ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ノーマン・ヴィンセント・ピール

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

全年齢対応の駄目でなくなる方法

人生の落伍者と言っても、例えば、昨夕の記事で書いたような、50代後半の人間と、20代前半の人間では深刻さが違うと思うかもしれない。
しかし、駄目な当人にとっては同じことなのだと思う。
そして、実のところ、対処法も同じなのだ。
どちらも、自分で勝手に助かれば良いのである。

昨夕の記事の50代後半の駄目男の失敗原因は、「私は出来ない」と思っていたことだった。
ある時、この駄目男は、「AMERICAN」という文字の前半の「AMER」がたまたま隠れて見えなかったので、後半の「ICAN」だけが見え、それが「I CAN(私は出来る)」に見えた。
その時、この駄目男は、「私は出来る」と思えば良いのだと気付き、それだけで駄目でなくなった。
彼はその後、成功したのだ。

では、次は、20代前半の駄目男を取り上げる。
自分に自信がなく、引っ込み思案で、他人と・・・特に女性とまともに会話も出来ない駄目男だった。
何も出来ないから自信がないのか、自信がないから何も出来ないのかはともかく、この駄目男は、何も出来ないし、自信もなかった。
子供でも出来るようなことがしばしば出来なかった。
ある時、この若い駄目男は、「僕は何て駄目なんだ」とつぶやいた。
すると、近くにいて、それを聞いた友人が、
「君はちっとも駄目じゃない。自分は駄目だと思っているだけだ」
と言った。
その言葉は、この駄目男には啓示(神の教え)のように感じた。
「自分は駄目だと思っているだけ」
駄目男は、この言葉についてずっと考え続けた。
そして、すぐに彼は駄目でなくなり、誰からも一目置かれる立派な青年になった。
この青年は何を悟ったのだろうか?
自分が駄目なのは、自分は駄目だと思っているという、それだけの理由からだ。
つまり、人間は、自分が思っている通りのものだ。
では、自分は駄目ではない・・・私は力がある、私は出来ると思えば良いだけである。

つまり、50代後半の駄目男も、20代前半の駄目男も、「私は出来る」と思えば良いだけだ。
それには、「私は出来る」とアファーメーション(肯定的断言)をするか、「私は出来る」という態度をすれば良い。

あるいは、この2人の駄目男の中間あたりの年齢である、40歳の駄目男に、トランプ大統領がこの上なく尊敬するノーマン・ヴィンセント・ピールが与えた言葉を思い出すと良い。
それは、新約聖書の「ピリピ人への手紙(フィリピの信徒への手紙)第4章13節の、
「私を強くして下さるかたによって、私はどんなことでも出来る」
である。
40歳の駄目男は、この言葉を何度も何度も繰り返し唱えることで駄目ではなくなった。

我々は、我々の頭に植え付けられた「私は出来ない」「私は駄目だ」という暗示により、制限付けられている。
駄目でないように見える人間だって、実は同じだ。
つまり、例えば、駄目な人間はマイナス100の制限がかかっているのに対し、駄目でないと見なされる人間だってマイナス90くらいの制限がかかっているのだ。
その程度の差なのだ。
上記の、50代後半、20代前半、40歳(別に何歳でも同じだが)の駄目男達は、マイナス100から、マイナス50あたりまで上がり、平均的なマイナス90の人間を大きく超えただけかもしれない。
しかし、人間が本来持つ力はプラス100かもしれない。
いつか人類は、その力を持つことになるかもしれない。
いや、我々は、その力をすぐに持とうではないか。








一言で言えば「捨てろ」

昨夜、午後11時過ぎから、『人生を変える魔法の物語(原題:The Magic Story)』を一通り読んだ。
30分程度で読んだと思う。久し振りで読んだが、意味が分かってきたこともあり、面白かった。

人間が、力と幸運を得るには、昔風に言えば、良い背後霊についてもらうことだ。
政木和三さんの言い方では、優れた第二、第三の生命体(自分自身は第一生命体)についてもらうこと。
そして、『人生を変える魔法の物語』に書かれている表現では、「プラスの自分」についてもらうことだ。「プラスの自分」は原書では「プラスの生命体」で、政木和三さんの教えと同じなのだと思う。
『ローム太霊講話集』で、太霊ロームは、「釈迦やイエスは、背後霊との提携について教えるべきだった」と言っていたらしいが、イエスは、悪い背後霊(あるいは、第二第三の生命体)である悪霊を、それに憑りつかれた人から度々追い出している。
そして、確かに、直接は言わなかったかもしれないが、釈迦やイエスの教えを守れば、結果、優れた背後霊(第二第三の生命体)がついてくれるのだと思う。

良い第二第三の生命体についてもらうには、自分自身である第一生命体がしっかりしないといけないが、「しっかりする」とは、正直であるとか誠実である、公平であるといった、基本的なことはもちろん必要であるが、何と言っても、前抜き、積極的、プラス思考であることが大切である。
そのためには、積極的、前向きな人間の代表格であるトランプ大統領がこよなく尊敬するノーマン・ヴィンセント・ピールの著作『積極的考え方の力』を読むと良い。
尚、余計なことかもしれないが、私は、この本の現時点(2021年4月)での一番新しい翻訳本があまり好きでない。桑名一央(相沢勉)訳が良いと思う。ただし、あくまで主観である。

ピールの基本的な方法は、聖書の言葉を唱えることだ。
代表的なものは、
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」
「もし神が我々の味方なら、誰が我々に敵しえようか?」
である。
こう唱えることが祈りであると言える。
そして、こう祈ることで、神の力を持つ第二第三の生命体が来るのではないだろうか。
神が直接助けるのではなく、その代理として、輝く宇宙エネルギーであるところの、優れた第二第三の生命体が、こまごまと世話をしてれるのではないだろうか。

一方、業が深かったりで救いようがない劣悪な人間でも救ってくれるものが念仏だと言われる。
これは、自分を消す手段なのだ。
自分である第一生命体が立派になれば良いのだが、優れた第一生命体は、上で述べた通り、前向き、積極的な魂である。
だが、第一生命体を最も輝かせるのは、自我が消えた・・・いわゆる無になることである。
念仏を唱え続けると、自我が消え無になる。
ただ、それには、よほどの時間、唱えないといけないのだと思う。
一方、「論理的に無になり易い言葉」というものがある。
何の意味もない言葉を唱えれば、思考が生まれないので、無になるという原理である。
そんな言葉として、「ナ・ダーム」という言葉がある。
何の意味もない上、唱え易い言葉であり、「ナ・ダーム」と唱えることで、どんどん思念が消えていき、無に近付く。
TM(超越瞑想)も同じ原理を採用していると思われ、ごく短い、何の意味もない言葉(TMでは「マントラ」と呼ぶ)を唱えることで、想念を消すのである。
TMの場合は、1人1人に別の言葉を教えるが、おそらく、言葉の種類は、それほど多くはないのだと思う。
誰かがマントラは単に年齢で決まると暴露していたと思うが、いずれにしろ、効果的な方法ではあると思う。

ところで、自我を消す最強の方法は、政木和三さんが教えてくれたように「欲望をぽーんと手放す」ことである。
自分の最も強い欲望を手放すのが一番効果がある。
酒が何より好きで浴びるほど飲みたい人であれば、自分の意思で断固として禁酒すれば、無になる大きなチャンスになる。
アイドルオタクであれば、アイドルファンを一切やめるのである。
ただし、欲望ではなく純粋に好きなもの・・・例えば、芸術や武道といったものをやめてはならない。
あくまで、「自我の欲望」、つまり、「自分しか気持ち良くしないもの」を捨てるのである。
美食家であれば、豪華な料理に目を向けなければ良いのだし、ロリコンであれば可愛い女の子のことを考えなければ良いのである。
厳しいことのように感じるかもしれないが、欲望を肥大化させてしまった者には必要かもしれない。
つまり、いくら前向き、積極的であろうとしても、「欲しい欲しい」という欲望が、自我を肥大させ、第一生命体を駄目にしてしまうのである。
「欲望をぽーんと手放す」、一言で言うなら「捨てろ」である。








不安を消すには

不安の多い仕事は何だろう。
1つは、戦闘が起こる可能性がある軍隊の軍人であることは間違いあるまい。
他にもいろいろあるが、スポーツ選手や芸能人のように、好きで選ぶものとは違い、いわば、やむなく就くことがある仕事としてセールスマンがある。
軍人とセールスマンは、何が不安かというと、予測がつかない仕事であることだ。
洗練された軍隊やセールス組織では、なるべく予測が立つようにしている。
つまり、命や給料がかなり保証されているのである。
とはいえ、軍隊では、いつ戦闘が起こるか、どんな戦闘になるか、セールスマンでは、先月は売れても今月は売れるかどうか分からないという状況の人も多い。
そして、人々は、不安の多い仕事を避け、不安の少ない仕事に就きたがる。
不安が少ない職業の代表が、公務員、大手企業のサラリーマンだ。
その反対なのが、軍隊と、小規模な(ことに個人的な)組織のセールスマンなのである。

個人単位のセールスマンは、売らなければ1円も得られない。
企業では、完全歩合制のセールスマンは禁止で、働く限りは、セールスマンが売らなくても、企業はセールスマンに給料を出さないといけないが、実際は、売らないと何ももらえないセールスマンは多い。
間違いなく、そういうもの(売らないと実入りゼロ)である行商人と言われるセールスマンの厳しさは大変なものだろう。
ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』の中に、こんな話があったように思う。
長年、行商人をやっている年配の男性がいた。1950年代の話と思う。
彼は、商品を車に積み、固定客がいる訳でもない中、長距離を走り回って商品を売っていたのだ。
私は、それを想像するだけで、身のすくむような不安・・・と言うより、恐怖を感じる。
特に、引きこもり気質の者にとっては、それはもう死んだも同然としか思えない。
しかし、その行商人は、明るく、不安を感じていなかった。
彼も、昔はそうではなかった。
他に仕事のあてがなく、仕方なく始めた行商だが、人々は冷たく、この哀れな若者を生かしてやろうなどという「お優しい」心を持った者などいない。
売上げは少なく、生活は困窮していた。
だが、その中で、聖書は読んでいた彼は、イエス・キリストが同伴してくれていると思うことにした。
すると、不安は消え、行商もうまくいくようになった。
分からないが、あらゆる、不安の大きな仕事に従事している人には、これは救いにならないだろうか?
私は、最初の仕事が完全歩合制のセールスマンだったので、その話に物凄く感激したものだった。
もちろん、キリスト教徒ではない人にとっては、イエス・キリストはそれほどの重要な存在ではないかもしれない。
私もキリスト教徒ではない。
しかし、福音書を一読すれば、イエスが大変な存在だと分かる。
まあ、心理学者の岸田秀氏が本に書いていたように「イエスのようなペテン師に騙されてはいけませんよ」という理屈は、むしろ分かるのである(笑)。
だが、岸田氏は、いろいろあったとはいえ、家が金持ちで、戦後間もない頃に、早稲田を大学院まで出て、フランス留学し、博士号まで取った人ならいい(後に、博士号獲得が誤解であったと分かったが)。
嫌でも、今の不安な仕事に就いている人には、希望や勇気も必要である。
ピールは、不安に押し潰されそうな人達に、聖書の言葉を与えた。
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」
「もし、神が私たちの味方であれば、誰が私たちに敵対出来るだろう」
また、福音書の中で、イエスは、自分はいつでもあなた達の中にいると約束している。
だから、あの行商人のように、イエスは同伴者であると見なすことが出来るのである。
もちろん、自分が信じる神や仏があるなら、それを同伴者と考えれば良い。
こういったことを、宗教とか妄想と言う人も多いだろうが、そう言うのは、予測がつくことをしている人の場合が多いだろう。
そして、神が同伴者だと信じると、確かに、そうであるような状況になる。
神が身近にいると感じることが出来るものとして、よく知られているのは、聖書の詩編の23番と91番である。
第二次世界大戦中、イギリスのある部隊では、隊員全員に詩編91を暗唱させ、度々、唱えさせた。
すると、5年の戦闘で、1人も死者も出さなかったという。
やはり、何かの力はあるのではないかと思う。

尚、私は個人的にだが、『積極的考え方の力』は、桑名一央(相沢勉)訳の方が好きである。








3つの奇跡話(その3)

「神様の奇跡を起こし続けるホームレス」、「末期癌が消え、なおかつ、引き寄せマスターになった女性」と、奇跡話が続き、今回が最終回の、3つ目の奇跡である。
これは、以前、ご紹介した、スーパーセールスマン、夏目志郎さんのお話を再度、取り上げようと思う。
多くの人の役に立つと思うので、改めてポイントを押さえようと思う。

(以下は、かなり昔に読んだ本の内容の記憶なので、憶え間違いもあるかもしれないが、大筋では合っているはずである)
夏目さんは、戦後、ビジネスで一旗揚げようという熱意を持って日本にやってきた中国人青年だった。
豊かな家庭の出身で、豊富な資金と、日本に一台しかないような高級外車を持ち、恵まれたスタートを切った。
だが、詐欺に遭い、無一文どころか、多額の借金を背負ってしまう。
失意の中、キリスト教に改宗し、英語が出来たので、アメリカ人神父の通訳などで布教活動のボランティアを行う。
ところが、交通事故に遭い、脚を折って入院する。
そんな散々な人生の中、夏目さんは神に祈った。
「神様、これまでの人生の失敗の責任は私にあります。でも、これからの人生の責任は、あなたに取って欲しいのです。私ももう35歳です。これはという仕事を下さい」
翌日、百科事典を販売する外資系企業の人が、夏目さんをセールスマンとしてスカウトに来て、夏目さんは、まだ怪我が治りきっていないに関わらず、「明日から働ける」と応じた。
夏目さんは、そのスカウトが、神の使いであると言う・・・つまり、奇跡が起こったのだ。
そこから、夏目さんの成功人生が始まったのだった。

なぜ、夏目さんの「神様の奇跡」は起きたのだろう。
それはもちろん、上の、夏目さんの「祈り」にある。
この祈りが奇妙に思えた人もいると思う・・・というより、現代人では、奇妙だと思うのが普通だろう。
「これまでの人生が失敗だったのは自分の責任」
これは分かるだろう。
しかし、
「これからの人生の責任は神様が取って下さい」
というのは変と思うはずだ。
普通は、これからの人生の責任も自分で取らなくてはならないと思うはずである。
だが、夏目さんは、これまでは、自分の小さな力で成功しようとしたのだが、これからは、神の大きな力で成功させてもらおうとしたのだ。

トランプ大統領も愛読する、ノーマン・ヴィンセント・ピールの世界的ベストセラー『積極的考え方の力』の最後は、
「なぜ神の力を求めないのか」
と書かれている。
そして、昨日のこのブログの2つの奇跡話の主も、無意識的にかもしれないが、神の力を求めたのだ。
「神様の奇跡が起こる」と唱えたホームレスは、自分は何もせず、神にまかせ、結果、大変な奇跡が起こった。
1憶円が2回と、ローマ法王への謁見・・・そんなこと、そのホームレスが、どれだけがんばろうが、全く無理だろう。
しかし、イエスは、こう言っている。
「神に出来ないことはない」
あのホームレスは、無意識にだろうが、この最高の牧師や、それに、イエス・キリストの教えに従った。
2つ目の奇跡の、癌を消し、完全な引き寄せの力を得た女性も同じだ。
自分で癌を治そうとはせず、ただ、死ぬ準備をしただけだった。
何も求めず、もう最後なのだから、自分らしく、安らかでいようとしたのだ。
そこには、自分のちっぽけな力を頼ろうとする気持ちは全くなく、それどころか、欲望の自我としての自分をすっかり失くしてしまったのだ。
鎌倉時代の禅僧、道元が言った「仏道とは自分を忘れることだ」を、仏教徒でもない彼女が実践していたのである。

これら3つの奇跡話を味わうことで、奇跡のシンプルな原理が分かり、我々も簡単に奇跡を起こせるのだと分かるはずだ。
尚、夏目さんの上記の話は、どの本に載っていたか、私はもう憶えていないが、夏目さんの本はどれも素晴らしいと思うので、以下にいくつかご紹介しておく。
ただし、夏目さんの本は、古書でも高価なものが多い。








これまでの人生が駄目だった人に

これまでの人生がうまくいかなかったという人の場合、夏目志郎さんの祈り方が参考になるのではと思う。
夏目さんも、その祈りをするまでは、散々な人生だった。
夏目さんのことを簡単にご説明する。
夏目さんは元々、中国人で、戦後間もない頃、ビジネスで一旗揚げる野望を持って日本にやって来た。
ただし、懐には大金と、アメリカの高級車を持っての来日で、おそらく、家が相当な金持ちだったのだと思われる。
だが、ビジネス詐欺に遭い、一文無しどころか多額の借金を背負ってしまう。
金持ちのボンボンだったところから、全てを無くした転落人生へ超特急という訳だ。
そんな中、夏目さんは心を入れ替え、クリスチャン(キリスト教徒)になり、キリスト教の布教に来ていたアメリカ人神父をボランティアで手伝ったりしていたが、交通事故に遭い、脚を折る。
全くツキに見放され、もう散々だった・・・
既に35歳。頭も薄くなりかけていた(その後、ツルツルになった)。
そんな時に、夏目さんが行った祈りが実に印象的だ。
それは、私が憶えている限りでは、こんな感じだった。
「神様、これまでの私の人生の失敗は私の責任です。でも、これからの人生については、あなたに責任を取って欲しい」
そして、夏目さんは、これはという仕事を神様に要求した。
すると、翌日、百科事典販売会社のマネージャーがスカウトに来て、脚は治っていなかったが、セールスマンになり、やがて、超一流のセールスマン、そして、自己啓発分野で成功する。

「これからの人生は、あなた(神)に責任を取って欲しい」
普通、ビックリするような言い分かもしれない。
しかし、これが全く正しいのであると私は思う。
それまでは、夏目さんは、自分の人生に、自分で責任を取ろうとしたから失敗したのだ。
つまり、自分のちっぽけな力を頼り、神様の偉大な無限の力を無視していたのだ。
トランプ大統領も愛読する、ノーマン・ヴィンセント・ピールの名著『積極的考え方の力』の最後に、こう書いてある。
「なぜ、神の力を求めないのか?」

南無阿弥陀仏・・・阿弥陀仏に全てまかせれば、全部うまくやってくれる。
黒住宗忠も、神様にまるごとまかせれば、何の心配もなく安らかであると言った。
だが、夏目さんについて、こんな話を付け加えておく。
夏目さんは、セールスマンとして頭角を現しながらも、詐欺に遭って抱え込んだ借金は重くのしかかっていた。
そんな中、祖国中国の姉から手紙が来る。
姉の夫は大会社の経営者で、途方もなく豊かだった。
まず、手紙には、「外国で苦労するのはやめて帰ってきなさい。借金のことは心配いりません」と書かれていた。
弟の男の面子を気遣い、遠回しに、「借金は私が返してあげます」と言っているのだった。
さらに、帰り易いように、こうも書いてあった。
「あなたが住むのに丁度良い邸宅があったので買っておきました。車と運転手もつけます」
「夫の会社の重役のポストを用意しています」
これほど恵まれた人は滅多にいるまい。
しかし、夏目さんは、この心優しい姉の申し出を、感謝しつつも断った。
もちろん、苦労は半端でなかったので、受けたかった。
だが、夏目さんが頼ると決めたのは、超金持ちの姉ではなく神様だったのだ。
夏目さんは神に試されたのかもしれない。
荒れ野で試されたイエス・キリストのように。別に、姉が悪魔なのではないが・・・
そして、合格したので、その後の人生は良い方向に行ったのだ。
あなたも、悪魔の誘惑に負けてはならない。
私は負けそうで、少し不安があるが・・・(笑)








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード