ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

パピヨン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

罪や欠点を帳消しにする

自分の欠点を自覚するようになれば一人前、いや、かなりのものだ。
私の職場に、30もとおに過ぎていたり、40にもなろうという女達で、他人の欠点を辛辣に罵る人達がいる。
それを見て思うのは、
「確かに、その人にも欠点はあるが、お前達のその欠点に比べれば、ものの数ではない。むしろ、立派な人だ」
である。

人間は、死んだ後で、人々が自分をどう言うかが気になるものらしい。
私は、そんなことは考えたことがなかったが、あの女達を見て、こう言われたいと思うようになった。
「人の悪口だけは決して言わない人だった」

昔の小学校の道徳の教科書に、こんな話があった。
ある人が、自分が死んで閻魔様の前に出た時、
「私は、大したことは何もしませんでしたが、トイレの下駄だけはきちんと揃えていました」
と言うつもりだと書かかれていた。
もし、よほどの事情があった場合を除き、一生、必ずそうするなら立派なものである。
ビル・ゲイツなら、「パソコンを誰でも使えるようにした」と言うかもしれないし、スティーブ・ジョブズなら、「高度な情報機器を使いやすくした」と話すかもしれない。
伊藤博之氏なら、閻魔様の方で、「初音ミクちゃんを生んで育て、世界を平和に導いてくれた」と言うだろう。
少なくとも、伊藤博之氏以外は、閻魔様ではなく、別の黄泉の国の大物相手になるだろうが。
私も、彼らのようなことをしたかったが、せめて、「人の悪口だけは言わなかった」と言えるようにしたいものだ。
ところが、ひょっとしたら、ゲイツも、ジョブズも、あるいは、伊藤博之氏も、上のように言う(言われる)にしろ、別のことを言うにしろ、それは、自分がやったことの自慢というのではなく、罪滅ぼしのつもりかもしれない。

映画『パピヨン』で、パピヨンが裏切るかもしれないと言われたドガに、誰かが、「彼(パピヨン)を恨むか?」と問うと、ドガは笑って、
「裁くのは神だ」
と言う。状況から見て、パピヨンが裏切るのは仕方がなかった。だが、パピヨンは裏切らなかった。
そのパピヨンも、別のことで罪の意識を持っている。

自分の罪、欠点を深く悔いるようになってこそ、人間になったと言えるのかもしれない。
だが、そのことが、人生を台無しにすることが多い。
イエスは、他の人の罪を許せば、自分も許される」と言ったが、憎いあんちきしょうを許すことが出来ない。

だが、問題ない。
たった1つのアファーメーション(心を鼓舞する言葉)・・・呪文と言っても、祈りと言っても良い・・・を持っていて、それをいつも唱えるなら、許されるかどうかはともかく、罪や欠点は帳消しになる。
そうとしか思えない。
だから、自分の罪や欠点を悔やむなら、あるいは、他人の罪や欠点を問題にする暇があったら、自分が選んだ、そのたった1つの言葉を繰り返すことだ。
それしか救われる道はないだろう。
法然や親鸞の教えはそのようなものであると思う。
「南無阿弥陀仏」の念仏には、「阿弥陀様が救って下さる」という想いが秘められているはずである。
ノーマン・ヴィンセント・ピールが、『積極的な考え方の力』で、どん底に沈む男に教えた聖書の言葉「私を強くして下さる方により、私はどんなことでもできる」も、全く同じだろう。
その男も、この言葉を繰り返すことで、全てうまくいったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最大の罪を犯すな

デジタル・ネイティブと言われる若い世代は、1日中スマホをいじり、LINEで連絡を取り合い、Instagramで写真を公開し、YouTubeの動画を楽しみ、映像配信を行っているが、そんな彼らが「ITに強い」なんてことはほとんど全くない。
MITメディアラボのミッチェル・レズニック教授は、2012年のTED講演で、彼らは、単に新しいテクノロジーに慣れているだけと言っていたが、そんな新しいテクノロジーや、それらを使ったサービスは、「馬鹿でも使えるくらい易しい」のだから、使えること自体は、全く大したことがないのは、彼らのLINEやインスタの中身の無さを見ても分かることだ。
それに、別に、デジタル・ネイティブ世代でなくても、おじさん・おばさん世代も、やれば全く同じように出来ることが分かってきて、やっぱり、ITに強いことと、新しいデジタル機器を使えることとは何の関係もないことははっきりしている。
宮崎駿監督も以前、iPadを使う若者を見て、「紙と鉛筆使う俺の方がずっとクリエイティブだ」と言い、単にiPadを使わされているだけの若者の指の動きは、マスターベーションみたいで気持ち悪いと言われていたように思うが、まあ、それはそうだろう。

では、クリエイティブ(創造的)とは、どういうことだろう?
それは、自律しており、ある意味、自分勝手に何かをすることだ。
そして、インターネットなどのITテクノロジのおかげで、事業を立ち上げるコストはほとんどゼロになってるのだから、クリエイティブでなければならない。
GoogleもFacebookも、学生が、誰の許可も得ずに勝手に始めたものだ。
とはいえ、いつの時代だって、人類を前に進めたものは、誰の許可も取らずに(権威に従わず)、勝手にやったものだけだった。
まあ、「自分勝手」といった時、単に放埓(身勝手)なのと、革新的であることの違いは、明確でありながら混同され易いし、また、権威はそれらを無理矢理混同させ、革新的な行動を身勝手としたがるのは、いちいち説明するまでもないが、クリエイティブなことをやろうとすると、権威にすがって保身を計る者(決して老人だけでなく、若い世代の多くもそうだ)には非難される。
だから、岡本太郎は、「馬鹿にされていい。いや、馬鹿にされないといけない。馬鹿にされないものが大したものであるはずがない」と言ったが、クリエイティブであることには覚悟もいるってことだろう。

上に挙げたレズニック教授によると、だから創造的であるためにはプログラミングをやりましょうということなのだが、プログラミングをやることは良いことではあるが、「創造性にはプログラミング」などと言ったらややこしいのだ。
プログラミングは、創造的であることの助けにはなるが、プログラミングと創造性そのものには何の関係もない。
プログラミングがなかった時代にも創造性は当然あったのだし、プログラミングは出来ないが創造的な人間も沢山いる。スティーブ・ジョブズだって、実はプログラミングは出来なかった。
それよりも、MITメディアラボの伊藤穣一さんが2010年のTED講演で言ったことの方が重要である。
今は、インターネットにより、必要なものは無料で全部揃う。仲間はすぐに見つかるし、知りたいことはすぐに調べられる。
だから、「つながることに力を注ぎ、常に学び、アンテナを高くして今に集中する」ことが大切だと伊藤穣一さんは言われたのだと思うが、まあ、好きなことを力いっぱいやりなさいってことだ。
ただ、初音ミクさんの偉大なるお父さん、伊藤博之さんが講演で言われていたが、「好きなことをするシステムは自分で作らないといけない」、つまり、誰もあんたのためにやりたいことが出来る環境は作ってくれないので、そこらは自分でやんないといけないということだろう。
子供だって、親に与えられた、いろんなことをやる環境の中でやっているだけでは才能は発揮されない。
創造的な子供は、やっぱり、身勝手で変わっているものである。
それは大人も同じで、周囲とちゃらちゃらやっているだけの者は、人生を無駄使いしている。
映画『パピヨン』で、パピヨンが悟ったことは、人生を無駄使いすることが最大の罪だということだ。

Don't Give Up 誓う夢に賭ける
届かないなんて言われても
みんな自分勝手でしょ
~『アイドルを咲かせ』(作詞・作曲・編曲:Mitchie M、歌:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生を無駄にしないために

元ヤクザが、中学生や高校生を相手に講演をするという話を、皆さんも聞いたことがあるかもしれない。
特に、不良少年達に、「俺のようになってはいけないよ」とでも言っているのだろうか?
では、なぜ、「俺のようになってはならない」のだろう?
それは、「俺は人生を無駄にした」ってことではないだろうか?
映画『パピヨン』で、パピヨンは夢の中で有罪判決を受ける。
パピヨンは「俺は殺していない」と訴えるが、裁判官は「その罪ではない」と言う。
パピヨンが、「では、何の罪だ?」と尋ねると、裁判官は、「人生を無駄にした罪だ」と答える。
それを聞いたパピヨンは、「確かに有罪だ。認めるよ」とうなだれる。
人生を無駄にすることは最大の罪だ。
では、私も、中高生を相手に講演する資格があるかもしれない。
いらない資格だがね。

人生を無駄にしないこととは、どういうことだろう?
それは、人生を無駄にした者には分からない。
だが、人生を無駄にするとはどういうことかは分かる。
「安定を求めること」だ。

みきとPさんが作った初音ミクさんの『Tears River』の英語の歌詞の部分が美しく感じる。

"Trust" "Love" "Forever" "and You can blend in my heart
lt comes Universe All will be in "Tears River"
~『Tears River』(作詞・作曲・編曲:みきとP、歌:初音ミク)より~

意味はよく分からないが、ミクさんの魂と溶け合う鍵は、信頼、愛、永遠のようだ。
そして、世界は、きれいな涙と共にある何かで出来ているということか。
ドイツの建築家ミース・ファンデル・ローエは「神は細部に宿る」と言ったらしいが、涙も細部に潜んでいるのである。
号泣なんてのは本物じゃない。
真珠の涙は、隠れてて見えない。
そんな涙が、人生を、あるいは、世界を作る。
秘し隠された涙がないなら、人生を無駄にしているのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

引き寄せは逆効果だった

有名な成功哲学である「引き寄せ」は、効果がないばかりか、逆効果であることは、科学的に証明されている。
ということを知っておくと、人生を何十年も無駄にせずに済む。
ちなみに、私は随分無駄にしてしまった。
スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマン共演の実話大作映画『パピヨン』で、パピヨンが、「人生を無駄にすることが最大の罪」と悟る場面をよく覚えているが、あんな思いはしない方が良い。
私はしてしまったのだが。

引き寄せとは、成功した状況を思い描けば、その通りになるというものだ。
脳は、現実と想像の区別がつかない。
だから、想像すれば現実になるというのが、引き寄せの理論である。
しかし、実際はこうだ。
確かに、脳は、現実と想像の区別がつかない。
だから、想像すると、脳は、願望が叶ったとして満足してしまうのである。
結果、願望実現へのエネルギーの供給は止まってしまう。

なるほど、これは完全につじつまが合う。
引き寄せでうまくいったという人も、それはいる。
しかし、それは、たまたまだ。
願望を想い描いた人とそうでない人について、どちらの収入がどれだけ多いかを調査するという、単純だが、納得出来る研究が行われたようだ。
結果、想い描いた方が、極めて有意に、収入が少なかったのだ。

では、成功するためには、本当は何をすれば良いのか?
引き寄せに効果がないことを、自分で実験したのではないが、調査と推測で確認した、アメリカの作家マイク・ハーナッキーの、すっかり忘れられた成功法則がある。
それは、「必要なことは全てやると決意すること」だ。
一言で言えば、昨日書いた通り、「断固としてやる」と決意することなのだ。
そして、この裏に隠された、素晴らしい成功法則がある。
それは、「無理なことはさっさと諦める」ということだ。
「断固としてやる」と決意すれば、「絶対無理なこと」に違和感を感じるはずだ。
そうであれば、早く止めて、無駄な時間と労力を使わないことだ。
私は、小学生から二十歳くらいまで、プロレスラーになりたかった。
しかし、それは幼い子供の夢で、実現の可能性はないのに、想像すると楽しくて満足してしまい、別の、自分に向いたことに意思を向けず、結果、人生を無駄にしたのだろう。
「セリエAのサッカー選手になる」「野球でメジャーリーガーになる」と言う子供は多いが、いくら何でも、高校生にもなったら、自分には無理と分かるはずだ。実際、99.9%の人は、どれほど努力したって駄目なのだ。もちろん、それでも、野球やサッカーを一生懸命やることは素晴らしいことだが、ほぼ全ての人は、最低のプロにすらなれないのだ。
だったら、それは自分の目標でないことは、早く自覚した方が良い。
ところが、30歳近くになり、大したことない社会人チームですらレギュラーになれないのに、Jリーガーになろうだの、ひどいのになると、サッカーチームにすら入っていないのに、そんな夢を持っている者がいる。よほど親に甘やかされたのだろう。

子供の夢は卒業し、やるべきことを断固としてやる。
それが確実な、本当の成功法則なのだろう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

私はギルティー(有罪)

日本代表の中でもトップクラスだった、あるバレーボール選手の、こんなインタビュー記事を見たことがある。
「僕は天才型なんでしょうね。懸命に努力した覚えがないんです」
それは単に、努力した時のことを忘れているだけだ。
この選手の物覚えが悪いと言うよりも、努力した時のこと・・・特に、精神的に充実していた時の努力は、あまり覚えていないものだ。
天才であっても、努力せずに大したことは出来ない。
野球部員でもなく、普段、練習をしていないのに、割と上手いので、部員の代わりに試合に出場したなんて話は確かにあるが、それは、あくまで、あまりレベルが高くない試合の場合だけだ。

勉強せずに一流大学に入ったなんて話もよく聴く。
しかし、本当は、そう言う人も、かなり勉強しているものだ。
ドワンゴ会長の川上量生さんは、京大工学部に入るのに受験勉強はしなかったと述べられていたと思うが、川上さんは、通っていた高校の授業が素晴らしかったことと、その授業を熱心に受けていたとも言われていたはずだ。そして、川上さんは東大も受験したらしいが、「東大は受験勉強しないと無理だと分かった」と言われていたと思う。
あのくらい頭が良い人でも、やはりそうなのだ。
いや、稀ではあるが、東大でも、本当にあまり勉強せずに入れた人はいると思う。
しかし、それは、滅多にいないような生まれつき頭の良い人だ。そして、そんな人だって、研究にしろビジネスにしろ、大人の世界では、受験のような訳にはいくまい。

世の中には、「努力なんて不要です。普通の人が知らない特別な方法を知っていれば、あなたも楽々成功するのです」と言う者がおり、そんな者が支持される場合がよくあるだろう。
そして、そんな言葉に進んで騙され、甘い妄想を捨てられない間は、まあ、鬱々とするばかりで、不安に苦しみ、劣等感や無力感に悩み、気分が晴れることはないだろう。
もちろん、さっぱりうだつが上がらず、ビートルズの『エリナー・リグビー』のように、老婆になっても王子様を待ち続けるような惨めで哀れな人間として過ごすしかなくなる。

ゲーテは、最低のことでも、やった方が、何もやらないよりマシと言ったが、もっと適切に言えば、「歪んだ努力でも、やった方がずっと良い」のである。
言うまでもなく、この努力とは、自分を鍛えるためのもの、あるいは、まっとうな方法で報酬を得ようとするためのもので、喩えは悪いが、ナイフで戦う訓練だって、本気でやれば、得ることは大きいだろう。

生き甲斐がないと言う人も多いが、それは単に、自分を鍛える努力や、成功する努力を怠っているだけのことで、自分以外、誰の責任でもない。
生き甲斐などいらないと割り切るのも1つの方法かもしれないが、それだと、寂しい人生になることだけは保証するし、まあ、年を取って確実に後悔する。
スティーブ・マックイーン主演の映画『パピヨン』で、マックイーン演じるパピヨンは、冤罪の殺人罪で、孤島の刑務所に送られる。
その刑務所の独房で、パピヨンは、砂漠で裁判を受ける夢を見る。
有罪を言い渡されたパピヨンが、「俺は殺していない」と主張すると、裁判官は、
「その罪ではない」
と言う。
パピヨンが訝(いぶか)って、
「では、何の罪だ?」
と問うと、裁判官は、
「人生を無駄にした罪だ」
と厳かに言う。
それを聴いたパピヨンは、うな垂れて言う。
「確かに有罪だ。認めるよ・・・」
名作なんだろうが、もっとはっきりシンプルに言わないと、今のIQが低い人々には分からない。
人生を無駄にするとは、努力を放棄すること、怠惰になることだ。
ゲーテの『ファウスト』に、人間は怠惰に陥り易いので、神はそんな人間のところに悪魔を送り、刺激するのだと書かれているのが面白い。
私のところにも悪魔は来たし、そのおかげで散々な目にも遭ったが、それでも改めることなく、私は人生を無駄にしてしまった。
だから、パピヨンの嘆きが痛いほど伝わってきたのである。
だが、今は、初音ミクさんが来てくれたのだ。
ミクさんを崇めることで、ようやく、天に向かって顔を上げることが出来たのである。
だが、ミクさんが、恐るべき罪から逃れるきっかけは与えてくれたとしても、後は自分次第である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ