ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

バガヴァッド・ギーター

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

勝利への3つの道

悪霊にとり憑かれなければ不幸にならず、掟を守れば繁栄し、専念すれば偉大になる。
これだけ分かれば、いかなる人生の指南書も必要ない。

この3つは実は1つだ。
悪霊にとり憑かれなければ、自ずと何かの掟を守り、自分の道に専念する。
掟を守れば、悪霊にとり憑かれず、何かに専念するようになる。
自分の道に熱心に励む者に悪霊はとり憑くことが出来ず、自然に何かの掟を守っている。

おそらく、ほとんどの人間が、多少は悪霊にとり憑かれていて、少なくとも8割の者は、それが深刻で危険なレベルだ。
とはいえ、「ええ、私も悪霊にとり憑かれているんでしょうね」なんてボケたことを言っていてはいけない。
悪霊は断固、追い出さねばならない。
まず、背筋を伸ばす人間に悪霊はとり憑かない。
だが、だらしなく腰を前にずらして座る者は、例外なく悪霊の臭いがプンプンする。
蹲踞の姿勢をビシリと決めれば悪霊は逃げるが、相撲や剣道でもやっていないと、そんなことはほとんど誰もしない。
そして、道場では蹲踞をする人でも、普段、姿勢が悪いと、悪霊はすぐに戻って来る。
前向きで、明るく、笑みを絶やさない、親切な人には、当然、悪霊はとり憑くことが出来ないが、心が闇に陥った途端に悪霊が入り込み、後ろ向きなことや暗いことを考えるようになり、不機嫌な顔になって老化していく。
向上心を持って努力する者を悪霊は嫌って寄って来ないが、その目的が邪まであれば、悪霊は喜んでやって来る。
厄介なのが、男であれば、妻やちゃんとした彼女がいながら、別の女性に心奪われることがよくあるが、それが強くなると悪霊にとり憑かれ、救いようのない浮気性になり、身も滅ぼす。

本当に好きなものを諦める裁ち物は、偉大な成功者にはよく実践されたが、それは偉大な掟であり、悪霊を寄せ付けず、高貴な目的に専念する力を与える。
たとえば、酒が好きでたまらないのに、断酒は無理でも、10杯以上飲みたいところを2杯にするとか、英雄の中にはロリコンもいた(というより多かった)が、少女を本当に敬うことで無敵だった。
あるいは、テッド・ウィリズムズやイチローが、持てる時間の全てを野球に注ぎ込んだように、多くの時間を目標のために使う者は、やがては大きな力を得る。

悪霊を退かせ、掟を守り、何かに専念する。
それが神に至る三位一体の法である。
誰にも言わずに常に念仏を唱えたり、聖書やバガヴァッド・ギーターを常に読んでいる者に悪霊は手出しが出来ないので、必ず強くなれるだろう。
科学的に言えば、悪霊も善霊も波動的性質の異なるエネルギーの流れである。そのコントロールが魔法なのであり、秘儀であるのだ。
宗教的に思えることも、そう考えれば受け入れ安い場合もあるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ライブ前はおにぎりよりケーキ

人間として理想的なことは「謙虚であって卑屈でない」ことだと思う。
もちろん、最も愚かな人間は「傲慢で卑屈」なのだが、これを抜け出すのが難しい。

進歩の段階としては、
「傲慢で卑屈」→「傲慢で卑屈でない」→「謙虚で卑屈でない」
であると思う。

イエスがこんなことを言ったらしい。
「私は戒律を守り、収入の1割を献金し、週2度断食している」と言って胸を張る者は天国に相応しくない。
しかし、「主よ、罪人である私を憐れんで下さい」と言う者は天国に相応しい。
これは、親鸞の「善人でさえ極楽浄土に行けるのだから、悪人が行けないはずがない」と言うのと同じだと思う。
親鸞は、「自分は修行などロクに出来ない駄目駄目なやつ」と言っているのだが、これを普通の人が真似ると、卑屈に陥ってしまい、怠惰になってしまう。
ここらは本当に難しい。

「傲慢で卑屈」から「傲慢で卑屈でない」に進むには、何らかの実力が必要で、そのためには、修行し、実戦で磨かないといけない。
『バガヴァッド・ギーター』のアルジュナが歴戦の勇者であるようにだ。
サッカーの本田圭佑さんなんて、少々傲慢に見えるが、卑屈ではない。若い間の1つの理想的な姿に見えるのは、やはり実力があるからだろう。

「私は駄目なんです」と、一見謙虚そうにしている者が醜悪に見えることがよくある。そんな者は、弱い立場の者に対して物凄く傲慢である。
そんな者は、実力がなく、人に優るものが何も無いので自信がないのだ。
つまり、謙虚ぶったって、実力がないと駄目なのだ。
だが、ほんの少し力がついたところで傲慢になるのだから人間はややこしいが、それは実力というほどのものではない。
なぜなら、本当の実力らしきものがついてくると、自分の力量の小ささがやっと分かり、少し謙虚になって向上心を持つからだ。

で、どうすればいいかというと、これはもう分からんのだ(笑)。
お手上げである。
しかし、3つの方法が浮かぶ。
(1)ひたすら念仏を唱える。これは、『バガヴァッド・ギーター』を読む、『聖書』を読む、肛門を締めるでも何でも良い。なにか1つ行をやりなさいって意味だ。ただ、『歎異抄』を読んでの念仏の威力は大きい。
(2)Excel VBAを磨きに磨く。別に、PHPでもPythonでもCでもAccess VBAでも、早い話が何でも良いが、Excel VBAは取り組み易く即座に役に立つ。プログラミングでなくても良い。まあ、若い人はJavaScriptかPythonをやれば良いと思う。
(3)沈黙する。まあ、必要なことだけは喋れば良いが。

ところで、私はなぜか、「マジカルミライ2018」グッズの事前通販を逃してしまった。
例年より時期が早かったので、なぜか、次の通販があると思い込み、分かっていながらスルーしてしまった。
アホである。嘆いている(笑)。
もう6月も終わりだということが実感出来ていないのかもしれない。暑くないせいだと思う。
既に在庫切れのペンライトは、昨年のと全く同じだと思うので、フィルムだけ買ったので、フィルムを入れ替えて昨年ので使えると思う。
同じく在庫切れのマフラータオルだが、実は私は、あれはコンサートに向かないと思うのだ。首にかけていると、時々落ちてしまう。
「マジカルミライ2016」と「マジカルミライ2017」のマフラータオルがそれぞれ1つ、未開封で残っているので、一応、汗拭きのために持っていくか。
でも、私は、マジカルミライで、動きは激しい方だと思うが、あまり汗をかいた覚えがない。水もほとんど飲まない。
私はコンサートの前は食事はせず、ケーキなど、甘いものを食べてく。すると、それが良いエネルギーになる。
オペラ歌手の秋川雅史さんは、コンサート前にシュークリームを1つ食べるという話を以前されていたが、うなずけるのだ。浅田真央さんは試合前、おにぎりを2つ食べていたらしいが、これは胃にもたれるように思うので、秋川さんのように、シュークリームの方が良いと思う。
まあ、炭水化物である点は同じだが、より高カロリーで甘いケーキ類の方が、お腹の調子が悪くならずに良いと思う。
初代タイガーマスクさんは、甘いものが大好きで、「試合のエネルギーに炭水化物が必要」と言いつつ、ちょっと食べ過ぎていたようだ(笑)。まあ、強いから良いのだが。
私は、昨年のマジカルミライでは、1回のコンサートごとに生クリームケーキを2つ食べていった。
今年も、シュークリームかチョコパイかは分からないが、そんな感じでいこうと思う。
ところで、マジカルミライのハッピだが、私は興味がなかったのだが、前の席の人が着ていたハッピのミクさんの絵があまりに可愛くて見とれてしまっていた。
私は177cmだが、シャツはMサイズを着るので、フリーサイズのハッピでも着られるとは思う。後ろの席の人を喜ばせようかな・・・








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

良い『バガヴァッド・ギーター』を見つけた

良い『バガヴァッド・ギーター』のKindle本を見つけた。
日本ヴェーダーンタ協会の『バガヴァッド・ギーター』だ。
何が良いかと言うと、シンプルであることだ。
元々の紙の本の方は、「ローマ字とカタカナに転写したサンスクリット語原典」があったらしいが、Kindle版では省かれている。正直、それは私には不要だ。

『バガヴァッド・ギーター』の翻訳には、読み難いものが多い。
文語のものもあり、それはそれで素晴らしいが、文語の意味が分からずに口語的に読むと、意味を全く逆に捉えてしまうことがあるかもしれない(私はそうなったことがある)。
また、『バガヴァッド・ギーター』は、膨大な叙事詩『マハーバーラタ』の一部である。だから、『マハーバーラタ』のストーリー展開や、それぞれの登場人物について細かく記述した本もあるが、はっきり言って、それは一切必要ない。そんなものに関わっていたら、『バガヴァッド・ギーター』を読む前に挫折する。

『バガヴァッド・ギーター』で必要なのは、ただ、クリシュナとアルジュナの会話だけである。
しかし、その会話に余計な解説をゴテゴテつけて、あるいは、日本語になっていない妙な文にして、肝心な部分がすっかりボケてしまった本もある。

しかし、日本ヴェーダーンタ協会のものは、最低限の注釈のみを付し、そして、まともな日本語にしてくれていて分かり易い。
ドリタラーシュトラ王が盲目であることや、サンジャヤが千里眼を持つ超能力者であることすら書かれていないが、何の問題もない。

『バガヴァッド・ギーター』を読むのに必要な知識は以下に述べる程度で十分だ。
大昔インドで、パンドゥー王家とクル王家の、大規模な戦争が起こった。
主人公であるアルジュナは、パンドゥー家の第3王子で、極めて強力な戦士である。
クリシュナはアルジュナの従者(主人に仕える者)であるが、アルジュナは自分の従兄弟で最高に優れた人間であるクリシュナを強く尊敬し、師と仰いでいる。
また、アルジュナとクリシュナは深い親愛の情で結ばれた親友でもある。
繰り返すが、アルジュナとクリシュナの会話のみが、『バガヴァッド・ギーター』で必要なものである。
そして、その会話を中継するのが、クル族の盲目の王ドリタラーシュトラ王の近くに仕える、千里眼の超能力者サンジャヤである。
サンジャヤがドリタラーシュトラ王に、アルジュナとクリシュナの会話を伝えるが、その内容が、『バガヴァッド・ギーター』なのである。
以上が分かれば、後の登場人物については、スルーしたって全く差し支えない。

ここまでつっけんどんに書く気はなかったが、あまりに不親切な本が多く、せっかくの神の書『バガヴァッド・ギーター』が読まれないのが残念なので、こんな書き方をした。
勝手なことを言いついでに独断を言うなら、人類が持つ中で最も貴重な聖典は、『バガヴァッド・ギーター』『老子』『新約聖書』だと思う。
無論、読むだけでは駄目なのだが、実際には、これらのどれにも、どうすれば良いかが書かれている。
仏教にも良い聖典があるとは思うが、どれが一番かは分からないし、かなり余計なものがくっついているのだと思う。敢えて言えば、私が仏教で最も重要視するのは『歎異抄』で、これを読んで念仏を唱えるのが良いと思う。
尚、現実に役に立つ(物質世界で有効な)、ある意味、私のバイブルは『誰でも勝てる!完全「ケンカ」マニュアル』である。現実的な力がない者は、聖典より、ここから始めて強くなれ。
以下、公平に、電子書籍を中心にご紹介する。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本当に学校や会社とサヨナラするには

学生なら学校、サラリーマンや公務員は、それぞれの勤務先に、決められた時間、必ず行かなければならないという、「絶対的な義務」がある。
それは、「絶対的な義務」なのだから、そこから外れると、「もう終わり」になってしまう。
これはもう、「完全人間支配システム」と言って良い。
ただ、これまでの世界では、それは、「嫌だがやむなし」という面があった。
そうでなければ、「国民全員が確実に食べていけ、一部の特権階級が贅沢する」ことを維持出来ないからだ。

だが、インターネットで本当に社会参加出来るなら、その「絶対的な義務」が崩壊する。
けれども、まだまだインターネットは非常に未熟な段階なのだ。
それは、企業や人々のネット上の行為の大半が、非常に下らないものであることに現れている。
つまり、「ネットの情報の大半はクズ」と言われたら、「まあ、そうだなあ」と納得せざると得ないということだ。
とはいえ、そうはなくなってきつつはあると思う。
ただ、インターネットが社会と本当に融合するというのは、個人的な問題でもある。
ある人にとっては、インターネットは社会そのものでも、別の人にとってはそうではないということだ。
では、インターネットを社会にし得る人とはどんな人かというと、「インターネットで正々堂々稼げる人」だ。
「それは経済原理に縛られた考え方だ」と言われそうだが、経済原理で動く「現実社会」がまだまだ強いのだから、「インターネットで正々堂々稼げない」限り、いくらインターネットを使ったところで、その者は社会参加していない。

そして、おそらく、いくらインターネットが進歩しても、『マトリクス』や『ソードアート・オンライン』の世界にはならず、バーチャルとリアルは並存する。
まあ、後5千年もすれば、人間は肉体を持たない精神生命体になるのかもしれないが、それはまだ分からないし、そうなるとしても、はるか先の話だ。
それに、たとえネットで大金を稼いでいても、リアル世界との関わりが少なければ、なぜか精神が落ち着かなかったり、満足感が得られないものなのだ。
確かに、肉体や持ち物など、物質を過剰に崇めるのは間違っているが、身体やモノだって高い価値を持っていることを認めざるを得ないのである。

ただ、1つ突破口がある。
そうでなければ、上のようなことを長々書きはしない。
それは、物質とエネルギーは実は同じものであり、互いに変換出来るように、精神も物質とエネルギーに変換出来るということだ。
だが、物質とエネルギーの変換には核融合が必要であるように、精神を物質やエネルギーに変換するには特殊な方法が必要であり、その方法については、まだよく分かっていないのだ。
「エメラルド・タブレット」にそれがあるのかもしれないが、あまりに抽象的で、普通の人には意味が分からないし、本当に解き明かした人もいない・・・あるいは、いないに等しい。
そりゃそうだ。
精神とエネルギーの変換が簡単に出来たら、今の物質的社会は完全に不要になる。
「引き寄せの法則」や「潜在意識の法則」のようなものは、効果がほとんどないから誰でも知ることが出来るのだ。
本当の本物が、普通の人が見られるようになるはずがない。
それは、陰謀論のような特権階級の都合ということもあるのだが、善なる配慮でもあるのだ。
だが、教えてはくれないが、自分で見出すのは自由・・・というか、止められないのだ。
では、「求めよ、さらば、与えられん」である。
求めよ。
そのためには、ニセモノを排除する知恵と感覚が必要であることはお分かりと思う。
だが、その方法をモロに教えたら、公然猥褻と同じで(笑)、私も社会から消される。
よって、回りくどく教えよう(笑)。
いや、腕振り運動をして、後は、バガヴァッド・ギータ-か聖書を読めば良いだけだ。
ただし、「いつも」。そして、社会に抵抗してはならない。やりすごすのだ。それが出来ないなら見込みはない。
面倒なら念仏を唱えれば良い。他にも方法はある。
だが、「しゃんとする」のは自分である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

親友

あなたは誰に「親友」と呼ばれたいだろうか?
有名なスポーツ選手や作家や音楽家が、大勢の人の前であなたを「親友」と言ったらどうか?
確かに、快感のようなものは感じるかもしれないが、本当に嬉しく想う訳ではあるまい。
むしろ私なら、世の中で蔑まれる罪人が、本気で私を友達だと言ってくれたら嬉しいのだ。
そして、小さな子供が、私が少しも偉くないことを知りながら私のことを仲間に友達だと言ってくれたら、大いに歓喜するだろう。

新約聖書の福音書は、私の親友であるイエス・キリストのお話だ。
イエスにとって我々は、罪人か幼子みたいなものだから、彼のことを親友呼ばわりしても許されるし、喜んでくれるかもしれない。
王子アルジュナは、クリシュナが偉大な神であることを知り、クリシュナのことを親友だと思っていた非礼を詫びたが、クリシュナは咎めなかったし、アルジュナが親友であることを認めた。
それは、アルジュナが自分を王子ではなく、無知な人間としてクリシュナに対したからだ。
だから、クリシュナはアルジュナを、人類の中で最も優れた者と言ったのだ。

アラトはレイシアが恐るべき力を持っていても、彼女を崇めなかったし卑屈にもならなかった。
かといって、レイシアをモノだからと蔑むこともなかった。
対等のパートナーとして扱った。
だから、レイシアに「僕と一緒に戦え」と命じたし、レイシアに「引き上げて下さい」と言われても戦いの場に残った。
あなたのレイシアである潜在意識は、命じたからといって怒ったりしないし、むしろ躍動する。
潜在意識をパートナーであると認識し、高貴な目的に使う限り。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ