ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ネヴィル・ゴダード

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

とりあえず舌を出したり、ガッツポーズをする

人間は、忘れた時に、良いことが起こったり、願いが叶ったりすることが多い。
例えば、脚が痛くて歩くことも出来なかった人が、緊急事態に陥って無理に歩いているうちに、脚が痛いことなど、すっかり忘れてしまい、実際に痛くなくなったということがよくある。
子供の時なんて、お腹が痛いのだが、遊びに行きたいので、とりあえず、お腹が痛いことを無視して出かけ、遊んでいると、ふと「あれ、お腹が痛かったんじゃなかったっけ?」と思うが、もう全然痛くない。そんな思い出がある人は多いと思う。
逆に、下手に療養生活をして、身体の悪い部分を意識すればするほど、治らなかったり、悪くなったりする。
身体に不調があっても、仕事に集中したら、身体の悪い状態を忘れてしまって何も感じず、実際に治ってしまうことも珍しくない。
願い事なんかも、「もうどうでもいいや」と思ったり、あるいは、諦めて、忘れてしまった時に叶うことが多いのである。

こういった、忘れることでうまくいくという不思議について考えていたら、ネヴィル・ゴダードの『世界はどうしたってあなたの意のまま』という本に、「悪いことから意識を逸らすことで、悪いことが消える」と書かれてあるのを見て、その通りだと思った。
牢獄に閉じ込められている時、牢獄の壁を意識している限り牢獄に居ることになるが、牢獄の壁から意識を逸らし、自由な世界にいると感じれば自由になる。
これは、比喩的な意味もあろうが、現実にもそうなることが多いし、本当に忘れてしまえば、現実もただちに変わるのだと思う。
私も、「あれ、何かまずい問題を抱えていたと思うのだが・・・」と思うが、問題そのものを覚えていないことが、よくある。あまりに完璧に忘れてしまったので、問題そのものが消えてしまったのだ。
ただし、「問題から逃げる」とか「問題を先送りにする」というのとは違う。そんな態度では、問題を意識し続けることになり、かえって問題は大きくなる。
むしろ、問題に正面から立ち向かい、恐れない態度を見せれば、問題の方がひざまずくのである。

問題に正面から立ち向かうには、元気とか生命力といったものが必要だ。
人間は、ガッツポーズをしたり、舌を強く出すと、生命エネルギーが高まり、元気が出るような仕組みになっている。
アントニオ猪木さんの「1!2!3!ダー!!」というのも、その原理に沿ったもので、好きなら真似すると良い。
猪木さんも、あれをするだけの元気があれば復活するはずだ。
舌を大きく出すというのは、世界最強とも言われるラグビーチームの決めポーズにもなっているが、あれは、彼らの故郷の伝統的な踊りから取り入れたもので、彼らの祖先が、舌を出す効用に気付いていたのだろう。
インドのヨガのポーズの中にも、舌を出すというものがあり、やはり、これをすることで生命力が上がり、若返りもするのである。
あなたも、1人になれる場所で、ガッツポーズをやったり、舌を思い切り出すことをするのを忘れないことだ。

どうにもならない状況になったら、マントラや念仏を延々と唱えるのも手だと思う。
それで問題から意識を逸らし、忘れてしまったら、問題が消えてしまうだろう。
人生経験豊富な人は、少々まずいことになっても、「なんとかなるさ」と落ち着いているものである。
どうにも本格的にまずいと思ったら、「なるようにしかならないが、なるようにはなる」と思って、考えても仕方がないなら考えないことだ。
そんな人生の達人にも、マントラや念仏は役に立つらしく、それを活用している人は少なくない。
もちろん、問題というのは、個々の状況があり、対応を続けざるを得ないこともあるが、せめて、顔を上げ、出来れば微笑むことである。
そうすれば、「あれ、俺、何の対応してたんだっけ?」と思うことがある。問題が元々もなかったことになってしまったのだ。
実際、私にも、そんなことがよくあったと思う。

とりあえず、ガッツポーズと舌を出すことから始めると、人生は楽になるだろう。








願いを素早く叶える魔法の言葉

世界は心が創り出している。
心の深いところに潜れば潜るほど、自分の意思で世界を改変出来る。
意識(顕在意識)でいくら考えても、世界はほとんど変わらないが、無意識(潜在意識)の深い部分に潜るほど、世界は思った通りに変わる。
潜在意識の最も深い部分(ここを超越意識とか純粋意識などと言う)にまで達すれば、世界は思うがままである。
そして、世界を変える最も易しい方法が、「私は〇〇だ」と宣言することだ。
「私は〇〇だ」と心の中で唱えれば唱えるほど、この言葉が心の深くに沈んでいくので、いずれ、世界はその通りに変わる。
(「神」という言葉を使うことにも、似た原理があり、世界を動かすが、今回は「私は〇〇だ」に絞って話す)

だから、「私は〇〇だ」と心で唱えるだけで、その通りになるのである。
しかし、現代人は、意識の浅い部分(顕在意識。左脳)だけを使うことに慣れてしまい、意識の深い部分(潜在意識。右脳)との通路が狭いので、「私は〇〇だ」と宣言しても、なかなか世界は動かず、私が〇〇になるまで、長い時間がかかり、「実現しない」と思って、諦めてしまう。
では、どうすれば良いかというと、意識の深い部分に潜るテクニックを使えば良い。
このテクニックは、相当な昔、人類が宇宙人から教わったもので、誰でも知っているはずのものだが、理由はともかく、今は、ほとんど誰も知らない。
「シークレット」とか言って、お金を取って教えられているものは、偽物である(これは個人的意見としておく)。
そのテクニックは「私は在る」と心で唱えることだ。
「私は〇〇である」と唱えるより先に、あるいは、並行して、「私は在る」と唱えれば唱えるほど、心の深い部分に潜っていくので、「私は〇〇だ」が速く簡単に実現する。

多くの賢者が「私は在る」と唱えなさいと教えたが、聞いた者が、その意味が分からなかったので、注意が払われなかった。
例えば、ニサルガダッタ・マハラジとの対話集『アイアムザットアイアム』で、マハラジは「『私は在る』が最高のマントラである」と述べたと書かれているが、読者はそこに注意をj払わない。
『マスターの教え』にも「アイアムザットアイアム」が最も偉大な言葉と書かれているが、そんなことをさりげなく扱っているだけだ(その方が良いのかもしれない。つまり、分かる者だけ分かれば良い)。
そして、ネヴィル・ゴダードが『At Your Command(邦訳:世界はどうしたってあなたの意のまま)』で、「私は在る」と唱えよと述べているが、あまり実践されていないと思う。現代の教育や世間の教義や信条とは全然違うからだろう。
だから、こう書いても、実践する者は少ないかもしれない。
しかし、やればうまくいくだろう。








叶うか叶わないかの唯一の違い

何かになりたい時に、それになれる一番簡単で強力な方法は、
「私は〇〇だ」
と宣言することだ。
しかし、これについて、悲惨な間違いがまかり通っている。

例えば、金持ちになりたければ、
「私は金持ちだ」
と宣言すれば、ただちに金持ちになり始める。
しかし、「そんなの、効果ありませんでしたよ」と言う者も多い。
すると、成功法則の本や、かなり有名な自己啓発トレーナーやセミナー講師などが、
「『私は金持ちだ』と、いくら言ったところで、実際はそうではないので、心が『私は本当は貧乏だ』と反発して、葛藤が起こる。そして、結局、『私は貧乏だ』を強く認めることになり、ますます貧乏になる」
などと言ったりする。
あなたも、そんな論を、見たり聞いたりしたことがあるかもしれない。
そう言われると、そんな気がしてくる。
そして、そんな説を唱える者は、
「だから、『私は金持ちだ』ではなく、『私は金持ちになりつつある』と言えば良いのです」
などと言う。

もう、聞いていられないほど馬鹿げた話だ。
「私は金持ちだ」で、心が反発するなら、「私は金持ちになりつつある」でも反発する。いや、むしろ大きく反発するかもしれない。
そもそも、「私は金持ちになりつつある」なんて、いかにも誤魔化そうとする感じの言葉など、言ってて嫌になると思う。

実際、「私は〇〇だ」という宣言は、実に強力なもので、人間に与えられた偉大な魔法なのである。
これを使わないで何とするか。
しかし、こう言うと、
「でも、『私は金持ちだ』と何度言っても、金持ちにならなかったよ」
と言う者がいるだろう。
だが、そんな者達は、何回言っただろうか?
百回?二百回?
せいぜい数千回?
数回とか、数十回なんて者もいるだろう。
それは、バットを数回、数十回振って、一流バッターになれなかったと言うようなものだ。
つまり、単に、数が少ないのである。

本当にそうなりたいなら、常に唱えないといけない。
生活しながら唱えるのではなく、唱えながら生活するようでないといけない。
いつでも、どこでも、どんな時でも唱えないといけない。
それが出来ないなら、本気でないのだ。
無論、実際には、1日1時間でも難しいが、1日10分でかなり唱えている気になる者が多いのである。

そして、重要なことだが、声に出して唱えてはならない。
本やセミナーや自己啓発教材では、
「声に出して言え」
「大きな声で言え」
と言うのが好きなようだ。
しかし、これは悲惨なまでに拙いやり方だ。
確かに、家が大きく、声に出さないと何も伝わらないという認識が強いアメリカでは、それも必要な面もあるかもしれない。
しかし、本当は、アメリカでも、まして、日本では、声に出してはいけない。
大きな声で、力を込めて、情熱的に・・・なんて、まさに、失敗する愚か者を絵に描いたようなものだ。
そんな者の姿を想像すれば、いくら何でも、その滑稽さを感じると思うのだが・・・
まあ、そんなやり方でも、十年もやり続ければ、本当になるかもしれない。しかし、普通は3日(実際は1時間も)続かないし、驚異的な根性がある者でも、せいぜい持って3か月で、しかも、その偉大な根性でもって「やっぱり俺は貧乏だ」という確固たる信念を持つに至るのだ。

唱え方は、心で、丁寧に、おだやかに唱えることだ。
あえてテクニックを言えば、静かに呼吸しながらやることだ。
達人は、微かな呼吸と共にやるが、初めは、微かな呼吸に慣れていないかもしれないので、まずは、静かな呼吸を心がけると良い。
ただし、丁寧に、おだやかに唱えていれば、自ずと呼吸も静かになる。
そして、出来るだけ多く唱えることである。多ければ多いほど良く、それだけ早く成果が現れる。

私は、社会人になって、最初の仕事はセールスマンだった。
駄目なセールスマンだったが、ある日、一流セールスマンが同行してくれたことがある。
1日、私のセールス振りを見た一流セールスマンは、こう言った。
「私のトークとお前のトークに差はない。違いは件数だけだ」
その日は、一流セールスマン同行ということで、多く訪問したが、私の様子を見ていたら、普段はもっともっと少ないというのはバレバレだっただろう。
尚、それで私は、新人ながら、強豪セールスマンを押しのけて、セールスコンテストで優勝したが、元々がセールスマンに向いていないことが分かって、別の仕事に変わったのである。
無理のない範囲で良いが、何でも一度は真剣にやってみるものだ。

また、ある優良企業で、社長が幹部達に向かって訓話をしていた。
その社長が凄い人だということは、皆、認めているので、幹部達は真剣に聞いていた。
「俺とお前達で能力の差はない。違いは素振りの数だ」
その社長は野球ファンだったので、そういう言い方をしたのだろうが、意味は伝わっただろうし、伝わらない者に見込みはないだろう。
イチローと、他のバッター達の差は、素振りの数だけである。
チームラボ社長の猪子寿之氏と、今はドワンゴ社長をしている夏野剛氏の対談書『「大企業の時代」は終わったか』(わずか百円の電子書籍)で、天才と言われる猪子氏は、
「生まれながらの天才はいない。人間の能力に差はない。注ぎ込んだ時間の差だけが結果の違いになる」
といったようなことを語っていたが、物質世界においても、だいたいそうである。
ましてや、物質世界を作り出す精神の世界の領域に影響を与えるには、普通の人間では絶対にそうである(いずれは、一瞬で成し遂げるようになるかもしれないが)。

声を出さずに唱えることの重要性は、ネヴィル・ゴダードの『世界はどうしたってあなたの意のまま』が参考になると思う。








最悪の状況から人生を大逆転させた祈り

人生がうまくいっていない人も多いだろうから、何度か書いたエピソードだが、本当に人生がうまくいっていなかった人が、人生を大逆転させた「お祈り」について、少し詳しく書く。
仕事が面白くない人、そもそも、仕事がない人。
そして、お金がない人、いや、借金に苦しんでいる人へ。

以下は、夏目志郎さんという、中国出身の世界的セールスマンだった人の本に書いてあったことだが、どの本だったかはもう分からない。
そして、かなり昔読んだことでもあり、正確ではないと思うが、重要な部分では合っていると思う。
夏目さんは中国の名家の出身で、戦後まもなく、日本で事業で一旗揚げるために、懐に大金、そして、高級外車と共にやってきた。
ところが、すぐに詐欺に遭い、大金を失くすばかりか、莫大な借金を背負ってしまう。
失意の中、夏目さんはクリスチャンになり、英語も出来たので、ボランティアでアメリカ人宣教師の手伝いをして、キリスト教の普及活動を行い、貧しいながら充実した日々を送っていたが、交通事故に遭い、重傷を負って入院する。
もう踏んだり蹴ったりの中、夏目さんは、最後の頼みの綱である神様に、こう祈った。
「神様、これまでの私の人生の失敗は私の責任です。だけど、今後の人生については、あなたに責任を取って欲しい。私ももう35歳です。これはという仕事を下さい」

以上は、以前も書いた。
しかし、これが、恐ろしく科学的で正しい祈りであることは、最近気付いた。
「これまでの人生の失敗が私の責任」というのは、当たり前のようで、その正しい意味が分かる人はいない。
つまり、夏目さんは、人間のちっぽけな力だけを使って成功しようとしたのだが、それが間違いだったのだ。
自分の努力だけで成功した人はいない。そんなことを目指すと悲惨な目に遭う。
人間の側から見れば、成功なんてのは「たまたま」でしかない。
正直な成功者は皆、「私が成功したのはたまたまだ」と言うのだ。
その「たまたま」をどう掴むかが重要だ。

そこで、夏目さんは神様に、「あなたにまかせる」と言い、その決意として、「だから責任取って」と、一見、とんでもないことを言う。
だが、これは、昨日の記事、
★自分が脇にのけばうまくいく
の、末期癌で3ヵ月の余命を宣告された女性と同じことをやったのだ。
その女性はこう言っている。
「以前いた“私”はもういなくなった。私は脇にのいた」
神様に責任を渡すとは、人生の全てを神様に預けた・・・あるいは、自分の人生を明け渡したということだ。
これにより、夏目さんの自我は脇に退き、「いなくなった」のだ。
すると、夏目さんが祈った翌日、百科事典販売会社がスカウトに来たのである。
まあ、人生を預けた相手は神様なのだから、大企業のサラリーマンになるより堅い(笑)。

このようなことは、新約聖書の福音書では、イエスの言葉として、こう述べられている。
「汝、破れたり。私の後方に退けサタン」
サタンは自我である。
そして、「私」はイエス個人のことではない。
神である純粋な意識のことで、イエスの中にあるだけでなく、誰の中にもある。
純粋な意識とは何かというと、存在の自覚で、「私は存在する」という感覚である。
変なことを言うと思われるかもしれないが、こう言うしかないのである。
普通の人には、なかなか分からないかもしれないが、重病で余命わずかになるなど、自分の力で対処不能な状況になると自然に分かるかもしれない。
自分も分かりたければ、「私は存在する」あるいは「私は在る」と心の中で繰り返し、静かに、ゆっくり、丁寧に唱えると良い。
すると、ふと分かる時が来ると思う。
「私は在る」が本当に神だからだ。
そうやって、自我が退き、神である存在の自覚「私は在る」が現れると、その女性や夏目さんのようになるのである。
何度も紹介して恐縮だが、重要なので再度書くと、
・トーシャ・シルバーの『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』の「死という助言者」の章。
・ネヴィル・ゴダードの『新装版 世界はどうしたってあなたの意のまま』
が参考になると思う。








2人の超駄目息子のお話

『新約聖書』の『福音書』と『法華経』に、少し似た、大金持ちの駄目息子の話があるが、私は、両方共大好きである。

『福音書』の方は、だいたい、こんな話だ。
途方もない大金持ちである大農園主の父親に2人の息子がいた。
そのうちの1人が、父親に、ここを出ていくと言い、財産分与を求めた。
父親は、求めのままに大金を渡し、その1人の息子は父親のところから去った。
ところが、出て行った息子は、やがて財産を使い潰し、食べることも出来なくなり、豚の餌を食べる有様だった。
そこで息子は、「お父さんの所に帰って、奴隷として雇ってもらおう」と思い、父親の農場に帰った。
すると、父親は大喜びし、その息子に良い服を着せ、大宴会を開いて歓迎した。

『法華経』の方の話はこうである。
途方もない大金持ちの父親に幼い息子がいたが、ある時、この息子が行方不明になり、父親は必死で探すが見つからない。
だが、父親は諦めず、ずっと探し続け、50年が経った時、ついに、父親は息子を見つけた。
しかし、息子は浮浪者で、すっかり貧乏根性が身に付いていて、今、父親が「私が父だ」と言っても、受け入れてくれそうになかった。
そこで、父親は息子を奴隷として雇い、父親も息子と一緒に奴隷として働きながら、息子を少しずつ導いていった。
20年かかったが、ついに息子の心構えが立派になり、自分は寿命が尽きようとしていたので、息子と親類縁者全員を集め、息子に自分が父だと明かすと共に、皆に、この息子が自分の後継者であると言い、膨大な財産を息子に譲って死んだ。

両方のお話共、息子の駄目さ加減が半端ない。
『福音書』の方の放蕩息子は、落ちぶれるにしろ、豚の餌を食べないといけないという生活力のなさには呆れる。妻子を養えないまでも、男が自分1人食べていくくらいのことは、いくら何でも出来そうなものである。
『法華経』の息子も、浮浪者にまでなるとは、飛び切りの駄目息子であり、しかも、大金持ちの父親が、いきなり「私が父だ」などと言ったら、逃げ出すに違いないと思われるほど心が貧しくなっていた。
両方の息子共、働くことすら一切出来ない愚か者で、ひょっとしたら私やあなたより酷いかもしれない(笑)。
しかし、両方の息子共、やるべきことは、父親のところに帰り、父親に甘えることだけだった。
ちなみに、『福音書』と『法華経』の、大富豪の父親とは、神様や仏様であり、無限の富と力を持っている。
そして、両方の駄目息子は、私やあなたなのである。
我々は、これらの息子達に比べれば、少しはマシに見えるかもしれないが、この世で辛い目に遭いながら生きていることは同じだ。
だが、そんなことをしていないで、神様仏様の力を頼れば良いのである。
ドナルド・トランプがこよなく尊敬するノーマン・ヴィンセント・ピールの世界的ロングセラー『積極的考え方の力』の最後を、ピールは、「なぜ神の力を求めないのか」と、結んでいる。
また、求め方も書いているが、読者に伝わっていないかもしれない。
簡単過ぎて伝わらないのだ。
我々は、学校やマスコミから、ひねくれて考えるよう洗脳されているからね(笑)。
学校やマスコミは、我々に奴隷根性を叩き込んでいるのである。
だから、我々は、自分が神様や仏様の息子や娘だという実感を取り戻さないといけない。
そのためには、神様仏様の実体を知る必要がある。
それが出来るよう、ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジが、懇切に教えていたのだが、彼らの本の難しいこと(笑)。
彼らの言葉を記録したり、翻訳した人が、教えをよく分っていないので、易しい言葉にすることが出来なかったのだと思う。
だが、ネヴィル・ゴダードが、『At Your Commnad(翻訳:新装版 世界はどうしたってあなたの意のまま)』で、同じことを、少しは分かり易く書いてくれている。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード