ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

バガヴァッド・ギーター

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

あがくな

人間の想念の力は半端ではない。
アメリカの作家マイク・ハーナッキーが書いていたが、100万ドルのことを考えると、すぐに100万ドルがやってくるのである。
ただ、ほとんどの場合、注ぎ込む想念の量が足りないので、100万ドルはちょっとしか寄って来ずに離れてしまうのである。
想念の量とは、想念の強さ×想う時間といったものだ。
しかし、強く長く想えば、必ず叶うのである。

一方で、願いは紙に書いて忘れてしまうと叶う。
これは、全然、想い続けていないのである。
これを矛盾と思えなくなったら、成功は保証される。

紙に書いた瞬間、願いは叶っている。
叶った願いのことを「あれを得るぞ」だの「どうやってあれを得ようか」などと考えるのはおかしい。
また、わざとらしく「私はポルシェに乗っています」などという宣言をする必要もないし、してはいけない。
ポルシェが好きだという想いは、起こるにまかせておけば良いが、後は、やるべきことを淡々とやるだけである。
『バガヴァッド・ギーター』で、至高者クリシュナが「義務として働け」と言ったように。
サラリーマンであれば、義務として会社に来て作業をすれば良いし、ニートなら、義務として本を読んだり、求職サイトを見れば良い。
好きな人がいるなら、義務として会うべき時に会い、言うべきことを言い、何かしてやることがあったら義務としてしっかりやれば良い。
眺めるしか出来ないなら、義務として眺めれば良い。

最初に戻ると、こうである。
一億円欲しいなら、紙に「一億円」と書き、その紙は分かる場所にしまっておき、そんなことは忘れてしまう。
ただし、「書いた紙はどこにやった?」などという、いい加減な願いが叶うはずがない。
書いて忘れたら、一億円が欲しいという想いは勝手に出てくる。
つまり、願う想いというのは、無理に起こすものではなく、自然に起こるものである。
自然に起こらないなら、初めから自分向きの願いではない。

義務を果すとは、出来ることをやるということだ。
無理なく、ほんの少しの忍耐を持って。
腕振り運動1日千回とか、瞑想1日20分を1年365日、出来るだけ決まった時間に毎日やる者の願いが叶うのは、これらによって、義務として淡々と根気強く行う訓練が出来るからである。
スーフィー(イスラム教神秘主義)に、「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」という格言があるらしいが、これが究極であると思う。
ラクダをつなぐことを、義務として、淡々と、確実に根気強くやれば、後は神様が叶えて下さる。
とにかく、まず、願いを紙に書くことだ。
そして、根気強く無心に腕振り運動をすることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

馬鹿は勝てるか?

似た主張をタイトルから感じる2冊の本を見つけた。

『考えたら負け 今すぐ行動できる堀江貴文150の金言』(堀江貴文著)
『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』(藤由達藏著)

「善は急げ」ってやつだが、ことわざには反対のものが必ずあり、「慌てる乞食はもらいが少ない」とも言う。
「もらいが少ない」どころか、「慌てて、すってんてんに大損する」やつを沢山見た。
一方で、行動が遅過ぎる、どうしようもない人間も多いのだ。

「犬も歩けば棒に当る」と言うが、的外れなところを歩いたって仕方がない。
かといって、「歩かぬ犬は棒にも当らない」ことも確かなのである。
要は、頭が良かったり、経験があったりで、賢いやつは、速攻しようが、じっくり攻めようが勝つってことか?
その通りで、逆に言えば、馬鹿は、速効すれば即効で負け、じっくり攻めてもやっぱり負けるのである(救いようがない・・・)。
「正直者は馬鹿を見る」と言うが、本当は、「馬鹿な正直者」が馬鹿を見るだけで、賢い正直者は馬鹿な結末を避けるものだ。

我々が知りたいのは、「馬鹿が勝つ方法」だが、速効で勝つ賢い人は、「そんなもんねーよ」と、少なくとも心では思っているのである。
だが、あるかもしれない。
それは、『ラーマーヤナ』の最後に書かれてあり、稲盛和夫さんの座右の銘である言葉だ。
ラーマは魔王との戦いに勝利した時、自分の美しい妻であるシータをさらった魔王にすら、美しい伝統に則り、教えを乞うた(変態魔王はシータに手を出せなかったが)。
それは、
「私心があるならやってはならない。私心がなければすぐにやりなさい」
だ(魔王よ、アンタは私心丸出しでシータをさらったよな・・・)
稲盛和夫さんは、ビジネス上の難しい判断に迫られると、「私心ありかなきか」と問い、はっきり分かるまで動かないようだ。

だからと言って、私心だらけの我々が何もしちゃいけないって訳にはいかない。
そこで、『バガヴァッド・ギーター』で、至高者クリシュナが言ったように、「成果を期待せず、義務として働け」である。
・・・であるが、凡人はなかなか納得すまい。
だから凡人なのであり、慌てようが、ノロかろうが駄目なのである。
で、結局はこうなのだ。
「やる運命にあれば、やることは避けられない。やる運命になければ、いくらやろうと思っても出来ない」

だから、行き着く答は、やはりこうだ。
「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」(スーフィーの格言)
「棚からボタモチ」とか言う。
そうだ、ボタモチが落ちて来ることは期待しろ。
だが、棚は用意しておくように。
無理せず、出来ることをすれば良い。
だから、IAさんの『Shooting Star』を聴けば良い。
「空を見上げ 身をまかせて 時を待とう」
である。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) - YouTube -









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運命を受け入れるとうまくいく理由

「一切をなりゆきにまかせ、作為を捨てれば、充実した一生を送ることが出来る」と言った荘子だが、では、荘子の著作『荘子』に登場する、一切をなりゆきにまかせて作為をしなかった人達は、どうなっただろうか?
そのうちの1人は、身体がひんまがるような重病になり、苦しみ抜いて死んだ。
だが、彼は、安らかに大往生したとある。
1人は、貧乏のどん底で食べるものもなく飢える。それでも、納得はしていたが・・・
駄目じゃん(笑)。
ただし、荘子が生きた、今から2400年程前の中国は、庶民は権力者に蹂躙され、何の希望もない時代だったことを忘れてはならない。
法然や親鸞の時代も似たようなもので、彼らは、庶民の最後の希望である、「念仏を唱えれば、死んだら極楽浄土に行ける」ことだけを説いたのと同じだ。
しかし、親鸞は、念仏を唱えれば、現世でも幸福になれることを説くようになった(現世利益和讃)。
親鸞は、念仏を唱える以外に、良いことをしようと思ってはならず、また、悪いことをしてしまっても後悔する必要はないと教えた。
まさに、なりゆきにまかせるということだが、そこには、阿弥陀如来への絶対的信頼がある。

実は、イエスも、荘子や親鸞と同じことを説いている。
「神の許しがなければ、どんなことも起こらない。そして、神はあなたを愛しているのだし、あなたが欲しいものなんか、言われなくてもちゃんと解っている。安心しなさい」

言い切ってしまうと、この世は、超高度なコンピューターが作り、動かす仮想世界、シミュレーテッド・リアリティーだ。
だから、基本的運命は完全に決まってる。
しかし、私のようなプログラマーの考えでは、これほど高度なプログラムを作るなら、精妙な柔軟性を持たせないはずがない。
原始的な今日のプログラムさえ、起こる事象が影響を与え合い複雑微妙に連鎖する世界を構築出来るようになってきてるのだから。
世界に身をまかせ、逆らわなければ、適切に対応出来るよう、我々は作られている。
そして、世界に直接働きかけるのではなく、自分自身に作用を与えることによって、世界は動くように出来ている。
毎日、腕振り運動を千回やれば、それに応じて世界の方から動くようにね。
ここらへんも、プログラミングから推測出来るのである。

だが、ある人が、ラマナ・マハルシに「私は世界に身をまかせているが、良いことがない」と言うと、マハルシは、「あなたにはまだ作為がある。本当に身をまかせていない」と答えた。
なりゆきにまかせるとは、決して、怠惰になることでも、厭世(えんせい)的になることでもない。
思いっきり音楽活動をするのが運命ならそれをするし、『バガヴァッド・ギーター』のアルジュナのように、戦争をする運命なら、勇敢に戦う。
あるいは、反戦運動をするのが運命なら、やはりそうするしかないのだ。
ジョージ・ワシントンは、運命に身をゆだねるまでは散々な人生だったが、運命を受け入れ、逆らうことを止めた時に、偉大な人生への道を歩み始めた。
『バガヴァッド・ギーター』は、このシミュレーテッド・リアリティである世界を生きるためのマニュアルなのである。
『荘子』や『歎異抄』は良い参考書のようなものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

文句を言うな

昨日取り上げた、船井幸雄さんの「現状肯定。過去オール善」、赤塚不二夫さんの「これでいいのだ」は、本当の意味が解る人は少ないと思う。
CLAMPという女性漫画家ユニットが作品中でよく使う、「この世に偶然はない。全て必然である」も同じ意味だが、『カードキャプターさくら』のファンだった小学生(あるいは、それ以下)の女の子達が20代になった今も、まだ全く解らないだろうが、いつか解る日が来るかもしれない。

なぜ解らないのかと言うと、心(自我)は、自分に都合の良い解釈をしたがるからだ。
心は、水晶のような冷徹な判断が出来ないのである。
「この世に偶然はない。全て必然である」なら、自分にとって都合の悪いこと、好ましいと思えないこと・・・早い話が「嫌な出来事」も必然として黙って受け入れるしかないということだ。
荘子はそれを「全てをなりゆきにまかせろ」と言ったのであるが、なりゆきにまかせるも何も、それ以外には何も出来ないのである。
ただ、「なりゆきにまかせる」ことに抵抗する時に、人間は苦しまなければならない。
『バガヴァッド・ギーター』で、アルジュナが「私は戦いたくない」と言って泣き崩れたように。
だが、アルジュナが、自分が戦いたくない理由をいろいろ述べても、クリシュナは「君は小賢しいことを言うが、何も解っていない」と言って、『バガヴァッド・ギーター』全18章の教えをアルジュナに説き、ついにアルジュナは理解する。とはいえ、アルジュナすら、この全18章の教えを必要としたのだ。
私は、IAさんの『Shooting Star』を聴いて、知的にではなく感情的直感的に解った。

身をまかせて 空を見上げ
時を待とう
~『Shooting Star』(作詞・作曲・編曲:KURIS・YUICHI NAKASE。唄:IA)より~
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-

「これでいいのだ」もいいのだが、もっと良いと思える言葉がある。
それは、「文句を言うな」だ。
私がまだ若い時、雑誌で、誰だったか全く忘れたが、父親からこの言葉をもらい、ずっと覚えていた人の話を見たが、私は、この言葉を忘れられず、ホワイトボードに書き込んだ。しかし、忘れてしまっていたので、いろんな困難に巻き込まれてしまった。

いずれにしろ、
「現状肯定。過去オール善」
「これでいいのだ」
「この世に偶然はない。全て必然である」
「文句を言うな」
どれを聴いても、解った顔をして怠惰になる馬鹿がいるものだが、馬鹿も必要かもしれない。あなたが馬鹿になる必要はないが。
クリシュナがアルジュナに「義務として勇敢に戦え」と言ったように、「現状を肯定し」「これでいいと考え」「これは必然と諦め」「文句を言わず」戦わなければならない。
その中で、『Shooting Star』だけは新感覚である。
歌を作ったTeddyLoidさんは、見かけは怪しいが(中身も怪しいだろうが)、天才だ。
まあ、あの歌も、必然として神が彼に作らせたのである。
私1人のために。
親鸞が「阿弥陀様が念仏を作ったのは、この親鸞1人のためであった」と言ったようにね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これでいい

もう亡くなられた人だが、私は、船井総研創業者の船井幸雄さんという人が嫌いだった・・・というか嫌いだ。
ところが、彼が著書に書かれていた、「現状肯定。過去オール善」という言葉は、はっきり覚えていて、これほど大切な言葉は無いと思うのだ。
また、私は、赤塚不二夫さんという漫画家も、あまり好きではなく、特に、彼の代表作とも言える『天才バカボン』は嫌いなのだが、バカボンのパパの口癖で、赤塚不二夫自身の遺言とも思える象徴的な言葉「これでいいのだ」ほど重要な言葉も無いと思う。
赤塚不二夫さんは、間違いなく天才だったが、彼は、「男」は概ね馬鹿馬鹿しくこき下ろして描き、女の子は『ひみつのアッコちゃん』のアッコのように可愛らしく描いていることが面白い。彼自身、男とはロクなものでないと思っているに違いないが、それも「これでいいのだ」と思っていたのだろう。
船井幸雄さんの「現状肯定。過去オール善」は、まさに、「これでいいのだ」ということである。
過去は変えられないが、現在だって、自分でコントロール出来る部分は、ほとんど、あるいは、全くない。
そして、もしかしたら、過去も現在も、避けることが出来なかった運命だったのかもしれないのだ。

『バガヴァッド・ギーター』での、クリシュナの教えの根本は「義務を果たせ」ということと思うが、いずれにしろ、人間は義務を果たすことになるのである。
だが、アルジュナは、「私は戦わない」と言って、義務を放棄しようとし、クリシュナは、それが誤りであることを、言葉を尽くしてアルジュナに教えた。
そして、アルジュナは戦う運命を避けることなど出来なかったのだ。
それなら、アルジュナは「これでいいのだ」と思って、現状を肯定し、神の道具になり切って戦うべきなのだ。
そして、クリシュナは「義務を果たす者に神は報いる」と教えている。
まさに、「現状肯定。過去オール善」、「これでいいのだ」ということを忘れなければ最強である。

一方で、クリシュナは怠惰を戒めている。
少食過ぎてもいけないが、食べ過ぎてはいけない。
眠りが少な過ぎてはいけないが、惰眠を貪ってはならない。
心を支配せよと教えた。
だが、「これでいいのだ」と唱え、「現状肯定。過去オール善」であることを受け入れると、心の支配は容易い。
心の支配とは何かと言うと、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
という、スーフィー(イスラム教神秘主義)の教えらしいものを守ることだ。
神は、ラクダをつなぐこともしない者の人生の責任までは取らない。
社長は、社員や家族の生活の責任は取るものであるが、あまりの不良社員に関してはさにあらずというのと同じである。
だが、「そんな責任を取る気はない」と言う者は社長に相応しくないのである。
そして、神は、ラクダをつなぐ者の人生の責任は取るのだろう。

赤塚不二夫さんは「これでいいのだ」と思っていたかもしれないが、酒を飲み過ぎた。
それは良くないのだ・・・である。
ラクダはつないでおかないと、あれほどの天才でも、結末は悲惨だ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ