなのだからだ。
もっと納得し易い言い方をするなら、我々は、涼宮ハルヒと同じ力を持っている。
願ったことは、いかなることでも現実にしてしまう力だ。
ハルヒは、自覚なく奇跡を起こしてしまう。
彼女がいつでも前向きで気分が良いからだ。
もちろん、時にはハルヒだって落ち込むが、すぐに回復する。
「ハルヒ」というのは、おそらく、『張(は)る霊(ひ)』なのである。
我々もまた、張る(膨張する)霊、膨らむ生命を持っていなければならない。
ハルヒの選択基準は、「面白いか面白くないか」だ。
これも、「楽しいか楽しくないか」「ワクワクするかしないか」「ゾクゾクするかしないか」「ロマンを感じるか感じないか」などと置き換えても良い。
楽しくないこと、ワクワクしないこと、ゾクゾクしないこと、ロマンを感じないことは、決してしてはならない。
ハルヒは、小学6年生の時から、ある事件をきっかけに面白いことを求め続けた。
求めたものは与えられる。
ハルヒは、「面白いことは待ってるだけじゃやってこない」「私が待ってるだけの女じゃないことを世界に教えた」と言ったが、その通りである。
ならば、ガッツポーズをすれば良い。
他に、特に何もする必要もない。したければすれば良いだけである。
そして、いかなる時も決して挫けず、全ては良い方向に向かっていると思うことである。
ハルヒは間違いなくそうなのだ。








良い気分でいれば願いが叶うのは当たり前だと思える話

「気分」とは、「持続的な感情の状態」のことで、英語ではフィーリングだが、英語の方が、その意味にぴったりくるかもしれない。
そして、なぜか、この気分が良い状態(GOOG FEELING)であれば、さらに気分が良くなることが起こり、逆に、気分が悪い状態(BAD FEELING)であれば、さらに気分を悪くさせられることが起こる。
このことで思い出すのが、インドの聖者、ラマナ・マハルシの言葉だ。
「幸福は外側にはない。内側(魂)にある。願い事が叶った時、実は、我々は内なる幸福を楽しんでいるのだ」
我々の存在の核たる魂の本性は至福である。だから、何もなくても、魂に意識を向けさえすれば幸福なのだそうだ。

気分が良いというのは、欲求が満たされている状態を言うのだと思われているが、実は、そうではなく、外部に目がいかず、自己の内部に潜り込んだ状態なのである。
例えば、最高の気分の時は、我を忘れ、周囲で起こっていることすら分からなくなるだろう。
それなら、実は、我々は、いつでも、気分良くいられる。

では、なぜ、気分が良ければ、世界は自分にとって、より嬉しいもの、より楽しいものになるのだろう?
それは、古代哲学で既に言われ、そして、ようやく最新科学でも明らかになりつつあることだが、心が世界を作るのだからだ。
人間が外を見た時(意識した時)、人間の内にいる魔術師が一瞬で世界を作り上げると言った科学者がいた。もちろん、比喩的表現だが、実に正しい。
サルトルも言ったように、小説を読むとは、読んでいる一瞬一瞬に小説を書くという個人的体験である。
当然ながら、絵を見る時は、内なる魔術師が一瞬で絵を描き上げるのである。
音楽を聴いている時は音楽を作っているのであり、コリン・ウィルソンの『フランケンシュタインの城』で、ウィルソンと親しいある人物は、ショパンを聴いている時、自分がショパンなってしまうというが、実は、それは異常なことではなく、ごく自然なことなのであり、そして、気がつかなくても、誰もが同じなのである。

ラマナ・マハルシのような、快楽を否定する無欲を最上とする教えも、引き寄せの法則のように、願望を実現する科学も、実のところ、違うことは言っていない。
例えば、自動車や富を欲しい時には、ラマナ・マハルシの場合は、そういった外部にあるものの虚偽性を暴いて無欲になることを説くだろう。
しかし、引き寄せでは、既に欲しいものを得たと思って、それを得た喜びを味わうと、それが叶うと教える。
イエスは単に、「願いは叶ったと思えば叶う」と言ったが、もっと細かく言うと、この引き寄せの法則のようになるだろう。
インドの聖者パラマハンサ・ヨガナンダの師の師であるラヒリ・マハサヤは、解脱の一歩手前の段階でも、豪邸を強く欲しがっていた。
そこで、師のババジが幻術の力で宮殿のような家を出現させ、これにマハサヤが入って楽しむと、マハサヤは執着から解き放たれ、ついに解脱を果たした。
願望は叶うと、執着が消えるのである。
だが、条件がある。

行動や努力で強引に欲望を叶えると、さらに欲望は強まるのだ。
だから、我々は、イエスが教えたことを基にした引き寄せの法則の通り、願いが既に叶ったと思って、想像でその喜びを味わい、気分を良くすることで、努力なく願いを叶えた方が良いのである。
そうやって何かを得ると、得たものと同じようなものを渇望することはなくなる。
しかし、そうではなく、戦って強引に勝ち取ると、『スター・トレック』でミスター・スポックが言ったようになる。
「どんなに欲しいと思っていたものでも、得てしまえば、さほどでもなくなる(得たものがつまらないものに思える)」
つまり、この場合は、もっと別のものが欲しくなるのだ。そして、次を得たら、さらに強く、別のものが欲しくなるという、欲望の無限の連鎖にはまり込む。
例えば、美女を得れば、もっと上と思える美女を次々に欲しくなるのである。
だから、我々は、無理な行動ではなく、心の力で願いを楽に叶えるべきであると思う。








確信を持てば楽々うまくいく

松本元(まつもとげん。1940-2003)さんという優秀な脳科学者が書いた『愛は脳を活性化する』という素晴らしい本がある。
脳科学者ではあるが、AI(人工知能)の開発に多大な成果を上げた。
その本は1990年代の本だが、機械学習という最新のAIをそれなりに勉強している私が読んでも、古臭さが全くないばかりか、むしろ、機械学習の仕組みを裏付けるような記述が多く、驚くと共に面白い。

この本に、脳は、確信を持つと、それを実現するよう効率良く働くとあるが、それは、確信を持つことで、目標の実現のための回路が脳内に出来ると考えて良いのではと思う。
例えば、人類が(最初にやったのはライト兄弟だが)飛行機を作ることが出来たのは、空を飛ぶ鳥を見て、「この世界は、飛ぶことが可能な世界」であることが分かり、技術さえあれば、飛ぶ機械を作ることが出来ると確信したからだ。

出来ると確信するのと、そうでないのとでは、脳科学的にも効率が全然違うのだと思う。
イギリスのある大学の研究では、人間の60%はコンピュータープログラミングをマスター出来ないらしいが、これは単に、「自分はコンピュータープログラミングをマスター出来る」と確信した人が40%だけだったというだけの話だ。
もし、実験者の80%の人達に「自分はコンピュータープログラミングのマスターが可能」と確信させることが出来たら、80%の人達が出来たことだろう。

パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』に登場した、虎と戦って勝つヨーギ(ヨガ行者)のタイガー・ババが「人々には冷静な自信が欠けている」と言っていたというのが印象的だ。彼は、「虎に勝てる」と確信しているから勝てるのである。
もちろん、妄想の自信では駄目で、彼が言う「冷静な自信」であることが大切である。

ひきこもりが働くのは難しいと言われるが、「自分は社会でやっていくことが出来る」と確信すれば、それは容易いことだ。
重度のひきこもりだった私も、ジョセフ・マーフィーの本を読んで、「手に職はないが、セールスマンなら出来る」と確信し、すぐに才能あるセールスマンと認められ、セールスを始めて1年後に入った会社では、強豪セールスマン達を押しのけてセールス・コンテストで優勝した。
コンピュータープログラミングに関しては、昔のことだから、当時はワープロを打てる人も少ない中で、毎日ワープロ打ちをやらされたおかげで、キーボードに慣れると、それだけで「プログラミングだって出来る」と勘違いかもしれないが確信を持ったから、割と楽々とプログラミングをマスター出来た。
プログラミングをマスター出来ない人は沢山見たが、彼らはやはり「自分にも出来る」という「冷静な自信」・・・確信が欠けているのである。

もちろん、プロ野球選手になれる、大きな会社の社長になれる、売れっ子画家になれるという確信は、なかなか持ち難いし、私も持ったことはないが、楽に高い給料を取れるシステムエンジニアやプログラマーになら、誰だってなれると確信出来ると思う。
だから私は、「誰でもシステムエンジニアやプログラマーになれる」とは言わない。
「確信さえ持てれば、誰でもシステムエンジニアやプログラマーになれる」と言うのである。

なぜ、タイガー・ババが言うように、普通の人々には冷静な自信が欠けているのかというと、親や教師から「お前にロクなことは出来ない」と言われ続けたからだ。
だから、そうでない人、まして、「お前なら出来るよ」と言ってもらえた人は、何でもスイスイ出来るのである。
ドワンゴ創業者の有名な経営者である川上量生さんは「自分は運だけで成功した」と言ってたと思うが、運もあっただろうが、やはり彼は自分はドワンゴを成功させることが出来ると確信していたのだと思う。ある程度は勘違いもあったと思うが、妄想というほどではなかったはずだ。

あなたは、辛い仕事や、低収入の仕事に甘んじる必要はない。
楽しいか、せめて、嫌でない仕事をして、沢山のお金を稼げるのである。
冷静な自信・・・確信さえ持てれば。
だから、それを得るために全力を注ぐべきである。
まずは、私が薦める「EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソッド」に励み、エネルギーを高めると良い。
やることは、初音ミクさんが『えれくとりっく・えんじぇぅ』を歌う時に、胸の前で手を回すのを参考に(あそこまでダイナミックにやらなくて良いが)、胸の前で手を重ね、その手を好きな方向にゆっくり回せば良い。十数秒回したら、逆方向に十数秒回すというふうにやれば効果的であるらしい。
【PS4FT】えれくとりっく・えんじぇぅ【初音ミク:スクール(ディープスカイ)眼鏡なし】PV -YouTube-
ただ、自分に合ったやり方があるので、工夫すると良い。
面倒なら、気がつく度に、胸の前で手を重ねるだけでも良い。
同じことを、額や頭頂でも行うと、さらに良い。
詳しくは、アレクサンダー・ロイド博士(心理学)の『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』を読んでいただきたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

永遠に新しくあるには

人間の値打ちと力を決めるのは、やはり信念かもしれない。

スターウォーズの一番最初の映画だったと思うが、オビ・ワンが、ルークの前で下っ端の兵士をフォースで簡単に操って、こう言ったと思う。
「信念のない者は簡単に操れる」
ところが、パラマハンサ・ヨガナンダの自伝『あるヨギの自叙伝』で、若かった時のヨガナンダの前で、師のスリ・ユクテスワが、やはり同じことをやり、同じことを教えたと思う。
信念のない者は弱く、他人の言いなりだ。

私は今、アニメ『キャシャーンSins』に夢中になっているが、今日「第11話 己の使命のもとに 」を観た。
なぜか、ロボット達のボディーがどんどん腐敗し、滅んでいく世界で、ジンという名の青年型ロボットが全く腐敗しない。
キャシャーンは特別で、腐敗どころか、常に新しくなるし、ロボット犬フレンダーもなぜか腐敗が始まらない。
ところが、キャシャーンが弱っているように見えた時、ジンの仲間達は、キャシャーンを殺すことで、永遠の命を手に入れようとジンに願う。ジンには、その力があると思えたからだ。
だが、ジンは「誰かを犠牲にして助かろうとは思わない」と、それを敢然と拒否した。
その時、1人のロボットが「なぜジンに滅びが始まらない(腐敗しない)のかが解った気がする」と言った。
そうだ、信念のある者に滅びは寄りつかないのだ。
そして、それはフレンダーも同じであると、そのロボットは言った。

信念とは、絶対的に正しいと自分が思う何かを持っていることだ。
確かに、この世に絶対的善などというものは存在しないかもしれない。
だが、善か悪かなど関係なく、絶対に正しいと思う何かは持てるのである。
例えば、「従業員とその家族の生活を保証するのが俺の役目」という絶対的信念を持っている社長が実際にいて、彼が社長を務めている会社は絶対に業績が上がるのである。
我々も、自らの正義を持ち、それを貫かねばならない。そうすれば、永遠に新しい。
もしかしたら、それは古い考えのように思われるかもしれないが、それは太古の昔から、そして、未来永劫変わらぬ生命の法則である。
ただ、その信念は、ゆるい目にした方が良い。
例えば、西洋の騎士であれば女性を敬うだろうが、制限なく敬うことは出来ない。
だから、ある程度ゆるい目に、「女性に対して、すべきこと、すべきでないこと」を決めているのである。
例えば、女性に対して失礼な言動はいけないが、イエス様には悪いが、表情に表れない範囲でエッチなことを考えるのは良いとか・・・(苦笑)。
食に関しても、あまりに厳しい少食粗食の掟はストレスになり、あまり良い結果を生まない。
ちなみに、私の食に関する今の掟は「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」だけであり、しかも、「ただし、親しい人との会食の際はこの限りにあらず」との例外つきだ。

自分が絶対に正しいと思うことを掟にすれば良い。
それを守る限り繁栄することは、釈迦も保証している。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード