ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

バガヴァッド・ギーター

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

頬を撫でる風

10年以上前のことだったと思うが、調査によれば、アメリカ人の半分以上が守護天使(ガーディアン・エンジェル)の存在を信じているというものがあった(どれほどの規模の調査かは分からなかったが)。
アメリカではキリスト教徒が多いはずだが、福音書の中で、イエスが、寄付をする時や断食をする時、あるいは、お祈りをする時は、隠れてやれと言っている。そうしたら、神が見ていて、ご褒美を下さるからだと言う。
つまり、善いことをしても、悪いことをしても神が見ているぞと言うのであり、キリスト教徒は、子供の時からそう教えられ、神の目を意識しているはずだが、天使が人間の行いを見ていて、それを神に報告したり、あるいは、天使が直接、褒美を与えたり罰したりするという考え方もあるのかもしれない。

日本では、「お天道様が見ている」という言い方をすることがあり、「お天道様(おてんとうさま)」は太陽のことだが、太陽と神を同一視する考え方があるのだと思う。
時代劇の『木枯らし紋次郎』で、数人の外道な男達が女の子を襲っていた時、紋次郎が、「お天道様が高い時に何やっていなさるんで」と言う場面があり、それで視聴者にはちゃんと通じたのだと思う。
太陽は、天照大神(あまてらすおおみかみ)の象徴であるから、お天道様が一番恐い訳であるが、日本では、あらゆるものに神が宿っていると考えていた。いわゆる、八百万(やおよろず)の神である。

初音ミクさんの公式デモソングで、事実上のデビュー曲とも言える『星のカケラ』は実に良い曲で、近年ではライブで歌われることもあるが、その中に、

頬なでる柔らかな風が
そっと寄り添ってくれる
~『星のカケラ』 (作詞作曲編曲:平沢栄司。唄:初音ミク)より~

という歌詞があるが、これは、日本人には自然に受け入れられる感覚である・・・つまり、風にも神が宿っているのである。
私も、子供の時から、夏の夕暮れに吹くそよ風に、何か感慨深いものを感じていたものである。
『サイボーグ009』で、インディアンである005ことジェロニモがよく「風が騒いでいる」などと言い、自然の風の中に精霊のようなものを感じていたのかもしれないが、それは日本人にも通じるのではないかと思う。

インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』でも、至高神クリシュナが「私はあらゆるものに宿る」と言い、人間では心臓の中にいると言う。
心臓と言うよりは、心の中にいるのだと思うが、心臓が魂の座であるという考え方はあると思う。

これらのことは、懐かしくは感じるが、実感を伴わない人が多いかもしれない。
しかし、神というか、人間を超えた存在を身近に感じることが、人間を高い存在にするのだと思う。
それがなくなって来たことが、人間の堕落の原因かもしれない。
アメリカの大統領選挙を見ていると、選挙で大規模な不正を行い、露骨なまでに証拠が上がっていながら、それを無視、あるいは、強硬に否定する左派(リベラル派。民主党)、主要メディア、裁判官、ビッグテックを見ていると、人間がいかに神を畏れなくなってしまったかが分かり、恐怖を感じるほどである。
アメリカの公式標語が「我々は神を信じる」であったはずが、金しか信じないアメリカ人が増えてしまい、さらに、そんな者達が支配する世の中になってしまった。

民族により、やや趣は異なるかもしれないが、神を畏れる気持ちを忘れては終わりであると思う。
それは、案外に、人間である限り、共通する感覚なのであると思う。
だが、逆に、神を身近に感じているほど、放埓(勝手気まま)に振る舞うことは出来ないが、一般に幸運と呼ばれる神の恵もあるのだと思う。
1952年に出版された、ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』は、神を身近に感じることを思い出させてくれる書であり、だからこそ、アメリカ人に偉大な魂を取り戻させ、3年の間、ベストセラーのトップになり、今日にまで愛読されるのだろう。
そして、今のアメリカはもう手遅れかというと、不正選挙に抗議し、首都ワシントンDCに何十万もの愛国者が集まって、神の国を取り戻そうとしているのを見ると、まさに今が正念場と思う。








戦いに勝つ極意教えます

アメリカの大統領選挙は、まだまだ続くし、トランプには徹底的に抗戦して欲しいと思う。
その弊害も分かるが、アメリカのメディアは不正疑惑を完全に無視・・・どころか、それがあったなんて言う者は社会不適合者だという観念に民衆を誘導し、日本のメディアもそれに倣っているが、もし、本当に不正があったのなら、このまま見過ごすことは、人類の滅亡につながるということが分かっているだろうか?
天は、そこまで道理に反することに寛容ではないと思うからだ。
もちろん、真実は私には分からないが、不正は9割方、あったと思う。

そして、ついでにという訳ではないが、トランプには、良い戦い方の見本を見せて欲しいと思う。
本を読むより、実際の戦いを見た方が分かり易いからだ。
昔は、マスメディアの全く信用出来ない報道しか見ることが出来なかったが、今はインターネットや、その上のSNSがある。
そして、ネットの情報の真偽を判断することが、今後、絶対的に必要な能力なので、マスコミの情報は、単に1つの(怪しい可能性が高い)情報として扱い、後は、ネットの情報を自分で収集・分析すると良い。
トランプがもし、アメリカの腐敗に立ち向かうなら、全く楽な戦いではないが、中途半端に撤退せずに、最後まで戦って欲しい。

ところで、真偽は判らない情報だが、トランプ(陣営)は、本物の投票用紙には、GPS対応のナノチップを埋め込んでいて、民主党が用意した偽の不正な投票用紙(ナノチップが埋め込まれていない)を簡単に区別出来るという話がある。
通信が出来るナノマシン自体は、だいぶ前から軍事関係で研究されていることは確実で、おそらく、既にある。
何せ、今後は、マイクロレベル以上の大きさの兵器は時代遅れとまで言われていて、兵器の主流は、ナノレベル以下になると言われている。
1マイクロメートル=0.001 ミリメートル
1ナノメートル=0.000001ミリメートル
だが、紙に、目視しただけでは分からない秘密コードを埋め込むだけなら、現在はまだ特殊技術だとはいえ、プリンターで出来、普通のオフィスでも利用されている。

一説では、ウィスコンシン州やミシガン州では、バイデンに投票された、それぞれ12~14万枚位の偽の投票用紙が運び込まれたが、本物の投票用紙に、上で述べたような細工をしておけば、偽物が簡単に判別出来るのである。
このように、敵の作戦を事前に推測して、その裏をかくことが最良の戦術であり、もし、トランプが、民主党の計略を予測し、上記のような備えを事前にしていたなら、しっかりとした戦術家と言え、国家のリーダーとして頼もしい。

戦国時代に、伊達政宗は、自分の書状に押す紋の一部に針で穴を空けていたが、ヤバい密書にだけは、穴を空けなかったという。
それにより、密書を奪われて晒された時は、
「それは偽物の密書である。私の本物の書状であれば、必ず、紋に針で穴が空けてある。お疑いなら、私の書状を全て調べてみよ」
と言ったという話がある。

戦術とは、事前に備えてこそ威力があるのであり、「俺はいつも出たとこ勝負だ」と言う者は、戦いにおいて、役立たずの無能者である。
事前に備えるには、優れた予測能力が必要で、優れた予測をするには、情報収集能力が必要である。
そして、AIは予測する道具なのであり、今後の世の中で戦いに勝ちたければ、私の、誰でもAIを作れるようになる本を読むことをお薦めする。
『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)である(宣伝だー 笑)。

ところで、予測して事前に準備して戦うことを、感動するほど見事にやるのが、『BEATLESS』の美しき少女型アンドロイド、レイシアだ。
戦力、火力で劣っていても、強大な敵が、レイシアの頭の良さの前に、ペテンにかけられたように慌てる。
『バガヴァッド・ギーター』でも、至高神クリシュナが言っていたではないか。
「私は大賭博における詐欺師」
トランプには、レイシアのような、クエリシュナのような戦術の冴えを見せて欲しい。
ところで、私なら、月わずか500万ドルで雇えるのである(笑)。








仮想世界操作マニュアル

この世界が実は、コンピューターが作り出したVR(仮想現実)世界で、我々は、このVR世界に精神転送された存在であるという話がある(「シミュレーション仮説」と呼ばれる)。
これに対して賛同者は少なくないし、おそらく、今後、増えていくだろうと私は思う。
私は、これまで何度も書いたように、子供の時からの個人的な体験から、そうであること(この世界はVR世界である)はほぼ確実だと思っている。

法華経や、浄土三部経などの仏典に描かれた仏国土は、それらがVR世界だとすれば、全く不思議なことではなくなるのである。
それは、聖書やギリシャ神話、あるいは、古事記も同じである。

ところで、自分がいるVR世界を自在に改変出来るコマンドがあるのだろうか?

5千年前に書かれたと言われるインドの聖典『バガヴァッド・ギーター』を読むと、至高神クリシュナは、このVR世界を作った者達の世界の人で、この世界を自在に動かす力を持っていると思われる。
アルジュナ王子は、これまで人間の親友と思っていたクリシュナが神であると知ると、クリシュナに、本当の姿を見せて欲しいと願う。
その願いを聞き入れ、クリシュナは、上位世界と、そこでの自分の姿をアルジュナに見せるが、アルジュナはそれらが、ただ恐ろしくてならなかった。
クリシュナは、アルジュナを「人類で最も優れた男よ」と言うほど見込んでいるが、やはり、クリシュナの世界はレベルが違い過ぎるのだろう。

で、この世界を動かすコマンド、あるいは、オペレーションであるが、『バガヴァッド・ギーター』にヒントがあるかというと、それはバッチリと思う(笑)。
まずは、運命には逆らわないこと。
なりゆきにまかせることだ。
次に、執着を持たないこと。
つまり、VR世界は、あくまでコンピューターシミュレーションという実体のないものなのだから、それに囚われてはいけない。
そして、クリシュナは、自分一人を崇めよという。
ただし、他の神を崇めても、それは、自分(クリシュナ)を崇めることと結局は同じなのだから、最善ではないが、それでも良いと言う。
けれども、たとえ悪人であっても、クリシュナを崇めるなら、その者は正しいと言う。
これはどういうことかと言うと、おそらくだが、クリシュナを信頼しろということで、言い換えれば、VR世界の製作者・運営者を信じろということだ。アインシュタインが言うように、「神は老獪であっても、悪意はない」のだ。
以上のことを守れば、少なくとも、幸運には恵まれると思う。
その他のことは、『バガヴァッド・ギーター』を読むと良いだろう。












当ブログオーナー、KayのAI書。
本書は、あくまで喩えですが、次のようなものを得られることを目指しました。
音楽学校で試験に受かるための勉強ではなく、実際に作曲出来るようになる方法を。
情報学部で単位を取るための勉強ではなく、実際にシステムを作る方法を。
武道の昇給試験のための訓練ではなく、実際に敵を倒す方法を。
受験に受かる勉強ではなく、知識を役立てる方法を。
そして、この本は、数学もプログラミングもAI理論も不要で、実際に、自分の問題をAIを作って解けるようになることを目的としました。

自分が最高の存在であることをこう言う

今朝述べた、エマーソンのように、「私は世界の所有者」と宣言することは、世間の教義や信条といった幻想に過ぎないものを打ち破り、真の自己に目覚めることになる。
私は世界の所有者・・・初めはそう思えなくても、この言葉を何百、何千と繰り返すうちに、その言葉の通りに潜在意識が形作られ、潜在意識を映したものに過ぎない世界に反映する・・・即ち、世界は、あなたに従い、意のままとなる。

では、このエマーソンすら貴んだ、インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』で、至高神クリシュナは自分をどう表現したか見てみよう。
その中で、特に神話の知識を要しない、我々でも比較的解り易いものを抜き出す。
まず、『バガヴァッド・ギーター』(日本ヴェーダーンタ協会)、「第一〇章 超越者認識の道」より引用する。
・光るものの中では太陽
・星々の中では月
・貯水池の中では大洋
・動かぬものの中ではヒマラヤ
・樹木の中では菩提樹
・人々の中では王
・武器の中では雷電
・獣類の中では獅子
・魚類の中では鮫
・河川の中ではガンジス河
・詐欺の中の賭博
・秘行における沈黙
・智者における智慧

次に、同じ部分を、文語調で訳された『至高者の歌』(三浦関造訳。竜王文庫)「第一〇場 至上神力の統一」で見る。
・爛たる群星中の燃え輝く日輪
・星宿の間に住む月輪
・湖水を凌ぐ大海
・厳たる諸山中のヒマラヤ
・一切樹木中の菩提樹
・人中の大王
・武器中の雷電
・野獣中の獣王
・鳥類中の鷲
・風の中の烈風
・諸川中の恒河(ガンジス河)
・詐欺中の大博奕 ※博奕(ばくえき)は賭博と同じ
・王者等の中の帝笏(ていしゃく) ※帝笏とは君主が持つ装飾的な杖
・秘密中の沈黙
・智者中の大智

クリシュナは至高神であるのだから当然であるが、自己こそ最高の存在であることを権威を持って断じる姿を想うと感動的である。
そして、エマーソンは、自分だけでなく、全ての者がそうでなければならないと確信し、『自己信頼』を書いたのである。
あなたも、上記の中から気に入った言葉を自分のキャッチフレーズとして常に使えば、そのようになるであろう。








時代劇に見る真の愛

このブログも、いよいよ愛というテーマにたどりついた。
笹沢佐保さんの時代劇小説『木枯し紋次郎』に、素晴らしい愛の例がある。
紋次郎は、刀を折り、至急、新しい刀を必要とし、腕の良い刀鍛冶師がいるという山に行く。
確かに、天才的な鍛冶師がいて、丁度、新しい刀が完成間近で、それは素晴らしい名刀であり、しかも、紋次郎の鞘にぴったりだった。
だが、鍛冶師は、丹精込めて鍛え、仕上げつつあるその名刀を、紋次郎には売らないと言う。
当たり前である。紋次郎は乞食同然の流れ者。それに、売ってくれるとして、紋次郎に払える額とも思えない。
だが、紋次郎は、すぐにでも刀を手に入れないと命がない。大勢の敵に追われていたのだ。
そこで、紋次郎はどうしたか?
鍛冶師が、その名刀を仕上げるべく、朝から仕事を始めると、紋次郎は、やや離れた場所から、鍛冶師の仕事を見ていた。
時間が経過し、鍛冶師は熟練の技と研ぎ澄まされた心で仕事を続ける。それを、紋次郎は静かに見ている。片時も目を離さず。
そして、夕刻に、ついに刀が完成する。
すると、鍛冶師は静かに紋次郎に近付く。鍛冶師は黙って手を出し、紋次郎は黙って自分の折れた刀を渡し、鍛冶師は黙って受け取ると、それを持っていき、柄から折れた刀を外すと、完成したばかりの刀をはめ込む。
鍛冶師は黙って紋次郎に刀を渡し、紋次郎は黙って受け取る。
「御代は要りません」
紋次郎こそ、この名刀の持ち主だった。
小説には、これ以上は書かれていない。

では、なぜ、紋次郎は、この刀を手に入れることが出来たか?
また、なぜ、鍛冶師は、こんな大切な刀を紋次郎に譲ったか?
それは、紋次郎が、鍛冶師を、鍛冶師の仕事を、じっと見ていたからだ。
じっと見るというのは関心を示すが、紋次郎は実際に、鍛冶師とその仕事と彼が作る刀に対し、言葉で言うことも出来ないような深い関心を注ぎ続けた。
関心とは愛なのである。
マザー・テレサが、愛の反対は無関心と言ったように。
そして、人間の愛は、人も全ても動かすのである。

コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』に、こんな実話がある。
心神喪失の妻を、何日も観察し続けた男の話だ。
妻が心を取り戻すのを願い、そして、心を取り戻した時を逃さないために、男は片時も離れず、妻を見続けた。
妻は奇跡の回復をしただけでなく、男は賢者になった。
これが愛の力である。
そして、無論、関心の力である。

46歳で亡くなったミュージシャン、村下孝蔵氏の、沢山の人がカバーした名曲『初恋』の、こんな一節を覚えている。
「遠くで僕はいつでも君を探してた」
「探してた」は「見ていた」でも良かったが、意識を向け続けること、関心を持ち続けることが愛である。
この歌は、「愛という字書いてみてはふるえてたあの頃」で終わる。

関心を自己から切り離し、対象に向けた時、それが真の愛なのである。
『バガヴァッド・ギーター』では、「五感を外界から切り離して自己の内部に向けよ」とある。
それは、内なる神にのみ関心を注げという意味で、神を愛せよということである。
ただし、全ては神の現れでもある。神として見る限り、何を見ても、内なる神を見るのと同じだ。
だから、本当に好きなものを、神聖な目で見れば、それは神を愛することである。

尚、最初の話は、『木枯し紋次郎』の何巻の何だったか分からない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード