ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

バガヴァッド・ギーター

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

神から安定した良い仕事をもらうには何をすれば良いか?

スーフィー(イスラム教神秘主義)では、「神を信用しろ。だが、駱駝はつないでおけ」と言うらしい。
彼等が、どんな意味で言っているのか正確には知らないが、
「自分で出来ることは自分でやれ」
「怠惰になるな」
ということと思う。

水野南北の教えは、
「神を信用しろ。だが、食は慎め」
と言えるかもしれない。
エマニュエル・スウェーデンボルグは、天使に、「満腹するまで食べて自分を甘やかすな」と言われたらしいが、これも、
「神を信用しろ。だが、満腹するまで食べるな」
と言って良いのだと思う。
親鸞の教えだって、
「阿弥陀如来を信じろ。だが、念仏は称えておけ」
と言って良いと私は思う。

ニートが、安定した良い仕事が欲しい場合は、どうすれば良いだろうか?
もちろん、それぞれが良いと思うことをやれば良いのだが、的外れをやっているうちは上手くいかないだろう。
私が思うに、一番相応しいのは、規則正しい生活をすることだ。
安定した仕事というのは、毎日、同じ時間に始業するのだからだ。

賢者になりたければ?
神は自分の内部におられるのだから、神を信用すれば、心の奥から叡智が湧き出てくる。
だが、『バガヴァッド・ギーター』は読め・・・といった感じになると思う。

逆に言えば、駱駝を自分でつなぐ、食を自分の意志で慎む、誰にも強制されずに念仏を称える、自主的に規則正しい生活をする、進んで『バガヴァッド・ギーター』を読む・・・といったことをすれば、神を信用出来るようになるだろう。
しかし、あまりに無理な努力をする者は、自分だけを信じ、神を信じていないのだ。
そんな者は、自分1人分の力は発揮出来るかもしれないが、それはかなりちっぽけなものに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

愛するとはどういうことか

イエス・キリストの教えは「神を愛せよ」だったのだと私は断言する。
旧約聖書では「神を崇めよ」だったのが、イエスは「愛せよ」に変えたのだ。
「崇める」ってのは、現代人には疲れるのだ。
人類最大の聖典『バガヴァッド・ギーター』の教えとは、至高神クリシュナの言葉「私を愛せよ」だ。
つまり、イエスの教えもクリシュなの教えも同じで、人間の最高の行為は、神を愛することである。

ただ、クリシュナとイエスは、そのやり方を示さなかったという、我々からすれば、大ボケをかましているように感じる。
「愛する」とはどういうことなのか?
それが分からないから、人間は苦労するのである。

「愛する」とはどういうことだろう?
アイルランドの詩聖W.B.イェイツは、そもそも、人間には愛することは出来ないと言った。
ただ、出来るのは、「憎しみを消す」ことだけなのだと。
イェイツは、オスカー・ワイルドやニーチェ同様、アンチ・キリストだったと思うが、彼らは、「愛し方」を教えなかったイエスに反感でも持ったのだろうか?

好きな人がいて、その人を愛するというのは、その人のことを想うことだ。

「あたしはシャオランのことをずっと考えているよ。シャオランはあたしのこと、考えることある?」
「考えてるよ。僕もずっとサクラ姫のこと」

CLAMP原作のアニメ『ツバサ・クロニクル』の第1話で、こんな感じの会話があったと思うが、これが愛するということなのだ。
でも、同じ人間を愛するのなら、これで良いが、愛する相手が神ともなると、どう想えば良いのか分からない。
『観無量寿経』という浄土仏教の経典には、阿弥陀如来や観世音菩薩、そして、勢至菩薩をイメージする方法が説かれている。
つまり、イメージすること、想うことが、愛することであるのは、サクラ姫やシャオランと同じだ。
だが、釈迦は最後の最後で言うのだ。
「想うとは、その名を覚えていることだ」
名は体を表すとか言うが、その名を覚えて、ずっと想うことで愛することが出来る。
そして、それそのことが念仏なのである。
アポローン神を愛するなら、ずっとアポローン神の名を想えば良い。
阿弥陀如来を愛するなら、「南無阿弥陀仏」の念仏を称えれば良い。
そうすれば、自我は自分より高い存在があることを知り、自然に頭を垂れる。
すると、神仏の魂が我々の魂の中に流入し、我々の魂は神仏の魂の中に広がる。
一休が言った、念仏を称えれば、心そのものが仏になるというのは、こういう意味であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

聖書が最上の書である意外かもしれない理由

『ヒマラヤ聖者の生活探求』という本の中にあった、聖書が最も重要な書であることの理由がとても良かった。
それは、聖書は、「神」という言葉が、最も多く書かれた本だからである。
それだけの理由で、聖書は他書より優れているというのは納得出来るのである。
それなら、「神」という字ばかりの本を作っても良いのかもしれないが、それでは人間の感情が納得しないので、適度なストーリーを付けたのだが、その内容は、何でも良いと言えばそうなのである。
同じ理由で、『ギリシャ神話』、『バガヴァッド・ギーター』、『古事記』なども、極めて価値高い本である。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』が、事実の話かどうかは分からないが、その指摘だけで、この本は優れた本と言える。
「神」という言葉自体に強い力がある。
クリシュナ、アメノミナカヌシカミ、南無阿弥陀仏といった、神仏の名を唱えること、あるいは、神仏のマントラを唱えることは、宗教的ではなく、科学的、論理的に言って、強大な効果がある。
だが、その最も純粋なやり方は、「神」と唱えることである。
神と仏に違いはあるのかもしれないが、その違いは、実際には、人間に分かることではない。
なら、全て、「神」という言葉で表し、これを唱えれば良いのである。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』では、「エホバ」という、特定の神の名より、「神」という言葉の方が効果が高いと述べている。
ただ、本質的にはそうであろうが、唱える者の感情の問題もあり、個別の神の名の方が親しみがあれば、それを唱えれば良い。
私は、サティヤ・サイババという人は少しも聖者だとは思っていないが、この点については、生前、ぶれずに正しいことを教えていたと思う。
サイババは、どの神の名でも良いから、熱心に唱えろと教えていた。
『バガヴァッド・ギーター』で、至高神クリシュナは、他の神を拝んでも、それは結局は私を拝んでいることになるのだと述べていた。
クリシュナが神の中の神であるのなら、ただ「神」と言っても良いのであるが、そこは、クリシュナへの愛着があるのなら、クリシュナの名を唱えれば良いのであり、多くのインドの人々がそうであるように、ラーマ神が好きならラーマと唱えれば良いのである。
しかし、本質で言えば、どの神仏の名にも違いはない。

神にキャラクターはないが、人間は神に対するイメージを持たざるをえない。
ユダヤ教徒やイスラム教徒に多く見られるように、神を、恐い罰する存在と思うのは悪い面がある。
そこで、イエスは、「父なる神」、あるいは単に「父」と言い、神は人間を、あたかも父親が息子や娘に対するように、温かく優しく気遣う存在であると言ったが、それが最善のイメージである。
法然や親鸞も、阿弥陀如来のイメージを最高のものにしたところが素晴らしい。
『バガヴァッド・ギーター』でも、クリシュナは、恐ろしい面もあるのだが、本質は、やはり慈悲深く愛に満ちた神なのである。

個人的に、親しみ深い神仏があるなら、その名や、その神仏のマントラ(真言)を唱えれば良いし、ただ「神」という言葉を真言として唱えても良いのである。
そうすることで、あらゆる恵みを得られることは、これまで何度も書いたが、極めて科学的、論理的に正しいのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

崖っぷちで持ちこたえるには

本当に苦しい時には、信仰というものを持っていた方がいいんだろうなあと思う。
かくいう私は、宗教の信仰は持っていない。
仏教も、キリスト教も、神道も、全く信用していない。
それぞれの中に、いくらか良いものがあるようには思っているし、仏典や聖書、古事記の中には、何か光るものがあるような気もするが、それだけのことだ。
どの宗教も、権威主義と形骸化で、全く駄目になっている。
ただ、『バガヴァッド・ギーター』は、完璧な真理であると思っているので、希望はある。

ところで、信仰とは、何か1つの貴いものを崇めることであり、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』では、クズのような26人の男達は、ちょっと可愛いだけの、ただの16歳の娘を女神のように崇め、ロオマン・ガリの『自由の大地』となると、堕落したフランス兵達は、空想の少女を崇めた。
それで、彼らは魂の中の神性を、いくらかでも取り戻した。
ただ、『二十六人の男と一人の少女』の方は、その16歳の娘ターニャが、女神でも何でもないことを思い知った男達は、もう駄目だろうと思う。
だから、正体がいつかはバレる現実の人間ではなく、空想の少女を崇める方が良いに違いない。

だが、一番肝心なことは、自分がどんな言葉を使うかだ。
心は支配できないが、言葉は間違いなく支配出来る。
悲しい時に「嬉しい」と言うことが出来るし、泣きたい時だって、「楽しい」と口で言ったり、心で思ったり出来るのだ。
弱音を吐いたら終わりである。
なぜなら、言葉が人間の最後の砦であり、そこが陥落すれば、戦う術は何もないからだ。
無理に感情など込めず、むしろ淡々と、全てがうまくいっている時の言葉を使うことだ。
後は天に任せるしかないが、言葉を守れなければ、そこで終わりである。
たとえば、「全てうまくいっている、ありがたい」と、言葉だけでいいので、口で言ったり、心で思わなければならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

内にある万能装置の使い方のヒント

今朝に続き、人間の内部に組み込まれた、他の動物のものに比べて圧倒的な性能を持つ、サイバネティックス装置(舵取り装置)についてお話する。
人間のものと比べると、ずっと劣る動物のサイバネティックス装置にしたって凄いものだ。
例えば鷹が、地上のどこに獲物がいるかなんてのは、いかに鷹の視力が良いといっても、目で探せるはずがなく、鷹の内部のサイバネティックス装置が、どこに餌があるか鷹に教えるのである。
鷹の視力が威力を発揮するのは、あくまで、その後だ。
これが人間ともなると、サイバネティックス装置を完全活用するなら、世界征服だって可能だ。

有名人には、サイバネティックス装置を効果的に活用した人が多いのは当然で、これを活用しない限り、成功しない。
UFO研究で有名なジャーナリストの矢追純一さんは、かなり高度に使っていたんだなあと思う。
Webのどこかで見たのだが、矢追さんは、若い時に、「自分は頭が悪いので、考えることを放棄した」と言っているらしい。
しかし、これは、最も頭の良い人のやり方だ。
ソクラテスが、本質的に、全く同じことを言っているはずだ。
矢追氏は、小我という小さな意識に舵取りをさせず、万能のサイバネティックス装置に舵取りの権限を与えたのだ。
それで、入れるはずのない日本テレビに、なりゆきでほとんど無試験で入り、そこでも、たちまち偉くなってしまった。
その後も、サイバネティックス装置は、矢追氏の願いに応えて働き、世界中の要人とも親しくなり、重要な情報がどんどん入ってくるようになったのだと思う。
矢追氏も人であるからには、時には、小我が出てきて舵取りをし、馬鹿なことを言ったり、やったりもしたかもしれないが、総合的には、特別としか言いようがない偉大な人生であると思う。
そもそも、普通、あれだけのことをやると、小我に操られたIQの低い人なら、もっと盛大に馬鹿をやり、駄目になってしまうものである。

野球の清原和博さんも、根本的には、かなりサイバネティックス装置を使えるのだと思う。
普通なら死んでいるような状況なのに、「野球の世界に戻りたい」「息子達に会いたい」という願いが、サイバネティックス装置を、良い方向に動かしたのだろう。
清原さんが逮捕されたことは、全然悪いことではなく、そのおかげで、万全の治療を受けられ、更生の道が開かれたのだ。
そして、これからも強い願いを持ち続け、小我を捨て、サイバネティックス装置に委ねれば、優れた指導者、そして、監督にだってなれるだろう。
大切なことは、『バガヴァッド・ギーター』で、クリシュナ神が言った通り、「私に全てをまかせた者を、私は見捨てない。だから、私に一切をまかせよ」の指示通りにやれるかだが、それは、分からない。

サイバネティックス装置の正体は分からないが、神との通信装置のようなものかもしれないし、神が持っているものより、やや小さな魔法装置かもしれない。
賢い人達は、神は人間を、自分より、やや劣ったものとして作ったとよく言うのである。
いずれにしろ、誰もが心臓の中に万能の世界制御装置を持っているのだから、強い願いで、その起動スイッチを押せば良い。
後は、飛行機に乗ったら、飛行機と機長にまかせてしまうように、サイバネティックス装置にまかせてしまうことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ