ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

バガヴァッド・ギーター

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

もう1人の私とは

よく、「あなたは1人じゃない」、「私たちは1人じゃない」というのを、見たり聞いたりしたことがあると思う。
もしそうなら、「私」の本当の味方が誰かいなければならないが、それは誰だろう?
そんな者、いやしないと思う人も多いかもしれない。
だから、「いい加減なことを言うな、馬鹿野郎」と言いたい人もいることだろう。

だが、それが誰かというなら、それは心臓だ。
だって、考えてみると良い。
自分の意志や思考と関係なく、勝手にドキドキし、胸騒ぎがし、痛くなる。
そして、ドキドキするなら、ドキドキする正当な理由が必ずあり、頭では胸騒ぎの理由が解らなくても、その理由は立派にあり、しかも、いつでも、その胸騒ぎは正しいのである。
そして、心臓は、脳からほとんど独立して動いている。
右脳が何かを感じて心臓に感覚を与えるのではなく、心臓が独自に得た感覚が右脳に伝わってイメージを起こさせるのである。

「自分」というもの、つまり、自我意識や「私」という感覚は脳が作っていることは間違いない。
そして、「もう1人の私」である、内なる賢者は心臓である。
『バガヴァッド・ギーター』で、「私(神。クリシュナ)は心臓に住む」とある通りである。

もっと心臓を信頼すると良い。
そして、心臓は、奇跡を起こす神秘の力を持つ。
天才漫画家、山岸凉子さんの『日出処の天子』で、聖徳太子こと厩戸皇子(うまやどのおうじ)が、神秘力(超能力)を使って活動している時、
「やり過ぎると、私の心の臓が持たない」
と思う場面があるが、これが心臓の力をうまく言い表している。
そして、ラポール(心の絆)で結ばれた者同士の心臓は一つになり、より大きな力を発揮する。

其(そ)して恥を知り 惨めになれば
全てが 廻りだして
心臓は一つになる
~『心臓デモクラシー』(作詞・作曲・編曲:みきとP、歌唱:初音ミク)より~

『日出処の天子』では、厩戸皇子が蘇我蝦夷(そがのえみし)と協力して、干ばつに陥った都に雨を降らせたようにである。
邪まなことでなければ、心臓に頼み、心臓に従えば、願い事は叶う。
心臓に神が住むからである。
腹(あるいは丹田)や仙骨は、エネルギー発生源やバランサーとして重要ではあるが、神はやはり心臓に住むのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

1日トータル1時間で常人を超える

「心理学の父」ウィリアム・ジェイムズが言ったように、「さまよう注意を自発的に繰り返し引き戻す能力」を育むことが最上の教育、あるいは、修行で、これは1日中行うつもりでやれば良い。
『バガヴァッド・ギーター』にも、「亀が手足を引っ込めるように、外界に向き易い注意を内に引き戻せ」と書かれているが、そのためには、額に意識を集中したり、真言「オーム」を称えよとある。
やり方はいくらでもあり、どれも簡単であるが、それを出来るだけ長く行うことが必要になる。

我々は、注意を外に向け過ぎているのである。
外界に誘惑が多く、注意を引っ張られて、心はいつもさ迷っているからである。
常に内に注意を向けている武道の達人が、いつでも敵の攻撃に対処出来るのとは違い、心がさ迷っている未熟な者は、あっけなく殺されてしまうことだろう。

黒住宗忠は、現代医学でも治すことが難しい難病に陥った武士に、一日一万回「ありがたい」と言わせ、武士は一週間で完治した。
これも、注意をほとんど終日、引き戻した結果であるが、「ありがたい」という言葉は、内に注意を引き戻すのに非常に効果的な言葉であることも重要である。
なぜなら、「ありがたい」という感情は、胸、あるいは、心の内から起こってくるものなので、「ありがたい」と称えることで、注意は、そこ(胸、あるいは、心の内)に引き戻されるからである。
「南無阿弥陀仏」という念仏だって、親鸞が言ったように、「救ってくれてありがとう」という感謝が込められているのであるのだから、これを常に称えることの意義は極めて大きいのである。

中村天風など、ヨガでは、常に肛門を引き締めるよう教えるが、これも、普段意識することのない、肛門の筋肉をあえて意識して使うことで、効果的に注意を引き戻せるのである。
仏教の僧の中には、歩いている時に、「歩いている、歩いている」と意識し、食べている時に、「食べている、食べている」と意識するという行を行っている者がいるらしいが、これも、注意を引き戻すための効果的な修行なのである。
般若心経の呪文が、最高の呪文であるというのも、それを常に称えればということであるが、その呪文は、常に称え易いリズムある言葉で作られているのである。

やり方は無限である。
自分の好みの1つのやり方で行えば良いが、とにかく、なるべく長時間行うことである。
1日トータルで1時間も行えるようになれば、既に常人ではなくなっているだろう。
3時間なら、人間を超えるに違いない。
仙人の口元には常に呪文があり、神人の胸には乱れぬ1つの想いがいつもあるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

神から安定した良い仕事をもらうには何をすれば良いか?

スーフィー(イスラム教神秘主義)では、「神を信用しろ。だが、駱駝はつないでおけ」と言うらしい。
彼等が、どんな意味で言っているのか正確には知らないが、
「自分で出来ることは自分でやれ」
「怠惰になるな」
ということと思う。

水野南北の教えは、
「神を信用しろ。だが、食は慎め」
と言えるかもしれない。
エマニュエル・スウェーデンボルグは、天使に、「満腹するまで食べて自分を甘やかすな」と言われたらしいが、これも、
「神を信用しろ。だが、満腹するまで食べるな」
と言って良いのだと思う。
親鸞の教えだって、
「阿弥陀如来を信じろ。だが、念仏は称えておけ」
と言って良いと私は思う。

ニートが、安定した良い仕事が欲しい場合は、どうすれば良いだろうか?
もちろん、それぞれが良いと思うことをやれば良いのだが、的外れをやっているうちは上手くいかないだろう。
私が思うに、一番相応しいのは、規則正しい生活をすることだ。
安定した仕事というのは、毎日、同じ時間に始業するのだからだ。

賢者になりたければ?
神は自分の内部におられるのだから、神を信用すれば、心の奥から叡智が湧き出てくる。
だが、『バガヴァッド・ギーター』は読め・・・といった感じになると思う。

逆に言えば、駱駝を自分でつなぐ、食を自分の意志で慎む、誰にも強制されずに念仏を称える、自主的に規則正しい生活をする、進んで『バガヴァッド・ギーター』を読む・・・といったことをすれば、神を信用出来るようになるだろう。
しかし、あまりに無理な努力をする者は、自分だけを信じ、神を信じていないのだ。
そんな者は、自分1人分の力は発揮出来るかもしれないが、それはかなりちっぽけなものに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

愛するとはどういうことか

イエス・キリストの教えは「神を愛せよ」だったのだと私は断言する。
旧約聖書では「神を崇めよ」だったのが、イエスは「愛せよ」に変えたのだ。
「崇める」ってのは、現代人には疲れるのだ。
人類最大の聖典『バガヴァッド・ギーター』の教えとは、至高神クリシュナの言葉「私を愛せよ」だ。
つまり、イエスの教えもクリシュなの教えも同じで、人間の最高の行為は、神を愛することである。

ただ、クリシュナとイエスは、そのやり方を示さなかったという、我々からすれば、大ボケをかましているように感じる。
「愛する」とはどういうことなのか?
それが分からないから、人間は苦労するのである。

「愛する」とはどういうことだろう?
アイルランドの詩聖W.B.イェイツは、そもそも、人間には愛することは出来ないと言った。
ただ、出来るのは、「憎しみを消す」ことだけなのだと。
イェイツは、オスカー・ワイルドやニーチェ同様、アンチ・キリストだったと思うが、彼らは、「愛し方」を教えなかったイエスに反感でも持ったのだろうか?

好きな人がいて、その人を愛するというのは、その人のことを想うことだ。

「あたしはシャオランのことをずっと考えているよ。シャオランはあたしのこと、考えることある?」
「考えてるよ。僕もずっとサクラ姫のこと」

CLAMP原作のアニメ『ツバサ・クロニクル』の第1話で、こんな感じの会話があったと思うが、これが愛するということなのだ。
でも、同じ人間を愛するのなら、これで良いが、愛する相手が神ともなると、どう想えば良いのか分からない。
『観無量寿経』という浄土仏教の経典には、阿弥陀如来や観世音菩薩、そして、勢至菩薩をイメージする方法が説かれている。
つまり、イメージすること、想うことが、愛することであるのは、サクラ姫やシャオランと同じだ。
だが、釈迦は最後の最後で言うのだ。
「想うとは、その名を覚えていることだ」
名は体を表すとか言うが、その名を覚えて、ずっと想うことで愛することが出来る。
そして、それそのことが念仏なのである。
アポローン神を愛するなら、ずっとアポローン神の名を想えば良い。
阿弥陀如来を愛するなら、「南無阿弥陀仏」の念仏を称えれば良い。
そうすれば、自我は自分より高い存在があることを知り、自然に頭を垂れる。
すると、神仏の魂が我々の魂の中に流入し、我々の魂は神仏の魂の中に広がる。
一休が言った、念仏を称えれば、心そのものが仏になるというのは、こういう意味であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

聖書が最上の書である意外かもしれない理由

『ヒマラヤ聖者の生活探求』という本の中にあった、聖書が最も重要な書であることの理由がとても良かった。
それは、聖書は、「神」という言葉が、最も多く書かれた本だからである。
それだけの理由で、聖書は他書より優れているというのは納得出来るのである。
それなら、「神」という字ばかりの本を作っても良いのかもしれないが、それでは人間の感情が納得しないので、適度なストーリーを付けたのだが、その内容は、何でも良いと言えばそうなのである。
同じ理由で、『ギリシャ神話』、『バガヴァッド・ギーター』、『古事記』なども、極めて価値高い本である。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』が、事実の話かどうかは分からないが、その指摘だけで、この本は優れた本と言える。
「神」という言葉自体に強い力がある。
クリシュナ、アメノミナカヌシカミ、南無阿弥陀仏といった、神仏の名を唱えること、あるいは、神仏のマントラを唱えることは、宗教的ではなく、科学的、論理的に言って、強大な効果がある。
だが、その最も純粋なやり方は、「神」と唱えることである。
神と仏に違いはあるのかもしれないが、その違いは、実際には、人間に分かることではない。
なら、全て、「神」という言葉で表し、これを唱えれば良いのである。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』では、「エホバ」という、特定の神の名より、「神」という言葉の方が効果が高いと述べている。
ただ、本質的にはそうであろうが、唱える者の感情の問題もあり、個別の神の名の方が親しみがあれば、それを唱えれば良い。
私は、サティヤ・サイババという人は少しも聖者だとは思っていないが、この点については、生前、ぶれずに正しいことを教えていたと思う。
サイババは、どの神の名でも良いから、熱心に唱えろと教えていた。
『バガヴァッド・ギーター』で、至高神クリシュナは、他の神を拝んでも、それは結局は私を拝んでいることになるのだと述べていた。
クリシュナが神の中の神であるのなら、ただ「神」と言っても良いのであるが、そこは、クリシュナへの愛着があるのなら、クリシュナの名を唱えれば良いのであり、多くのインドの人々がそうであるように、ラーマ神が好きならラーマと唱えれば良いのである。
しかし、本質で言えば、どの神仏の名にも違いはない。

神にキャラクターはないが、人間は神に対するイメージを持たざるをえない。
ユダヤ教徒やイスラム教徒に多く見られるように、神を、恐い罰する存在と思うのは悪い面がある。
そこで、イエスは、「父なる神」、あるいは単に「父」と言い、神は人間を、あたかも父親が息子や娘に対するように、温かく優しく気遣う存在であると言ったが、それが最善のイメージである。
法然や親鸞も、阿弥陀如来のイメージを最高のものにしたところが素晴らしい。
『バガヴァッド・ギーター』でも、クリシュナは、恐ろしい面もあるのだが、本質は、やはり慈悲深く愛に満ちた神なのである。

個人的に、親しみ深い神仏があるなら、その名や、その神仏のマントラ(真言)を唱えれば良いし、ただ「神」という言葉を真言として唱えても良いのである。
そうすることで、あらゆる恵みを得られることは、これまで何度も書いたが、極めて科学的、論理的に正しいのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ